Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Medicine

プロトコルおよび国際専門家のコンセンサスに基づいた新生児の肺疾患の診断にポイント ・ オブ ・ ケア肺超音波のためのガイドライン

doi: 10.3791/58990 Published: March 6, 2019
1Department of Neonatology and NICU, Beijing Chaoyang District Maternal and Child Healthcare Hospital, 2The Neonatal Lung Ultrasound Training Base, Chinese College of Critical Ultrasound, 3Emergency Department, Cattinara University Hospital, 4Division of Pediatric Radiology, Department of Radiology, Medical University Graz, 5Faculty of Medicine, University of Novi Sad, Radiology Department, Institute for Children and Adolescents Health Care of Vojvodina, 6Pediatric Intensive Care Unit, Pediatric Service Hospital Joan XXIII Tarragona, University Rovira i Virgil, 7Division of Neonatal-Perinatal Medicine, Cohen Children's Medical Center, 8Department of Neonatology, Children's Hospital of Soochow University, 9Department of Neonatology, Udine University Hospital, 10Center for Newborn Care, Guangzhou Women and Children's Medical Center, 11Division of Neonatology, Children's Hospital of Philadelphia, 12Department of Radiology, Children's Hospital of Philadelphia, 13Division of Neonatology and NICU, Cook County Children's Hospital, University of Illinois, 14Division of Neonatology, Department of Pediatrics, Taipei Medical University, 15Department of Pediatrics and Community Health Sciences, University of Calgary, 16Department of Pediatrics, The Third Affiliated Hospital of Xinxiang Medical University, 17Department of Ultrasound, GE Healthcare, 18Intensive Care Unit, Zhejiang Hospital, 19Collaborative Innovation Center for Maternal and Infant Health Service Application Technology, Quanzhou Medical College, 20Department of Ultrasound, Beijing Children's Hospital Affiliated with Capital Medical University, 21Department of Neonatology and NICU, Tai'an City Central Hospital of Shandong Province, 22Department of Intensive Care Unit, The Second Affiliated Hospital of Heilongjiang University of Chinese Medicine

Summary

肺の超音波は、ベッドサイド評価新生児肺疾患の非侵襲的、貴重なツールです。ただし、基準、プロトコルおよびガイドラインの相対的な不足は、そのアプリケーションを制限可能性があります。ここでは、臨床の意思決定で使用される標準化された新生児肺超音波診断プロトコルの開発を目指しています。

Abstract

超音波検査は放射線診断の使用を未然に防ぐ安全なベッドサイド イメージング ツールです。その利便性のため肺超音波は新生児医師から注目を受けています。それにもかかわらず、基準をクリアし、ガイドラインの限界はこの診断モダリティの正確なアプリケーションに必要な。このドキュメントには、専門家の意見を要約して新生児の肺疾患の診断における肺の超音波の使用を容易にするために精密なガイダンスを提供するために目指しています。

Introduction

胸部 x 線写真 (CXR) や胸部コンピューター断層撮影 (ct) は、肺疾患の診断における主なイメージング ツールです。長い時間のため肺超音波 (LU) は空気が発生した場合に完全に超音波が反射するので肺疾患の診断に「禁止区域」をと考えられました。しかし、大人・子供・新生児1,2,3,45の異なる病理学的変化によって形成される超音波の成果物を活用することにより、「ゾーンを禁じられた」これがされています。争いとポイント ・ オブ ・ ケア肺超音波 (POC LU) は、肺疾患の診断のため正常に使用されています。何人かの著者は、その精度、信頼性、性能の容易さおよび潜在的な副作用 (すなわち、放射)5,6の欠乏による肺疾患の評価で最寄りのイメージ投射様相として POC LU を推奨しています。,7. いくつか新生児集中治療室 (Nicu)、POC LU は CXR を交換、診断とさまざまな新生児肺疾患5,6,の鑑別診断のために使用される最初の行アプローチになります。7,8,9

それにもかかわらず、POC LU の使用は、運用プロトコル、診断基準およびガイドラインの不足のために限られています。中国小児科学会の周産期部門と部門新生児超音波社会の組み合わせで中国の新生児科医協会の中国語大学と新生児のフィールド内の POC LU の適切な利用を促進するために重要な超音波は、新生児の LU で最新の出版物を確認する国際的な専門家委員会を開催しています。パネルは、これらの専門家の意見を要約し、存在の LU プロトコルおよびその使用のためのガイドラインを開発しました。主な目的は、ニカスで POC lu アプリケーションを普及させるための CXR の数を減らすと潜在的な放射線の有害な影響を避けるためです。リアルタイム イメージング手法として LU は、ユーザーフレンドリーな簡単に学ぶこと、および、適切なトレーニングを複製する簡単です。

患者と LU 検査のタイミング

最初の LU POC 試験の適応を含める: (i) 肺野病変の呼吸 (ii) 出生前の疑いのため入院新生児および (iii) 新生児呼吸状態の急激な劣化。

POC LU のフォロー アップ試験の適応を含める: (i) 呼吸器サポートをご案内するために支援 (経験豊富な手の機械的人工換気の離乳超音波援用可能性があります大幅人工呼吸期間の短縮および削減抜管障害。)(ii) 繰り返し界面活性剤治療の必要性を確認するにも界面活性剤出産後呼吸サポートのレベルの変化を導くための支援(iii) 必要なときに呼吸器疾患の進行状況の監視(改善の治療上の可視化と同様、iv) (すなわち、胎便吸引症候群、重度の肺炎や無気肺を児) のためのポスト気管支肺胞洗浄期間での肺や無気肺の程度の変化を次します。穿刺 (胸水や気胸)10,11の効果。

肺超音波用語

胸膜線と摺動肺12,13: 胸膜線は肺胸膜表面界面間の音響インピー ダンスの違いによって形成されるエコー反射。それは滑らかな、定期的かつ比較的直線エコー ライン (補足図 1) として表示されます。ぼかし、凹凸、胸膜の線の継続性の中断の有無が異常を示します。リアルタイム超音波で胸膜の線にする- とあちこち-パターンは、呼吸運動と同期に移動します。このような動きは、スライディング (ビデオ 1) 肺と呼ばれます。摺動肺の不在は病理では常に。

子供ドレス a ライン12,13: a ラインはプローブがスキャンの肋骨に垂直な場合、胸膜の多重反射による残響アーティファクトのタイプ。A ラインは、胸膜の線の下にあるし、滑らかな、明確な定期的かつ等距離無エコー平行線のシリーズとして存在します。A 線エコーは徐々 に、彼らは最終的に消える (補足図 2) 肺野に深く移動を減少させます。

B 線13,14,15: 現在の文献および新生児の肺疾患の分野での臨床経験に基づいて、我々 は次のようにこれらの用語に定義した: 単一の B 線は線形エコー超音波の波発生による成果物の反射の一種です肺胞気-液界面。B ラインから生じる、胸膜の線にほぼ垂直です。彼らは色褪せることのない画面の端に下方に広がる、同調に肺をスライド移動します。合流の B 線は B-ライン (B 線融合、カウントし、区別しにくい B ラインを反映して) で満ちている全体の肋間スペースとして定義されている間の肋骨の 2 つの音響の影。肺胞間質性症候群 (AIS) は、任意のスキャン領域 (補足図 3) で合流 B 行の 2 つ以上のシーケンシャル肋間スペースとして定義されます。

コンパクトな B ラインと白い肺15,16: 集中 B ラインの存在が全体のスキャン ゾーン以内に消失するリブの音響の影を引き起こす可能性がありますスキャン肋骨に垂直にプローブを使用する場合。B 線のこのタイプは、コンパクトな B ラインと呼ばれます。白い肺は肺の両側に各スキャン ゾーンを提示する B ラインのコンパクトとして存在です。コンパクトな B ラインと白い肺は、重篤な肺浮腫 (補足図 4) の症状です。

肺の統合および細断処理記号17,18: LU、上肺野は通常肺の統合を表す組織のような密度 (肺組織 'hepatization') を必要があります。空気気管支造影像や流体の気管支造影像 (動画 2) 最も重症でも動的空気気管支肺統合を伴うことがあります。連結肺組織と曝気肺組織の境界が明確な 2 つの領域間に形成されたエコー超音波サインは細断処理印 (補足図 5) と呼ばれます。

肺パルス19: リアルタイム超音波で観察すると心臓の鼓動と同期して肺統合が十分に大きければ、中心部の端に近い連結肺が脈動するのに表示される場合。この記号は、肺パルス (動画 3) と呼ばれます。

肺ポイント13,18,20: リアルタイム超音波下摺動肺が存在し、存在しない場合は、代替領域の外観は、肺点と呼ばれます。肺気胸の特定サインで、軽度中等度気胸が存在する場合、正確にガスの境界の位置を見つけることができます (補足図 6)。

肺二重ポイント21: 肺の別の領域で、重要度および/または病変の性質に違いがあるため、垂直スキャン、鋭いカットオフ ポイント間フォーム上下肺野との間に明確な違いを見つけることができる、上下肺野がダブル ポイント (補足図 7) として知られています。

サンディ ビーチに署名し成層圏サイン20,21,22: M モード超音波下で一連の胸膜の線の上の波状ライン エコーと胸膜の線の下制服の細かいドット エコー (肺の摺動によって生成された) は一緒に砂浜の記号または海岸の標識として知られている浜のような記号を形成します。摺動肺が消えたら、細かいドットのエコーは水平の平行線のシリーズに置き換えられます。このような超音波の記号は、成層圏の記号またはバーコード標識 (補足図 8) と呼ばれます。

Protocol

この作品は北京朝陽地区科学委員会・北京朝陽地区母と子医療病院の倫理委員会の研究倫理委員会によって承認され、のガイドラインをプロトコルに従います病院の人間研究倫理委員会。

1. 超音波試験準備

  1. プローブの選択
    1. POC - lu の高解像度を確保するための高周波リニア プローブ (≥9.0 MHz) を選択します。
      メモ: 高いリニア探触子の周波数より高い解像度を確保するために使用されます。低い妊娠年齢や低出生体重児は、高周波数のプローブが必要です。浸透が十分ではないとき頻度を減少または低い周波数ライナー プローブに変更します。適したリニア探触子を使用できない場合は、高周波 (≥8.0 MHz) 凸型アレイ プローブを使用してください。
  2. プローブの消毒
    1. 院内感染・交差汚染を避けるために患者の検査の前後には、プローブを消毒します。
      注: 最も簡単な最も便利で効果的な殺菌方法は特別な消毒ワイプを使用です。また、powderless 手袋またはプローブ カバーも考慮します。
  3. プリセットの選択
    1. LU のプリセットを選択します。
    2. プリセット肺スキャン LU がない場合の画像を最適化します。
      1. 小さな部品のプリセットのいずれかを選択します。
      2. 肺スキャンを実行するためのパラメーターを変更します。4-5 cm ように深度ボタンを調整します。
      3. 1-2 焦点と胸膜の線のレベルに近いフォーカス位置を調整するフォーカス ゾーンボタンを押します。スリランカ(スペックル低減イメージング) ボタンをオンにし、スペックル ノイズを低減する 2-3 のレベルを選択します。
      4. CRIボタン (帆げた) をオンにし、コントラスト分解能を改善するために 2 のレベルを選択します。信号対雑音比を改善する基本周波数を使用して、シャープな A ライン、B ラインの高調波をアクティブにします。
  4. 超音波ゲル アプリケーション
    1. ゲルを暖かい。
    2. 探触子にゲルの層を適用します。探触子と皮膚の表面との間の空気の泡を避けるためにことを確認します。

2. 幼児の位置決め

  1. 幼児を静かな状態にしてください。
  2. 調査対象の領域だけを公開する幼児を押さえつけます。
  3. 前に、と審査過程中に仰臥位、なりやすい幼児や側位置を配置します。
    注: 一般に、勧めしませんおしゃぶりの使用を奨励しながら、鎮静剤を使用します。臥位のポジショニングは、前方と横方向の胸部のスキャンに便利です。傾向があるまたは側面の位置は背中と胸部のスキャンのため便利です。

3. 肺のパーティション分割

  1. 6 地域法
    1. 3 つの地域に各肺を分ける: 前部、側面と後部の肺野領域。これを行うには、前腋窩線、後腋窩線を境界として使用します。両方の肺を合計六つの地域に分割します。
  2. 12 地域法
    1. 乳首を結ぶ線を使用して、上下肺野、肺の両側 12 地域の合計で各肺に分割します。
      注: は、全体の肺野を慎重にスキャンします。6 または 12 の領域のそれぞれは包括的なカバレッジを確保するため、既存の肺病変を行方不明者の可能性を最小限に抑えるため別々 にスキャンする必要があります。

4. スキャン モードの選択

  1. 超音波 B モード
    1. B モード走査を開始するユーザー インターフェイスで2 Dボタンを押します。
      注: B モード スキャンは最も重要な LU の画像を得ることに最もよく使用されるモードです。肺疾患の大半は、B モードのスキャンで診断できます。
  2. M モード超音波
    1. M モード スキャン必要な場合を開始するユーザー インターフェイスのMボタンを押します。
      注: M モード超音波は気胸の可能性を更に確認のために有用。
  3. 色や電源のドップラー超音波
    1. 必要な場合に色や電源のドップラー検査を開始するユーザー インターフェイスで [ C ] ボタンまたはPDボタンを押します。
      注: 肺の統合の大きな領域の血流を評価したり、血管から気管支を区別するために、ドップラー超音波は時折使用します。

5. スキャン方法

  1. 垂直スキャン
    1. 肋骨に垂直探触子を配置、垂直走査を実行する広い軸側面正中線からそれをスライドさせます。
    2. 肺の最初の領域をスキャンした後にから探触子を移動し、肺のすべてのフィールドが調べられますまで残りの領域をスキャンします。
      注: 垂直スキャン、最も重要なスキャン方法です。探触子を肋骨に垂直に保つことは、正確で信頼性の高い結果を得るための鍵です。
  2. 並列スキャン
    1. 垂直スキャンを終えた後、トランスデューサー 90 ° を回転します。探触子を肋骨に平行に保つため、並列スキャンを実現する狭い軸に沿ってスライドさせます。
    2. 肺の最初の領域をスキャンすると後から探触子までスキャンまで残りのエリアまで移動肺のすべてのフィールドが調べられます。
  3. 横隔膜をスキャン
    1. 以下、剣状探触子を置き、横隔膜と音響窓として肝臓を介して肺の下部をスキャンする側に側から探触子の角度。
      注: 深さを増加して領域を拡大する、これまでフィールド必要な場合仮想凸スキャンをオンに。

Representative Results

このプロトコルとガイドラインの主な目的は診断し、一般的な新生児の肺疾患を区別するために LU を使用する方法をユーザーに指示します。呼吸窮迫症候群 (RDS)、一過性多呼吸が新生児 (TTN)、肺炎、胎便吸引症候群 (MAS)、肺出血、肺の無気肺、気胸などが含まれます。したがって、通常新生児 LU 特性と異なる肺疾患の LU の診断基準は、詳細に説明します。

正常新生児肺超音波

新生児の正常肺野 B モード超音波で低エコーが表示されます。胸膜線と A 線が滑らかな、定期的かつ直線です。前述のように、A-ライン無エコー、並列配置で 1 互いに等距離、形成して竹印として知られている竹のような外観の一種です。A ラインのエコーは、彼らは肺野部に深い、浅いから消えるまでに徐々 に減少させます。ないがあります任意の B 線 (生後後 3 ~ 7 日) またはちょうど少数の B 線 (生後後 3 ~ 7 日) 以内で肺野。ただし、AIS、胸水または肺の統合はありません。M モード イメージングで線形パターン胸膜の線では、表面的な組織で、粒子の粗いや砂のパターン表示されます海岸記号23 (図 1) を作成する胸膜の線の下に対し、スライディング肺はリアルタイム超音波による検出 ,24

LU 特性と新生児の肺疾患の診断基準

新生児呼吸窮迫症候群 (RDS)

RDS は、主な臨床症状、呼吸促迫、エディタジェームズ、grunting チアノーゼ、肺疾患を指します。出生後すぐに表示されます。RDS は、それぞれプライマリまたはセカンダリ早産や新生児の肺サーファクタントの欠乏が原因です。界面活性剤の不足を引き起こす肺の無気肺および低肺ボリューム25,26,27の開発。現在、RDS の診断は CXR 所見、臨床症状の歴史に基づいています。ただし、RDS も診断できる簡単かつ正確に LU によって。Rds 673 新生児を含むメタ解析は、感度と LU の RDS の診断に特異性は 99%、96%、それぞれ28示した。

RDS の LU の診断は、次の調査結果16,28,29,30,31,32,33,34に基づいています。(空気気管支造影像を伴う肺 i) 統合、RDS は、次の特徴はの最も重要な LU 症状: (a) の統合、肺の後部の部分で最も多く観察されます。統合の程度は、病気の重症度に関連です。(b) 連結、軽度 RDS 患者における胸膜の下に地域にのみ限定。逆に、統合の分野はより深刻な RDS に肺野のより深い部分に拡張可能性があります。(c) 通常、統合表示されます異なる肺野に両側。それにもかかわらず、彼らは肺の 1 つの側面の特定の肋間に制限されるかもしれない。連結エリアは不均一な低エコー品質を示し、周囲の肺組織との境界ははっきりと区別しやすい。(d) 空気気管支造影像は、高密度、斑点や雪の結晶のような図形を表示します。(ii)、胸膜の線が異常と A ラインが消えます。(AIS iii) 非連結のゾーンが表示されます。(iv) 15% から 20% の患者の片側または両側胸水の程度が異なるがあります。

さらに、肺の状態の変化は効率的にフォロー アップの LU でをすることができます。LU 所見の改善は、非依存性より良い換気な地域なので頻繁に最初前方肺領域で観察されます。凝集誘起発光 (AIE)、間質性の浮腫 (IE)、AIE の統合からの移行通常 LU パターンまたは逆に IE を見ることができます。この LU の品質は、界面活性剤の補充療法の影響 (図 2) の推定が可能です。

(TTN) 新生児一過性多呼吸

TTN を 『 新生児のウェット肺 』 とも呼びます。新生児の最も一般的な呼吸器疾患の一つです。TTN は、特別な操作なしの 24 から 72 時間以内に回復するほとんどの患者自己限定です。稀に、それは重度の呼吸困難、低酸素血症、気胸やも死35,36につながることができます。TTN はしばしば過小診断、特に早産児の間で。従来の診断基準36,37によると実際に TTN が持っていたように RDS と臨床的に診断された児の 77% に 62% といわれています。LU は、TTN は、LU によって RDS と他の肺疾患と簡単に区別することができますので、そのような誤診をなくすことができます。

TTN の主な特徴は肺浮腫肺統合せず、次の結果21,30,31,38,39に基づいて診断されます。(i) 軽度 TTN は主に AIS や肺二重ポイントとして現れます。二重肺点は病気からの回復と見えるかもしれませんが、急性期重症 TTN は主にコンパクトな B ライン、白い肺または厳しい AIS として現れます。(ii) 軽度または重度の TTN は胸膜線異常、a ラインの消失および 1 つで胸水の程度が異なるまたは胸の両側側面が特徴です。(iii) 統合は肺野 (図 3) で観察されます。

Pneumonia新生児の

肺炎は、ターミナルの気道、肺胞腔と肺間質領域を含む肺実質の炎症を指します。それは伝染性の微生物または物理的または化学的要因が原因です。病理では, 肺胞の炎症性浸出物、充血、浮腫があります。細気管支上皮細胞の壊死が発生すると、大気捕集と無気肺内腔の粘膜や細胞の残骸があります。肺炎は、発展途上世界40,41を中心にすべての新生児死亡の以上 1/4 すべての新生児入院し伝染性肺炎アカウントの 3 分の 1 以上を担当。メタ分析は、LU を使用して両方の大人と子供の42,43肺炎を診断する感度 96%、特異度 93% 以上より高いを示した。

肺炎の LU イメージング特性には次43,44,45,46,47,48が含まれます。(空気気管支や気管支; 流体を伴う肺 i) 統合肺の統合、肺炎の主な超音波イメージング機能次によって特徴付けられる: (a) 重症肺炎で統合のサイズが不規則またはギザギザした境界を通常大きい。連結部分のエッジで細断処理記号が表示されるダイナミック気管支造影像は、頻繁に重症患者の目に見えるから。(b) 連結は肺野の 1 つまたは複数の位置であるかもしれないし、の連結領域サイズとで異なる肺野形状の異なる場合があります。(ii)、胸膜の線は異常な A ラインが消えます。(iii) B ラインまたは AIS は単独のエリアに表示されます。(iv) 片側または両側胸水の異なるいくつかの幼児に表示されます。(v) 軽度または早期の肺炎の主な症状は、小さな胸膜焦点統合や AIS (図 4) として提示することがあります。

新生児の胎便吸引症候群 (MAS)

MAS は前に、または配信プロセス中に幼児で排便し羊水の胎便ステンドの吸入につながる胎児低酸素症が原因です。胎便の粒子は、終末細気管支、肺胞化学炎症とセカンダリ界面活性剤の欠乏の機械的閉塞を引き起こします。これらの変更はさらに空気トラッピング、無気肺、肺胞や間質性肺水腫に します。深刻な MAS チアノーゼ、呼吸促迫、鼻、フレア、エディタジェームズ生年月日時間以内 grunting など重度の呼吸困難の徴候の頻繁に現在の幼児。MAS は、新生児呼吸不全のすべての場合の約 10% のための深刻な肺疾患会計です。これらの患者の 10% から 20% が気胸を発生し、報告された死亡率が 39% と新開発先進国49,50ほど高くすることができます。

MAS の LU の診断のための基盤のとおり51,52,53: 空気気管支造影像を伴う (i) 肺の統合、MAS の特性の最も重要な超音波検査。連結の範囲は、病気の程度に関連です。連結領域の輪郭が不規則なまたはジャグ、細断処理記号が表示されます。統合の度合いは、肺の 2 つの側の間に異なる場合があります。同様に、統合のさまざまなサイズは、同じ側の肺があるかもしれない。(ii)、胸膜の線が異常と a ラインが消えます。(iii) B ラインや AIS は、単体のゾーンで表示されます。(iv) 何人かの患者は、片側または両側胸水の程度が異なるにあります。マスおよび超音波症状に基づいて肺炎を区別することは困難です。したがって、確定診断を得るには、周産期の歴史、物理的な試験、検査所見 (図 5) と超音波所見を結合する必要があります。

(PHN) 新生児の肺出血

PHN は独立した肺疾患ではありません。一般に、それは他の病気の合併症、その発症は突然、急速に高い死亡率率を持っている PHN の原因乳児が悪化します。病理 PHN を通常と肺胞の構造物被害、焦点、地域、またはびまん性出血として提示できます。肺の間質部も影響を受けることができます。PHN は55生命54,の最初の週の内で発生する PHN のほぼ 90% と出生後最初の数日間内で多く発生します。

56,57は PHN の LU 特徴を次のように: (i)、細断処理記号はPHNの最も一般的なと最も重要な LU。(ii) 空気気管支造影像を伴う肺統合の程度は原疾患の重症度に関係しています。(片側または両側胸水の患者の 80% iii) 以上あります。通常、穿刺は胸水は出血を確認します。重症の場合、繊維、ひも様、フィブリンの変性によって形成される浮動オブジェクトが胸水内表示されます。リアルタイム超音波による呼吸運動と共に胸水に浮かんでいる、これらのオブジェクトを見ることが。(iv) その他兆候には、胸膜線異常、ライン消失、AIS (図 6) が含まれます。

新生児の肺の無気肺

前回展開された肺組織の崩壊から生じる不十分な通気は、無気肺49,50として定義されます。無気肺は、病態に基づく圧縮と閉塞性無気肺に分けることができます。完全な無気肺や無気肺の程度によると不完全な無気肺にも分かれます。それは独立した病気だけでなく、複数の疾患の一般的な合併症ではなくです。無気肺および新生児の呼吸障害の一般的な原因は、しばしば長期の病気または人工呼吸器サポートから離乳の難しさに貢献します。正しい診断と適切な治療改善の結果58,59リード。LU は、無気肺発生の場合素晴らしい診断値を持ちます。

LU の特徴的な所見があります60,61,62: (i) 肺の統合を伴う空気気管支造影像、または動的な気管支または並列空気気管支造影像が重症で表示されます。(ii) 統合領域の端が比較的はっきりと重度の大面積無気肺発生に通常です。無気肺発生が小さい領域に限られている統合領域の端に明白なできない場合があります。(iii) 統合地区胸膜線は異常な A ラインが消えます。(リアルタイム超音波下でよく消える肺スライディング iv) 重度または広域の無気肺の初期の段階で肺パルスが表示ことがあります。(v)、肺の血流は、色か力ドップラー超音波によって連結領域で表示ことがあります。無気肺 (無気肺の最終段階) が解決しない場合、動的気管支造影像と血流の両方で (図 7、図 8、ビデオ 4 補足ビデオ 1 ビデオ 2 の補足) が表示されなくなります。

新生児の気胸

胸膜腔内の空気の異常な蓄積は、気胸として定義されます。高い罹患率と死亡率特に早産児63,64に関連付けられている比較的一般的なしかし重要な新生児の病気です。気胸の超音波診断は非常に特異的かつ高感度です。LU は CXR 気胸66,67の検出のより正確なメタ分析と将来の制御の研究を示しています。

気胸が次の LU の兆候20,65,66,67,68に基づいて診断された: (i) 肺摺動の消失は超音波診断の最も重要な記号気胸。摺動肺が存在する場合は、気胸を本質的に除外できます。(ii) B 線や彗星の尾の兆候がない場合現在気胸を除外することも。(iii) 肺ポイントの明確な存在は、軽度から中等度気胸の超音波診断のための特定の署名です。ただし、重度の気胸では肺点はありません。気胸の診断に肺ポイントの特異性は、約 70% またはより高い21の感度 100% です。(iv) 胸膜線と A 線が存在します。これらの行が表示されなくなった場合、気胸を除外できます。(v) M モード イメージング砂浜で標識は成層圏の兆候 (図 9、図 10、ビデオ、 ビデオ 6 5) に置き換えられます。

初心者には、臨床的疑問がある場合、次の手順を実行可能性があります。(i) まず、胸膜のラインと a ラインを観察: 彼らが存在しない場合は、気胸を除外できます。(ii) 胸膜線と A 線 (つまり B モード超音波下正常肺の外観) 現在は、超音波下にスライディング肺を観察します。それが存在する場合は、気胸を除外できます。(iii) 肺のスライディングが消え、B 線や彗星のテールサインを観察します。いずれかが存在する場合は、気胸を除外できます。(iv) 摺動肺消える B 線がない場合、ポイント肺を観察します。存在する場合、軽度-中等度気胸は基本的に認めた。それは存在しない、重度の気胸が発生しました。(v) M モード イメージングに関するビーチ記号が成層圏記号で置き換えられている場合は、気胸の存在を確認、さらに。気胸の診断手順は、図 11に示されています。

心不全で肺浮腫

新生児の肺浮腫の原因は、成人人口のものに似ています。に加えて、新生児先天性心疾患や心不全、気管支肺異形成 (BPD) と多くの早産児は肺水腫69,70と一貫性のある徴候を示すことがあります。時折、LU は、二国間の B 線または CXR 前であってもに、間質液の増加を示しています。このパターンは、心臓治療や手術時に向上させること。

正しい ETT の配置と位置を調べる

小児・新生児の集団の研究を示している POC 米国が適切な気管内チューブ (ETT) 配置と許容の ETT 先端の位置71,72,を確認する臨床的に使用されている実行可能なツールであること73,74,75。適切な気管内チューブの配置には、気管挿管や許容の ETT 先端の位置が含まれています。0.5 から大動脈弓の上部の境界線から 1.0 cm に至るまで距離で ETT 先端の可視化は、ETT が深すぎるではないことを示唆しています。このメソッドは、いくつかの研究73で検証されています。最近の研究でこれらの知見を確認、超音波の画像を提供するより CXR より急速に (47 分対 19.3 をそれぞれ意味する)72。コンコー ダンスと深くて浅い ETT のヒントを認識する CXR POC 米国 95% であった。深く配置 ETT ヒント x 線を検出する LU の感度は 86% (96% の特異性)73だった他の研究は、解剖学的気管分岐部レベルに対応し、この技術と撮影の75,の良い相関を発見した主肺動脈の優れた側面を気管内チューブ先端からの距離を評価しました。76

Figure 1
図 1: 新生児通常の LU の特性。
B モード画像、胸膜線、スムーズ ライン表示、定期的に、エコー行は竹印である並列、お互いから等距離に配置。A ラインのエコーは、彼らが消えるまでに徐々 に減少させます。M モードで海岸標識があります。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: LU は、RDS 患者の特徴をイメージします。
(A) 等級 II-III RDS (A-1) 患者の CXR。LU は、両肺野で胸膜の線と A 線の消失空気気管支造影像による肺の統合を示しています (A-2: 左肺、A-3: 右肺)。
(B) CXR グレード III RDS (B-1) の患者の。LU は、左肺 (B-2)、上部のフィールドで右の肺 (B-3) の下のフィールドで胸水量が多い重要な統合の統合と小さな噴出の大面積を示しています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: LU は、TTN 患者の特徴をイメージします。
(A) 二重肺点。上下肺野間の明確なシャープなカットオフ ポイント。それは病理学的変化の度合いに違いがある場合に形成されます。この記号が軽度 TTN 多くみられます。
(B) LU は、肺野で胸膜の線、A 線、AIS の消失を示しています。
(C) 右肺胸水貯留を示す流体の領域。
(D) 高密度 B-ライン スキャンした領域全体に表示されなくリブの音響の影が発生します。B 線のこのタイプは、コンパクトな B ラインと呼ばれます。白の肺は、コンパクトな B ライン各肺野内の存在として定義されます。コンパクトな B ラインと白の肺は、厳しい TTN 一般的な超音波兆候です。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: LU は肺炎患者の特徴をイメージします。
(A) 垂直スキャン: 画像は肺野の空気を気管支造影像による肺統合の大きな領域を示しています。統合領域は、不規則な境界を持ちます。
(B) の並列スキャン: 肺野で重要な空気気管支造影像による肺統合の大きい区域の図します。
(C) 拡張を表示: 重症肺炎患者。拡張表示は、左肺を含む統合の全貌を示しています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5: LU は、MAS 患者の特徴をイメージします。
(A) LU 不規則なエッジ、特に右肺と肺の統合のショーの大きい区域。この発見は、CXR と一貫性が。
(B) LU は、空気気管支造影像、不規則なエッジと異常な胸膜ライン、A ラインのない大規模な肺の統合を示しています。CXR は非常に提案する MAS 斑状陰影を示しています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 6
図 6: LU は、PHN の特性をイメージします。
(A) 重度 PHN 患者における超音波所見。CXR は、低肺気量と胸水と肺かすんでフィールドを示しています。中央と右: LU は、大面積を示しています空気嵌入による肺の統合の統合および肺の両側に胸水の端に印を細断処理します。胸水穿刺、出血であることを確認します。胸膜線と不在 a ラインであります。線維性蛋白の沈着は、リアルタイム超音波ひも様浮動オブジェクトとして観察されます。
(B) PHN 患者を見つける主な超音波として胸水。LU (右側のより深刻な) 胸の両側有意な胸水貯留を示します。この発見は、CXR と一貫性が。流体は、穿刺によって血が確認されました。他の調査結果は、AIS と軽度の細断処理の兆候です。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 7
図 7: LU は新生児の肺の無気肺の特性をイメージします。
LU は、右肺 (A、B、C) で正規のエッジを持つ大規模な統合領域を示しています。連結肺組織の錯乱は、隣接した肝臓組織 (B、C) に似ています。重要な空気気管支造影像は、(C) を観測されています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 8
図 8: 無気肺内血流します。
(A) B モード LU と標準の余白、無気肺として提示重要な空気気管支 (矢印) と広域合併を示しています。
(動画 4) 肺の領域を (B) 色ドップラー超音波表示内での重要な動脈の血液供給に連結。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 9
図 9: 軽度中等度気胸肺点
(A) TTN 気胸症例B モードの LU は、AIS と消える A ライン左肺異常胸膜線を示しています。右肺は、肺点を示しています。B 線の領域で発生した肺のスライディングにはないリアルタイム超音波 (動画 5) の a ラインの領域に。
気胸 (B) RDS 患者。B モードの LU は、左肺と右肺に小さな連結の空気気管支造影像と大規模な肺合併を示しています。胸膜線と A 線が右肺の右側にあります。
(C) 肺は M モード超音波下点します。左肺は、ビーチの兆候を示しています。右肺は、軽度の気胸を確認する肺ポイント (ビーチに署名し成層圏サイン間ポイント) を示しています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 10
大規模な気胸で図 10: LU
CXR (A) 左肺の重篤な気胸をショー左肺に胸膜線と A 線が、肺ポイントが見つからない。LU は、右肺の AIS を示しています。摺動肺は右上リアルタイム超音波 (動画 6) が現在左全肺野で消えます。
(B) M モード超音波下で右肺兆候を示していますビーチ左肺では成層圏サイン (バーコード記号とも呼ばれます)。これは左胸腔に重篤な気胸を確認します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 11
図 11: 気胸の診断手順のフローチャートこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Movie 1
スライド ビデオ 1: 肺
呼吸と同期で胸膜の線を移動します。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

Movie 2
ビデオ 2: 動的空気気管支造影像
重度の肺の統合は現在空気気管支造影像は、呼吸と共に移動します。抗生のこの種はまたとして知られている動的抗生です。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

Movie 3
ビデオ 3: 肺パルス
肺連結部が十分に大きい場合、ハートビートと同期で脈打つように連結の肺、脈動のこのような肺脈と呼びます。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

Movie 4
ビデオ 4: 無気肺領域の血液供給します。
豊富な血液供給は、カラードプラ超音波下で見つけることができます。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

Movie 5
軽度中等度気胸患者のビデオ 5: 肺ポイント
B 線の領域で発生した肺のスライディングにはないリアルタイム超音波の a ラインの領域に。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

Movie 6
動画 6: 肺の重度の気胸患者の摺動が消えた
摺動肺全体右肺野に姿を消した。それは左の肺で提示されます。してくださいここをクリックしてこのビデオを表示します。(右クリックしてダウンロード)

補足図 1: 胸膜線
B モード超音波下胸膜の線は滑らかな、定期的エコー ラインとして表示されます。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 2: A ライン
A ラインには胸膜の線の下に位置しています。彼らは、滑らかな、線形無エコー平行線のシリーズとして提示します。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 3: B 線、B 線の合流、AIS
(A) B ライン。B ラインから生じる、胸膜の線にほぼ垂直です。
(B) 合流 B ライン。合流 B ラインは、肋間スペース全体が強烈な B 線いっぱい肋骨の音響の影がまだはっきり表示される場合に発生します。
(C) 肺胞間質性症候群。AIS は、合流 B 行任意のスキャン領域の 2 つ以上の連続した肋間の存在によって定義されます。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 4: コンパクト B ライン。
コンパクトな B ラインはスキャン ゾーン以内に消失するリブの音響陰影を引き起こす B 線の濃度を参照してください。白い肺は、肺の両側に各スキャン ゾーンを提示する B ラインのコンパクトとして発生します。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 5: 肺の統合および細断処理記号.
(A) 肺の統合。LU の肺に肺の ' hepatization' とも呼ばれるティッシュのような密度の外観を与えます。
(B) 署名を細断処理します。連結肺組織と曝気肺組織間の境界は明確な 2 つの領域間に形成された超音波サインに細断処理記号が呼び出されます。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 6: 肺ポイント
壁側胸膜と a ラインの既存エリアに B 線領域からの移行ポイント肺ポイントです。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 7: 二重肺ポイントです。
上下肺野の程度や病理学的変化の違いは、ダブル肺点を示します。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

補足図 8サンディ ビーチに署名し成層圏サイン
M モード超音波下砂中、一部の記号 (一般に除外気胸) のビーチ部分 A プレゼント B は (気胸で一般的に見られる) 成層圏の兆候を示しています。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

深刻な無気肺の患者で補足のビデオ 1: 肺パルス
重度左肺無気肺。リアルタイム超音波; で心臓の鼓動と無気肺の動きを観察できます。この運動は肺のパルスと呼ばれます。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

深刻な無気肺の患者で補足のビデオ 2: 動的空気気管支造影像
空気気管支造影像は、リアルタイム超音波による呼吸運動と観察されます。動きのこの種は空気動腺として知られている、深刻な無気肺の患者で一般的な超音波記号です。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

Discussion

POC LU は、NICU ベッドサイドで行うことが可能な診断方法です。非常に敏感であり、新生児肺疾患77のすべてのタイプの診断の信頼性の高い。さらに、CXR、精度、信頼性、低コスト、シンプルさ、放射線による副作用のリスクがないなど CT スキャンに比べて多くの利点を持ってください。したがって、我々 は NICU 内の LU の使用をお勧めします。ときこのイメージング法を学習するには、次の問題は慎重に検討する必要があります: (1) 審査官は、少なくとも 6-8 週間のトレーニングを必要とします。彼らは技術を習得する各種肺疾患の患者の 20-30 を評価する必要。気胸の診断のシーケンスは、新生児のお子様や大人に比べてより困難です。この場合は、研修生が余分なトレーニング時間を受け取るお勧めします。(2) 審査官は、超音波装置の操作手順に従い、動作します。(3) 審査官は、可能な限り、新生児の有害刺激を減らす必要があります。超音波検査は、ハイリスク児を中心に、適切なタイミングで実行することです。(4) の試験は、静かで穏やかな新生児で理想的に実行することです。試験を実行する鎮静剤は必要ありません。(ケア 5) は、新生児を暖かく保つために撮影する必要があります。超音波ゲルを予熱する必要があります。(6) 滅菌および分離のプロシージャを観察する必要があります。演算子は、慎重にきれいに手を洗うとプローブを消毒し、クロス汚染を避けるために保護プラスチック プローブ カバーを使用する必要があります。

垂直スキャンは最も重要な最もよく使われるスキャン方法。サブ胸膜肺の気管支および血液の供給の遠位端であるので、異なる肺疾患によって影響を受ける可能性が高いです。したがって、垂直スキャン新生児全体の肺の解剖学ほぼを描くことができます。確かに、並列スキャンで非常に有用で、また軽度の肺野病変 (すなわち、病理学的変化 1 2 肋間スペースのみを含むと胸膜下エリアに限定) を検出または識別するために「肺ポイント」軽度中等度気胸疑いがある10。病変は主に両肺の下部を含む場合、スキャンを音響窓として肝臓経由で横隔膜下実行も可能性があります。このタイプのスキャンは、横隔膜の整合性と胸水の存在を検証する使用もできます。

臨床実習ではただし、LU 検討する必要がありますに限定されない固定スキャン シーケンス。スキャンは、審査中に幼児の位置に基づいて最も便利な場所から実行できます。LU を開始すると、許容され、簡単に実行できます背面からスキャンです。また、心臓や大血管からの干渉を回避できます。さらに、肺の他の地域でスキャンは、異常明らかにないバックのスキャン場所状況で肺野病変の高い疑いの目での乳幼児で行われなければなりません。

時折、拡張ビュー (XTD ビュー) 機能を使用することがあります。XTD ビュー機能は、オペレーターが探触子プローブの細い軸をスライドとして個々 の画像フレームから拡張画像を構築できます。XTD ビューにより、興味深いエリアと隣接構造物を完全に評価する医師 (図 4)。これを行うには、我々 は XTD ビュー ボタンをアクティブにする前に探触子の動きの方向に探触子平行を方向づけるべき。切り込みに向かって探触子をスライドさせ、全体のスキャン中に肋骨に垂直探触子を保持する必要があります。

LU には、いくつかの制限があります。(1) は非常にオペレーターに依存です。したがって、完全に試験を実行する前に LU の基本原則を理解する十分な経験を得るために必要です。(2) 皮下気腫結果の精度と同様に、画像の品質に影響を与える、従ってスキャンを妨げるかもしれない。(肺気腫、縦隔気腫、気管支肺異形成の診断における LU の 3) の役割は不透明です。(スキャンが慎重に実行されない場合は、4) 一部の軽症例を見逃す可能性があります。(5) の LU では、バート-ホッグ-デューベ症候群78肺ランゲルハンス細胞組織球症、筋腫などのまれな嚢胞性肺疾患の診断ツールの制限値が報告されました。

現在文献は、適切に設計された、組織的および LU の領域に徹底的な調査を提供しています。研究成果検証、臨床実習で確認します。我々 のプロトコルとガイドラインは、この分野の国際的な専門家のパネルによって現在使用可能なデータの徹底的な証拠に基づく見直し後開発されています。

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

我々 は、すべての専門家や、原稿執筆に参加した作者を認めます。この仕事に支えられた財団の北京朝陽地区委員会の科学と技術 (CYSF1820) と臨床研究特別基金の呉 Jieping 医療財団 (320。6750。 15072)。

我々 は周生期、中国医師協会と新生児超音波社会部、中国の新生児科医協会として整理するため重要な超音波の中国大学の小児科の社会学部を認めるこの作品。

我々 は新生児科, NICU、北京朝陽地区母子と子医療病院、特に看護グループのプロセス、特に中にこの仕事をする素晴らしいアシスタントを与えたために働いたすべてのスタッフを認める、ビデオ録画。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Ultrasound machine GE Healthcare H44792LW Ultrasound machine,Voluson S10 BT16,Probe ML6-15 & 9L
Ultrasound machine GE Healthcare H48701UZ Ultrasound machine,Voluson E10 BT18 OLED,Probe ML6-15 & 9L
Ultrasound machine Philips Healthcare US818C0258 Ultrasound machine,EpiQ5,Probe L18-5
Ultrasound machine Philips Healthcare US715F1270 Ultrasound machine,Affiniti70,Probe eL4-18
Ultrasound gel Tianjin Xiyuansi Company TM20160195 Aquasonic 100 ultrasound transmission gel 
Disinfection wipe Nantong Sirui Company Ltd. YZB0016-2013 Benzalkonium Bromide Patches

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Chavez, M. A., et al. Lung ultrasound for the diagnosis of pneumonia in adults: a systematic review and meta-analysis. Respiratory Research. 15, 50 (2014).
  2. Yilmaz, H. L., Özkaya, A. K., Gökay, S. S., Kendir, ÖT., Şenol, H. Point-of-care lung ultrasound in children with community acquired pneumonia. The American Journal of Emergency Medicine. 35, (7), 964-969 (2017).
  3. Volpicelli, G., et al. International evidence-based recommendations for point-of-care lung ultrasound. Intensive Care Medicine. 38, (4), 577-591 (2012).
  4. Hiles, M., Culpan, A. M., Watts, C., Munyombwe, T., Wolstenhulme, S. Neonatal respiratory distress syndrome: chest X-ray or lung ultrasound? A systematic review. Ultrasound. 25, (2), 80-91 (2017).
  5. Liu, J., Cao, H. Y., Wang, X. L., Xiao, L. J. The significance and the necessity of routinely performing lung ultrasound in the neonatal intensive care units. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. 29, (24), 4025-4030 (2016).
  6. Cattarossi, L., Copetti, R., Poskurica, B. Radiation exposure early in life can be reduced by lung ultrasound. Chest. 139, (3), 730-731 (2011).
  7. Kurepa, D., Zaghloul, N., Watkins, L., Liu, J. Neonatal lung ultrasound exam guidelines. Journal of Perinatology. 38, (1), 11-22 (2018).
  8. Chen, S. W., Fu, W., Liu, J., Wang, Y. Routine application of lung ultrasonography in the neonatal intensive care unit. Medicine. 96, (2), e5826 (2017).
  9. Lichtenstein, D. A., Mauriat, P. Lung ultrasound in the critically ill neonate. Current Pediatric Reviews. 8, (3), 217-223 (2012).
  10. Liu, J., Ren, X. L., Fu, W., Liu, Y., Xia, R. M. Bronchoalveolar lavage for the treatment of neonatal pulmonary atelectasis under lung ultrasound monitoring. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. 30, (19), 2362-2366 (2016).
  11. Liu, J., Ren, X. L., Li, J. J. POC-LUS Guiding Pleural Puncture Drainage to Treat Neonatal Pulmonary Atelectasis Caused by Congenital Massive Effusion. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. (2018).
  12. Lichtenstein, D. A., Menu, Y. A bedside ultrasound sign ruling out pneumothorax in the critically ill. Chest. 108, (5), 1345-1348 (1995).
  13. Piette, E., Daoust, R., Denault, A. Basic concepts in the use of thoracic and lung ultrasound. Current Opinion in Anaesthesiology. 26, (1), 20-30 (2013).
  14. Volpicelli, G., et al. Detection of sonographic B-lines in patients with normal lung or radiographic alveolar consolidation. Medical Science Monitor. 14, (3), 122-128 (2008).
  15. Dietrich, C. F., et al. Lung B-line artefacts and their use. Journal of Thoracic Disease. 8, (6), 1356-1365 (2016).
  16. Copetti, R., Cattarossi, L., Macagno, F., Violino, M., Furlan, R. Lung ultrasound in respiratory distress syndrome: a useful tool for early diagnosis. Neonatology. 94, (1), 52-59 (2008).
  17. Lichtenstein, D. A., Lascols, N., Mezière, G., Gepner, A. Ultrasound diagnosis of alveolar consolidation in the critically ill. Intensive Care Medicine. 30, (2), 276-281 (2004).
  18. Touw, H. R., Tuinman, P. R., Gelissen, H. P., Lust, E., Elbers, P. W. Lung ultrasound: routine practice for the next generation of internists. Netherlands Journal of Medicine. 73, (3), 100-107 (2015).
  19. Lichtenstein, D. A., Lascols, N., Prin, S., Mezière, G. The "lung pulse": an early ultrasound sign of complete atelectasis. Intensive Care Medicine. 29, (12), 2187-2192 (2003).
  20. Lichtenstein, D., Mezière, G., Biderman, P., Gepner, A. The "lung point": an ultrasound sign specific to pneumothorax. Intensive Care Medicine. 26, (10), 1434-1440 (2000).
  21. Copetti, R., Cattarossi, L. The double lung point: an ultrasound sign diagnostic of transient tachypnea of the newborn. Neonatology. 91, (3), 203-209 (2007).
  22. Lichtenstein, D. A., et al. Ultrasound diagnosis of occult pneumothorax. Critical Care Medicine. 33, (6), 1231-1238 (2005).
  23. Liu, J. Lung ultrasonography for the diagnosis of neonatal lung disease. Journal of Maternal-Fetal Neonatal Medicine. 27, (8), 856-861 (2014).
  24. Chen, S. W., Zhang, M. Y., Liu, J. Application of Lung Ultrasonography in the Diagnosis of Childhood Lung Diseases. Chinese Medical Journal. 128, (19), 2672-2678 (2015).
  25. Koivisto, M., et al. Changing incidence and outcome of infants with respiratory distress syndrome in the 1990s: a population-based survey. Acta Paediatrica. 93, (2), 177-184 (2004).
  26. Ayachi, A., et al. Hyaline membrane disease in full-term neonates. Archives de Pediatrie. 12, (20), 156-159 (2005).
  27. Liu, J., et al. Clinical characteristics, diagnosis and management of respiratory distress syndrome in full-term neonates. Chinese Medical Journal. 123, (19), 2640-2644 (2010).
  28. Zhang, Y., Li, P. Meta-analysis of lung ultrasound for the diagnosis of neonatal respiratory distress syndrome. China Medical Herald. 14, (24), 139-142 (2017).
  29. Lovrenski, J. Lung ultrasonography of pulmonary complications in preterm infants with respiratory distress syndrome. Upsala Journal of Medical Sciences. 117, (1), 10-17 (2012).
  30. Lovrenski, J., Sorantin, E., Stojanovic, S., Doronjski, A., Lovrenski, A. Evaluation of surfactant replacement therapy effects: a new potential role of lung ultrasound. Srpski Arhiv za Celokupno Lekarstvo. (11-12), 669-675 (2015).
  31. Liu, J., Cao, H. Y., Wang, H. W., Kong, X. Y. The role of lung ultrasound in diagnosis of respiratory distress syndrome in newborn infants. Iranian Journal of Pediatrics. 24, (2), 147-154 (2014).
  32. Liu, J., Cao, H. Y., Liu, Y. Lung ultrasonography for the diagnosis of neonatal respiratory distress syndrome: a pilot study. Chinese Journal of Pediatrics. 51, (3), 205-210 (2013).
  33. Liu, J., Wang, Y., Fu, W., Yang, C. S., Huang, J. J. Diagnosis of neonatal transient tachypnea and its differentiation from respiratory distress syndrome using lung ultrasound. Medicine. 93, (27), e197 (2014).
  34. Vergine, M., Copetti, R., Brusa, G., Cattarossi, L. Lung ultrasound accuracy in respiratory distress syndrome and transient tachypnea of the newborn. Neonatology. 106, (2), 87-93 (2014).
  35. Abu-Shaweesh, J. M. Respiratory disorder in preteen and term infants. Fanaroff and Martin's Neonatal-Perinatal. Martin, R. J., Fanaroff, A. A., Walsh, M. C. Mosby. St. Louis, Missouri. 1141-1170 (2011).
  36. Greenough, A. Transient tachypnea of the newborn. Neonatal Respiratory Disorder. Greenough, A., Milner, A. D. CRC Press. London, UK. 272-277 (2003).
  37. Rocha, G., Rodrigues, M., Guimarães, H. Respiratory distress syndrome of the preterm neonate-placenta and necropsy as witnesses. Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. 24, (1), 148-151 (2011).
  38. Liu, J., et al. Lung ultrasonography to diagnose transient tachypnea of the newborn. Chest. 149, (5), 1269-1275 (2016).
  39. Liu, J., et al. Value of lung ultrasound on diagnosing transient tachypnea of the newborn. Journal of Applied Clinical Pediatrics. 31, (2), 93-96 (2016).
  40. Duke, T. Neonatal pneumonia in developing countries. Archives of Disease in Childhood - Fetal and Neonatal Edition. 90, (3), 211-219 (2005).
  41. Rao, Y. Analysis of death reasons in 1509 newborn infants. Zhongguo Fuyou Jiankang Yanjiu. 20, (5), 686-688 (2009).
  42. Chavez, M. A., et al. Lung ultrasound for the diagnosis of pneumonia in adults: a systematic review and meta-analysis. Respiratory Research. 15, (2014).
  43. Pereda, M. A., et al. Lung ultrasound for the diagnosis of pneumonia in children: a meta-analysis. Pediatrics. 135, (4), 714-722 (2015).
  44. Caiulo, V. A., et al. Lungultrasound characteristics of community-acquired pneumonia in hospitalized children. Pediatric Pulmonology. 48, (3), 280-287 (2013).
  45. Reissig, A., et al. Lung Ultrasound in the Diagnosis and Follow-up of Community-Acquired Pneumonia: A Prospective, Multicenter, Diagnostic Accuracy Study. Chest. 142, (4), 965-972 (2012).
  46. Liu, J., Liu, F., Liu, Y., Wang, H. W., Feng, Z. C. Lung ultrasonography for the diagnosis of severe neonatal pneumonia. Chest. 146, (2), 383-388 (2014).
  47. Liu, J., et al. Value of lung ultrasound in diagnosing infectious pneumonia of newborns. Chinese Journal of Perinatal Medicine. 17, (7), 468-472 (2014).
  48. Rodríguez-Fanjul, J., Balcells, C., Aldecoa-Bilbao, V., Moreno, J., Iriondo, M. Lung ultrasound as a predictor of mechanical ventilation in neonates older than 32 weeks. Neonatology. 110, (3), 198-203 (2016).
  49. Swarnam, K., Soraisham, A. S., Sivanandan, S. Advances in the management of meconium aspiration syndrome. International Journal of Pediatrics. 2012, 359571 (2012).
  50. Van Ierland, Y., De Beaufort, A. J. Why does meconium cause meconium aspiration syndrome? Current concepts of MAS pathophysiology. Early Human Development. 85, (10), 617-620 (2009).
  51. Piastra, M., et al. Lung ultrasound findings in meconium aspiration syndrome. Early Human Development. 90, S41-S43 (2014).
  52. Liu, J., Cao, H. Y., Fu, W. Lung ultrasonography to diagnose meconium aspiration syndrome of the newborn. Journal of International Medical Research. 44, (6), 1534-1542 (2016).
  53. Liu, J., et al. Lung ultrasonography for the diagnosis of meconium aspiration syndrome of the newborn infants. Chinese Journal of Applied Clinical Pediatrics. 31, (16), 1227-1230 (2016).
  54. Zahr, R. A., Ashfaq, A., Marron-Corwin, M. Neonatal pulmonary hemorrhage. NeoReviews. 13, (5), e302-e306 (2012).
  55. Berger, T. M., Allred, E. N., Van Marter, L. J. Antecedents of clinically significant pulmonary hemorrhage among newborn infants. Journal of Perinatology. 20, (5), 295-300 (2000).
  56. Liu, J., et al. The diagnosis of neonatal pulmonary hemorrhage using lung ultrasound. Chinese Journal of Pediatrics. 55, (1), 46-49 (2017).
  57. Ren, X. L., Fu, W., Liu, J., Liu, Y., Xia, R. M. Lung ultrasonography to diagnose pulmonary hemorrhage of the newborn. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. 30, (21), 2601-2606 (2017).
  58. Johnston, C., Carvalho, W. B. Atelectasis: mechanisms, diagnosis and treatment in the pediatric patient. Revista da Associação Médica Brasileira. 54, (5), 455-460 (2008).
  59. Nakos, G., Tsangaris, H., Liokatis, S., Kitsiouli, E., Lekka, M. E. Ventilator-associated pneumonia and atelectasis: evaluation through bronchoalveolar lavage fluid analysis. Intensive Care Medicine. 29, (4), 555-563 (2003).
  60. Liu, J., et al. Lung ultrasound for diagnosis of neonatal atelectasis. Chinese Journal of Pediatrics. 51, (9), 644-648 (2013).
  61. Liu, J., et al. The diagnosis of neonatal pulmonary atelectasis using lung ultrasonography. Chest. 147, (4), 1013-1019 (2015).
  62. Lichtenstein, D., Mezière, G., Seitz, J. The dynamic air bronchogram. A lung ultrasound sign of alveolar consolidation ruling out atelectasis. Chest. 135, (6), 1421-1425 (2009).
  63. Duong, H. H., et al. Pneumothorax in neonates: trends, predictors and outcomes. Journal of Neonatal-Perinatal Medicine. 7, (1), 29-38 (2014).
  64. Bhatia, R., Davis, P. G., Doyle, L. W., Wong, C., Morley, C. J. Identification of pneumothorax in very preterm infants. The Journal of Pediatrics. 159, (1), 115-120 (2011).
  65. Alrajab, S., et al. Pleural ultrasonography versus chest radiography for the diagnosis of pneumothorax: review of the literature and meta-analysis. Critical Care. 17, R208 (2013).
  66. Cattarossi, L., Copetti, R., Brusa, G., Pintaldi, S. Lung ultrasound diagnostic accuracy in neonatal pneumothorax. Canadian Respiratory Journal. 2016, 6515069 (2016).
  67. Raimondi, F., et al. Lung ultrasound for diagnosing pneumothorax in the critically ill neonate. The Journal of Pediatrics. 175, 74-78 (2016).
  68. Liu, J., et al. Lung ultrasonography to diagnose pneumothorax of the newborn. The American Journal of Emergency Medicine. 35, (9), 1298-1302 (2017).
  69. Rodríguez-Fanjul, J., Moreno Hernando, L., Sánchez-de-Toledo, J. Lung ultrasound for cardiogenic shock in VA-ECMO. Revista Española de Cardiología (English Edition). 71, (5), 393 (2017).
  70. Rodríguez-Fanjul, J., et al. Usefulness of lung ultrasound in neonatal congenital heart disease (LUSNEHDI): lung ultrasound to assess pulmonary overflow in neonatal congenital heart disease. Pediatric Cardiology. 37, (8), 1482-1487 (2016).
  71. Quintela, P. A., et al. Usefulness of bedside ultrasound compared to capnography and X-ray for tracheal intubation. Anales de Pediatría. 81, (5), 283-288 (2014).
  72. Oulego-Erroz, I., Alonso-Quintela, P., Rodríguez-Blanco, S., Mata-Zubillaga, D., Fernández-Miaja, M. Verification of endotracheal tube placement using ultrasound during emergent intubation of a preterm infant. Resuscitation. 83, (6), e143-e144 (2012).
  73. Chowdhry, R., Dangman, B., Pinheiro, J. M. B. The concordance of ultrasound technique versus X-ray to confirm endotracheal tube position in neonates. Journal of Perinatology. 35, (7), 481-484 (2015).
  74. Sethi, A., Nimbalkar, A., Patel, D., Kungwani, A., Nimbalkar, S. Point of care ultrasonography for position of tip of endotracheal tube in neonates. Indian Pediatrics. 51, (2), 119-121 (2014).
  75. Sharma, D., Tabatabaii, S. A., Farahbakhsh, N. Role of ultrasound in confirmation of endotracheal tube in neonates: a review. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. (2017).
  76. Dennington, D., Vali, P., Finer, N. N., Kim, J. H. Ultrasound confirmation of endotracheal tube position in neonates. Neonatology. 102, (3), 185-189 (2012).
  77. Sharma, D., Farahbakhsh, N. Role of chest ultrasound in neonatal lung diseases: a review of current evidences. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine. 32, (2), 310-316 (2019).
  78. Davidsen, J. R., Bendstrupd, E., Henriksen, D. P., Graumanne, O., Laursena, C. B. Lung ultrasound has limited diagnostic value in rare cystic lung diseases:a cross-sectional study. European Clinical Respiratory Journal. 4, (1), 1330111 (2017).
プロトコルおよび国際専門家のコンセンサスに基づいた新生児の肺疾患の診断にポイント ・ オブ ・ ケア肺超音波のためのガイドライン
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Liu, J., Copetti, R., Sorantin, E., Lovrenski, J., Rodriguez-Fanjul, J., Kurepa, D., Feng, X., Cattaross, L., Zhang, H., Hwang, M., Yeh, T. F., Lipener, Y., Lodha, A., Wang, J. Q., Cao, H. Y., Hu, C. B., Lyu, G. R., Qiu, X. R., Jia, L. Q., Wang, X. M., Ren, X. L., Guo, J. Y., Gao, Y. Q., Li, J. J., Liu, Y., Fu, W., Wang, Y., Lu, Z. L., Wang, H. W., Shang, L. L. Protocol and Guidelines for Point-of-Care Lung Ultrasound in Diagnosing Neonatal Pulmonary Diseases Based on International Expert Consensus. J. Vis. Exp. (145), e58990, doi:10.3791/58990 (2019).More

Liu, J., Copetti, R., Sorantin, E., Lovrenski, J., Rodriguez-Fanjul, J., Kurepa, D., Feng, X., Cattaross, L., Zhang, H., Hwang, M., Yeh, T. F., Lipener, Y., Lodha, A., Wang, J. Q., Cao, H. Y., Hu, C. B., Lyu, G. R., Qiu, X. R., Jia, L. Q., Wang, X. M., Ren, X. L., Guo, J. Y., Gao, Y. Q., Li, J. J., Liu, Y., Fu, W., Wang, Y., Lu, Z. L., Wang, H. W., Shang, L. L. Protocol and Guidelines for Point-of-Care Lung Ultrasound in Diagnosing Neonatal Pulmonary Diseases Based on International Expert Consensus. J. Vis. Exp. (145), e58990, doi:10.3791/58990 (2019).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter