Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Immunology and Infection

This content is Free Access.

xCELLigenceシステムにCR51リリースアッセイを比較することによって、人間Her2neu特異的CD8 T細胞の最適な細胞傷害活性を決定する
 

xCELLigenceシステムにCR51リリースアッセイを比較することによって、人間Her2neu特異的CD8 T細胞の最適な細胞傷害活性を決定する

Article doi: 10.3791/3683
August 8th, 2012

Summary August 8th, 2012

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

クロム放出アッセイ、細胞傷害性T細胞活性を検出するための一般的なアッセイは、いくつかの制限を有する。抗原特異的CD8 T細胞およびヒト乳癌腫瘍ライン、SKBR3を用いて、本資料では、インピーダンスベースのアプローチは、細胞死滅を検出する能力を調べた。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter