Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Medicine

犬の口臭の管理のための栄養補助食品の治療有効性

doi: 10.3791/52717 Published: July 6, 2015

Abstract

口臭は、人間の社会とコミュニケーション的な問題を伴う共通の不満であり、また、ペット所有者の関係に影響を与えます。この無作為化プラセボ対照クロスオーバー臨床評価では、異なる品種や年齢の32匹のイヌの慢性口臭を改善するために、専用の栄養補助食品の有効性を評価しました。このプロトコルは、呼気を収集するために使用された注射器と連結された携帯型のガスクロマトグラフ装置および専用ソフトウェアを用いて、経口揮発suphurのcompunds、 例えば 、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルスルフィドの存在をevaluteする方法について説明しますこれにより、オペレータは、比較的短い時間(8分)で、各測定時の各化合物の濃度を監視することを可能にします。

長期的な効果はまだであっても20日間AF観察された口臭パラメータの重要な変更は、治療を開始してから30日後に観察された(P <0.05)、治療の中断ター。また、広く臨床で使用されているポータブルガスクロマトグラフは、したがって、ヒトおよび動物における口臭を確認し、制御するために使用することができます。ヒトおよび動物の種はいくつかの相違点を提示しても、口臭管理のためのこの革新的な代替療法は、アジュバント、食事のアプローチとして、ヒト臨床実践に拡張することがあります。

Introduction

また、長期的な口臭で知ら口臭は、ボディ悪臭2限り対人社会的関係1で恥ずかしを引き起こす共通の不満です。口臭の最も疫学データが原因で主観自己推定の精度と感度に制限されているが、研究は、人口の30〜50%が、この病理3-6の影響を受けていることを報告しています。 1及び比率は、20年7以上の人が若干高くなっている。いくつかの研究はまた、比3で年齢を問わず女性よりも男性においてより一般的であることを証明しています。

口臭は、その病因に応じてステージングすることができます:タイプ1(経口)、2型(気道)、タイプ3(胃)、4型(血液由来)と5型(主観)。しかしながら、それは口臭が潜在的健康生理学的臭気存在(タイプ0)8,9に重畳任意の組合せで、これらのタイプの和、と考えることができることが仮定されています。 SCully 、広く説明しaetiopathogenesisと口臭の管理を特徴とする、一部の患者では、口腔外病因を有し、かつ、それらのいくつかでは、代謝異常が10に関与していることを報告しました。著者らは、揮発性硫黄化合物(VSC)といくつかの素因、 例えば口腔の不衛生、唾液分泌減退、歯科器具、歯肉と歯周病および粘膜疾患は、悪臭のために主に責任があることを指摘しました。さらに、それらは基本的な従来のアプローチとして口腔衛生の改善、抗悪臭療法及び悪臭counteractivesを提案しました。さらに、それらはまた、悪臭原因菌に対するプロバイオティクスおよびワクチンの使用を提案しました。

人間と動物の仲間、 すなわち 。犬や猫は、胃腸、皮膚、耳科学、眼、尿のようないくつかのシステムおよび呼吸器系11〜13を含むことができる食品関連副作用の影響を受けることができます。しかし、いくつかの動物研究は、鼻室は歯石14、口内炎15、および口臭16はかなり頻繁に存在する最も関連するシステムの一つであることを指摘しています。また、口臭の原因となる細菌は、ヒト17に対する動物の仲間から送信することができます。イバニツカ-Grzegorekが口臭に罹患している84人の患者と40健常対照から唾液中の硫黄化合物と低分子量のアミンを定量化しました。口臭グループに属する患者の80%以上が(P <0.001)小児期に持つペットを報告し、70%以上はまだペット(P <0.001)を所有していました。

したがって、栄養が口臭を管理するために使用することができます。また、栄養が歯の開発、口腔および歯肉組織の完全性、骨性、さらには歯科や口腔疾患管理18において重要な役割を果たしています。腫瘍学研究病のイタリア協会(AIRMO)センターでは、このような考察に基づいて、我々は、市販のペットフード栄養補助食品の有効性を調査するために、口臭を患っている32匹の犬を含む無作為化プラセボ対照クロスオーバー臨床評価を実行します。

Protocol

この臨床評価はAIRMO研究センターの倫理福祉動物委員会(ミラノ、イタリア)によって承認された欧州法(86/609 / EU)と実験プロトコルに応じて計画されました。

1.犬と食品の選択

  1. ランダムに異なる品種の32匹の犬を分割(7.01±0.20年[平均±平均の標準誤差(SEM)]; 34.05±1.47キロ[平均±SEM]; 12人の男性と20人の女性)それらを提供し、2群に慢性口臭に苦しんで栄養補助食品または30日の期間にわたりプラセボのいずれかで。
  2. 各犬は、製造元の指示に従って、キログラムでの動物の体重に基づいて、栄養補助食品またはプラセボの適切な用量を受けていることを確認してください。 ( 表1)。
  3. 30日の治療の後、両グループは、すべての動物は、プラセボが供給される場合に10日、洗い流していることを確認してください。の終わりウォッシュアウト期間は、二つのグループのための給餌計画は、コントロール群は、さらに30日間の栄養補助食品を受信し、治療群は、プラセボを受けるように反転されます。
  4. 二つの獣医の検査は、両群の犬の1の前に、30日間の治療後のいずれかを行います。

2.ザ·ガスクロマトグラフ

注意:ガスクロマトグラフを測定し、各ガスの濃度に関する情報を提供し、口臭の主な原因因子である揮発性硫黄化合物(VSC)、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルスルフィドを測定する携帯型の装置です。各VSCの測定は、口臭の原因を特定し、治療の有効性を評価するのに役立ちます。

  1. セクション3及び4に概説した手順を用いて、揮発性硫黄化合物を調べる(VSC)治療前の栄養補助食品(時間0)で、10日間処置後(10時間)、20日の治療後(時間20)治療の終了時(30時間)。

3.ガスクロマトグラフの設定

  1. ユニットの背面のメインスイッチをオンにします。注:初期画面には、単語「測定モード」が表示されます。
  2. 測定モードを選択するには、Enterキーを押します。
    注:WAITが画面に表示され、測定装置を安定させるために必要な待機時間は、次の単語「カウンタ」に表示されています。待機時間が終了したとき、デバイスは自動的に測定する準備ができているとREADY表示灯が点灯します。

4.犬ブレスサンプリングと分析

  1. データマネージャソフトウェアを実行します。
  2. 「現在のステータス」が「測定することができます」であることを確認してから「測定」をクリックしてください
  3. IDを入力し、「選択」をクリックします。注:メッセージは、ウィンドウの右上隅に表示されます。
    1. 表示されるメッセージは、&#場合8220;「口腔ガスを注入し、測定を開始します。
    2. 表示されたメッセージは、「デバイスの準備ができているされている "されている場合、待機します。
  4. 1ミリリットル使い捨て注射器を用いて、ゆっくりと、犬の唇交連に注射器を配置するプランジャーを引いて、犬の口から注射器を除去することにより、犬の口から息を収集します。
  5. 1ミリリットルに注射器の音量を調整します。
  6. 注射器の端部に供給された針を取り付け、蓋を開いた後、プランジャーを押して、デバイス本体の入口に試料を取り出します。
    注:測定は自動的に起動し、READYインジケーターランプが消灯します。測定は、8分間で完了し、結果が自動的に(表示「クロマトグラム」に変更することができる)が表示されます。判定ウインドウは、測定が完了すると表示されます。測定履歴測定データを表示することができます。
  7. 結果Iを格納するために、EnterプッシュユニットNTO。
    注:データは10億分の1の標準単位(PPB)で発現および/または/ 10ミリリットルngをしています。
  8. その後、デバイスを安定化させ、新たな測定を行うために1分を待ちます。注意:この時間の終わりに、ランプは、デバイスの準備ができていることを意味オンになります。

Representative Results

プラセボおよび栄養補助食品の両方が類似の栄養およびカロリー摂取量を提供するために、特に、成犬の栄養要求を満たすために調整しました。その分析組成は、粗タンパク質26%、粗製油脂13%、粗繊維2.5%、粗灰分8%と代謝エネルギー(EM)3464キロカロリー/ kgです。代謝エネルギーは、欧州ペットフード工業連盟が犬や猫のための完全な相補的なペットフードのための栄養ガイドラインに従って計算しました。プラセボ脱水鶏肉、米、動物性脂肪、脱水卵、オート麦、乾燥ビートパルプ、亜麻種子、加水分解された動物性タンパク質、魚油、植物油、炭酸カルシウム、乾燥酵母ビール、リン酸一カルシウム、塩化ナトリウムから構成しました。栄養補助食品は、(EP 2526781。欧州特許n)は、特殊なハート型の低温圧搾錠剤中に含まれる活性物質の存在のために、プラセボとは異なって、完全な食品Iに含まれますNAの6〜7%の割合、およびタンパク質源のため、魚粉の代わりにチキンミール。錠剤は、プロポリス(0.0161パーセント)、 サルビア·オフィシナリス (0.0087パーセント)、卵白(リゾチーム0.0078パーセント)、脱水オレンジエキス(バイオフラボノイド0.0077パーセント)、 タチジャコウソウ (0.0127パーセント)、 クロフサスグリ (0.0040パーセント)を含有していました。

データは平均±標準誤差手段として提示され、D'Agostinoのピアソンの正規試験を用いて正規のチェック、分析しました。のVSCの変化を比較するために使用された複数のT検定は、各治療法のためのベースラインに対するフォローアップで得点します。

図1Aは、30日間の処置後に0.06 ng / mlでの0.43 ng / mlでのベースライン値からの処理された動物中の硫化水素濃度の有意な減少を示している。 図1(b)から 、処置した動物におけるメチルメルカプタンの濃度の有意な減少を示しますベースライン0.06 ng / mlでの0.30 ng / mlでの値は、30日間の処置後、図1Cは、30日間の処置後に0.13 ng / mlでの0.28 ng / mlでのベースライン値からの処理された動物でジメチルスルフィドの濃度の有意な減少を示しています。

図2Aは、20日間の処置後に0.10 ng / mlでの0.37 ng / mlでのベースライン値からの硫化水素濃度の有意な減少を示しています。 図2Bにおいて、同様の傾向は、30日間の処置後、0.05 ng / mlでの0.24 ng / mlでのベースライン値から、化合物濃度の有意な減少を示し、メチルメルカプタンにも観察されます。ジメチルスルフィドのように、 図2C、0.11 ng ​​/ mlでの0.32 ng / mlでのベースライン値からの化合物の濃度の有意な減少は、30日間の処置後に観察されました。

体重 日あたりの栄養補助食品の量 (g)
1から10 30から180
11から20 190から300
21から35 310から455
36から50 465から595

表1:犬に提供食品の日額。

図1
図1:(A)で処理中の硫化水素濃度の推移のグラフ表示(N = 16)コントロール(N = 16)グループ 30日間の治療期間中、 * p <0.05。 (B)30日治療期間中に(N = 16) 対照(N = 16)処置群ではメチルメルカプタン濃度のトレンドのグラフ表示。 * p <0.05。 (C)30日間の治療期間中(N = 16) 対照(N = 16)処置群でジメチルスルフィド濃度のトレンドのグラフ表示。 * p <0.05。

図2
図2:コントロール(N = 16)グループ (A)で処理中の硫化水素濃度の推移のグラフ表示(N = 16)10日は、期間を洗い流すした後、 * p <0.05。 (B)10日の期間を洗い流すした後(N = 16) 対照(N = 16)処置群ではメチルメルカプタン濃度のトレンドのグラフ表示。 * p <0.05。 10日ウォッシュアウト期間の後に制御 (C)グラフィカル処理された中で硫化ジメチル濃度推移の表現(N = 16)(N = 16)グループ。 * p <0.05。

Discussion

口臭が大幅にペット所有者の関係19に影響与える心理社会的問題を代表する、イヌにおける共通の問題です。口臭は、揮発性硫黄化合物の産生をもたらす口腔20内の両方の外因性および内因性タンパク質基質の微生物代謝から来て、急性壊死性潰瘍性歯肉炎、感染した抽出部位、歯科器具の下での破片、潰瘍を含む他の要因によって悪化し、tonsillolithsと低衛生21-23。口臭の生産を担当する主な薬剤は、24グラム陰性菌であり、その増加は、歯垢25の肥厚に関連しています。特定の食事と一緒に良好な口腔衛生は口臭を軽減し、gengivitisと息26の不快な効果を持っている歯周病を避け、生理的なレベルに微生物負荷を低減することができます。

このビューには、私たちのSTUによって支持されていますDYは、栄養補助食品の摂取の10日後に、全体的な改善は、32匹のイヌ(90%)19 29犬のうち、評価の終了時に、moderateto重度悪臭を提示とのうち29で観察された、ことを示す(65% )改善がのVSC濃度に関して安定生理学的状態を取得達成者。

私たちの調査は、基本的には毎日の栄養スケジュールで魚加水分解タンパク質、セージ、 クロフサスグリのL。、タイム、リゾチーム、プロポリス、バイオフラボノイドとビタミンCを導入することにより、口臭の犬に栄養補助食品の可能な投与の非常に興味深い問題をブローチ。広く伝統医学で使用されるこれらの化合物は、既にインビトロおよびインビボの両方有効であることが証明されています

具体的には、魚のタンパク質は、硫化水素、メタン、エタンの多量の存在を指摘し、前のクロマトグラフィー研究に基づいて選択しました。チオール、ジメチルスルフィド、および牛肉タンパク質27におけるエチレンスルフィド。文学研究はまた、セージ、 クロフサスグリLの抗菌活性を示した。口臭や虫歯の形成28-30を担当( ポルフィロモナス·ジンジバリスおよびカンジダ·アルビカンスと一緒に)口腔病原体の一つであることが知られているStreptoccocus·ミュータンスに対して。バイオフラボノイドとビタミンCは、歯周病31に関連する特定の細菌の増殖を制限し、両方の抗炎症及び静菌薬として認識されています。

プロポリス、タイムに関しては、インキュベート全唾液から悪臭産生の減少は、Sterer によって実証された。プロポリスの32静菌作用は広く歯垢33-37の量を制限することからの許容範囲を減少させるに至るまで、文献にdemontratedされています酸性pH 38に微生物39よりも高い有効性を示しました。また、プロポリスは、不溶性グルカンの合成を減速、微生物の数を制限したラットでは歯の虫歯を減らすのに有効であることが証明され、グルコシルトランスフェラーゼ活性を40ました。

例えば、でこぼこWO3のhemitubeナノ構造は、グラフェン系材料41の官能とO 2プラズマ表面改質、エレクトロのSnO減少酸化グラフェンで感作2ナノファイバーによって支援他の利用可能な技術と比較した場合に我々の研究は、そのような機器の感度として、いくつかの制限を提示しますナノシート42、ベンゾイル-DL -アルギニン-ナフチルアミド(BANA)テスト43、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)44と固相マイクロ抽出-ガスクロマトグラフィー/質量分析法(SPME-GC / MS 45)。一方、本研究で用いられる装置はinstのために、できる可能性があります(例えば、肺炎、肺気腫や気管支炎など)も上昇dimethile硫化レベルによって46を特徴としているか、全身および/ ​​または呼吸器疾患の状態を確立するためにンス、急速にウイルス性B型肝炎の早期診断を実現するための高速データ収集、されています上昇した硫化水素、メチルメルカプタンおよびジメチルスルフィドレベル47によって特徴付けられます。

手順の間、私たちは犬の口から息を収集するために利用可能な時間は、その必要(製造元が推奨する30秒に対する数秒)よりもわずかに低かったことに気づきました。この問題は、正常に各測定を3回繰り返すことによって克服されました。実験中の重要なステップは、呼気収集しました。注射器を損傷することなく、長すぎるために開い彼の口を持つ犬を残さないために、我々は安全に息を収集するために、犬の唇交連で注射器を置きました。

観察されたようにヒトでは、この技術のさらなる用途は、ペットに、より一般的に犬とで、 すなわち全身および呼吸器、呼吸関連疾患の予防になります。要約すると、我々の研究では、栄養補助食品は、イヌにおける慢性口臭を減少させるのに有効であることを示しました。我々の結果は、ポーター 、口臭や経口起源と口臭の治療をも知られている腸内細菌の組成に何らかの影響があるかもしれないことを示唆している消化管の間の可能な相互作用を仮定することによって提案されたものと一致しても可能性があります揮発性硫黄化合物の産生48、ある場合には、責任を負うこと。それにもかかわらず、腸内毒素症はまた、集中的な家畜に由来し、抗生物質49、または肉の大量使用した後に発生する可能性があると一般的に動物およびヒトの食品50,51のほとんどで使用されます。

Disclosures

著者らは、開示することは何もありません。

Acknowledgments

このレビューは、助成金によってサポートされていませんでした。私たちは親切に本研究で使用した栄養補助食品とプラセボを提供するためのスパ(パドヴァ、イタリア)をthankSanypet。また、親切にすべての犬を供給することにより、研究に参加したサンPatrignanoコミュニティに感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
OralChroma CHM-1 FIS Inc. 10061285 portable gas cromatograph
FORZA10 Oral Active SANYpet .Sp.a. dietary supplement
InJ/Light-100 PCS Rays S.p.a. INJ5171112 disposable syringes 

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Bosy, A. Oral malodor: philosophical and practical aspects. Journal (Canadian Dental Association). 63, 196-201 (1997).
  2. Lee, S. S., Zhang, W., Li, Y. Halitosis update: a review of causes, diagnoses, and treatments). Journal of the California Dental Association. 35, 258-260 (2007).
  3. Tessier, J. F., Kulkarni, G. V. Bad breath: etiology, diagnosis and treatment. Oral Health. 81, 19-22, 24 (1991).
  4. Sanz, M., Roldan, S., Herrera, D. Fundamentals of breath malodour. The journal of Contemporary Dental Practice. 2, 1-17 (2001).
  5. Outhouse, T. L., Al-Alawi, R., Fedorowicz, Z., Keenan, J. V. Tongue scraping for treating halitosis. The Cochrane Database of Systematic Reviews. (2006).
  6. Liu, X. N., et al. Oral malodor-related parameters in the Chinese general population. Journal of Clinical Periodontology. 33, 31-36 (2006).
  7. Nadanovsky, P., Carvalho, L. B., Ponce de Leon, A. Oral malodour and its association with age and sex in a general population in Brazil. Oral Diseases. 13, 105-109 (2007).
  8. Aydin, M., Harvey-Woodworth, C. N. Halitosis: a new definition and classification. British Dental Journal. 217, E1 (2014).
  9. Porter, S., Fedele, S. Summary of: Halitosis: a new definition and classification. British Dental Journal. 217, 32-33 (2014).
  10. Scully, C., Greenman, J. Halitology (breath odour: aetiopathogenesis and management. Oral Diseases. 18, 333-345 (2012).
  11. Gaschen, F. P., Merchant, S. R. Adverse food reactions in dogs and cats. The Veterinary clinics of North America. Small Animal Practice. 41, 361-379 (2011).
  12. Mandigers, P., German, A. J. Dietary hypersensitivity in cats and dogs. Tijdschrift voor Diergeneeskunde. 135-710 (2010).
  13. Skypala, I. Adverse food reactions--an emerging issue for adults. Journal of the American Dietetic Association. 111, 1877-1891 (2011).
  14. Larsen, J. Oral products and dental disease. Compendium (Yardley, PA). 32, E4 (2010).
  15. Addie, D. D., Radford, A., Yam, P. S., Taylor, D. J. Cessation of feline calicivirus shedding coincident with resolution of chronic gingivostomatitis in a cat. The Journal of Small Animal Practice. 44, 172-176 (2003).
  16. Simone, A., Jensen, L., Setser, C., Smith, M., Suelzer, M. Assessment of oral malodor in dogs. Journal of veterinary. 11, 71-74 (1994).
  17. Iwanicka-Grzegorek, E., et al. Is transmission of bacteria that cause halitosis from pets to humans possible. Oral Diseases. 11, Suppl 1. 96-97 (2005).
  18. Logan, E. I. Dietary influences on periodontal health in dogs and cats. The Veterinary Clinics of North America. Small Animal Practice. 36, 1385-1401 (2006).
  19. Rawlings, J. M., Culham, N. Halitosis in dogs and the effect of periodontal therapy. The Journal of Nutrition. 128, 2715s-2716s (1998).
  20. Weinberg, M. A., Wesphal, C., Froum, S. J., Palat, M., Schoor, R. Comprehensive Periodontics for the Dental Hygienist WEINBERG Mea A., WESTPHAL Cheryl, FROUM Stuart J., PALAT Milton, SCHOOR Robert: Librairie Lavoisier. 544, Third Edition, (2009).
  21. Lee, P. P., Mak, W. Y., Newsome, P. The aetiology and treatment of oral halitosis: an update. Hong Kong medical journal = Xianggang yi xue za zhi / Hong Kong Academy of Medicine. 10, 414-418 (2004).
  22. Laine, M. L., Slot, D. E., Danser, M. M. Halitosis. A common problem. Nederlands Tijdschrift voor Tandheelkunde. 118, 607-611 (2011).
  23. Warrick, J. M., Inskeep, G. A., Yonkers, T. D., Stookey, G. K., Ewing, T. H. Effect of clindamycin hydrochloride on oral malodor, plaque, calculus, and gingivitis in dogs with periodontitis. Veterinary Therapeutics : Research in Applied Veterinary Medicine. 1, 5-16 (2000).
  24. Nakano, Y., Yoshimura, M., Koga, T. Methyl mercaptan production by periodontal bacteria. International Dental Journal. 52, Suppl 3. 217-220 (2002).
  25. Ritz, H. L. Microbial population shifts in developing human dental plaque. Archives of Oral Biology. 12, 1561-1568 (1967).
  26. Culham, N., Rawlings, J. M. Oral malodor and its relevance to periodontal disease in the dog. Journal of Veterinary Dentistry. 15, 165-168 (1998).
  27. Qvist, I. H., Von Sydow, E. C. F. Unconventional proteins as aroma precursors. Chemical analysis of the volatile compounds in heated soy, casein, and fish protein model systems. Journal of Agricultural and Food Chemistry. 22, 1077-1084 (1021).
  28. Sterer, N., et al. Oral malodor reduction by a palatal mucoadhesive tablet containing herbal formulation. Journal of Dentistry. 36, 535-539 (2008).
  29. Greenberg, M., Urnezis, P., Tian, M. Compressed mints and chewing gum containing magnolia bark extract are effective against bacteria responsible for oral malodor. J.Journal of Agricultural and Food Chemistry. 55, 9465-9469 (2007).
  30. Ikuta, K., et al. Anti-viral and anti-bacterial activities of an extract of blackcurrants (Ribes nigrum L). Microbiology and Immunology. 56, 805-809 (2012).
  31. Chatterjee, A., Saluja, M., Agarwal, G., Alam, M. Green tea: A boon for periodontal and general health. Journal of Indian Society of Periodontology. 16, 161-167 (2012).
  32. Sterer, N., Rubinstein, Y. Effect of various natural medicinals on salivary protein putrefaction and malodor production. Quintessence International. 37, 653-658 (2006).
  33. Steinberg, D., Kaine, G., Gedalia, I. Antibacterial effect of propolis and honey on oral bacteria. American Journal of Dentistry. 9, 236-239 (1996).
  34. Koo, H., et al. In vitro antimicrobial activity of propolis and Arnica montana against oral pathogens. Archives of Oral Biology. 45, 141-148 (2000).
  35. Botushanov, P. I., Grigorov, G. I., Aleksandrov, G. A. A clinical study of a silicate toothpaste with extract from propolis. Folia Medica. 43, 28-30 (2001).
  36. Jeon, J. G., Rosalen, P. L., Falsetta, M. L., Koo, H. Natural products in caries research: current (limited) knowledge, challenges and future perspective. Caries Research. 45, 243-263 (2011).
  37. Jafarzadeh Kashi, T. S., et al. Evaluating the In-vitro Antibacterial Effect of Iranian Propolis on Oral Microorganisms. Iranian Journal of Pharmaceutical Research : IJPR. 10, 363-368 (2011).
  38. Duarte, S., et al. The influence of a novel propolis on mutans streptococci biofilms and caries development in rats. Archives of Oral Biology. 51, 15-22 (2006).
  39. Ozan, F., et al. Effect of mouthrinse containing propolis on oral microorganisms and human gingival fibroblasts. European Journal of Dentistry. 1, 195-201 (2007).
  40. Ikeno, K., Ikeno, T., Miyazawa, C. Effects of propolis on dental caries in rats. Caries Research. 25, 347-351 (1991).
  41. Choi, S. J., et al. Fast responding exhaled-breath sensors using WO3 hemitubes functionalized by graphene-based electronic sensitizers for diagnosis of diseases. ACS Applied Materials & Interfaces. 6, 9061-9070 (2014).
  42. Choi, S. J., et al. Selective detection of acetone and hydrogen sulfide for the diagnosis of diabetes and halitosis using SnO(2) nanofibers functionalized with reduced graphene oxide nanosheets. ACS Applied Materials & Interfaces. 6, (2), 2588-2597 (2014).
  43. Aylikci, B. U., Colak, H. Halitosis: From diagnosis to management. Journal of Natural Science, Biology, and Medicine. 4, 14-23 (2013).
  44. Goldberg, S., et al. Cadaverine as a putative component of oral malodor. Journal of Dental Research. 73, 1168-1172 (1994).
  45. Kanu, A. B., et al. Rapid screening of 2-[18F]-fluoro-2-deoxy-D-glucose infusions for volatile organic compound contaminants by solid phase microextraction with gas chromatography-selective ion monitoring mass spectrometry SPME-GC-SIMMS). Applied Radiation and Isotopes : Including Data, Instrumentation and Methods for Use in Agriculture, Industry. 58, 193-200 (2003).
  46. Han, D. H., Lee, S. M., Lee, J. G., Kim, Y. J., Kim, J. B. Association between viral hepatitis B infection and halitosis. Acta Odontologica Scandinavica. 72, 274-282 (2014).
  47. Awano, S., et al. Relationship between volatile sulfur compounds in mouth air and systemic disease. Journal of Breath Research. 2, 017012 (2008).
  48. Porter, S. R. Diet and halitosis. Current Opinion in Clinical Nutrition and Metabolic. 14, 463-468 (2011).
  49. Sekirov, I., Russell, S. L., Antunes, L. C., Finlay, B. B. Gut microbiota in health and disease. Physiological Reviews. 90, (3), 859-904 (2010).
  50. Di Cerbo, A., Canello, S., Guidetti, G., Laurino, C., Palmieri, B. Unusual antibiotic presence in gym trained subjects with food intolerance; a case report. Nutr Hosp. 30, (2), 395-398 (2014).
  51. Freeman, L. M., Chandler, M. L., Hamper, B. A., Weeth, L. P. Current knowledge about the risks and benefits of raw meat–based diets for dogs and cats. J Am Vet Med Assoc. 243, (11), 243-2411 (2013).
犬の口臭の管理のための栄養補助食品の治療有効性
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Di Cerbo, A., Pezzuto, F., Canello, S., Guidetti, G., Palmieri, B. Therapeutic Effectiveness of a Dietary Supplement for Management of Halitosis in Dogs. J. Vis. Exp. (101), e52717, doi:10.3791/52717 (2015).More

Di Cerbo, A., Pezzuto, F., Canello, S., Guidetti, G., Palmieri, B. Therapeutic Effectiveness of a Dietary Supplement for Management of Halitosis in Dogs. J. Vis. Exp. (101), e52717, doi:10.3791/52717 (2015).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter