Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Neuroscience

神経芽細胞の移行を検討するために、げっ歯類神経芽細胞のクレオ doi: 10.3791/50989 Published: November 12, 2013
* These authors contributed equally

Summary

神経芽細胞の遊走は、出生後の神経新生に重要なステップです。プロトコルは、ここに記載DNA /低分子ヘアピンRNA(shRNAは)ヌクレオおよびげっ歯類生後吻側遊走性流から単離された神経芽細胞を用いた3次元遊走アッセイを用いることにより、神経芽細胞遊走の候補調節因子の役割を調査するために使用することができる。

Abstract

側脳室の側壁に位置する脳室下帯(SVZ)は、成人の神経発生における基本的な役割を果たしている。脳のこの制限された領域では、神経幹細胞が増殖し、常に嗅球(OB)に到達するために吻側渡り鳥ストリーム(RMS)に沿ってチェーンに接線方向に移動する神経芽細胞を生成する。かつてのOBには、神経芽細胞は、放射状の移行に切り替えてから、既存の神経回路網に組み込むことができる成熟した神経細胞に分化する。適切な神経芽細胞の遊走は、新生ニューロンの正しい機能的成熟を確保し、神経発生における基本的なステップです。彼らの運動の基礎となる細胞内のメカニズムを調査して、脳内で負傷した領域を対象とするSVZ由来の神経芽細胞の能力を与えられた神経発生の理解を強化するだけでなく、神経再生戦略の開発を促進することができる。

この原稿は、詳細を説明します原発齧歯類RMS出生後の神経芽細胞や生体内で観察された移行の彼らのモードをrecapitulating 3D in vitroでの遊走アッセイを使用して運動性の解析のトランスフェクションのためのプロトコル。両方のラットおよびマウス神経芽細胞を迅速かつ効率的に、プラスミドDNA、低分子ヘアピン(shの)RNA又は短い干渉(SI)関心対象の遺伝子を標的RNAオリゴヌクレオ介してのいずれかでトランスフェクトすることができる。移行を分析するには、ヌクレオフェクト細胞は「懸滴」で再凝集させ、その後、3次元マトリクス状に埋め込まれている。クレオ自体が大幅に神経芽細胞の遊走を阻害しない。ヌクレオフェクトし、再凝集神経芽細胞の薬理学的治療は、神経芽細胞遊走に関与するシグナル伝達経路の役割を研究するために行うことができる。

Introduction

新しいニューロン(神経新生)の出生後の哺乳動物の脳、世代では生涯を通じて発生し、2神経性のニッチに限定されている。側脳室の脳室下帯(SVZ)および海馬1の歯状回の下帯。いくつかの最近の研究は、学習および記憶タスクの2,3を促進する成体神経新生の重要な役割を示している。また、脳損傷4-7次の神経前駆細胞の増殖および募集の証拠は、神経修復における神経新生の薬理活性化の可能性を高める。

出生後の神経発生、神経前駆細胞の増殖、遊走、分化、生存、そして新たに生まれた神経細胞8の最終的なシナプスの統合が含まれ、そのすべての段階において、厳密に調節されている。 SVZ幹細胞由来の神経前駆細胞(神経芽細胞)は​​吻側遊走を介して大きな距離にわたって移行彼らは機能的ニューロン9に成熟嗅球(OB)に向かって流れ(RMS)。渡り鳥神経芽細胞は、単一のリーディング·プロセスを延びる細長い細胞体で、主に単極性である。これらの細胞は互いに10上をスライド、一括してチェーンに移動します。移行が機能的ニューロン11にSVZ由来の前駆細胞のその後の成熟に重要なステップであり、などの複数の要因やガイダンス分子によって制御されます。ポリシアリル神経細胞接着分子(PSA-NCAM)12、エフリン13は、14のインテグリン、スリット15、成長は16を要因と17の神経伝達物質、しかし、このプロセスの基礎となる分子メカニズムは完全には理解されていない。神経芽細胞遊走を調節する細胞内シグナル伝達経路を調査することは、成体の神経発生のより良い理解を提供するだけでなく、新たな治療の開発に貢献する脳の修復を促進するために近づく。

この原稿は、ヌクレオと3D移動アッセイを用いてインビトロで神経芽細胞の遊走の候補調節因子の役割を研究するための詳細なプロトコルについて説明します。ヌクレオは、エレクトロポレーションの改良された方法に基づいて、細胞トランスフェクション技術である。細胞型特異的電流およびヌクレオソリューションは、このような直接ゆっくり胚および哺乳動物の神経細胞18のような非アクティブセルを分割するか、有糸分裂の細胞核と許可クションへのDNAとのshRNAベクター及びsiRNAオリゴヌクレオチドなどのポリアニオン性高分子の転送を可能にする。この方法は、高速で実行するのが比較的容易で、一次神経芽細胞およびニューロン19-21を含む細胞型の広い範囲の再現性の高いトランスフェクションの結果である。

RMS組織の解離は、渡り鳥神経芽細胞の単離を可能にする成功したDNA / SHRでヌクレオフェクトでき​​るNAベクトルまたは関心のある遺伝子を標的siRNAオリゴ。クレオに続いて、神経芽細胞は、ドロップをぶら下げに再凝集され、その後、3次元マトリゲルマトリックス中に埋め込ま。これらの条件は、このようにして神経芽細胞遊走に関与するシグナル伝達経路を調査するために、これらの細胞の運動性に対する薬理学的治療の影響を評価するための優れたモデル系を提供すること、神経芽細胞がin vivoで観察された移行モードをrecapitulating細胞凝集物から移動することを可能にする。

Protocol

この手順では、英国内務省の規制(動物科学手続法、1986)に準拠しています。科学者たちは、彼らの機関や国の動物規制機関によって確立され、承認されたガイドラインに従う必要があります。

1。切開およびラットのRMS神経芽細胞の解離

  1. 実効解剖、解離のために必要なソリューションを準備します。

解剖培地 (100ml)で
ハンクス平衡塩溶液(HBSS) - 98.5ミリリットル
5男のHEPES 7.4〜0.5ミリリットル
ペニシリン - ストレプトマイシン(10,000単位/ ml 10,000μg/ ml)を - 1ミリリットル

解離培地(2ml)に
HBSS - 1.760ミリリットル
10倍のトリプシン(2.5%) - 200μL
DNAse1(1 mg / ml)を - 40μL

ダルベッコのイーグル培地(DMEM)+10%ウシ胎児血清(FCS)(40ml)に変形
DMEM中 -36ミリリットル
FCS - 4ミリリットル

完全培地 (12ミリリットル)

神経基礎培地 - 11.46ミリリットル
B27サプリメント - 250μL
L-グルタミン(200 mM)の - 125μL
グルコース(45%) - 165μlの

2。 DMEM + 10%FCS完全培地をフィルタリングし、滅菌し、37℃/ 5%CO 2インキュベーター内でそれらをpreequilibrate。

  1. 解剖
    1. 頚椎脱臼により、P6-P7ラットのトイレ(約12匹)を犠牲にしてはさみで首を切る。
    2. メスの刃と小脳に鼻から半ば矢状縫合に沿って皮膚内の前後の切開を加えます。皮をはがし頭蓋骨に沿って同じ切開を繰り返します。
    3. 優しく鉗子で頭蓋フラップを取り外し、慎重に嗅球を含めるように注意しながら、へらで脳を削除します。
    4. 脳の大部分の尾三分の一をカットして捨てる。
    5. 目のチョップ組織チョッパーを用いて厚さ1.4mm冠状スライスに電子脳組織。
    6. 冷たい解剖培地を含む皿の中でスライスを置き、慎重に針を使用して区切ります。
    7. RMSは、OB部分の中央にある三角形、半透明領域として、より尾側脳スライス内の小さな円形の領域として表示されます。周囲の組織を含めないように注意しながら、顕微ナイフで各スライスのうちRMSをカット。 P7の仔ラットでは、通常、(OB含む)〜8最も頭側のスライスは、RMSが含まれています。
    8. プラスチック製パスツールピペットで、RMS断片を収集し、氷上で冷たい解剖培地を含む小皿に配置します。
    9. 切開が完了したら、プラスチックピペットにて15mlチューブにRMSフラグメントを転送する。チューブの底に沈降する断片のままにしておきます。
  2. 解離
    1. 解離培地2mlで解剖培地を交換してください。
    2. 優しくpで、RMS断片を粉砕するフラグメント·サスペンションアップipetting約10倍P1000ピペットを使用してダウン。
    3. 2分間37℃の水浴中で組織片をチューブのままにしておきます。
    4. 10倍再びソリューションをピペット断片は(懸濁液は白濁します)解離していることを確認してください。
    5. 予め温めておいたDMEM + 10%FCSを5mlを添加することによりトリプシンを不活性化する。
    6. 5分間433×gで細胞懸濁液を遠心分離する。
    7. エッペンドルフチュー​​ブにそれまでの一定分量のsiRNA / DNAの必要量(通常3〜5μgのDNAを/ shRNAのか、ヌクレオあたり5-9μgのsiRNAオリゴは、しかし、DNA / siRNAの量が最適化が必要な場合があります)。
    8. 余分な培地を除去し、あらかじめ温めておいたDMEM +10%FCSを5mlに穏やかなピペッティングにより細胞ペレットを再懸濁します。
    9. 細胞数を実行します。ラットの仔の脳あたり〜1×10 6の細胞を期待しています。ながら、2.5×10 6個の細胞の最小は、各クレオのために必要とされる最適な結果はヌクレオにつき3〜4×10 6個の細胞を使用して達成している。
    10. 5分間433×gで細胞懸濁液を遠心分離する。 できるだけ多くのメディアを削除してください

2。クレオ

  1. 予め室温でインキュベートしたニューロンクレオ溶液(マウス細胞を用いた場合はマウス) を直ちにラットに細胞ペレットを再懸濁する。クレオあたり100μlを使用ください :。典型的には12匹のラットのごみは4 nucleofectionsを実行するのに十分であり、マウスのトイレ(12匹)が2 nucleofectionsを実行するのに十分である。
  2. siRNAを/ DNAを含む各エッペンドルフチュー​​ブに細胞懸濁液100μlを転送し、P200ピペットでピペッティングにより穏やかに2〜3倍を混ぜる。
  3. 気泡を避けるように注意しながら、nucleofectioncuvetteの底にサンプル(cell-DNA/siRNAサスペンション)を追加します。
  4. プログラムのG-013(ラット細胞の場合)またはO-005を使用してNucleofect(用マウス細胞)。一ヌクレオは約5秒かかります。
  5. すぐにヌクレオフェクトサンプルに予熱DMEM +10%FCSの1ミリリットルを加える。
  6. 繰り返しは、他のすべての試料について2.4と2.5を繰り返します。注:最適な結果を得るために、全体のヌクレオ手続きはもう5分以上持続してはならない。
  7. クレオキットが提供するプラスチック製のピペットを用いて、あらかじめ温めておいたDMEM +10%FCSの5ミリリットルを含む15mlチューブに各サンプルを転送します。チューブに任意の細胞片を転送することは避けてください。
  8. 5分間433×gで遠心分離サンプル。
  9. 慎重にすべての余分な培地を除去し、P20ピペットを用いてあらかじめ温めておいたDMEM +10%FCSの25〜30μlのペレットを再懸濁。培地の30以上の液を使用しないでください。
  10. P35ディッシュのふたの内側に落下などの懸濁液をピペットで。
  11. 図1も参照)完全培地の2ミリリットルを含むP35皿の上で蓋を反転します。
  12. でインキュベーター(37℃/ 5%CO 2)で残して少なくとも5時間と7時間まで。より長いインキュベーション時間は、細胞クラスターのより良好な再凝集を可能にする。
  13. カットチップでP1000ピペットを用いて皿の中の完全培地に蓋から吊り滴を転送します。
  14. のDNA nucleofectionsおよびsiRNA / shRNAののnucleofectionsのため48時間、24時間、37℃/ 5%CO 2でインキュベートする。

3。埋め込み

  1. (25ミリリットル)の完全培地を用意し、数時間、37℃/ 5%CO 2でそれをpreequilibrate。
  2. -80℃の冷凍庫から基底膜マトリックスの凍結アリコートを取り出して、低温室で、氷上で解凍する。
  3. それぞれが8 13ミリメートル無菌coverlipsまで含む6cmディッシュを用意クレオため。
  4. 密着フィルムで覆われたアイスボックスにお皿を置きます。これは、埋め込み手順中にマトリックスの凝固を防ぐために冷却し、カバースリップを維持することが重要である。
  5. 湿度を維持するために、15cmの皿の内側湿った組織のストリップを配置し、その付病気埋め込ま神経芽細胞を含む3つの6cmのディッシュまで保持するために使用される。
  6. 1:3の比で解凍行列に完全培地を追加します。例えば、ピペッティングすることにより、マトリックスの120μlの完全培地を40μlを混合します。マトリックスのこの量は、8つの12mmのカバーガラス上で凝集体を埋め込むために十分である。
  7. で15mlチューブと遠心分離機に再凝集細胞クラスターを転送 5分間433×gで。
  8. 余分な培地を除去し、完全培地10μlのペレットを再懸濁します。
  9. 各無菌カバーガラス上に細胞凝集体懸濁液の2液を置き、マトリックス/完全培地混合物の18μlを加える。全体カバースリップの上に行列を広めるためにピペットチップを使用してください。
  10. すぐに15〜20分間15cmの皿にカバースリップを含有する6cmディッシュを配置し、インキュベーター内で残す(37℃/ 5%CO 2)。行列が固化したら、そっと押しに注意しながら、各6cmディッシュに5ミリリットルの完全培地を追加ピペットチップで浮動カバースリップダウン。
  11. 神経芽細胞が細胞凝集体の外へ移動させるために37℃/ 5%CO 2で24時間インキュベートする。

4。 3D移動アッセイ

  1. 免疫染色に必要な溶液を調製する。
    1. ブロック溶液を準備します。
      ヤギブロック溶液(50ml)
      リン酸緩衝生理食塩水(PBS) - 5ミリリットル
      ヤギ血清 - 7.5ミリリットル
      10%のトリトンX-100〜1.5ミリリットル
      BSA - 50 mgの
      H 2 O - 36ミリリットル
    2. 4℃でのフィルターと店舗
    3. 定着液を準備します。
      (100ml)中溶液を固定する
      ホルムアルデヒド(PFA) - 4グラム注意:必ずボンネットの下に、PFAを処理
      ショ糖 - 20グラム(オプション)
      100ミリリットルまでのPBS
    4. ホットプレート上で、一定の攪拌下では80ミリリットルで、PFAを溶解PBSを65℃に維持
    5. PFAが溶解したら、ショ糖20グラムを加える。
    6. pHを調節する7.4(通常、溶液100ml当たり〜60μlの1 M NaOHを添加することによって)。
    7. PBSで100ミリリットルの全量をもたらす。
  2. 免疫染色
    1. 24穴プレートにカバースリップを置きます。
    2. PBSで2倍にカバースリップを洗浄します。
    3. 室温で45分間溶液を固定して、RMSの神経芽細胞の凝集体を固定します。
    4. PBS 3X( - ロッキングプラットフォーム上で5分/洗浄)でカバースリップを洗浄します。
    5. ヤギブロック溶液で30〜60分間ブロックします。
    6. ヤギブロック溶液中で一次抗体を希釈し、4℃で一晩インキュベート(所望であれば、蛍光ファロイジン(1:400)およびヘキスト色素(1:10,000)は、繊維状アクチンおよび核を視覚化するために、一次抗体溶液に添加することができる)。
    7. PBS 3X(5分/洗浄)でカバーグラスを洗浄します。
    8. ヤギブロック溶液中で二次抗体を希釈し、室温で2時間インキュベートする。
    9. coversliすすぐPBSで3倍とPS(5分/洗浄)
    10. マウントは、蛍光封入剤でカバースリップし、室温で一晩乾燥さのままにしておきます。
  3. 移行解析
    1. 10倍の対物レンズを使用して蛍光顕微鏡で固定したRMS神経芽細胞凝集体の画像をキャプチャする。サンプル画像中のスケールバーがあります。
    2. 定量化のためのスケールを設定するには、ImageJのツールバーの「直線」ツールを選択することにより、画像中のスケールバーを測定します。
    3. 「分析」オプションを選択し、「スケールを設定」をクリックしてください。
    4. スケールウィンドウに「既知の距離」を設定し、すべての測定に対して同じ設定を保持するために「グローバル」ボックスをチェック。
    5. 全体集計( 図3B)周りの6つの分野での最も遠い移行神経芽細胞に骨材の端からの距離を測定するために、ImageJのツールバーの「折れ線」ツールを使用します。唯一の孤立AGを検討分析用gregates。
    6. 各集計のために取得した6つの値の平均移動距離を計算します。
    7. 3つの独立した実験の最小値からのすべての独立した実験やプール結果に各条件のため10月20日集計を測定します。常にヌクレオ制御( 例えば 。GFPまたは制御SH / siRNA)を挙げることができる。

Representative Results

神経芽細胞は、正常解剖RMS組織( 図1A)から単離し、三次元マトリックスに埋め込 ​​むことができる。ラットやマウスの出生後の実効値のいずれかから単離された細胞は、ダブルコルチン(DCX)、βIIIチューブリンまたはPSA-NCAM( 図1B-C)などの渡り鳥神経芽細胞マーカーのために免疫陽性である。

解離した神経芽細胞が効率的にウェスタンブロット分析( 図4B)、または免疫蛍光によって評価することができるタンパク質の枯渇を達成するためにDNA( 例えば、。GFPをコードするプラスミドを、図2)またはshRNAプラスミド( 図4)でヌクレオフェクトすることができる(図示せず) 。

GFPをコードするプラスミドでヌクレオフェクト細胞が再凝集した神経芽細胞クラスター( 図3A)から放射状に移行します。相対移行された距離の定量24時間後埋め込 ​​み( 図3B)は 、GFP-POSIT間での移行に差を示さない IVE細胞とGFP陰性、nonnucleofected細胞( 図3C)、ヌクレオ自体が移行を破壊しないことを示している。直接的RMS植片(データは示していない)から移動ヌクレオフェクト神経芽細胞及び神経芽細胞との間の移動の程度に有意な差は存在しない。

図1
図1。実効神経芽細胞の解剖。 (A)のRMS神経芽細胞解離の模式図。詳細についてはテキストを参照してください。 (B)単離したラットのRMS細胞は神経芽細胞の遊走メーカーDCXおよびβIIIチューブチューブリンに対して免疫である。マウスのRMS外植片から移動バーは20μm。(C)細胞は、渡り鳥神経芽細胞マーカーDCXおよびPSA-NCAMを発現する。バーは20μm。0989/50989fig1highres.jpg "ターゲット=" _blank ">拡大画像を表示するにはここをクリックしてください。

図2
図2。マウス神経芽クレオ。解離マウスのRMS 神経芽細胞は、PMAX-GFPでヌクレオフェクト再凝集させ、三次元マトリックスに包埋し、6時間遊走させた。再凝集セルクラスタのうちの移行神経芽細胞(上、位相コントラストの写真)は、高いトランスフェクション効率(下、GFPチャネル画像)を示す。右の列のパネルは、左の列のパネルでハイライトインセットに対応した高倍率の写真を示しています。バー、20ミクロンは。 拡大画像を表示するには、ここをクリックしてください

図3 ontent幅= "6インチ" SRC = "/ files/ftp_upload/50989/50989fig3.jpg"幅= "500px" />
図3。 3D移動アッセイ。 (A)ラット神経芽がPMAX-GFP(GFP)またはのpCAG-IRES-EGFP 22(EV)をヌクレオフェクトし、再凝集マトリックスに埋め込 ​​まれており、24時間遊走さ残しました。次に、細胞をGFP(緑色)およびβIIIチューブリン(赤)のために固定し、免疫染色した。バーは50μm。(B)のImageJを使用して移動距離を測定する。再凝集細胞クラスターは6に等しいセクタに分割されている。クラスタ(点線)と遠いマイグレーションセルのエッジとの間の距離は、各セクタ毎に測定される。相対距離の(C)の定量化は、細胞ヌクレオフェクトによって移行(GFP陽性)および対照、nonnucleofected細胞(GFP陰性) 。 拡大画像を表示するには、ここをクリックしてください

</ HTMLFO「図4」:コンテンツ幅= SRC = "/ files/ftp_upload/50989/50989fig4.jpg"幅 "6インチ" = "500px" />
図4。のshRNAヌクレオ後の神経芽細胞の遊走を監視する。 (A)ラット神経芽細胞は、(また、EGFP 23を表現PCA-B-EGFPm5サイレンサー3)コントロールshRNAベクターまたはshRNAがファシン対象に、アクチンバンドリングタンパク質24を含む同じベクターでヌクレオフェクトた。細胞を、48時間かけて再凝集マトリックス中に包埋し、24時間遊走させた。骨材は、その後、GFP(緑色)およびβIIIチューブリン(赤)のために固定し、免疫染色した。バーは50μm。(b)有効ファシン 枯渇は、ウェスタンブロット分析によってのshRNAヌクレオ後50時間後に検出することができる。アクチンは、ローディングコントロールとして示されている(C)ファシン枯渇が大幅に神経芽細胞の遊走損なうことを示す相対的な移動距離の定量分析。(平均±SEM; ** P <0.01、n = 3の独立した実験)。

Discussion

OBの最後の場所に、RMSに沿って神経芽細胞の移動は出生後の神経発生における基本的なステップです。しかし、この複雑なプロセスを制御する分子メカニズムは完全には理解されているから遠く離れている。

ここに記載の実験方法は、in vitroでの神経芽細胞の遊走の研究を可能にする。私たちは、生後初期のマウスまたはラット25からのRMSの神経芽細胞を単離するために以前に発表されたプロトコルを適応している。それが最小の切開およびヌクレオの間の時間間隔を維持するために重要であるので、最適な結果を達成するためには、切開工程を習得することが重要である。ヌクレオ後、神経芽細胞は、再凝集することができる三次元マトリックスに埋め込まれ、24時間かけて移行しておいた。あるいは、移動( 例えば、免疫蛍光またはウエスタンブロット分析)以外の目的のために、細胞は直ちにpolyornithine/laminin-上のヌクレオ後にメッキすることができる彼らは4〜5日以内に生き残るコートしたカバーガラス、。マウスとラットの神経芽細胞が同程度にマトリゲルに移行し、しかし、マウスの細胞はラットの細胞よりもチェーンに移行する強い傾向を持っているように見えます。

研究の目的に応じて、神経芽細胞は、蛍光タンパク質や、興味のある野生型/変異型タンパク質をコードする別のプラスミドでヌクレオフェクトすることができます。 CAGプロモーター(CMVエンハンサーとβ-グロビンポリAテールを有するβ-アクチンプロモーター)26との最適なタンパク質発現プラスミドのために強く推奨されています。また、siRNAオリゴまたはshRNAプラスミドは、関心対象の標的をノックダウンするヌクレオフェクトすることができる。効果的なタンパク質の枯渇は、(通常、標準的な溶解緩衝液50μlで1ラットの仔から埋め込まれた凝集体を溶解する)、免疫蛍光、またはウェスタンブロットによって可視化することができる。

クレオは、主要な神経芽細胞をトランスフェクトするために比較的簡単な方法であるVIを簡単かつ迅速に代替手段を提供しています梅毒ベクター媒介トランスフェクション、および高い(〜70-80%)トランスフェクション効率を達成することができる。それは劇的に細胞の生存率を減少させ長時間にわたってクレオ液に神経芽を残しているため、クレオ手順中に迅速に作業することが重要です。

RMS切開からの平均細胞収率は、P7ラット(〜1×10 6細胞/脳)と比較して、P7マウス(〜5×10 5細胞/脳)が比較的低く、ヌクレオ当たり少なくとも3×10 6個の細胞が必要とされる 50%の効率でトランスフェクションを達成する。また、ラットの神経芽細胞は、マウス神経芽細胞と比較したヌクレオ方が良いに抵抗するようである。そのため、初期の出生後(P6-P7)仔ラットは、ラットやマウスのRMSの組織は著しくシミであることを考慮すると、便利な神経芽細胞の供給源である可能性がありますLAR 27in vitroでのラットおよびマウス神経芽細胞遊走の程度にも匹敵する。これは、細胞形態およびマイグレーション(私たちの未発表の観察)に異常な影響を回避するために、48時間よりも長い間、懸濁液中ヌクレオフェクト神経芽細胞の再凝集クラスターを維持することではないことをお勧めします。

ここで説明した3Dアッセイは、マトリックス中に埋め込 ​​んだ後、一定時間の時点で神経芽細胞遊走を定量化するために使用することができる( 例えば、24時間)。凝集体の大きさや移動距離(我々の未発表の観察)との間に有意な相関がないので、異なるサイズの凝集物は、分析に使用することができる。視覚化し、さらに神経芽細胞遊走の動態を調べるために、タイムラプス撮影を使用することができる。これは、神経芽細胞の速度が大幅に長くなるの時点で(私たちの未発表の観察)を減少させるために表示されますので、埋め込んだ後、24時間間隔内に移行解析を行うことをお勧めします。</ pの>

このプロトコルにはいくつかの制限があります。ウイルスベクターによる感染は、成体神経芽28のための最も効率的なトランスフェクション法まままず、ヌクレオはこれまでのところ、早期の出生後の齧歯類の神経芽細胞のために使用することができる。第二に、in vitroでの遊走アッセイは、完全に生体内で観察されたRMSの複雑なアーキテクチャを再現していません。神経芽細胞は、それらのインビボ対応物と同様に移行する能力を維持するが、実際、ここで説明する実験では、それらはまた、それらの運動性9,29を調節するために貢献するような星状細胞および血管などの他のRMS成分との相互作用を欠いている30。この問題は、三次元共培養モデル系の最適化により、将来的に対処することができる。

結論として、3次元移動アッセイでクレオを組み合わせた、より良い基礎となる分子メカニズムを理解するための貴重なツールを表します神経芽細胞の遊走。この実験的な手順では、さらに、生体内出生後のエレクトロポレーションおよび脳スライス培養のタイムラプスイメージングのような他の手法で検証できる神経芽細胞の遊走の候補調節因子の役割を評価するために、初期の迅速かつ比較的簡単な方法を提供し、28,31,32

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgments

この作品は、PDとGLに授与ウェルカムトラストプロジェクト無償(089236/Z/09/Z)によって賄われていた。 SGがバイオテクノロジー·生物科学研究評議会の博士課程の学生の身分によってサポートされていました。私たちは、神経芽細胞クレオについて貴重なアドバイスをshRNAベクターの種類のギフトのためのマチューVermerenとジェニファーShiehに感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Hank’s Balanced Salt Solution (HBSS) Invitrogen Life Technologies 14175129
HEPES Sigma-Aldrich H3375-25G
Penicillin-Streptomycin Invitrogen Life Technologies 15140-122
2.5% Trypsin-EDTA (10x) Gibco 15090-046 store 200 µl aliquots at -20 °C
DNAse I Vial (D2) Worthington LK003170 ≥1,000 units per vial; store 50 µl aliquots at -20 °C
Dulbecco Modified Eagle's Medium (DMEM) Gibco 11960-044
Fetal Calf Serum (FCS) Hyclone SH3007902
Neurobasal medium Gibco 21103-049
B27 supplement Invitrogen Life Technologies 17504044
L-Glutamine (200 mM) Invitrogen Life Technologies 25030-081
D-(+)-Glucose solution (45%) Sigma-Aldrich G8769
Matrigel Basement Membrane Matrix, Growth Factor Reduced (GFR), Phenol Red-free, 10 ml, LDEV-Free BD Biosciences 356231 prepare 120 µl aliquots at 4 °C, then store at -80 °C
PFA Sigma-Aldrich 441242
Sucrose BDH 102745C
Goat serum Sigma-Aldrich 69023
Triton X-100 VWR International Ltd. 306324N
BSA Fisher Chemical BPE9701-100
Dako fluorescence mounting medium Dako S3023
Rat neuron nucleofection kit Lonza VPG-1003
Mouse neuron nucleofection kit Lonza VPG-1001
Microsurgical knife Angiotech 7516
McIlwain tissue chopper The Mickle Laboratory Engineering Company
Nucleofector II Lonza

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Ming, G. L., Song, H. J. Adult Neurogenesis in the Mammalian Brain: Significant Answers and Significant Questions. Neuron. 70, 687-702 (2011).
  2. Alonso, M., et al. Activation of adult-born neurons facilitates learning and and memory. Nat. Neurosci. 15, 897-U127 (2012).
  3. Lazarini, F., Lledo, P. M. Is adult neurogenesis essential for olfaction? Trends Neurosci. 34, 20-30 (2011).
  4. Arvidsson, A., Collin, T., Kirik, D., Kokaia, Z., Lindvall, O. Neuronal replacement from endogenous precursors in the adult brain after stroke. Nat. Med. 8, 963-970 (2002).
  5. Jin, K. L., et al. Evidence for stroke-induced neurogenesis in the human brain. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 103, 13198-13202 (2006).
  6. Kim, Y., Szele, F. G. Activation of subventricular zone stem cells after neuronal injury. Cell Tissue Res. 331, 337-345 (2008).
  7. Massouh, M., Saghatelyan, A. De-routing neuronal precursors in the adult brain to sites of injury: Role of the vasculature. Neuropharmacology. 58, 877-883 (2010).
  8. Pathania, M., Yan, L. D., Bordey, A. A symphony of signals conducts early and late stages of adult neurogenesis. Neuropharmacology. 58, 865-876 (2010).
  9. Lois, C., Alvarez-Buylla, A. Long-Distance Neuronal Migration in the Adult Mammalian Brain. Science. 264, 1145-1148 (1994).
  10. Lois, C., Garcia-Verdugo, J. M., Alvarez-Buylla, A. Chain migration of neuronal precursors. Science. 271, 978-981 (1996).
  11. Belvindrah, R., Nissant, A., Lledo, P. M. Abnormal Neuronal Migration Changes the Fate of Developing Neurons in the Postnatal Olfactory Bulb. J. Neurosci. 31, 7551-7562 (2011).
  12. Battista, D., Rutishauser, U. Removal of Polysialic Acid Triggers Dispersion of Subventricularly Derived Neuroblasts into Surrounding CNS Tissues. J .Neurosci. 30, 3995-4003 (2010).
  13. Conover, J. C., et al. Disruption of Eph/ephrin signaling affects migration and proliferation in the adult subventricular zone. Nat. Neurosci. 3, 1091-1097 (2000).
  14. Mobley, A. K., McCarty, J. H. beta 8 Integrin is Essential for Neuroblast Migration in the Rostral Migratory Stream. Glia. 59, 1579-1587 (2011).
  15. Nguyen-Ba-Charvet, K. T., et al. Multiple roles for slits in the control of cell migration in the rostral migratory stream. J. Neurosci. 24, 1497-1506 (2004).
  16. Garzotto, D., Giacobini, P., Crepaldi, T., Fasolo, A., De Marchis, S. Hepatocyte growth factor regulates migration of olfactory interneuron precursors in the rostral migratory stream through Met-Grb2 coupling. J. Neurosci. 28, 5901-5909 (2008).
  17. Platel, J. C., Stamboulian, S., Nguyen, I., Bordey, A. Neurotransmitter signaling in postnatal neurogenesis: The first leg. Brain Res. Rev. 63, 60-71 (2010).
  18. Dityateva, G., et al. Rapid and efficient electroporation-based gene transfer into primary dissociated neurons. J. Neurosci. Meth. 130, 65-73 (2003).
  19. Shieh, J. C., Schaar, B. T., Srinivasan, K., Brodsky, F. M., McConnell, S. K. Endocytosis Regulates Cell Soma Translocation and the Distribution of Adhesion Proteins in Migrating Neurons. PloS One. 6, (2011).
  20. Viesselmann, C., Ballweg, J., Lumbard, D., Dent, E. W. Nucleofection and Primary Culture of Embryonic Mouse Hippocampal and Cortical Neurons. J. Vis. Exp. e2373 (2011).
  21. Gartner, A., Collin, L., Lalli, G. Nucleofection of primary neurons. Method Enzymol. 406, (06), 374-388 (2006).
  22. Causeret, F., et al. The p21-Activated Kinase Is Required for Neuronal Migration in the Cerebral Cortex. Cereb. Cortex. 19, 861-875 (2009).
  23. Bron, R., Eickholt, B. J., Vermeren, M., Fragale, N., Cohen, J. Functional knockdown of neuropilin-1 in the developing chick nervous system by siRNA hairpins phenocopies genetic ablation in the mouse. Dev. Dynam. 230, 299-308 (2004).
  24. Sonego, M., et al. Fascin regulates the migration of subventricular zone-derived neuroblasts in the postnatal brain. J. Neurosci. 33, 12171-12185 (2013).
  25. Ward, M., Rao, Y. Investigations of neuronal migration in the central nervous system. Methods Mol. Biol. 294, 137-156 (2005).
  26. Niwa, H., Yamamura, K., Miyazaki, J. Efficient Selection for High-Expression Transfectants with a Novel Eukaryotic Vector. Gene. 108, 193-199 (1991).
  27. Peretto, P., Giachino, C., Aimar, P., Fasolo, A., Bonfanti, L. Chain formation and glial tube assembly in the shift from neonatal to adult subventricular zone of the rodent forebrain. J. Comp. Neurol. 487, 407-427 (2005).
  28. Khlghatyan, J., Saghatelyan, A. Time-lapse Imaging of Neuroblast Migration in Acute Slices of the Adult Mouse Forebrain. J. Vis. Exp. e4061 (2012).
  29. Bozoyan, L., Khlghatyan, J., Saghatelyan, A. Astrocytes Control the Development of the Migration-Promoting Vasculature Scaffold in the Postnatal Brain via VEGF Signaling. J. Neurosci. 32, 1687-1704 (2012).
  30. Whitman, M. C., Fan, W., Rela, L., Rodriguez-Gil, D. J., Greer, C. A. Blood Vessels Form a Migratory Scaffold in the Rostral Migratory Stream. J. Comp. Neurol. 516, 94-104 (2009).
  31. Sonego, M., Ya, Z., Oudin, M. J., Doherty, P., Lalli, G. In vivo Postnatal Electroporation and Time-lapse Imaging of Neuroblast Migration in Mouse Acute Brain. J. Vis. Exp. in press (2013).
  32. Feliciano, D. M., Lafourcade, C. A., Bordey, A., lique, Neonatal Subventricular Zone Electroporation. J. Vis. Exp. e50197 (2013).
神経芽細胞の移行を検討するために、げっ歯類神経芽細胞のクレオ<em&gt;インビトロ</em
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Falenta, K., Gajendra, S., Sonego, M., Doherty, P., Lalli, G. Nucleofection of Rodent Neuroblasts to Study Neuroblast Migration In vitro. J. Vis. Exp. (81), e50989, doi:10.3791/50989 (2013).More

Falenta, K., Gajendra, S., Sonego, M., Doherty, P., Lalli, G. Nucleofection of Rodent Neuroblasts to Study Neuroblast Migration In vitro. J. Vis. Exp. (81), e50989, doi:10.3791/50989 (2013).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter