StemCell Technologies社からRosetteSepキットと人間の血液からNK細胞の濃縮

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ナチュラルキラー細胞はリンパ球の小集団である。ここでは、StemCell Technologies社からキットを使用して、負の選択によって、ヒトの血液からこれらの細胞を単離する方法を示します。得られた細胞は、そのための手続きの数に使用する準備が現実的で抗体による手つかずのです、と。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Beeton, C., Chandy, K. G. Enrichment of NK Cells from Human Blood with the RosetteSep Kit from StemCell Technologies. J. Vis. Exp. (8), e326, doi:10.3791/326 (2007).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ナチュラルキラー(NK)細胞は自然免疫系に属し、がんや感染症との戦いで大きな役割を果たす大型顆粒細胞傷害性リンパ球であるが、また妊娠中や移植拒絶反応の初期段階に関与している。これらの細胞は、末梢血中に存在し、それらを単離することができる。細胞は、正または負のどちらか選択を用いて単離することができる。我々は表面のすべてのセル上に存在するマーカーが関心の細胞を標的とする抗体のカクテルを使用して負の選択のためのに対し、正の選択のために我々は、関心の高い細胞の表面マーカーの存在に対する抗体を使用してください。この後者の手法は、それによって不要な細胞の活性化やdifferenciationのリスクを低減、抗体の自由な目的の細胞を残すことを示します。このビデオプロトコルでは、StemCellの技術からRosetteSepキットを使用して、負の選択により、ヒト血液からNK細胞を分離する方法を示します。手順は、ヒト末梢血を(人間の被験者を保護するための制度審査委員会に承認されたプロトコルの下で)取得し、NK細胞上に存在しないマーカーに結合する抗体のカクテルと混合伴いますが、周辺に存在する全ての他の単核細胞上に存在する血液(例えば、Tリンパ球、単球...).カクテルに存在する抗体は、赤血球にグリコフォリンに対する抗体にコンジュゲートされる。すべての不要な細胞や赤血球は、したがって、複合体に閉じ込められます。血液と抗体カクテルのミックスは、その後、希釈Histopaque勾配の上で合成し、遠心分離されています。 NK細胞は、(> 80%純粋)Histopaqueと希釈した血漿との界面で収集することができます。同様のカクテルは、ヒトTリンパ球など他の細胞集団の濃縮のために用意されています。

Protocol

詳細なプロトコルは、それぞれのロゼットのSEP分離カクテルに含まれており、StemCell TechnologiesのWebサイト1で利用できるオンラインになっています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

このテクニックを使用して単離した細胞は、さらに他の細胞分離キットを用いて、異なる集団に分けることができます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Type Company Catalog Number Comments
Rosette Sep cocktail for human NK cells Reagent Stem Cell Technologies 15065
PBS, steile, 1x Reagent GIBCO, by Life Technologies 14040-058
Fetal calf serum (FCS, FBS) Reagent GIBCO, by Life Technologies 16140-071
Histopaque-1077 Reagent Sigma-Aldrich 10771
PBS supplemented with 2% FCS and Histopaque solutions must be brought to room temperature before the begining of the procedure.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Procedures and instruction manuals. http://www.stemcell.com/technical/technicalrsproc.aspx Forthcoming.

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics