Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Biochemistry

組換えタンパク質の発現、結晶化、および生物物理学的研究 doi: 10.3791/55576 Published: May 16, 2017

Summary

Bacillus anthracisは致命的な吸入炭疽菌の必須病原体であるため、その遺伝子やタンパク質の研究は厳格に規制されています。代わりのアプローチは、オーソロガス遺伝子を研究することである。最小の実験装置を必要とし、重大な安全性の懸念がないB.セレウスの B. anthracisオルソログ(bc1531)の生物物理化学的研究を記載する。

Abstract

真の病原体から遺伝子やタンパク質を研究する際の安全規制や規制を克服するために、それらの同族体を研究することができます。 Bacillus anthracisは致命的な吸入炭疽菌を引き起こす必須の病原体である。 Bacillus cereusは、その近縁の進化的関係のためにB. anthracisを研究するための有用なモデルと考えられている。 炭疽菌の遺伝子クラスターba1554 - ba1558バチルス ・セレウスの bc1531-bc1535クラスターならびにバチルス・チューリンゲンシスの bt1364-bt1368クラスターと高度に保存されており、 バチルス属の関連遺伝子の重要な役割を示している。この原稿ではB. cereusの bc1531のオルソログの組換えタンパク質を用いて炭疽菌の遺伝子クラスターからの第1遺伝子( ba1554 )のタンパク質産物を調製し特徴付ける方法を説明しています。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

組換えタンパク質発現は、限られたタンパク質量および有害な汚染などの天然のタンパク質源に関連する問題を克服するために広く使用されている。さらに、病原性遺伝子およびタンパク質の研究において、追加の安全予防措置を必要としない別の実験室株を利用することができる。例えば、 Bacillus cereusは、 Bacillus anthracisをそれらの近い進化的関係のために研究するための有用なモデルである1

炭疽菌はヒトや家畜の致命的な吸入炭疽菌を引き起こす必須の病原体であり、潜在的に生物兵器として使用することができる2 。したがって、 B. anthracisに関する実験室研究は、実験室領域が負の室内圧力で隔離されることを義務づけるバイオセーフティーレベル3(BSL-3)プラクティスを必要とする米疾病管理センター(NHS)によって厳格に規制されている。 B. anthracisとは対照的にB.セレウスはBSL-1剤に分類され、したがって安全性の懸念が最小限である。 B.セレウスは日和見病原体であり、感染時に食中毒を引き起こし、医学的援助なしに治療することができる。しかしB. cereusB. anthracisと多くの重要な遺伝子を共有しているのでB. anthracisタンパク質の機能はB. cereus 1の対応する同族体を用いて研究することができる。

B. anthracisの ba1554 - ba1558遺伝子クラスターは、 bc1531 - bc1535クラスターと高度に保存されています Bacillus thuringiensisの bt1364-bt1368クラスターと同様に 、遺伝子構成および配列の点で、B。さらに、それぞれのクラスターの最初の遺伝子( ba1554bc1531 、およびbt1364 )は、完全に保存されている( すなわち、 100%のヌクレオチド配列同一性)、implyiBacillus種における遺伝子産物の重要な役割を担う。これらの遺伝子クラスターにおけるその位置のために、ba1554は、推定転写調節因子3として誤って同定された。しかしながら、 ba1554産物のアミノ酸配列分析は、それがヌクレオチドピロホスホヒドロラーゼ活性を有し、転写因子活性に関連しないMazGファミリーに属することを示している4,5。 MazGファミリーに属するタンパク質は、全配列および長さに関して多様であるが、EXXE 12-28EXXDモチーフによって特徴付けられる共通の約100残基のMazGドメインを共有する(「X」は任意のアミノ酸残基を表し、 X残基の数を示す)。

MazGドメインは、必ずしも特定の触媒活性を直接的に説明するとは限らない。 エシェリヒア・コリ (EcMazG) 由来の MazGメンバーは、2つのMazGドメインを有するが、C末端のMazGドメインは酵素的に活性である6 。さらに、MazG酵素の基質特異性は、非特異的ヌクレオシド三リン酸(EcMazGの場合)から特異的dCTP / dATP(インテグリン関連MazGの場合)およびdUTP(dUTPaseの場合)6,7,8,9まで変化する。したがって、そのNTPアーゼ活性を確認し、その基質特異性を解明するためには、BA1554タンパク質の生物物理化学的分析が必要である。

ここでは、BSL-3機能を持たない大部分の研究室が分子レベルでB. anthracis ba1554のオルソログであるB. cereus bc1531遺伝子のタンパク質産物を特徴づけることができる段階的プロトコールを提供する。簡潔には、組換えBC1531(rBC1531)を大腸菌で発現させ、親和性タグを用いて精製した。 X線結晶学実験のために、結晶rBC1531タンパク質のzation条件をスクリーニングし最適化した。 rBC1531の酵素活性を評価するために、NTPアーゼ活性を比色分析して、従来使用されていた放射性標識ヌクレオチドを回避した。最後に、得られた生物物理化学的データの分析により、rBC1531のオリゴマー化状態および触媒パラメータを決定することができ、ならびにrBC1531結晶からX線回折データを得ることができた。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1. rBC1531の組換えタンパク質産生および精製

  1. 組換えBC1531タンパク質(rBC1531) - 発現プラスミドの調製
    1. B. cereus 10のゲノムDNAを調製する。
    2. BamHIおよびSalI制限酵素部位をそれぞれ作製するために、フォワードおよびリバースプライマー(材料リストを参照)を用いて、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)によってB.セレウスゲノムDNAの鋳型からbc1531遺伝子を増幅する。
    3. PCR産物と改変pET49bベクター(pET49bm)をBamHISalIを用いて消化し11
    4. 記載されているように、10μLの反応液中のT4 DNAリガーゼを用いて、ステップ1.1.3からの消化されたPCR産物およびベクター(3:1比)を混合する。 18℃で30分間インキュベートする。
    5. ライゲーション反応3μLをケミカ50μLにピペット大腸菌 DH5α細胞をチューブ内に1回通す。ピペットで上下に穏やかに混合し、氷上に30分間置く。 42℃で45秒間の熱ショック。 Luria-Bertani(LB)培地1 mLを添加し、激しく振盪しながら細胞を増殖させる(250 rpm、37℃、45分間)。
    6. ステップ1.1.6からの形質転換された細胞100μLを取り出し、100μg/ mLカナマイシン(Kan)を含むLB-寒天プレート上にそれらを広げる。 37℃で約18時間インキュベートする。
    7. 滅菌チップを使用してコロニーを選び、100μg/ mLのKanを含む3mLのLB培地で細胞を増殖させる;激しく振盪する(250rpm、37℃、18時間)。
    8. 記載されているように、アルカリ性SDS溶解法を用いてプラスミドDNAを調製する。10
    9. DNAシーケンシング12を使用して、rBC1531発現コンストラクトのヌクレオチド配列を確認する。
  2. rBC1531タンパク質の過剰発現
    1. 大腸菌 BL21(DE3)株をrBC1531-expで再形質転換する過剰発現のために、工程1.1.5-1.1.6に記載されているように、レシジョンプラスミド。
    2. コロニーを選択し、50μg/ mLカン(LB + Kan)を含む10mLのLB培地で増殖させる。 37℃で18時間激しく振盪する。
    3. 1LのLB + Kan培地に一晩培養した10mLを接種し、OD 600 (600nmでの光学密度)が〜0.7に達するまで37℃で増殖させる。
    4. 培養物を氷冷水中に約15分間浸漬して温度を18℃に冷却し、イソプロピルβ-D-1-チオガラクトピラノシド(IPTG)を最終濃度1mMで培養液に添加して組換えタンパク質を発現させる。 18〜18℃でさらに16〜18時間培養する。
  3. rBC1531の精製
    1. 遠心分離(5,000×g、4℃、30分)により細胞を回収する。細胞を乱さないように注意深く上清を捨てる。 10 mMイミダゾールを含む50 mLのリン酸緩衝食塩水(PBS)溶液に細胞を再懸濁する。
    2. 細胞ライセートの過熱(時間:2分30秒;サイクルオン:5秒;サイクルオフ:10秒;振幅:38%)を防止するために、氷上で超音波処理することによって細胞を2回溶解する。
    3. 遠心分離(約25,000×g、4℃、30分)により細胞溶解物を除去する。
    4. ニッケルビーズ3mLと10mMイミダゾールを含む60mLのPBSを混合し、余分な緩衝液を重力流して、平衡化したニッケルビーズを2.5×10cmガラスクロマトグラフィーカラムに沈殿させる。
    5. ピペットを用いて、ステップ1.3.3の上清を予め平衡化されたニッケルビーズを有するカラムに移し、低速(約20rpm)で回転ホイール上で4℃で2時間インキュベートする。
    6. 上清を重力により排出させ、10mMイミダゾールを含有する100mLのPBSでカラム中のニッケルビーズを3回洗浄する。
    7. 250mMイミダゾールを含有する4×5mLのPBSを適用することにより、rBC1531タンパク質を溶出する。
    8. ステップ1.3.7から15μLの溶出液を取り出し、15%SDS-PAGEで溶出する。タンパク質バンドを可視化するクーマシーブルー染色を用いたゲル10
  4. トロンビンタンパク質分解によるrBC1531タンパク質の親和性タグの除去
    1. この画分を透析チューブ(分子量カットオフ:3kDa)にピペットで入れ、4Lのトロンビン切断適合性緩衝液(20mM HEPES、pH7.4,150mM NaCl、および1.5mMβ-メルカプトエタノール)を含むビーカーに入れ、 4℃で一晩インキュベートする。
    2. 画分をピペットで取り出し、コニカルチューブに移す。
    3. 280nmでの吸光度を測定し、記載されているようにrBC1531タンパク質濃度を推定する。
    4. 0.5 mLのチューブで50μgのrBC1531を取り、様々な量のトロンビン( すなわち、 2,1,6、および0.3単位)を加える。 rBC1531とトロンビン反応を20℃で約3時間インキュベートして、N末端アフィニティタグを切断するのに必要なトロンビンの量を最小限に抑えます。
    5. rBC1531およびトロンビン反応を15%SDS-PAGEで分析し、N末端アフィニティータグを完全に消化し、タグを含まないrBC1531を産生するトロンビンの最も少ない量( 例えば、 50単位のrBC1531あたり0.3単位のトロンビン)を決定する。
    6. 10mgのrBC1531タンパク質と60ユニットのトロンビンを15mLチューブに加え、トロンビン - タンパク質分解反応のために20℃で約3時間インキュベートする。
    7. 分子量および溶出量の標準曲線を作成するために、サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)カラムにゲルろ過標準を適用する( 13)
    8. ステップ1.4.6のトロンビン消化rBC1531タンパク質を遠心フィルターチューブ(分子量カットオフ:3kDa)に入れ、4℃で3000gで遠心分離して、5mL未満の体積に減少させる。
    9. 濃縮したrBC1531タンパク質をSECカラムにアプライし、溶出画分60個をチューブ1本あたり0.5 mLずつ集めます。
    10. それぞれの画分15μLをとり、15%SDS-PAGE上でそれらを実行し、記載の10のクマシー染色溶液(0.15%(w / v)クーマシーブリリアントブルー、40%(v / v)メタノール、および10%(v / v)氷酢酸)を用いたゲル。
    11. rBC1531を含む画分をピペットで取り出し、1本のチューブに集めます。

2. rBC1531の結晶スクリーニングおよび最適化

  1. rBC1531タンパク質の結晶化のスクリーニング条件
    1. ステップ1.4.11のrBC1531を遠心フィルターチューブを使用して〜18.5 mg / mLまで濃縮します(1.4.8項を参照)。
    2. 各結晶化スクリーニング溶液(セクション2.2を参照)14μLを96ウェルシッティングドロップ結晶化プレートのウェルに加える。 18.5mg / mLのrBC1531タンパク質溶液0.5μLを座位ベッド上に置く。 0.5μLのウェル溶液とタンパク質溶液を混合し、プレート全体のプロセスを繰り返します。
    3. 透明な接着フィルムでプレートを覆う。96ウェルプレートを18℃に置き、蒸気拡散を可能にする。
    4. 光学顕微鏡を用いて20〜40倍の倍率で液滴をスキャンし、結晶形成を毎日2-3週間モニターする。
    5. 得られたrBC1531タンパク質結晶を用いてX線回折データ12を収集する。
  2. rBC1531結晶化条件の最適化
    1. 選択した初期結晶化条件溶液( 例えば、 0.1Mカコジル酸ナトリウム、pH6.5および1.0Mクエン酸ナトリウム)500μLを調製し、シッティングドロップ用の24ウェル結晶化プレートを充填する。
    2. 0.5μLの18.5mg / mL rBC1531タンパク質溶液を座布団に添加し、ウェル溶液0.5μLと混合し、すぐに透明な接着フィルムでプレートを覆う。 18℃にプレートを置きます。
    3. 1週間、光学顕微鏡下で結晶成長を観察する。
    4. pHを変化させることによって様々な結晶化条件を最適化する( すなわち、pH 5.5〜6.8)を用いて、そしてクエン酸ナトリウムの塩濃度( すなわち、 0.9〜1.2M)を変化させて単結晶を得ることによって調製した。 〜1週間の結晶成長をモニターし、X線回折データを収集する12

rBC1531のヌクレオシドトリホスファターゼ(NTPアーゼ)活性の特徴付け

  1. 無機リン酸依存性比色分析の検証
    1. ピロリン酸(100mM)のストックを調製し、200μLの反応緩衝液(20mM HEPES、pH7.4; 150mM)中に0.1,0.25,0.5,1.0,5.0,10,50,100および250μMの最終濃度に希釈する。 mM NaCl;および2mM MgCl 2 )で2回洗浄した。コントロールとして最初のプレートを使用してください(これにはピロホスファターゼが含まれていません)。第2プレートには、ステップ3.1.2の指示に従って、作業プレートとしてピロホスファターゼが含まれていることを確認してください。
    2. Saccharomyces cerevisiae無機p 0.01単位を加える。ヨウ化ホスファターゼ(1μL)を作用プレートのウェルに添加し、20℃で30〜60分間インキュベートする。
    3. モリブデン酸アンモニウム(0.86%v / v)とアスコルビン酸(14%v / v)の溶液を7:3の比で混合することにより、モリブデン酸溶液を調製する。モリブデン酸溶液16μLを作業ウェルと対照ウェルの両方に加え、15分間待つ。
    4. 690 nm(OD 690 nm)の光学濃度を読み取ります。
  2. 比色NTPアーゼアッセイ
    1. 100mMのヌクレオシド三リン酸(NTP)基質のストックを調製し、180μLのアッセイ緩​​衝液(20mM HEPES、pH7.4)中で所望の濃度( 例えば、 0,0.2,4.4,11,22,44,88または132μM) pH7.4; 150mM NaCl;および2mM MgCl 2 )で洗浄した。
    2. 96ウェルプレートで20μgのrBC1531(1.5mM)と3.2.1ステップのNTP基質を200μLまで加え、ピペットで上下にピペットでよく混合します。蓋でプレートを覆い、37℃のインキュベーターに30分間置く基質加水分解反応を実施する。
    3. プレートを70℃の水浴に移し、rBC1531媒介触媒反応を停止させるために15分間放置する。
    4. S.cerevisiae無機ピロホスファターゼ(1μL)0.01単位を反応プレートの各ウェルに加え(ステップ3.2.3から)、20℃で30分間インキュベートする。 16μLのモリブデン酸溶液を反応プレートに加えて発色させる(約15分)。 OD 690nmで読んでください。
    5. 12に記載されているようにMichaelis-Menten方程式を用いて解析する。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

この研究における目的のタンパク質の特徴付けは、好ましくは数ミリグラム以上の十分な量の組換えバチルスセレウスbc1531 (rBC1531)タンパク質を調製することによって開始した。 ba1554と同一のオルソロガス遺伝子を含むので、 BセレウスのゲノムDNAを鋳型としてPCRを行い、BC1531タンパク質をコードするDNA断片を調製した。 rBC1531は大腸菌細胞において可溶性タンパク質として過剰発現され 。 rBC1531タンパク質は、6'-ヒスチジンタグおよびそのN末端12にトロンビン切断部位で発現された。精製の第一段階として、rBC1531をニッケル - アフィニティークロマトグラフィー( 図1A )により精製した。次に、rBC1531( 図1A )からの親和性タグの完全消化に必要なトロンビンの最低量を決定するために、トロンビン消化試験を行った。私たちの手には、0.3単位のトロンビンが含まれていたrBC1531から親和性タグを完全に除去するのに十分である。したがって、スケーリングの際に、10mgのrBC1531をタグ除去のために60ユニットのトロンビンで処理した。トロンビン消化後、タグを含まないrBC1531をSECカラムに適用して、可溶性凝集体およびより高いまたはより低い分子量の不純物を除去した。 rBC1531画分をSDS-PAGEで分析した結果、rBC1531が〜99%純度であることが示唆された( 図1A )。全体として、1Lの培養物から約8mgのrBC1531タンパク質が得られた。

rBC1531のオリゴマー状態を推定するために、SECを行った。試料の分子量のlog値と対応する溶出体積とを相関させる標準直線曲線を、タンパク質標準のピークを用いてプロットした( 図1B )。 rBC1531は約84mLの溶出体積で溶出され、その見かけの分子量は約55kDaと推定された。計算された分子rBC1531モノマーの約15kDaは約13kDaであり、これらの結果は、rBC1531が四量体として組み立てられることを示す。

精製したrBC1531を、シッティング・ドロップ蒸気拡散法で〜400の条件を用いて結晶化についてスクリーニングした。条件A、0.1Mクエン酸ナトリウム(pH5.5)および20%PEG3000( 図2A )および条件B、0.1Mカコジル酸ナトリウム(pH6.5)および1.0Mのナトリウムの2つの条件でrBC1531結晶が約2日で現れたクエン酸塩( 図2B )。結晶化条件は、条件AからのpH(0.1Mクエン酸ナトリウム、pH5.0~6.0)およびPEG 3000(18~21%PEG3000)の濃度を変化させることによって、およびpHを変更することによって最適化した(0.1Mカコジル酸ナトリウム、pH 5.5-6.8)および条件Bからの塩濃度(0.9-1.2Mクエン酸ナトリウム)である。回折に適した結晶は条件Bについてのみ得られたが、条件Aからの結晶は単数ではなく相互成長する傾向があった。条件Bクリスタル2.74Åの分解能に回折X線を照射し( 図2C )、rBC1531構造決定に使用した。

BA1554タンパク質配列中の保存されたMazGドメインの観察は、NTPを加水分解することができるNTPアーゼ活性の存在を示唆した。 NTP加水分解は、一般に、ヌクレオシド二リン酸(NDP)および無機リン酸(Pi)、またはヌクレオシド一リン酸(NMP)およびピロリン酸(PPi)を生じる。 PPiはPiを生じるためにさらなるピロホスファターゼ活性を必要とする。 Piのレベルは、690 nmの波長(OD 690 nm)で光学密度を使用してモニターすることができるPi(モリブデン酸塩-Pi)と青色の錯体を形成するモリブデン酸塩を用いて直接測定することができる( 図3A )。本発明者らの研究では、rBC1531によるNTP加水分解後、モリブデン酸塩を添加した後に青色が目立たなかった( 図3B )。しかし、ピロホスファターゼをrBC1531媒介NTP加水分解に添加した場合、r色が深青色に変化し( 図3B )、rBC1531がNTPピロホスホヒドロラーゼ活性を有することが示された。 OD 690nmおよびNTP濃度のプロットを、非線形回帰法を用いて分析して、rBC1531酵素( 図3C )の動態パラメーター(V max 0.75およびK m10μM)を決定した。

図1
図1:SDS-PAGEおよびサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)分析。A )rBC1531のSDS-PAGE分析。 (左)ニッケル親和性クロマトグラフィー(レーン2、Ni)およびSEC(レーン3)からのrBC1531溶離ピークをタンパク質標準(レーン1; kDaで標識)とともに分析した。 (右)親和性タグの除去のためのrBC1531のトロンビン消化の分析。異なる反応における50μgのrBC1531に添加されたトロンビンの量はindゲルの上の単位で塗布する。 ( B )rBC1531およびタンパク質標準のサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)分析。 (左)rBC1531(青色)および標準(赤色)の溶出プロフィール。標準タンパク質の分子量を各ピークの上にkDaで示す。垂直軸(y)および水平軸(x)は、それぞれ、ミリ吸収単位(280nmでのmAU)および保持容量(mL)を示す。 (右)rBC1531の見かけの分子サイズは、分子量、対数スケール、およびタンパク質標準の溶出体積(R 2 = 0.9934)の線形プロットを使用して推定した。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

図2
図2:結晶化およびX線回折。A )rBC1531クリスタルの結晶0.1Mクエン酸ナトリウム(pH5.5)および20%PEG3000。( B )条件Bの rBC1531結晶、0.1Mカコジル酸ナトリウム(pH6.5)および1.0Mクエン酸ナトリウム。初期(左)および最適化(中および右)結晶が示されている。最適化されたrBC1531結晶(右、〜0.35mm x〜0.35mm x〜0.20mm)をX線回折に使用した。スケールバー=100μm。 ( C )PALビームラインBL-7A 12で得られたrBC1531結晶のX線回折像。矢印は、高解像度のスポットを示します。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

図3
図3:NTPase活性。A )モリブデン-Pi錯体の形成はPi濃度に依存する。 690nmでの光学濃度は、diPiレベルの増加に直結する。 Y軸およびX軸はそれぞれPiのOD 690nmおよび濃度(μM)を表す。 ( B )ピロホスファターゼの添加により色が変化する。ウェルの第1列では、ピロホスファターゼは添加されず、青色のPi複合体を形成しなかった。しかしながら、第2列は、rBC1531-NTP反応がピロホスファターゼで処理され、青色に発色したウェルからなる。 OD 690nm値は、NTP濃度の増加とともに増加した。 ( C )rBC1531-NTP反応のMichaelis-Mentenプロット。 Y軸およびX軸は、それぞれ、NTP基質のOD 690nmおよび濃度(0〜120μM)を表す。エラーバーは、3回の別々の実験の標準偏差を表す。 この図の拡大版を見るには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は何も開示することはない。

Acknowledgments

X線回折データセットは、浦項加速器研究所(韓国)のビームライン7Aで収集した。この研究は、科学技術省、将来計画(2015R1A1A01057574〜MH)の資金提供を受けて、韓国国立研究財団(NRF)が運営する基礎科学研究プログラムの支援を受けて行われた。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Bacillus cereus ATCC14579 Korean Collection for Tissue Culture 3624
Genomic DNA prep kit GeneAll 106-101 Genomic DNA preparation
Forward primer Macrogen GAAGGATCCGGAAGCAAAAA
CGATGAAAGATATGCA
BamHI site is underlined
Reverse primer Macrogen CTTGTCGACTTATTCTTTCTCT
CCCTCATCAATACGTG
SalI site is underlined
nPfu-Forte Enzynomics P410 PCR polymerase
BamHI Enzynomics R003S
SalI Enzynomics R009S
pET49b expression vector Novagen 71463 Expression vector was modified to add affinity tags and BamHI/SalI sites10
T4 DNA ligase Enzynomics M001S
Dialysis memebrane Thermofisher 18265017
Dry block heater JSR JSBL-02T
LB broth (Luria-Bertani) LPS solution LB-05
LB Agar, Miller (Luria-Bertani) Becton, Dickinson and Company
Kanamycin LPS solution KAN025
Mini-prep kit Favorgen FAPDE300 Plasmid DNA preparation
BL21(DE3) Competent cell Novagen 69450-3CN
Isopropyl β-D-1-thiogalactopyranoside (IPTG) Fisher BioReagents 50-213-378
Sodium chloride Daejung 7548-4100 PBS material
Potassium chloride Daejung 6566-4405 PBS material
Potassium phosphate Bio Basic Inc PB0445 PBS material
Sodium phosphate Bio Basic Inc S0404 PBS material
Imidazole Bio Basic Inc IB0277
Sonicator Sonics VCX 130
Ni-NTA agaros Qiagen 30210 Nickel bead
Rotator Finepcr AG
Precision Plus Protein Dual Color Standards Bio-rad 1610374 SDS-PAGE protein standard
Coonmassie Brilliant Blue R-250 Fisher BioReagents BP101-25 Coomassie staining solution
Methyl alcohol Samchun chemical M0585 Coomassie staining solution
Acetic acid Daejung 1002-4105 Coomassie staining solution
Dialysis memebrane Thermofisher 68035
2-Mercaptoethanol Sigma-aldrich M6250
Thrombin Merckmillipore 605157-1KUCN Prepare aliquots of 20 μL (1 Unit per μL) and store at 70 °C and thaw before use
Superdex 200 16/600 General Electric 28989335 Size exclusion chromatography
Gel filtration standard Bio-rad 151-1901
Centrifugal filter Amicon UFC800396
Crystralization plates Hampton research HR3-083 96-well sitting drop plate
The JCSG core suite I-IV Qiagen 130924-130927 Crystallization secreening solution
Microscope Nikon SMZ745T
Cryschem plates Hampton research HR3-158 24-well sitting drop plate
Inorganic pyrophosphatase Sigma 10108987001
Ammonium molybdate solution Sigma 13106-76-8
L-ascorbic acid Sigma 50-81-7
NTP substrate Startagene 200415-51
Spectrophotometer Biotek SynergyH1 microplate reader
GraphPad Prism 5 GraphPad Prism 5 for Window

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Ivanova, N., et al. Genome sequence of Bacillus cereus and comparative analysis with Bacillus anthracis. Nature. 423, 87-91 (2003).
  2. Spencer, R. C. Bacillus anthracis. J Clin Pathol. 56, 182-187 (2003).
  3. Deli, A., et al. LmbE proteins from Bacillus cereus are de-N-acetylases with broad substrate specificity and are highly similar to proteins in Bacillus anthracis. FEBS J. 277, 2740-2753 (2010).
  4. Gross, M., Marianovsky, I., Glaser, G. MazG -- a regulator of programmed cell death in Escherichia coli. Mol Microbiol. 59, 590-601 (2006).
  5. Galperin, M. Y., Moroz, O. V., Wilson, K. S., Murzin, A. G. House cleaning, a part of good housekeeping. Mol Microbiol. 59, 5-19 (2006).
  6. Lee, S., et al. Crystal structure of Escherichia coli MazG, the regulator of nutritional stress response. J Biol Chem. 283, 15232-15240 (2008).
  7. Moroz, O. V., et al. Dimeric dUTPases, HisE, and MazG belong to a new superfamily of all-alpha NTP pyrophosphohydrolases with potential "house-cleaning" functions. J Mol Biol. 347, 243-255 (2005).
  8. Robinson, A., et al. A putative house-cleaning enzyme encoded within an integron array: 1.8 A crystal structure defines a new MazG subtype. Mol Microbiol. 66, 610-621 (2007).
  9. Moroz, O. V., et al. The crystal structure of a complex of Campylobacter jejuni dUTPase with substrate analogue sheds light on the mechanism and suggests the "basic module" for dimeric d(C/U)TPases. J Mol Biol. 342, 1583-1597 (2004).
  10. Green, M., Sambrook, J. Molecular cloning: A laboratory Manual. 1, John Inglis. (2012).
  11. Brown, T. A. Gene cloning an introduction. Chapman & Hall. (1986).
  12. Kim, M. I., Hong, M. Crystal structure of the Bacillus-conserved MazG protein, a nucleotide pyrophosphohydrolase. Biochem Biophys Res Commun. 472, 237-242 (2016).
  13. Sheehan, D. Physical biochemistry: Principles and applications. A John Wiley & Sons. (2009).
  14. Lesley, S. A., Wilson, I. A. Protein production and crystallization at the joint center for structural genomics. J Struct Funct Genomics. 6, 71-79 (2005).
  15. Jeon, Y. J., et al. Structural and biochemical characterization of bacterial YpgQ protein reveals a metal-dependent nucleotide pyrophosphohydrolase. J Struct Biol. 195, 113-122 (2016).
組換えタンパク質の発現、結晶化、および生物物理学的研究<em&gt;バチルス</em&gt;保有ヌクレオチドピロホスホリラーゼ、BcMazG
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Kim, M. I., Lee, C., Hong, M. Recombinant Protein Expression, Crystallization, and Biophysical Studies of a Bacillus-conserved Nucleotide Pyrophosphorylase, BcMazG. J. Vis. Exp. (123), e55576, doi:10.3791/55576 (2017).More

Kim, M. I., Lee, C., Hong, M. Recombinant Protein Expression, Crystallization, and Biophysical Studies of a Bacillus-conserved Nucleotide Pyrophosphorylase, BcMazG. J. Vis. Exp. (123), e55576, doi:10.3791/55576 (2017).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter