HIV感染者でもろさを測定する。虚弱患者の同定は、もろさの改善と逆転への第一歩です。

1Division of Infectious Diseases, University of Arizona, 2Arizona Center on Aging, University of Arizona
Medicine
 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Rees, H. C., Ianas, V., McCracken, P., Smith, S., Georgescu, A., Zangeneh, T., et al. Measuring Frailty in HIV-infected Individuals. Identification of Frail Patients is the First Step to Amelioration and Reversal of Frailty. J. Vis. Exp. (77), e50537, doi:10.3791/50537 (2013).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

一連のテストで構成されるシンプルな、検証プロトコルは、もろさ症候群の高齢患者を識別するために利用可能です。ストレッサーに減少リザーブと抵抗のこの症候群は、加齢と共に発生率が増加します。高齢者では、もろさが虚弱にプレ虚弱への非虚弱から機能の段階的な損失を追求することがあります。私たちは、HIV感染患者における虚弱を学び、〜20%が高齢者1,2のために開発され厳しい基準を使用してフライド表現型を使用して虚弱であることがわかった。 HIV感染で症候群は若い年齢で発生します。

HIV患者1のためにチェックした)意図しない体重減少、歩行速度によって決定されるように2)遅;握力計によって測定された3)弱さ、4)抑うつ尺度に対する回答によって枯渇、および5)、低身体活動を評価することにより決定したキロカロリーは、週の時間に費やされる。プリもろさは、任意の2つの5の基準に存在し、任意の3の場合、もろさは存在していた5つの基準は、異常だった。

テストが完了するまで約10〜15分を取ると、それらはルーチン通院中医療助手によって行うことができる。試験結果は標準テーブルを参照することによって得点される。個々の患者でのもろさに寄与する5要素の理解は、臨床医が関連する根本的な問題に対処できるようにすることができ、それらの多くは、日常のHIVクリニックの訪問で明白ではありません。

Introduction

より多くの米国におけるHIV-1感染者の半数以上が2015年までに50歳以上になると疾病管理プロジェクトのためのセンター。 HIV-1感染患者の増加寿命は罹患率と死亡率のリスクが高いHIV陽性の長老を配置、老化関連の併存疾患の予想外の増加をもたらした。これの一つの重要な例は、HIV-1に感染した成人の促進老化に重要な役割を果たしている可能性弱の新しく記載症候群、となっています。3-7

もろさは、生理的システムの累積下落に起因するストレスの減少リザーブと抵抗の生物学的症候群として、高齢者に定義されており、頻繁に時間をかけて段階的に機能低下に進行されています。もろさの臨床的重要性症候群は、このような機能低下や可動性などの有害健康影響の予測、リスクの高い状態、hospitalizatとみなされていることです過去10年間でイオンと死。8多くの研究では、異なる集団のもろさを評価しようとしています。揚げらは 。もろさの2彼らの定義は高齢女性の研究で検証されました。心血管研究に登録した65歳以上年上の男性と女性のもろさを学び、その定義の9修正は含めて他の研究で使用されているHIV-1感染者。4-7フライドらはさえ障害や併存疾患のない状態で、65歳以上の高齢者人口の7%よりも20から26パーセント古いのに対し、虚弱であることを示したことを虚弱表現型を説明80歳虚弱だった。2弱さが主な知見だけでなく、悪性腫瘍、アテローム性動脈硬化症、感染症(HIV)、またはうつ病のような急性のイベントや併存疾患の結果として二次診断をすることができます10また、おそらく他の因子HIV患者、例えば、静脈内薬物乱用で虚弱に貢献貧困と精神疾患。

もろさは、より深刻なHIV感染症と頻繁に現在4古いHIV-1感染者は、非HIV感染患者よりも若い年齢でのHIV-1感染患者で発見され、彼らが診断されないことが多いので、若い人より短い生存期間を持っていました病気の過程において非常に遅くまで。11もう一つの理由は、高齢の患者は、HIV-1と相互作用する多くの併存疾患を持っているかもしれない。年長のHIV-1感染患者は、HIV-1感染せず同年代の対照個体よりもfrailerとして記載されている。4

枯渇した埋蔵量が臨界に到達する前に弱さは、その初期の段階( 例えば介入体調不良、タンパク質エネルギー栄養失調、うつ病、ビタミンD欠乏症と他のもろさ関連する条件を逆にする)で可逆的でありますようにHIV-1感染患者における虚弱の臨床測定は重要です。につながるしきい不可逆的な脆弱性と機能低下。

Protocol

それがHIV診療所に通うすべての患者でもろさをテストすることは現実的ではないので、我々は次の患者が虚弱の存在を評価することをお勧めします:患者はCD4細胞数と介護に入る意図しない体重減少を訴え<200、患者、重度の神経障害または患者人は、HIV治療に準拠していない。

  1. 虚弱や "弱さ"のテストを受けるために、患者の口頭で同意を得る。同意が行われ、すべてが正常な身体検査の一部であるため、書き込みできませんする必要があります。
  2. 患者が混乱したり、無関心な表示された場合ミニコグテストを実行します。
    1. に耳を傾け、そして3無関係な言葉を覚えて服用するよう指導すること。大声で審査官の状態は、次の3つの言葉。
    2. 白紙または既にページ上に描画クロックサークルでシート上のいずれか、時計の顔を描いて服用するよう指導すること。患者が時計の文字盤に数字を入れた後、彼に尋ねるまたはh特定の時間を読むために時計の針を描画するえー。
    3. 3前述の言葉を繰り返す患者に依頼。各リコール単語1ポイントを与える。三つの言葉のどれをリコールしない患者は、認知(= 0のスコア)減損として分類される。 (; =そのまま正常異常=障害)1-2語の中間の言葉のリコールで(スコア= 3)認知無傷の患者は、クロックドローテストに基づいて分類されているとしてリコール患者はすべての3つの単語が分類されています。
    4. 患者はミニコグに失敗した場合、臨​​床医は混乱および/またはせん妄の原因をさらに調べる必要があります。弱さのためにテストすることは、現時点では適切ではないでしょう。
  3. 患者の重量を測定し、体重減少のために評価する。虚弱である誰かが、前年の≥10ポンドの意図しない体重減少があるかもしれません。
  4. 遅さのための時間は、患者の散歩。虚弱である誰かが時限15フィート歩行テストによって定義されるように減少歩行時間を持っています。時間は、性別やstandiに調整されngの高さ。 > 6秒で15フィートを歩いて173センチメートルと女性> 159センチメートル虚弱とみなされます。<男性高さ173センチメートルと女性> 7秒で15フィートを歩いた<159センチメートルが虚弱とみなされる>は、高さを持つ男性
  5. 患者が弱点を持っているかどうかを確認します。性別、体格指数(BMI)を調整した場合の値で動力計により測定握力が低下した場合に弱点が確立される。握力(キロ)<29の場合はBMI <24を持つ男性が弱いとみなされ、24.1から28のBMIのために、人は、次の場合に虚弱である<30、BMI> 28のために<32あれば男は虚弱である。握力(キロ)<BMI 23.1から26を18 <場合<17.3と、26.1から29のBMIが虚弱とみなされる虚弱とみなされ17と、BMIであれば女性のために、<23のBMIが虚弱とみなされます21 <あれば> 29は虚弱とみなされます。
  6. 患者は低い身体活動レベルを持っているかどうかを確認します。これはミネソタ州レジャーティムによって計測週費やさキロカロリーの加重スコアによって確立さE活性アンケート。アンケートは、日常生活、スポーツや趣味などの活動について尋ねます。もろさは、男性が<383kcal/weekを使用するときに存在し、女性<270キロカロリー/週12
  7. 患者は疲労の証拠を示しているかどうかを確認。これは、自己申告疫学研究抑うつ尺度のためのセンターから2つの質問に答えることで頼ま13質問は:あなたがどのくらいの頻度で先週に感じました:(a)は、私がやったことすべてが努力だった、又は(b)。?私は軌道に乗ることができませんでした?答えは次のとおりだった:0 = 1日未満、1 = 1〜2日、2 = 3〜4日、3 =ほとんどの時間。これらの質問のいずれかに2つまたは3つに答えることは弱さのために肯定的な基準である。14

References

  1. Ianas, V., Berg, E., Mohler, M. J., Wendel, C., Klotz, S. A. Antiretroviral therapy protects against frailty in HIV-1 infection. J. Int. Assoc. Physicians AIDS Care. (2012).
  2. Fried, L. P., Tangen, C. M., et al. Frailty in older adults: evidence for a phenotype. J. Gerontol. A. Biol. Sci. Med. Sci. 56, (3), M146-M156 (2001).
  3. Effros, R. B., Fletcher, C. V., et al. Aging and infectious diseases: workshop on HIV infection and aging: what is known and future research directions. Clin. Infect. Dis. 47, (4), 542-553 (2008).
  4. Desquilbet, L., Jacobson, L. P., et al. HIV-1 infection is associated with an earlier occurrence of a phenotype related to frailty. J. Gerontol. A. Biol. Sci. Med. Sci. 62, (11), 1279-1286 (2007).
  5. Desquilbet, L., Margolick, J. B., et al. Relationship between a frailty-related phenotype and progressive deterioration of the immune system in HIV-infected men. J. Acquir. Immune Defic. Syndr. 50, (3), 299-306 (2009).
  6. Onen, N. F., Agbebi, A., et al. Frailty among HIV-infected persons in an urban outpatient care setting. J. Infect. 59, (5), 346-352 (2009).
  7. Terzian, A. S., Holman, S., et al. Factors associated with preclinical disability and frailty among HIV-infected and HIV-uninfected women in the era of cART. J. Womens Health (Larchmt). 18, (12), 1965-1974 (2009).
  8. Ahmed, N., Mandel, R., Fain, M. J. Frailty: an emerging geriatric syndrome. Am. J. Med. 120, (9), 748-753 (2007).
  9. Bergman, H., Ferrucci, L., et al. Frailty: an emerging research and clinical paradigm--issues and controversies. J. Gerontol. A. Biol. Sci. Med. Sci. 62, (7), 731-737 (2007).
  10. Bandeen-Roche, K., Xue, Q. L., et al. Phenotype of frailty: characterization in the women's health and aging studies. J. Gerontol. A. Biol. Sci. Med. Sci. 61, (3), 262-266 (2006).
  11. Wilson, J. F. Frailty--and its dangerous effects--might be preventable. Ann. Intern. Med. 141, (6), 489-492 (2004).
  12. Martin, C. P., Fain, M. J., Klotz, S. A. The older HIV-positive adult: a critical review of the medical literature. Am. J. Med. 121, (12), 1032-1037 (2008).
  13. Taylor, H. L., Jacobs, D. R., et al. A questionnaire for the assessment of leisure time physical activities. J. Chronic Dis. 31, (12), 741-755 (1978).
  14. Radloff, L. The CES-D Scale: A self-report depression scale for research in the general population. Applied Psychological Measurement. 1, (3), 385-401 (1977).
  15. Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1-infected adults and adolescents [Internet]. Department of Health and Human Services. Available from: http://aidsinfo.nih.gov (2013).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics