Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Biochemistry

A subscription to JoVE is required to view this content.
You will only be able to see the first 20 seconds.

タンパク質 - タンパク質相互作用を研究するためのツールとしての蛍光異方性
 
Click here for the English version

タンパク質 - タンパク質相互作用を研究するためのツールとしての蛍光異方性

Article doi: 10.3791/54640
October 21st, 2016

Summary October 21st, 2016

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

タンパク質相互作用は、細胞の機能の中心にあります。熱量分光技術は、一般に、それらを特徴付けるために使用されます。ここでは、Shwachman-ダイヤモンド症候群(SBDS)で変異タンパク質と伸長因子様1 GTPアーゼ(EFL1)間の相互作用を研究するためのツールとして蛍光異方性を説明します。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
simple hit counter