Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Bioengineering

のためのウイルス粒子 doi: 10.3791/4352 Published: November 16, 2012

Summary

植物ウイルス粒子(VNPs)は生物医学への応用のための有望なプラットフォームです。ここでは、植物VNP伝播、精製、特性評価、バイオコンジュゲーションするための手順について説明します。最後に、我々は腫瘍ホーミングとマウス異種移植モデルおよび蛍光イメージングを用いたイメージング用VNPsの応用を示す。

Abstract

ナノ材料の使用は、材料科学と医学に革命を起こす可能性を秘めています。現在、異なるナノ粒子の数は、イメージング及び治療への応用が検討されている。植物由来のウイルス粒子(VNPs)が定義されたサイズと形状を持つ自己組織化bionanomaterialsとみなすことができる。シュタインメッツのラボで研究中の植物ウイルスは直径30nmのが、どちらもササゲモザイクウイルス (CPMV)とブロムモザイクウイルス (BMV)によって形成された正二十面体粒子が挙げられる。我々はまた、以下の植物ウイルス由来の棒状、糸状の構造を開発している:18 nmで、300 nmの寸法、および糸状粒子515を形成ポテトウイルスX(PVX)で剛体棒を形成したタバコモザイクウイルス (TMV)、長さと幅で13 nmのナノメートル( リーダーがレフリーと呼ばれています。VNPsの詳細については、1および2)。

プランタで大規模容易に製造することができる、非常に安定していて、生体適合性である。また、VNPsは、特に遺伝子組み換えや化学バイオコンジュゲーション法3を用い操作することできる"プログラマブル"単位です。 VNPsの構造を原子レベルの分解能に知られており、変更は原子レベル4、現在の最先端の技術を有する合成ナノ材料を用いて達成することができないコントロールのレベルで空間的な精度で行うことができる。

本稿では、 緑豆ungiuculataNicotiana benthamianaのプラント CPMV、PVX、TMV、とBMVの伝播を記述します。各VNPための抽出と精製プロトコルが与えられている。精製し、化学的に標識VNPsのキャラクタリゼーションのための方法が記載されている。そこで、本研究ではchに焦点を当てるフルオロフォア( 例えばのAlexa Fluor 647)、ポリエチレングリコール(PEG)とVNPsのemicalラベリング。染料は、5月10日 VNPsの追跡および検出を容易にし、8,11その薬物動態を向上させながら、PEGはタンパク質性ナノ粒子の免疫原性を低減します。我々は、マウス異種移植腫瘍モデルを用いてPEG化VNPsのホーミング腫瘍を実証している。マエストロイメージングシステムを用いて組織ex vivoでの蛍光イメージングの組み合わせは、均質化された組織における蛍光定量、および共焦点顕微鏡は、生体内分布を研究するために使用されています。 VNPsは細網内皮系(RES)を経由してクリアされます。ホーミング腫瘍が強化された透過性と保持(EPR)効果12を介して受動的に達成されます。 VNPナノテクノロジーは、画像に強力なプラグ·アンド·プレイ·テクノロジーであり、 生体内での病気のサイトを扱います。今後はへの薬物貨物や臨床的に意義のあるイメージング部分、ならびに組織特異的リガンドを運ぶためにVNPsを開発しているがんや心臓血管疾患で過剰発現分子の受容体を標的とする。

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1。 VNP(CPMV、BMV、PVX、およびTMV)伝搬

  1. 一日の15時間(100%の光、25℃、65%湿度)と夜の9時間(0%光、22℃、60%湿度)に屋内植物室制御を設定します。
  2. 表1のタイムラインによると、植物に接種する。
CPMV PVX、TMV、とBMV
0日目:植物3ササゲ種子/ポット。 0日目:植物〜30 N. benthamianaの種/ポット。大さじ1肥料/ 5リットルの水で週に一度受精。
14日目:1工場/ポットで再ポットN. benthamianaの。
10日目:感染は、カーボランダムを軽くを用いた機械的接種によりCPMV(5μg/50μL/葉)を使用してプライマリ·紅葉。 28日目:3〜fを感染IVEは、カーボランダムを軽くを用いた機械的接種によりPVX、TMV、またはBMV(5μg/50μL/葉)の葉。
20日目:収穫の葉や店舗-80℃である。 42日:収穫の葉や店舗-80℃である。

、成長して感染し、葉を収穫するための表1。タイムライン。

注:のみCPMV伝播が例として示されている。

2。 VNP(CPMV、BMV、PVX、およびTMV)精製

注:すべてのステップは氷上または4で行われる℃の

  1. 表2参照)冷緩衝液の2倍量を使用して標準的なブレンダーで冷凍葉の100グラムをホモジナイズする。寒冷紗の2-3層を介してフィルタリングします。
  2. PVXの場合、1M HClを用いてpHを6.5に調整してください。 0.2%(w / v)のアスコルビン酸および0.2%(w / v)のナトリウムsulfiを追加TE。
  3. 20分間5500 xgで粗製植物ホモジネートを遠心分離します。上清を収集します。
  4. BMVのため、層の10%(w / v)スクロース溶液5ml上清の25ミリリットル。 3時間と38.5パーセントのCsCl溶液(w / v)に再懸濁しペレット9000×gで遠心分離します。 5時間振とうして混合し、次にステップ2.12に進みます。
  5. 1:1(v / v)のクロロホルム:1-ブタノール0.7ボリュームを追加することで、植物材料を抽出します。 30-60分間混合物をかき混ぜる。
  6. 20分間5500 xgでソリューションを遠心分離します。上部の水相を回収します。
  7. PEG(分子量8000)、0.2MのNaClを追加して8%(w / v)である。 TMVは、1%(v / v)トリトンX-100を追加することも。少なくとも1時間撹拌し、少なくとも1時間放置します。
  8. 15分間、15,000×gでソリューションを遠心分離します。緩衝液10mlでペレットを再懸濁します。 PVXについては、0.5メートルに0.1%β-メルカプトエタノール及び尿素を追加
  9. 30分間8000 xgで遠心し、上清を集める。
  10. 3時間16万xgで上清を超遠心。 5ミリリットルOバッファでペレットを再懸濁しvernight。
  11. バッファの10%、20%、30%、および40%スクロース(最も重い第一)の等量を使用して10から40パーセントショ糖勾配を準備します。勾配は室温で一晩平衡化させます。
  12. 超遠心機は、2時間(BMVのため24時間)を100,000 xgで、ショ糖勾配上にペレットを再懸濁した。
  13. 光散乱バンドを収集し、緩衝液に対して透析する。
  14. 4時にVNPs(下)と店舗を特徴付ける℃に長期保存には、-80℃で保存し
CPMVおよびTMV 0.1Mリン酸カリウム緩衝液(pH7.0)
38.5 mMのKH 2 PO 4
61.5 mMのK 2 HPO 4、
PVX 0.5 Mホウ酸緩衝液(pH7.8)
0.5Mのホウ酸
NaOHを用いてpHを調整
BMV SAMA緩衝液(pH4.5)
250 mM酢酸ナトリウム
10mMのMgCl 2
2 mMのβ-メルカプトエタノール(新鮮追加)

表2各VNP用のバッファーとそのレシピ。

注:のみCPMV伝播が例として示されている。

3。 VNP(CPMV、BMV、PVX、およびTMV)キャラ

  1. VNPsの濃度を決定するために、UV /可視分光法を実行します。
    1. 光度計、分光光度計を使用してサンプルを2μlの吸光度を測定します。
    2. ランベルト·ベールの法則を用いて粒子と色素の濃度を測定(吸光度=εcl、εは吸光係数、cは濃度、lはパスの長さです。)パスの長さは光度は0.1 cmです。
      VNP固有の吸光係数は、次のとおりです。
      CPMV:8.1 cm -1のミリグラム-1ミリリットル(260nmで)
      PVX:2.97 cm -1のミリグラム-1ミリリットル(260nmで)
      TMV:3.0 cm -1のミリグラム-1ミリリットル(260nmで)
      BMV:5.15 cm -1のミリグラム-1ミリリットル(260nmで)
  2. サイズ排除高速タンパク質液体クロマトグラフィー(FPLC)によって粒子を分析します。
    1. スーパーロース6サイズ排除カラムとÄKTAエクスプローラー、0.1Mリン酸カリウム緩衝液(pH7.0)200μl中VNPsの負荷50から100μgを用いた。
    2. 260 nmの(核酸)、280 nmの(タンパク質)、および接続された任意の色素の励起波長に検出器を設定します。
    3. 72分間、0.5ml /分の流速で実行します。
    4. 溶出プロファイルとA260:A280 nmはVNPの準備が純粋であるかどうか、および粒子が無傷で組み立てられているかどうかを示します。
      以下A260:280比率は純粋VNPの準備を示します:
      CPMV:1.8±0.1
      PVX:1.2±0.1
      TMV:1.1±0.1
      BMV:1.7±0.1
  3. 個々のコートタンパク質への準備と共役の純度を分析する(プレキャストNuPAGE)変性ビス - トリスアクリルアミド4-12%勾配ゲル電気泳動を行います。
    1. リン酸カリウム緩衝液9μlの中の粒子の10μgを4倍LDSサンプルバッファーの3ミリリットルを追加します。ジスルフィド結合の高い数を減らすためのbmv 4X LDSサンプルバッファーおよびβ-メル​​カプトエタノールを3μlの追加の1μlを添加する。
    2. 100℃で5分間熱ブロックでインキュベート℃、
    3. SDSゲルにサンプルをロードします。
    4. ランニングバッファー1X MOPSで1時間、200Vでサンプルを実行します。
    5. 蛍光コートタンパク質を可視化するためにUV光下でゲルを文書化します。
    6. 非蛍光性タンパク質は、1時間クーマシーブルー(0.25%(w / v)をクーマシーブリリアントブルーR-250、30%(v / v)メタノール、10%(v / v)の酢酸)で染色。
    7. 一晩30%メタノール、10%酢酸で脱色。チャン必要であればGEはソリューションを提供します。
    8. 白色光の下でゲルを文書化します。
  4. 透過型電子顕微鏡(TEM)により粒子の整合性を分析します。
    1. DI水20μlに0.1から1 mg / mlに試料を希釈します。
    2. パラフィルム上のサンプルの20μlの水滴を置きます。
    3. TEMグリッドでドロップをカバーし、2分間放置します。ろ紙でグリッド上の余分な溶液をオフウィック。
    4. 乾いたウィッキングその後DI水の降下に配置することにより、グリッドを洗ってください。
    5. 2パーセント20μlのドロップ(w / v)の2分間酢酸ウラニルに配置することにより、グリッドを染色。ろ紙汚れ過剰をオフウィック。
    6. もう一度水でグリッドを洗う。
    7. 透過型電子顕微鏡下のグリッドを観察します。

4。 PEGおよびフルオロフォア、精製とキャラクタリゼーションとVNPsの化学的結合

  1. 下記の反応のための計算の場合は、VNPsのモル質量は以下のとおりです。
    CPMV:5.6×10 6 g / molで
    PVX:35×10 6 g / molで
    TMV:41×10 6 g / molで
    BMV:4.6×10 6グラム/モル
  2. ワンステップN-ヒドロキシスクシンカップリング反応を用いたCPMVおよびPVXの表面リジンに染料とPEGコンジュゲート:のAlexa Fluor 647、スクシンイミジルエステルの2500モル当量(全モル過剰がVNPあたりモル過剰を参照してください)との4500同等追加NHSを- PEG(分子量5000)は、0.1 Mリン酸カリウム緩衝液中でCPMVをDMSOに溶解した。 PVXで作業する場合、NHS-染料とNHS-PEGの万モル過剰を追加します。 CPMVおよびPVXの最終濃度が2 mg / mlとし、DMSO含有量となるようなバッファーとDMSOのボリュームを調整すると、総反応容量の10%です。光から保護し、室温で一晩反応混合物をインキュベートする。 CPMVおよびPVXは、それぞれ300と1270にアドレス指定リジンを持っています。 ( 読者は上のさらなる読書のための以下の参照と呼ばれますCPMVおよびPVXの化学修飾:13-15)。
  3. ジアゾニウムカップリングによるTMVのチロシンと共役染料およびPEGが銅(I)触媒によるアジド - アルキン環が続く。
    1. 0.3Mのp-トルエンスルホン酸一水和物、3.0 Mの亜硝酸ナトリウムを25μl、及び0.68Mの蒸留1時間4℃でアセトニトリルに溶解した3 - ethynylaniline75μlの400μlの混合することによりジアゾニウム塩(アルキン)を準備します。
    2. TMVの1.25ミリリットル(20 mg / mlの原液)のNaClを100mMを含むホウ酸塩緩衝液、pH 8.8の3.3ミリリットルを追加します。
    3. ジアゾニウム結合によってTMVにアルキンライゲーションハンドルを追加するには3時間、氷浴中でジアゾニウム塩(アルキン)溶液450μlで、TMVに反応する。解決策は、薄茶色に変わります。 TMVは抱合のための2140利用可能なチロシンを持っています。
    4. ステップ4.4で説明されるようにショ糖クッションを使用して最終生成物を精製する。
    5. アジド官能のAlexa Fluor 647及びPEG-アジド(MW 5000)usinを​​取り付けグラム銅(I)触媒によるアジド - アルキン環化(CuAAC)。 1mMのCuSO 4を 、2mMのAMGは、15分間室温で2mMのアスコルビン酸ナトリウムとコートタンパク質とインキュベート当たり染料およびPEG-アジド2当量を追加します。 TMVの最終反応濃度が2 mg / mlとなるようなバッファの音量を調整します。 (:16,17読者はTMVの化学修飾に関するさらなる読書のための以下の参照と呼ばれます )。
  4. リジンとBMVシステイン変異体(cBMV)のシステインにPEGに染料を結合さ:
    1. 0.1MのTNKM緩衝液(50mMトリス塩基、50mMのNaCl、10mMのKCl、5mMのMgCl 2、pH7.4)にcBMVにDMSOに溶解オレゴングリーン488、スクシンイミジルエステルの2000モル当量を追加します。 BMVの最終濃度が1 mg / mlおよびDMSOのコンテンツであることそのようなバッファーとDMSOのボリュームを調整すると、総反応容量の10%です。 4℃で一晩反応混合物をインキュベート℃で光から保護。
    2. 遠心を使って浄化する粒子ステップ4.4で説明されるようにフーガのフィルタ。
    3. 前と同じ反応条件を用いてPEG-マレイミド(MW 2000)の2000モル過剰を追加し、4℃で2時間反応混合物をインキュベート℃にcBMVは180反応性リジン及びシステインを持っています。 (:18読者はBMVの化学修飾に関するさらなる読書のための以下の参照と呼ばれます )。
  5. 精製:2.5時間16万xgで40%(w / v)ショ糖クッションを通して溶液を渡します。バッファーでペレットを再溶解。あるいは、10kDaのカットオフスピンフィルターを使用して、適切な緩衝液に対して透析する。
  6. キャラクタリゼーション:UV /可視分光法、SDSゲル電気泳動、FPLC、およびTEM( 図示されていない、しかし、 図6と図7を参照してください ):PEG化および蛍光標識VNPsは、上述した方法を用いて分析されています。

5。マウス異種移植モデルを用いて腫瘍標的とイメージング

  1. 文化HT-29ヒト結腸癌細胞をRPMI培地で5%FBS、1%ペニシリン-ストレプトマイシンを補充し、37℃で1%L-グルタミン℃、5%のCOのC 2 175cm 2の細胞培養フラスコを使用しています。
  2. 5分間37℃でトリプシン-EDTA 5mlでインキュベートすることにより、滅菌PBSと収穫で細胞を2回洗浄します。 RPMI培地5mlのトリプシンを不活性化する。 5分間、500×gで遠心分離して細胞を回収する。 5×10 6 cells/50μlの培地(トリパンブルーおよび血球計数器を用いて総細胞数を決定)で新鮮なRPMI中で4℃で再懸濁します。注射(すべてのソリューションおよび試薬は無菌に保つ)に先立ってマトリゲルの等量で混ぜます。
  3. 調達6週齢のNCR nu / nuマウス、2週間アルファルファフリーダイエットでそれらを維持する。 [注:すべての動物の動物実験委員会の手続きが承認されなければならない。]無菌の18 1/2ゲージを用いて脇腹に5×10 6 cells/100μL/腫瘍(2腫瘍/マウス)の皮下注射による腫瘍異種移植片を誘導針。定期的に動物を監視します。ノギスを用いて腫瘍の大きさを測定し、腫瘍が20ミリメートル3(今後12日以内)の平均体積にまで成長することができます。 PBSおよびVNP(N = 3匹/群/時点):ランダムに二つのグループにマウスを割り当てる。 1ミリリットル28ゲージインスリン注射器を用いて、静脈内の滅菌PBS尾静脈注射を100μlまたは10 mg / kgのVNP製剤によって管理します。

注:生きた動物を用いて組織培養実験と研究が実証されることはありません。ハンズオンデモが組織の処理とデータ取得に制限されます。 HT-29腫瘍の異種移植モデルで参照するために、読者はrefに呼ばれています19

3つの手法がVNPsのホーミング腫瘍を評価するために使用されています:

  1. CO 2を使用して、異なる時間点(2、24、および72時間)で生け贄マウス:マエストロイメージングシステムを用いた蛍光イメージングガス。脇腹に腫瘍と一緒に動物や消費税、すべての主要な臓器(脳、心臓、肺、脾臓、腎臓、肝臓)解剖、パラフィルム上にティッシュを置いて、(800ミリ黄色励起および発光フィルターを用いた蛍光イメージング装置で分析組織における蛍光シグナル(VNPsに共役A647ラベル由来)の存在を検出するための露光)。画像を保存すると、ImageJ 1.44oソフトウェア(使用して蛍光強度を分析http://imagej.nih.gov/ij )。時間は他の主要な組織と腫瘍におけるVNPsの取り込みのパターンを比較してください。
  2. 撮影後、半分に各組織を切断し、凍結切片および共焦点解析用OCTコンパウンドで半分を埋め込む。予め秤量したクライオバイアル内の他の半分を収集し、直ちにそれらを液体N 2を使用してフリーズ。 -80℃で保存さらなる処理のための準備が整うまでは、C。
  3. 蛍光定量:再コー​​ドは、組織の重みを。室温で凍結組織を解凍し、1mlのPBSを含む別々の50mlのFalconチューブの中に置いてください。ハンドヘルド組織ホモジナイザーを用いて、PBS中で2〜3分間組織をホモジナイズ後、マイクロチューブにホモジネートを転送します。非均質化された組織を除去するために13000×gで10分間ホモジネートを遠心分離します。
  4. 384ウェル黒色のUVプレートに各グループ(PBSおよびVNP製剤/時点)から組織からの上清をピペットで100μL添加します。プレートリーダーを用いて蛍光強度(励起/ EM波長665分の600)を評価します。組織重量によって得られた蛍光値を正規化します。
  5. 免疫組織化学:-20℃で凍結ミクロトーム切片(10μm)とストアを準備細胞核(DAPI)および内皮細胞マーカー(FITC標識抗マウスCD31抗体)の組織切片を染色します。蛍光標識VNPの血管および腫瘍内局在をマッピングする共焦点顕微鏡分析を行うsである。

注:この手順は、実証されませんが、代表的なデータは、図8に示されている。免疫組織化学上の基準及び記載の染色法について、読者はrefに呼ばれています19

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

このプロトコルは、in vivoでの腫瘍イメージングためのVNPsとその応用の化学修飾のためのアプローチを提供します。ここで紹介する動物蛍光イメージング、蛍光定量、および免疫組織化学の技術は生体内分布を研究し、腫瘍がホーミング評価するのに役立ちます。これらの技法は、EPR効果による腫瘍へのナノ粒子のアクセスに関する貴重な情報を提供します。種々の分析方法からの結果を組み合わせることで、我々はVNPsの局在化および生体内分布を評価するための強力なアプローチを取得します。

これらの研究はしかし実行できる前に、それは純粋なウイルス製剤を得ることが不可欠である。別に機械的な接種から、VNP伝播のための可能な代替手段は、高変換と蓄積速度を持つことができagroinfiltrationです。 VNPsを伝播する際に、注意が別個トンなど、さまざまなウイルスに感染した植物を維持するために取られるべきであるoは、交差汚染を避ける。具体的には、TMVのは容易に拡散し、機械的に送信されます。に留意すべき別の重要なステップは、氷上または4℃でウイルス精製を行っているすべてのバッファが、氷の寒さを使用する必要があります。低い温度では、プロテアーゼおよび植物材料中に存在する酸化酵素の結果としてVNPsへの損傷を防止することが必要である。

精製VNPsの低収率は、複数の要因から発生する可能性がある。考えられる原因は、繁殖の用に供されるVNPsの年齢である可能性があります。それは、より最近のウイルス調製物を用いることが好ましい。例えば、CPMVのSコートタンパク質のC末端24アミノ酸は遺伝子サイレンシングの抑制のために必要である。この表面に露出領域の欠失は、タンパク質分解に起因する時間をかけて行われます。 CPMVの構造と安定性には影響はありませんが、成長遅延と遅延は、ウイルスの結果の広がり。低収率の別の原因は精製中VNPsの喪失である。で特定tention社は、PEG沈殿後の再懸濁工程に与えられるべきである。ペレットの再懸濁不完​​全、後続の遠心分離工程のペレットで失わVNPをもたらすでしょう。

全体的に、ここで紹介バイオコンジュゲーション化学は簡単です。説明14,17,18,21特性評価方法は、粒子の整合性を確保し、接合の程度を決定するために貴重なものです。モル過剰は、それに応じてアプリケーションおよび所望の官能性の程度に応じて調整することができる。

マウス異種移植モデルで作業する場合は、最も本質的な練習は無菌操作を以下の通りです。また、尾静脈注射は、各マウスの制服サンプル量を確保するための重要なステップです。これは、あらかじめ静脈を拡張するために暖かい水の中で尾を置くのを助けるかもしれません。別の考慮事項は、蛍光イメージングおよび測定のための自家蛍光である。一般的に、組織の自家蛍光は最小になり600nmの向こうED、イメージングプローブとして最適な600nmの発光極大を超えての長波長色素を作る。しかし、正常なマウスのダイエットも赤色蛍光を発する葉緑素含有アルファルファ、から構成されています。その結果、バックグラウンド信号を低減するために少なくとも2週間はアルファルファフリー食でマウスを維持するために必要です。最後に、蛍光イメージングを用いた蛍光検出が原因で様々な組織の散乱及び吸収環境の違いに限定されていることに留意すべきである。その結果、イメージングは​​可視化と定量化のためには、組織ホモジネートを用いて行われている間に、生体内分布を監視するための最初の方法として使用されています。

基盤技術としてVNPsを使用していくつかの利点が彼らの単分散性、生体適合性、スケールアップ生産のための機能、および複数の官能基化戦略に従順です。化学工学に加えて、遺伝子工学はintroducと一緒にここに示されているバイオコンジュゲーションのためのターゲットとしてのbmvシステインる。遺伝子工学はまた、標的ペプチドまたは親和性タグを導入するために使用することができる。説明されたプロトコルが(染料とPEG)粒子二重標識を利用しながら、現在進行中の研究は、組織特異性と治療効果を高めるために追加の機能を( すなわち 、治療薬およびターゲティング)を組み込むことを検討しています。したがって、このアプローチでは、将来の生物医学的応用のための基礎を築きます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

特別な利害関係は宣言されません。

Acknowledgments

この作品は、NIHの/ NIBIB助成R00 EB009105(NFS)とP30-EB011317 NFS(へ)、NIHの/ NIBIB訓練助成T32 EB007509(AMW)に、ケース·ウェスタン·リザーブ大学学際アライアンス·インベストメント·グラント(NFSへ)によってサポートされていましたとケース総合がんセンター助成P30 CA043703(NFS)である。我々は、彼らのためにシュタインメッツラボ学部生の研究者に感謝ハンズオンサポート:ナディア唱、ケビン·チェン、ソウラヴ(SID)Deyさん、アリスヤン、サムアレクサンダー、クレイグD'クルス、だからスティーブン鷺、ローレンランドルフ、ブライアン、ポールChariou 。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
VNP production
Indoor plant chamber Percival Scientific E-41L2
V. unguiculata seeds (California black-eye no. 5) Burpee 51771A
N. benthamiana seeds N. benthamiana seeds were a gift from Salk Institute. Seeds are produced through plant propagation.
Carborundum Fisher C192-500
Pro-mix BX potting soil Premier Horticulture 713400
Jack's Professional 20-10-20 Peat-Lite Fertilizer JR Peters 77860
Equipment
50.2 Ti rotor Beckman 337901
SW 32 Ti rotor Beckman 369694
Optima L-90K ultracentrifuge Beckman 365672
SLA-3000 rotor Thermo Scientific 07149
SS-34 rotor Thermo Scientific 28020
Sorvall RC-6 Plus centrifuge Thermo Scientific 46910
Polypropylene bottle Beckman 355607 For SLA-3000 rotor
Polycarbonate bottle Beckman 357002 For SS-34 rotor
Ultra-Clear tube Beckman 344058 For sucrose gradient and SW 32 Ti rotor
Polycarbonate bottle Beckman 355618 For pelleting and 50.2 Ti rotor
NanoDrop spectrophotometer Thermo Scientific NanoDrop2000c
PowerEase 500 pre-cast gel system Invitrogen EI8675EU
Superose 6 10/300 GL (24 ml) size-exclusion column GE Healthcare 17-5172-01
ÄKTA Explorer 100 Chromatograph GE Healthcare 28-4062-66
Allegra X-12R Beckman 392302 Benchtop centrifuge
Cryostat Leica CM1850
Maestro 2 Caliper Life Sciences In vivo imaging system
Tissue-Tearor Biospec Products 985370-395
Microplate reader Tecan Infinite-200
Transmission electron microscope ZEISS Libra 200FE
FluoView laser scanning confocal microscope Olympus FV1000
Chemicals and Reagents
3-ethynylaniline Sigma Aldrich 498289-5G
384 well black plate BD Biosciences 353285
4-12% Bis-Tris NuPAGE SDS gel Invitrogen NP0321BOX
4X LDS sample buffer Invitrogen NP0008
Acetic Acid Fisher A385-500
Acetonitrile Sigma Aldrich 271004-1L
Alexa Fluor 647 azide Invitrogen A10277
Alexa Fluor 647 carboxylic acid, succinimidyl ester Invitrogen A20006
Amicon Ultra-0.5 ml Centrifugal Filters Millipore UFC501096 10 kDa cut-off
Aminoguanidine hydrochloride Acros Organics 36891-0250
Boric acid Fisher A74-500
Coomassie Brilliant Blue R-250 Fisher BP101-25
CsCl Acros Organics 42285-1000
DAPI MP Biomedicals 157574
Dimethyl sulfoxide Fisher BP231-100
Filter paper Fisher 09-801K P5 grade
FITC anti-mouse CD31 BioLegend 102406
Goat serum Invitrogen 16210-064
KCl Fisher BP366-500
L-ascorbic acid sodium salt Acros Organics 35268-0050
Methanol Fisher A412P-4
MgCl2 Fisher BP214-500
Microscope slides Fisher 12-544-3
Microscope cover glass VWR 48366-277
MOPS buffer Invitrogen NP0001
mPEG-mal Nanocs PG1-ML-2k MW 2000
mPEG-N3 Nanocs PG1-AZ-5k MW 5000
mPEG-NHS Nanocs PG1-SC-5k MW 5000
NaCl Fisher BP358-212
Oregon Green 488 succinimidyl ester *6-isomer* Invitrogen O-6149
p-toluenesulfonic acid monohydrate Acros Organics 13902-0050
Permount Fisher SP15-100
Potassium phosphate dibasic Fisher BP363-1
Potassium phosphate monobasic Fisher BP362-1
Sodium acetate Fisher BP333-500
Sodium nitrite Acros Organics 42435-0050
Sodium sulfite Amresco 0628-500G
Sucrose Fisher S6-500
TEM grid Ted Pella FCF-400Cu
Tris base Fisher BP152-500
Triton X-100 EMD Chemicals TX1568-1
β-mercapt–thanol Fisher O3446I-100
Tissue Culture
Fetal bovine serum Invitrogen 12483-020
Hemocytometer Fisher 0267110
HT-29 cells ATCC HTB-38
L-glutamine Invitrogen 25030-080
PBS Cellgro 21-040-CV
Penicillin-streptomycin Invitrogen 10378-016
RPMI-1640 Invitrogen 31800-089
Tissue culture flasks Corning 431080 175 cm2
Trypan Blue Thermo Scientific SV30084.01
Trypsin, 0.05% (1X) with EDTA 4Na, liquid Invitrogen 25300-054
Animal Studies
18% Protein Rodent Diet Harlan Teklad Teklad Global 2018S Alfalfa free diet
Insulin syringe BD Biosciences 329410 28 gauge
Isoflurane Baxter AHN3637
Matrigel Matrix basement membrane BD Biosciences 356234
NCR nu/nu mice CWRU School
of Medicine Athymic Animal and Xenograft Core Facility
Sterile syringe BD Biosciences 305196 18 1/2 gauge
Tissue-Tek CRYO-OCT Compound Andwin Scientific 4583

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Description of Plant Viruses [Internet]. Association of Biologists. Warwick, UK. Available from: http://dpvweb.net/ (2012).
  2. Carrillo-Tripp, M., Shepherd, C. M., Borelli, I. A., Venkataraman, S., Lander, G., Natarajan, P., Johnson, J. E., Brooks, C. L., Reddy, V. S. VIPERdb2: an enhanced and web API enabled relational database for structural virology. Nucl. Acids Res. 37, 436-442 (2009).
  3. Pokorski, J. K., Steinmetz, N. F. The art of engineering viral nanoparticles. Mol. Pharm. 8, 29-43 (2011).
  4. Steinmetz, N. F., Lin, T., Lomonossoff, G. P., Johnson, J. E. Structure-based engineering of an icosahedral virus for nanomedicine and nanotechnology. Curr. Top Microbiol. Immunol. 327, 23-58 (2009).
  5. Jung, B., Rao, A. L., Anvari, B. Optical Nano-Constructs Composed of Genome-Depleted Brome Mosaic Virus Doped with a Near Infrared Chromophore for Potential Biomedical Applications. ACS Nano. (2011).
  6. Leong, H. S., Steinmetz, N. F., Ablack, A., Destito, G., Zijlstra, A., Stuhlmann, H., Manchester, M., Lewis, J. D. Intravital imaging of embryonic and tumor neovasculature using viral nanoparticles. Nat. Protoc. 5, 1406-1417 (2010).
  7. Leopold, P. L., Ferris, B., Grinberg, I., Worgall, S., Hackett, N. R., Crystal, R. G. Fluorescent virions: dynamic tracking of the pathway of adenoviral gene transfer vectors in living cells. Hum. Gene Ther. 9, 367-378 (1998).
  8. Lewis, J. D., Destito, G., Zijlstra, A., Gonzalez, M. J., Quigley, J. P., Manchester, M., Stuhlmann, H. Viral nanoparticles as tools for intravital vascular imaging. Nat. Med. 12, 354-360 (2006).
  9. Steinmetz, N. F., Ablack, A. L., Hickey, J. L., Ablack, J., Manocha, B., Mymryk, J. S., Luyt, L. G., Lewis, J. D. Intravital imaging of human prostate cancer using viral nanoparticles targeted to gastrin-releasing Peptide receptors. Small. 7, 1664-1672 (2011).
  10. Wu, C., Barnhill, H., Liang, X., Wang, Q., Jiang, H. A new probe using hybrid virus-dye nanoparticles for near-infrared fluorescence tomography. Optics Communications. 255, 366-374 (2005).
  11. Steinmetz, N. F., Cho, C. F., Ablack, A., Lewis, J. D., Manchester, M. Cowpea mosaic virus nanoparticles target surface vimentin on cancer cells. Nanomedicine (Lond). 6, 351-364 (2011).
  12. Maeda, H., Wu, J., Sawa, T., Matsumura, Y., Hori, K. Tumor vascular permeability and the EPR effect in macromolecular therapeutics: a review. Journal of Controlled Release. 65, 271-284 (2000).
  13. Chatterji, A., Ochoa, W., Paine, M., Ratna, B. R., Johnson, J. E., Lin, T. New addresses on an addressable virus nanoblock: uniquely reactive Lys residues on cowpea mosaic virus. Chem. Biol. 11, 855-863 (2004).
  14. Steinmetz, N. F., Mertens, M. E., Taurog, R. E., Johnson, J. E., Commandeur, U., Fischer, R., Manchester, M. Potato virus X as a novel platform for potential biomedical applications. Nano Lett. 10, 305-312 (2010).
  15. Wang, Q., Lin, T., Tang, L., Johnson, J. E., Finn, M. G. Icosahedral virus particles as addressable nanoscale building blocks. Angew. Chem. Int. Ed. 41, 459-462 (2002).
  16. Bruckman, M. A., Kaur, G., Lee, L. A., Xie, F., Sepulveda, J., Breitenkamp, R., Zhang, X., Joralemon, M., Russell, T. P., Emrick, T., Wang, Q. Surface modification of tobacco mosaic virus with "click" chemistry. Chembiochem. 9, 519-523 (2008).
  17. Schlick, T. L., Ding, Z., Kovacs, E. W., Francis, M. B. Dual-surface modification of the tobacco mosaic virus. J. Am. Chem. Soc. 127, 3718-3723 (2005).
  18. Yildiz, I., Tsvetkova, I., Wen, A. M., Shukla, S., Masarapu, M. H., Dragnea, B., Steinmetz, N. F. Engineering of Brome mosaic virus for biomedical applications. RSC Advances. (2012).
  19. Brunel, F. M., Lewis, J. D., Destito, G., Steinmetz, N. F., Manchester, M., Stuhlmann, H., Dawson, P. E. Hydrazone ligation strategy to assemble multifunctional viral nanoparticles for cell imaging and tumor targeting. Nano Lett. 10, 1093-1097 (2010).
  20. Shukla, S., Ablack, A., Wen, A., Lee, K., Lewis, J., Steinmetz, N. F. Increased tumor homing and tissue penetration of the filamentous plant viral nanoparticle Potato virus X. Molecular Pharmaceutics. (2012).
  21. Chatterji, A., Ochoa, W., Shamieh, L., Salakian, S. P., Wong, S. M., Clinton, G., Ghosh, P., Lin, T., Johnson, J. E. Chemical conjugation of heterologous proteins on the surface of Cowpea mosaic virus. Bioconjug. Chem. 15, 807-813 (2004).
のためのウイルス粒子<emインビボ&gt;</em&gt;腫瘍イメージング
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Wen, A. M., Lee, K. L., Yildiz, I., Bruckman, M. A., Shukla, S., Steinmetz, N. F. Viral Nanoparticles for In vivo Tumor Imaging. J. Vis. Exp. (69), e4352, doi:10.3791/4352 (2012).More

Wen, A. M., Lee, K. L., Yildiz, I., Bruckman, M. A., Shukla, S., Steinmetz, N. F. Viral Nanoparticles for In vivo Tumor Imaging. J. Vis. Exp. (69), e4352, doi:10.3791/4352 (2012).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter