マウス神経幹細胞の前駆体の文化

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

このビデオでは、マウス胎児の開発皮質からneuroprecursorsの単離に使用方法を説明します。皮質組織を解剖、子宮から胚を取り外す手順、および分離された大脳皮質を消化することが示されている。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Currle, D. S., Hu, J. S., Kolski-Andreaco, A., Monuki, E. S. Culture of Mouse Neural Stem Cell Precursors. J. Vis. Exp. (2), e152, doi:10.3791/152 (2007).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

主要な神経幹細胞の培養は、中枢神経系の発達の基礎となるメカニズムを考察する上で役立ちます。幹細胞研究は、神経系の我々の理解を増加し、私たちは現在不治の脳の病気やけがの治療法を開発できる可能性があります。さらに、幹細胞は神経分化と分化転換と特定の細胞型への細胞の特殊化を指示する遺伝的要因と環境シグナルのメカニズムの詳細な研究を目的とした幹細胞研究のために使用する必要があります。このビデオでは、胎生12.5マウスの背側前脳から細胞を分解するために使用される技法を示しています。解剖の手順は、子宮からE12.5マウス胚を収穫細かい解剖鉗子で"スキン"を除去し、最終的に大脳皮質の部分を分離することが含まれています。解剖の後、組織は、消化し、機械的に解離される。再懸濁し、解離細胞は、その後、神経幹細胞の増殖を支持する"幹細胞"培地中で培養されています。

Protocol

  1. マウス神経前駆細胞(NPCは)E12.5胚の皮質から単離した。
  2. 皮膚と間葉層は解剖終脳胞から削除されました。
  3. 小胞は、37℃20分間HBSSで0.02%EDTAおよび0.2%BSAを0.05%トリプシン℃でインキュベートした。
  4. トリプシン処理をHBSSで1 mg / mlの大豆トリプシンインヒビター(Sigma社#T6522)の等量を停止させた。
  5. 組織は、ファイアーポリッシュパスツールピペットで粉砕のいくつかのラウンドを使用して、解離したダイジェスト。
  6. 細胞をHBSSに0.2%BSAで一回洗浄し、20 ng / mlのEGF、10 ng / mlのFGF2(R&Dシステムズまたはペプロテック)、2 ug / mlとのヘパリン(とメディアでラミニンでコーティングされたカバースリップ上に50,000細胞/ mlで播種し、シグマ)。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

CNSの開発と幹細胞生物学の理解に大きな進歩は、胚性神経幹細胞を、採取分離、培養する当社の能力によって可能になされている。このビデオでは、E12.5マウス大脳皮質および胚性神経幹細胞のその後の凝集および培養の解剖を示しています。他の多くの他の同様のメソッドが正常に他の研究者によって採用されている。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Type Company Catalog Number Comments
Straight Iris Scissors Tool Fine Science Tools 14060-11
Medium Scissors Tool Fine Science Tools 15024-10
Micro Scissors Tool Fine Science Tools 15002-08
Bent Forceps Tool Fine Science Tools 11251-35

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Currle, D., Cheng, X., Hsu, C., Monuki, E. Direct and indirect roles of CNS dorsal midline cells in choroid plexus epithelial formation. Development. 132, (15), 3549-3559 (2005).
  2. Flanagan, L., Rebaza, L., Derzic, S., Schwartz, P., Monuki, E. Regulation of human neural precursor cells by laminin and integrins. J Neurosci Res. 83, 845-856 (2006).

Comments

3 Comments

  1. There are lots of mistakes about working in a steril conditions, the cap of the bottles should be plased upsode down.  No good lab practoce !

    Reply
    Posted by: Maryam M.
    April 20, 2009 - 2:31 PM
  2. Thanks, but no contamination in 6 years.

    Reply
    Posted by: Anonymous
    April 20, 2009 - 4:34 PM
  3. I think it would be better to say "Culture of Mouse neural Stem (precursor) cells". You can not use both stem and precursor terms together.

    Reply
    Posted by: Hassan A.
    July 13, 2010 - 9:25 PM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Usage Statistics