Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

34.2: 非維管束の種無し植物
目次

JoVE Core
Biology

A subscription to JoVE is required to view this content. You will only be able to see the first 20 seconds.

Education
Non-vascular Seedless Plants
 
書き起こし

34.2: 非維管束の種無し植物

約40万種に及ぶ地球上の多様な植物は、その生物学的特徴から、非維管束植物、種なし維管束植物、種子植物の3つに大別されます。

非維管束植物は地球上で最初の植物

現在生息している非維管束植物には、レバゴケ、コケ、ツノゴケなどがあり、これらを総称して「蘚苔類」と呼んでいます。

非維管束植物の特徴は、広範囲の維管束組織を持たず、本当の根、葉、茎を持たないことです。また、種子ではなく胞子を用いて繁殖し、卵や精子を作る配偶体の段階が主なライフサイクルであることも特徴の一つです

精子が卵に到達するには水を必要とするため、非維管束植物は湿った環境でよく見られ、他の種のメンバーの近くでよりうまく繁殖します。

非維管束植物のライフサイクル

典型的な蘚苔類では、胞子体で作られた半数体の胞子が分裂を経て成長し、半数体の配偶体を形成します。この配偶体は成熟すると、造精器や造卵器と呼ばれる構造体の中で、雄型(精子)または雌型(卵)の半倍体の配偶子を生み出します。

精子は、朝露程度の水があると、卵を見つけて受精するために造卵器に向かって泳ぎます。受精が完了すると、2倍体になった接合体は、配偶体構造から分裂を経て成長し、新しい胞子体を形成します。成熟した胞子体は半倍体の胞子を生成し、このサイクルが再び始まります。

現在の地球上のほとんどの植物は種子植物です。

現代のほとんどの植物は種子から成長しますが、かつては非維管束植物が陸地の主な生物でした。今日、これらの植物は世界中の湿った環境で成長し続けています。


推奨文献

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter