Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Neuroscience

幻肢痛に対する鏡治療に関連付けられている関連する神経基盤の特性のため、MRI でリアルタイム映像投影

doi: 10.3791/58800 Published: April 20, 2019

Summary

小説を提案する行動を組み合わせるし、ニューロ イメージング プロトコル脚で磁気共鳴画像スキャナー境内鏡治療に関連付けられている関連する神経基盤の特性のため採用したリアルタイム映像幻肢痛を持つふぐ科目。

Abstract

鏡治療 (MT) は、幻肢痛 (PLP) を使用して、痛みの症状を軽減するために効果的なリハビリ方法として提案されています。ただし、MT 療法に関連付けられている関連する神経基盤を確立する挑戦されているスキャナー、磁気共鳴画像 (MRI) の環境の内で効果的に治療を管理することは困難です。このリハビリ方法に関連する皮質領域の機能組織を特徴づける、足の切断と参加者に適用ことができる結合された行動および機能イメージング プロトコルを開発しました。この手法は、カメラで撮影のリアルタイム映像を表示することによって MRI スキャナー環境内に MT を受ける参加者できます。画像は、ミラーとスキャナー ベッドに横たわっている間、参加者を表示するモニターのシステムを介して参加者が表示されます。この方法で目的 (例えば、運動感覚野) の皮質の機能の変更までの山の直接アプリケーションに応答特徴します。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

PLP は、行方不明の肢 postamputation1,2に対応する領域において知覚される痛みの感覚を指します。この状態は重要な慢性的な医療負担は、個人の生活の質の3,4に劇的な影響を持つことができます。それは、脳の構造と機能の変化が開発および PLP5,6の neuropathophysiology の基本的な役割を果たすことが示唆されています。しかし、痛み症状し、治療に反応の緩和方法の基盤となる神経機構は不明のまま。情報のこの欠乏は主に技術的な課題と MRI5,7,8 などニューロ イメージング環境の制約の中で与えられた治療的なアプローチを実行するのに関連付けられている制限.

多くの研究からの結果は属性不適応 neuroplastic 再編感覚運動皮質内だけでなく脳の他の領域で発生する PLP の開発です。たとえば、手足の切断、次のシフトにある周辺地域の対応する感覚運動皮質表現が示されています。その結果、周辺地域はどうやら切断肢9,10に対応する使用ゾーンに侵入を開始します。PLP に関連付けられている痛みの症状を軽減するために効果的な9,11,12の MT や運動イメージなどの治療があります。受けない下肢12,13からのミラー反射画像の観測から提供された求心性入力のクロス モーダル再建を通じて、症状の緩和が推定発生することが示唆されました。 14,15,16,17。これらのイメージを介して参加者が切断されて、1 つではなく反対側下肢の反射を視覚化することができる従って両方の手足に残っているような錯覚を作成します。錯覚と没入型効果以前調べたディアーズらによる健常者の一般的なミラー ボックスや仮想現実のいずれかのタスクをを経て機能的 MRI (fMRI) による有効化の機能の比較を行った18. ただし、不適応 neuroplastic 変更の反転と症状の緩和に関連する神経基盤のままかり。また、PLP の基になるメカニズムはそのまま研究のトピック PLP の開発の背後にある明確な基になる physiopathologic 変質が物議を醸す結果を明らかにした5、されている明らかにまだ不完全 19。前述のように、複数の著者属性痛みの開発求心路遮断と影響を受ける脳領域 (切断された肢のエリア)6,7,8; の皮質の再編ただし、結果の向かいマキンと、痛みの存在は脳の構造の保全に関連付けられてされ、削減地域間の機能的結合19に起因する痛みの協力者によって記述されていた。ここで示した手法 PLP の研究に関連する追加の情報をもたらすと脳の程度とライブ環境で MT の効果を評価する科学者たちは、考えてこれらの論争の観点と、調査結果の反対には、私たちの完全なプロトコル19で評価した痛みのレベルにそれらを比較しながら活性化。

このトピックに関する先行研究は MT が PLP の容易な導入と低コスト12のための治療のための最も適切な行動療法の 1 つであることを示しています。実際には、この技術の先行研究は PLP8,20,21を使用して一次感覚運動皮質内不適応の変化の逆転の証拠を示しています。何人かの患者がいないので、これらの効果を確認するより多くの研究が必要にもかかわらず、MT は PLP12,22,23,24を治療するために最も安価な最も効果的なアプローチの 1 つで、おそらく、治療8のこのタイプに応答し、高ベースの証拠の結果25を提供する大規模のランダム化臨床試験の欠乏があります。

MT が PLP を減らすことが仮説の一つはない切断部位のミラー イメージ再編・自己受容感覚と視覚的なフィードバックの26の間の不一致を統合することができますという事実に関連しています。MT の基になるメカニズムは、体性感覚8,27,28の不適応のマッピングの復帰に関連付けられます。

Mt、被験者が参加者の体の正中線に位置する鏡で、この効果を観察しながら彼らのままの肢 (屈曲と拡張機能など) を使用していくつかの運動・感覚のタスクの実行に必要な鮮やかな、正確な作成切断肢29のエリア内での動きの表現。

さらに病態の面の科学的な理解を開発するには、PLP に関与する重要な作業だより山によって提供される痛みの症状の改善と同様、手足の切断に起因する基になる neuroplastic 変更を特徴付けるこの点で、ニューロ イメージング技術、fMRI や皮質の再構成に関連する病態生理学的メカニズムを解明する助けする強力なツールとして浮上しているし、内 PLP と個人の再生の最適化に向けた手がかりを提供します。臨床コンテキスト30,31。さらに、高空間分解能がによって与えられる (たとえば脳波) と比較すると fMRI の他の地域とともに運動感覚野の指と桁で表現などの脳反応のより正確なマッピングが可能になります脳の32

日には、MT に関連する神経生理学スキャナー環境内でプロシージャの実施の課題に大部分のためとらえどころのないまま (すなわち、スキャナーで横たわっている間、治療を行うために、個々 の困難です)。ここでは、個々 が自分の脚の動きを観察することができる手法について述べるリアルタイム スキャナーの狭い範囲内で横になっている仰臥位の穴で。治療によって誘発される鮮やかなと没入型の感覚の正確なレクリエーションは、移動の足とミラーの研究参加者の直接表示できるモニター システムのリアルタイム画像をキャプチャ ビデオ カメラを使って再生成できます。

視覚刺激を提示し、これらの技術的な課題9,16,33 を回避する手段としてビデオ録画、仮想現実には、録音済みのアニメーションなど技術を組み込むしようとした過去の研究 ,34。しかし、これらの技術がその有効性35,36,37,38,39限定されていました。録画済みビデオを使用しての特定のケースでは、参加者の動きと、ビデオだけでなく、貧しい人々 の現実的な印象につながるタイミング精度の不足によって提供されるものとしばしば貧しい同期する個人の所有足は動いています。この感覚の臨場感を向上させるために仮想現実やデジタル アニメーションなどの他の手法を試みた。まだ、彼らが低い画像解像度、限られた視野、非現実的なまたは非天然の人間のような動き、動きの遅れの有無により視覚的に説得力のある感覚を生成できませんでした (すなわち、運動の外れ)。さらに、摩擦、勢い、そして重力の影響など、他の機能以上のコントロール不良を組み合わせて正確なモデリングの欠如は、生き生きとした臨場感あふれる感じ40の認識を妨げます。したがって、切断、価値がある探索する被験者の認知タスク (観測) に従事しているし、の幻想に没入型切断ように戦略肢の動き。最後に、これらの複雑な戦略立案・実行に必要なリソース可能性があります時間がかかることやコストがかかりすぎます。

考えていますという MT31のセッションをこなしながら参加者は彼ら自身の肢の投影画像のライブとリアルタイムのビデオを見ることができます浸漬の現実的かつ鮮やかな感覚を作成する新しいアプローチについて述べる。このアプローチは、個々、スキャナー穴に横たわっていると相当な費用や大規模な技術的な開発なしに実行されます。

このプロトコルは、国立衛生研究所 (NIH) の研究プロジェクト助成金 (RO1) の一部-と引き起こされる技術、すなわち経頭蓋直流電流刺激 (tDCS) の組み合わせの効果を評価する臨床試験を主催、行動療法 (ミラー)31幻肢痛を和らげるために。ベースライン、前と各介入セッション後の痛みのため視覚アナログ スケール (VAS) の変化を評価します。fMRI は、脳機能の構造変化と PLP の救済との相関を評価するために神経生理学的ツールとして使用されます。したがって、初期の fMRI が皮質不適応再編5,6,8があることが表示されますか、参加者の脳の構造の組織のベースライン地図を持っているために得られる,11,13,14,18,28かにない19;同じように、科学者は mt; エリアの活性化反応を理解するために MT のタスクを基準計画にどのような分野が活性化を観察することが最後に、それは 2 番目の fMRI postintervention 変更 (変調) tDCS と MT 併用療法後皮質の再構成で生成されたかどうかを参照して、これらの変更は、相関または度に関連付けられている場合を分析するを得ることが可能痛みの変化。したがって、このプロトコルにより、MT 中に Plp 患者における組織再編変更を評価する科学者と fMRI で見られるこれらの変化したがって追加の詳細を提供する PLP の変更に関連付けられているかどうかを理解することができます。どのように MT 幻の痛みを変更する脳の構造と機能の活動に影響を与えます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1. 件名の準備

  1. 参加前に参加者の同意書の記入があるし、評価をスクリーニング MRI 安全性、後者によって実施参加者に知られている禁忌がないことを確認するためのスキャン機能でニューロ イメージング技術スキャンされている (例えば、自分の体、閉所恐怖症、または妊娠の歴史金属)。
  2. 実験手順についての詳細な指示を参加者を提供します。
  3. 彼らが理解し、スキャン処理中に指示に従ってできるように授業録音したオーディオに耳を傾ける件名を持ちます。
  4. スキャナー環境でタスクの指示の周知を促進するモック スキャナーで走行を実施します。
    注: モックのスキャナーは実際データ取得 MRI スキャナーがアクティブ マグネット無しすべての方法に似ています。
  5. 脳信号を妨害することができる断端の筋肉のすべての収縮を避けるために残留と幻肢の動きを避けるために参加者に明確な指示を与えます。

2. 実験の準備

注: 実験的プロトコルは、上肢を運動の精神的なイメージに関連付けられている関連する神経基盤を調査のために以前説明しているに似ています。ここでは、下肢の運動方法を適応しています。具体的には、行動のタスクは、次ので構成されます。

  1. スキャナーの部屋に入ると、前に、義足や金属などの異物を削除する参加者を求めます。
  2. 確認してください MRI の技術者が自分の体のことは危険にそれらを置くかもしれない金属参加者。
  3. MRI 対応車椅子; で MRI 室に参加者を輸送します。その後、MRI スキャナー ベッドに自分自身を転送する参加者を求めます。
  4. MT、快適シングル ピース、MRI 対応、水平方向鏡 (10,000 × 255 × 3 mm) 彼らは嘘についているスキャナー ベッドに仰臥しながら参加者の足の間の三角形のスタンドでサポートされている配置します。安定性とミラー位置決めを可能にするためには、土のうを使用します。調節可能な腕にミラー スタンドを接続して、それは (図 1) の体のどの部分に連絡せず件名の高さに従って配置され、位置決めをすることができます。

Figure 1
図 1: ビデオのカメラとミラーを設置すミラーは、参加者の高さと切断レベルに応じて、約 45 ° の角度で足の間に配置されます。目標は、断端をカバーし、それをビデオ システムには見えないです。土嚢は、正しい位置にミラーを維持する使用されます。カメラの配置はまた、適応と三脚または (カメラの角度を変更する) 適応ホックを使用して簡単に変更することができます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

  1. 視覚的なフィードバックには、参加者 (図 1) のまま脚に近い調整可能な三脚スタンドに MRI 対応デジタル カメラをマウントします。
    注: 使用カメラは、テーブルの材料と費用は約 217 USD で表示されます。カメラは、1,080 ピクセル画像の解像度で画像を集録します。カメラ自体にできませんでしたので MRI の内側を退屈させるより高価な MRI 対応システムの必要はありません。カメラは、位置の変更を有効にするグースネック モジュラー ホースを介して MRI 安全 IV ポールに添付されます。
  2. 視野角とビューのフィールドの適切な調整が可能、三脚にカメラを接続します。
  3. スキャナーの中には、完全に横になっている間直接モニターに表示されるイメージを表示する参加者を許可する場所 MRI 頭部コイルに 2 番目のミラーの穴 (図 2)。

Figure 2
図 2: ビデオのカメラとスキャナー環境でのイメージの投影のスケマティック。ミラー療法システムのリアルタイムの映像は、3 つのサブシステムで構成されています。1) カメラとモニター サブシステム。ビデオは、件名は、リアルタイムで脚とミラーの足の動きを見ることができるので、モニターに送信されます。2) 接続されているミラー ヘッド コイル。ヘッドのコイルでは、ミラーでは、参加者に、自分の頭を移動することがなく、モニターを見ることができます。鏡は、目レベルで 45 ° の角度であります。3) ミラーと土嚢。MRI 対応ミラーは足とそれが断端をカバーし、最高のことができる方法で断端の間を慎重に配置に表示されるイメージ。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

  1. コンピューター制御システムとスキャナーの背面に置かれたモニターに穴 (参加者の頭) に近いプロジェクトを通して送信するリアルタイム映像伝送を設定します。
    注: 投影法およびキャプチャした実際の動き間の知覚の時間遅延はありません。参加者によって示されるように、実際の動きと、視覚的なフィードバックがリアルタイム感覚で干渉しない秒未満で区切られます。

3. スキャンとデータ収集

  1. 8 ch フェイズド アレイの頭部コイルを用いた 3 T スキャナーと fMRI データを取得します。
  2. 高解像度 T1 加重の構造イメージを含む画像のシーケンスを取得 (TE: 3.1 ms、TR: 6.8 ms、反転の角度: 9 °、1 mm の等方性ボクセル サイズ) (解剖学的スキャン)、および血液酸素レベル依存 (BOLD) fMRI 信号測定ベースのプロトコルを使用スライス グラデーション (高速フィールド) エコー平面イメージ投射 (EPI) と標準のパラメーター (TE: 28 ms、TR: 2 s、反転の角度: 90 °、3 mm の等方性ボクセル サイズ、軸指向し、脳全体をカバー)。
    注: 全体のスキャン手順は約 30 分続きます。各 6 分を持続させる 4 つのタスク (機能的) 買収には初期 4 分構造 (解剖学的) スキャンが含まれます。各タスク (機能習得)、患者は毎秒 1 個の蛇口の速度で自分の足をタップする予定です。
  3. スキャン中にヘッドフォンを着用音分離 MRI 対応 (例えば、Westone) 捜査員の聴覚コマンドを聞いてスキャン セッション全体を通して参加者があります。
  4. 一方、患者は、スキャナーに横たわっている、参加者を聞いて行動特定のタスクを実行するための聴覚の手がかりのシリーズ、聴覚トラックを再生します。
  5. 次のコマンドを使用して: 1)、切断の動きのための「脚」脚 (3.11 の手順の後のメモを参照)。2)「鏡」(ミラーを使用して切断された足の位置で脚の動きを観察したがって); リアルタイム録画を見ながらそのまま脚の動きの3)「休息」参加者が任意の脚の動きを停止し彼らの目で動かずあるが閉じられます。さらに、持っている捜査官は言う「開始」および「終了」実験の実行の前後をそれぞれ示すために (図 3)。

Figure 3
図 3: 設計のタスクします。タスク デザインは、3 つの手順で構成されています。「脚」最初段階に、件名がすべて 2 約 1 つの動きのペースで (足を曲げる) 脚を移動する指示 s (20 の 10 の動き s)、目を閉じて。参加者は脚を動かし続ける、2 番目の「ミラー」ステップ (20 の 10 の動き s) 脚のオンライン リアルタイム ミラー イメージを表示するビデオ モニターを見ながら。最後のステップは、残りの部分に主題を指示します。

  1. 目を閉じて (すなわち、繰り返し足関節底屈と 2-3 秒あたり約 1 つのタップのペースで足の背屈) nonamputated 下肢の運動を行う参加者を含まれています。
  2. 同じ脚の動きを行う参加者が、参加者がそのまま脚の動きのリアルタイム ビデオ キャプチャを使用して切断された脚の代わりに移動する脚の彼/彼女の鏡像を観察する今。
  3. 実行、彼/彼女は足のない動きをまだ産む残り条件参加者を含まれています。
    注: 各条件持続 20 s (すなわち、1 つの実験的ブロック = 60 s) 6 分 (ブロックごとに実験的実行の 6 回の繰り返し) の実行の長さの時間のため。
  4. 各参加者の単一セッションでデータを収集します。
  5. 注意任意の不要な動きのと間に、正しいペースを保ち、動きを参加者に指示するために調査官に指示します。
  6. 手順が実行された後、調査官は暗号化されたフラッシュ ドライブにデータを転送、施設内の安全な場所に格納されていることを確認します。
    注: このプロトコルで単語「脚」、単語「足」の代わりに使用されます。参加者のみ足を (のために MRI 装置から拘束) の動きを作っている、にもかかわらず、それらのほとんどは下肢切断の大きい部分を持っているし、足切断、足ではないと呼ばれます。

4. 分析

  1. 手技30,41を使用して、縦断的分析設計 (ベースラインと重) を使用して、FMRIB ソフトウェア ライブラリ (FSL) ソフトウェア パッケージ42 のストリームを処理の脳機能データを分析します。 ,43
    1. 各機能のスキャンの最初のボリュームのアラインメントを使用して 3 D モーション補正を実行、高域通過フィルター処理は時間の線形傾向を除去およびスライス時間獲得と空間的スムージング (ガウス カーネル、5.0 mm 全幅半分の補正を行う最大 [半値幅])。
      1. FSL のモーション外れ値検出処理ストリームを任意の方向に 0.9 mm 以上の動きとボリュームをマークし、数学的に「スクラブ」それら最終的な分析で44から。
        注: ボリュームの 25% 以上は、除去のために指定されている場合、合計のデータセットから全体の買収を除外すべき。
    2. プリプロセス機能画像の高解像度に解剖学的な各 coregister と、その後、標準・ タライラッハ スペースにそれらをもたらします。
    3. 各実験条件がダブル ガンマ血行力学的応答関数と滑らかになるべきである有蓋貨車リグレッサでモデル化されてボクセル経過する一般化線形モデル (GLM) に適合します。
    4. 使用して、高解像度の解剖学的 T1-溝のアクティブ化を参照してください、その後、プロジェクトの個々 の主題に水増し皮質表面メッシュを構築する重み付き解剖学的ボリューム マップ各コントラストの被写体に関心の再構築のためメッシュ。
      注: 予測は GLM から重要な値を表示する必要があります。P < 0.001 修正クラスター サイズのしきい値調整を使用して、複数の比較のための標準的な基準で統計的有意値のしきい値を設定します。
  2. 部利益 (率 ROI) 分析を実施します。
    1. なの Desikan アトラス45一次感覚野と広く主要な投資収益率を定義し、ベースライン スキャンで条件の残りの部分と脚の間にサブジェクト固有の機能活性化を使用して、各科目の改良して、します。
    2. 反対側の半球 (すなわち、同側一次感覚運動の表現そのまま下肢) の相同領域に洗練された主な投資収益率を反映してください。
    3. 標準な解剖学的 Desikan アトラス45を使用すると、セカンダリ roi 全体 (両側のある) 後頭葉視覚野を定義できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

リアルタイムのビデオ投影を使用して MT に関連付けられている感覚を生成することは不可能です。参加者は主観的知覚ビデオ画像が生きているようなその感覚は、没入型を報告しています。

さらに、スキャナー環境で MT (すなわち、脚と投影のミラー イメージを表示する運動) に関連付けられている大脳皮質の活性化のパターンは、堅牢です。パイロット研究では大脳皮質 MT レスポンスはタスク プロトコルが上記左脚 (男性 56 歳、膝から下の下腿の外傷性切断) 以下の下肢切断と参加者に fMRI を使用して記録しました。残りの条件と脚の動きの比較の結果、対側の下肢の感覚表現内で堅牢なアクティベーションに (すなわち、左) 半球。同側の皮質の活性化は、感覚運動脚の領域 (図 4 a) で得られました。残り状態と鏡状態はまた皮質脚感覚表現の堅牢な対側と同側活性化を確認しました。さらに、堅牢な皮質の活性化は、後方の後頭と見られた (すなわち、視覚) 皮質移動脚の投影画像の表示に関連付けられています。

記載されている活性化のパターンは治療期間の開始時は、基準状態で活性化を表現します。初期応答は MT プロトコルの個々 の完了後 (ROIs) の関心とその後比較の領域を定義するためのベースラインの活性化を定義するのに役立ちます。

Figure 4
図 4: MRI スキャナーで療法をミラー化に応えて皮質活性化の代表的な例です。(A) (すなわち、左)、反対側の脚の感覚表現内で堅牢なアクティベーションに残り条件と脚の動きの比較の結果、同側の皮質。(B) 残りの部分対ミラー条件条件も確認された皮質脚感覚表現として後頭の堅牢な対側と同側の活発化 (すなわち、視覚) 表示に関連付けられている大脳皮質の活性化、移動脚の映像。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

このプロトコルでは、小説、PLP を持つ個人で MT に関連付けられている関連する神経基盤を正確に評価する調査官ができる可能な手順について説明します。

以前として挙げられる、ビデオ録画、仮想現実には、録音済みのアニメーション9,33 など様々 な技術を組み込むことにより MT 治療に関連付けられている関連する神経基盤を明らかにしようとした過去の研究 ,34。ただし、これらのアプローチは、有効性37,38,39面で限られています。ここで説明したプロトコルで MRI 環境で MT に関連付けられている生命のような臨場感あふれる感覚を作成する単純な市販と低コスト要素が組み込まれて。使用されるすべての装置は MRI 互換性がある (すなわち、磁性材料) し簡単の調整、ごとに変更することができます。キー要素は、3 つの主要な下位区分ので構成されます: (1) ビデオ カメラとモニター(頭のコイルに接続されている 2) 反射ミラー(3) 大型反射鏡とサポート。ビデオは、件名は、リアルタイムで脚とミラーの足の動きを見ることができるので、モニターに送信されます。ヘッドのコイルでは、ミラーの向きでは、仰臥位・頭部の過度な動きなしに横たわっている間、モニターを表示するのには参加者をことができます。ミラーは、参加者の足との接触を避けるために調節可能なスタンドを使用して対象の切断された脚の長さに調整されます。データ集録および解析の視点は、事前事後の縦デザイン30,41に特別な重点を置いて標準的な技術 (すなわち、関係分析の領域) を使用して脳機能イメージングのデータを分析します。

参加者に提供される実際の生活没入感、ほかこのプロトコルの別の利点は、システム別の手足 (上限と下限) を表示するため調整することができます性四肢運動の任意の組み合わせをテストする使用ことができます。

山の潜在的な治療効果を生成するとき、映像伝送による没入感は重要な要素ビデオカメラからキャプチャされたリアルタイムのビデオの使用ここで紹介、過去のコンピューター化されたイメージ、仮想現実には、記録済みの画像などのアプローチよりも優れてにできます。ただし、我々 は、この手法では、錯視のものを比較しないでした。また、健常被験者で以前研究は、従来のミラー ボックスと上肢の仮想現実を投影画像のタスクを実行する後脳機能活性を評価しました。本研究の結果、ディアーズとの共同研究が見つかりません鮮やかさや視覚的現実の錯覚とミラー ボックス療法18幻想の感知された信頼性の違い。

その一方で、このプロトコルにもありますその制限とそれに関連する課題: 脚の動きの性質上、運動の成果物 (すなわち、過度なヘッドの移動に関連付けられている) データの品質を危険にさらす可能性があります。患者は、自分の下肢のライブ映像を見ることは、プロトコルは、鮮やかさと参加者がタスクを受けながら感じているの浸漬を適切に評価するためのアンケートを欠いています。さらに、我々 はこの手法で患者が実際に動きまたは下肢のバーチャルリアリティ画像投影を実行せず脚の動きの記録のみ視覚的刺激などの他の戦略と実行されるタスクを比較しません。移動。これは、特にそれはこのプロトコルの目標ではないので、既に研究とこれらの介入を比較と活性化のパターンの違いだけでなくの鮮やかさには差を認めなかった前の調査があるので介入、18で前述のタスク。さらに、運動に関連する課題を克服するために、現在最新のモーション検出と補正戦略26を採用しました。さらにデータ品質を新たな戦略を改善するために (例えば、脚の動きを特定するために被験者の腰の周りに配置物理的な制約) 進められています。最後に、変更とトラブルシューティングは、に関して制定した当初私たちを取得し、適切に患者のより低い肢反射ミラーをキャプチャできませんでした固定カメラ スタンドしかし、最も正確かつ正確な画像伝送を入手することができる調節可能なスタンドを利用できました。また、プロトコルの開発の最初のステップの間にミラー スタンドは壊れやすく、穏やかな動きで簡単に落ちた。これは、土嚢は、鏡のモンタージュに安定性を与えるに追加されたときに克服されました。

最後に、実験のセットアップを実装するための使いやすさを考えると、このアプローチは MT の下肢切断者のみならず脳卒中や脊髄損傷など、この処置のアプローチを使用して、他の条件に及ぼす影響の評価を許可可能性があります。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

この調査はサポートされた NIH RO1 付与 (1R01HD082302) によって。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Scanner Phillips NA 3 Tesla Philips Acheiva MRI scanner
Camera Logitech NA HD Pro Webcam C910
Monitor Cambridge Research Systems NA  3D BOLD screen for MRI
Mirror TAP Plastics 99999 Mirrored Acrylic Sheets (Cut­to­Size) ­ Clear 1/8 (.118)" Thick, 10" Wide, 40" Long
Mirror stand NA Mirror stand was built by the co-investigators from a rectangular piece of wood
Headphones Westone Sensimetrics PN 79245 Replacement comply foam tips for universal-fit earphones. Canal size: Standard 6 pieces/ 3 pair 
MR compatible in ear headphones
MRI Scanner Phillips 3.0 T Philips Achieva System 

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Louis, E. D., York, G. K. Weir Mitchell’s observations on sensory localization and their influence on Jacksonian neurology. Neurology. 66, (8), 1241-1244 (2006).
  2. Weinstein, S. M. Phantom Limb Pain and Related Disorders. Neurologic Clinics. 16, (4), 919-935 (1998).
  3. Rudy, T. E., Lieber, S. J., Boston, J. R., Gourley, L. M., Baysal, E. Psychosocial Predictors of Physical Performance in Disabled Individuals With Chronic Pain. The Clinical Journal of Pain. 19, (1), 18-30 (2003).
  4. Whyte, A. S., Carroll, L. J. A preliminary examination of the relationship between employment, pain and disability in an amputee population. Disability and Rehabilitation. 24, (9), 462-470 (2002).
  5. Flor, H., Diers, M., Andoh, J. The neural basis of phantom limb pain. Trends in Cognitive Sciences. 17, (7), 307-308 (2013).
  6. Flor, H., Nikolajsen, L., Staehelin Jensen, T. Phantom limb pain: a case of maladaptive CNS plasticity? Nature Reviews. Neuroscience. 7, (11), 873-881 (2006).
  7. Lotze, M., Flor, H., Grodd, W., Larbig, W., Birbaumer, N. Phantom movements and pain. An fMRI study in upper limb amputees. Brain: A Journal of Neurology. 124, (Pt 11), 2268-2277 (2001).
  8. Foell, J., Bekrater-Bodmann, R., Diers, M., Flor, H. Mirror therapy for phantom limb pain: Brain changes and the role of body representation. European Journal of Pain (United Kingdom). 18, (5), 729-739 (2014).
  9. Subedi, B., Grossberg, G. T. Phantom limb pain: Mechanisms and treatment approaches. Pain Research and Treatment. 2011, (2011).
  10. Elbert, T., et al. Extensive reorganization of the somatosensory cortex in adult humans after nervous system injury. NeuroReport. 5, (18), 2593-2597 (1994).
  11. Diers, M., Christmann, C., Koeppe, C., Ruf, M., Flor, H. Mirrored, imagined and executed movements differentially activate sensorimotor cortex in amputees with and without phantom limb. Pain. 149, (2), 296-304 (2010).
  12. Chan, B. L., et al. Mirror therapy for phantom limb pain. The New England Journal of Medicine. 357, (21), 2206-2207 (2007).
  13. Flor, H., Knost, B., Birbaumer, N. Processing of pain- and body-related verbal material in chronic pain patients: central and peripheral correlates. Pain. 73, (3), 413-421 (1997).
  14. Flor, H., Braun, C., Elbert, T., Birbaumer, N. Extensive reorganization of primary somatosensory cortex in chronic back pain patients. Neuroscience Letters. 224, (1), 5-8 (1997).
  15. Bolognini, N., Russo, C., Vallar, G. Crossmodal illusions in neurorehabilitation. Frontiers in Behavioral Neuroscience. 9, (August), (2015).
  16. Senna, I., Russo, C., Parise, C. V., Ferrario, I., Bolognini, N. Altered visual feedback modulates cortical excitability in a mirror-box-like paradigm. Experimental Brain Research. 233, (6), 1921-1929 (2015).
  17. Ambron, E., Miller, A., Kuchenbecker, K. J., Buxbaum, L. J., Coslett, H. B. Immersive low-cost virtual reality treatment for phantom limb pain: Evidence from two cases. Frontiers in Neurology. (2018).
  18. Diers, M., et al. Illusion-related brain activations: A new virtual reality mirror box system for use during functional magnetic resonance imaging. Brain Research. 1594, 173-182 (2015).
  19. Makin, T. R., et al. Phantom pain is associated with preserved structure and function in the former hand area. Nature Communications. 4, 1570 (2013).
  20. Darnall, B. D., Li, H. Home-based self-delivered mirror therapy for phantom pain: A pilot study. Journal of Rehabilitation Medicine. 44, (3), 254-260 (2012).
  21. Rothgangel, A. S., Braun, S. M., Beurskens, A. J., Seitz, R. J., Wade, D. T. The clinical aspects of mirror therapy in rehabilitation: a systematic review of the literature. International Journal of Rehabilitation Research. 34, (1), 1-13 (2011).
  22. Griffin, S. C., et al. Trajectory of phantom limb pain relief using mirror therapy: Retrospective analysis of two studies. Scandinavian Journal of Pain. 15, 98 (2017).
  23. Tsao, J. W., Finn, S. B., Miller, M. E. Reversal of phantom pain and hand-to-face remapping after brachial plexus avulsion. Annals of Clinical and Translational Neurology. 3, (6), 463-464 (2016).
  24. Tung, M. L., et al. Observation of limb movements reduces phantom limb pain in bilateral amputees. Annals of Clinical and Translational Neurology. 1, (9), 633-638 (2014).
  25. Datta, R., Dhar, M. Mirror therapy: An adjunct to conventional pharmacotherapy in phantom limb pain. Journal of Anaesthesiology, Clinical Pharmacology. 31, (4), 575-578 (2015).
  26. Kim, S. Y., Kim, Y. Y. Mirror therapy for phantom limb pain. The Korean Journal of Pain. 25, (4), 272-274 (2012).
  27. Halligan, P. W., Zeman, A., Berger, A. Phantoms in the brain. Question the assumption that the adult brain is “hard wired“. BMJ (Clinical Research ed.). 319, (7210), 587-588 (1999).
  28. Flor, H., et al. Phantom-limb pain as a perceptual correlate of cortical reorganization following arm amputation. Nature. 375, (6531), 482-484 (1995).
  29. Genius, J., et al. Mirror Therapy:Practical Protocol for Stroke Rehabilitation. Pain Practice. 16, (4), 422-434 (2013).
  30. Forman, S. D., et al. Improved assessment of significant activation in functional magnetic resonance imaging (fMRI): use of a cluster-size threshold. Magnetic Resonance in Medicine. 33, (5), 636-647 (1995).
  31. Pinto, C. B., et al. Optimizing Rehabilitation for Phantom Limb Pain Using Mirror Therapy and Transcranial Direct Current Stimulation: A Randomized, Double-Blind Clinical Trial Study Protocol. JMIR Research Protocols. 5, (3), e138 (2016).
  32. Goense, J., Bohraus, Y., Logothetis, N. K. fMRI at High Spatial Resolution: Implications for BOLD-Models. Frontiers in Computational Neuroscience. 10, 66 (2016).
  33. Khor, W. S., et al. Augmented and virtual reality in surgery—the digital surgical environment: applications, limitations and legal pitfalls. Annals of Translational Medicine. 4, (23), 454 (2016).
  34. Nosek, M. A., Robinson-Whelen, S., Hughes, R. B., Nosek, T. M. An Internet-based virtual reality intervention for enhancing self-esteem in women with disabilities: Results of a feasibility study. Rehabilitation Psychology. 61, (4), 358-370 (2016).
  35. Henry, J. Virtual Reality in 2016: Its Power and Limitations. Medium. (2016).
  36. Renner, R. S., Velichkovsky, B. M., Helmert, J. R. The perception of egocentric distances in virtual environments - A review. ACM Computing Surveys. 46, (2), 1-40 (2013).
  37. Huang, M. P., Alessi, N. E. Current limitations into the application of virtual reality to mental health research. Studies in Health Technology and Informatics. (1998).
  38. Ballester, B. R., et al. Domiciliary VR-Based Therapy for Functional Recovery and Cortical Reorganization: Randomized Controlled Trial in Participants at the Chronic Stage Post Stroke. JMIR Serious Games. 5, (3), e15-e15 (2017).
  39. Bower, K. J., et al. Clinical feasibility of interactive motion-controlled games for stroke rehabilitation. Journal of Neuroengineering and Rehabilitation. 12, 63 (2015).
  40. Reed, S. K. Structural descriptions and the limitations of visual images. Memory & Cognition. 2, (2), 329-336 (1974).
  41. Boynton, G. M., Engel, S. A., Glover, G. H., Heeger, D. J. Linear Systems Analysis of Functional Magnetic Resonance Imaging in Human V1. The Journal of Neuroscience. 16, (13), 4207-4221 (1996).
  42. Jenkinson, M., Beckmann, C. F., Behrens, T. E. J., Woolrich, M. W., Smith, S. M. FSL. NeuroImage. 62, (2), 782-790 (2012).
  43. Smith, S. M., et al. Advances in functional and structural MR image analysis and implementation as FSL. NeuroImage. 23, (Supple), S208-S219 (2004).
  44. Siegel, J. S., et al. Statistical Improvements in Functional Magnetic Resonance Imaging Analyses Produced by Censoring High-Motion Data Points. Human Brain Mapping. 35, (5), 1981-1996 (2014).
  45. Desikan, R. S., et al. An automated labeling system for subdividing the human cerebral cortex on MRI scans into gyral based regions of interest. NeuroImage. 31, (3), 968-980 (2006).
幻肢痛に対する鏡治療に関連付けられている関連する神経基盤の特性のため、MRI でリアルタイム映像投影
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Saleh Velez, F. G., Pinto, C. B., Bailin, E. S., Münger, M., Ellison, A., Costa, B. T., Crandell, D., Bolognini, N., Merabet, L. B., Fregni, F. Real-time Video Projection in an MRI for Characterization of Neural Correlates Associated with Mirror Therapy for Phantom Limb Pain. J. Vis. Exp. (146), e58800, doi:10.3791/58800 (2019).More

Saleh Velez, F. G., Pinto, C. B., Bailin, E. S., Münger, M., Ellison, A., Costa, B. T., Crandell, D., Bolognini, N., Merabet, L. B., Fregni, F. Real-time Video Projection in an MRI for Characterization of Neural Correlates Associated with Mirror Therapy for Phantom Limb Pain. J. Vis. Exp. (146), e58800, doi:10.3791/58800 (2019).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter