Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

マウスにおける顔面神経軸索切断:傷害に運動ニューロン応答を研究するためのモデル

doi: 10.3791/52382 Published: February 23, 2015

Abstract

この外科プロトコルの目標は、茎乳突孔からの出口で、顔の筋肉組織を神経支配顔面神経を、露出させ、どちら末梢神経損傷を誘導するためにそれをカットまたは押しつぶすことです。この手術の利点は、このように、他の神経損傷モデルに比べて、比較的穏やかな手術結果をもたらし、その単純さ、再現性、およびその後の顔面神経麻痺から生体機能や移動度に対する効果の欠如である。脳神経損傷モデルを使用することの主な利点は、運動ニューロンは、運動ニューロン細胞体の研究を単純化する、橋顔面運動核における比較的均一な集団内に存在することである。なぜなら顔面神経の神経支配と顔面運動核の間のクロストークの欠如の対称的な性質のため、操作が対に内部対照としてunaxotomized側を一方的に行うことができる。様々な分析を評価するために術後に行うことができますこの記事の範囲を超えてその詳細は生理的反応、だ。例えば、筋機能の回復は、神経再生のための行動のマーカーとして役立つことができる、または運動ニューロンは、細胞の生存を測定するために定量化することができる。さらに、運動ニューロンを正確に分子解析のためのレーザーマイクロダイセクションを使用してキャプチャすることができる。顔面神経の軸索切断が最小侵襲性および忍容性が良好であるため、遺伝的に改変されたマウスの多種多様に利用することができる。また、この手術モデルは、末梢神経損傷の治療の有効性を分析するために使用することができる。顔面神経損傷は、運動ニューロンだけでなく、中枢および末梢神経膠微小環境の応答は、免疫系だけでなく、調査のための手段を提供し、筋肉組織を標的とする。顔面神経損傷モデルは、神経損傷および再生を研究するための強力なツールとなって広く受け入れられている末梢神経損傷モデルである。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

多くの末梢神経損傷モデルが存在するが、運動ニューロンの研究のために際立っている1は、顔面神経軸索切断モデルです。また脳神経VIIとして知られている顔面神経は、橋に由来し、顔の表情1,2の筋肉を神経支配。この外科プロトコルでは、顔面神経は茎乳突孔からの出口で露出し、切断又は破砕のいずれかです。神経損傷の重症度を順次軸索の束を包む結合組織層である軸索、神経内膜、神経周膜、及び神経上膜の完全性に基づいて、けがを差別サンダーランド3分類、以下に分類することができる。挫滅損傷(軸索断裂)では、軸索が切断されているが、神経周膜と神経上膜は保持されます。無傷の神経鞘は軸索が4,5を再成長、その中の導管となるため、顔面神経挫滅からの完全な機能回復には約11日で発生する。上の一方では、カット損傷(神経断裂)に、軸索およびすべて3結合組織層が切断されており、全体の遠位神経は筋肉組織の神経支配を回復するために再成長しなければならない。神経上膜を外科的に再接続は、しばしば神経切断損傷を有するヒト患者において行われているが、回復の成果はめったに最適である。さらなる研究は、神経がその標的に再成長に失敗し、どの治療法が改善し、再生プロセスを加速するために使用することができるかを理解する必要がある。

顔面神経の軸索切断モデルを使用して神経損傷を研究する多くの利点がある。まず、顔面神経の軸索切断手順は、迅速、簡単、かつ再現性が高い。と顔の筋肉の結果として麻痺は重要な機能に影響を与えないとも動物によって許容されている。これは運動ニューロンが目の中で比較的均質な集団に存在するので、簡略化されて運動ニューロン細胞体を研究脳神経損傷モデルは、あるため、橋の電子顔面運動核。 7亜核が筋肉の特定のグループを支配するために、それぞれ固有のがあるので人口は、顔面運動核内の核内のパターンに基づいて異なるんので、軸索切断に応じて、核内の違いが結果の2,6,7に影響与える可能性がある。

顔面神経損傷モデルの主な利点は、神経の神経支配は非常に対称的であり、顔面運動核8との間にクロストークがないのでunaxotomized側ペアリング内部対照として役立つことができることである。この外科的方法を使用することの別の利点は、直接CNSへの外傷または血液脳関門9の破壊がないことである。そのような過度の出血や感染症などの合併症は、この手順に稀である。

様々な分析は、神経損傷に対する生理学的応答を評価するために行うことができる。まばたき反射およびウィスカー活性の回復は、行動として使用することができ機能回復の10,11の尺度。鼻毛活動の録画は現在、顔面神経の神経支配12,13の回復を検出するための最も強力な方法である。安楽死の後、脳幹の組織学的分析は、顔面運動核内の運動ニューロン細胞体で行うことができる。顔面運動核の損傷2,6に対する応答の差検査を可能にする、特定の顔面筋にそれぞれ特定の七亜核に細分される。顔面運動ニューロンは、細胞の生存を定量化するためにカウントすることができ、または免疫組織化学は、バイオマーカーおよび特定の細胞集団14を識別するために使用することができる。顔面運動核を正確神 ​​経損傷15,16に対する細胞応答の分子解析のためのレーザーキャプチャーマイクロダイセクションを使用してすることができる。顔面神経の軸索切断の影響は、運動皮質17,18に分析することができる。また、神経はウォラー変性19またはを研究するために解剖することができます軸索再生20、および筋肉が神経筋接合部21を研究するために除去することができる。顔面神経の軸索切断はまた、22添付の中枢および末梢神経膠細胞を研究筋肉21、及び免疫系の応答23を標的とするために使用することができる。多くの顔面神経軸索切断モデル24を研究てなされたものであるが、神経損傷は、患者にとって重大な問題であり、現在の治療は、最適な結果を生み出すことができないので、末梢神経損傷のさらなる研究が必要である。このモデルは、神経損傷に対する生理的応答を調べ、神経再生治療の有効性を分析するための強力なツールである。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

実行されるすべての手順は、医療機関動物実験委員会のインディアナ大学大学院によって承認され、健康ガイドラインの国立研究所に従っている。

1.手術手技

  1. NIHガイドライン25に従って無菌滅菌手袋を使用して、この手順の間に技術、機器、および無菌手術野を維持します。 (完全なリストに特異的な試薬/機器の表を参照)、それらをオートクレーブで手術を開始する前に、ツールを滅菌する。動作中のツールを殺菌するためにガラスビーズ滅菌器を使用してください。

2.麻酔と準備

  1. 獣医イソフルラン気化器システムを用いて、0.9リットル/分の酸素と2.5%のイソフルランの混合物で麻酔ボックス内にマウスを麻酔。マウスを箱から取り出す前に、身体の位置の変化に応答しないことを確認してください。
  2. MOUに眼軟膏を適用します乾燥からそれらを保護するために、それ自体の目。
  3. ノーズコーンにあるボックスからのガスの流れを切り替えます。コー​​ンの内側の鼻と口を備えた外科用パッドと吸収ベンチ紙で覆われて加熱されたパッドの上に真正面からその左側にマウスを置きます。継続的にマウスの呼吸のリズムと速度を監視し、必要に応じてイソフルランレベルを調整 - 麻酔の適切なレベルを維持するために、(2.5の間で3%イソフルラン)、および総鎮静を確認するために、つま先ピンチ反射を使用しています。

3.外科的アプローチ

  1. 合わせて、手術野でステレオスコープを集中。それは視野の端に沿って配置されるように、ノーズコーンとテープを上下に調整する。
  2. マウスは、その左側に横たわっていると、切開が行われる耳の後ろの領域を露出させ、ノーズコーンに右耳の端をテープで固定します。後耳介静脈が耳全体に水平に移動することを確認してください。 Tの正しい配置に注意してください彼は耳の動物とテーピングはすぐに顔面神経を見つけるために重要である。
  3. にし、70%エタノールで耳の後ろに毛皮を湿らせ、かみそりまたは外科用メスの刃を使用して、手術部位を剃る。毛皮を事前に湿潤この解剖学的位置に簡単に剃ることができます。
  4. 70%エタノールに続くようなベタジン外科スクラブ(7.5%ポビドンヨード)などのヨウ素溶液、で皮膚をきれいにしてください。徹底的に領域を消毒するために、この清掃をさらに2回繰り返します。
  5. 、切開する耳の突起にエリア後方に尾側耳から後耳介静脈をトレースする場所を決定する。隆起に3ミリメートルの後部 - 春のはさみを使用して、4ミリメートル切開2を作る。
  6. 鈍的切開を使用して皮下脂肪および筋膜を通して解剖。 、血管または筋肉組織を簡単に破損する可能性があるため、ハサミで直接切断しないでください。
  7. 出血が発生した場合は、無菌の綿棒で手術部位に圧力を適用する少なくとも30秒間。重要な流体損失が発生した場合、25または27 G針を使用して0.9%滅菌生理食塩水までの0.5mlを腹腔​​内にマウスを注入する。
  8. 顔面神経を見つけるために、いくつかの主要なランドマーク、脊髄副神経、外耳道を使用し、(後述)二腹筋を前方。顔面神経の枝が可視化されるまで、これらのランドマークの周りに解剖。それは明らかにし、筋膜の層が下にある構造に付着されたときに神経が重要な白色固体構造として表示されます。
    1. 皮下脂肪と筋膜が解剖された後、僧帽筋を支配するために頭蓋骨の尾の部分から移動する脊髄副神経を検索します。顔面神経は、脊髄アクセサリ神経に深い。
    2. 真珠のような白に見え、顔面神経への吻側見ることができる軟骨外耳道を探す。
    3. の上部とC上に位置し、前二腹筋の筋腹を探す顔面神経にaudal。
  9. 顔面神経の主枝を可視化されると、茎乳突孔からその起源を見つけるために背側にそれらをトレースします。細かい使用すると、開いて新しく高度な面積を維持するために背側鉗子を移動した後、開いた手術部位を保持する神経のパス以下の春のはさみのヒントを進めるためにデュモン鉗子#45分の5をひっくり返した。
  10. この時点で、頬骨と顔面神経の幹、頬、および限界下顎枝を可視化する。
    注:一時的な分岐が孔に近い見つかります。近い顎にその上下に限界下顎神経の枝、従って、これらの神経枝は、このレベルでは表示されません。
    1. 神経切断を行う場合は、先端の細い鉗子で軽く神経を安定させ、春のはさみで神経を切った。脳幹から神経をavulsing防ぐために、ピンセットで神経にあまりにも多くのトラクションを適用することは避けてください。押す互いに離れる切り株、または全く再接続が発生しないことを保証するために、遠位神経の部分をカットし、削除する。
    2. 挫滅損傷を実行した場合は、すべての軸索を切断する一定の圧力を用いて30秒間の神経を圧縮するデュモン#45分の5鉗子を使用し、最初のクラッシュサイトに直交する第2の角度でこのクラッシュを繰り返します。そうでなければ怪我は動物の間一貫性がなくなります、30秒のクラッシュ時の圧力の可変量を適用することは避けてください。

4.閉会と回復

  1. 下にある構造上の脂肪と筋肉を再配置します。
  2. 切開のエッジを近似すると7.5ミリメートルの創傷クリップを使用して傷を閉じます。縫合糸または接着剤は、創傷閉鎖のためにも許容される。術後の鎮痛薬は、この時点で提供することができる。
  3. マウスの耳からテープを外します。イソフルランの流れをオフにして、マウスが1分30秒純酸素を呼吸することができます。 PL麻酔から回復する寝具で空のケージにマウスをエース。
  4. マウスが回復されると、顔面神経麻痺の確証的兆候がその挙動を調べる。ウィスカーが麻痺して戻って頬に向かって傾斜してなり、鼻がずれてしまう、との目は、空気のパフに応じて点滅しません。
  5. ハウス動物共同で、彼らが女性である場合は、手術後。彼らはより積極的であり、強制的に感染につながる、彼らのcagemateの創傷クリップを削除する傾向があるため、共同で雄マウスを収納しないでください。必要であれば、この時点では術後の鎮痛薬を提供します。
  6. 全く感染または他の合併症は術後に発生していないことを確認するために操作した後、数日間一日一回のマウスを監視します。彼らは自分の上で落ちていない場合は、10日手術後 - 7創傷クリップを外します。
  7. 目のまばたき反射が再いずれかになるまで、毎日の角膜合併症を防ぐために、罹患した眼に眼軟膏を潤滑適用カバーまたは安楽死まで、。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

顔面神経の軸索切断が行われた後、運動ニューロンの損失は、損傷の結果として起こる。損傷後の運動ニューロンの生存は、性別、手術時の動物の年齢、運動ニューロンのカウントが行われる時時点、及びモランとGraeberレビュー24と神野と山田レビュー22などの多くの変数が、運動ニューロンの生存データを要約の両方に依存する。一般的に、運動ニューロンの約86%が28日後に軸索切断の14,15,26で生き残る。運動ニューロンの損失の速度論はSerpe に記載されている。2000 図1は、複数の遺伝的に改変されたマウスにおける運動ニューロンの生存の変化を示している。有意差は遺伝的変化は、ベースライン数に影響を与えないことを示す、制御側の顔面運動ニューロンの数において観察されない。 (2.0±84%; 図1A、D)野生型マウスにおける運動ニューロンの生存と比較して、有意な細胞損失がマウスモデルにおいて観察され筋萎縮性側索硬化症(SOD1 G93A; 68%±1、 図1B、E)、ならびに免疫不全組み換え活性化遺伝子2ノックアウトマウス27(RAG-2 - / - ; 図1C、F; 57%±2.5) 。

図2は 、顔面運動核に適用されるレーザーキャプチャーマイクロダイセクション法を示しています。全体顔面運動核( 図2A-C)捕捉することができる、または亜核( 図2D-F)を別々に回収することができる。より高い精度のために、運動ニューロンは、個々に捕捉することができ、残りの神経網の分析( 図2G-I)のために収集することができる。 図3は、腹と腹外側亜核を比較する核内の試料から抽出したRNA物質の定量PCRの結果を示す。試験した4つの遺伝子、βIIチューブリン 、成長関連タンパク質-43(GAP-43)、hemopoietic-および神経-発現配列-1(HN1)、および脳由来神経栄養因子(BDNF)は、すべての神経再生応答に関連し、軸索切断16 ​​後二亜核およびそれらの遺伝子発現プロファイルとの間の興味深い違いがあるている。

図1
図1.代表的な冠状顔面運動核切片をチオニンで染色し、28日目、顔面神経切断後に定量した。顔面運動核(A、D)WTから示され、(B、E)SOD1 G93A、および(C、F)RAG- 2 - / -マウス(制御側、軸索切断側)。スケールバー=120μmの。この図は、27から変更されている。 目の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください図である。

図2
顔面運動核の図2.レーザーマイクロダイセクション。軸索切断顔面神経核の(A)チオニン染色切片、(B)部分的な軸索 ​​切断顔面神経核のレーザーマイクロダイセクション、およびレーザー顕微解剖組織の(C)は、コレクションを持つ。亜核のテンプレート(D)は、腹内側を識別し、レーザーマイクロダイセクション(E、F)のための顔の亜核の腹に、コンピュータ画面上に重ねた。顔面運動ニューロンは、レーザが(*運動ニューロン、G、Hを示す)、それらの可視核を有する形態学および核小体に基づいて、顕微解剖した矢印(G)で ​​示されるFMN細胞体断片は、レーザー別々顕微解剖およびFMN mRNAを除去するために廃棄しながら、た神経網s内のamples。すべてのFMNおよび細胞体の断片を回収した後、残りの顔面神経核組織は神経網のサンプル(I)としてレーザ顕微解剖した。スケールバー=100μmである。この図は、16から変更されている。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3.プロ再生及び生存促進mRNA発現腹内側で(VM)と ​​腹外側(VL)顔面神経軸索切断以下の顔面運動核内領域。に離断VMとVL顔の亜核の相対的なSEM±mRNA発現の平均パーセント未手術対照亜核(AD)。 mRNA発現の時間経過は、βIIチューブリンには傷害(0)、3、7、14、および28 DPO(Aを含まない>)、GAP-43(B)、HN1(C)、およびBDNF(D)。 #は、p <0.05で、VMと比較して、VLの有意差を表す。この図は、16から変更されている。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Stereo microscope Leica M60
Labeling tape Fisher Scientific 15-952
Vannas-Tübingen spring scissors - straight/sharp/8.5 cm/5 mm cutting edge Fine Science Tools 15003-08 Sterilize before use
Dumont #5/45 forceps - standard tips/angled 45°/Dumoxel/11 cm Fine Science Tools 11251-35 Sterilize before use
Michel suture clips - 7.5 mm x 1.75 mm Fine Science Tools 12040-01 Described as "wound clip" in protocol, sterilize before use
Hagenbarth cross action wound clip applier 5" George Tiemann & Co 160-910 Used to apply wound clip, sterilize before use
Michel suture clip applicator & remover - For 7.5 mm clips Fine Science Tools 12029-12 Used to remove wound clip
0.9% Sodium chloride injection, USP Hospira 0409-4888-10
Betadine, 16 oz, with dispenser Fisher Scientific 19-027132
70% Ethanol
Glass bead sterilizer

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Kaufman, M., Bard, J. The Anatomical Basis of Mouse Development. Elsevier. New York, NY. (1999).
  2. Ashwell, K. The adult mouse facial nerve nucleus: morphology and musculotopic organization. Journal of Anatomy. 135, 531-538 (1982).
  3. Sunderland, S. A classification of peripheral nerve injuries producing loss of function. Brain : A Journal Of Neurology. 74, 491-516 (1951).
  4. Beahrs, T., Tanzer, L., Sanders, V. M., Jones, K. J. Functional recovery and facial motoneuron survival are influenced by immunodeficiency in crush-axotomized mice. Experimental Neurology. 221, 225-230 (2010).
  5. Mesnard, N. A., Haulcomb, M. M., Tanzer, L., Sanders, V., Jones, K. J. Delayed functional recovery in presymptomatic mSOD1G93A mice following facial nerve crush axotomy. Journal of Neurodegeneration & Regeneration. 4, 21-25 (2013).
  6. Komiyama, M., Shibata, H., Suzuki, T. Somatotopic representation of facial muscles within the facial nucleus of the mouse. A study using the retrograde horseradish peroxidase and cell degeneration techniques. Brain Behav Evol. 24, 144-151 (1984).
  7. Canh, M. Y., Serpe, C. J., Sanders, V., Jones, K. J. CD4(+) T cell-mediated facial motoneuron survival after injury: Distribution pattern of cell death and rescue throughout the extent of the facial motor nucleus. Journal of Neuroimmunology. 181, 93-99 (2006).
  8. Isokawa-Akesson, M., Komisaruk, B. Difference in projections to the lateral and medial facial nucleus: anatomically separate pathways for rhythmical vibrissa movement in rats. Exp Brain Res. 65, 385-398 (1987).
  9. Streit, W., Kreutzberg, G. Response of endogenous glial cells to motor neuron degeneration induced by toxic ricin. The Journal of Comparative Neurology. 268, 248-263 (1988).
  10. Serpe, C. J., Tetzlaff, J. E., Coers, S., Sanders, V., Jones, K. J. Functional recovery after facial nerve crush is delayed in severe combined immunodeficient mice. Brain, Behavior, And Immunity. 16, 808-812 (2002).
  11. Lal, D., et al. Electrical stimulation facilitates rat facial nerve recovery from a crush injury. Otolaryngology--Head And Neck Surgery. Official Journal Of American Academy Of Otolaryngology-Head And Neck Surgery. 139, 68-73 (2008).
  12. Tomov, T., et al. An Example of Neural Plasticity Evoked by Putative Behavioral Demand and Early Use of Vibrissal Hairs after Facial Nerve Transection. Experimental Neurology. 178, 207-218 (2002).
  13. Skouras, E., Angelov, D. N. Experimental studies on post-transectional facial nerve regrowth and functional recovery of paralyzed muscles of the face in rats and mice. Anatomy (International Journal of Experimental and Clinical Anatomy). 4, 1-27 (2010).
  14. Xin, J., et al. IL-10 within the CNS is necessary for CD4+ T cells to mediate neuroprotection). Brain, Behavior, And Immunity. 25, 820-829 (2011).
  15. Mesnard, N. A., Sanders, V. M., Jones, K. J. Differential gene expression in the axotomized facial motor nucleus of presymptomatic SOD1 mice. The Journal of Comparative Neurology. 519, 3488-3506 (2011).
  16. Mesnard, N. A., Alexander, T. D., Sanders, V. M., Jones, K. J. Use of laser microdissection in the investigation of facial motoneuron and neuropil molecular phenotypes after peripheral axotomy. Experimental Neurology. 225, 94-103 (2010).
  17. Franchi, G. Changes in motor representation related to facial nerve damage and regeneration in adult rats. Experimental Brain Research. 135, 53-65 (2000).
  18. Munera, A., Cuestas, D. M., Troncoso, J. Peripheral facial nerve lesions induce changes in the firing properties of primary motor cortex layer 5 pyramidal cells. Neuroscience. 223, 140-151 (2012).
  19. Liu, L., et al. Hereditary absence of complement C5 in adult mice influences Wallerian degeneration, but not retrograde responses, following injury to peripheral nerve. Journal of the Peripheral Nervous System. 4, 123-133 (1999).
  20. Ferri, C., Moore, F., Bisby, M. Effects of facial nerve injury on mouse motoneurons lacking the p75 low-affinity neurotrophin receptor. Journal of Neurobiology. 34, 1-9 (1997).
  21. Zhou, R. Y., Xu, J., Chi, F. L., Chen, L. H., Li, S. T. Differences in sensitivity to rocuronium among orbicularis oris muscles innervated by normal or damaged facial nerves and gastrocnemius muscle innervated by somatic nerve in rats: combined morphological and functional analyses. The Laryngoscope. 122, 1831-1837 (2012).
  22. Jinno, S., Yamada, J. Using comparative anatomy in the axotomy model to identify distinct roles for microglia and astrocytes in synaptic stripping. Neuron Glia Biology. 7, 55-66 (2011).
  23. Jones, K. J., Serpe, C. J., Byram, S. C., Deboy, C. A., Sanders, V. M. Role of the immune system in the maintenance of mouse facial motoneuron viability after nerve injury. Brain, Behavior, And Immunity. 19, 12-19 (2005).
  24. Moran, L. B., Graeber, M. B. The facial nerve axotomy model. Brain research. Brain research. 44, 154-178 (2004).
  25. Council, N. R. Guide for the Care and Use of Laboratory Animals: Eighth Edition. The National Academies Press. New York, NY. (2011).
  26. Serpe, C. J., Kohm, A. P., Huppenbauer, C. B., Sanders, V., Jones, K. J. Exacerbation of Facial Motoneuron Loss after facial nerve transection in severe combined immunodeficient (scid) mice. Neuroscience. 19, (1999).
  27. Mesnard-Hoaglin, N. A., et al. SOD1(G93A) transgenic mouse CD4(+) T cells mediate neuroprotection after facial nerve axotomy when removed from a suppressive peripheral microenvironment. Brain, Behavior, And Immunity. 40, 55-60 (2014).
  28. Wang, H., et al. Establishment and assessment of the perinatal mouse facial nerve axotomy model via a subauricular incision approach. Experimental Biology And Medicine. 237, 1249-1255 (2012).
  29. Sharma, N., Moeller, C. W., Marzo, S. J., Jones, K. J., Foecking, E. M. Combinatorial treatments enhance recovery following facial nerve crush. The Laryngoscope. 120, 1523-1530 (2010).
  30. Lieberman, D. M., Jan, T. A., Ahmad, S. O., Most, S. P. Effects of corticosteroids on functional recovery and neuron survival after facial nerve injury in mice. Archives of Facial Plastic Surgery. 13, 117-124 (2011).
  31. Serpe, C. J., Coers, S., Sanders, V. M., Jones, K. J. CD4+ T, but not CD8+ or B, lymphocytes mediate facial motoneuron survival after facial nerve transection. Brain, Behavior, And Immunity. 17, 393-402 (2003).
  32. Haulcomb, M. M., et al. Axotomy-induced target disconnection promotes an additional death mechanism involved in motoneuron degeneration in ALS transgenic mice. The Journal of Comparative Neurology. (2014).
  33. Bauder, A. R., Ferguson, T. A. Reproducible mouse sciatic nerve crush and subsequent assessment of regeneration by whole mount muscle analysis. Journal of Visualized Experiments : JoVE. (60), (2012).
  34. Richner, M., Bjerrum, O. J., Nykjaer, A., Vaegter, C. B. The spared nerve injury (SNI) model of induced mechanical allodynia in mice. Journal of Visualized Experiments : JoVE. (54), (2011).
マウスにおける顔面神経軸索切断:傷害に運動ニューロン応答を研究するためのモデル
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Olmstead, D. N., Mesnard-Hoaglin, N. A., Batka, R. J., Haulcomb, M. M., Miller, W. M., Jones, K. J. Facial Nerve Axotomy in Mice: A Model to Study Motoneuron Response to Injury. J. Vis. Exp. (96), e52382, doi:10.3791/52382 (2015).More

Olmstead, D. N., Mesnard-Hoaglin, N. A., Batka, R. J., Haulcomb, M. M., Miller, W. M., Jones, K. J. Facial Nerve Axotomy in Mice: A Model to Study Motoneuron Response to Injury. J. Vis. Exp. (96), e52382, doi:10.3791/52382 (2015).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter