Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Biochemistry

細胞内膜特異的レドックス感受性緑色蛍光タンパク質を用いた細胞酸化の評価

doi: 10.3791/61229 Published: June 18, 2020

Summary

このプロトコルは、細胞内の細胞内区画特異的な酸化還元状態の評価を記述する。レドックス感受性蛍光プローブは、無傷の細胞でのレシオメトリック分析を可能にします。

Abstract

細胞内酸化/還元バランスを測定すると、生物の生理学的および/または病的な生理学的なレドックスの状態の概要を提供します。チオールは、ジチオールと酸化ジスルフィド比を使用して細胞の酸化還元状態を照らすのに特に重要です。設計されたシステイン含有蛍光タンパク質は、レドックス感受性バイオセンサーの新しい時代を開きます。そのうちの一つは、酸化還元感受性緑色蛍光タンパク質(roGFP)を、アデノウイルス伝達を伴う細胞に容易に導入することができ、細胞内のレドックス状態を細胞内プロセスを中断させることなく評価することができる。roGFPの減少したシステインおよび酸化シスチンは、それぞれ488nmおよび405nmで励起最大量を有し、525nmで発光する。これらの還元および酸化形態の比率を評価することで、細胞内の酸化還元バランスの計算が便利になります。この方法記事では、ヒト三重陰性乳癌細胞(MDA-MB-231)を使用して、生細胞内の酸化還元状態を評価した。プロトコルステップには、細胞細胞群roGFPを発現させるアデノウイルスによるMDA-MB-231細胞株の伝達、H2O2による治療、2およびフローサイトメトリーおよび蛍光顕微鏡の両方を用いたシステインおよびシスチン比の評価が含まれる。

Introduction

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

酸化ストレスは、1985年にヘルムート・シーズによって「前者に有利なプロキシダント抗酸化バランスの乱れ」として定義され、多くの研究が行われ、生物1、2、32,の疾患、栄養、および老化特異的な酸化還元状態を得1るために多くの研究が行われている。3それ以来、酸化ストレスの理解はより広がっています。病気や老化に対して抗酸化物質を使用する仮説をテストすると、酸化ストレスが害を引き起こすだけでなく、細胞内の他の役割も持っていることを示しています。さらに、科学者たちは、フリーラジカルがシグナル伝達に重要な役割を果たしていることを示している。これらの研究のすべては、高分子の還元酸化(酸化還元)比の変化を決定することの重要性を強化します。酵素活性、酸化防止剤、酸化産物、酸化生成物は、様々な方法で評価することができます。これらの中で、チオール酸化を決定する方法は、細胞内の抗酸化物質とプロオキシド物質のバランス、ならびに生物4とのバランスについて報告するので、間違いなく最も使用されている。具体的には、グルタチオン(GSH)/グルタチオンジスルフィド(GSSG)および/またはシステイン(CyS)/シスチン(CySS)との比率が、生物の酸化還元状態をモニタリングするためのバイオマーカーとして使用される2。

プロオキシド剤と抗酸化物質のバランスをアッセリングするために使用される方法は、主に還元/酸化タンパク質または細胞内の小分子のレベルに依存します。ウェスタンブロットおよび質量分析は、還元/酸化された高分子(タンパク質、脂質など)の比率を広く評価するために使用され、GSH/GSSG比は分光光度測定5で評価することができる。これらの方法の一般的な特徴は、細胞のリシスおよび/または組織均質化によるシステムの物理的摂動である。これらの分析は、異なる細胞コンパートメントの酸化状態を測定する必要がある場合にも困難になります。これらの摂動はすべてアッセイ環境で人工物を引き起こす。

レドックス感受性蛍光タンパク質は、細胞内の妨害を引き起こすことなく酸化還元バランスを評価するための有利な時代を開いた6.それらは異なる細胞内区画を標的とすることができ、細胞小器官間のクロストークを調査するためにコンパートメント特有の活動(例えば、ミトコンドリアとサイトゾルのレドックス状態をアッサイル)の定量化を可能にする。黄色蛍光タンパク質(YFP)、緑色蛍光タンパク質(GFP)、HyPeRタンパク質が、マイヤーと同グループの研究グループによってレビューされるこれらのタンパク質の中で、酸化還元感受性GFP(roGFP)は、そのCyS(例えば488 nm/em.525 nm)およびCySS(例えば405 nm/525 nm)残基の異なる蛍光読み出しに起因するユニークであり、YFP77、88などの他のレドックス感受性タンパク質とは異なり、比量分析を可能にする。レシオメトリック出力は、式レベル、検出感度、およびフォトブリーチ8の差を相殺するので、価値があります。細胞の細胞内区画(細胞ゾル、ミトコンドリア、核)または異なる生物(細菌ならびに哺乳類細胞)は、roGFP7、9、109,を修飾7することによって標的とすることができる。10

roGFPアッセイは、特にリアルタイム可視化実験のために、蛍光イメージング技術を用いて行われる。また、所定の時間ポイントを用いた実験では、roGPSのフローサイトメトリック解析も可能です。現在の記事では、アデノウイルス伝達を介してroGFP(細胞質を標的とする)を過剰発現する哺乳類細胞におけるレドックス状態の比率評価を行う蛍光顕微鏡とフローサイトメトリーの両方について説明しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

注: このプロトコルは、70%~80% コンフルエント MDA-MB-231 セルに最適化されました。他の細胞株の場合、細胞数と感染の多重度(MOI)を再最適化する必要があります。

1. 細胞の調製(1日目)

  1. MDA-MB-231細胞株を、5%CO2加湿雰囲気で37°Cで10%の胎児ウシ血清(FBS)を添加したダルベックコの改変イーグル培地(DMEM)10 mLの75 cm2フラスコで維持します。2
    注:DMEMは10%FBS、37 °C、および5%CO2加2湿雰囲気を補い、プロトコル全体のすべてのアタッチメントおよび処理インキュベーションに使用されます。
  2. MDA-MB-231 細胞を実験用に準備します。
    1. フラスコ内の培地を吸引し、2 mLの0.25%トリプシン-EDTA溶液で細胞を2分間剥離し、6 mLの完全培地(DMEM、10%FBS)でトリプシン活性を不活性化する。150 x gで細胞を 5 分間遠心分離し、上清を吸引し、完全培地の 5 mL で細胞を懸濁します。
    2. 等量のセルサスペンションと0.4%のトリパンブルーを混ぜます。この混合物の10 μLを取り、自動化された細胞カウンターで細胞を数える。
      メモ:セルカウントにはコールターカウンターまたはヘモサイトメーターも使用できます。
    3. フローサイトメトリー分析のために細胞を6ウェルプレートに播種し、150,000個の細胞を1ウェルあたり培地1mLでシードします。セルのアタッチを 16 時間待ちます。
    4. 細胞を蛍光イメージング用の4ウェルチャンバースライドに播種し、ウェルあたり0.5 mLの培地で25,000個の細胞をシードします。セルのアタッチを 16 時間待ちます。
      注:加工井戸に加えて、種子制御井戸。コントロールウェルの1つを使用して細胞数を決定します(オプション:細胞の取り付け期間が倍加時間よりも短い場合、細胞数は播種密度と同じであると仮定することができます)、もう1つは感染していないコントロール(0 MOI)です)。

2. アデノウイルスroGFPの導入(2日目と3日目)

注意:アデノウイルスは病気を引き起こす可能性があります。細胞をトランスデューシングしながら、フィルターを使用して、チップを除染チップ、パスツールピペット、および10%漂白剤とマイクロ遠心チューブ。

注:このプロトコルは、サイトゾル特異的なroGFPで実証されたが、他の細胞コンパートメント(例えば、ミトコンドリアまたはミトコンドリア膜間空間)は、この同じプロトコルで標的とすることができる。

  1. MDA-MB-231細胞株の各MOI値に必要なアデノウイルス(mL)の体積を計算することにより、MOIの用量応答曲線を生成し、最高のトランスダクション効率を得る(表1):
    Equation 1
    注:アデノウイルスストックの各バッチの機能力力は、mL当たりのプラーク形成単位(PFU)として表され、会社によって提供される。細胞タイプによって、最適なMOIが異なります。ほとんどの哺乳類細胞にとって、最適なMOI範囲は10〜300の間である。細胞応答によれば、MOI値を再計算する必要があります(例えば、細胞が細胞傷害反応を有する場合はMOI範囲を減らすか、細胞のトランスダクション効率が低い場合は範囲を増やすべきです)。
  2. 信頼性の高いピペッティングのために、細胞培養培地(10%FBSのDMEM)を用いて、6 x10 10 PFU/mLアデノウイルスroGFP溶液の1:100希釈を行います。
  3. ピペットを加え、0.0125 mL(12.5 μL)、0.025 mL(25 μL)、0.05 mL(50 μL)のアデノウイルスroGFP希釈液を6ウェルプレートの各ウェルに加え、50、100、および200MOIの各ウェルをトランスデュースして、50、100、および200MOIの各細胞を測定します。
  4. ピペットを加え、4チャンバースライドウェルにアデノウイルスroGFP希釈液0.0042 mL(4.2 μL)を加えて、蛍光イメージング用に100 MOIで25,000個の細胞をトランスデュースする(表1)。
    注:アデノウイルスroGFPコンストラクトと細胞との間の最も高い相互作用を確保するために、ウェル内で最小限の量の培地を使用する必要があります。高レベルの血清が一部の細胞タイプにおける減産効率に悪影響を及ぼす可能性があるため、培養培地の血清含有量は、異なる細胞株に対して減少させる必要がある。
  5. 細胞の維持条件下で16〜24時間細胞をインキュベートする。翌日(3日目)、培地を細胞培養培地(10%FBSのDMEM)に変更して、さらに24時間の細胞回復を可能にする。細胞は、形態変化があってもroGFPを発現することができる。
    注:3日目に、セルはroGFPを表現し始めるはずです。したがって、蛍光顕微鏡(ex. 488/em. 525のフィルタ)を用いて、トランスダクション効率を監視することができます。一貫したアッセイ結果を得るには、位相差顕微鏡で形態変化を把握し、形質の評価を行いながら形態を観察します。
  6. ステップ2.3で調製した50、100および200のMOIサンプルと、フローサイトメトリー分析から得られたそれらの伝達効率結果を用いて用量応答曲線を構築する(ステップ3.1および4.1)。形態学的変化(ステップ2.5)およびMOIの線量応答曲線の文書化により、最適なトランスダクション効率を評価します。
    注:100 MOIおよび200 MOIエクスプレスroGFPでの細胞集団の98%以上が(代表結果を参照)、200 MOIグループはMDA-MB-231細胞の細胞形態に大きな変化を示した。その結果、MDA-MB-231細胞に対する最も有効性の高いMOIは100 MOIであると判断した。
  7. MDA-MB-231細胞株に最適なMOI(ここでは100 MOI)を選定した後、試験材料(10μMH2O2及びその車両0.1%脱イオン水)を用いて実験を行います。2
    1. セクション 1 に従って細胞を準備し、シードします。ステップ2.1で計算した100 MOIのアデノウイルス伝達量を使用して、100 MOIアデノウイルス伝達についてステップ2.2-2.4を繰り返します。次に、ステップ2.5に従ってプレートとチャンバースライドをインキュベートする。

3. CyS/CySS残高の取得

  1. フローサイトメトリー(4日目)
    1. 4日目に、ステップ2.7.1の細胞を10μMH2O221時間インキュベートします。
      注:10μMH2O2を被験物質として使用し、0.1%脱イオン水をこのプロトコルで車両処理として使用しました。2他の酸化剤は、ここで正のコントロールとして使用することができます。
    2. 6ウェルプレートから吸引媒体を吸引し、0.25%トリプシン-EDTA溶液の750 μLに交換し、細胞が取り外されるまで2分待ちます。完全な媒体の2 mL(10%FBSのDMEM)とトリプシンを不活性化し、15 mL円錐形の管にボリュームを集める。
    3. 4ºCで5分間150 x gでチューブを遠心分離します。上清を捨て、リン酸緩衝生理食塩分(PBS)の500μLで細胞を一時停止します。
    4. ステップ 3.1.3 を繰り返す
    5. 40 μmメッシュを使用して、細胞懸濁液をフローサイトメトリー適合チューブにフィルターします。チューブを氷の上に置いて光から離し、データ分析のためにステップ4.1に従ってください。
  2. 顕微鏡イメージング(4日目)
    1. 4日目に、10μMH2O22細胞を処理し、処理後すぐに画像(タイムポイント0)と1時間を取得し、データ分析のためにステップ4.2に従います。

4. データ分析

  1. フローサイトメトリー定量
    1. サンプル取得ソフトウェアを介して3つの異なる分析のためのフローサイトメトリー法を設定します(材料表を参照): X軸上の前方散乱(FCS)とy軸上の側面散乱(SSC)細胞のサイズと複雑さを評価します(SSCは死細胞と生細胞の粗い識別に使用できます)。488 nm/em.525 nm (フルオレセインイソチオシアネート [FITC]) X軸のバンドパスフィルタとY軸上の SSC による CyS-roGFP の評価1.405 nm/em。525 nm (ブリリアントバイオレット 510 [BV510])バンドパス フィルター x 軸と SSC を Y 軸で X 軸に、CySS-roGFP を評価します。
    2. 0 MOI制御を取得し、サンプル取得ソフトウェアで細胞を可視化します。残りのサンプル(50、100、200 MOI群、および後に10 μMH2O2処理細胞および車両処理細胞)に対してこのステップを繰り返します。2データ分析用にファイルを保存します。
    3. データ分析ソフトウェアを開き(表を参照)、0 MOIサンプルファイルを開きます。対象の細胞集団を評価する(ゲート1)。488 nm/emのバックグラウンド蛍光を最小限に抑えるために、次の格言を設定します。525 nm (ゲート 2) および例. 405 nm/em.525 nm (ゲート 3) バンドパス フィルターと非感染 (0 MOI) コントロール セル。
    4. データ解析ソフトウェア内で50、100、および200のMOIサンプルファイルを開き、線量応答曲線を評価します。各サンプルについて、ゲート2と3で平均蛍光強度を分析します。試験サンプル(10μMH2O2処理細胞2および車両処理細胞)に対してこのステップを繰り返します。
    5. 酸化型とroGFPの還元形態との平均蛍光強度比を以下の式で計算する。

Equation 2

  1. 画像評価
    1. CyS-roGFPおよびCySS-roGFP用の蛍光フィルターを含む顕微鏡を使用してください(例: 488 nm/em. 525 nm および405 nm/em. 525 nm フィルター)。
    2. チャンバースライドの各ウェルで、4倍の目的を使用して大きな領域を視覚化し、画像を取得するために4つのランダムな領域を選択します。
      注:20xの目的は、画像表示にも使用できます。
    3. ImageJ ソフトウェア11でイメージを開きます。分析を適用する |各画像のコマンドを計測し、ステップ 4.1.5 の式を使用してデータを定量化します。
      注: 画像の定量はレシオメトリックです。したがって、プロトコルにはバックグラウンドの減算は含まれません。ただし、画像を比較できるようにするには、明るさ、コントラスト、彩度を各画像で同じにする必要があります。一方向分散分析(ANOVA)とTukeyのポストホック検定で統計的有意性を評価した。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

CyS/CySSのレドックス状態は、トランスデューセロフェスで簡単にアッセイされます。蛍光プローブは、還元型と酸化形態(励起波長488nmおよび405nm)の比率を定量化します。蛍光データは、フローサイトメトリーと顕微鏡の両方で得ることができます。

多数の細胞がフローサイトメトリーを用いて一貫してかつ便利に獲得できる。分析は3つの主要なステップで構成されています:1)FSCエリアフィルタ(図1A)で対象のセル集団を選択します。2) roGFP発現細胞に対して、488/emを付けてゲートします。選択バンドパスフィルターを備えた 525 nm (図 1B);そして3)酸化されたroGFP含有細胞をroGFP発現細胞から、例えば405 nm/emでゲートする。525 nmのバンドパスフィルタ(図1C)。

新しい各細胞株は、roGPSの最適なアデノウイルス伝達効率について評価されるべきである。細胞の形態評価や、フローサイトメトリーや蛍光顕微鏡によるroGFP発現解析により、トランスダクション効率を評価する必要があります。このプロトコルは、フローサイトメトリーを使用してroGFP分析の線量応答曲線を決定し、最も効率的なMOI入力を選択します(図2A-H)。MOI用量応答曲線(図2I)によると、200 MOIは最も高いroGFP発現を示したが、細胞形態が影響を受け、細胞毒性を示唆した。そこで、最適なトランスダクション効率は100 MOIであると判断した。

この方法の有効性を評価するために、H2O2を酸化の陽性対照として用いた。2100のMOIが最適な伝達のために使用された。回復期間後、細胞を1時間10μMH2O2で処理し、フローサイトメトリーを介して蛍光比を得た。22酸化(例えば405 nm/em.525nm)および減少(例えば488 nm/em.525 nm)roGFP平均蛍光強度は、車両(図3A、B)およびB10μMH2O2(2図3C、D)のフローサイトメトリー分析から得られたDFigure 3A重ね合わせたヒストグラムは、細胞数10μMH2O2および2減少(図3E)および酸化(図3F)roGFPの車両処理群のシフトを表します。酸化されたroGFPと還元されたroGFPの比率は、10μMH2O2が車両処理と比較してroGFPの酸化の3倍の増加を引き起こしたことを示している(図3G)。2

細胞の蛍光イメージングも顕微鏡下で10μMH2O2で1時間行った。画像を4倍の目的で撮影し、代表的な画像を20倍の目的で撮影した(図4A)。22蛍光強度をImageJソフトウェアで評価し、比率を算出した。H2O2誘導酸化の定2常状態上昇が検出された(図4B);H2O2を1時間2用いたインキュベーションはroGFPシステインの酸化を増加させ、車両制御間に大きな変化を示した。

Figure 1
図1:非トランスデューシングMDA-MB-231細胞を有するCyS含有(還元)roGFPおよびCySS含有(酸化)roGFP残基の蛍光強度の適合性設定。(A) 対象となるセルの母集団が、SSC および FSC エリア フィルタを使用してゲート 1 として選択されました。(B)roGFP発現細胞は、非発現細胞に従って、ゲート2として選択した。B525 nmのバンドパスフィルター。(C)酸化(シスチン)roGFP含有細胞を、元405 nm/emでゲートした。roGFP発現集団からの525 nmのバンドパスフィルター。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図2:MDA-MB-231細胞株のフローサイトメトリー分析によるMOI線量応答曲線評価(A,B)非感染細胞および(C、D)50 MOI、(E、F)100 MOI、およびEDFC(G、H)200 MOI roGFP発現細胞集団は、それぞれ、格ングセットアップのために取得した。GH(I) トランスデューセド細胞を評価し、対象の細胞集団に応じてパーセンテージでプロットした。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 3
図3:roGFP導入MDA-MB-231細胞株におけるCyS/CySSバランスのフローサイトメトリー評価(A)roGFP発現細胞Aとして評価した車両処置細胞、および(B)酸化されたroGFP発現細胞とH2O2処理を、それぞれパネル(C)および(D)で同じパラメータで評価した。2車両の細胞数ヒストグラムおよびH2O2治療は、(E)roGFPを減少させた場合に重ね合わせた。2 E525バンドパスフィルターと(F)酸化roGFP ex. 405/em.525バンドパスフィルタ。(G)酸化/還元形態間の平均蛍光強度比を棒グラフにプロットした。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図4:roGFP導入MDA-MB-231の蛍光イメージング。(A)車両またはH2O2で1時間処理後の2代表的な画像。(B)酸化/還元形態間の比率を4つの無作為に選んだ領域で評価し、バーは平均±標準偏差を表す。*(p < 0.05)、**(p < 0.01)、または***(p <0.005)として示されるグループ間の統計的有意性。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

分析タイプ ウェルあたりのセル数 アデノウイルス roGFP PFU/mL 1:100 アデノウイルス roGFP PFU/mL の希釈 Moi トランスダクションボリューム (mL)
フローサイトメトリー 150,000 6 x 1010 6 x 108 0 0
50 0.0125
100 0.025
200 0.05
蛍光顕微鏡 25,000 6 x 1010 6 x 108 100 0.0042

表1:MOI値の計算

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here

生物におけるチオール/ジスルフィドバランスは、細胞の酸化還元状態を反映する。生物はグルタチオン、システイン、プロテインチオール、低分子チオールを有し、そのすべてが細胞4の酸化レベルに影響され、酸化状態をエコーする。工学的roGFPはCyS残基7を介してチオール/ジスルフィドバランスの無停止定量化を可能にする。roGFPのレシオメトリック特性は、哺乳動物細胞に信頼性の高いレドックス測定を提供します。roGFPはトランスフェクション法やトランスダクションベクターを用いて細胞に容易に導入できますが、アデノウイルスの導入は効率が高くなります。

細胞の酸化還元状態は、細胞環境(例えば、細胞の合流性および培地の体積)によって容易に影響を受ける。このプロトコルでは、最適化された細胞播種合流は60%~70%と判断され、cmあたり15,000細胞/cm2;分析の日に、細胞は70%〜80%コンフルエントであった。しかし、細胞の形態と倍の時間は細胞株によって異なります。このため、研究者が別の細胞株を使用する場合、細胞の合流性を調整し、フローサイトメトリーおよび/または蛍光顕微鏡で測定を行う必要があります。これにより、実験の設計とニーズに基づいて正確な結果が得られます。

roGfpsは、複数のトランスフェクション法および/またはトランスダクションベクターを持つ細胞に容易に導入することができます。現在のプロトコルは、アデノウイルスを有する細胞に導入されるサイトゾル特異的なroGFP構造を使用する。実験を開始する前に、細胞株のMOI用量応答を決定することが不可欠です。これにより、最適で再現可能なプロトコルを設計するために、最小限の細胞毒性で最大のトランスダクション効率を測定できます。

roGFP導入細胞のCyS/CySSの状態は、蛍光イメージングとフローサイトメトリーの両方で評価することができます。どちらの分析にも長所と短所があります。フローサイトメトリーは、より大きな細胞集団を迅速に評価することを可能にするが、蛍光イメージングはroGFP特異的細胞に対する感受性が高い。さらに、GFPの正しい細胞内局在(例えば、サイトソリック対ミトコンドリア)も確認する。ここでは、フローサイトメトリーと蛍光イメージングの両方が研究者によって使用されました。H2O22はroGFP構築体7の弱い酸化剤と考えられているが、プロトコルは、両方の方法がH2O2処理後の酸化および還元型roGFP間の比比変化を検出するのに2十分に敏感であることを実証した。2

このroGFPプロトコルは、異なる哺乳動物細胞タイプの酸化還元状態を決定するために使用することができる。Loorたちは、プロキシダント/抗酸化バランスの文脈におけるメナジオン誘発型心筋細胞死を理解するために、心筋細胞12における細胞質およびミトコンドリアroGFP標識の両方を使用した。roGFPは、生きている間の細胞の酸化還元状態の視覚化を可能にし、コンパートメント特異的な標的化は疾患のよりよい理解を可能にする。Espositoたちの研究グループは、神経変性疾患における細胞の酸化還元状態を決定するためのroGFPの使用を検討したroGFPは植物14および細菌9を含む異なる生物への伝達が容易に達成されるので、疾患状態の間に細菌および宿主細胞の両方の酸化還元状態を監視することは、革新的な治療アプローチを促進することができる。さらに、トランスジェニック動物においてコンパートメント特異的roGFPを使用して行うインビボ試験は、生物15,16,16の酸化還元状態に光を当て得る。

しかしながら、特定の状況において、roGFPバイオセンサは、細胞内の生理学的に関連する酸化還元変化5及びH2O2酸化7を調査するには不十分である。2H2O2のペルオキシダーゼ選択性2は、より敏感なプローブ6を設計するために使用された。酵母ペルオキシダーゼORP1は、RoGFPに連結して、H2O2-媒介チ2オール酸化17、18、19,18,19の繊細な測定を可能にした。同様に、ヒトグルタレドキシン(Grx1)をroGFPセンサに組み込むことで、細胞区画66、18、1918,19内のGSH/GSSG平衡を特異的に監視する。

この簡単に適用可能なプロトコルは、無傷の細胞のコンパートメント特異的な酸化還元状態を監視することを可能にし、細胞の均質化中の物理的ストレスによる実際の酸化を最小限に抑えます。現在のプロトコルは、フローサイトメトリー(大細胞集団の迅速な分析に有益)と蛍光顕微鏡(連続的なタイムラプスイメージングを可能にし、細胞の形態を決定する)の2つの定量方法を示しています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者らは開示するものは何もない。

Acknowledgments

細胞内の細胞ゾル特異的roGFPを発現するための構築および組換えアデノウイルスは、それぞれポール・T・シューマッカー博士、フライベルク医学部、ノースウェスタン大学、ViraQuest Inc.の研究室で生成された。この研究は、NIH国立一般医学研究所生物医学研究優秀センター(COBRE NIGMS)、国立総合医療科学システム薬理学および毒物学トレーニングプログラム助成金T32 GM106999を通じて、がん治療に対する宿主反応研究センターが支援しました。 UAMS財団/医学研究基金賞AWD00053956、UAMS年末首相賞AWD00053484。フローサイトメトリーコア施設は、微生物病態および宿主炎症反応センターがCOBRE NIGMSを通じてP20GM103625を付与することによって部分的に支えられた。コンテンツは著者の責任であり、必ずしもNIHの公式見解を表すものではありません。ATAはトルコ科学技術研究評議会(TUBITAK)2214-A奨学金によって支援されました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
0.25% Trypsin-EDTA Gibco by Life Sciences 25200-056 Cell culture
4-well chamber slide Thermo Scientific 154526 Cell seeding material for fluorescent imaging
5 ml tubes with cell strainer cap Falcon 352235 Single cell suspension tube for flow cytometry analysis
6-well plate Corning 353046 Cell seeding material for flow cytometry analysis
15 ml conical tubes MidSci C15B Cell culture
75 cm2 ventilated cap tissue culture flasks Corning 4306414 Cell culture
Adenoviral cytosol specific roGFP ViraQuest VQAd roGFP roGFP construct kindly provided by Dr. Schumaker
Class II, Type A2 Safety Hood Cabinet Thermo Scientific 1300 Series A2 Cell culture
Countess automated cell counter Invitrogen C10227 Cell counting
Countess cell counter chamber slides Invitrogen C10283 Cell counting
DMEM Gibco by Life Sciences 11995-065 Cell culture
FBS Atlanta Biologicals S11150 Cell culture
Filtered pipette tips, sterile, 20 µl Fisherbrand 02-717-161 Cell culture
Filtered pipette tips, sterile, 1000 µl Fisherbrand 02-717-166 Cell culture
Flow Cytometer BD Biosciences LSRFortessa Instrument equipped with FITC and BV510 bandpass filters for flow cytometry analyses
Fluorescent Microscope Advanced Microscopy Group (AMG) Evos FL Fluorescent imaging
Hydrogen Peroxide 30% Fisher Scientific H325-100 Positive control
Light Cube, Custom Life Sciences CUB0037 Fluorescent imaging of roGFP expressing cells (ex 405 nm)
Light Cube, GFP Thermo Scientific AMEP4651 Fluorescent imaging of roGFP expressing cells (ex 488 nm)
MDA-MB-231 American Tissue Culture Collection HTB-26 Human epithelial breast cancer cell line
Microcentrifuge tubes, 2 ml Grenier Bio-One 623201 Cell culture
PBS Gibco by Life Sciences 10010-023 Cell culture
Pipet controller Drummond Hood Mate Model 360 Cell culture
Serologycal pipet, 1 ml Fisherbrand 13-678-11B Cell culture
Serologycal pipet, 5 ml Fisherbrand 13-678-11D Cell culture
Serologycal pipet, 10 ml Fisherbrand 13-678-11E Cell culture
Tissue Culture Incubator Thermo Scientific HERACell 150i CO2 incubator for cell culture
Trypan blue stain 0.4% Invitrogen T10282 Cell counting

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Sies, H. Oxidative stress: A concept in redox biology and medicine. Redox Biology. 4, 180-183 (2015).
  2. Jones, D. P. Redefining Oxidative Stress. Antioxidants & Redox Signalling. 8, (9-10), (2006).
  3. Pizzino, G., et al. Oxidative Stress: Harms and Benefits for Human Health. Oxidative Medicine and Cellular Longevity. 20117, 8416763 (2017).
  4. Go, Y. M., Jones, D. P. Thiol/disulfide redox states in signaling and sensing. Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology. 48, (2), 173-191 (2013).
  5. Hansen, J. M., Go, Y., Jones, D. P. Nuclear and Mitochondrial Compartmentation of Oxidative Stress and Redox Signaling. Annual Review of Pharmacology and Toxicology. 46, (1), 215-234 (2006).
  6. Meyer, A. J., Dick, T. P. Fluorescent protein-based redox probes. Antioxidants and Redox Signaling. 13, (5), 621-650 (2010).
  7. Dooley, C. T., et al. Imaging dynamic redox changes in mammalian cells with green fluorescent protein indicators. Journal of Biological Chemistry. 279, (21), 22284-22293 (2004).
  8. Björnberg, O., Østergaard, H., Winther, J. R. Measuring intracellular redox conditions using GFP-based sensors. Antioxidants and Redox Signaling. 8, (3-4), 354-361 (2006).
  9. Bhaskar, A., et al. Reengineering Redox Sensitive GFP to Measure Mycothiol Redox Potential of Mycobacterium tuberculosis during Infection. PLoS Pathogens. 10, (1), 1003902 (2014).
  10. Loor, G., et al. Mitochondrial oxidant stress triggers cell death in simulated ischemia-reperfusion. Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research. 1813, (7), 1382-1394 (2011).
  11. Schneider, C. A., Rasband, W. S., Eliceiri, K. W. NIH Image to ImageJ: 25 years of image analysis. Nature Methods. 9, (7), 671-675 (2012).
  12. Loor, G., et al. Menadione triggers cell death through ROS-dependent mechanisms involving PARP activation without requiring apoptosis. Free Radical Biology and Medicine. 49, (12), 1925-1936 (2010).
  13. Esposito, S., et al. Redox-sensitive GFP to monitor oxidative stress in neurodegenerative diseases. Reviews in the Neurosciences. 28, (2), 133-144 (2017).
  14. Meyer, A. J., et al. Redox-sensitive GFP in Arabidopsis thaliana is a quantitative biosensor for the redox potential of the cellular glutathione redox buffer. Plant Journal. 52, (5), 973-986 (2007).
  15. Galvan, D. L., et al. Real-time in vivo mitochondrial redox assessment confirms enhanced mitochondrial reactive oxygen species in diabetic nephropathy. Kidney International. 92, (5), 1282-1287 (2017).
  16. Swain, L., Nanadikar, M. S., Borowik, S., Zieseniss, A., Katschinski, D. M. Transgenic organisms meet redox bioimaging: One step closer to physiology. Antioxidants and Redox Signaling. 29, (6), 603-612 (2018).
  17. Gutscher, M., et al. Proximity-based protein thiol oxidation by H2O2-scavenging peroxidases. Journal of Biological Chemistry. 284, (46), 31532-31540 (2009).
  18. Morgan, B., Sobotta, M. C., Dick, T. P. Measuring EGSH and H2O2 with roGFP2-based redox probes. Free Radical Biology and Medicine. 51, (11), 1943-1951 (2011).
  19. Dey, S., Sidor, A., O'Rourke, B. Compartment-specific control of reactive oxygen species scavenging by antioxidant pathway enzymes. Journal of Biological Chemistry. 291, (21), 11185-11197 (2016).
細胞内膜特異的レドックス感受性緑色蛍光タンパク質を用いた細胞酸化の評価
Play Video
PDF DOI DOWNLOAD MATERIALS LIST

Cite this Article

Tascioglu Aliyev, A., LoBianco, F., Krager, K. J., Aykin-Burns, N. Assessment of Cellular Oxidation using a Subcellular Compartment-Specific Redox-Sensitive Green Fluorescent Protein. J. Vis. Exp. (160), e61229, doi:10.3791/61229 (2020).More

Tascioglu Aliyev, A., LoBianco, F., Krager, K. J., Aykin-Burns, N. Assessment of Cellular Oxidation using a Subcellular Compartment-Specific Redox-Sensitive Green Fluorescent Protein. J. Vis. Exp. (160), e61229, doi:10.3791/61229 (2020).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter