Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

12.1: 溶液の形成
目次

JoVE Core
Chemistry

A subscription to JoVE is required to view this content. You will only be able to see the first 20 seconds.

Education
Solution Formation
 

12.1: 溶液の形成

すべての種類の溶質を溶かすことができる溶媒は存在しません。ある溶媒に容易に溶ける物質でも、別の溶媒には溶けないことがあります。どの物質がどの溶媒に溶けるかを簡単に予測する方法は、"同類は同類を溶かす"と表現されます。これは、塩や砂糖のような極性物質は、水のような極性物質に溶けることを意味します。一方、非極性物質は、四塩化炭素のような非極性溶媒に溶けやすくなります。

このような選択的溶解性は、溶液中の溶質と溶媒の分子内の分子間力と、溶質と溶媒の分子間の分子間力によって説明することができます。溶質分子と溶媒分子の間の分子間力が強ければ強いほど、溶媒への溶質の溶解度は高くなります。通常、極性のある溶質を結びつけるイオン相互作用や水素結合は、極性のある溶質分子と極性のある溶媒分子の間の双極子-双極子引力のような、他の強い力によってのみ克服されます。

非極性溶質間の分散力は、主に非極性溶質分子と非極性溶媒分子間の分散力によって克服され、極性相互作用を破壊するほど強くありません。ヨウ素や二酸化炭素のような非極性物質は水に溶解することができますが、その溶解度には限界があります。

溶液は均質でなければなりません。つまり、外観が均一で、溶媒全体で溶質の濃度が同じでなければなりません。同じタンクに砂糖シロップと純水が入っていて、障壁で隔てられているとします。障壁を取り除くと、液体は自然に混ざり合い、均一な溶液となります。この現象を「濃度平衡」といいます。

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter