Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

6.5: 運動の定量化
目次

JoVE Core
Chemistry

This content is Free Access.

Education
Quantifying Work
 
書き起こし

6.5: 運動の定量化

システムが変化すると、内部のエネルギーが変化し、システムから周囲、または周囲からシステムにエネルギーを移すことができます。  

熱と仕事によってエネルギーが伝達されます。 内部エネルギー、熱、および仕事の関係は、次の式で表されます。

Eq1

熱が観測された温度変化の関数であるのに対し、仕事は圧力-体積の仕事と呼ばれる観測された体積変化の関数です。 仕事( w )は、ある距離( D )を通る力(F )として定義できます。

Eq1

圧力 - 体積の仕事(または膨張の仕事)は、システムが拘束圧力に反して周囲を押し戻すか、周囲がシステムを圧縮するときに発生します。 この例は、内燃エンジンの作動中に発生します。 ガソリンと酸素の燃焼反応は発熱します。 このエネルギーの一部は熱として放出され、一部はシリンダ内の気体を膨張させてピストンを外側に押すことで、仕事として実行されます。 反応に関与している物質がシステムであり、エンジンや残りの宇宙が周囲です。 システムは、熱と周囲の仕事の両方によってエネルギーを失い、内部エネルギーが減少します。

シリンダの体積が増加すると(気体が膨張するなど)、外部の力に抗って押されます。これが単位面積あたりの力として定義された圧力です。

Eq1

方程式 2 と 3 から:

Eq1

面積と距離( A × D )の積は、シリンダ内のガスの体積の変化( Δ V )と等しくなります。

したがって、

Eq1

膨張中に体積が増加するため、 Vfinal > Vinitial 、および Δ V は正の値になります。 ただし、正の膨張(つまり、システムが周囲で仕事する場合)では、 w は負である必要があるため、負の符号が関係式に追加されます。  

Eq1

この方程式によると、圧力 - 体積の仕事は、外圧(または対向圧)のマイナスに体積変化を掛けた値です。  

この方程式に基づく仕事の単位は L·atm です。 その他の便利な変換係数は次のとおりです。  

Eq1

Eq1

このテキストは 、 Openstax, Chemistry 2e, Section 5.3: Endalpy から引用しています。


推奨文献

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter