Waiting
Login processing...

Trial ends in Request Full Access Tell Your Colleague About Jove
JoVE Journal
Behavior

This content is Open Access.

自己表現を調査するために、仮想手と仮想面のイリュージョンを作成します
 
Click here for the English version

自己表現を調査するために、仮想手と仮想面のイリュージョンを作成します

Article DOI: 10.3791/54784
March 1st, 2017

Chapters

Summary March 1st, 2017

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the English version.

ここでは、仮想手と体関連の自己認識/ -representationを研究するために使用することができる仮想面錯覚パラダイムを記述しています。彼らは既に仮想の手や顔、身体表現はかなり柔軟であることを示唆し、自分の身体表現に組み込むことができ、特定の条件の下で、それを実証するために様々な研究で使用されてきました。

Read Article

Get cutting-edge science videos from JoVE sent straight to your inbox every month.

Waiting X
Simple Hit Counter