JoVE   
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Biology

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Neuroscience

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Immunology and Infection

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Clinical and Translational Medicine

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Bioengineering

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Applied Physics

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Chemistry

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Behavior

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Environment

|   

JoVE Science Education

General Laboratory Techniques

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Basic Methods in Cellular and Molecular Biology

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms I

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms II

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

In JoVE (1)

Other Publications (4)

Automatic Translation

This translation into Japanese was automatically generated.
English Version | Other Languages

Articles by Martin Suhr in JoVE

 JoVE Clinical and Translational Medicine

臨床試験および筋萎縮性側索硬化症(ALS)のマウスモデルにおける脊髄の除去

1Dept. of Neurology, University Medicine Göttingen, 2DFG Research Center for the Molecular Physiology of the Brain (CMPB), Göttingen, Germany


JoVE 3936

筋萎縮性側索硬化症(ALS)のマウスモデルは、臨床的および行動的に検討されている。付随する免疫組織学的分析のための前提条件として、脊髄の調製は、詳細に描かれています。

Other articles by Martin Suhr on PubMed

高収量発現大腸菌大腸菌、精製とキャラクタリゼーション正しく折り畳まれた主要なピーナッツ抗原 Ara H 2。

ピーナッツにアレルギー反応に深刻な健康問題はその高有病率は、潜在的な深刻度、および慢性に関連付けられたためです。ピーナッツ、Ara h 2 の 3 つの主要アレルゲンの 1 つの種子貯蔵蛋白質の conglutin の家族の一員です。Ara h 2 2 s アルブミン ファミリーのタンパク質に高い相同性を示しています。現在、ごく少数の構造データこの家族の存在のアレルゲンタンパク質から。アレルゲンタンパク質の構造は食物誘発アレルギーの分子機構の詳細な理解と三次元高解像度の治療戦略知識の開発のために不可欠です。我々 は正しく折り畳まれた Ara h 2 構造研究のための効率的な大規模な調製方法をレポート、CD 分光データのレポートします。他アレルゲン 2S アルブミンとは対照的 Ara h 2 ピーナッツ種子で単一の連続ポリペプチド チェーンとして存在し、こうして異種発現大腸菌では不可能だった。Ara h 2 Trx His タグ融合蛋白質エシェリヒア属大腸菌折り紙 (DE3) 細胞質はジスルフィド結合の形成を可能酸化剤変更大腸菌の菌株でとして表現しました。それでしたその組換え Ara h 2 表示、したがっては過剰発現、精製、およびピーナッツから分離したアレルゲンがイムノブロット法, hplc による分析と円二色性スペクトルから判断として同じであります。

主要ピーナッツ アレルゲン Ara H 2 高密度多重抗原ペプチドの戦略を使用するため特定のエピトープ解析ツールの開発

主要なピーナッツ抗原 Ara h 2 例として、定量における免疫グロブリン E (ige 抗体) を有効にする分析ツールを使用して-加工食品のアレルゲンのエピトープを開発しました。我々 の Ara h 2 の IgE 反応の線形エピトープ 3 (アミノ酸ポジション 27 36) の複数抗原ペプチド (地図) を合成し、繁茂が発生、将来エピトープの肯定的なコントロールを取得するには、このエピトープに対する抗血清診断解決。まず、精製、7770 Da の分子量を有するエピトープ 3、地図が合成され, その構造は、液体クロマトグラフィー-質量分析法による (エレクトロ スプレー イオン化) を確認 (LC-MS(ESI)), マトリックス支援レーザー脱離/イオン化-時間のフライト (MALDI-TOF) と Edman シーケンス。マップは、高価抗体の補助 Titermax を使用してを上げると、Ara h 2 感作アレルゲンの患者からの IgE の特異性を特徴づけるために使用されました。抗血清は、排他的 Ara h 2 原油のピーナッツ エキス 10 (7) の価とウエスタンブロットにより検出し、エピトープ Ara h 2 のシーケンス全体をカバーする mer 15 合成 - 固相バインド ペプチドのライブラリに対するエピトープ マッピングによって示されて 3 と特異的に反応します。このような IgE 反応性エピトープの高される分析関連性エピトープ特異的検出システム法医学目的の致命的な反応をそれ以外の場合や食品工業における品質管理で使用するための基礎を構成することができるとピーナッツのタンパク質検出されません。

自然の Ara H 6 の分離と性状: さらにピーナッツのための証拠ペプシン消化力および熱抵抗性に基づく推定の臨床的意義とアレルゲン。

ピーナッツ アレルギー重大な健康問題は、その有病率と重大性のアレルギー反応のためです。ピーナッツのアレルゲンのキャラクタリゼーションはピーナッツ アレルギーのメカニズムの理解に重要です。最近、ピーナッツ抗原 Ara h 6 のクローニングを説明します。本研究の目的は、分離と更にキャラクタライゼイション奈良 h 6 のだった。H 6 原油ピーナッツから抽出ゲル濾過と陰イオン交換クロマトグラフィーを用いた奈良を精製しました。準備は、さらに二次元ポリアクリルアミドゲル電気泳動 (2 D ページ) 後続イムノブロット法による特徴づけられました。奈良 h 6 の安定性は、熱加工に対する抵抗と同様 in vitro 消化アッセイによって検討しました。奈良 h 6 のシーケンス、N 末端アミノ酸配列 MRRERGRQGDSSS として識別。さらに明確に示した安定奈良 h 6 に対してペプシン消化力および暖房の結果します。バインドの解析および生物活動によって RBL を示す免疫グロブリン G (ige 抗体) 25/30 テスト自然 Ara h 6 のこのピーナッツのアレルゲンの重要性をサポートしました。奈良 h 6 の調査はさらにピーナッツのための証拠を明らかにしたアレルゲン推定の臨床的意義とペプシン消化力および熱抵抗性に基づきます。

構造と 2 秒アルブミン型ピーナッツ アレルゲンの安定性: ピーナッツ アレルギー反応の重症度に影響を及ぼす。

抵抗性タンパク質分解酵素と熱食物アレルゲンの必須プロパティであると考えられます。アレルゲン落花生 (ラッカセイ) から致命的な食物アレルギー反応の最も頻繁な原因です。アレルゲン 2S アルブミン Ara h 2 相同マイナー抗原 Ara h 6 ネイティブとプロテアーゼ処理のアレルゲンのアレルゲン活性について分子レベルで検討した.Ara h 6 のプロテアーゼ耐性のコアの溶液高分解能構造 nmr によって決定され、ホモロジー モデリング、Ara h 2 構造の生成に適用されました。にもかかわらず、実質的な交差反応性の 2 つのピーナッツのアレルゲンの共有 Ara h 2 より強力なアレルゲンのように見えた。3L1115 酵素処理して最大 100 度 C の温度に非常に耐性があるコアの両方のアレルゲンを含むIgE 抗体の結合容量は mediator の発売肥満細胞や好塩基球の機能的に同等からプロテアーゼ処理による減少したにもかかわらずこの IgE 抗体の結合容量の削減に必ずしも翻訳しないいないことを実証、ヒト化の RBL (ラット好塩基性白血病) セル アレルゲン活性減少。ネイティブの Ara h 2 と Ara h 6 消化酵素で扱われたアレルゲンと比較した実質的に同一のアレルゲン活性があります。アレルギー性コアのひだは、未消化のタンパク質中の対応する領域の折り目を実質的に同一です。Ara h 2 と Ara h 6 のコア構造の究極の免疫学的安定性アレルゲン活性の食品加工後も永続性のため説明します。

Waiting
simple hit counter