Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Bioengineering

複数の栄養源の微生物代謝を調査するため同位体トレーサー実験の組み合わせに基づいてワークフロー

doi: 10.3791/56393 Published: January 22, 2018

Summary

このプロトコルでは、定量的かつ包括的に複数の栄養源の代謝を調査する実験手順について説明します。このワークフローは、同位体トレーサー実験と分析手順の組み合わせに基づいて決定する微生物による消費された栄養素の運命と分子 synthetized の代謝の起源をことができます。

Abstract

微生物学の分野の研究は、幅広い方法論の実装に依存します。特に、適切なメソッドの開発は大幅にユニークな窒素と炭素源を含む化学的に定義されているメディアに成長している微生物の代謝の広範な知識を提供することに貢献しています。対照的に、自然や産業の環境の彼らの広範な存在にもかかわらず、複数の栄養源の代謝を通して管理ほぼ未踏のままです。このような状況は、調査を妨げる適切な方法論の不足のために主にです。

定量的かつ包括的には、異なる分子、すなわち、複雑なリソースの混合物として、栄養が提供されるときの代謝の動作を調べる実験方法を報告する.ここでは、酵母の代謝ネットワークを介して複数の窒素源の分割の評価への応用について述べる。ワークフローは、選択された13c や15N 標識基板を用いた安定同位体トレーサー実験時に得られた情報を組み合わせたものです。それは最初の N を含む分子の混合物が含まれています同じ媒体で並列で再現可能な発酵に成っています。ただし、選択した窒素源は、各時間が付いています。分析的手続 (HPLC、GC-MS) の組み合わせを実装するは、ターゲット化合物のラベリング パターンを評価し、消費および他の代謝産物の基板の回収を定量化します。完全なデータセットの統合的解析は、細胞内で消費された基板の運命の概要を説明します。このアプローチが発酵のオンライン監視用ロボット支援システムによるサンプル-容易のコレクションの正確なプロトコルを必要とする- と多くの時間がかかる解析の成果。これらの制約にもかかわらず、それは酵母の代謝ネットワーク全体で複数の窒素源の分割を初めて理解できました。我々 は他の N 化合物へより豊かな情報源からの窒素の再分配を解明し、揮発性分子とアミノ酸の代謝の起源を決定します。

Introduction

理解微生物代謝の動作方法は、発酵プロセスを改善し、発酵化合物の生産を調節する効率的な戦略の設計にとって重要な問題です。ゲノミクス、これらの最後の 2 つの数十年の機能ゲノミクスの進歩は主多くの微生物の代謝ネットワークのトポロジの知識の拡張に貢献しました。この情報へのアクセスは、1細胞機能の包括的な概観を目指すアプローチの開発につながった。これらの方法論はしばしばモデルに基づく測定可能なパラメーターの解釈に依存しています。これらの実験データは一方で、代謝産物の吸収と生産率、そして、同位体トレーサーから得られる定量的な細胞内の情報が、他の一方で、実験します。これらのデータは、定義された代謝ネットワーク2,3,4で異なる経路の体内活動の控除の基本情報を提供します。現在、利用可能な解析技術だけ単一要素の同位体を用いたとき分子のパターンを分類の正確な検出を有効にしておそらく共同 2 つの同位体要素をラベル付けするとき。さらに、ほとんどの成長条件の下で炭素源はのみ 1 つまたは 2 つの化合物の構成します。その結果、炭素基板から13C 同位体トレーサーの手法を用いて広くそして首尾よく適用された炭素代謝ネットワーク操作5,6,7 の完全な理解を開発するには ,8

対照的に、多くの自然と産業環境微生物の発育をサポートする利用可能な窒素リソースは分子の広い範囲の多くの場合で構成します。たとえば、ワインやビールの発酵中に窒素は 18 のアミノ酸と可変濃度9時アンモニウムの混合物として提供されます。この同化のためのアクセス可能な N 化合物の配列は通常アンモニウム窒素のユニークなソースを使用して、後者が達成、大きく異なる生理学的な研究は、一般的に使用されるこれらの複雑なメディア状況を作る。

全体的にみて、窒素化合物を直接タンパク質に組み込むか異化が内在化しています。酵母を含む多くの微生物の窒素代謝のネットワーク構造は基材の多様性に従って非常に複雑です。図解すると、このシステムは、グルタミン、グルタミン酸、および α-ケトグルタル酸1011トランスアミナーゼと deaminases の相互変換を触媒する窒素代謝の中核の組み合わせに基づいています。このネットワークを通じてアンモニウムまたは他のアミノ酸のアミン グループを集められ α-ケト酸をリリースします。これらの中間体から中央の炭素代謝 (CCM)12,13synthetized しています。この多数分岐反応と中間体、外因性の窒素源の異化と蛋白質構成アミノ酸の同化作用に関与するは、細胞の同化の要件を満たしています。これらの異なる相互接続されたルート経由でアクティビティは、代謝産物の排泄にもなります。特に、α-ケト酸は、高級アルコールとその酢酸エステル誘導体14製品の感覚のプロファイルに不可欠な貢献を生成するエールリッヒ経路を介してリダイレクトされます。その後、窒素代謝がどのように動作するバイオマス生産と揮発性分子 (香り) の形成に重要な役割を果たしています。

反応、酵素、窒素代謝に関与する遺伝子が広範囲の文献に記載されています。ただし、代謝ネットワーク全体で複数の窒素源の分布の問題がまだ解決されていません。この情報の欠如を説明する 2 つの主な理由があります。まず、窒素代謝ネットワークの重要な複雑さの観点から大量の定量的データは利用できなかったその操作の完全な理解に必要な今まで。第二に、多くの実験的制約と分析法の制限防止 CCM 機能の解明のために以前使用されたアプローチの実装。

これらの問題を克服するために、一連の同位体トレーサー実験からのデータの照合に基づいているシステム レベルのアプローチを開発しました。ワークフローは次のとおりです。
-同じ環境条件の下で発酵のセット実施別選択した栄養源 (基質) はたびにラベルが付いています。
● ラベルの付いた基板と濃度の残留濃度の由来化合物の同位体濃縮発酵の各段階での正確な定量分析法 (HPLC、GC-MS) の組み合わせで派生バイオマスを含む分類された分子の異化。
-それぞれの質量、同位体のバランスの計算消費標識分子と流束比の決定することによって微生物による複数の栄養源の管理のグローバル概要を取得するデータセットのそれ以上の統合解析.

この方法論を適用するには、文化のひずみ/微生物の再現可能な動作に注意を支払わなければなりません。さらに、異なった文化からのサンプルは、同じの明確に定義された発酵進行中に取られなければなりません。本稿で報告した実験的な作品、ロボット支援システムはこれらの制約を考慮して発酵のオンライン監視の使用です。

さらに、研究の科学的な問題に対処する適切なラベル付けされた基板 (化合物、自然とラベルの位置) のセットを選ぶことが不可欠です。ここでは、アルギニン、グルタミン、 15N 標識アンモニアは、グレープ ジュースは、3 つの主要な窒素源として選択されました。これは窒素化合物の消費から蛋白質構成アミノ酸に再分配のパターンを評価する許可。また揮発性分子の生産への貢献と消費されるアミノ酸の炭素骨格の運命を調査することを目指しました。満たすためにこの目的、均一に13C 標識ロイシン、バリン、スレオニン、イソロイシンに含まれていた研究エールリッヒ経路の主要な中間体から派生するアミノ酸として。

全体的に、酵母が外因性窒素源として炭素前駆体の過剰をさらに除去しながら発酵を通してその同化の要件を満たすための再配布によって複雑な窒素リソースを管理する方法を模索して定量的揮発性分子。本稿で報告した実験の手順は、他の微生物によって使用される他の複数の栄養源を調査に適用できます。それは、微生物の代謝に及ぼす遺伝的背景や環境の影響の分析のための適切なアプローチのように見えます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 発酵・ サンプリング

  1. メディアと発酵の準備
    注: すべての発酵行われている同じひずみを用いた並行と同じで化学的に定義合成培地 (SM、組成表 1で提供される)、窒素源15アンモニウムとアミノ酸の混合物を含みます。各発酵他のラベルのないまま、単一窒素化合物が均一にラベル付けされた13C や15N フォーム (100%)、排他的に提供されます。一連の実験で使用されている分類された窒素ソースごとに (ここで: 15NH4U ・15U ・15U ・13U ・13U ・13U-13Thr C4、C6 イル C5 ヴァル、C6 ルー N2, Gln N4 Arg)、2発酵が用意されています。各条件のみラベルのない分子 (7 制御発酵) を使用して重複する発酵が実行されます。
    1. 検討する、SM の 500 mL を準備する N にソースごとに 100% で使用される化合物を除いて表 1に記載されているすべての窒素源を含む媒体ラベル フォームです。
      注: ラベルの分子は、次の手順で追加されます。
    2. 1 L フラスコ (10 分、100 ° C) の各培地を殺菌する磁気撹拌棒を含みます。表 1に報告される最終濃度に到達する標識分子の適切な量を検討し、媒体に溶解します。
    3. 使い捨て真空ろ過システム (セルロース アセテート膜、0.22 μ m) を使用してメディアを滅菌します。滅菌メスシリンダーを使用すると、媒体間の磁気撹拌棒を含み、酸素の流入を避けるため、CO2のリリースを許可する発酵ロックが装備 2 つの殺菌済み発酵 (250 mL) に分割します。
    4. インキュベーション ルーム 1 泊 (温度は 28 ° C で設定) に置くことによって 28 ° c 発酵フラスコを加熱します。
  2. 接種と発酵の監視
    1. 12 時間 (150 rpm) を揺れの 28 ° C で ypd 培地 10 mL を含んでいる生殖不能の管に出芽酵母株を成長します。その後、ピペット 1 mL YPD の preculture し、(15 mL 滅菌チューブ) で SM 培地 10 mL に転送。揺れ (150 rpm) の 28 ° C で 12 h の文化を孵化させなさい。
    2. 層流の下で割り切れる清酒を収集して 100 μ m の開口部を搭載する電子パーティクル カウンターを使用してセル人口を定量化します。遠心分離機の清酒 (2,000 × g、15 分間、4 ° C) および 2.5 108セル/mL の x の最終的な集中を取得する滅菌水の適切な量の餌を中断します。各発酵槽に細胞懸濁液の 1 ml を接種します。
      注: 発酵の進行状況を監視するために使用するロボット システムは、図 1で説明されます。
    3. 発酵プラットフォームを準備するには、正しく 21 位置攪拌プレート上に配置、270 rpm で攪拌率を設定サポート ガイドで、発酵をインストールします。各発酵のオンライン監視を開始、ロボット制御アプリケーションを起動し、「測定開始」ボタンをクリックして、実施される (300 mL) 発酵ボリュームを選択。
    4. 表示されるインターフェイスは、プラットフォームの数の徴候と発酵の位置を許可します。これが発生するためには、スロットの位置を右クリックし、「有効にする」この位置にある発酵槽の監視を有効にするを選択します。
    5. 完全に重量の取得を開始する前に、システム上で実行、計算ソフトを初期化します。"Initialiser"ボタンをクリックし、"ok"を検証します。重量の買収を開始するロボット制御アプリケーションの「スタート ボタン」をクリックしてします。
  3. サンプリングの手順
    注: 各発酵槽には、サンプルが作成され、CO2の生産 (計算ソフトウェアを実行しているコンピューターにオンライン表示される値) が必要なセット ポイントに達したら: 5、10、40、および本研究で 90 g/L。
    1. 標識化合物を使用するカルチャのプロシージャをサンプリングします。
      1. 遠心分離機の 2 つの 6 mL サンプル (2,000 × g、5 分、4 ° C)。-80 ° C で 2 つの因数で冷凍の培養上清を保存して5 ml の蒸留水と同位体濃縮測定-80 ° c の店で 2 回ペレットを洗浄します。
    2. サンプリング文化標識化合物なしのプロシージャ
      1. 乾燥重量を決定するために使用されるカルチャの 10 mL を収穫します。遠心 (2,000 × g、5 分、4 ° C) で 2 つの 10 mL のサンプルから細胞をペレットします。10 mL の蒸留水で 2 回ペレットを洗浄し、タンパク質およびアミノ酸含量の定量-80 ° C で保存します。

2 消費される窒素源の定量化

  1. 残留アンモニア濃度の酵素的定量法
    注: 培養上清中のアンモニア濃度の定量が、市販酵素ベース キット; を使用して実施します。すべての試薬は、製造元によって提供されます。
    1. だから正確に重量を量られた (NH4)2の 25 mg を溶解することにより標準的なアンモニア溶液 (61.4 mg/L) を準備4 100 mL のメスフラスコに。
    2. 製造元の指示を満たすためには、発酵前に CO2リリースの 5 g/L で撮影されたサンプルの 1:2 の希釈を実行します。1 M 島を追加することによって約 8 サンプルの pH を調整します。追加されたボリュームのノートを取るし、希釈倍率のアカウントにそれを取る。
    3. 4 mL 分光光度計のキュヴェットのミックス 100 μ L のサンプル (必要に応じて希釈)、蒸留水や試薬 1 (0.75 mM ADP と pH 7.8 緩衝の 30 U/mL のグルタミン酸脱水素酵素) 2 mL で標準的なアンモニア溶液と試薬 2 (1.3 mM NADH) を 500 μ l 添加します。室温で 15 分間インキュベート読み書き NADH 吸光度 340 nm (A1)。
    4. 試薬 3 (60 mM α-ケトグルタル酸で pH 8 バッファー) を 500 μ l 添加、室温で 20 分間サンプルをインキュベート、340 で NADH の吸光度を読み取り nm (A2)。
    5. アンモニア濃度を使用して計算します。
      Cアンモニア(g/L) = 0.083 x [(0.839 x A1-A2)サンプル- (0.839 x A1-A2)蒸留水]
    6. 標準液を正しい濃度が得られることを確認してください。
  2. ガスクロマトグラフィーによる残留のアミノ酸濃度の定量
    注: 培養上清中のアミノ酸濃度の定量できるニンヒドリンと N 化合物のポスト誘導とイオン交換クロマトグラフィーに基づいている専用アミノ酸分析システムを使用して達成される、比色検出。
    1. 参照ソリューションを準備するには、200 mM リチウム クエン酸バッファー pH 2.2 の 400 μ L に 2.5 mM グルタミン 200 μ L、200 μ L 基本的なアミノ酸の商業の混合物の中性および酸性アミノ酸の商業の混合物を 200 μ l 添加を追加します。この化学的に定義された参照ソリューションは、サンプルとして扱われます。
    2. 分子量の大きな分子を削除するサンプルの 800 μ L に 2.5 mM norleucine (内部標準) が含まれています 25% (w/v) スルホサリチル酸溶液 200 μ L を追加します。0.22 μ m 孔サイズの硝酸セルロースの膜 (シリンジ システム) を通じてフィルター遠心分離機 (3,000 × g、10 分、4 ° C)、4 ° C で 1 時間インキュベートします。
    3. プログラマ、ソフトウェアでボタンをクリックして「実行」するには液体クロマトグラフィー (LC) 解析アナライザーを陽イオン交換カラム (リチウム フォーム) を装備しました。温度勾配 (表 2) との組み合わせで対イオン濃度 pH 勾配と勾配を作成する連続リチウム バッファーがアミノ酸を溶出します。
    4. ニンヒドリン誘導体化後 570 で吸光光度検出器による窒素化合物の定量化 nm (紫色の着色: アミノ酸のニンヒドリンとアミン グループ間の反応) と 440 nm (黄色の着色: のニンヒドリン、イミンのグループ間の反応プロリン)。
    5. 内部標準として参照ソリューションと norleucine を使用して、製造元のソフトウェアを使用して試料中のアミノ酸濃度を計算するシングル ポイント内部キャリブレーションを実行します。

3. 蛋白質構成アミノ酸の定量

  1. 乾電池の重量の測定
    1. 真空装置を使用して、アルミのカップにあらかじめ重量を量られたは硝酸セルロース フィルター (細孔サイズ 0.45 μ m) を通して文化の 10 mL をフィルターします。50 mL の蒸留水で 2 回洗浄します。
    2. アルミのカップにフィルターを置き、カップにフィルターを計り直しする前に 48 h (重量の更なる変化が認められなかった) まで 105 ° C で熱オーブンで乾燥します。重量差を計算します。
    3. 酵母培養の乾電池の重量を正確に判断する少なくとも 3 つの独立した測定の平均値を計算します。
  2. 細胞のタンパク質含有率の定量化
    注: 細胞の蛋白分画の定量は、1.3.2 のセクションで説明したように得られたラベルのない細胞ペレットを使用して 3 通で、少なくとも実行されます。
    1. 冷凍餌に 1 mL の DMSO 溶液 (50 %v/v) の添加によりタンパク質を抽出し、105 ° C 乾燥した熱のオーブンで 1 時間インキュベートします。
    2. 青い複合体 (BCA アッセイ) ビシンコニン酸によって沈殿するさらに Cu+イオンに Cu ++の蛋白質によって減少に基づいている生化学的比色アッセイを用いた DMSO 抽出液のタンパク質含量を定量化します。
  3. 蛋白質の中でアミノ酸の相対的な貢献の定量
    注: 蛋白質構成アミノ酸のプロファイルは、ラベル付けされていない細胞ペレット (1.3.2) から 3 通で少なくとも決定されます。
    1. 激酸 (ギ酸 90%、10% 過酸化水素) の 200 μ L で細胞ペレットを中断することにより酸化のエキスを準備します。4 ° C で 4 時間インキュベートし、33.6 mg ナトリウム硫酸塩の追加によって反作用を停止します。
      注: 酸化ステップはシステインとメチオニンをイオン交換クロマトグラフィーによるさらに定量化がメチオニン スルホンとシステイン酸に変換する必要です。ただし、(チロシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、アルギニン) いくつかのアミノ酸が酸化処理中に変性します。その結果、2 つの加水分解物 (と酸化なし) が用意されています。
    2. 細胞ペレットに 6 n 塩酸を 800 μ L を追加、抽出を酸化や乾熱オーブンで 110 ° C で 16 時間密閉ガラス管にサンプルをインキュベートします。2.5 mM norleucine の 200 μ L を追加し、窒素の流れと HCl を削除します。800 μ L の蒸留水で 2 回放置とエタノールの 800 μ L (再乾燥エキスと窒素気流で液体を削除すること) を洗います。リチウム 200 mM 酢酸緩衝液, pH 2.2 の 800 μ L でとる。
      注: する必要がありますに留意加水分解のインキュベーション時間いくつかのアミノ酸は酸性条件下で安定ではないと。このアミノ酸は、塩酸加水分解中に変性完全としてトリプトファン分数蛋白質は文献16で見つかったデータから推定されます。
    3. シングル ポイントの内部校正の加水分解の標準を準備します。リチウム 200 mM 酢酸緩衝液、pH 2.2, 625 μ M メチオニン スルフォン, 625 μ M システイン酸および 625 μ M norleucine を含む 840 μ に加水分解アミノ酸の商用ソリューションの 160 μ L を追加します。
    4. セクション 2.2 で説明したガスクロマト グラフ法を用いたタンパク質のアミノ酸の相対濃度を決定します。
  4. 計算
    1. タンパク質抽出物 (合計 mg/l) で測定したアミノ酸の総量によって各アミノ酸 (mg/L) の測定量で除して各アミノ酸蛋白質の重量割合を計算します。
    2. 文化 (mg/L)、すなわちバイオマスのタンパク質含有量と文化 (mg/L) 各蛋白質構成アミノ酸の濃度を評価するために、乾燥重量と製品中のタンパク質の濃度をこの割合を乗算します。

4 同位体濃縮アミノ酸の測定

注: 同位体濃縮アミノ酸の測定標識細胞ペレットを使用します。3 つの異なるエージェントは、アミノ酸の同位体濃縮を定量化する誘導体化のステップに使用されます。アミノ酸の分類パターンを予測してクラスター イオンの強度を測定します。大量のアイソトポマーの豊かさに対応する各クラスター イオンからの信号 (m0 = ラベル付け、m+1なし = 1 のラベル付き原子...) アミノ酸フラグメントの。DMADMF 手順後に得られるクロマト グラムの例を図 2に提供されます。

  1. 加水分解バイオマス
    1. 乾熱のオーブンでしっかりと閉じたガラス管で 105 ° C で 16 時間サンプルをインキュベートを 6 M 塩酸の 1.2 mL を追加して (乾燥バイオマス 1-2 mg に対応する) 細胞ペレットを加水分解します。
    2. 3,000 x g細胞の残骸を削除する 5 分間蒸留水および遠心分離機の 1.2 mL を追加します。6 400 μ L 分画オープン ガラス チューブに上清を配布します。105 ° C で熱オーブンで分数をドライ シロップ (4-5 h) の整合性に到達するまで。
  2. Ethylchloroformate (ECF) 誘導体化
    1. 20 mm HCl; 200 μ L の乾燥した加水分解物を溶解します。ピリジン: エタノール (1:4) の 133 μ L を追加します。アミノ酸を derivatize し、すべての CO2が解放されるまで待機する ECF の 50 μ L を追加します。500 μ L の derivatized の化合物を抽出するジクロロ メタンを含むチューブを遠心分離機に混合物を転送します。
    2. 渦を 10 s と遠心分離機管 10,000 x g で 4 分間のためにそれらGC/MS 楽器にサンプルを直接注入が円錐ガラス挿入物が含まれている GC バイアルをパスツール ピペットで移しなさいと転送低い有機相を収集します。
  3. (N, N)-ジメチルホルムアミド ジメチル アセタール (DMFDMA) 誘導体化。
    1. メタノールの 50 μ L、200 μ L アセトニ トリルの乾燥の加水分解物を溶解します。DMFDMA の 300 μ L を追加します。渦管と転送 GC オートサンプラー試料バイアル円錐ガラス挿入物が含まれているです。
  4. N, O-ビス (トリメチルシリル) トリフルオロアセトアミド (BSTFA) 誘導体化
    1. アセトニ トリル 200 μ L で、加水分解を中断します。BSTFA 200 μ L を加えて密閉ガラス管を閉じる GC バイアルに直接抽出物を転送する前に 135 ° C で 4 時間孵化させなさい。
  5. ガスクロマトグラフィー質量分析
    1. オートサンプラーのインジェクターが装備され、質量分析計を結合するガスのクロマト グラフのサンプルを分析します。
      1. 楽器固有のソフトウェアを使用して、計測器を制御およびクロマト グラムを分析します。「シーケンス」メニューのサンプル リストを作成する「サンプル ログ テーブル」をクリックし、注射を開始する「実行」ボタンをクリックします。
        注: ガス クロマト グラフが付いて 30 m × 0.25 mm 極冠シリカ毛細管カラム 0.15 μ m 膜厚。150 ° C で質量分析計四重極温度を設定し、すべての解析の 250 ° C で転送ラインを保持します。3 つの分析プログラム、各それぞれの誘導体化のエージェントに固有が使用されます。
      2. ECF 誘導体:1.2 mL/分の流れと移動相として使用ヘリウム 230 ° C の 250 ° C のソースの入口の温度設定3:1 の分割比で 1 μ L のサンプルを注入するオートサンプラーをプログラムします。オーブンの温度を次のように漸増解析を実行: 130 ° C、3 分。勾配 15 ° C/分 260 ° c;20 分間 260 ° c の温度を維持します。
      3. DMFDMA 誘導体:1.2 mL/分の一定の流れと移動相として使用ヘリウム 230 ° C の 250 ° C のソースの入口の温度設定3:1 の分割比で 1 μ L のサンプルを注入するオートサンプラーをプログラムします。オーブンの温度を次のように漸増解析を実行: 60 ° C で 1 分。130 ° C に 20 ° C/分のグラデーション260 ° C への 4 ° C/分の 2 つ目のグラデーション10 分、260 ° c の温度を維持します。
      4. システム誘導体:1.2 mL/分の一定の流れと移動相として使用ヘリウム 275 ° C、300 ° C では、ソースの入口の温度設定解析を実行 (注射: 1 μ L)、徐々 に次のようにオーブンの温度を増加: 110 ° C 1 分;最初勾配 2 ° C/分 154 ° c;300 ° C に 5 ° C/分の 2 つ目のグラデーション10 分間 300 ° c 温度を維持します。
      5. 検出手順:誘導体化のモードごと 70 eV で肯定的な電子衝突イオン化スキャン モードでサンプル (1 μ L) 注入し、各アミノ酸の保持時間のノートを取る。
      6. クロマト グラム全体と各アミノ酸の特性と表 3に記載されている別の選択したイオンのタイム ・ ウィンドウを定義するのにこれらの値を使用します。これらの値は、各アミノ酸に含まれてする必要があります。SIM 検出プログラムにこの情報を含めるし、70 eV で肯定的な電子衝突イオン化と SIM モードで解析を実行します。
    2. 分析の結果を収集します。すなわち、各アミノ酸の異なる質量のアイソトポマーに対応する強度のクラスターを記録します。自然なラベリングの修正および同位体濃縮アミノ酸 (蛋白質の合計額に対するアミノ酸のラベルの一部として定義されているを計算する dedicatedsoftware17を使用してデータを処理します。サンプル)。
      注: 分子の同位体濃縮 (すなわち)、パーセンテージ、付け質量アイソトポマーの修正された強度の合計を分割計算 (m1, m2、. .mn) 修正の合計ですべての質量のアイソトポマーの強度 (m2,..., m1m0mn)。
      I. E. = (m1 + m2 +... + mn)/(m0 m1+ m2 +... + mn)

5. 定量化と揮発性の化合物の同位体濃縮

  1. 標識の揮発性化合物の抽出
    1. 上清の 5 mL に重水素の内部基準の 10 μ L を追加 (重水素化合物の最終濃度: 100 μ g/L) 15 mL ガラス管に。ジクロロ メタンの 1 mL を加えて、しっかりとチューブを閉じると 20 分 3,000 × g で 5 分間遠心揺動のプラットフォームでそれらを振るし、15 mL ガラス管に有機低位相を収集します。ジクロロ メタン抽出を繰り返します。
    2. 無水硫酸ナトリウム 500 mg 以上の有機抽出物を乾燥、パスツール ピペットを使い、液相を収集します。窒素フラックス下 4 つの要因によって抽出物を集中し、GC オートサンプラー バイアルに転送。
  2. 揮発性化合物の GC-MS による定量化
    1. 0.25 μ m の膜厚で、ガスクロマト グラフ 30 m × 0.25 mm の溶融シリカ毛細管カラムとを装備し、インジェクターは、250 ° C の転送ライン 1.0 mL/分ホールドの定数ヘリウム フローに適用
    2. 10:1 の分割比で 2 μ L のサンプルを注入し、次のオーブン温度プロファイルを使用して抽出した揮発性の分子を分離: 40 ° C で 3 分間温度を保持、4 ° C/分による増加 220 ° C とし、保持 220 ° C のオーブンで 20 分。
    3. そのソース温度は 230 ° C で 150 ° C に設定その四重極の質量分析計温度設定と質量分析計を用いた化合物を検出します。70 eV と表 4で報告される揮発性の化合物に特定イオンのクラスターを使用して肯定的な電子衝突イオン化の選択イオン監視 (SIM) モードで質量スペクトルを記録します。
    4. 外部 7 点校正を使用して、対応するイオン クラスターの発光強度の合計からの揮発性の分子の濃度を定量化します。100% エタノール (10 g/L) 各化合物の溶液を準備します。原液を混合することによって、揮発性分子 (エチル エステル、酢酸、アルコール、酸) の各クラスの標準溶液を準備します。最後に、希釈する 12% 溶液 ph 校正ソリューションを準備する 3.3 調整 5 g/L 酒石酸を含む標準溶液の量が異なる。
    5. 並行して、各イオン クラスターの発光強度の自然なラベリングの修正し、分子のラベルの一部として定義し、専用のソフトウェアを使用してパーセンテージとして表されます揮発性化合物の同位体濃縮を計算17

6. データセットの統合解析の計算

  1. Raw データの収集
    1. 細胞外のアミノ酸、細胞の乾燥重量、セル、揮発性分子および同位体濃度のタンパク質含有量の濃度に対応する raw データ値を入力テーブル 5 6、7、および8に示すようにスプレッドシートを使用して蛋白質構成アミノ酸・揮発性分子の充実。
      注: 表に示すデータは mM で表されます。すべての結果はまた窒素の原子質量の蛋白質構成アミノ酸の millimolar 濃度を乗じて mg/L の N、各分子の分子量をミリメートルの値を乗じて mg/L で表されます (14 u) および窒素 ato の番号この分子の異化によって提供される ms。
    2. アミノ酸 (mg/l の合計) の合計量 mg/l、加水の量で割って各蛋白質のアミノ酸の質量の割合を計算します。
    3. 平均、標準偏差、および独立した実験で得られたデータから平均値の標準誤差を計算します。
    4. バイオマス (g 蛋白質/g DW) の蛋白分画と乾し物率 (バイオマス) の蛋白質 (mg aa/g タンパク質) で、このアミノ酸の割合を乗じて各アミノ酸の蛋白質構成濃度 (mg/L) を計算しますメディア (g/L の DW)。
  2. 15N 同位体トレーサー実験
    1. 合計濃度 (mg/L の N で表される) からアミノ酸 (mg/L の N で表される) 内に存在する窒素のラベルとラベルのない分数の計算の表 9で説明されているスプレッドシートを使用して、同位体濃縮。各アミノ酸の濃度とその同位体の濃縮製品に対応するラベル付きの分数とラベルのない部分は合計とラベルの量の違い。
    2. 次に、(mg/L の N) の翼、Gly、ヴァル、Asp、Phe、ルー、イル、スレオニン、Ser、プロ、Lys の総量、彼、Glu、Arg を加算合計を割ることによって本研究で定量化蛋白質構成アミノ酸に含まれているタンパク質の窒素の割合を決定します。この合計で蛋白質に含まれる窒素のマウント。
    3. アルギニン、グルタミンまたは (アラ、Gly、ヴァル、Asp における定量化された蛋白質構成アミノ酸の (mg/L の N) 内のラベル付きの分数の合計によって本研究で定量化蛋白質構成アミノ酸で回収されたアンモニウムによって提供される窒素を計算します。Phe、ルー、イル、スレオニン、Ser、プロ、リシン、彼、グルタミン酸、および Arg) 15N 標識アルギニン、グルタミン、またはアンモニウム、定量化された蛋白質構成アミノ酸中の窒素の合計量で除算してこのラベル窒素画分の存在下で実験中酸。
    4. 13C や15N 同位体トレーサー実験 (表 7にスプレッドシート) からのデータを組み合わせることによりデノボ合成に使用される窒素の細胞内のプールに 3 つの最も豊富なアミノ酸の貢献を評価します。
    5. 蛋白質構成ヴァル、ルー、イル、または木の総量 (mM 単位) から消費化合物 (13C 実験) の直接の混入およびde novo synthetized 3 から窒素を用いていた部分から派生した一部を差し引く他のアミノ酸から窒素を使用してde novo synthetized 割合を評価するための主要な源。
    6. その後、アミノ酸・ デ ・ ノボsynthetized (mM) のアミノ酸の総量に NH、Arg、Gln4+ (合計ミリメートルで表される) によって提供される窒素を使用して量の比率を計算の貢献を定量化するにはアルギニン、グルタミン、および細胞内窒素プールにアンモニウム。
  3. 13C 同位体トレーサー実験
    1. 単位 mM と13C 標識ルー ヴァルの存在下での実験の間に得られた蛋白質構成アミノ酸の同位体濃縮濃度から蛋白質構成アミノ酸のラベルとラベルのない分数を計算します。イルまたは Thr (6.2.1、表 10を参照してください)。
    2. 単位 mM と13C 標識ルー ヴァル、イル、または木 (の存在下での実験の間に得られた揮発性化合物の同位体濃縮濃度から揮発性化合物のラベルとラベルのない分数を計算します。表 10)。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

ワインの発酵中に見つかった複数の窒素源の酵母によって管理を調査するために実装されたワークフローの模式図を図 3に示します。
サンプリング、生物学的パラメーター-生育特性、窒素消費パターン、および蛋白質構成アミノ酸-ショー発酵 (図 4) の間で再現性の高いプロファイルの異なるポイント。この一貫性は、一連の 14 の独立した発酵中に生成されたデータの組み合わせに基づくアプローチの妥当性を検証します。

図 5は、すべてのアミノ酸にグレープ ジュースの利用可能なソースからの窒素の再分配の包括的な概要を示します。この分析は、 15N 標識化合物の存在下で行う実験から得られた結果によって主にサポートされます。質量、同位体のバランスの測定と組み合わせると、アミノ酸の同位体濃縮測定提供窒素由来アルギニン、グルタミン、アンモニウム、および他の貢献の最初の定量化各これらの化合物のアミン グループをソース。ここで下線が付いている窒素の重要な再分配は、酵母の成長を維持する上でのアミノ酸のデノボ合成の相当な役割を反映しています。

さらに、標識化合物の消費が付いている蛋白質の量を比較すると、この研究は評価するセルを入力するとき、直接タンパク質に組み込まれている消費の N を含む分子の割合をことができます。アミノ酸は、バイオマスの直接の混入の彼らのレベルに従って区別されます。それらのいくつかは排他的 (Asp、Glu) 少量のみ他の化合物の中の 80% ・ デ ・ ノボsynthetized 以上がデノボ合成によって生成されます。興味深いことに、この最後のグループには、すべての消費のソースを直接組み込まれている唯一のアミノ酸であるリジン、ヒスチジンが含まれています。

図 5 bも提示すると、いくつかのアミノ酸の15N 標識を用いた実験で, 13 で実験的に測定したデータから算出した、バイオマスを直接回復は消費されるアミノ酸の量の比較C 標識実験。これらの値の相違は小さいは、信頼性と本研究で実装されたアプローチの堅牢性を示します。

図 6は、本稿で報告したワークフローを実装することによって得られた定量的代謝経路を介してフラックス (比率) をパーティション分割の例を示します。このマップ15N と13C 標識基板を用いた同位体トレーサー実験からの情報を組み合わせることによって描かれた、消費脂肪族アミノ酸バリンに関与している代謝ネットワークの分割について説明しますと酵母におけるロイシン生合成 (計算、表 1表 2を参照)。生産とアミノ酸と揮発性の化合物の同位体濃縮を測定することにより消費される U C13- バリンと U C13- 炭素バックボーンから synthetized をされたこれらの化合物の量を評価しました。ロイシン、化合物のラベルの一部に相当します。その後、彼らの形成 (ラベルのない化合物量) に CCM の寄与を決定することができました。ワークフローとここに提案される計算の手順を表示、消費バリンとロイシンの 96% 以上がすなわち自社の変換製品の回復を使用して、蛋白質構成ロイシンおよびバリンや揮発性の高い炭素の物質収支を設定します。アルコール。この発見は、代謝の定量的研究の報告方法の適合性を確認します。データセットの統合と包括的な分析では、消費されるアミノ酸の運命に新しい洞察力を提供しています。驚いたことに、バリン、ロイシンのかなりの割合は、培地でこれらの化合物の可用性とバイオマスでその内容のかなり不均衡にもかかわらず異化が。しかし、タンパク質に直接組み込まれる外因性の N 化合物の一部はアミノ酸の性質に依存します。もう一つ重要な点にかかわる蛋白質構成アミノ酸と揮発性分子の代謝の起源。蛋白質構成ロイシンとバリンの13C 標識パターンの分析では、これらのアミノ酸の炭素骨格が、CCM 経由 synthetized をした前駆体から主に来ることを明らかにします。この観測に沿った低イソブタノール、イソアミル アルコールでラベリング定款はバリンとこれらの高級アルコールの形成に酵母によって消費されたロイシンの異化作用の非常に限られた関与を示します。

Figure 1
図 1。高速発酵を監視するためのロボット システムを自動化します。(A) ロボットのプラットフォームです。発酵は、磁気攪拌プレート (b) サポート ガイドに配置 (a) されます。安全ライト カーテン (c) は、ユーザーを保護します。ロボット アーム (d) 連続しての場所からの 4 時間ごとの重さを測定する作業テーブルの左側に精密バランス (e) にプレートを攪拌 6 の 1 つで、発酵を移動します。ロボットのプラットフォームは、恒温室であります。(B) ソフトウェア アーキテクチャの概略図。グラフィカルなインターフェイスでは、実験の設定を定義することができます。この情報は、ロボット アームを制御し、別の raw data.xlm ファイル (1 ファイル/発酵) に別の重量を記録管理アプリケーションに送信されます。計算ソフトは、xlm ファイルを収集し、各時点の CO2がリリースされる (単位 g/L)、発酵の速度と、この時に消費されている糖質の量に比例する量を計算しますg CO2/L/h (砂糖の消費量に比例して) で、CO2の生産量の割合に対応します。データはリレーショナル データベースに格納されて、献身的なグラフィカルなインターフェイスを使用して可視化します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2。蛋白質構成アミノ酸のガスクロマトグラフィー質量分析: アラニンの例。(A) クロマト グラム DMFDMA を使用して蛋白質構成アミノ酸の誘導体化後に得られます。(B) 誘導体のアラニンのスペクトルを大量します。M0/z でフラグメントに対応する 2 つの主要なピーク = 99 および m0/z = 158。(C) DMFDMA とアラニンの誘導体化反応。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3。酵母による複数の窒素の代謝の定量的解析のワークフロー ソースします。このプロセスは、(i) 28 の発酵 (7 窒素源と複製における窒素化合物の有無発酵)。(ii) の分析部分抽出の異なったプロシージャおよび (iii) 生データの処理と高速液体クロマトグラフィーまたは GM MS 解析分子の誘導体化データセットの統合的解析を含む。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4。独立した発酵のセットから生物学的パラメーターの再現。(A B)値とラベルのない化合物を用いた実施 14 独立発酵から得られた乾燥重量とタンパク質含有量の標準偏差を意味します。(C ・ D)平均値と標準偏差の蛋白質構成および 14 の独立した発酵中に測定した消費のアミノ酸は、ラベルのない化合物を使用して実施。CO2の生産: 5 (緑)、10 (青)、40 (ピンク)、90 (紫) g/l.この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5。蛋白質構成アミノ酸に 3 つの主要な窒素源からの窒素の発酵中に再分配します。(A) アミノ酸の代謝の起源: 消費対応 (青) と (オレンジ) 消費アルギニン、グルタミン (緑)、アンモニウム (ピンク) または他のアミノ酸 (によって提供される窒素を用いたデノボ合成を直接紫)。各蛋白質構成アミノ酸の総量の割合として表されます。15N トレーサー実験 (紫) または実験的に得られたデータから計算される (青) 消費されるアミノ酸の量とタンパク質の回収は直接消費されるアミノ酸の一部 (B) 比較13C 標識分子 (ピンク) と発酵中に測定されます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 6
図 6。バリン、ロイシンの代謝の定量的解析します。40 g/L の CO2が生成される (緑) 消費されたロイシン ・ バリン (青) 代謝ネットワークを分割します。バーは、各化合物の量に比例し、μ m、中央の炭素代謝 (オレンジ) から synthetized をした分数を含む表現されます。標準のフォント値: 量 μ m;斜体フォントの値: 消費バリン (青) または経路が異化されたロイシン (緑) の割合。計算は、表 1表 2に提供されます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

化合物 1 リットルあたりの量
グルコース C6H12O6 240 g
リンゴ酸 C4H6O5 6 g
クエン酸 C6H8O7 6 g
カリウム リン酸 KH2PO4 0.75 g
硫酸カリウム K2SO4 0.5 g
硫酸マグネシウム MgSO4、7 H2O 0.25 g
塩化カルシウム CaCl2, 2 H2O 0.155 g
塩化ナトリウム NaCl 0.2 g
ミオイノシトール 20 mg
パントテン酸カルシウム 1.5 mg
チアミン塩酸塩 0.223 mg
ニコチン酸 2 mg
ピリドキシン 0.25 mg
ビオチン 0.003
MnSO4·H2O 4 mg
ZnSO4·7H2O 4 mg
CuSO4·5H2O 1 mg
CoCl2·6H2O 0.4 mg
H3ボー3 1 mg
(NH4)6Mo7O24 1 mg
エルゴステ ロール 3.75 mg
オレイン酸 1.25 Μ L
Tween 80 125 Μ L
チロシン 8.6 mg
トリプトファン 84.4 mg
イソロイシン 15.4 mg
アスパラギン酸 20.9 mg
グルタミン酸 56.7 mg
アルギニン 176.2 mg
ロイシン 22.8 mg
スレオニン 35.7 mg
グリシン 8.6 mg
グルタミン 237.8 mg
アラニン 68.4 mg
バリン 20.9 mg
メチオニン 14.8 mg
フェニルアラニン 17.9 mg
セリン 37.0 mg
ヒスチジン 15.4 mg
リジン 8.0 mg
システイン 6.2 mg
プロリン 288.3 mg
アンモニア塩化 NH4Cl 220 mg
培地の pH は水酸化ナトリウム 10 M を 3.3 に調整されました。

テーブル 1。本研究で使用される合成培地の組成します。この化学的に定義された媒体は、グレープ ジュースの組成を模倣します。

溶出バッファー 温度
0 から 6 分まで 200 mM、pH 2.8 クエン酸リチウム 32 ° C
38 分 6 から 300 mM、pH 3 クエン酸リチウム 32 ° C
57 分に 38 から クエン酸リチウム、500 ミリメートル、pH 3.15 64.5 ° C
83 分に 57 から 900 mM、pH 3.5 クエン酸リチウム 75 ° C
120 分に 83 から クエン酸リチウム、1650 mM、pH 3.55 75 ° C
120 〜 130 分 リチウム hydroxyde、300 mM

表 2。イオン交換クロマトグラフィーによるアミノ酸の分離に使用条件。塩濃度の増加と溶出バッファーは、温度勾配との組み合わせでアミノ酸の分離を有効にするのに引き続いて使用されています。

アミノ酸 誘導体化試薬 RT (分) イオンクラ スター (m/z)
アラニン ECF 3.86 119, 118 117 116
DMFDMAb 6.37 99、100、101、102
DMFDMAb 6.37 158, 159, 160, 161
グリシン ECF 4.19 102、103、104
ECF 4.19 175、176 177
DMFDMAb 6.61 85, 86, 87
DMFDMAb 6.61 144, 145, 146
バリン ECF 4.97 144 145 146、147、148, 149
DMFDMAb 7.37 127、128、129、130、131、132
DMFDMAb 7.37 143、144、145、146、147、148
DMFDMAb 7.37 186, 187, 188, 189, 190, 191
ロイシン ECF 5.67 158, 159, 160, 161、162、163, 164
イソロイシン ECF 5.85 158, 159, 160, 161、162、163, 165
スレオニン ECF 6.48 146 147、148、149、150
ECF 6.48 179, 178 177 176 175
セリン ECF 6.53 132 133、134、135
ECF 6.53 175, 176, 177, 178
プロリン ECF 6.83 142、143、144 145、146 147
アスパラギン酸 ECF 7.89 192, 191 190 189 188
DMFDMAb 11.77 119, 118 117 116 115
DMFDMAb 11.77 220, 219 218 217 216
グルタミン酸 ECF 8.81 202、203、204、205、206、207
DMFDMAb 12.75 111、112、113、114、115、116
DMFDMAb 12.75 143、144、145、146、147、148
DMFDMAb 12.75 230 231 232、233、234, 235
フェニルアラニン ECF 9.53 192, 193, 194, 195、196、197、198、199, 200, 201
DMFDMAb 13.67 143、144、145、146、147、148、149、150、151、152
リジン ECF 11.95 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162
ヒスチジン ECF 12.54 327 328 329, 330, 331, 332, 333
アルギニン システムc 18.8 174, 175、176 177、178 179
ECF、クロロギ酸エチル;bDMFDMA, (N, N)-ジメチルホルムアミド ジブチル アセタール;cシステム、(N,O-bis(trimethylsilyl)trifluoroacetamide)。

表 3。解析パラメーターの選択的イオン監視 (SIM) モードを使用してアミノ酸の同位体濃縮の決定に使用されます。誘導体化、誘導体化合物の保持時間と MS (電子衝突モード) で得られた各アミノ酸イオンのクラスターに使用される化学薬品を表します。

アミノ酸 誘導体化試薬 RT (分) イオンクラ スター (m/z)
アラニン ECF 3.86 119, 118 117 116
DMFDMAb 6.37 99、100、101、102
DMFDMAb 6.37 158, 159, 160, 161
グリシン ECF 4.19 102、103、104
ECF 4.19 175、176 177
DMFDMAb 6.61 85, 86, 87
DMFDMAb 6.61 144, 145, 146
バリン ECF 4.97 144 145 146、147、148, 149
DMFDMAb 7.37 127、128、129、130、131、132
DMFDMAb 7.37 143、144、145、146、147、148
DMFDMAb 7.37 186, 187, 188, 189, 190, 191
ロイシン ECF 5.67 158, 159, 160, 161、162、163, 164
イソロイシン ECF 5.85 158, 159, 160, 161、162、163, 165
Threonin ECF 6.48 146 147、148、149、150
ECF 6.48 179, 178 177 176 175
セリン ECF 6.53 132 133、134、135
ECF 6.53 175, 176, 177, 178
プロリン ECF 6.83 142、143、144 145、146 147
アスパラギン酸 ECF 7.89 192, 191 190 189 188
DMFDMAb 11.77 119, 118 117 116 115
DMFDMAb 11.77 220, 219 218 217 216
グルタミン酸 ECF 8.81 202、203、204、205、206、207
DMFDMAb 12.75 111、112、113、114、115、116
DMFDMAb 12.75 143、144、145、146、147、148
DMFDMAb 12.75 230 231 232、233、234, 235
フェニルアラニン ECF 9.53 192, 193, 194, 195、196、197、198、199, 200, 201
DMFDMAb 13.67 143、144、145、146、147、148、149、150、151、152
リジン ECF 11.95 156, 157, 158, 159, 160, 161, 162
ヒスチジン ECF 12.54 327 328 329, 330, 331, 332, 333
アルギニン システムc 18.8 174, 175、176 177、178 179

表 4。解析パラメーターの選択的イオン監視 (SIM) モードを用いた揮発性化合物の定量と同位体濃縮の決定するために使用します。この表は、それぞれの揮発性化合物の保持時間と MS (電子衝突モード) で得られたイオンのクラスターをまとめます。

表 5。残留アミノ酸の定量化から得られたデータの処理データセットに初期および残留アミノ酸の測定からのデータが含まれています。これらの値は、消費されるアミノ酸の量を計算する (減算) によって使用されます。後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

表 6。蛋白質構成アミノ酸の定量化から得られたデータの処理。このデータセットには、バイオマスの水解物 (A) と (B) バイオマス中のタンパク質の一部のアミノ酸の組成にデータが含まれています。これらの値は、各アミノ酸タンパク質 (C) の質量の割合を評価するために使用されます。後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

表 7。蛋白質構成アミノ酸。(MM) で表 5表 6にまとめたデータからアミノ酸濃度の計算にこのスプレッドシートを使用します。後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

表 8。高級アルコールの定量化から得られたデータの処理。データセットの揮発性化合物濃度 (A) の測定からのデータが含まれています、mg/L (B) μ M の単位で表されるデータに変換します。後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

表 9。同位体濃縮アミノ酸を使用しての決定から得られる生データの処理 15N 標識基板
後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

表 10。蛋白質構成アミノ酸の揮発性化合物を用いた同位体濃縮の測定から得られたデータの処理 13C 標識基板
後続の計算では、平均と標準偏差が計算されます。この表をダウンロードするにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

微生物代謝の操作を理解するための有望なアプローチは、同位体トレーサー実験による代謝ネットワークを通じて化合物の分配を定量化します。この手法は、1 つまたは 2 つのラベルの付いた基板で正常に適用されている間現在実装できません複数標識元素同位体 (すなわち、2 つ以上の基板) を使用してさまざまなソースの代謝を研究します。確かに、利用可能な分析技術は、共同 2 つの要素をラベル付けするとき単一の要素の同位体を使用する場合にのみ蛋白質構成アミノ酸と分子のラベリング パターンの正確な決定を有効にします。その結果、これらの制限に対処して微生物による複数の栄養源の管理を評価するには、我々 は13C と15 選択した基板をラベリングしながら同じ環境条件の下で文化のセットを繰り返す選んだN 同位体。さらには、各13C や15N トレーサー実験によって提供される特定の情報の組み合わせは複数の情報源の代謝の定量的拡張表示するご利用いただけます。

報告アプローチの成果は、再現可能な一連の標準的な条件下で培養の実装とは、すべてのカルチャ (セル同じ定義された生理学的な状態のセルの人口からのサンプルのコレクションを依存しています。基板等の消費成長)。独立した実験から得られたデータを混在して一緒に分析できるように、これらの条件を満たす必要があります。これらの制約は、正確かつ頻繁に実施された微生物の活動の監視を必要と満足のいく、実験的な作品でここで報告、酵母発酵活動のオンライン監視用ロボット支援システムの使用します。ただし、サンプリング手順を正常化する微生物栽培と光の密度を測定することによって細胞増殖の定量などの監視により従来の方法を使用できます。

この方法を実施するため別の前提条件は、調査するネットワークに関与している代謝経路の明確なビジョンを持っていることです。この知識が最も研究されている問題に対処するための適切なラベル付けされた基板のセットを選択するために不可欠です。標識化合物と同様、自然とラベル付け (13C、 15N、または他のユーザー) の位置分子内でを選択して適切に順序) に由来する化合物の基板によって提供されるすべてのラベルの回復異化作用、さらには分析のプロシージャそして ii) 方法論の精度と調査結果の妥当性を示す冗長データを取得します。ここで説明する手順には、時間がかかり、人的資源と資金で高価なことができる解析の重要な数も含まれています。さらに、いくつかの分析の制約は、この方法論の使用を制限できます。最初に、ユーザーは必ず微生物の新陳代謝の間に生成される化合物の定量化に必要な同位体の濃縮定量がありますすべての分析法。第二に、この方法は、基板を正確に定量化する十分な量で作り出される化合物すべての変換のための代謝の評価にのみ適用されます。

本稿では、ワインの発酵中に酵母による複数の窒素源の管理を探索するこのワークフローを適用されます。このレポートは、最も消費されるアミノ酸、蛋白質、およびさらに用いられる前駆物質を供給する CCM の主要な貢献に低い直接設立と組み合わせての実質的な異化作用を含む酵母代謝に対する新たな洞察を提供してください。蛋白質構成アミノ酸のデノボ合成と揮発性分子の形成の両方。

広く、すべての微生物の代謝ネットワークを介して複数基板の分割を定量化するためここに記載されている方法を使用できます。セルを入力する後、すべて消費された化合物の運命を明らかにし、前駆物質と製品の代謝の起源の識別に対処するための研究者が許可されます。この情報は、遺伝的背景が異なる系統の代謝活性を比較するのに役立ちます。 または異なる条件下で、その結果、発酵プロセスを改善するために合理的な戦略を設計するために成長できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

ジャン ・ ロッシュ ムレ、シルヴィ Dequin と発酵のロボット支援システムの構想に貢献するジャン = マリー ・ Sabalyrolles とマルティーヌ Pradal、ニコラ ・ ブーヴィエとパスカル Brial テクニカル サポートのために感謝しますこのプロジェクトは、凝った et ミニステール ・ デ ・教育、国立図書館、デ ラによって提供された資金デ ラ テク。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
D-Glucose PanReac 141341.0416
D-Fructose PanReac 142728.0416
DL-Malic acid Sigma Aldrich M0875
Citric acid monohydrate Sigma Aldrich C7129
Potassium phosphate monobasic Sigma Aldrich P5379
Potassium sulfate Sigma Aldrich P0772
Magnesium sulfate heptahydrate Sigma Aldrich 230391
Calcium chloride dihydrate Sigma Aldrich C7902
Sodium chloride Sigma Aldrich S9625
Ammonium chloride Sigma Aldrich A4514
Sodium hydroxide Sigma Aldrich 71690
Manganese sulfate monohydrate Sigma Aldrich M7634
Zinc sulfate heptahydrate Sigma Aldrich Z4750
Copper (II) sulfate pentahydrate Sigma Aldrich C7631
Potassium iodine Sigma Aldrich P4286
Cobalt (II) chloride hexahydrate Sigma Aldrich C3169
Boric acid Sigma Aldrich B7660
Ammonium heptamolybdate Sigma Aldrich A7302
Myo-inositol Sigma Aldrich I5125
D-Pantothenic acid hemicalcium salt Sigma Aldrich 21210
Thiamine, hydrochloride Sigma Aldrich T4625
Nicotinic acid Sigma Aldrich N4126
Pyridoxine Sigma Aldrich P5669
Biotine Sigma Aldrich B4501
Ergostérol Sigma Aldrich E6510
Tween 80 Sigma Aldrich P1754
Ethanol absolute VWR Chemicals 101074F
Iron (III) chloride hexahydrate Sigma Aldrich 236489
L-Aspartic acid Sigma Aldrich A9256
L-Glutamic acid Sigma Aldrich G1251
L-Alanine Sigma Aldrich A7627
L-Arginine Sigma Aldrich A5006
L-Cysteine Sigma Aldrich C7352
L-Glutamine Sigma Aldrich G3126
Glycine Sigma Aldrich G7126
L-Histidine Sigma Aldrich H8000
L-Isoleucine Sigma Aldrich I2752
L-Leucine Sigma Aldrich L8000
L-Lysine Sigma Aldrich L5501
L-Methionine Sigma Aldrich M9625
L-Phenylalanine Sigma Aldrich P2126
L-Proline Sigma Aldrich P0380
L-Serine Sigma Aldrich S4500
L-Threonine Sigma Aldrich T8625
L-Tryptophane Sigma Aldrich T0254
L-Tyrosine Sigma Aldrich T3754
L-Valine Sigma Aldrich V0500
13C5-L-Valine Eurisotop CLM-2249-H-0.25
13C6-L-Leucine Eurisotop CLM-2262-H-0.25
15N-Ammonium chloride Eurisotop NLM-467-1
ALPHA-15N-L-Glutamine Eurisotop NLM-1016-1
U-15N4-L-Arginine Eurisotop NLM-396-PK
Ethyl acetate Sigma Aldrich 270989
Ethyl propanoate Sigma Aldrich 112305
Ethyl 2-methylpropanoate Sigma Aldrich 246085
Ethyl butanoate Sigma Aldrich E15701
Ethyl 2-methylbutanoate Sigma Aldrich 306886
Ethyl 3-methylbutanoate Sigma Aldrich 8.08541.0250
Ethyl hexanoate Sigma Aldrich 148962
Ethyl octanoate Sigma Aldrich W244910
Ethyl decanoate Sigma Aldrich W243205
Ethyl dodecanoate Sigma Aldrich W244112
Ethyl lactate Sigma Aldrich W244015
Diethyl succinate Sigma Aldrich W237701
2-methylpropyl acetate Sigma Aldrich W217514
2-methylbutyl acetate Sigma Aldrich W364401
3-methyl butyl acetate Sigma Aldrich 287725
2-phenylethyl acetate Sigma Aldrich 290580
2-methylpropanol Sigma Aldrich 294829
2-methylbutanol Sigma Aldrich 133051
3-methylbutanol Sigma Aldrich 309435
Hexanol Sigma Aldrich 128570
2-phenylethanol Sigma Aldrich 77861
Propanoic acid Sigma Aldrich 94425
Butanoic acid Sigma Aldrich 19215
2-methylpropanoic acid Sigma Aldrich 58360
2-methylbutanoic acid Sigma Aldrich 193070
3-methylbutanoic acid Sigma Aldrich W310212
Hexanoic acid Sigma Aldrich 153745
Octanoic acid Sigma Aldrich W279900
Decanoic acid Sigma Aldrich W236403
Dodecanoic acid Sigma Aldrich L556
Fermentor 1L Legallais AT1357 Fermenter handmade for fermentation
Disposable vacuum filtration system Dominique Deutscher 029311
Fermenters (250 ml) Legallais AT1352 Fermenter handmade for fermentation
Sterile tubes Sarstedt 62.554.502
Fermentation locks Legallais AT1356 Fermetation locks handmade for fermentation
BactoYeast Extract Becton, Dickinson and Company 212750
BactoPeptone Becton, Dickinson and Company 211677
Incubator shaker Infors HT
Particle Counter Beckman Coulter 6605697 Multisizer 3 Coulter Counter
Centrifuge Jouan GR412
Plate Butler Robotic system Lab Services BV PF0X-MA Automatic instrument
Plate Butler Software Lab Services BV Robot monitor software
RobView In-house developed calculation software
My SQL International source database
Cimarec i Telesystem Multipoint Stirrers Thermo Fisher Scientific 50088009 String Drive 60
BenchBlotter platform rocker Dutscher 60903
Ammonia enzymatic kit R-Biopharm AG 5390
Spectrophotometer cuvettes VWR 634-0678
Spectrophotometer UviLine 9400 Secomam
Amino acids standards physiological - acidics and neutrals Sigma Aldrich A6407
Amino acids standards physiological - basics Sigma Aldrich A6282
Citrate lithium buffers - Ultra ninhydrin reagent Biochrom BC80-6000-06
Sulfosalycilic acid Sigma Aldrich S2130
Norleucine Sigma Aldrich N1398
Biochrom 30 AAA Biochrom
EZChrom Elite Biochrom Instrument control and Data analysis software
Ultropac 8 resin Lithium Biochrom BC80-6002-47 Lithium High Resolution Physiological Column
Filter Millex GV Merck Millipore SLGVX13NL Millex GV 13mm (pore size 0.22 µm)
Membrane filter PALL VWR 514-4157 Supor-450 47mm 0.45µm
Vacuum pump Millivac Mini Millipore XF5423050
Aluminium smooth weigh dish 70mm VWR 611-1380
Precision balance Mettler Specifications AE163
Dimethyl sulfoxid dried Merck 1029310161 (max. 0.025% H2O) SeccoSolv
Combustion oven Legallais
Pierce BCA protein assay kit Interchim UP40840A
Formic acid Fluka 94318
Hydrogen peroxide Sigma Aldrich H1009
Hydrochloric Acid Fuming 37% Emsure Merck 1003171000 Grade ACS,ISO,Reag. Ph Eur
Lithium acetate buffer Biochrom 80-2038-10
Commercial solution of hydrolyzed amino acids Sigma Aldrich AAS18
L-Methionine sulfone Sigma Aldrich M0876
L-Cysteic acid monohydrate Sigma Aldrich 30170
Pyrex glass culture tubes Sigma Aldrich Z653586
Pyridine Acros Organics 131780500 99% Extrapure
Ethyl chloroformate Sigma Aldrich 23131
Dichloromethane Sigma Aldrich 32222
Vials Sigma Aldrich 854165
Microinserts for 1.5ml vials Sigma Aldrich SU860066
GC/MS Agilent Technologies 5890 GC/5973 MS
Chemstation Agilent Technologies Instrument control and data analysis software
Methanol Sigma Aldrich 34860 Chromasolv, for HPLC
Acetonitrile Sigma Aldrich 34998 ChromasolvPlus, for HPLC
N,N-Dimethylformamide dimethyl acetal Sigma Aldrich 394963
BSTFA Sigma Aldrich 33024
DB-17MS column Agilent Technologies 122-4731 30m*0.25mm*0.15µm
Sodium sulfate, anhydrous Sigma Aldrich 238597
Technical nitrogen Air products 14629
Zebron ZB-WAX column Phenomenex 7HG-G007-11 30m*0.25mm*0.25µm
Helium BIP Air products 26699
Glass Pasteur pipettes VWR 612-1702

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Osterlund, T., Nookaew, I., Nielsen, J. Fifteen years of large scale metabolic modeling of yeast: developments and impacts. Biotechnol Adv. 30, 979-988 (2012).
  2. Gombert, A. K., Moreirados Santos, M., Christensen, B., Nielsen, J. Network identification and flux quantification in the central metabolism of Saccharomyces cerevisiae under different conditions of glucose repression. J Bacteriol. 183, 1441-1451 (2001).
  3. Wiechert, W. 13C metabolic flux analysis. Metab Eng. 3, 195-206 (2001).
  4. Fischer, E., Zamboni, N., Sauer, U. High-throughput metabolic flux analysis based on gas chromatography-mass spectrometry derived 13C constraints. Anal Biochem. 325, 308-316 (2004).
  5. Rantanen, A., Rousu, J., Jouhten, P., Zamboni, N., Maaheimo, H., Ukkonen, E. An analytic and systematic framework for estimating metabolic flux ratios from 13C tracer experiments. BMC Bioinformatics. 9, 266 (2008).
  6. Zamboni, N. 13C metabolic flux analysis in complex systems. Curr Opin Biotechnol. 22, 103-108 (2011).
  7. Kruger, N. J., Ratcliffe, R. G. Insights into plant metabolic networks from steady-state metabolic flux analysis. Biochimie. 91, 697-702 (2009).
  8. Quek, L. -E., Dietmair, S., Krömer, J. O., Nielsen, L. K. Metabolic flux analysis in mammalian cell culture. Metab Eng. 12, 161-171 (2010).
  9. Perpete, P., Santos, G., Bodart, E., Collin, S. Uptake of amino acids during beer production: The concept of a critical time value. J Am Soc Brew Chem. 63, 23-27 (2005).
  10. Magasanik, B., Kaiser, C. A. Nitrogen regulation in Saccharomyces cerevisiae. Gene. 290, 1-18 (2002).
  11. Ljungdahl, P. O., Daignan-Fornier, B. Regulation of amino acid, nucleotide, and phosphate metabolism in Saccharomyces cerevisiae. Genetics. 190, 885-929 (2012).
  12. Cooper, T. G. Nitrogen metabolism in Saccharomyces cerevisiae. The molecular biology of the yeast Saccharomyces: Metabolism and gene expression. Strathern, J. N., Jones, E. W., Broach, J. R. Cold Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor. New York, USA. 39-99 (1982).
  13. Jones, E. W., Fink, G. R. Regulation of amino acid and nucleotide biosynthesis in yeast. The molecular biology of the yeast Saccharomyces: Metabolism and gene expression. Strathern, J. N., Jones, E. W., Broach, J. R. Cold Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor. New York, USA. 182-299 (1982).
  14. Hazelwood, L. A., Daran, J. -M., van Maris, A. J. A., Pronk, J. T., Dickinson, J. R. The Ehrlich pathway for fusel alcohol production: a century of research on Saccharomyces cerevisiae metabolism. Appl Environ Microbiol. 74, 2259-2266 (2008).
  15. Bely, M., Sablayrolles, J. M., Barre, P. Automatic detection of assimilable nitrogen deficiencies during alcoholic fermentation in oenological conditions. J Ferment Bioeng. 70, 246-252 (1990).
  16. Forster, J., Famili, I., Fu, P., Palsson, B. O., Nielsen, J. Genome-scale reconstruction of the Saccharomyces cerevisiae metabolic network. Genome Res. 13, 244-253 (2003).
  17. Millard, P., Letisse, F., Sokol, S., Portais, J. C. IsoCor: correcting MS data in isotope labeling experiments. Bioinformatics. 28, 1294-1296 (2012).
複数の栄養源の微生物代謝を調査するため同位体トレーサー実験の組み合わせに基づいてワークフロー
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Bloem, A., Rollero, S., Seguinot, P., Crépin, L., Perez, M., Picou, C., Camarasa, C. Workflow Based on the Combination of Isotopic Tracer Experiments to Investigate Microbial Metabolism of Multiple Nutrient Sources. J. Vis. Exp. (131), e56393, doi:10.3791/56393 (2018).More

Bloem, A., Rollero, S., Seguinot, P., Crépin, L., Perez, M., Picou, C., Camarasa, C. Workflow Based on the Combination of Isotopic Tracer Experiments to Investigate Microbial Metabolism of Multiple Nutrient Sources. J. Vis. Exp. (131), e56393, doi:10.3791/56393 (2018).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter