Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

無料組織転送のモデル:ラット心窩部無料フラップ

doi: 10.3791/55281 Published: January 15, 2017

Introduction

自由組織移動はますます1970 1~5ので欠落組織を再構築するために臨床で使用されてきました。これは、腫瘍摘出、外傷、感染症、奇形や火傷1-7から得られた複合体とそれ以外の治療不可能な欠陥の再構築を可能にしました。この種の無料フラップは頭や首、手、足、および会陰1,4のものと同様、非常に複雑な解剖学的領域を再構築するために特に有用です。

しかし、今日でも外科的研修生は頻繁に顕微技術と機器8,9を使用して自由なフラップを上げ転送しinsettingに関与するいくつかの手順の複雑さによってひるむされています。また、それは広く堪能マイクロ手術の専門医になるためにことが認められている、動物モデルにおいて豊富な実験実習は4,8-13必須です。

また、基本とトランスレーショナルリサーチ無料組織転送の領域に大きな臨床的可能性8,14-16です。それにもかかわらず、研究者が頻繁術4,8-14に関わる技術的側面に関する情報が不足しているため、組織の転送の顕微モデルを使用してから抑止されています。それは比較的、安価で維持しやすく、かつ頻繁な操作8,11,13,14,17,18を受け入れられるように、ラットは、顕微研究と訓練のための優れた動物モデルです。

いくつかの無料の骨、筋肉と皮膚フラップラット18-24に記載されているが、自由な心窩部筋膜皮弁は教育目的9,12,13,18,25のために最も広く使用されています。この無料のフラップはWH、最初Strauchとマレーによって1967年に記述され、いくつかの要因、すなわち一定の血管解剖、解剖の相対的な容易さ、かなりの栄養血管、およびドナーゾーンの皮膚の冗長性に、それ以来増加し人気を得ていますICHは、フラップの標高4,9-11,13,17,18,25-28に起因する欠陥の主要な閉鎖を可能にします。

フラップ解剖学と組織学
上腹部フラップは浅腹壁動脈と静脈( 図1)によって供給されています。これらの血管は、それぞれに由来し、大腿動脈と静脈に排出します。平均的に浅腹壁静脈の口径は、浅腹壁動脈( 2)17,18の0.3〜0.5ミリメートルと対照的な、0.6〜0.8mmです。心窩部の外皮のほとんどを供給毛細血管ネットワークを発信、横方向と順番に複数回分割内側枝:浅腹壁動脈は、2つの主要な枝を放ちます。これらの毛細血管は、動脈樹( 2)13,17,18と平行のコースを持っている浅腹壁静脈の支流に排出します。 図3の再のダイアグラム上腹部のフラップに動員することができ浅上腹部管により供給された腹腹壁の領域を示しています。このフラップは、長さ5cm、幅13,17,18の3センチまで可能です。

組織学的には、フラップは腹外側腹壁の筋肉 4)13,17,18 カバー外皮で構成されています。これは、真皮と表皮によって形成された皮膚の表面層を、含まれています。皮膚の下に脂肪の皮筋層という名前の脂肪組織の層が存在します。この層の下に皮筋層 18,28,29として知られる横紋筋の別の層が存在します。 皮筋層の下には、より大きな腹部の筋肉をカバーし、深い筋膜に表面的であるゆるい疎性結合組織があります。したがって、フラップは( 5)1深部筋膜を除いて、すべてのこれらの層を含む、組織の複合ブロックであります3,17,18,27-31。

Protocol

動物を対象とするすべての手順は、制度的動物実験委員会および倫理委員会ノヴァ大学医学部、リスボン、ポルトガル(08/2012 / CEFCM)によって承認されました。

1.手術手順セットアップの注意事項

  1. 250〜350グラムの体重の成人のウィスターラットを使用してください。
  2. 7日手術前12時間の明暗サイクルで食物および水を随意にラットを保管してください。
  3. 必要な麻酔薬の量を決定するために、ラットを計量。
  4. 手術前に、すべての手術器具をオートクレーブ。
  5. 手続きに必要なレイアウトは、すべての外科用品や楽器(材料の表を参照してください)。
  6. 従来と顕微の機器を使用して、手術用顕微鏡下手術を行います。
  7. 恒温ブランケット、直腸プローブ、および加熱ランプを配置します。
  8. 水浴中で0.9%の生理食塩水を含有する1 20ミリリットル滅菌バイアルを置きに温め37ºC。
  9. アルコール溶液で動作設定の全ての表面を消毒するために滅菌手袋を着用してください。手袋を外します。
  10. スクラブキャップとマスクを配置します。
  11. 水と石鹸で手を消毒し、滅菌手袋の別のペアを着用してください。
  12. 無菌手術用ガウンを着用してください。

2.麻酔と皮膚の準備

注:滅菌ガウンと手袋を着用しているとして、次の4つの手順でアシスタントの助けを持っています。

  1. 腹腔内投与ケタミンとジアゼパムの混合物でラットを麻酔。投与量を5mg / kgのケタミンおよび0.25ミリグラム/キログラムジアゼパムです。つま先のピンチによって、全手順8,14,15,32を通じて呼吸速度の遵守により麻酔深度を判断します。
  2. 角膜剥離を回避するために、目の前表面の上に眼科用ゲルを適用します。
  3. 脱毛クリームと腹部の腹側表面に毛を削除します。ヘアremov後アルは、温かい生理食塩水で脱毛クリームを削除します。
  4. 手術部位の上にアルコール溶液のかなりの量をスプレーします。手術部位で製品を残し、それを拭かないでください。少なくとも15秒待ってください。アプリケーションを3回繰り返します。手術を続行する前に少なくとも2分の接触時間を残します。他の研究ユニットは、手術部位感染を予防するために、他のプロトコルを使用します。
  5. 滅菌手袋を着用して、ラットの両側に2外科用ドレープを配置します。

3.ドナー部位の外科的処置

  1. 長さが約5cm 3センチ幅の範囲上腹部フラップの境界を設定します。
    1. 外科的皮膚マーカーを使用して、ラットの腹部の腹側表面上に正中線をマークするために、恥骨結合に胸骨の剣状突起から線を引きます。
    2. ラットの左側に、外科用皮膚マーカーを使用して、最初の行への2つの垂直な線を描く:オンeは胸郭のすぐ尾交差し、別の1、後者と( 図3 6)鼠径部の倍だけ頭蓋に平行。
    3. マークライン正中線に平行と離れてそれから約3センチメートルと外科的皮膚マーカーで横切開。
  2. フラップ収穫
    1. 皮筋層の層に達するまで、15番メスの刃で皮膚を切開。
    2. 皮筋層面に深く、筋肉の筋膜に達するまで電気メスで切開します。
    3. 横ために内側からフラップを上げ、頭蓋から尾側に、フラップの椎弓根を露出させます。
    4. 穿孔血管が深い筋層から上がってくるとフラップの深い面に入る慎重を結紮し、分割します。
    5. フラップの尾側の側面に開創器を置き、優しくいじめによって慎重フラップの椎弓根を分析離れ緩い周囲の組織( 図7)。
    6. 結紮および外側大腿回旋動脈を分割し、合字のための9/0ナイロンを使用して静脈。
    7. 大腿動脈と静脈を分離します。存在する場合、(9/0ナイロンを使用して)連結し、隣接する筋肉にこれらの血管の枝を分けます。
    8. まず、大腿静脈の近位側面をクランプするために二重の血管クランプを使用します。続いて、その遠位面をクランプします。その後、大腿動脈の遠位面と最終的にその近位側面をクランプします。
    9. 大腿動脈の遠位面と最終的にその近位側面を固定します。
    10. 浅腹壁静脈内の単一の血管クランプと浅腹壁動脈内の別の1を置きます。それぞれ、その起源と終了時に浅腹壁動脈と静脈をカットするストレート顕微はさみのペアを使用してください。
    11. 多量のヘパリン処理通常の生理食塩水10 IU / mlのこれらの血管の内腔を洗浄、血液や破片がないまで、船舶の内腔33の内側に見られています。
    12. 血管セクションのサイトに近い外膜のカフを引き、トリム。
    13. アディソンの鉗子( 図8)を使用して首に心窩部フラップを転送します。
    14. 表皮下でドナー部位を閉じ5/0吸収性ステッチを中断。
    15. 中断された5/0ナイロンステッチで皮膚を閉じます。

4.受信者のサイトの外科的処置

  1. 受信者のサイト船舶の暴露
    1. 外科的皮膚マーカーを使用して、左胸鎖乳突筋(SCM)筋の内側縁の上に線を引きます。
    2. 外科的皮膚マーカーを使用して、左鎖骨のすぐ頭蓋と並列別の線を引きます。この2行は、左側胸鎖関節に収束しなければなりません。
    3. 15番手術用メスの刃を使用して皮膚を切開。
    4. subcutaneouを切断するために電気メスを使用して、sの組織。
    5. SCMの筋肉への横方向の外頚静脈を骸骨にするために解剖ハサミを使用してください。
    6. この( 図9)に外頸静の支流を単離し、ライゲーション。
    7. ちょうど9/0ナイロン縫合糸と下顎の下に外頸静脈を結紮。
    8. 後者のライゲーションの下に単一の静脈クランプを置き、ストレート顕微はさみのペアを使用して静脈外頸静を切りました。
    9. 10 IU / mlの濃度でヘパリン添加生理食塩水の静脈の内腔を洗浄します。
    10. SCM筋の内側縁を分離するため、頸動脈及び迷走神経( 図10)をさらす、横方向にこの筋肉を撤回。
    11. 電気メスを使用して、SCM筋の中部3分の1で横切開を行います。
    12. SCMの筋肉とストラップの筋肉の深い表面との間のリトラクターを置きます。
    13. 頸動脈から迷走神経を離れていじめます動脈、これらの構造に損傷を与えないように注意しながら。
  2. 血管吻合
    1. 頸動脈内に二重動脈クランプの位置を調整します。
    2. 頸動脈の外側面に9/0ナイロンステッチを配置し、血管壁のこの部分を引っ張って、このステッチを使用しています。
    3. 血管壁のこの領域に開口部を生成するためにまっすぐ顕微はさみのペアを使用してください。
    4. 使い方は10/0ナイロン縫合糸は、フラップの浅腹壁動脈と最近作成した頸動脈開口部のレベルでの頸動脈の間termino横吻合を行う中断しました。
    5. 外頸静脈の近位断端と浅腹壁静脈に接近し、これら二つの静脈の口径を検査します。
      1. サイズの不一致が緩やかにわずかである場合は、拡張鉗子を使用して、浅腹壁静脈の切断端の内腔を拡張させます。
      2. 口径の差は非常にPRONである場合ouncedは、鉗子の拡張に加えて、30〜45°の角度で浅腹壁静脈の端部を面取り。
      3. 11/0ナイロン縫合糸を中断使用して、静脈吻合を実行します。
    6. フラップの船の上に配置された単一のクランプを外します。
    7. 大腿静脈内に配置さダブルクランプを取り外します。
    8. 大腿動脈に配置された二重クランプを取り外します。
  3. 吻合の開存性と能力を評価します
    1. フラップの動脈と静脈が完全に拡張されており、有意な出血は血管クランプ( 図11)を除去の3分後に観察されないかどうかを確認します。
      1. 出血は、この期間中に存在する場合は、吻合の上に湿った生理食塩水ガーゼを置き、穏やかな圧力を適用します。
      2. 吻合からの出血が3分後に停止しない場合、必要に応じてナイロン、血管クランプ配置後、縫合糸を中断11/0追加追加します。
    2. フラップ首の血管に接続し、温生理食塩水で湿らせたガーゼでラップして10分を待ちます。
    3. フラップの灌流と首の傷の止血を評価します。出血、血栓症や過度の牽引の兆候吻合を点検。
    4. 5/0皮内結節縫合で始まる受信者サイトでフラップを固定します。
    5. ナイロン縫合糸を中断5/0で皮膚( 図12)を閉じます。

5.術後ケア

  1. 右側臥位でその個々のケージの内側に回復するために、ラットを残します。下の低に設定された電熱パッドを配置することによって、ケージを暖かく保ちます。ケージや温熱療法を避けるために、電熱パッドとの間の光布を置きます。
  2. それは胸骨横臥を再開し、歩行できるようになるまで、連続して反対側の側臥位に5分ごとにそれを回す動物をご覧ください。
  3. ハウストンを除去するまでの個別ラット彼の外科ステッチの外科的処置後2週間。
  4. 術後鎮痛のために、手術後3日間抗炎症薬には1mg / kgを皮下に一日一回を与えます。

6.フラップ評価

  1. ラットの頭の上に食品の御馳走を提示し、目視によりフラップの生存率を評価。
  2. 暴露前の手順を使用して不足している場合は、フラップを調べながらアシスタントは、ラットの肩甲骨間領域にわたって優しいタッチを適用しています。
  3. トルヒーヨによって詳細に説明するように定量的に、創傷裂開、フラップ表皮、充血、うっ血および/または壊死の領域を評価するために、デジタル写真とImageJソフトウェアを使用してください 15。

Representative Results

顕微コースのコンテキスト内や研究目的のために、両方の無料組織転送のモデルとして上腹部無料フラップを使用して、十年以上の著者の経験によると、フラップの生存率は、外科医の器用さと経験にやや依存します。上述の技術的側面を考慮した場合、一般的に言えば、ほぼ完全な生存率(<フラップ壊死の10%)フラップの約70%が予想されます。フラップの約10%は、部分的な壊死(10〜50%)を提示します。フラップの約20%は完全壊死に苦しみます。 80%ほぼ完全な生存率は、第一著者(DC)( 図13)によって実行された最後の20の手順で得られました。

術後最初の2日間は、無料の上腹部フラップは、多くの場合、浮腫状であり、静脈うっ血ある程度のを提示します。これらの通常ボット時間は手術後3〜5日の間に徐々におさまります。一般的に、最初の週の間、ラットは、多くの場合、わずかな創傷裂開の散乱領域( 図14)、その結果、ほとんどの外部縫い目や表皮下縫合糸の一部を削除します。 10日目の後、髪はゆっくりとフラップの表面に成長を開始します。手術後の最初の月の終わりには、フラップは通常、隣接する皮膚よりもわずかに短い毛で覆われています。二ヶ月は術後、フラップの存在はわずかな塊により、フラップの縁の周りに比較的目立たない傷跡( 図14)によって予告されています。フラップの自動共食いは、著者の経験では、総フラップ壊死の例でほぼ独占的に発生し、まれな知見です。

図1
図1: 心窩部の無料FLAの血管解剖学P。
この写真は、以前に動脈系に赤いラテックス溶液とし、静脈系における青色ラテックス溶液を注射したラットの左心窩部を示しています。上腹部領域が浅腹壁動脈と静脈から軸血液供給を受けることを観察することができます。これらの血管は、それぞれに由来し、大腿動脈と静脈に排出します。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2: 上腹部無料フラップに微細な血管の血液供給を示す浅上腹部管の腐食キャストの走査型電子顕微鏡像。
superfiの腐食キャストのこの走査型電子顕微鏡像ラットの公式な上腹部血管は静脈は動脈より大きな口径を有していることを示しています。平均的に浅腹壁静脈の口径は、浅腹壁動脈の0.3〜0.5ミリメートルと比較して0.6〜0.8mmで、です。心窩部のほとんどを供給する毛細血管のネットワークを発信、横方向と順番に複数回分割内側枝:この画像はまた、浅腹壁動脈は二つの主枝を発信することを示しています。これらの毛細血管は、動脈樹に平行コースを持っている浅腹壁静脈の支流に排出します。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3:ラットにおける左上腹部無料フラップの潜在的なエリア。
この図のrepre浅上腹部管により供給された腹壁の領域にsents、それは上腹部フラップに動員することができます。このフラップは、長さ5cm、幅3センチまで可能です。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図4
図4: 上腹部フラップのヘマトキシリン-エオシン染色切片の写真。
心窩部のこのヘマトキシリン - エオシン染色したセクションでは、上腹部フラップは腹壁の筋肉をカバーし、この領域の外皮で構成されていることを示しています。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。


図5: 上腹部フラップの組織学的組成物。
右側の写真は、このフラップのマッソン三色のセクションから入手したのに対し、左側の写真は、上腹部フラップのヘマトキシリン - エオシン染色したセクションを表します。これら二つの絵は、ラットの上腹部フラップは組織の複合ブロックであることを示しています。これは、真皮と表皮によって形成された皮膚の表面層を、含まれています。皮膚の下に脂肪の皮筋層という名前の脂肪組織の層が存在します。この層の下に皮筋層として知られる横紋筋の層が存在します。 皮筋層の下には大きくて深い腹部の筋肉をカバーし、深い筋膜があります。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図6
手術前に 、図 ラットの腹面6.術前皮膚マーキング。
この写真は、左上腹部フラップを上げるために、続いて左頸部の腹側面では、このフラップをはめ込むために使用される切開のための皮膚マーキングを示しています。

図7
図7. 手術用顕微鏡(倍率10倍)の下で上腹部フラップの栄養血管の外科解剖学。
この写真は、浅腹壁動脈と静脈から発信され、それぞれ、大腿動脈と静脈に排水示しています。外側大腿回旋動脈は通常、表面的​​なエピの尾側の側面から生じます胃動脈。外側大腿回旋静脈は、同様の経路を有しており、通常は浅腹壁静脈内に終了します。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図8
図8. その栄養血管に有茎 上腹部フラップ ex vivoで (浅腹壁動脈と静脈 - A、V、それぞれ)。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図9
の図9.オペレーティング・ビュー受信者の静脈の解剖、すなわち、首の左側の外頚静脈、(6倍の倍率)。
胸鎖乳突筋、外部頸静脈の側面の皮下の経過を観察することが可能です。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図10
首(10倍の倍率)の左側のドナー動脈、すなわち、総頸動脈の解剖 10. オペレーティング・ビュー、。
示すように、動脈および添付迷走神経は、胸鎖乳突筋と舌骨下筋を後退させた後に公開されています。 トンの拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。彼の姿。

図11
手術用顕微鏡(10倍の倍率)の下で見られるように、フラップの血管や首の受信者の容器間の血管吻合、 11. 写真。
この写真は、総頸動脈と浅腹壁動脈との間termino横吻合を示しています。表面的な心窩部と外頸静脈の間termino末端吻合を観察することも可能です。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図12
ラットimmediの腹側面の 図12. 写真 ately手術後。
ドナーゾーンを簡単に主に閉鎖されることに注意してください。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図13
20連続したラットにおける 図13. 心窩部無料弁の生存は、第一著者(DC)によって操作しました。
5匹のラット(20%)は、完全なフラップ壊死(赤い点で示される場合に1、4、8、13及び15)に提示しました。トルヒョらによって詳細に説明するように、フラップ壊死の領域は、フリーソフトウェアのImageJを用いて決定しました。 15。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

14 "SRC =" /ファイル/ ftp_upload / 55281 / 55281fig14.jpg "/>
術後 図14 首4の腹側面に配置された上腹部フラップの写真、14、60日。
ラットがステッチを削除するように4日手術後、典型的には、いくつかの創傷裂開があります。しかし、フラップは通常、所定の位置に残ります。単純な目視検査により毎日フラップを調べることができます。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Acknowledgments

著者の一人(ディオゴカザル)は、電子Tecnologia、ポルトガル電子FundaçãoパラACiênciaMINISTERIOダSaúde、Fundaçãoカルースト・グルベンキアン、Fundaçãoシャンパリモーが主催している高度な医学教育のためのプログラムからの助成金を受けました。

著者らは、ビデオを撮影し、編集中の氏アルベルト・セヴェリーノの技術的なサポートに感謝したいと思います。著者らはまた、本論文で動物の標本を調製する際に彼らの助けのための氏オクタビオChaveiro氏、マルコ・コスタ氏とカルロス・ロペスに感謝しています。

最後に、著者らは、動物の獲得と維持に関連するすべての物流の面で彼女の助けのために氏Gracindaメネゼスに感謝したいと思います。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Skin Skribe Surgical Skin Marker Moore Medical 31456 https://www.mooremedical.com/index.cfm?/Skin-Skribe-Surgical-Skin-Marker/
&PG=CTL&CS=
HOM&FN=ProductDetail&
PID=1740&spx=1
Micro retractor Fine Science Tools RS-6540 http://www.finescience.de
Graeffe forceps 0.8 mm tips curved Fine Science Tools 11052-10 http://www.finescience.de
Acland clamps Fine Science Tools 00398 V http://www.merciansurgical.com/aclandclamps.pdf
Clamp applicator Fine Science Tools CAF-4 http://www.merciansurgical.com/acland-clamps.pdf
High-Temperature Cautery Fine Science Tools AA03 http://www.boviemedical.com/products_aaroncauteries_high.asp
Micro-vessel dilators 11 cm 0.3 mm tips 00124 Fine Science Tools D-5a.2 http://www.merciansurgical.com
Micro Jewellers Forceps 11cm angulated 00109 Fine Science Tools JFA-5b http://www.merciansurgical.com
Micro Jewellers Forceps 11 cm straight 00108 Fine Science Tools JF-5 http://www.merciansurgical.com
Acland Single Clamps B-1V (Pair) Fine Science Tools 396  http://www.merciansurgical.com
Micro Scissors Round Handles 15 cm Straight Fine Science Tools 67  http://www.merciansurgical.com
Iris Scissors 11.5 cm Curves EASY-CUT Fine Science Tools EA7613-11  http://www.merciansurgical.com
Mayo Scissors 14 cm Straight Chamfered Blades EASY-CUT Fine Science Tools EA7652-14  http://www.merciansurgical.com
Derf Needle Holders 12 cm TC Fine Science Tools 703DE12  http://www.merciansurgical.com
Monosyn 5-0 B.Braun 15423BR http://www.mcfarlanemedical.com.au/
15423BR/
SUTURE-MONOSYN-5_or_0-16MM-70CM-(C0023423)-BOX_or_36/pd.php
Ethilon 5-0 Ethicon W1618 http://www.farlamedical.co.uk/category_Ethilon-Suture-1917/Ethilon-Sutures/
Dafilon 10-0 B.Braun G1118099 http://www.bbraun.com/cps/rde/xchg/bbraun-com/hs.xsl/products.html?prid=PRID00000816
Veet Sensitive Skin Hair Removal Cream Aloe Vera and Vitamin E 100 ml Veet http://www.veet.co.uk/products/creams/creams/veet-hair-removal-cream-sensitive-skin/
Instrapac - Adson Toothed Forceps (Extra Fine) Fine Science Tools 7973 http://www.millermedicalsupplies.com
Castroviejo needle holders Fine Science Tools 12565-14 http://s-and-t.ne
Straight mosquito forcep Fine Science Tools 91308-12 http://www.finescience.de
Cutasept F skin disinfectant Bode Chemie http://www.productcatalogue.bode-chemie.com/products/skin/cutasept_f.php
Lacri-lube Eye Ointment 5g Express Chemist LAC101F http://www.expresschemist.co.uk/lacri-lube-eye-ointment-5g.html
Normal saline for irrigation Hospira, Inc. 0409-6138-22 http://www.hospira.com/en/search?q=sodium+chloride+irrigation%2C+usp&fq=contentType%3AProducts
Heparin Sodium Solution (5,000 IU/ml) B.Braun http://www.bbraunusa.com/products.html?prid=PRID00006982
Meloxicam Metacam Boehringer Ingelheim http://www.bi-vetmedica.com/species/pet/products.html
Heat Lamp HL-1 Harvard Apparatus 727562 https://www.harvardapparatus.com/webapp/wcs/stores/servlet/
haisku3_10001_11051_39108_-1_
HAI_ProductDetail_N_
37610_37611_37613
Homeothermic Blanket System with Flexible Probe Harvard Apparatus 507220F https://www.harvardapparatus.com/webapp/wcs/stores/servlet/
haisku3_10001_11051_39108_-1_
HAI_ProductDetail_N_
37610_37611_37613
Dry heat sterilizer Quirumed 2432 http://www.quirumed.com/pt/material-de-esterilizac-o/esterilizadores
Surgical drapes Barrier 800430 http://www.molnlycke.com/surgical-drapes/
Biogel Surgical Gloves Medex Supply 30465 https://www.medexsupply.com
Operating microscope Leica Surgical Microsystems 10445319 http://www.leica-microsystems.com/products/surgical-microscopes/

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Morain, W. D. Plastic Surgery. Mathes, S. J. 1, Saunders. 27-34 (2006).
  2. Christoforou, D., Alaia, M., Craig-Scott, S. Microsurgical management of acute traumatic injuries of the hand and fingers. Bull Hosp Jt Dis. 71, (1), 6-16 (2013).
  3. Santoni-Rugiu, P., Sykes, P. J. A History of Plastic Surgery. Santoni-Rugiu, P., Sykes, P. J. Springer. 3 79-119 (2007).
  4. Tamai, S. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Tamai, S., Usui, M., Yoshizu, T. Springer-Verlag. Ch. 1 3-24 (2003).
  5. Bettencourt-Pires, M. A., et al. Anatomy and grafts - From Ancient Myths, to Modern Reality. Arch Anat. 2, (1), 88-107 (2014).
  6. Casal, D., Gomez, M. M., Antunes, P., Candeias, H., Almeida, M. A. Defying standard criteria for digital replantation: A case series. Int J Surg Case Rep. 4, (7), 597-602 (2013).
  7. Gomez, M. M., Casal, D. Reconstruction of large defect of foot with extensive bone loss exclusively using a latissimus dorsi muscle free flap: a potential new indication for this flap. J Foot Ankle Surg. 51, (2), 215-217 (2012).
  8. Plenter, R. J., Grazia, T. J. Murine heterotopic heart transplant technique. J Vis Exp. (89), (2014).
  9. Pichierri, A., et al. How to set up a microsurgical laboratory on small animal models: organization, techniques, and impact on residency training. Neurosurg Rev. 32, (1), 101-110 (2009).
  10. Klein, I., Steger, U., Timmermann, W., Thiede, A., Gassel, H. J. Microsurgical training course for clinicians and scientists at a German University hospital: a 10-year experience. Microsurgery. 23, (5), 461-465 (2003).
  11. Fukui, A. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. Tamai, S., Usui, M., Yoshizu, T. Springer-Verlag. Ch. 1 35-43 (2004).
  12. Ad-El, D. D., Harper, A., Hoffman, L. A. Digital replantation teaching model in rats. Microsurgery. 20, (1), 42-44 (2000).
  13. Ruby, L. K., Greene, M., Risitano, G., Torrejon, R., Belsky, M. R. Experience with epigastric free flap transfer in the rat: technique and results. Microsurgery. 5, (2), 102-104 (1984).
  14. Edmunds, M. C., Wigmore, S., Kluth, D. In situ transverse rectus abdominis myocutaneous flap: a rat model of myocutaneous ischemia reperfusion injury. J Vis Exp. (76), (2013).
  15. Trujillo, A. N., Kesl, S. L., Sherwood, J., Wu, M., Gould, L. J. Demonstration of the rat ischemic skin wound model. J Vis Exp. (98), (2015).
  16. Siemionow, M. Z. Plastic and Reconstructive Surgery: Experimental models and research designs. Siemionow, M. Z. Springer - Verlag. Ch. 1-7 3-67 (2015).
  17. Petry, J. J., Wortham, K. A. The anatomy of the epigastric flap in the experimental rat. Plast Reconstr Surg. 74, (3), 410-413 (1984).
  18. Tamai, S., Usui, M., Yoshizu, T. Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery. 6, Springer-Verlag. Ch. 6 111-114 (2004).
  19. Zhang, F., et al. Microvascular transfer of the rectus abdominis muscle and myocutaneous flap in rats. Microsurgery. 14, (6), 420-423 (1993).
  20. Tonken, H. P., et al. Microvascular transplant of the gastrocnemius muscle in rats. Microsurgery. 14, (2), 120-124 (1993).
  21. Miyamoto, S., et al. Free pectoral skin flap in the rat based on the long thoracic vessels: a new flap model for experimental study and microsurgical training. Ann Plast Surg. 61, (2), 209-214 (2008).
  22. Nasir, S., Aydin, A., Kayikcioglu, A., Sokmensuer, C., Cobaner, A. New experimental composite flap model in rats: gluteus maximus-tensor fascia lata osteomuscle flap. Microsurgery. 23, (6), 582-588 (2003).
  23. Coskunfirat, O. K., Islamoglu, K., Ozgentas, H. E. Posterior thigh perforator-based flap: a new experimental model in rats. Ann Plast Surg. 48, (3), 286-291 (2002).
  24. Ozkan, O., et al. A new flap model in rats: iliac osteomusculocutaneous flap. Ann Plast Surg. 47, (2), 161-167 (2001).
  25. Padubidri, A. N., Browne, E. Modification in flap design of the epigastric artery flap in rats--a new experimental flap model. Ann Plast Surg. 39, (5), 500-504 (1997).
  26. Strauch, B., Murray, D. E. Transfer of composite graft with immediate suture anastomosis of its vascular pedicle measuring less than 1 mm. in external diameter using microsurgical techniques. Plast Reconstr Surg. 40, (4), 325-329 (1967).
  27. Green, C. E. Anatomy of the Rat. First edn. Hafner Publishing Company. 124-153 (1968).
  28. Greene, E. C. Anatomy of the rat. Hafner. New York. (1959).
  29. Langworthy, O. R. A morphological study of the panniculus carnosus and its genetical relationship to the pectoral musculature in rodents. Am J Anat. 35, (2), 283-302 (1925).
  30. Popesko, P., Ratjová, V., Horák, J. A Colour Atlas of the Anatomy of Small Laboratory Animals. 2, Saunders. 13-104 (1992).
  31. Brown, S. H., Banuelos, K., Ward, S. R., Lieber, R. L. Architectural and morphological assessment of rat abdominal wall muscles: comparison for use as a human model. J Anat. 217, (3), 196-202 (2010).
  32. Harder, Y., et al. Ischemic tissue injury in the dorsal skinfold chamber of the mouse: a skin flap model to investigate acute persistent ischemia. J Vis Exp. (93), e51900 (2014).
  33. Cox, G. W., Runnels, S., Hsu, H. S., Das, S. K. A comparison of heparinised saline irrigation solutions in a model of microvascular thrombosis. Br J Plast Surg. 45, (5), 345-348 (1992).
  34. Gurunluoglu, R., Siemionow, M. Z. Plastic and Reconstructive Surgery: Experimental models and research designs. Siemionow, M. Z. Spronger. Ch. 6 53-62 (2015).
  35. Nasir, S. Plast Reconstr Surg. Springer. 227-236 (2015).
  36. Parsa, F. D., Spira, M. Evaluation of anastomotic techniques in the experimental transfer of free skin flaps. Plast Reconstr Surg. 63, (5), 696-699 (1979).
  37. Dunn, R. M., Huff, W., Mancoll, J. The Rat Rectus Abdominis Myocutaneous Flap: A True Myocutaneous Flap Model. Ann Plast Surg. 31, (4), 352-357 (1993).
  38. Özkan, Ö, et al. A new flap model in rats: iliac osteomusculocutaneous flap. Ann Plast Surg. 47, (2), 161-167 (2001).
  39. Ozkan, O., Koshima, I., Gonda, K. A supermicrosurgical flap model in the rat: a free true abdominal perforator flap with a short pedicle. Plast Reconstr Surg. 117, (2), 479-485 (2006).
  40. Dorsett-Martin, W. A. Rat models of skin wound healing: a review. Wound Repair Regen. 12, (6), 591-599 (2004).
  41. Ghali, S., et al. Treating chronic wound infections with genetically modified free flaps. Plast Reconstr Surg. 123, (4), 1157-1168 (2009).
無料組織転送のモデル:ラット心窩部無料フラップ
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Casal, D., Pais, D., Iria, I., Mota-Silva, E., Almeida, M. A., Alves, S., Pen, C., Farinho, A., Mascarenhas-Lemos, L., Ferreira-Silva, J., Ferraz-Oliveira, M., Vassilenko, V., Videira, P. A., Gory O'Neill, J. A Model of Free Tissue Transfer: The Rat Epigastric Free Flap. J. Vis. Exp. (119), e55281, doi:10.3791/55281 (2017).More

Casal, D., Pais, D., Iria, I., Mota-Silva, E., Almeida, M. A., Alves, S., Pen, C., Farinho, A., Mascarenhas-Lemos, L., Ferreira-Silva, J., Ferraz-Oliveira, M., Vassilenko, V., Videira, P. A., Gory O'Neill, J. A Model of Free Tissue Transfer: The Rat Epigastric Free Flap. J. Vis. Exp. (119), e55281, doi:10.3791/55281 (2017).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter