肺炎のための有用な補助的ツールとしてのオステオパシー整体

Medicine
 

Summary

肺炎は、生体力学的および免疫機能を強化するために、肺炎の治療に補助療法として用いることができる米国オステオパシー整体技術(OMT)の死亡のトップ10主要な原因の1つである;そして最終的に、入院期間、抗生物質の継続期間、呼吸不全の発症率、死亡率を減少させる。このビデオの記事では、肺炎患者のOMTの使用に関する無作為化対照試験をレビューだけでなく、具体的な実践的な肺感染症を治療する際に日常整骨医師が実践されている技術のデモンストレーションを行います。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Yao, S., Hassani, J., Gagne, M., George, G., Gilliar, W. Osteopathic Manipulative Treatment as a Useful Adjunctive Tool for Pneumonia. J. Vis. Exp. (87), e50687, doi:10.3791/50687 (2014).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

肺炎、主に、微生物感染に対する肺組織の炎症状態は、2007年1年に米国で52306人が死亡し110万人の患者2の入院となった。 5日2の入院患者の入院の平均の長さで、肺炎とインフルエンザは、米国の2005年3402億ドルの原価計算の重要な経済的負担を含む。アメリカ/米国胸部学会のガイドラインの現在の感染症学会の下では、標準の-介護の推奨事項は、適切な抗生物質連隊、補液、及び換気(必要な場合)の迅速な投与が含まれる。非標準療法はコルチコステロイドおよびスタチンの使用を含む;しかし、これらの治療法は決定的な裏付け証拠4を欠いている。 (図1)

オステオパシー整体(OMT)は、肺炎の費用対効果の高い補助療法である一人で5を 、従来のケアを受けた被験者と比較した場合、入院、抗生物質の静脈内投与の期間、および呼吸不全や死亡の発生率の患者の長さを短くすることが示されているNIA。肺炎のための手動操作技術の使用は、最初のオステオパシー医師によって治療された患者では10%の死亡率と比較して、早くも標準的な医療で治療を受けた患者は33%の推定死亡率を持っていた1918年のスペイン風邪の大流行として記録した6。肺炎の管理に適用した場合、手動操作技術は、これらのシステム7,8、9、10に関与する解剖学的構造を標的とすることによってリンパの流れ、呼吸機能、および免疫学的防御を強化する。

このレビュービデオ·記事の目的は3つある:A)径の成人患者におけるOMTの有効性に関するランダム化比較試験の結果をまとめたものB)、C)、呼吸器を手動で操作し、リンパ系の背後にある生理学的メカニズムを解明、肺炎の治療整骨医師が利用する確立されたプロトコルを実証し、肺炎をgnosed。具体的には、オートノミック、リンパドレナージュ、および胸郭の可動性に対処4日常的な技術について議論し、デモンストレーションを行います。1)リブ調達、2)胸部ポンプ、胸部横隔膜の3)ドーミングとリブ1のため4)筋エネルギーを5 、11

Introduction

子ども、高齢者、および免疫不全患者は、肺炎に特に影響を受けやすい。患者は、発熱、咳、呼吸困難、頻呼吸、頻脈、喀痰、胸膜炎性胸痛、吐き気、嘔吐、下痢、疲労4で提示してもよい。臨床胸の検査では、パーカッションにくすみを明らかにし、冒された肺12の上に聴診するとクラックルがあります。検査結果は、左シフト、ならびに赤血球沈降速度の増加およびC反応性タンパク質4との白血球増加を示すことができる。特定の病原微生物を解明する試験は、尿中抗原試験、ポリメラーゼ連鎖反応、痰分析、血液培養4が挙げられる。最後に、診断のためのゴールドスタンダードとなって放射線画像は、肺12の様々な葉の上の統合や炎症性変化が表示される場合があります。特定のアルゴリズムまたは一連の症状は一貫して、ESが証明されなかった一方で肺炎の臨床診断をtablish、温度> 100ºFと異常呼吸音(ラ音またはいびき音)は、一般に、胸部X線や痰のサンプル13を注文するための基準として受け入れられています。さらに、肺炎重症度指数(PSI)およびCURB-65基準は、正確に肺炎患者における死亡率を予測することが証明されている。14,15

肺炎の診断が確認されると、従来の標準のケア管理が投与されるべきである。安定した状態にある患者については、オステオパシーの評価および補助療法が有益である可能性があると考えるべきである。

従来の医療を実践するために、完全にライセンスされたことに加えて、整骨医師は構造、機能、および癒すために身体の固有の能力を向上させ、診断および治療に対する多段階の総合的なアプローチを利用している。経営者は、撮影から始まり、標準の歴史と身体検査を実施する。必要に応じて、実験室およびイメージング研究が行われている。オステオパシーの構造試験は、この記事の範囲を超えて、次のパラメータの評価および評価を含む、実行されます。セグメントと運動の地域的な制限の存在、胸郭不動、筋肉のけいれん、tenderpoints、内臓身体の反射神経、チャップマンのポイント、リンパ管の障害、自律神経の異常、構造不規則性。その後、患者は、手を上に受け取る標準​​的治療プロトコルに加えて、任意の特定の機能不全に対処することを目的とした操作。最後に、再評価は、介入の有効性を評価するために行われる。

文献レビュー

私たちの最初の組み入れ基準を勉強PubMedのでインデックス化比較試験(RCT)をランダム化されました成人(> 18歳)はOMTの有効性は、市中肺炎と診断された。私たちは6の記事のリターンが得られ、「肺炎はランダム化比較試験*整骨」のPubMedのを検索しました。これらの結果の、3が選択基準の範囲にフィットします。

なぜなら、肺炎患者のOMTの有効性に関するランダム化比較試験の限られた数のため、我々は別のマニュアル、非薬理学的、肺炎の治療、すなわち胸部理学療法で使用される補助療法の有効性に関する研究を含めるために私たちの選択基準を拡大した。胸部理学療法は、肺の膨張を促進する呼吸筋の強化、および肺16からの分泌物を除去することによって呼吸効率を改善するように設計された技術の集合として定義される。胸部理学療法は、示している咳や深呼吸の練習と一緒にパーカッション、体位ドレナージなどの技術が含まれる肺炎17の管理のためのD。これは、胸部理学療法の理想的な目標は、これらの手動モダリティの両方が、呼吸の仕事を減少させ、肺の膨張を促進するのを助けることをOMTと同様であることは明らかである。私たちは、胸部理学療法が含まれるように、検索を展開するために、この、それは論理的だった。

次に、59の記事のリターンが得られている、「理学療法肺炎ランダム化比較試験」のためのPubMedのを検索しました。これらの結果の、3つの追加の研究が選択基準の範囲にフィットします。

2検索を組み合わせる場合、6件のRCTの合計が包含のため私たちの基準に適合。これらのRCTは、後述の要約され、図3-4に表示されます。

  • 2010年には、ノルは、 肺炎で入院した患者のための補助療法として、オステオパシーの操作の有効性を公表:ランダム化比較試験これは、無作為化多施設だった高齢者の肺炎のために補助療法に焦点を当てた406を対象とする試験。治療群は、ダイヤフラム、胸部ポンプ、およびリンパポンプをドーミング、このようなリブ調達などの技術を利用して整骨の専門家からのOMTを受けた。対照群にのみ、従来のケアを受けながら、プラセボ群には、軽いタッチを受けた。ノルはプロトコルごとの分析によって、従来の治療法と比較した場合、OMTが減少宿泊期間(LOS)およびIV抗生物質の継続期間だけでなく、呼吸不全や死亡の発生率が低いと関連していたことがわかった。18
  • パイロット研究:2000年から1999年では、ノルは肺炎肺炎で入院した高齢者における補助整骨整体で入院高齢患者のための整骨整体のメリットを発表た。これらの試験は、軽いタッチに比べて補助OMTは、減少LOSと硬膜と関連していたことを報告抗生物質の静脈内投与のTiONから。19、20
  • 1997年には、Bjorkqvistのボトル吹いて病院で治療された患者での肺炎患者における市中肺炎、比較したアウトカム指標では、初期の動員、深呼吸、あるいはバブルブローのための補助プロトコルを受信するために層別化。泡吹き早期動員グループに減少したLOS相対と関連していた。21
  • 1985年には、ブリトンは、一次性肺炎に胸部理学療法を発表た。この研究は、体位ドレナージ、パーカッション、振動、呼吸を外部の助けのためのプロトコルを受けた肺炎患者のための何のメリットが見つかりませんでした。22
  • 1978年には、 肺炎の解像度胸部理学療法と間欠陽圧呼吸のグラハムの有効性は体位ドレナージ、パーカッション、振動、深呼吸や咳の奨励のためのプロトコルに登録した肺炎の患者のための何のメリットが見つかりませんでした。23

Protocol

5 OMTのここで説明するには、示された時に肺炎の患者のために利用することができる整骨手続きの小さな表現です。これらの技術は、胸郭のコンプライアンスを改善し、リンパの循環流を改善し、自律神経トーンのバランスをとるに焦点を当てる。これらの技術は、肺炎を有する患者の治療に効力を示す3 OMTの研究に利用技術と同様である。

リブ1の1筋エネルギー-呼気機能障害24,25

  1. 患者の第一肋骨、第一リブの鎖骨上の部分に2つ目の数字と、第1肋骨の鎖骨部分の3番目の数字の後面に最初の数字を配置することによって、リブ1の動きを評価する。制限された運動や組織の混雑のため触診。
  2. 患者はテーブルの上に仰臥位に位置する。それは、左リブ1呼気機能不全である場合(例えば、頁上に立つリブ不全の反対側に立つatientの右側およびその逆)。
  3. 患者の下尾側の手に到達し、機能不全リブ1のリブ角度を把握する。下外側方向にトラクションを適用します。
  4. 額に患者の左手首の背を配置します。その後、患者の手首の上に手を置く。
  5. 患者は限定的障壁に係合するように下方にリブを動かしながらで深呼吸を持っている。
  6. 手が提供する等尺性抵抗に抗して自分の頭を持ち上げるしようとしたときに、患者は3〜5秒間、自分の息を止めている。
  7. 各繰り返しの後に新しい制限的な障壁を再係合しながら繰り返して、1.5から1.6まで3〜5回繰り返します。
  8. 最後の繰り返しの後、最終的な、受動的なストレッチは、制限的障壁にさらに実行されます。
  9. リブ1の動きを再評価し、改善の兆しを確認してください。

。1のリブに2筋エネルギー-吸入不全24,25

  1. の先頭に座る患者は仰臥位に位置しな​​がら、テーブル。
  2. リブ1のデジタル触診を使用して機能障害について評価。リブ、鎖骨上の部分に2つ目の数字、鎖骨下領域上の第三桁目の後面に親指を置きます。制限された運動または局所的な組織の混雑のために感じる。
  3. 親指で鎖骨上窩に機能不全肋骨の頭部を監視します。
  4. 楽しみに反対の手でフレックス患者の頭の動きは、前斜角筋の緊張を緩和するために、リブ1に感じられるまで。
  5. 吸い込むと深く息を吐き出すて服用するよう指導する。患者が息を吐き出すように、制限的な障壁に下方リブ1を移動します。 3〜5秒間の呼気中に彼/彼女の息を止めて服用するよう指導する。
  6. 患者が呼気中に彼/彼女の息を保持している間、等尺性抵抗に抗して後方に彼/彼女の頭を押して服用するよう指導する。患者が彼/彼女の息を保持しているが、これは3〜5秒間持続する必要があります。
  7. 患者が吸入すると、吸入して上方に移動するようにリブの自然な傾向に抵抗する。
  8. 各繰り返しで新しい制限的な障壁を再係合しながら繰り返して、2.5から2.7まで3〜5回繰り返します。最後の繰り返しの後、受動的なストレッチは、制限的障壁にさらに実行されます。
  9. 任意の改善のために評価するための再ロバリブ運動。

3。胸部ダイヤフラム24,25のドーム形成

  1. 患者が吸入して息を吐くながら、胸郭を触診により両側性に胸郭の動きを評価する。
  2. 患者はテーブルの上に仰臥位に位置する。患者のいずれかの側に立っている。親指のヒントは、呼吸器、ダイヤフラムの筋肉の添付ファイルに対応したリブ7以下の前外側肋骨縁に沿って、剣状突起と残りの部分に下外側に配置する必要があります。残りの桁は、リブ8月10日の下外側の境界線に沿って休む必要があります。
  3. 「深呼吸して目に服用するよう指導するアンずっと吐き出す。「患者が呼気として、親指を押して、振動板に従ってテーブルに向かって後方。
  4. 患者は次の深い吸入を取るようにダイヤフラム上に、この点を保持します。次の呼気中に、ダイヤフラムの更なる頭の動きは(合理的な手段の中に、患者に過度の不快感を提供していない)ことをお勧めします。振動板の優れた動きを監視し続けています。
  5. 繰り返して三から五の呼吸サイクルの3.3から3.4、または呼気の最後に簡単に振動板のドームまでを繰り返します。
  6. 再ロバ遠足の改善のためのダイアフラムを監視することにより、。

4。リブ24,25を上げる着席

  1. 胸郭を触診によって呼吸運動を評価する。具体的には、全体の胸郭の動きを妨げ、個々の制限については、特定のリブを評価します。
  2. 患者が座ったことから始めます。も1足で患者が直面するスタンド他の後肢。
  3. 彼または彼女の腕を交差させ、あなたの肩に自分の肘を休まて服用するよう指導する。患者が彼/彼女の腕に彼/彼女の頭を休ませることがあります。
  4. 患者の腕の下に達する。リブ2-6のレベルで肋横関節の近くに位置指パッド、。指パッドは、患者の脊椎の伸長のための支点として使用される。
  5. リーン体重足裏にリブ角度の前外側トラクションを提供し、患者の前進を描く。また、後方に重​​心をずらすことにより肋間隙を延伸し、制限的障壁を係合することにより、患者の脊椎に延びている。
  6. 1秒間この位置を保持した後、あなたの体重は、より前方の足と、より直立位置にスプリングバックするために患者に方向伝達できるようにすることで解除する。
  7. 指パッドを下に移動1肋骨レベルと繰り返し4.5から4.6を繰​​り返します。リブレベルは手の届かないところにされるまで、このステップ·バイ·ステップリブのレベルダウンを継続する(典型的には約)6-8リブ。
  8. リブ2に達するまで胸郭のバックアップ作業で手順を逆に行ってください。
  9. 以前に制限されたリブレベルのリブ運動の見直しによる治療の成功を決定する。

5。呼吸と胸部ポンプが24,25アシスト

  1. 患者が吸入して息を吐くながら、胸郭を触診により両側性に胸郭の動きを評価する。
  2. 医師は、テーブルの先頭に立っている間に患者は、テーブルの上に仰臥位に位置している。テーブルの高さは、手が完全に患者の胸部に拡張することができ、快適な高さに調整する必要があります。
  3. 鎖骨と胸骨の親指で約45度のすぐ遠位の手のかかとで、患者の胸部の上に手を置きます。
  4. 吸い込むと深く息を吐き出すて服用するよう指導する。胸のケージの上に下向きの圧縮力を与える。次いで、ポンプの動きを生成するために、圧縮の程度を発振する。コンティ約1分間、または十分な時間まで、NUE、適切なリンパ流のために渡します。
  5. 呼吸支援を深く吸い込むと、その後、深く息を吐き出すように患者に指示することにより開始される。呼気が完了するまで、呼気期中は、胸壁を下に従ってください。呼気の終わりには、代わりに胸壁を保持し、患者が吸入を開始しながら、抵抗を提供する。吸入/有効期限の数サイクル(2-6サイクル)では、この段階(ステップ2D)に従う。
  6. 最終的な吸入相の間、患者は完全な深い吸入を完了した直前に、急速に患者の胸部への空気の急激な流入を可能にするために、患者の胸部から手を削除します。
  7. 再ロバ胸郭の動きを触診することによって改善のため。

Representative Results

まず、筋エネルギー技術は、骨格筋に位置伸張受容体であるゴルジ腱器官をターゲットとします。収縮時には、ゴルジ腱器官は、脊髄に伝達する求心性感覚Ib型神経を活性化する、引き伸ばされます。中枢神経系では、その後、同名筋群を対象としたα運動ニューロンに抑制性インパルスを提供する、抑制性運動ニューロン上にIbの神経のシナプスを入力します。最終結果は、初期の相乗筋の弛緩、ならびに拮抗筋の収縮である。この効果は、ゴルジ腱反射または逆Myostaticレフと呼ばれている。胸郭の筋エネルギー技術の適用では、呼吸に関わる筋肉は等尺性抵抗に従事している。リブ1の場合には、リブ運動は、斜角筋に関連する病状によって制限することができる。インスピ間、より簡単で、この呼吸筋セット、リブ1の移動体細胞機能不全を改善することにより、のTiONと有効期限。胸郭の動きが胸郭入口/出口領域に配置され、呼吸器構造によってリンパの流れのインピーダンスを低減する補助治療。このような不等辺肥大や痙攣などの鎖骨地域の筋膜の制限は、鎖骨下静脈に向かう途中のリンパ管の末端排水を妨げることができます。また、増加した胸郭の可動域はさらに、リンパの流れを促進する、圧力勾配を改善します。

第二に、胸部ダイヤフラム技術のドーミング呼吸、血液循環、リンパの流れ、およびその他の主要な要素22に関与主要な筋肉である胸部横隔膜の操作を含む。この手法は、平坦化されたか、機能不全状態に関連高張性を緩和する筋肉を「ドーミング」が含まれます。ドーミングは、圧力を適用し、より正常な丸みを帯びた形状に戻すために、筋肉を延伸する方法を指す。このように、これで終わりですが減少高浸透。この手法は、間接的に、振動板の下面に係合すると有効期限26の間にその遠足を向上させます。さらに、振動板は、血管内の流体上のポンプのような推進作用を発揮することによってリンパの流れを支援します。このように、ダイヤフラムの物理的なポンプ力での障害は、循環へのリンパの戻りを制限します。例えば、高張ダイヤフラムは横隔膜の添付ファイルの背後にある主要な容器である槽のチリからのリンパの流れを妨げることができます。胸部ダイアフラム技術のドーミングはエクスカーションを増加させ、その結果として正常に最適なリンパ流および戻り圧力勾配の両方が存在することになる。

第三に、リブ調達手法は、呼吸運動を向上させ、交感神経流出を減らすことによって、リンパの流れを増大させる。過度の自律神経支配は、胸郭の筋肉組織の緊張亢進を生成し、腹腔プレスを増加させることによって、胸壁の移動度を低下させるURE 27。リンパの流れが十分な呼吸遠足で生成された圧力勾配に依存するため、過度の交感神経の緊張はリンパ排液28への障害となることができます。 2-6リブ26に隣接交感神経鎖神経節に着目してしたがって、この手法は、アドレスがこの病理を。さらに、ライトタッチコントロール群にリブ高める効果を比較した研究では、α-アミラーゼ、交感神経活動29の確立された生理学的なバイオマーカーのレベルの有意な減少があった。

第四に、胸部ポンプ技術は、リンパ管の壁や所属リンパ組織30、特に胸管のリズミカルな、相性圧縮によりリンパ液および他の免疫細胞のフローを向上させます。この手法は、extracellulの閉塞または制限された排水の状態で、主に有用である静脈循環へとリンパの流れを補完するために機械的な力を提供ARコンパートメント。振動圧縮作用が優れた方向にその天然のチャネルを通って流れることを可能にリンパ交互圧力勾配を生成する。

図1
現在の文献4でサポートされているように、図1。この図は、肺炎の治療とその有効性の様々な構成要素を示している。

図2
図2。この図は、オステオパシー医師が利用する患者のケアに向けたステップバイステップのアプローチを示す。

「図3」FO:SRC 図3。この図は、滞在期間を比較したランダム化比較試験で重要な発見を示しています。

図4
図4。この図は、抗生物質の継続時間を比較するランダム化比較試験で重要な発見を示しています。

図5
図5。この図は、ゴルジ腱反射を示しています。延伸したときに、ゴルジ腱器官が働き、INHIもたらす中枢神経系へのフィードバックを提供される bitoryインパルスが同名の筋肉に送られる。

図6
図6。この図は、リブ1の呼気機能障害に適用される筋エネルギー技術に設定した位置を示しています。

図7
図7。この図は、異常な呼吸の動きを緩和するため、振動板の形状を正規ドーミングダイヤフラム技術のための親指の配置を示しています。

/ files/ftp_upload/50687/50687fig8.jpg "/>
図8。この図は、ドーミングザ·ダイアフラム技術用に設定された位置を示しています。

図9
図9はこの図では、呼吸器系の拡張性が向上し、交感神経神経節からの過剰な神経支配に起因する高浸透圧を軽減するリブ調達手法を示している。

図10
図10。この図は、リブレイジング技術に設定した位置を示しています。

図11 図11。この図は、前胸部ポンプ技術では下方向に振動圧縮を提供するリンパ系に比べて手の位置を、示している。

図12
図12。この図は、胸部ポンプ技術に設定した位置を示しています。

Discussion

オステオパシー医学は、肺炎患者に適用された場合、通常の循環と免疫機能を促進することで、健康を回復するのに役立つ。排水を妨げる機能障害の除去、呼吸機能の最大化、およびリンパ組織26を通る流れの増加:これは、3つの連続ステップで達成される。リンパ系の役割は次のとおりです。間質液、過剰な物質の輸送、全身循環へのリンパ組織からの免疫細胞の分布、および濾過、間質液から異物を除去する成分をバランス。

文献には、浮腫減少させる34、リンパの流れを標的とする技術が抗体応答増強7,33、31,32呼吸機能改善する、胸郭ダイアフラム26に圧力差を変化させることを介して肺炎の治療のために有利で ​​あることを示唆している、自律神経が介在する固有リンパ収縮28を活性化し、末梢血中8中の白血球の存在量を増やす。リンパ形成の場所から離れた特定の身体領域への機械的圧力がリンパ系36への流れを増強しながら、リンパ管ポンプ技術は、胸部および腸リンパ管35内のサイトカインおよびケモカインを増加させることが示されている。また、リンパ管OMTは白血球動員を増強することが示されており、主に腸管関連リンパ組織37,38,39,40,41から、イヌおよびラットに流れる。

OMTを実行する禁忌骨骨折、血栓、癌の特定の段階、および102度華氏の上、現在の温度と細菌感染が含まれる。オステオパシーマニュアル操作は、訓練を受けた整骨医師が行ってください。医師は、難易度のPEを持っている場合記載された技術をrforming、我々は、再位置決めおよび/または追加の構造的異常のための患者のさらなる検討を示唆している。

実際には、臨床医は、記載された技術の種々の改変を利用することができる。患者が仰臥位である間、例えば、リブ起毛技術の同様のバージョンが行うことができる。この構成では、医師が患者の肋骨角に連絡することを両手の指でパッドを使用する必要があります。支点と中手指節関節と治療台を利用して、医師が戻って傾いによって横方向に引っ張る必要があります。リリースが感じられるまで、この位置は、リブの他の領域での手順を繰り返し、保持してください。胸部ポンプ法への修正は、患者の呼気相の間の胸郭に振動圧迫を提供することを含む。

結論として、我々はOMTは価値があると信じている肺炎の治療における補助的なツール。我々は、これらの治療法に関連するステップ、メカニズム、および生理機能を議論することで確立されたプロトコールを検討した。これらの技術をよりよく理解で武装し、我々はより多くの医師が感染症のプロトコルにオステオパシーの原則を組み込むことを選択することを願っています。

Disclosures

マーティン·ガニエは2009から2011可視化実験(Joveの)誌の副編集長だった。残りの著者らは、他の開示がない。

Acknowledgments

著者は、オステオパシー整体医学オステオパシー医学の学科技術専門学校の全体のニューヨーク大学に感謝したいと思います。このプロジェクトは、オステオパシー医学の技術大学、ニューヨーク大学でオステオパシー整体医学科によって資金を供給される。

Materials

There are no materials.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Xu, J., Kochanek, K., Murphy, S., Tejada-Vera, B. Deaths: Final Data for 2007. National Vital Statistics Reports. 58, (2007).
  2. Hall, M. J., DeFrances, C., Williams, S., Golosinskiy, A., Schwartzman, A. National Hospital Discharge Survey: 2007 Summary. National Health Statistic Reports. 29, (2010).
  3. Prevention and Control of Influenza Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). Morbidity and Mortality Weekly Report. 56, (2007).
  4. Haessler, S., Schimmel, J. Managing Community-Acquired Pneumonia During Flu Season). Cleveland Clinical J. of Medicine. 79, 67-78 (2012).
  5. Noll, D. R., Degenhardt, B. F., Fossum, C., Hensel, K. Clinical and research protocol for osteopathic manipulative treatment of elderly patients with pneumonia. J Am Osteopath Assoc. 108, (9), 508-516 (2008).
  6. Smith, R. K. One hundred thousand cases of influenza with a death rate of one-fortieth of that officially reported under conventional medical treatment. J. Am. Osteopath. Assoc. 20, 172-175 (1920).
  7. Saggio, G., Docimo, S., Pilc, J., Norton, J., Gilliar, W. Impact of osteopathic manipulative treatment on secretory immunoglobulin a levels in a stressed population. J. Am. Osteopath. Assoc. 111, 143-147 (2011).
  8. Measel, J. W., Kafity, A. A. The effect of the lymphatic pump on the B and T cells in peripheral blood. J. Am. Osteopath. Assoc. 86, 608 (1986).
  9. Allen, T. W., Pence, T. K. The use of the thoracic pump in treatment of lower respiratory tract disease. J. Am. Osteopath. Assoc. 67, 408-411 (1967).
  10. Hodge, L. M. Osteopathic Lymphatic pump techniques to enhance immunity and treat pneumonia. Int. J. Osteopath. Med. 15, 13-21 (2011).
  11. Hruby, R. J., Hoffman, K. N. Avian influenza: an osteopathic component to treatment. Osteopath. Med. Prim. Care. 9, (2007).
  12. Moeckel, E., Mitha, N. Textbook of Pediatric Osteopathy. Churchill Livingstone. 301-304 (2008).
  13. Eversteen, J., Baumgardner, D. J., Regnery, A., Banerjee, I. Diagnosis and management of pneumonia and bronchitis in outpatient primary care practices. Primary Care Respiratory Journal. 19, (3), 237-241 (2010).
  14. Lim, W., van der Eerden, M., Laing, R., Boersma, W., Karalus, N., Town, G., Lewis, S., Macfarlane, J. Defining community acquired pneumonia severity on presentation to hospital: an international derivation and validation study. Thorax. 58, (5), 377-283 (2003).
  15. Fine, M., Auble, T., Yearly, D., Hanusa, B., Weissfeld, L., Singer, D., Coley, C., Marrie, T., Kapoor, W. A prediction rule to identify low-risk patients community-acquired pneumonia. The New England Journal of Medicine. 336, 243-250 (1997).
  16. Mitra, P. K. Handbook of Practical Chest Physiotherapy. Jaypee Brothers Medical Publishers Ltd. (2007).
  17. Gomella, L. G., Haist, S. A. Clinician's Pocket Reference: The Scut Monkey. McGraw-Hill. New York. (2007).
  18. Efficacy of osteopathic manipulation as an adjunctive treatment for hospitalized patients with pneumonia: a randomized controlled trial. Osteopath. Med. Prim. Care. Noll, D. R., Degenhardt, B. F., Morley, T. F., Blais, F. X., Hortos, K. A., Hensel, K., Johnson, J. C., Pasta, D. J., Stoll, S. T. 19, (2010).
  19. Noll, D. R., Shores, J. H., Gamber, R. G., Herron, K. M., Swift Jr, J. Benefits of osteopathic manipulative treatment for hospitalized elderly patients with pneumonia. J Am Osteopath Assoc. 100, (12), 776-782 (2000).
  20. Noll, D. R., Shores, J., Bryman, P. N., Masterson, E. V. Adjunctive osteopathic manipulative treatment in the elderly hospitalized with pneumonia: a pilot study. J Am Osteopath Assoc. 99, (3), 143-152 (1999).
  21. Bjorkqvist, M., Wiberg, B., Bodin, L., Barany, M., Holmberg, H. Bottle-blowing in hospital-treated patients with community-acquired pneumonia. Scand J Infect Dis. 29, (1), 77-82 (1997).
  22. Britton, S., Bejstedt, M., Vedin, L. Chest Physiotherapy in Primary Pneumonia. Br Med J (Clin Res Ed. 290, (6483), 1703-1704 (1985).
  23. Graham, W. G., Bradley, D. A. Efficacy of chest physiotherapy and intermittent positive-pressure breathing in the resolution of pneumonia. N Eng J Med. 299, (12), 624-627 (1978).
  24. DiGiovanna, E., Schiowitz, S., Dowling, D. An Osteopathic Approach to Diagnosis and Treatment. Lippincott Williams & Wilkins. (2004).
  25. Chila, A. Foundations of Osteopathic Medicine. Lippincott Williams & Wilkins. 797-803 (2011).
  26. Ward, R. W. Foundations for Osteopathic Medicine. Lippincott Williams & Wilkins. 393-1077 (2003).
  27. Pelosi, P., Quintel, M., Malbrain, M. L. Effect of intra-abdominal pressure on respiratory mechanics. Acta Clin Belg Suppl. 1, 78-88 (2007).
  28. Degenhardt, B. F., Kuchera, M. L. Update on osteopathic medical concepts and the lymphatic system. J. Am. Osteopath. Assoc. 96, 97-100 (1996).
  29. Henderson, A. T., Fisher, J. F., Blair, J., Shea, C., Li, T. S., Bridges, K. G. Effects of rib raising on the autonomic nervous system: a pilot study using noninvasive biomarkers. J. Am. Osteopath Assoc. 6, 324-330 (2010).
  30. Downey, H. F., Durgam, P., Williams Jr, A. G., Rajmane, A., King, H. H., Stoll, S. T. Lymph flow in the thoracic duct of conscious dogs during lymphatic pump treatment, exercise, and expansion of extracellular fluid volume. Lymphat. Res. Biol. 6, 3-13 (2008).
  31. Beicastro, M. R., Backes, C. R., Chila, A. G. Bronchiolitis: A pilot study of osteopathic manipulative treatment, bronchodilators, and other therapy. J. Am. Osteopath. Assoc. 83, 672-676 (1984).
  32. Sleszynski, S. L., Kelso, A. F. Comparison of thoracic manipulation with incentive spirometry in preventing postoperative atelectasis. J. Am. Osteopath. Assoc. 93, 834-845 (1993).
  33. Jackson, K. M. Effect of lymphatic and splenic pump techniques on the antibody response to hepatitis B vaccine: a pilot study. J. Am. Osteopath. Assoc. 98, 155-160 (1998).
  34. Härén, K., Backman, C., Wiberg, M., Scand, J. Effect of manual lymph drainage as described by Vodder on oedema of the hand after fracture of the distal radius: a prospective clinical. Plast. Reconstr. Surg. Hand Surg. 34, 367-372 (2000).
  35. Schander, A., Downey, H. F., Hodge, L. M. Lymphatic pump manipulation mobilizes inflammatory mediators into lymphatic circulation. J. Exp. Biol. Med. 237, 58-63 (2012).
  36. Dery, M., Winterson, B., Yonuschot, G. The effect of lymphatic pump manipulation on healthy and injured rat. Lymphology. 33, 58-61 (2000).
  37. Knott, E. M., Tune, J. D., Stoll, S. T., Downey, H. F. Increased lymphatic flow in the thoracic duct during manipulative intervention. J. Am. Osteopath. Assoc. 105, 447-456 (2005).
  38. Hodge, L. M., King, H. H., Williams Jr, A. G., Reder, S. J., Belavadi, T. J., Simecka, J. W., et al. Abdominal lymphatic pump treatment increases leukocyte count and flux in thoracic duct lymph. Lymphat. Res. Biol. 5, 127-133 (2007).
  39. Hodge, L. M., Bearden, M. K., Schander, A., Huff, J. B., Williams Jr, A., King, H. H., Downey, H. F. Lymphatic pump treatment mobilizes leukocytes from the gut associated lymphoid tissue into lymph. Lymphat. Res. Biol. 8, 103-110 (2010).
  40. Prajapati, P. Lymphatic pump treatment increases thoracic duct lymph flow in conscious dogs with edema due to constriction of the inferior vena cava. Lymphat. Res. Biol. 8, 149-154 (2010).
  41. Huff, J. B., Schander, A., Downey, H. F., Hodge, L. M. Lymphatic pump treatment augments lymphatic flux of lymphocytes in rats. Lymphat. Res. Biol. 8, 183-187 (2010).

Comments

1 Comment

  1. It is possible publish the video on my site www.osteomedicina.it?
    Dott. Cirillo D.O. Miriani
    Thank you

    Reply
    Posted by: Cirillo M.
    July 16, 2014 - 6:57 AM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Usage Statistics