Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Biology

This content is Open Access.

ゼブラフィッシュにおけるGal4のを用いた遺伝子トラップ
 
Click here for the English version

ゼブラフィッシュにおけるGal4のを用いた遺伝子トラップ

Article DOI: 10.3791/50113
September 29th, 2013

Chapters

Summary September 29th, 2013

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

このプロトコルは、ゼブラフィッシュにおける二次レポーターとして、第一次報告およびGFP / RFPとしてのGal4-VP16を用いた遺伝子トラップ挿入変異誘発方法が記載されている。 GFPおよびRFPを共発現が約1 10人に高発現F0魚の歩留まり遺伝子トラップ子孫。スクリーニング手順は、容易に挿入突然変異画面を行なう研究室のサイズに適合するようにスケーリングすることができる。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter