Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Biology

ヒートショック法による大腸菌へのプラスミドDNAの形質転換

doi: 10.3791/253 Published: August 1, 2007

Summary

Abstract

ヒートショック法を用いて大腸菌へのプラスミドDNAの形質転換は、分子生物学の基本的なテクニックです。それは、細菌への外来プラスミドやライゲーション製品を挿入することで構成されています。このビデオプロトコルはGenlantisから市販のケミカルコンピテント細菌を使用した変換の伝統的な方法を説明します。氷の短いインキュベーションの後、ケミカルコンピテントバクテリアとDNAの混合物を45秒間、42 ° Cに配置されています(熱ショック)し、氷中に戻し入れ。 SOC培地を添加し、形質転換細胞を℃で30分間攪拌しながら37℃でインキュベートする。形質転換効率に関係なく、コロニーを単離することが保証されるためには、形質転換した細菌の2​​つの量は、メッキです。この伝統的なプロトコルは、ほとんどの市販のコンピテント細菌を形質転換するために正常に使用できます。 Genlantisからturbocellsは、取扱説明書に記載する新規な3分間の変換のプロトコルでも使用することができます。

ヒートショック法による大腸菌へのプラスミドDNAの形質転換
Play Video
PDF DOI

Cite this Article

Froger, A., Hall, J. E. Transformation of Plasmid DNA into E. coli Using the Heat Shock Method. J. Vis. Exp. (6), e253, doi:10.3791/253 (2007).More

Froger, A., Hall, J. E. Transformation of Plasmid DNA into E. coli Using the Heat Shock Method. J. Vis. Exp. (6), e253, doi:10.3791/253 (2007).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter