Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove

Biology

タイムラプス顕微鏡で分解アクチンの監視

doi: 10.3791/66 Published: November 8, 2006

Summary

Protocol

or Start trial to access full content. Learn more about your institution’s access to JoVE content here
  1. ビデオに示すように、フローチャンバーを構築します。パラフィルムでシールがタイトであることを確認して、洗浄カバースリップを使用してください。
  2. 50〜10'のチャンバー内でインキュベートするアクチン結合剤。
  3. ブロッキング蛋白質のガラスカバースリップ上の非特異的結合部位をブロックする。
  4. バッファを重合でG -アクチンに流れることによりチャンバー内のアクチンを重合する。
  5. 過剰なバッファに流れることによってウォッシュ未重合のアクチン。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

タイムラプス顕微鏡で分解アクチンの監視
Play Video
PDF DOI

Cite this Article

Kueh, H. Y. Monitoring Actin Disassembly with Time-lapse Microscopy. J. Vis. Exp. (1), e66, doi:10.3791/66 (2006).More

Kueh, H. Y. Monitoring Actin Disassembly with Time-lapse Microscopy. J. Vis. Exp. (1), e66, doi:10.3791/66 (2006).

Less
Copy Citation Download Citation Reprints and Permissions
View Video

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter