ES細胞由来の神経上皮細胞の培養

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

間質細胞由来誘導活性(SDIA)を使用して、胚性幹(ES)細胞からの神経上皮前駆体の導出。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Karki, S., Pruszak, J., Isacson, O., Sonntag, K. C. ES Cell-derived Neuroepithelial Cell Cultures. J. Vis. Exp. (1), e118, doi:10.3791/118 (2006).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ES細胞は、それらの新しい治療法の開発のための魅力的なツールとなってすべての胚葉から細胞へと分化する能力を持っている。一般的には、ES細胞の分化は、最初に伝播し、成熟した細胞の表現型に分化することができます未熟な前駆細胞を、生成するための概念に従っています。まず、成熟した神経系細胞への未熟な神経上皮前駆体と第二、その分化の導出と拡大:これはまた、神経細胞の開発は二つの主要な手順を次のようする、ES細胞由来の神経分化に適用されます。 ES細胞から神経前駆細胞を製造する一般的な方法は、神経外胚葉を含むすべての胚葉由来の細胞の分化を明らかに胚様体(EB)形成に基づいています。代替と神経上皮細胞の発達を誘導するより効率的な方法は、頭蓋骨の骨髄由来のストローマ細胞(1)と共培養ES細胞によって達成することができる間質細胞由来誘導活性(SDIA)を、使用しています。両方とも、EBの形成とSDIA、神経管、および/または神経堤のような前駆細胞に似ていると考えられているロゼット様構造、の開発を明らかにする。神経前駆細胞を単離し、拡大し、さらに定義されている培養条件を使用して、特定の神経細胞とグリア細胞に分化することができます。ここでは、ストローマ細胞株MS5との共培養実験(2-5)のようなロゼットの生成と分離を説明します。

Protocol

ステップ1

  1. プレートマイトマイシン- Cのα- MEM培地でゼラチンコート(30分間0.01%)6ウェルプレートに70,000 / cm2の密度でMS5細胞(2.5時間で10μg/ ml)をggrowth的に阻害される。
  2. セルが接続されており、単分子層を(夜の成長以上)に形成しているときは、SRMに切り替える。
  3. 手動で27 ½ G針と注射器を用いてES細胞培養物からES細胞コロニーを分離する。
  4. MS5細胞(6ウェルプレートあたり通常2-3コロニー)で、低密度で1ミリリットル青い先端とプレートで慎重にコロニーをTritrurate。

注:ES細胞は、コラゲナーゼやトリプシンを用いて酵素の伝播から取得することができます。

ステップ2

  1. ロゼットを含むコロニーの形になるまで14-21日のためにMS5フィーダー上にES細胞を成長する。


注:変更のメディアが多い。ロゼットは、植民地と300から500 ng / mlのノギンはSRM(3)に追加されている場合、それらの形成が大幅に向上することができるの外縁部に、通常です。いくつかの分化のプロトコルでは、SRMはN2 -メディアと交換し、セルの仕様(2-5)を促進するための成長や他の要因で補足することができます。

ステップ3

  1. 隔離すると27とのロゼットを選ぶ½ Gの針を顕微鏡下で。

注意:MS5間質細胞を切断し、検出を避けます。コロニーはロゼットでパックされている場合、人はまた全体のコロニーを分離することができます。


ステップ4

  1. ロゼットのクラスタを吸引、ポリ- L -オルニチン(0.001%)とフィブロネクチン(1μg/ mlの)またはラミニン(1μg/ ml)をコートした6ウェルの上に1ミリリットルブルーチップ、プレート一緒に慎重にそれらをtritrurate N2 -通常のbFGF(20 ng / ml)を補充したメディア。ロゼットは、改革と拡大していきます。

注:細胞の生存を向上させるためには、プレート滴の小さなクラスターは細胞密度を増加させることができる。このステップは、セルの仕様(2-5)を促進するために追加の成長や他の要因とN2 -メディアを補完することによって変更することができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

このプロトコルは、SDIAを用いてヒトES細胞から神経上皮細胞を生成し、分離の別の手順を示しています。この方法の応用は多様であり、(例えば1、2、5-9)指定された神経細胞を生成するために多くのプロトコルで使用されています。ロゼットは前方表現型(2、5、10)と神経管の細胞に似たとも神経堤の前駆細胞(11、12)が含まれると考えられている。それらが定義されている培養条件における固有の要因によってパターニングすることができるので、さらに、彼らは、可塑性の一定水準を維持する。このように、SDIA由来の神経前駆細胞は、それらのES細胞の分化のパラダイムの異なる神経細胞集団の導出のための有用なツールとなって中枢および末梢神経系から多くの細胞型を生じさせることができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Type Company Catalog Number Comments
L-Glutamine GIBCO, by Life Technologies 25030
alpha-MEM GIBCO, by Life Technologies 12571
Penicillin/streptomycin GIBCO, by Life Technologies 15140
Knockout-DMEM GIBCO, by Life Technologies 10829
Knockout serum replacement GIBCO, by Life Technologies 10828
MEM nonessential amino acid solution GIBCO, by Life Technologies 12383
DMEM/F12 GIBCO, by Life Technologies 11330
N2-A supplement Stem Cell Technologies 07152
Mitomycin-C Sigma-Aldrich M0503
Gelatine type-A Sigma-Aldrich G1890
poly-L-ornithine Sigma-Aldrich P4957 0.01% solution
Laminin Sigma-Aldrich L-2020
Fibronectin Sigma-Aldrich F2006
Basic fibroblast growth factor (bFGF) Invitrogen 13256
1 mL Syringe with 27 1/2 G needle BD Biosciences 309623
N2-A media medium DMEM/F12 + 1% N2-A supplement
Serum replacement media (SRM) medium Knockout-DMEM + 20% Knockout serum replacement +1% MEM nonessential amino acid solution + 2 mM L-glutamine
α-MEM media medium α-MEM + 10% FBS + 2 mM L-glutamine + 1% penicillin/streptomycin
MS5 cell line stromal cells
Microscope
6-well Plates for tissue culture

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Forthcoming.

Comments

2 Comments

  1. Where can we get MS5 stromal cell line?

    Sergey Akimov, JHU SOM

    Reply
    Posted by: Sergey A.
    June 24, 2010 - 12:00 PM
  2. Just now noticed your comment. I believe the easiest way to obtain MS5 cells is via DSMZ - (German Collection of Microorganisms and Cell Cultures; http://www.dsmz.de). The MS5 line is internal DSMZ no."ACC 441".

    Reply
    Posted by: Anonymous
    October 27, 2011 - 8:32 AM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Usage Statistics