Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Behavior

ポリオ生存者と全身振動法

doi: 10.3791/58449 Published: October 17, 2018

Summary

この記事の目的は、強み、制限、および荷重運動の実現、安全な形態としてポリオとポストポリオ症候群の全身振動を併用する方法のアプリケーションを強調することです。

Abstract

元の研究の目的は、ポリオ体験者荷重運動の一形態としてポストポリオ症候群と振動体全体 (全身) の利用を検討します。この記事の目的は、強み、制限、および使用される方法のアプリケーションを強調することです。15 参加者は、2 つの介入ブロック ブロックの間にウォッシュ アウト期間を完了しました。各ブロックは、2 回、1 週間 (4 週間) 全身介入、10 から 20 分セッションごとに進んでから成っていた。低強度 (ピーク ツー ピーク変位 4.53 mm、周波数 2.21 を強制的に 24 Hz の, g) と高い強度 (ピーク ツー ピーク変位 8.82 mm、周波数 35 Hz 2.76 を強制的に g) 全身ブロックが使用されました。痛みの重症度の両方のグループの次のより高い強度の振動で大幅に改善します。最初高い強度の介入に参加したグループで歩行速度を大幅改善。研究関連の有害事象は発生していません。重要な筋肉の脱力感、痛み、疲労、または睡眠活用振動強度レベルは引き起こさなかったこの人口は、乱用関連筋肉の脱力や疲労、過度の身体活動や運動による痛みの発症リスクにすることができます、にもかかわらず妨害。したがって、全身の体重負荷のこの人口のための練習の安全な方法を提供するために表示されます。制限には、反射神経、筋活動は、または循環、参加者募集の難しさの測定と推奨の位置に立っていくつかの参加者の強度不足の欠如が含まれています。長所には、症状と物理的な能力の関係者の不均質構造の意図的な監視を標準で安全なプロトコルが含まれています。メソッドのアプリケーションは荷重長期的介入のための運動とモビリティ老化成人の特に骨粗しょう症などの条件のための利点のための施設に行くと関連付けられた障壁を削減する全身の家庭用麻痺または衰弱が原因の難しさ。提案手法は、出発点の今後の研究として役立つかもしれない。

Introduction

振動体全体 (全身) を報告して、人は通常大人や病状慣習的運動と同様のメリットを与えます。振動プラットフォームは、人が上に立っている間に全身に電動、振動運動を提供します。改善痛み1,2, 強度3,4, バランス5,67、骨密度4,6,8 9、および柔軟性5が報告されています。デル ポゾ クルス'。神経疾患を持つ人々 の10系統的レビューにおける全身振動の研究 2 〜 14 mm、発作、間残りの 1-3 分の 1 に 11 試合 0 から振幅 50 Hz の振動周波数が 0.5 〜 15 分のシーケンスあたりの振動時間を合計、および 1 から 240 へのセッションの数。機能バランス テストと大腿四頭筋等尺性筋力運動項目で、統合パーキンソン病評価スケール (UPDRS) パーキンソン病を持つ人々 の姿勢制御、多発性硬化症を持つ人々 の全身急性影響が見られました。、大腿四頭筋等尺性と偏心強度の人転院と。フォロー アップ期間を通じて続いた唯一の重要な変更は、パーキンソン病を持つ人々 の UPDRS のだった。レビューは、レビューと研究10間のデータの悪い一貫性のためにいくつかの質の高い方法論的研究が報告しました。慢性的な不完全な脊髄の傷害を持つ大人のパイロット研究は示した様々 な歩行パラメーター11大幅高速ウォーキングの速度と改善を使用。しかし、ポリオ生存者と小規模な研究は、歩行スピードと強さ12で有意な改善を表示に失敗した予備的なデータ解析のため中止されました。

閉経後の女性4,6 の骨密度と全身の効果の報告研究10神経集団で全身介入研究で使用される大きさと周波数の大きい変化のため ,8,9、古い大人6,13,14、および線維筋痛の15人はポリオの生存者の現在の調査の人口のほとんどのため検討しました。似たような年齢の伝統的な重量軸受け練習に参加して、痛みや疲労の問題に問題発生します。これらの研究のレビュー、1 8 mm 振幅の 10 に 40 Hz (ほとんどの 30 を 35 Hz 範囲) 振動周波数と可変 g 力が使用される4,6,8,9,10,13,14,15. 2010 年、ラウフ16掲載原稿の標準化の必要性と全身研究を報告するための推奨事項を記述します。

ポリオ、ポストポリオ症候群 (PPS) の有無の可能性があります残留の弱点やその他により骨密度を維持するために位置の荷重または他のウェルネス目的を行使するための方法の決意で挑戦します。PPS の症状運動は、潜在的に過度に既に使い古された筋肉の疲労、痛み、疲労、および増加の弱点17,18の症状を悪化させるのに報告されています。小さなサンプル サイズでいくつかの研究は、安全かつ有益なこの人口19,20,21,22,23,24をする運動を示しています。

以前に行われた研究の目標は、ポリオ生存者、PPS と全身の荷重運動の可能な安全な形態としての使用を検討しました。安を持つ人々 の全身の使用でアドレスに入った 1 つだけ先行公開された研究ポストポリオの人口は慢性的な筋肉の弱さまたは麻痺荷重運動; に参加する彼らの能力に影響を与える共同の関与の問題したがって、探索的限定性の検討は必要な25に決定されました。この記事の拡張で、以前に発行された研究26で使用されるメソッドを示します。この資料の目的は、強みや限界、その研究で使用されるメソッドのアプリケーションを強調することです。

Protocol

この資料に記載されているプロトコルに従います以前に発行されたで使用されるプロトコル、内部レビュー ボードのテキサスの女性の大学、ヒューストンのベイラー医科大学の人間研究の倫理基準による研究テキサス、米国26

1. 参加者のスクリーニングと研究準備

  1. 電話、包含と除外基準のすべての参加者の画面し、それらを承認されたインフォームド・コンセント プロセス中に再び人中これらの基準について尋ねます。
    1. 彼らのポリオの歴史と安と診断されたかどうかについて、参加者に依頼します。
    2. 参加者、下肢 (LEs) を介して重量を負担することについて懸念があるかどうかは質問時間の短ブロックの少なくとも 20 分。
  2. 一般的に文献で報告し、今後の研究の妥当性の以前に発行された研究26で使用の除外基準を確認します。
    注: 一般的な除外基準は体重 227 kg 以上 (最大振動プラットフォーム)、現在の医療条件は、がん、感染症、傷、破壊、血栓症/塞栓症、てんかん、重度の片頭痛、前庭の条件など椎間板、脊椎、または注入デバイス、金属アクセサリーや関節。
    1. 選択した、または使用可能な振動プラットフォームの重量制限をチェックし、その体重の最大に近い表示される場合人の参加者の重量を量る。
      注: 典型的なバスルーム スケール測定重みは十分に高くないです。多くの振動プラットフォーム 227 kg または 500 ポンドの重量の制限があります。
  3. ターゲット人口に固有と臨床基準や研究室の設定を決定します。医師は、研究チームでは、誰か新しい運動プログラムを開始すると同様の理由から、自分の個人医師から医療承認を求める参加者を必要とすることを検討してください。
    注: 以前に報告された研究26, 参加者が英語を話すのポリオ、PPS、40-85 歳の有無のと 20 分注のレからクマを最大重量こと包含基準に歩行能力はなかったです。.
  4. 個人が研究に参加する同意しない理由と、撤退する場合は、理由を文書化します。かどうか、引き出しは機関又は施設の内部審査委員会に報告する必要がありますを決定します。
  5. 実験的なデザインが (用語) では、参加者に説明する、研究セッション、セッションの数、どのように多くの週または月あたりの時間のコミットメントの面で期待するものが続きます。
  6. 彼らが立って参加者またはセッションごとにいくつかの短い発作と振動の感じる振動プラットフォームで荷重を説明します。
    1. 参加者振動プラットフォームを表示します。参加者に見えるインフォームド コンセント プロセスおよびベースライン テスト中に躊躇して、そのしくみを参加者に表示するプラットフォームを有効にするを提供します。彼または彼女が簡潔に次のセッションで介入を開始する前にそれをしようとする場合お問い合わせ。

2. 実験的なデザイン

  1. 可能であれば、グループにランダムな割り当てを使用します。ランダム化比較試験を選択した場合は、失望や関心の欠如のための消耗を防ぐために制御グループのスタート遅延介入を提供することを検討してください。
    注: 以前に行われた研究を使用ランダムな順序のクロス オーバー実験デザイン 2 週間ウォッシュ アウト期間の 2 週間のフォロー アップ期間;すべての参加者が同じ用量または振動の介入の量を受信した無作為化治療のブロック オーダーとしたがって、(低強度最初/高強度 2 番目または高強度最初/低強度 2 番目)。コントロール グループは、予想される小規模なサンプル サイズ26のために使用されなかった。
  2. 参加者はけいれんや活動レベルなどの症状に書き込まれたログの任意の型を使用する場合は、紙または電子版、自分の好みに基づいてそれらにログを提供します。毎週のドキュメントを維持するため、リコール バイアスの問題を避けるために、ログを要求します。
  3. フォロー アップ期間での変更有効にかどうか参照してください研究のデザインで繰り返しテストを構築します。
  4. メールや質問や調査期間中に発生する可能性があります懸念の電話によって利用できます。

3. 全身介入

  1. オフ過度の疲労や筋肉の痛みを避けるために、週 2 ~ 3 回のセッションの間に、少なくとも 1 日にセッションをスケジュールします。
    1. 現在の文献に基づいて介入とアウトカム指標の選択の週の数を選択します。
      注: 以前の研究は、フィージビリティ ・ スタディは、2 つの 4 週間の介入ブロック無作為化治療順序が、全身運動26体重を達成するために安全かつ許容メソッドになるかどうかを決定するため使用されました。一方、他の利益はすぐに、数日または数週間で発生することが、骨密度の上昇はヶ月を必要があります。
  2. レ可能27,28としては 2 つの間に均等に分散、重量と膝を少し曲げて全身プラットフォームの上に立つよう、参加者に指示します。振動中にプラットフォームから上下にステップするときのバランスのため、必要に応じての腕で自分自身をサポートする参加者を許可します。
  3. 人が立つ、すべてまたは随分長く立つ、座る椅子や車椅子、プラットフォーム上の足の太もも、できるだけ下半身をできるだけ体重を達成するために前かがみで休む前腕彼または彼女を許可できない場合、まだプラットフォームに足を維持します。
    1. 電動車椅子席エレベーターには、可能な限り高いシートが発生します。
    2. 人は、標準的な椅子に座っているが場合、彼または彼女に尋ねるいくつかの折られた毛布や枕の上に座る腰を高い位置に上げて。
      注: 近くのレは、立っている位置より多くの荷重は本体に振動刺激を強化するレを介して行われます。
  4. 自分の靴とル装具 (ブレース) を削除し、振動中に (清潔) の靴下を着用してもらいます。ゴムと提供靴下が歩いたそれら人ソックスを着用しない場合は立つか、または実験室のタイル張りの床を踏んでの心配か。
    1. 自分の足でソックスだけを履いてピーク有効性の脳、脊髄、筋肉への神経刺激を高めるため、参加者に説明します。
    2. 参加者に説明する振動は、摩擦を引き起こす可能性がありますので削除する装具がいる装具と皮膚の間皮膚の損傷のための危険にそれらを置きます。ハードウェアが中かっこの金属部品のゆるみにあります参加者に通知します。
  5. 各ユーザーが彼または彼女の最適な配置に移動をお勧めします。
    注: 1 つまたは両方の両側にル弱点で重要な人々 のため彼らできないことがありますクマを対称的に重量または膝を曲げて、その装具なし特にスタンドします。
  6. 脚の長さの不一致または plantarflexor 拘縮、足の足底の表面の多くを可能な限り荷重を許可するように、必要な場合に合わせてかかとの下でくさびまたはカフ重量を使用します。
  7. 振動発作間の休憩時間を座って 1 分で 10 1 分振動発作始まります。10 の 2 分振動発作に高め、必要なまたは参加者によって要求された場合を除き、残りの期間を変更しないでください。典型的な介入の進行表 1 を参照してください。
    1. 人のバイタル サインを取る。
    2. 子供は低強度のプロトコルの使用しているプラットフォームにステップ アップとして、ポリオがあったこの人を観察します。
    3. ひざを少し曲げて立つ人を指示する重量は均等に可能な 2 つのフィートの間 。
    4. 彼/彼女が彼/彼女はそれを可能な限り軽く保持するが、バランスをとる、必要がある場合、ハンドルに保持できるという人を教えてください。
    5. 彼/彼女の体に放射を彼/彼女は彼/彼女の足の裏に振動を感じるだろうと人に通知します。
    6. 彼/彼女を起動し、彼/彼女は、はいと言うときは、マシンをオンにする準備ができてかどうかに問い合わせてください。
    7. プラットフォームに事前調整の時間の選択があるない場合、最初のセッションの 1 分の設定タイマーを使用します。
    8. 振動の 1 分の終了後、残りの部分に 1 分間座ってしてもらいます後彼/彼女があります任意の質問に答えるために提供している、タイマーを設定します。
    9. 1 分休憩後彼/彼女がステップ アップし、振動を再開する準備ができているかどうか、人に聞いてください。もしそうなら、振動の 10 繰り返しの合計は続けます。
    10. 人を続行する準備ができていない場合、理由を尋ねるし、必要に応じてより多くの残りを提供します。確立されたプロトコルが異なる場合、どのくらいの残り時間が必要を文書化します。
    11. 高強度プロトコルでこの手順を繰り返しますが、人に通知し、強度が高い、彼/彼女は彼または彼女の体に広がってより高く感じることがあります。
      1. 逆に、最初より高い強度の介入で始まる 2 強度プロトコルと人を使用して場合、警告する彼/彼女第 2 低強度がかなり穏やかなこと彼/彼女に使用されるものに比べて。
        注: 徐々 に少し上昇実際に高い強度振動の使用しているプラットフォームは、プリセット時に引き下げ。振動が激化するように開始位置に戻る時間の最後に到達、だから過度に心配を避けるために、この現象が事前に発生することを参加者に通知します。
  8. 全身強さと機器
    1. 高い強度 (ピークに鉛直変位 8.82 ミリメートル、35 Hz とグラム力 2.76) 振動の媒体を使用すると、重大な影響を許可できます。対象となる人口と選択した結果の措置によってもっとまたはより少なく積極的な設定を選択します。
      注: 以前に発行された研究26骨ミネラル密度研究、考えて進んでいる可能な未来の調査報告をシミュレートしよう設定を使用しました。材料の表に記載されている 2 番目のプラットフォームは、この強度に使われました。テキサスの女性の大学の研究室には商業用等級のプラットフォームです。使用する設定「低振幅」、35 Hz 時間を希望。
    2. 以下の重要な変更が発生していない、この強度を使用しない低強度 (ピーク対ピーク鉛直変位 4.53 ミリメートル、24 Hz の g フォース 2.21) 振動するのでターゲットを絞った調査の人口は非常に虚弱な恐ろしい、しない限り、またはその両方。その後、参加者がこの強度を許容できるなら、徐々 に増やして一人一人の。
      注:表の資料に記載されている最初のプラットフォームは、この強度に使われました。ポストポリオの健康インターナショナルを通して元の研究のため購入しました。家庭や個人的な使用のために設計されたユニットです。ハンドルを持たず、グラブ レールの安全を確保する研究室の壁に設置。このプラットフォームは、回転ダイヤルを持っていた、最低の設定が選択されました。別々 のタイマーは、オンとオフの時間に使われました。
    3. 理想的には、振幅と周波数をすることができます振動プラットフォームを選択研究対象集団の固有のニーズに個別に個別に設定します。26の研究以前の報告に使用される振動プラットフォームの材料表を参照してください。
      注: 報告された研究のために使用される両方のユニットは振動に同期の鉛直変位を持っていた。いくつかのユニットがある非同期の垂直変位、回転中心;これらより広い人の支援の基本は [センターから遠い足] より強い振動16
    4. 独立した加速度計を使用して、ピーク ツー ピーク変位、頻度、および g 力を決定します。
      注: メーカーでは、すべての必要な情報と方法と使用機器16の正確なレポートが必要になった。上で報告した G 力は、材料の表に記載されている加速度計によって測定しました。
    5. 振動プラットフォームの振幅を報告するときは、文献の不整合のため用語に注意します。
      注: 用語振幅はピーク変位平衡点に使用します。用語ピーク ツー ピーク変位のピーク-ピーク振幅と同義です、この値が 2 回のこと伝統的な振幅、ピーク ツー ピーク変位の使用は16の混乱を避けるために好まれる。

4. テスト参加者

  1. 神経疾患を持つ人々 の作業する場合は特に心拍数と、すべてのテストと介入のセッションの前に血圧を取る。高血圧は「サイレント キラー」と見なされますと、多くの人々 がこの問題を持っていないを意識するやそれのため処方薬取るに失敗することに注意してください。
    1. 参加者過度の運動や振動への異常な応答を示す可能性のある現象が発生する場合、参加者のバイタル サインを以後、安全性の確保、少なくとも最初の数セッションとセッションの間に取る。
  2. 各介入セッション後標準化されたスケールと主観的運動強度を報告する参加者に依頼します。
    注: ボルグの自覚的運動強度 [RPE] は広く使用されて、音の心理特性29
  3. テスト バイアスを減らすためには、ライセンス理学療法士の介入に目がくらんで対策事前に選択された結果を管理し、各操作ブロックの記事があるとフォロー アップの期間の終わりに。
    注: 二重盲目介入を行うと、参加者は振動を感じることができるだろうのでしにくい振動との研究です。
  4. 国際生活機能分類、障害者と対象となる人口30の健康 (ICF) の 1 つ以上のドメイン (身体機能と構造、活動、参加) に対処する信頼性が高く、有効なアウトカム指標を選択します。
    1. 利用可能な場合は、人口のため音の心理学的プロパティを持つメジャーを使用できます。少なく共通の集団にいくつかの方法で類似の集団により一般的なメジャーまたはテストされているものを使用します。どれもが専用に開発しなかったが、ポリオの生存者に次の結果の措置の使用を検討してください。
    2. 10 m で高速歩行の身体能力測定テスト (10mWT)31と 2 分歩くテスト32によって持久力を歩行します。
    3. 簡単な痛み在庫 (BPI)33,34,35ピッツバーグ睡眠の質指数によって睡眠の質および疲労重症度スケール36 による疲労によって痛みの重症度と干渉を決定するための調査を管理します。、37
    4. 徒手筋力テストとハンドヘルドに対する38,,3940ル強度を測定します。
    5. ドキュメント筋けいれん発生率に参加者のログ フォームやカレンダーを提供します。
      注: 感覚的アウトカム指標選択されませんでした以前に報告された研究ではポリオの障害は他の病気や合併症の存在下でのみ発生するという事実のために。元ポリオの感染には、感覚機能17,18を維持しながら運動機能に影響を与える (下位運動ニューロン) 脊髄の前角細胞が影響を受けます。

Representative Results

安を持つ研究を完了するそれらの 14 と研究を完了 21 生存ポリオの同意者の 15 歳Nonstudy に関連した理由 (5 つの仕事および/または時間の問題、1 つの医療懸念) 撤回した 6 人でした。参加者26の人口学的特性は、表 2を参照してください。

人口統計学的特性と記述統計とマンホイットニー Uテストを使用して 2 つの治療群間中古介入アウトカム指標の間に有意差が見つかりませんでした。マンホイットニー Uテスト対策プレテスト、ポストテストでと対象の違いの間のフォロー アップの高と低強度条件の間行っています。ウィルコクソンの符号順位テストによって実施された予備テストと posttests 間の変更対象内とフリードマンの分散分析テストはフォロー アップを通じて事前から時間をかけて変動の研究に使用された総勢 5 名によるテストを削減するセッション、コミット型のリスク私複数ウィルコクソンの符号順位のテストでエラーが発生します。小さなサンプル サイズと正常26,41の欠如によるノンパラ メトリック検定を行った。BPI によって測定される痛みの重症度が大幅に改善より高い強度の後治療順序に関係なく全身介入 (Z -1.97、 p = = 0.049、cohen's d = 0.60)、重要なへ傾いて BPI 痛み干渉改善 (Z =-1.92、 p = 0.055 天文単位、cohen's d = 0.81)。歩行速度大幅高強度介入後、まず、高い介入ブロックに参加したグループのみに改善したにもかかわらず、両方のグループが介入ブロックの振動の両方の強度を経験 (Z =-2.38、 p = 0.017、cohen's d =-1.294)。データと 10mWT、BPI の痛みの重症度および BPI 痛み干渉の結果の表 3を参照してください。他のアウトカム指標で大幅な変更が行われず、2 週間のフォロー アップ期間26中維持された次の低強度のプロトコル、および発生した変更はありません。

研究関連の有害事象は発生していません。重要な筋肉の脱力感、痛み、疲労、または睡眠活用振動強度レベルは引き起こさなかったこの人口は、乱用関連筋肉の脱力や疲労、過度の身体活動や運動による痛みの発症リスクにすることができます、にもかかわらず障害26。事前調査から代表の結果は、小規模な研究のサンプル サイズとは、筋肉の脱力、痛み、歩行パターンと現在ポリオの生存に関する他の問題の巨大な変動のため慎重に解釈される必要があります。

日 1 日 2 日 3 日 4 日 5-8
1 全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 1 に座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
2 全身に 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 2 座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
3 全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
3 の座っている残り 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
4 全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
4 の座っている残り 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
5 全身に 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 5 座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
6 全身に 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 6 座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
7 全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 7 座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
8 全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
オフ 8 座って残りの部分 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
9 全身に 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
9 の座っている残り 1 分 1 分 1 分 1 分 1 分
上 10 の全身 1 分 1.25 分 1.5 分 1.75 分 2 分
時間の合計 10 分 12.5 分 15 分 17.5 分 20 分

表 1: スケジュールされた全身プロトコルは、仮定の有害事象または問題の介入を容認します。

総サンプル 完了します。
参加者
(N = 19 *) (N = 15)
年齢 (歳・平均・ SD) 63.53 SD 8.32 63.80 SD 9.40
年齢発症ポリオ (歳・平均・ SD) 3.55 SD 4.03 3.70 SD 4.80
PPS 診断 (はい/いいえ) 18/1 14/1
性別 (男性/女性) 8/11 6/9
人種/民族
アフリカ系アメリカ人/ブラック 2 (1 の混合) 1
アジア/太平洋諸島系 1 1
ヒスパニック/ラテン系 2 2
ネイティブ アメリカン 1 (混合) 0
ホワイト 13 11
歩行状態
フルタイム 12 11
パートタイム 6 3
歩くことができません。 1 1
装具の使用
どれも 13 9
1 または二国間のスピ 3 3
1 または両側 KAFOs 2 2
該当しません。 1 1
補助装置の使用
どれも 12 8
スティック 1 または二国間杖/ウォーキング 5 5
二国間のカナダ松葉杖 1 1
該当しません。 1 1
動作状態
フルタイム 6 5
パートタイム 4 2
引退しました。 9 8
* 2 人の女性は、データ収集の前に、同意が得られた元の 21 から撤回しました。
AFO: 足関節装具
KAFO: 膝装具
テーブルが変更され、元の記事から許可を得て使用: 著作権 © 2018 年にテイラー & フランシス ・ グループ
理学療法の理論と実践、CP は、・ ダ ・ シルバ26

表 2: 参加者の人口統計学的特性。

メジャー Lo-こんにちはグループ ・ ハイロー グループ テーマ違いダイバージェンスの間 テーマ違いp (アルジェリア ・乗 eta)
n = 6 n = 9
(Mdn) を意味 & SD (Mdn) を意味 & SD
最小値最大値 最小値最大値
10mWT (m/s)
事前にこんにちは 1.32(1.07) SD 0.51 1.11(1.03) SD 0.39 0.346(0.46)
0.86 2.11 0.69 1.82
投稿こんにちは 1.24(1.09) SD 0.49 1.27(1.17) SD 0.47 0.698(0.06) 0.087(0.52)
0.76 1.96 0.82 2.08
BPI 干渉
事前にこんにちは 3.14(2.50) SD 3.14 3.62(3.57) SD 2.50 0.796(0.17)
0.29 7.57 7.57 0.00
投稿こんにちは 2.26(.00) SD 3.09 2.39(2.57) SD 2.40 0.862(0.05) 0.055(0.81)
0.00 5.86 0.00 5.14
BPI の重症度
事前にこんにちは 3.29(2.75) SD 2.57 3.44(3.50) SD 1.74 0.795(0.07)
0.75 7.25 0.00 5.50
投稿こんにちは 2.68(0.13) SD 3.63 2.61(2.50) SD 2.65 0.674(0.02) 0.049*(0.60)
7.25 0.00 0.00 5.75
* 有意差
Lo-こんにちはグループ: 第 2 強度介入の最初、高い強度を低
・ ハイロー グループ: 高強度の介入はまず、第二強度介入を低
こんにちは: 高い強度の介入
テーブルが変更され、元の記事から許可を得て使用: 著作権 © 2018 年にテイラー & フランシス ・ グループ
Physiother 理論の実践ダ ・ シルバ CP は、 et al.26

表 3: 結果の措置から代表を結果します。

Discussion

ポリオの使用の増加筋肉の脱力、痛み、疲労、および PPS の他の症状の報告を聞いて著者の臨床経験のために 2 つの異なる振動強度を調べた証拠はほとんどが安全で効果的な重量では PPS、運動パラメーターを軸受に関連する文献の存在と現在研究26全身とポリオの前に 1 つだけ研究12が掲載されました。唯一の 2 つの公開された記事まで、ポリオ体験者の全身の使用を研究している、同期の垂直振動12,26プラットフォームを使用両方。したがって、非同期縦 (回転) の使用に関連する科学文献存在しないまたはこの人口の水平振動。

この著者により困難に耐える参加者が持っている場合に、はるかに低い骨密度調査および 1 で報告の典型的な 1 つの強度を選択するおそらく全身プロトコルの中に自分の症状を悪化させる心配していた高い 1 つ。著者は各振動のセッション中に警戒された、新たな症状が表面化してか代表的なものは、次のセッションの冒頭に悪化、定期的に質問。高強度セッション後 RPE のグループことを意味された 9.4 9.8 に、または「非常に軽い」範囲が「労作時全然」から"非常にハード"に延長がその歩行持久力、筋肉の強さ、疲労、睡眠障害、筋肉の典型的な PPS の症状のみの変更は、ポリオ体験者は、両グループ間で痛みの重大度の発生したし、人にケアを提供する可能性があります重要な奨励がけいれんはない大幅に悪化させるプロトコルに参加する中。したがって、提示方法の強度には、自分の状態についての知識の一貫した保健医療プロバイダーによって症状の意図的な監視で標準的なプロトコルの使用が含まれています。低強度のプロトコルは、この強度の大幅な改善が発生していない、または少ないシャム介入の将来のランダム化された制御調査のみなされるかもしれません。

ポリオの全身の効果の知識は制限されますが、いくつかの重要なステップがあります。典型的な「タイプ A」、勤勉、熱心にしてください性格、1 つそれら特定の質問し、声の懸念や、筋肉や関節の不快感過度の筋肉疲労などの潜在的な問題に明示的なアクセス許可を与える必要がありますか介入期間中に生じる可能性のある悪化のバランス感覚。同様に、投与量 (頻度と強度)16 (強制かかっていると発作で 1 ~ 2 分) で 20 分以上のセッションごとの合計制限、全身、筋肉酷使関連のリスクを減らすことができますオフの間、少なくとも 1 日のセッションのスケジュール疲労、苦痛およびけいれん17,18

人の神経系に影響を与える全身の背後にあるメカニズムはよくわかっていません。文献に報告されていない、ホフマンの全身振動による変化のストレッチ方法、ポリオ生存者初期病破壊劣化アルファ運動ニューロン プールの強壮剤振動の反射が影響を受けた42,43 44,45,46,47。報告された循環変更42、振動運動48後、遅発性筋肉痛を減少のレポートに加えてがポリオ生存者中に長期間安全なレベルで動作するようにより弱い筋肉を高めることができます。歩行などの機能活動。この資料の提示方法の制限はその反射神経、筋活動測定、循環が発生しなかった。

メソッドの第 2 の制限は、ポリオ体験者のような小さなグループにテストされたことがあります。週 2 回 3ヶ月テキサスの医療センターの大学の研究室に来て人の募集は、時間、エネルギー、および巨大な都市内通勤の交通費のため困難でした。ただし、物理的な移動で参加者の多様性の注目に値する量完了、強度を考えられる以前に報告された研究26に、15 人存在していた。表 2からわかるように、彼らは全然歩く、足の松葉杖、装具をフルタイム、歩くと膝足首のペアを利用するすべてのデバイスを使用していない総歩行の「5%」を歩くことにすることができないからであった。1 つを除くすべての参加者だった上に、振動プラットフォームをオフを個別に取得することが指定されたハンドルまたはバーを使用しています。参加者は使用することができたにもかかわらずサポートとしての自分の腕が必要なまたは優先、いくつかは弱い足の上に自分の体重をシフトまたは機械的に自分の弱点のため自分の膝をロックすることがなく立つことができませんでした。共同安全上の潜在的な問題を一部の人々 にするロック膝で立っていると、これはこのメソッドに制限になる可能性があります。しかし、ロックもできますより頭側27,28を拡張する振動の g フォースの詳細。しかし、この著者が驚いた「ターン」といくつかの苦情がない、でもいくつかそれらの装具に依存するどのように積極的に個人笑顔、セッション中に振動に対応予定の早期到着によって要求または安全歩行または物理的に虚弱に表示される補助器具です。参加者が自発的に体重をシフトして、姿勢のアラインメントを変更する認められた、その「フェルト ベスト」に体をどうやら求めている位置します。振動は、振動中に話をしながら、彼らの声で聞くことができる、ぶら下がりイヤリングやブレスレットを見たり、振動する聞いたりされることができるという点で本当に「全身」だった。

全身本法は安全、許容、および弱さやポリオと安から麻痺を持つ人々 のため体重を支える運動の実現可能な形らしい短い不変の痛みの改善といくつかの個人の歩行速度、荷重位置で特に行使する方法が限られている人のポリオ体験者の励みになります。さらなる研究は、長期使用と PPS およびその他の神経学的な条件、特に練習参加と積極的なウェルネス活動への障壁を小さくアドレスを持つ人々 の全身の効果を検討するために必要です。本手法のアプリケーションと全身プラットフォーム健康クラブまたは療法クリニックに行くとエネルギー、時間と輸送コストの障壁を減らすために家庭での使用向けに設計の安全な使用です。家庭内で使用は特に身体の不自由な人のために長い期間介入可能をことができます。長い介入研究 (少なくとも 8 ヶ月) 全身通常大人49 を老化よりも骨減少症や骨粗しょう症の高い有病率を持っている女性と男性のポリオ体験者の骨密度に大きく影響することができますを決定する必要になります ,50,51,52。また、ポリオとその効果以外の神経疾患を持つ高齢化大人に全身のアプリケーションを調べることの骨ミネラル密度が重要になりますが、提示方法は、これらの研究の出発点として役立つかもしれない。

Disclosures

著者は、何を開示します。

Acknowledgments

元の研究は、2013 年、2014 年までの拡張子のないコストにポストポリオ ヘルス ・ インターナショナルで賄われていた。この記事のための資金は、テキサスの女性の大学図書館のオープン アクセス基金を通じてだった。アメリカ理学療法連合結合のセクションの会合、アナハイム、カリフォルニア州、米国でポスターとして提示された結果、2016、し 2018 年に理学療法の理論と実践の原稿として発行された (参照 #26 を参照)。

著者は、ビデオおよび元の研究への参加の撮影中に彼の援助のエルソン"ランディ"・ ロバートソンを認めることを願っています。彼女はまた、元の調査の間に彼らの支援のため次の人を認めることを希望: C ローレン Szot、PT、DPT、ナターシャ ・ デサ、PT、DPT、盲検テスト担当者および元の原稿のための共著者として NCSアリアン ・ ストーカー、PT、DPT、ケリー ・ ホッジス、PT、DPT、NCS、マリアナ Sanjuan、PT、DPT とマギーの奇妙な PT、DPT の振動のセッション中に DPT 学生として役立つZoheb Allam、MS とルネ ・ ポールソン、統計について博士号を取得。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
WBV Platform Soloflex, Inc Used for low intensity WBV intervention
Power Plate Pro 5 Performance Health Systems, LLC Used for higher intensity WBV intervention
Trigno tri-axial accelerometer Delsys, Inc Used to measure vibration frequencies and g forces

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. del Pozo-Cruz, B., et al. Effects of whole body vibration therapy on main outcome measures for chronic non-specific low back pain: a single-blind randomized controlled trial. Journal of Rehabilitation Medicine. 43, (8), 689-694 (2011).
  2. Rittweger, J., Karsten, J., Kautzsch, K., Reeg, P., Felsenberg, D. Treatment of chronic low back pain with lumbar extension and whole-body vibration exercise. Spine. 27, (17), 1829-1834 (2002).
  3. Marin, P. J., Rhea, M. R. Effects of vibration training on muscle strength: a meta-analysis. Journal of Strength and Conditioning Research. 24, (2), 548-556 (2010).
  4. von Stengel, S., Kemmler, W., Engelke, K., Kalender, W. A. Effects of whole body vibration on bone mineral density and falls: results of the randomized controlled ELVIS study with postmenopausal women. Osteoporosis International. 22, (1), 317-325 (2011).
  5. Bautmans, I., Hees, E. V., Lemper, J., Mets, T. The feasibility of whole body vibration in institutionalized elderly persons and its influence on muscle performance, balance and mobility: a randomized controlled trial. BMC Geriatrics. 5, 17 (2005).
  6. Bruyere, O., et al. Controlled whole body vibration to decrease fall risk and improve health-related quality of life of nursing home residents. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 86, (2), 303-307 (2005).
  7. Gusi, N., Raimundo, A., Leal, A. Low-frequency vibratory exercise reduces the risk of bone fracture more than walking: a randomized controlled trial. BMC Musculoskeletal Disorders. 7, 92 (2006).
  8. Gómez-Cabello, A., Ara, I., González-Agüero, A., Casajús, J. A., Vicente-Rodríguez, G. Effects of training on bone mass in older adults: a systematic review. Sports Medicine. 42, (4), 301-325 (2012).
  9. Slatkovska, L., Alibhai, S. M. H., Beyene, J., Cheung, A. M. Effect of whole-body vibration on BMD: a systematic review and meta-analysis. Osteoporosis International. 21, (12), 1969-1980 (2010).
  10. del Pozo-Cruz, B., et al. Using whole-body vibration training in patients affected with common neurological diseases: a systematic literature review. Journal of Alternative and Complementary Medicine. 18, (1), 29-41 (2012).
  11. Ness, L. L., Field-Fote, E. C. Whole-body vibration improves walking function in individuals with spinal cord injury: a pilot study. Gait & Posture. 30, (4), 436-440 (2009).
  12. Brogårdh, C., Flansbjer, U. B., Lexell, J. No effects of whole-body vibration training on muscle strength and gait performance in people with late effects of polio: a pilot study. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 91, (9), 1474-1477 (2010).
  13. Ma, C., Lie, A., Sun, M., Zhu, H., Wu, H. Effect of whole-body vibration on reduction of bone loss and fall prevention in postmenopausal women: a meta-analysis and systematic review. Journal of Orthopaedic Surgery Research. 11, 24 (2016).
  14. Sitjà-Rabert, M., et al. Efficacy of whole body vibration exercise in older people: a systematic review. Disability and Rehabilitation. 34, (11), 883-893 (2012).
  15. Collado-Mateo, D., et al. Effects of whole-body vibration therapy in patients with fibromyalgia: a systematic literature review. Evidence Based Complementary and Alternative. (2015).
  16. Rauch, F., et al. International Society of Musculoskeletal and Neuronal Interactions. Reporting whole-body vibration intervention studies: Recommendations of the International Society of Musculoskeletal and Neuronal Interactions. Journal of Musculoskeletal and Neuronal Interactions. 10, (3), 193-198 (2010).
  17. Bruno, R. The polio paradox. Warner Books. New York City. (2002).
  18. Quiben, M. U. Management of chronic impairments in individuals with nervous system conditions. Neurological rehabilitation. Umphred, D. A., Lazaro, R. T., Roller, M. L., Burton, G. U. 6th edition, Mosby. St. Louis. (2013).
  19. Agre, J. C., Rodriquez, A. A., Franke, T. M. Strength, endurance, and work capacity after muscle strengthening exercise in postpolio subjects. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 78, (7), 681-686 (1997).
  20. Chan, K. M., Amirjani, N., Sumrain, M., Clarke, A., Strohschein, F. J. Randomized controlled trial of strength training in post-polio patients. Muscle & Nerve. 27, (3), 332-338 (2003).
  21. Ernstoff, B., Wetterqvist, H., Kvist, H., Grimby, G. Endurance training effect on individuals with postpoliomyelitis. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 77, (9), 843-848 (1996).
  22. Klein, M. G., Whyte, J., Esquenazi, A., Keenan, M. A., Costello, R. A comparison of the effects of exercise and lifestyle modification on the resolution of overuse symptoms of the shoulder in polio survivors: a preliminary study. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 83, (5), 708-713 (2002).
  23. Koopman, F. S., Beelen, A., Gilhus, N. E., de Visser, M., Nollet, F. Treatment for postpolio syndrome (review). Cochrane Database of Systematic Reviews. (5), (2015).
  24. Kriz, J. L., et al. Cardiorespiratory responses to upper extremity aerobic training by postpolio subjects. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 73, (1), 49-54 (1992).
  25. Bowen, D. J., et al. How we design feasibility studies. American Journal of Preventative Medicine. 36, (5), 452-457 (2009).
  26. Da Silva, C. P., Szot, C. L., deSa, N. Whole body vibration on people with sequelae of polio. Physiotherapy Theory and Practice. [Epub ahead of print] 1-11 (2018).
  27. Abercromby, A. F. J., et al. Vibration exposure and biodynamic responses during whole-body vibration training. Medicine & Science in Sports & Exercise. 39, (10), 1794-1800 (2007).
  28. Di Giaminiani, R., Masedu, F., Tihanyi, J., Scrimaglio, R., Valenti, M. The interaction between body position and vibration frequency on acute response to whole body vibration. Journal of Electromyography and Kinesiology. 23, (1), 245-251 (2013).
  29. Voorn, E. L., Gerrits, K. H., Koopman, F. S., Nollet, F., Beelen, A. Determining the anaerobic threshold in postpolio syndrome: comparison with current guidelines for training intensity prescription. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 95, (5), 935-940 (2014).
  30. World Health Organization. International Classification of Functioning, Disability and Health (ICF). Available from: http://www.who.int/classifications/icf/en/ (2018).
  31. Flansbjer, U. B., Lexell, J. Reliability of gait performance tests in individuals with late effects of polio. PM&R. 2, (2), 125-131 (2010).
  32. Stolwijk-Swüste, J. M., Beelen, A., Lankhorst, G. J., Nollet, F. CARPA Study Group. SF36 physical functioning scale and 2-minute walk test advocated as core qualifiers to evaluate physical functioning in patients with late-onset sequelae of poliomyelitis. Journal of Rehabilitation Medicine. 40, (5), 387-392 (2008).
  33. McDowell, I. Measuring health: a guide to rating scales and questionnaires. 3rd edition, Oxford University Press. New York City. (2006).
  34. Mendoza, T. R., et al. The utility and validity of the modified brief pain inventory in a multiple-dose postoperative analgesic trial. Clinical Journal of Pain. 20, (5), 357-362 (2004).
  35. Buysse, D. J., Reynolds, C. F., Monk, T. J., Berman, S. R., Kupfer, D. J. The Pittsburgh Sleep Quality Index: a new instrument for psychiatric practice and research. Psychiatry Research. 28, (2), 193-213 (1989).
  36. Horemans, H. L., Nollet, F., Beelen, A., Lankhorst, G. J. A comparison of 4 questionnaires to measure fatigue in patients with postpoliomyelitis syndrome. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 85, (3), 392-398 (2004).
  37. Krupp, L. B., LaRocca, N. G., Muir-Nash, J., Steinberg, A. D. The Fatigue Severity Scale: application to patients with multiple sclerosis and systemic lupus erythematosus. Archives of Neurology. 46, (10), 1121-1123 (1989).
  38. Horemans, H. L., Beelen, A., Nollet, F., Jones, D. A., Lankhorst, G. J. Reproducibility of maximal quadriceps strength and its relationship to maximal voluntary activation in postpoliomyelitis syndrome. Archives of Physical Medicine Rehabilitation. 85, (8), 1273-1278 (2004).
  39. Hislop, H., Avers, D., Brown, M. Daniels and Worthingham’s muscle testing: techniques of manual examination and performance testing. 9th edition, Elsevier Health Sciences. Philadelphia. (2013).
  40. Nollet, F., Beelen, A. Strength assessment in postpolio syndrome: validity of a hand-held dynamometer in detecting change. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 80, (10), 1316-1323 (1999).
  41. Portney, L. G., Watkins, M. P. Foundations of clinical research: applications to practice. 2nd edition, Prentice Hall Health. Upper Saddle River. (2000).
  42. Games, K. E., Sefton, J. M. Whole-body vibration influences lower extremity circulatory and neurological function. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 23, (4), 516-523 (2013).
  43. Ritzmann, R., Kramer, A., Gollhofer, A., Taube, W. The effect of whole body vibration of the H-reflex, the stretch reflex, and the short-latency response during hopping. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 23, (3), 331-339 (2013).
  44. Trimble, M. H., Koceja, D. M. Modulation of the triceps surae H-reflex with training. International Journal of Neuroscience. 76, (3-4), 293-303 (1994).
  45. Sefton, J. M., et al. Segmental spinal reflex adaptations associated with chronic ankle instability. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 89, (10), 1991-1995 (2008).
  46. Wolpaw, J. R. The complex structure of a simple memory. Trends in Neuroscience. 20, (12), 588-594 (1997).
  47. Pollock, R. D., Woledge, R. C., Martin, F. C., Newham, D. J. Effects of whole body vibration on motor unit recruitment and threshold. Journal of Applied Physiology. 112, (3), 388-395 (2012).
  48. Lau, W. Y., Nosaka, K. Effect of vibration treatment on symptoms associated with eccentric exercise-induced muscle damage. American Journal of Physical Medicine and Rehabilitation. 90, (8), 648-657 (2011).
  49. Chang, K. H., et al. The relationship between body composition and femoral neck osteoporosis or osteopenia in adults with previous poliomyelitis. Disability and Health Journal. 8, (2), 284-289 (2015).
  50. Haziza, M., Kremer, R., Benedetti, A., Trojan, D. A. Osteoporosis in a postpolio clinic population. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 88, (8), 1030-1035 (2007).
  51. Mohammad, A., Khan, K., Galvin, L., Hardiman, O., O'Connell, P. High incidence of osteoporosis and fractures in an aging post-polio population. European Neurology. 62, (6), 369-374 (2009).
  52. Centers for Disease Control and Prevention (CDC), National Center for Health Statistics. Osteoporosis. Available from: http://www.cdc.gov/nchs/fastats/osteoporosis.htm (2016).
ポリオ生存者と全身振動法
Play Video
PDF DOI

Cite this Article

Da Silva, C. P. Whole Body Vibration Methods with Survivors of Polio. J. Vis. Exp. (140), e58449, doi:10.3791/58449 (2018).More

Da Silva, C. P. Whole Body Vibration Methods with Survivors of Polio. J. Vis. Exp. (140), e58449, doi:10.3791/58449 (2018).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter