Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
Click here for the English version

Environment

可視化・定量ガス固体結合試験システムを用いたCO2-ベアリング石炭を用いた単軸圧縮実験

doi: 10.3791/59405 Published: June 12, 2019

Summary

このプロトコルは、可視化された定量のガス固体結合試験システムを使用して、ブリケットサンプルを調製し、異なるCO2圧力のブリケットを用いて単軸圧縮実験を行う方法を示しています。また、CO2吸着によって引き起こされる石炭の物理的・機械的特性の変化を調査することを目的としています。

Abstract

深い石炭の継ぎ目に二酸化炭素(CO2)を注入することは、大気中の温室効果ガスの濃度を低減し、石炭メタンの回収を増加させる上で大きな意義があります。CO2吸収が石炭の物理的および機械的特性に及ぼす影響を調べるために、可視化された一定量のガス固体結合システムを導入する。一定の容積を維持し、カメラを使用してサンプルを監視することができるので、このシステムは器械の正確さを改善し、フラクタル幾何学の方法によって骨折の進化を分析する可能性を提供する。このホワイトペーパーでは、ガス固体カップリング試験システムを用いて異なるCO2圧力のブリケットサンプルを用いて単軸圧縮実験を行うすべてのステップを提供する。原料石炭とハメートセメントで冷間プレスされたブリケットを高圧CO2に装填し、カメラを使用してリアルタイムで表面を監視します。しかし、ブリケットと生石炭の類似性は依然として改善が必要であり、メタン(CH4)などの可燃性ガスを試験用に注入することはできません。その結果、CO2吸着がブリケットのピーク強度と弾性率の低下につながり、故障状態におけるブリケットの破壊進化はフラクタル特性を示す。強度、弾性率、およびフラクタル寸法はすべて CO2圧力と相関しますが、線形相関とは相関しません。可視化され、定量のガス固体結合試験システムは、マルチフィールド結合効果を考慮した岩盤力学に関する実験研究のプラットフォームとして機能します。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

大気中のCO2濃度の上昇は、地球温暖化の影響を引き起こす直接的な要因です。石炭の吸収能力が高いため、石炭継ぎ目におけるCO2隔離は、温室効果ガス1、2、3の世界的な排出を削減する実用的で環境に優しい手段とみなされています。同時に、注入されたCO2はCH4を置き換えることができ、石炭メタン回収(ECBM)4、5、6におけるガス生産促進をもたらす。CO2隔離の生態学的・経済的見通しは、最近、研究者の間だけでなく、異なる国際的な環境保護グループや政府機関の間で世界的な注目を集めています。

石炭は、細孔、骨折、石炭マトリックスからなる不均一で構造的に異方性の岩石です。細孔構造は、大量のガスを吸着することができ、ガス隔離に重要な役割を果たすことができる大きな特定の表面積を有し、骨折は、自由ガス流7、8のための主要な経路である。この独特な物理的構造はCH4およびCO2のための大きいガス吸着容量につながる。鉱山ガスは、いくつかの形態で石炭に堆積される:(1)微細孔と大きな細孔の表面に吸着。(2)石炭分子構造に吸収される。(3)骨折や大きな毛穴のフリーガスとして;(4)堆積水に溶解する。CH4およびCO2に対する石炭の吸着挙はマトリックス腫脹を引き起こし、さらなる研究は、それが不均一なプロセスであり、石炭リソタイプ9、10、11に関連していることを示している。また、ガス吸着は、石炭12、13、14の構成関係に損傷を与える可能性がある。

生石炭試料は、一般に石炭およびCO2結合実験で使用されます。具体的には、炭鉱の作業面から大きな生石炭を切断してサンプルを調作する。しかし、生石炭の物理的・機械的特性は、石炭の継ぎ目における自然毛穴や骨折のランダムな空間分布により、必然的に高い分散度を有する。また、ガスベアリング石炭は柔らかく、形状を変えるのが難しい。直交実験法の原理によれば、生石炭粉末およびセメントで再構成されるブリケットは、石炭吸着試験15、16で使用される理想的な材料とみなされている。金属金型で冷間プレスされているので、その強度は、セメントの量を調整することによって予め設定され、安定したままであり、単一変数効果の比較分析に利点があります。また、ブリケット試料の多孔性は~4~10倍であるが、生石炭試料のそれと同様の吸着・脱着特性及び応力歪み曲線が実験研究17,18で見出された。,19歳,20.本論文では、ブリケット21を調製するために、ガスベアリング石炭に対する同様の材料のスキームが採用されている。原石炭は、中国安寧省華南省の新珠江炭鉱4671B6作業面から採取された。石炭の継ぎ目は地下約450m、海抜360mで、約15°、厚さ約1.6mです。ブリケットサンプルの高さと直径はそれぞれ100mmと50mmで、これは国際岩力学会(ISRM)22が推奨するサイズです。

実験室条件下でのガスベアリング石炭実験のための以前の単軸または三軸負荷試験装置は、仲間23、24、25、26として提示されたいくつかの不足と制限を有する 27,28: (1) ローディングプロセス中に、容器の容積はピストンの移動に伴って減少し、ガス圧力の変動およびガス吸着の乱れを引き起こす。(2)サンプルのリアルタイム画像監視、高ガス圧環境での周変形測定は行いにくい。(3)それらは、機械的応答特性を分析するために、プリロードされたサンプルの動的負荷障害の刺激に限定される。ガス固体結合状態における器具の精度とデータ取得を向上させるために、(図1)可視化積載容器を含む可視化・定量試験システム29を開発した。コアコンポーネントである一定の容積チャンバー、(2)真空チャネル、2つの充填チャネル、および放出チャネルを備えたガス充填モジュール。(3)電気油圧サーボユニバーサル試験機と制御コンピュータからなる軸ローディングモジュール。(4)周回変位測定装置、ガス圧センサ、及び可視積載容器の窓にカメラで構成されるデータ集録モジュール。

コア可視化容器(図2)は、2つの調整シリンダが上部プレート上に固定され、ピストンがビームを通るローディング1と同時に移動するように特別に設計されており、ローディングピストンの断面積は、調整シリンダーの合計。内側の穴と柔らかいパイプを通って流れ、容器と2つのシリンダーの高圧ガスが接続されています。従って、容器積載ピストンが下方に移動し、ガスを圧縮するとき、この構造は容積の変化を相殺し、圧力干渉を除去できる。さらに、ピストンにかかる巨大なガス誘導カウンターフォースは、試験中に防止され、機器の安全性が大幅に向上します。強化されたホウ酸塩ガラスが装備され、容器の3つの側面に置かれている窓はサンプルの写真を撮るための直接の方法を提供する。このガラスは正常にテストされ、低い膨張率、高い強さ、光透過率および化学安定性29の10 MPaガスまで抵抗することを証明した。

本論文では、新たに可視化され、定量のガス固体結合試験システムを用いてCO2-ベアリング石炭の単軸圧縮実験を行う手順について説明する。生の石炭粉末とフマテナトリウムを使用したサンプル、ならびに高圧CO2を注入し、単軸圧縮を行う連続したステップ。全体のサンプル変形プロセスは、カメラを使用して監視されます。この実験的アプローチは、ガスベアリング石炭の吸着誘発損傷および破壊進化特性を定量的に分析する別の方法を提供する。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

1. サンプル調製

  1. 新庄州炭鉱から4671B6作業面から生の石炭ブロックを回収します。なお、構造物の強度が低く緩いため、原石炭は壊れており、不純物と混ざっている可能性が高い。これらの内部および外的要因の影響を避けるだけでなく、石炭の不均質性を可能な限り減らすために、大きな石炭ブロック(長さ約15センチ、幅約10センチ、高さ10cm)を選択します。
  2. 石炭に混入した不純物を除去し、吸収性の綿とアセトアルデヒドでクラッシャー室を洗い流すために、ツイザーを使用してください。
  3. 顎クラッシャーで小さな部分に石炭ブロックを粉砕し、6と16メッシュの標準スクリーンを装備したふるいシェーカーでそれらを保護します。直径に応じて別々に選別に選別した石炭粉末を置きます。
  4. 1,000gと300gの粉砕石炭の重量をそれぞれ0-1mmと1-3mmの粒度分布で重量を量る。0.76:0.24の質量比率でビーカーにそれらを一緒に入れ、ガラス棒(直径6ミリメートル)とよく混ぜます。
    注:連続パッキング理論のガウディアンシューマン関数によると、粒子サイズ分布値(m)が約0.25(粒子サイズの質量は1〜3mm:総質量=0.24)に等しい場合、ブリケットの強度は最大30である。
  5. セメントを調剤するには、4gのフマテ粉末(99.99%純度)をビーカーに入れ、約96mLの蒸留水を加えます。ガラス棒を使用してそれらをかき混ぜ、すべてのナトリウムがよく溶解していることを確認してください。
    注:セメントの濃度は、直接ブリケットの圧縮強度に影響を与えます。表1は、代表的な結果に2号サンプルが使用されたブリケット調製物の具体的な比率を示す。
  6. 混合石炭粉末230gと20gのヒューマテ溶液をビーカーに入れ、それらを一緒に混ぜます。
    注:サンプルを作った経験に基づいて、コールドプレス法を使用して250gの材料で製造されたブリケットは、石炭粉末が92%、セメントが8%を占める標準的な岩石サンプル22のサイズ要件を満たしています。
  7. ブリケットの大きさに合わせたシェーピングツールを使用して、ブリケットをコールドプレスします(図3)。
    1. 標準サイズのブリケットを製造するには、成形工具の内面を潤滑油でコーティングします。図 3の#2、#3、および#4の工具部品を組み立て、250 g の混合材料で穴を埋めます。
    2. 材料の上に図3のコンポーネント#1を置き、電気油圧サーボユニバーサル試験機のピストンの下にすべてを置きます。
    3. 電子油圧サーボユニバーサル試験機を制御するためのソフトウェアWinWdw(または同等)を起動します。ソフトウェアで、[フォース範囲]をクリックして最大フォースを 50 kN に設定し、[リセット]をクリックして変位値をクリアします。
    4. オプションの強制読み込み制御を左クリックします。移動率を 0.1 kN/s に設定し、目標力値を 29.4 kN に設定し、保持時間を 900 s に設定します。次に、 の[開始]をクリックします。
    5. シェーピングツールを取り出し、ゴム板の上に反転させます。ゴム製ハンマーを使用して、工具部品を#4、#2、#3、#1をその順序で分解します。
  8. 48時間40°Cのインキュベーターにブリケットを入れておきます。その後、電子スケール(0.01 gの精度で)でその質量を計量し、乾燥後にバーニアキャリパー(0.02ミリメートルの精度で)でその高さと直径を測定します。
  9. 20°Cの温度および65%の相対湿度(標準的なGB/T 212-2008)の近接分析装置(材料の表を参照)を使用して、ブリケットの水分含有量、灰含有量、および揮発性含有量を測定します。光度計顕微鏡(標準GB/T 6948-2008)を使用して、研磨されたブリケット上でビトリナイト反射率測定を行います。
  10. ユニバーサル試験機と歪制御直せん断装置(標準GB/T 23561-2010)を使用して、単軸圧縮強度、引張強度、凝着、および内部摩擦角度を測定します。抵抗ひずみゲージ(標準 GB/T 22315-2008)を使用してポアソン比測定を実行します。
  11. アイザーム吸着器具(標準GB/T19560-2008)を使用して、生石炭とブリケットの吸着試験を行います。

2. 実験方法

  1. 実験室のセットアップ
    1. 電磁干渉なしでクリーンな実験室の静かで振動のない区域にテストシステムを置く。室温は、試験中に安定したままにする必要があります。
    2. 電気油圧サーボユニバーサル試験機のプラットフォームに可視化された容器を置きます。テストマシンのピストンを、特定のツールを使用して可視化された容器のピストンを接続します(図4参照)。
    3. ガスタンクノズルに手動減圧バルブを取り付けます。柔らかい管によって視覚化された容器の底板のガス充填チャネルと弁を接続する(5 mmの内径および30 MPaの最大圧力と)。真空チャネルと真空ポンプを同じパイプでリンクします。
    4. 可視化された容器のバックドアを高強度ボルトで固定します。コンピュータ、データ集録ボックス(DAQボックス)、および埋め込みガス圧力センサをバックドアに接続します。
  2. 気密性試験とブランク測定
    1. 可視化された容器のガス圧力データを取得するには、ソフトウェアDAQセンサ-16(または同等)を起動します。ソフトウェアで、[開始]をクリックします。
    2. 真空ポンプを起動します。バルブ V1 (2) を開き、V2、V3、および V4 (2) を閉じます。視覚化された容器の部屋を真空にする。V1をオフにし、真空状態になるまで真空ポンプでくみ上げる。
    3. V2とガスタンク(ヘリウム付き)を開きます。手動減圧バルブを使用して、ガスタンクの出口圧力を約2 MPa(相対圧力)に調整します。
    4. DAQセンサー-16に表示されるガス圧力曲線を注意深く観察してください。約2MPaの場合は、V2とガスタンクをオフにします。
      注:24時間後、気圧の低下が5%未満であれば、可視化容器のシール性は良好である。
    5. ローディングピストンの摩擦力を測定するには、ソフトウェアWinWdwを起動して、電気油圧サーボユニバーサル試験機を制御します。
    6. ソフトウェアで、[フォース範囲]をクリックして最大力を 5 kN に設定し、[リセット]をクリックして変位値をクリアします。オプションの変位負荷を左クリックします。移動比を 1 mm/分に設定します。次に、 の [スタート]をクリックします。
    7. WinWdwに表示されるディスプレイのディスプレイが約 5 mmの場合は、[停止] をクリックします。[データ保存]を左クリックして、力変位曲線を保存します。
    8. V4を開き、ヘリウムを空気中に排出します。可視化容器のバックドアを分解し、V4を閉じます。
      注意:ドアと窓は、窒息の危険性があるため、ガス放出中に換気のために開いている必要があります。
  3. 単軸圧縮実験
    1. ブリケットの高さ(h)と直径(d)をバーニアキャリパーで測定します(精度は0.02mm)。電子スケール(0.01 gの精度で)でブリケットの質量(m)を計量します。次の式でEquation 1見かけの密度を計算します。
      Equation 2
    2. ブリケットの中央位置(図5、#1)の周り変形試験装置のチェーンローラーを取り付け、クランプホルダーを固定します(図5、#2)。センサー(図5、#3)を可視化された容器(図2)の航空コネクタを通してDAQボックスに接続し、ローディングピストンの下に置きます。
      注: データ取得の精度を確保するには、チェーン ローラーとサンプルの上面を調整して、ローディング ピストンと平行になるようにします。
    3. WinWdwを起動して、ユニバーサル テスト マシンを制御します。ソフトウェアで、オプションの変位負荷を左クリックします。ピストンとサンプルの間の距離が1~2mmになるまで、ユニバーサルテストマシンのリモコンのダウンボタンを10mm/minに設定します。次に、可視化容器のバックドアを組み立てる。
    4. 手順 2.2.1 ~ 2.2.2 を繰り返します。オープンV3とガスタンク(CO2、純度=99.99%)。手動減圧バルブを使用して、ガスタンクの出口圧力を特定の値に調整します。
    5. DAQセンサー-16に表示されるガス圧力曲線を注意深く観察してください。目標値に十分近づいたら、V3 とガスタンク (CO2)を閉じます。
      注:ガス圧力曲線が安定したままの場合、ブリケットは吸着および脱着動的平衡状態に達しました。一般的に、ブリケットが完全に吸化するのに6〜8時間かかります。この試験では、吸着時間は24時間に設定されています。
    6. 24 時間後、視覚化された容器の窓の横に三脚でカメラを置きます。高さと角度を調整して、サンプルの画像がカメラ画面の中央に表示されるようにします。
    7. ソフトウェアSDU 変形集録 V2.0 (または同等) を起動して、ブリケットの周囲の変形を監視します。[開始]をクリックします。
    8. WinWdwで、新しいサンプルをクリックし、ブリケットの高さと直径を入力し、断面領域をクリックし、[確認]をクリックします。[の範囲]をクリックして最大フォースを 5 kN に設定し、[リセット]をクリックして変位値をクリアします。
    9. オプションの変位負荷を左クリックし、移動比を1mm/minに設定します。 同時に、カメラのスタートボタンを押してビデオ録画を開始します。
    10. サンプルが完全に失敗したら、WinWdw とSDU デフォメーション取得 V2.0の両方で、[停止]と [データ保存]をクリックします。 カメラの[スタート]ボタンをもう一度押してビデオ録画を停止します。
    11. ステップ 2.2.8 を繰り返して、容器チャンバ内の CO2を放出します。ガス圧力センサおよび周変形試験装置の航空コネクタを取り外します。
    12. WinWdwのオプションの変位負荷を左クリックします。移動比を10mm/minに設定し、ユニバーサルテストマシンのリモコンのアップボタンを押します。容器のローディングピストンがブリケットの上に約2~3mmの場合は、ブリケットを取り出し、チェーンローラーから取り出します。
    13. ピストン間の接続ツールを解体します。掃除機で可視化された容器をきれいにします。
  4. 完了
    1. WinWdwおよびSDU 変形集録 V2.0から得られた応力軸ひずみ曲線と円周ひずみ曲線に基づいて、サンプルの体積ひずみを次の式で計算します。
      Equation 3
      ここでは、=Equation 4体積ひずみ;Equation 5 = 軸ひずみ;Equation 6 = 円周ひずみ。
    2. 応力軸ひずみ曲線からピーク強度を取得します。強度低減率は以下のように算出される。
      Equation 7
      ここでは、=Equation 8強度低減率。Equation 9 = CO2の異なる圧力下でのサンプルのピーク強度;Equation 10 = 大気中のサンプルのピーク強度。
    3. 次の式に従って、応力軸ひずみ曲線の線形ステージを使用して弾性率を計算します。
      Equation 11
      ここでは、Equation 12サンプルの=弾性率を示します。Equation 13 =ステージの線形の応力増分(メガパスカル)。Equation 14 = 線形ステージのひずみ増分。弾性率低減率を次のように計算します。
      Equation 15
      ここで、=Equation 16弾性率低減Equation 12率、=CO2の異なる圧力下で試料の弾性率。Equation 17 = 大気中のサンプルの弾性率。
    4. ボックスカウント寸法法に従って、プログラム(MATLABで書かれたなど)を使用して、テスト中のサンプル写真と統計骨折カバー領域を選択します。
      Equation 18
      ここでは、=Equation 19の正方形のグリッド側の長さで破壊領域をカバーするグリッドEquation 20番号。Equation 21 = 定数;Equation 22 = フラクタル寸法;Equation 20 = 正方形グリッドの横長。最小グリッド サイズは、このテストのピクセル サイズと等しくなります。
      1. 次の式に従って相関係数を計算します。
        Equation 23
        ここでは、=Equation 24相関係数。Equation 25 = のEquation 26共分散と; Equation 27 Equation 28 = のEquation 26分散 ;Equation 29 = のEquation 27分散。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

ブリケットサンプルの平均質量は230gであった工業分析により、ブリケットは4.52%の水分含有量と15.52%の灰含有量を示した。さらに、揮発性含有量は約31.24%であった。フマテナトリウムを石炭から抽出したので、ブリケットの成分は生石炭に類似していた。物理的特性は表 2に表示されます。

生石炭とブリケットの機械的特性の比較を表3に示し、同種吸着試験はガス吸着に対する類似した能力を証明した(図6)。試験で使用したブリケットサンプルの強度は、ある程度の変動を有していた(図7)。しかし、CO2吸着による強度低下に比べ、実験結果の分析にはほとんど影響を及ぼしなく、わずかな影響を及ぼした。

異なるCO2圧力下では、応力軸ひずみ曲線は明らかな圧縮、弾性、および塑性変形相を示した(図8a)。ポストピーク状態では、ブリケットは徐々に故障し、表面亀裂が膨張して接続しました。応力体ひずみ曲線から体積膨張が認められており、CO2圧力が高くなるに伴って増加した(図8a)。CO2の吸着は石炭体に損傷を与え、単軸圧縮強度を直接低下させた。ブリケットのピーク強度は、1.011 MPa、0.841 MPa、0.737 MPa、0.659 MPa、0.611 MPa、および0.523 MPaから0MPa、0.4 MPa、0.8 MPa、1.2 MPa、および1.6 MPaでした。CO2圧力が上昇するにつれて、石炭試料のピーク強度が低下し、そこで非線形関係を示した(図8b)。また、弾性係数は66.974 MPa、48.271 MPa、42.234 MPa、36.434 MPa、32.509 MPa、および29.643 MPaで、CO2圧力は0~2.0MPaであった。この結果は、弾性率がCO2飽和状態下で減少し、弾性率が低下し、ガス圧との関係が非線形であり、ピーク強度と同様であることを示している(図8c)).

カメラを通して得られた画像は、異なるCO2圧力下でサンプルの表面上の骨折の進化を明らかにした。異なる骨折を区別するために、すべての写真はバイナリ画像に転送され、いくつかの色は骨折で覆われた領域を示すために使用されました(図9a)。ボックスカウント寸法法は、故障状態における骨折の特徴を記述するために採用された(;Equation 30ここでは、Equation 31ポストピーク状態におけるサンプルの応力)。Equation 32 = 異なるCO2圧力下でサンプルのピーク強度)。ボックス数 ()Equation 33と側の長さ ( )Equation 34の間の相関係数はすべて 0.95 (図9b)を超えており、骨折の明らかなフラクタル特性を検証します。フラクタル寸法()Equation 35は、0 MPa、0.4 MPa、0.8 MPa、1.2 MPa、1.6 MPa、および2.0 MPa CO2の下のブリケットで、それぞれ1.3495、1.3711、1.4336、1.4637、1.5175、および1.5191でした。フラクタル寸法の値はCO2圧力に比例し、その傾向は石炭体への損傷の程度と類似性を示した。

Figure 1
図1:可視化され、定量のガス固体結合試験システムの実験的セットアップ。図は、CO2-ベアリング石炭の単軸圧縮実験の設定を示しています。(A) 可視積載船。(B) ガス充填モジュール。(C) 軸ローディングモジュール。(D) データ取得モジュール。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図2:可視化された積載船。船舶の概略図を上に示します。サンプル(高さ=100mm、直径=50mm)が容器内に横たわっている間、ローディングピストンを通して独立したユニバーサル試験機によって軸圧を加え、柔らかいパイプと充填物を通してガスタンクから高圧ガスを注入した。チャネル。試料を熱収縮性プラスチックスリーブで歪めると、閉圧圧力も高圧ヘリウムによって提供された。2つの調節シリンダーピストンと可視化された容器の1つを積み込むが同時に動き、動き誘発された体積変化は同じセクション区域のために相殺された。この構造は容器の容積を一定に保ち、ガスからのローディングピストンに適用される反力を除去した。サンプルは、3つの側面の窓を通してカメラで監視することができました。航空コネクタは、リードアウトワイヤー接続のために容器に設定されました。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 3
図3:標準ブリケットを冷間プレスするために必要な形状工具。ブリケットがどのように押されたかの3D概略図(29.4 KN 15分)。サンプルは工具部品の内側の穴に横たわり、その高さと直径はそれぞれ100mmと50mmであった。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図4:ローディングピストンを接続するために必要なツール。電気油圧サーボテスターのピストンと可視化された容器のピストン間の固定工具の3D概略図。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 5
図5:岩石試料の周変形に関する標準試験装置。プロトコルで使用される円周変形集録の概略的および物理的表現。試料円周変形によって誘導される角変位を測定することにより、円周ひずみが得られた。この装置は高圧ガスおよび油圧オイルで安定して作動できる。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 6
図6:生石炭とブリケットの吸着能力の比較パネルは、標準的なGB/T19560-2008に従って生の石炭とブリケットを使用してメタン同数吸着データを示しています。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 7
図 7: ブリケットを使用してテスト システムから生成された完全な応力ひずみ曲線。単軸圧縮試験は、CO2充填なしで3つのブリケットサンプルを用いて行われ、その結果、ブリケットは安定した単軸圧縮強度(1.0 MPa)を有することを示した。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 8
図8:CO2-ベアリング石炭の単軸圧縮実験(A) 異なる CO2圧力下の応力ひずみ曲線。(B) ピーク強度の変化傾向(C) 弾性率の変化傾向応力軸ひずみ曲線Equation 36()、応力-周ひずみ曲線 ()、Equation 37および応力体ひずみEquation 38曲線 () は、パネルAに示されています。CO2で充填した後、ブリケットはピーク強度と弾性率の低下を経験し、パネルBとCの曲線は、減少率とガス圧との間の非線形関係を示します。 この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 9
図9:故障状態における骨折およびフラクタル計算のEquation 39画像()。(A) ブリケットの表面の破壊進化, 様々な骨折を表す異なる色で.(B) ボックスカウント寸法法を使用したフラクタル寸法曲線。骨折を抽出し、覆い領域をフラクタルジオメトリに基づいて計算した。異なるCO2圧力下のすべての相関係数(R2)は0.95以上であり、フラクタル特性を証明する。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 10
図 10: テスト システムの動的負荷と写真を適用するために必要なツール。ガイドロッドの3Dビューと物理的な画像と動的負荷適用のための円筒形の重量。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

違います。 石炭穀物組成物
(0~1 mm:1~3mm)
の濃度
固体ヒューメイト溶液/ %
ライト
(石炭粉末:セメント)
質量/ g 成形圧力
/ MPa
時間
/ 分
ピーク強度
/ MPa
1 0.76:0.24 1 0.92:0.08 250名 15歳 15歳 0.5年
2 4 1
3 7 1.5年
4 12歳 2

表1:ブリケット調製のスキーム。

サンプル 見かけの密度
(g/cm3)
気孔 率
(%)
水分
(%)
灰の内容
(%)
揮発性コンテンツ
(%)
最大ビトリニト反射率
(%)
練炭 1.17 15歳 4.52 15.52年 31.24の 0.82円
生石炭 1.4年 3.45 4.09件 15.36年 31.17の 0.85円

表2:ブリケットと生石炭の工業分析パラメータの比較

サンプル 一軸
圧縮
強度(MPa)
弾性
係数
(Gpa)
引張
強度
(MPa)
内部
摩擦
角度 (°)
結束
(MPa)
ピシオン
生石炭 25.23年 4.529件 2.30 30歳 0.800円 0.25分
練炭 1.011年 0.067 0.11 29歳 0.117 0.25分

表3:生石炭及びブリケットの機械的特性

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

高圧ガスの危険性を考慮すると、テスト中にいくつかの重要なステップが重要です。弁およびOリングは定期的に点検され、取り替えられるべきであり、点火の源は実験室で許可されるべきではない。手動圧力調整弁を使用する場合、実験者はバルブをゆっくりとねじり、可視化された容器内の圧力を徐々に増加させる必要があります。試験中に容器を分解しないでください。実験が終了したら、容器のバックドアは、高圧ガスの総放出後に開く必要があります。それ以外の場合は、怪我の危険性があります。次のテスト中にガス吸着量に影響を与えないように、掃除機を使用して容器からすべてのブリケットを取り除きます。

CO2-石炭結合実験法は、試験精度を高め、ガス担降石炭実験の写真モニタリングを行うために設計された。ブリケットサンプルは、費用対効果、非毒性、容易な製造、安定した性能、調整可能な強度などのいくつかの利点を有し、その他の吸着曲線は、生石炭のそれとよく一致します。石炭とガスの爆発のモデルテストはまた、ブリケットがガスを持つ石炭29、31の吸引および脱相的な挙動をシミュレートできることを証明する。また、5世代の改良を経て、高精度・高精度・安全性を実現し、高圧実験の安全性に関する基準を満たしています。生石炭やシェール岩を含む多孔質岩である限り、サンプルの種に対する特別な要件はありません。

CO2-石炭結合実験法の主な限界は、まず、ブリケットが生石炭に比べて強度が低いことです。生石炭とブリケットの機械的特性の類似性は依然として改善が必要であり、関連する実験結果は、生石炭とインサイトテストによって評価および検証されるべきである。第二に、LEDライトと航空コネクタは可視化された容器に設定されているので、CH4などの可燃性ガスで満たされるべきではありません。それ以外の場合は、ガス充填中に爆発的な事故が発生する可能性があります。幸いなことに、メタンに似た不燃性ガスはCH4-石炭相互作用をシミュレートすることができ、石炭およびガスの爆発物理シミュレーション実験32に適用する安全で効果的な材料として証明されている。

さらに、ブリケットは、明らかにサンプル画像の品質を低下させる三軸圧縮試験中に適用される圧力を閉じ込めるための熱収縮性プラスチックスリーブによって包まれています。サンプルが異なるガス、温度、およびガス圧の下でロードされる場合、画像キャプチャ時に屈折の動的インデックスを考慮する必要があります。試験の圧力差が比較的低いため、屈折率は定数33と見なすことができます。

単軸および三軸圧縮とは別に、サンプルとガスの相互作用を調べるためにテスト中に動的負荷障害を適用することができます。ガイドロッドと1kgの円筒形の重量は、ユニバーサル試験機のピストンと可視化容器の間に追加されます(図10)。圧力センサーは、試料に加える動的圧力を獲得するために、ローディングピストンの底部に取り付けられています。テスト中、円筒形の重量は、一定の高さで、サンプルの動的故障特性を調めるために異なる応力状態で放出されます。

石炭体への吸着誘発損傷は、単軸圧縮強度および弾性率の低下としてマクロ的に明らかにされる。吸着圧力が高いほど、石炭の損傷が大きいほど、非線形関係です。吸着プロセスは、Langmuirモデル34によって記述することができる。モデル方程式によると、(V Equation 40 = 同等の吸着量;Vm, b = 定数;p=ガス圧)、吸着量はガス圧が大きくなるにつれて増加する。この違いは、ブリケットのピーク強度の異なる減少率をもたらします。実験結果から観察されたCO2飽和による石炭強度または弾性率の低下は、以前研究35、36、37良好に適合している。結論として、吸着量とガス吸着量による機械的損傷との間には一定の関係がある必要があります。

ブリケットの変形特性は、マイクロクラックの圧縮/膨張接続およびマクロスコピック骨折の最終的な形成として要約される。CO2-ベアリング石炭の破壊進化はフラクタル特性を示した。最大フラクタル寸法は試験で1.5191(2MPa CO2)であった。生石炭がブリケットよりも不均一であることを考えると、原発寸法の値は生石炭試験では異なる場合があります。

岩石は固体媒体であり、様々な外部効果が損傷を引き起こす。故障プロセス中の亀裂伝播の不確実性、特に吸着と積載の結合効果を考慮すると、いくつかの伝統的な岩力学の研究方法は明らかな限界を明らかにします。しかし、フラクタル理論は、岩石破壊発達の複雑な機械的プロセスとメカニズムを記述し、研究する新しい方法を提供します。これまでの研究では、岩石材料の骨折進化はフラクタル特徴38、39、40、41を有することを明らかにしている。しかし、主に実験装置の限界のため、ガス担持石炭の破断進化に関する試験研究が欠如している。CO2-石炭結合実験法は、科学者に窓を介してサンプルの表面破壊ネットワークを捕捉および抽出する方法を提供し、異なるカップリング条件でフラクタル寸法を得る。フラクタル寸法は、負荷状態下での石炭体の損傷度、破壊発生、および断面の複雑さを定量的に記述するために使用できます。石炭の構造特性や機械的特性の評価指標となりうる。従って、CO2地質隔離の実践においてガス貯蔵容量及び注入影響パラメータの評価に大きな意義がある。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者は何も開示していない。

Acknowledgments

この研究は、中国国家主要科学機器開発プロジェクト(助成金第51427804号)と山東省国立自然科学財団(助成金第1号)によって支援されました。ZR2017MEE023)。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
3Y-Leica MPV-SP photometer microphotometric system Leica,Germany M090063016 Used for vitrinite
reflectance measurement
Automatic isotherm adsorption instrument BeiShiDe Instrument Technology (Beijing)CO.,Ltd. 3H-2000PH Isothermal adsorption test
Electro hydraulic servo universal testing machine Jinan Shidaishijin testing machine CO.,Ltd WDW-100EIII Used to provide
axial pressure
Gas pressure sensor Beijing Star Sensor Technology CO.,LTD CYYZ11 Gas pressure monitoring
Gas tank(carbon dioxide/helium) Heifei Henglong Gas.,Ltd Gas resource
high-speed camera Sony corporation FDR-AX30 Image monitoring
Incubator Yuyao YuanDong Digital Instrument Factory XGQ-2000 Briquette drying
jaw crusher Hebi Tianke Instrument CO.,Ltd EP-2 Coal grinding
Manual pressure reducing valve Shanghai Saergen Instrument CO.,Ltd R41 Outlet gas pressure adjustment
Proximate Analyzer Changsha Kaiyuan Instrument CO.,Ltd 5E-MAG6700 Coal industrial analysis
Resistance strain gauge Jinan Sigmar Technology CO.,LTD ASMB3-16/8 Poisson ratio measurement
Sieve shaker (6,16mesh) Hebi Tianguan Instrument CO.,Ltd GZS-300 Coal powder shelter
Soft pipe Jinan Quanxing High pressure pipe CO.,Ltd Inner diameter=5 mm
maximal pressure=30 MPa
Standard rock sample circumferential deformation test apparatus Huainan Qingda Machinery CO.,Ltd Circumferential deformation
acquisition
Strain controlled
direct shear apparatus
Beijing Aerospace Huayu Test Instrument CO.,LTD ZJ-4A Tensile strength, cohesion, internal friction
angle measurement
Vaccum pump Fujiwara,Japan 750D Used to vaccumize the vessel
Valve Jiangsu Subei Valve Co.,Ltd S4 NS-MG16-MF1 Gas seal
Visual loading vessel Huainan Qingda Machinery CO.,Ltd Instrument for sample
loading and real-time monitoring

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Mazzotti, M., Pini, R., Storti, G. Enhanced coalbed methane recovery. Journal of Supercritical Fluids. 47, (3), 619-627 (2009).
  2. Litynski, J., et al. U.S. Department of Energy’s Regional Carbon Sequestration Partnership Program: Overview. Energy Procedia. 1, (1), 3959-3967 (2009).
  3. Lackner, K. S. A Guide to CO2 Sequestration. Science. 300, (5626), 1677-1678 (2015).
  4. Zhou, F. D., et al. A feasibility study of ECBM recovery and CO2, storage for a producing CBM field in Southeast Qinshui Basin, China. International Journal of Greenhouse Gas Control. 19, (19), 26-40 (2013).
  5. Zhou, F., Hussain, F., Cinar, Y. Injecting pure N2 and CO2 to coal for enhanced coalbed methane: Experimental observations and numerical simulation. International Journal of Coal Geology. 116, (5), 53-62 (2013).
  6. Pini, R., Ottiger, S., Storti, G., Mazzotti, M. Pure and competitive adsorption of CO2, CH4 and N2 on coal for ECBM. Energy Procedia. 1, (1), 1705-1710 (2009).
  7. Nie, B. S., Li, X. C., Cui, Y. J., Lu, H. Q. Theory and application of gas migration in coal seam. Science Press. Beijing, China. (2014).
  8. Scott, A. R. Improving coal gas recovery with microbially enhanced coalbed methane. Coalbed Methane: Scientific, Environmental and Economic Evaluation. Mastalerz, M., Glikson, M., Golding, S. D. Springer. Netherlands. 89-110 (1999).
  9. Gorucu, F., et al. Effects of matrix shrinkage and swelling on the economics of enhanced-coalbed-methane production and CO2 sequestration in coal. Spe Reservoir Evaluation Engineering. 10, (4), 382-392 (2007).
  10. Liu, S. M., Wang, Y., Harpalani, S. Anisotropy characteristics of coal shrinkage/swelling and its impact on coal permeability evolution with CO2 injection. Greenhouse Gases Science & Technology. 6, (5), 615-632 (2016).
  11. Larsen, J. W. The effects of dissolved CO2, on coal structure and properties. International Journal of Coal Geology. 57, (1), 63-70 (2004).
  12. Mastalerz, M., Gluskoter, H., Rupp, J. Carbon dioxide and methane sorption in high volatile bituminous coals from Indiana, USA. International Journal of Coal Geology. 60, (1), 43-55 (2004).
  13. Li, X. C., Nie, B. S., He, X. Q., Zhang, X., Yang, T. Influence of gas adsorption on coal body. Journal of China Coal Society. 36, (12), 2035-2038 (2011).
  14. Du, Q. H., Liu, X. L., Wang, E. Z., Wang, S. J. Strength Reduction of Coal Pillar after CO2 Sequestration in Abandoned Coal Mines. Minerals. 7, (2), 26-41 (2017).
  15. Zhao, B., et al. Similarity criteria and coal-like material in coal and gas outburst physical simulation. International Journal of Coal Science and Technology. 5, (2), 167-178 (2018).
  16. Xu, J., Ye, G. -b, Li, B. -b, Cao, J., Zhang, M. Experimental study of mechanical and permeability characteristics of moulded coals with different binder ratios. Rock and Soil Mechanics. 36, (1), 104-110 (2015).
  17. Barbara, D., et al. Balance of CO2/CH4 exchange sorption in a coal briquette. Fuel Processing Technology. 106, (2), 95-101 (2013).
  18. Benk, A., Coban, A. Molasses and air blown coal tar pitch binders for the production of metallurgical quality formed coke from anthracite fines or coke breeze. Fuel Processing Technology. 92, (5), 1078-1086 (2011).
  19. Zhao, H. B., Yin, G. Z. Study of acoustic emission characteristics and damage equation of coal containing gas. Rock and Soil Mechanics. 32, (3), 667-671 (2011).
  20. Cao, S. G., Li, Y., Guo, P., Bai, Y. J., Liu, Y. B. Comparative research on permeability characteristics in complete stress-strain process of briquette and coal samples. Chinese Journal of Rock Mechanics and Engineering. 29, (5), 899-906 (2010).
  21. Wang, H. P., et al. Development of a similar material for methane-bearing coal and its application to outburst experiment. Rock and Soil Mechanics. 36, (6), 1676-1682 (2015).
  22. Ulusay, R. The ISRM Suggested Methods for Rock Characterization, Testing and Monitoring: 2007-2014. Springer International Publishing. Switzerland. (2015).
  23. Ranathunga, A. S., Perera, M. S. A., Ranjith, P. G. Influence of CO2 adsorption on the strength and elastic modulus of low rank Australian coal under confining pressure. International Journal of Coal Geology. 167, 148-156 (2016).
  24. Ranjith, P. G., Perera, M. S. A. Effects of cleat performance on strength reduction of coal in CO2, sequestration. Energy. 45, (1), 1069-1075 (2012).
  25. Masoudian, M. S., Airey, D. W., El-Zein, A. Experimental investigations on the effect of CO2, on mechanics of coal. International Journal of Coal Geology. 128, (3), 12-23 (2014).
  26. Wang, S. G., Elsworth, D., Liu, J. S. Rapid decompression and desorption induced energetic failure in coal. Journal of Rock Mechanics and Geotechnical Engineering. 7, (3), 345-350 (2015).
  27. Hadi Mosleh, M., Turner, M., Sedighi, M., Vardon, P. J. Carbon dioxide flow and interactions in a high rank coal: Permeability evolution and reversibility of reactive processes. International Journal of Greenhouse Gas Control. 70, 57-67 (2018).
  28. Abhijit, M., Harpalani, S., Liu, S. M. Laboratory measurement and modeling of coal permeability with continued methane production: Part 1 – Laboratory results. Fuel. 94, (1), 110-116 (2012).
  29. Li, Q. C., et al. Development and application of a gas-solid coupling test system in the visualized and constant volume loading state. Journal of China University of Mining & Technology. 47, (1), 104-112 (2018).
  30. Allen, T. Particle Size Measure. China Architecture & Building Press. Beijing, China. (1984).
  31. Wang, H. P., et al. Coal and gas outburst simulation system based on CRISO model. Chinese Journal of Rock Mechanics and Engineering. 34, (11), 2301-2308 (2015).
  32. Zhang, Q. H., et al. Exploration of similar gas like methane in physical simulation test of coal and gas outburst. Rock and Soil Mechanics. 38, (2), 479-486 (2017).
  33. Xia, G. Z. Study on density and refractive index of near-critical fluid. Huazhong University of Science and Technology. Master’s degree thesis (2009).
  34. Ruppel, T. C., Grein, C. T., Bienstock, D. Adsorption of methane on dry coal at elevated pressure. Fuel. 53, (3), 152-162 (1974).
  35. Ranjith, P. G., Jasinge, D., Choi, S. K., Mehic, M., Shannon, B. The effect of CO2 saturation on mechanical properties of Australian black coal using acoustic emission. Fuel. 89, (8), 2110-2117 (2010).
  36. Viete, D. R., Ranjith, P. G. The effect of CO2, on the geomechanical and permeability behaviour of brown coal: Implications for coal seam CO2 sequestration. International Journal of Coal Geology. 66, (3), 204-216 (2006).
  37. Jiang, Y. D., Zhu, J., Zhao, Y. X., Liu, J. H., Wang, H. W. Constitutive equations of coal containing methane based on mixture theory. Journal of China Coal Society. 32, (11), 1132-1137 (2007).
  38. Xie, H. P., Gao, F., Zhou, H. W., Zuo, J. P. Fractal fracture and fragmentation in rocks. Journal of Seismology. 23, (4), 1-9 (2003).
  39. Miao, T. J., Yu, B. M., Duan, Y. G., Fang, Q. T. A fractal analysis of permeability for fractured rocks. International Journal of Heat & Mass Transfer. 81, (81), 75-80 (2015).
  40. Liu, R. C., Jiang, Y. J., Li, B., Wang, X. S. A fractal model for characterizing fluid flow in fractured rock masses based on randomly distributed rock fracture networks. Computers & Geotechnics. 65, 45-55 (2015).
  41. Pan, J. N., et al. Micro-pores and fractures of coals analysed by field emission scanning electron microscopy and fractal theory. Fuel. 164, 277-285 (2016).
可視化・定量ガス固体結合<sub></sub>試験システムを用いたCO2-ベアリング石炭を用いた単軸圧縮実験
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Hou, W., Wang, H., Wang, W., Liu, Z., Li, Q. A Uniaxial Compression Experiment with CO2-Bearing Coal Using a Visualized and Constant-Volume Gas-Solid Coupling Test System. J. Vis. Exp. (148), e59405, doi:10.3791/59405 (2019).More

Hou, W., Wang, H., Wang, W., Liu, Z., Li, Q. A Uniaxial Compression Experiment with CO2-Bearing Coal Using a Visualized and Constant-Volume Gas-Solid Coupling Test System. J. Vis. Exp. (148), e59405, doi:10.3791/59405 (2019).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter