癌細胞に対する浸潤突起と牽引力のアッセイのために、ポリアクリルアミドゲル

1Department of Otolaryngology, Vanderbilt University Medical Center
Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

腫瘍微小環境中の機械的剛性が浸潤突起の活性を増加し、収縮性アクトミオシンによって悪性の挙動を駆動する重要な役割を果たしている。アクリルアミドゲル(PAAS)を使用して、浸潤突起と牽引力アッセイは、マトリックスの剛性に応じて、癌細胞の浸潤性および収縮特性を研究するために利用することができる。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Jerrell, R. J., Parekh, A. Polyacrylamide Gels for Invadopodia and Traction Force Assays on Cancer Cells. J. Vis. Exp. (95), e52343, doi:10.3791/52343 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

剛性の腫瘍組織が強く癌細胞の遊走および浸潤の調節に関与している。架橋された組織を通って浸潤性移行がタンパク質分解的に細胞外マトリックス(ECM)を分解する浸潤突起と呼ばれるアクチンリッチ突起によって促進される。浸潤突起活性剛性信号がアクトミオシン収縮性を介してこれらの細胞内構造を調節することができることを示唆しているECMの剛性および癌細胞の収縮力に依存することが示されている。癌細胞の浸潤性および収縮特性が異なる剛性のポリアクリルアミドゲル(PAAS)に基づいて、浸潤突起と牽引力アッセイを用いてインビトロで相関させることができる。癌細胞の浸潤性および収縮特性が異なる剛性のポリアクリルアミドゲル(PAAS)に基づいて、浸潤突起と牽引力アッセイを用いてインビトロで相関させることができる。つのアッセイ間のいくつかのバリエーションが存在するが、ここで提示プロトコルは、PaaSの目を作成するための方法を提供では、両方のアッセイで使用され、ユーザの特定の生物学的および技術的なニーズに容易に適応可能であることができる。

Introduction

腫瘍関連ECMの剛性がアクトミオシン収縮1-3を増加させることによって、悪性の挙動を駆動する重要な因子として同定されている。この効果は、主に乳癌細胞を用いて実証されているが、マトリックスの剛性は、腫瘍の剛性が癌の他のタイプにおいて役割を果たし得ることを示唆している癌4-8種々の由来する細胞の浸潤特性を変化させることが見出されている。侵襲的な移行時に架橋された組織に浸透するには、癌細胞が限局的にECM 9を分解するためにプロテイナーゼをローカライズ浸潤突起として知られているアクチンが豊富な接着剤の突起を利用する。浸潤突起は、侵襲性細胞の特徴であると考えられ、腫瘍細胞の浸潤および転移10,11に関与している。以前の研究は、マトリックスの剛性がミオシンIIの活性および機械受容タンパク質12を通って浸潤突起数を調節し、関連したECM分解4,12ができることを示している。与えられた腫瘍の密度と癌の悪性13,14の間の相関は、これらの結果は、癌細胞がアクトミオシン収縮を通じて浸潤及び転移を駆動するために硬質の腫瘍組織に応答することができるメカニズムを示唆している。

インビトロ ECMの剛性及びインビボ組織密度癌細胞1,15-17の侵襲的挙動を調節することが示されている。アクトミオシン収縮性は、このプロセスにおいて重要であると思われるが、転移能力を増加するために相関または収縮力6,18-20を減少させるかどうかの現在の研究の競合。さらに、これらの力が直接浸潤突起の活動21を仲介するかどうかは不明のまま。我々は最近、癌細胞の収縮力は、マトリックスの剛性に依存していたと浸潤突起5によるECM分解を予測することを見出した。これらの結果は、細胞の力が浸潤突起交流を媒介することによって癌の進行に重要な役割を果たし得ることを示唆している腫瘍微小環境の機械的特性に応じて、電率。

癌細胞5の侵襲及び収縮特性を相関するために、我々は以前に剛性に依存浸潤突起活性4,12,22を調査するために使用された異なる剛性とのPaaSを作成するためのプロトコルを変更した。化学PAASを通してヒト血漿フィブロネクチンを架橋することにより、これらの修飾されたヒドロゲルは、細胞が両方の実験5と同じ剛性を経験したことを確認するために浸潤突起と牽引力アッセイの両方のための基礎として使用することができる。浸潤突起アッセイでは、フィブロネクチンは、マトリックス分解を検出するためのPaaSにオーバーレイされたECMをリンクするゼラチンのための天然の結合ドメインを提供しています。牽引力アッセイにおいて、フィブロネクチンは、細胞の牽引力を計算するために使用される微小球の変位を検出するための直接的な細胞接着のためのリガンドを提供する。我々はハード、ソフトと呼ばれるているもので、このメソッドの結果、ガラスボトムディッシュに結合し、正常および癌組織23について報告された機械的性質の範囲に及ぶ1023、7307、および22692 Paの5の弾性率、Eは、持っているし、剛性のPaaS。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

PaaSのためのガラスカバーガラスの作製

  1. 低リントワイプで清掃12ミリメートルのカバースリップ。
  2. 炎12ミリメートルのカバースリップとピンセットを使用してブンゼンバーナーの炎に通して各35ミリメートルのガラスボトムディッシュのマイクロウェルで14ミリメートルのカバースリップ。
  3. 室温で5分間、0.1 N NaOHを200μlのマイクロウェルを扱う。
  4. 吸引した空気は、30分間のマイクロウェルを乾燥させる。
  5. ヒュームフード中で室温で10分間、3-アミノプロピルトリメトキシシランの50μlのマイクロウェルを扱う。この化学物質は、プラスチックと反応する。皿のプラスチックとの接触を回避することが、ガラスピペットを使用して、完全にマイクロウェルに充填しない。
  6. 3-アミノプロピルトリメトキシが透明になるまで約10分間超純水でマイクロウェルを洗ってください。
  7. スクイーズボトルを使用して、二回、超純水でマイクロウェルをすすぐ。
  8. 超純水aの2ミリリットルでマイクロウェルを洗ってください10分間、中速(〜1Hz)で設定ロッカー上のt、室温。
  9. 吸引した空気は、30分間のマイクロウェルを乾燥させる。
  10. 30分間中速(〜1ヘルツ)に設定ロッカー上で室温で0.5%グルタルアルデヒド溶液2mlでマイクロウェルを扱う。
  11. 10分間程度の速度に設定したロッカー上で室温(〜1ヘルツ)での超純水2mlのマイクロウェルを洗ってください。 30分、合計2回以上繰り返します。
  12. 30分間急角度(60度以上)で乾燥マイクロウェル。
    注:料理はデシケーター中で2ヶ月間保存することができます。

浸潤突起アッセイのためのPaaSの調製

  1. ソフトPAA(8%アクリルアミドおよび0.05%BIS)、1mlの溶液は、40%アクリルアミド200μlの2%BIS25μlを、超純水( 表1)の574μLを組み合わせる。
  2. ハードPAA(8%アクリルアミドおよび0.35%BIS)、1mlの溶液は、40%アクリルアミド、175&#200μlを組み合わせる181;リットルの2%のBIS、および超純水409μlを( 表1)。
  3. 剛性PAA(12%アクリルアミドおよび0.60%BIS)を1mlの溶液は、40%アクリルアミド300μlの2%BIS300μlの超純水169μlを( 表1)を結合する。
  4. 15分のためのソリューションを脱気。それぞれ、215、200を追加し、ソフト、ハード、そして剛性のPAA溶液への超純水で1 mg / mlのヒト血漿フィブロネクチンの230μL。全ての溶液は、10 mg / mlのアクリル酸N-ヒドロキシスクシンイミド(NHS)エステル1μlの、100 mg / mlの過硫酸アンモニウム5μlを、そしてN、N、N '、N'-テトラメチルエチレンジアミン(TEMEDの2μlを添加する; 表1)。穏やかにピペッティングして混合し、溶液中の泡を作成しない。

PAA
(1 ml)を
40パーセント
単3
(μL)
2%
(μL)
超高純度の

(μL)
1 mg / mlの
FN
(μL)
10 mg / mlの
NHSエステル
(μL)
100 mg / mlの
APS
(μL)

TEMED
(μL)
エラスティック

(Pa)と
ソフト 200 25 574 200 1 5 2 1023
ハード 200 175 409 215 1 5 2 7307
リジッド 300 300 169 230 1 5 2 22692

表1:成分volumesのおよび浸潤突起アッセイに使用、ソフト、ハード、硬質PaaSのための弾性率を生じた。AA =アクリルアミド、FNは、フィブロネクチン、APSは=過硫酸アンモニウムを=。

  1. 各マイクロウェルの中心上のPAA溶液のピペット8.48μL。
    注:このボリュームは、理論的には厚さ75μmのPAAが得られます。
  2. 静かにピンセットを使用してマイクロウェル内の液滴上に12ミリメートルのカバースリップのフレームド側を下げる。
  3. 挟まれたPAA溶液は、15〜30分間重合することができるようにします。残りのソリューションをチェックすることによって重合を確認してください。
  4. 各ディッシュに1×PBSの2ミリリットルを追加し、ピンセットで12ミリメートルカバースリップを削除します。
    注:10×PBS、実験室で作られ、0.011 M KH 2 PO 4、1.54 M NaClおよび0.056 MのNa 2 HPO 4から構成されている。
  5. 5分間、室温で1×PBS 2mlのマイクロウェルを洗浄する。 15分、合計2回以上繰り返します。

3. Pトラクションフォースアッ​​セイのためのPaaSの賠償

  1. ソフトPAA(8%アクリルアミドおよび0.05%BIS)、1mlの溶液は、40%アクリルアミド200μlの2%BIS25μlを、超純水( 表2)の566μLを組み合わせる。
  2. ハードPAA(8%アクリルアミドおよび0.35%BIS)、1mlの溶液は、40%アクリルアミド200μlの2%BIS175μlの超純水401μlの( 表2)を組み合わせる。
  3. 剛性PAA(12%アクリルアミドおよび0.60%BIS)を1mlの溶液は、40%アクリルアミド300μlの2%BIS300μlの超純水161μlの( 表2)を組み合わせる。
  4. 15分のためのソリューションを脱気。それぞれ、ソフト、ハード、硬質PAA溶液に1mg / mlのヒト血漿フィブロネクチンの200、215、および230を添加する。超音波処理30秒間200nmの赤色蛍光マイクロスフェア(605分の580の励起/発光)8μlの。各ソリューションでは、200nmの赤色蛍光マイクロスフェアの8μlを添加、10 mg / mlのアクリル酸NHSエステル、100 mg / mlの過硫酸アンモニウムの5μL、およびTEMED2μlの( 表2)の1μL。穏やかにピペッティングして混合し、溶液中の泡を作成しない。

PAA
(1 ml)を
40パーセント
単3
(μL)
2%
BIS
(μL)
超高純度の

(μL)
1 mg / mlの
FN
(μL)

微小球
(μL)
10 mg / mlの
NHSエステル
(μL)
100 mg / mlの
APS
(μL)

TEMED
(μL)
エラスティック

(Pa)と
ソフト 200 25 566 200 8 1 5 2 1023
ハード 200 175 401 215 8 1 5 2 7307
リジッド 300 300 161 230 8 1 5 2 22692

表2:成分量と牽引力アッセイで使用、ソフト、ハード、硬質PaaSのための弾性率を生じる AA =アクリルアミド、FNは、フィブロネクチン、APSは=過硫酸アンモニウムを=。

  1. 各マイクロウェルの中心上のPAA溶液のピペット8.48μL。
    注:このボリュームは、理論的には厚さ75μmのPAAが得られます。
  2. 静かに目のフレームド側を下げるピンセットを用いてマイクロウェル内の液滴の上の電子12ミリメートルのカバースリップ。
  3. 挟まれたPAA溶液は、15〜30分間重合することができるようにします。残りのソリューションをチェックすることによって重合を確認してください。
  4. 各ディッシュに1×PBSの2ミリリットルを追加し、ピンセットで12ミリメートルカバースリップを削除します。
  5. 5分間、室温で1×PBS 2mlのマイクロウェルを洗浄する。 15分、合計2回以上繰り返します。

浸潤突起アッセイのためのECMの4。準備

  1. 37℃にゼラチン溶液(1%ゼラチンおよび1%スクロース)を加熱する。
  2. 45°の角度でガラスボトムディッシュを保持している際にマイクロウェルの底から慎重に吸引した後、1分間のゼラチン溶液150μlとのPaaSを扱う。
  3. 60分間の乾燥を最適化するために急角度(60度以上)でマイクロウェル内のPaaS上のゼラチンの残りの薄い層を乾燥させます。
  4. 私に冷やした0.5%グルタルアルデヒド溶液2mlでマイクロウェルトリート30分間室温で、続いて15分間のce。
  5. 5分間1×PBS 2mlでマイクロウェルを洗ってください。 15分、合計2回以上繰り返します。
  6. 1分間の水素化ホウ素ナトリウム溶液2mlでマイクロウェルを扱う。ゆっくりとゼラチンの表面に形成する気泡を除去するためにベンチに料理をタップします。
  7. 吸引物を5分間1×PBS 2mlのマイクロウェルを洗浄。 15分、合計2回以上繰り返します。
  8. 15分間4℃で175000×gで1×PBSおよび遠心機を50μg/ mlでのFITC標識ヒト血漿フィブロネクチン溶液を希釈。市販のラベルフィブロネクチンを購入するか、次のようにラベルのいずれか:
    1. 透析チューブ中のホウ酸緩衝液(170 mMのメタホウ酸ナトリウム四水和物および40mMのNaCl)に置き、10mlのフィブロネクチン5mgを溶解する。
    2. マグネチックスターラー上に室温で溶解したFITCの6 mg含有ホウ酸塩緩衝液200ml中にチューブを配置することによって、フィブロネクチンをラベル付け暗闇の中で1.5時間の最安設定のまま。
    3. 2つのボリュームで暗い低温室(4℃)で3日間最低の設定に設定された磁性攪拌器で1×PBS 500mlで透析すると、一日を変更します。
    4. 200回2 / 1.4倍に希釈係数(占める- [(0.36 xのOD 493)OD 280]として280 nmおよび493 nmで:希釈のアリコート(200 1)の光学密度に基づいて、FITC標識されたフィブロネクチンの濃度を計算するmg / mlの単位で生じる)、次のステップで、フィブロネクチンを濃縮グリセロール。
    5. 一晩4℃で暗所低温室で最も低い設定に設定された磁性攪拌器上で50%グリセロール溶液中で一晩透析する。)
  9. 暗闇の中で60分間室温でFITC標識フィブロネクチン溶液を150μlのマイクロウェルを扱う。
  10. でガラスボトムディッシュを保持している際に慎重にマイクロウェルの底部からのFITC標識フィブロネクチンソリューションを吸引45°の角度、次に、滅菌のために暗い細胞培養フード中で室温で10分間、70%エタノール溶液でガラスボトムディッシュを埋める。また、ガラスボトムディッシュの蓋を埋めるか、70%エタノールに浸し、低リントワイプできれいに拭いてください。
  11. 5分間1×PBSでそれらを充填することによりガラスボトム皿を洗う。 15分の合計1×2mlのPBSでさらに2回繰り返す。

5.浸潤突起アッセイの作製とイメージング

  1. (1:DMEM、5%低タンパク質血清、10%ウシ胎児血清、及び新たに追加された上皮成長因子の20 ng / mlを含むRPMI 1640 1)ガラスボトムディッシュへと浸潤突起培地2mlで25000癌細胞を追加一晩インキュベートする。
  2. 吸引し、細胞を固定するために20分間、暗所で室温で3.7%パラホルムアルデヒド溶液2mlのマイクロウェルを治療する。
  3. 1×PBS 2mlの二つ素早く洗浄した後、室温テン0.1%トリトンX-100溶液2mlをマイクロウェルを治療細胞を透過するために5分間暗闇でrature。
  4. 1×2mlのPBSで1迅速な洗浄後、細胞をブロックするための60分間、暗所で室温にてブロッキング溶液、3%ウシ血清アルブミンでマイクロウェルを扱う。
  5. 60分、暗所で室温でブロッキング溶液で:マウス抗コータクチン抗体(750 1)の150μlのマイクロウェルをインキュベートする。
  6. 5分間の1×PBS 2mlでマイクロウェルを洗ってください。 15分、合計2回以上繰り返します。
  7. (1:500)と546ファロイジン(1:750)で60分間、暗所で室温でブロッキング溶液中でヤギの150μlの抗マウス633抗体とマイクロウェルをインキュベートします。
  8. 5分間の1×PBS 2mlでマイクロウェルを洗ってください。 15分、合計2回以上繰り返します。
  9. 各マイクロウェルを記入し、22×22カバーガラスでカバーするためにメディアをマウントする6滴を追加します。
  10. 画像コルタクチンとアクチン647分の632の励起および発光フィルターを使用して、浸潤突起を同定するため、および570分の556ナノメートル、それぞれ、広視野倒立顕微鏡上に高NA、40倍油浸レンズを使用。同様に、画像フィブロネクチン518分の492 nmでの励起および発光フィルターを使用して、ECM分解を識別する。

6.トラクションフォースアッ​​セイの作製とイメージング

  1. ガラスボトムディッシュに浸潤突起培地2mlで15000癌細胞を追加し、一晩インキュベートする。
  2. ガラスボトムディッシュで培地を吸引し、事前に同じサプリメント(5%低タンパク質血清、10%ウシ胎児血清、及び新たに追加された上皮成長因子の20 ng / ml)を用いて、L-15培地2mlと交換37℃に-warmed。
  3. 1時間高湿度で37℃に予め平衡化倒立顕微鏡に環境室にガラスボトムディッシュをインキュベートする。
  4. 細胞の位置をマークするために自動化された段階で、広視野倒立顕微鏡上に高NA、40倍レンズを使用して画像4セットを取る。
    1. に上の画像セル位相コントラスト(「位相」の画像)を用いてのPaaSにおけるp。
    2. のPaaSの上部にある微小球の第一の層は(画像」を強調した」)焦点になるまで細胞の下でわずかに着目し、645分の560の励起および発光フィルターを用いた画像の蛍光マイクロスフェア。
    3. また、(マーカーとして微小球を使用して)のPaaSの底に焦点を当て、画像(「底部」の画像)を取る。注:このイメージの目的は、代表的な結果で説明したように牽引力の計算に各位置での実際のPAAの厚さを得るためにz位置を記録することである。
    4. これらの画像は、複数の位置で取得された後、穏やかに細胞を除去し、10%のTriton-X溶液を220μlのミックス。前述した(「ヌル」の画像)などの各位置でのPaaSの一番上にある画像のマイクロスフェア。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

浸潤突起アッセイにおいて、浸潤突起は、典型的には、セル本体内の点状構造におけるアクチンおよびコルタクチン( 図1)のようなマーカーの共局在化によって同定される。両方積極的に低下させると、非分解性浸潤突起をカウントすることができ、これらの構造は、FITC標識フィブロネクチン( 図1)における蛍光シグナルを欠く黒い領域と共局在しているかどうかによって区別される。浸潤突起を手動でカウントし、細胞当たりのECMの分解は、手動でのセルの輪郭内でこれらの黒い領域を閾値処理で決定される。

牽引力アッセイでは、4つの画像は、ステージ位置( 図2)によって示された各細胞の位置で捕捉される。まず、「位相」と画像が目的の細胞のすべてを取られる」と強調し」。 PAAの「底部」画像は、ヒドロゲルの厚さを計算するために、それぞれの位置で取られる。トンを除去した後彼の細胞は、「ヌル」画像はマークされたステージ位置で取られている。 PAASの変形を「強調」および「ヌル」の画像間の微小球の位置の変化に基づいて計算される。これらの変位とのPaaSの機械的特性は、(E及びポアソン比を0.5とする)、次に牽引力( 図2)を計算するために使用される。いくつかの異なる方法が無限弾性半空間25のためのブシネスクソリューションの一部処方に基づいて牽引力24を計算するために存在する。これらの分析の詳細は、このテキストの範囲を超えていますが、私たちは牽引力26を計算するための前述の方法を使用していますボストン大学ミカDemboからLIBTRCソフトウェアのライセンスを取得している。この特定の計算方法は、ジに基づいて算出される各位置でのPaaSの厚さが必要で、その計算は、有限の厚さを補償する「強調した」と「下」の画像のz位置でfference。多くの研究グループは、利用可能な同様のコンピュータのパッケージを持っているか、独自のプログラムを書くことを選択する。また、他の方法は、異なる数学的ア ​​プローチ24に基づいて、牽引力を計算するために存在する。

図1
図1:浸潤突起アッセイ浸潤突起と関連したECM分解を識別するために使用できる浸潤突起の例広視野蛍光画像をSCC-61(頭頸部扁平上皮癌)細胞中の1%ゼラチンおよびFITC-ハードPAAにラベルフィブロネクチン。浸潤突起は、典型的には、アクチンおよびコルタクチン(オーバーレイ画像において赤と青のそれぞれ)のような2つのマーカーの共局在化によって同定される。浸潤突起は黒い領域と共局在(両方とも積極的に低下させるように欠く定量することができるFITCの黄色の矢印で示すように信号)と、白い矢印で示される非分解性を()る。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2:牽引力アッセイは、(ハードPAAにSCC-61細胞のPaaSの例広視野相および蛍光画像に埋め込 ​​まれた微小球の変位を追跡することによりアクチン細胞骨格によって生成された細胞の牽引力を決定するために用いることができる PAAの上面で直接細胞に基づく「相」)、およびミクロスフェア()は、「強調」。 PAAの底部の像は、後述のローカル厚さ(「底部」)を計算するために取ることができる。細胞を除去した後、画像が再び微小球を取り出すPAA(「ヌル」)の上面sで。 「強調した」と「ヌル」の画像を得るために追跡することができ、「変位場を。」微小球の変位とPAA機械的特性が、次に計算するために使用することができる「トラクションベクトル場を。」との間に微小球の位置が拡大版を表示するには、こちらをクリックしてくださいこの図の。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

我々は、浸潤性および収縮性細胞の挙動を相関浸潤突起と牽引力アッセイのための基礎として使用することができるPaaSの製造方法を提供する。 PaaSは、長い細胞に対する剛性の影響を見て、牽引力18,24,27を計算するために使用されてきたが、このプロトコルは、マトリックスに応じて、侵襲および収縮細胞の挙動を相関させるために同じ剛性を有するのPaaSに基づく並列アッセイを開発する最初のものである機械的性質。適切にガラスボトムディッシュのカバースリップをアクティブにするのPaaSがそれらに結合して、外れないことが保証されます。我々は、他の過去4,12,28でのPaaSの表面にゼラチンを結合するためにそのようなスルホSANPAH及びアクリル酸NHSエステルなどの試薬 ​​に依存してきたが、我々は、これらの方法はフィブロネクチンの確実に均一な表面層を生成しないことを見出した。行わしたがって、フィブロネクチン、アクリル酸NHSエステルを使用して埋め込まれ、PaaSの全体に架橋した他のグループ29,30による。しかし、フィブロネクチンの濃度の増加は、ソフト、ハード、硬質のPaaS 5の表面に同じリガンド密度を得るために必要であった。さらに、フィブロネクチン(ただしフェア)の組み込みは、それぞれ、7307、1023と1071、9299、および28283 Paの4から、ソフト、ハード、硬質のPaaSの機械的特性が低下し、22692ペンシルベニア5。しかし、これらの削減弾性率の値は、まだ正常および癌組織23の範囲を包含し。 PAASの貯蔵弾性率を容易レオメトリーにより測定し、弾性率1,4に変換することができる。

プロトコルは単純ですが、12ミリメートルのカバースリップを下げると削除は、最も困難なステップであると練習が必要です。カバースリップを下げる最大の課題は、PAA溶液は、任意の泡や飛散せずに均等に広がるようにすることです。カバースリップを削除すると、必要とする12ミリメートルのカバーガラス、ガラスボトム14ミリメートルのカバースリップ、またはPAAに損傷を与えないために、着実に手。私たちは、除去を助けるために12ミリメートルのカバースリップ上に疎水性コーティングを試みたが、PaaSのは、その表面のパターンが残されていることを見出した。それぞれ、12ミリメートルのカバースリップを低下させ、除去するために先端の細い、薄い、パドルスタイルのピンセットの使用は、強くお勧めします。いくつかの細胞型は、顕微鏡上の集光に敏感であるので、また、画像に使用される光の量は、細胞が最小化されなければならない。我々の顕微鏡上の環境チャンバはCO 2のために装備されていないので、また、L-15培地は、牽引力アッセイのために使用した。同一のサプリメントは、同じ条件を維持しようとして、浸潤突起と牽引力アッセイのために媒体に使用されたがCO 2レベルを制御することができれば、DMEMおよびRPMI 1640の代わりにL-15を使用することができる。

PAA溶液の量は、理論的にyのに選ばれたが75μmの厚さのieldゲルは、それらの厚さは、一般的に30〜60ミクロンの間で変化する。しかしながら、この範囲はよく細胞をガラスボトムディッシュ31のカバーガラスの基礎となる剛性を感知することができるような値を超えている。また、ECM層の厚さは、以前のように、約1μmの厚さ12で報告されている劣化(ゼラチンおよびFITC標識フィブロネクチンのPaaSへオーバーレイ)を検出するために使用される。そのため、この薄い層はPaaSのの剛性から細胞を遮蔽しない。しかし、PAASおよび/またはECM層のいずれかで固体破片、割れ、及び他の変形は、個々の細胞の浸潤性および収縮特性に影響を与えることができる。これらの問題は、ヒドロゲルに破片を導入不潔の12mmカバースリップ、ゲルおよび/またはゼラチンの過度の乾燥、およびECM層を変形させ、気泡を残すことができ、水素化ホウ素ナトリウムの不完全な誤嚥によって引き起こされ得る。 CEを選択するときにそのため、注意が必要イメージングのためのLLSは、それらが過度に試料表面の局所的な凹凸の影響を受けないことを保証する。

使用されており、(50μg/ mlの時にゼラチン上にオーバーレイ)ECM層(200-230 / mlの時に混入)両方のPaaSにおけるフィブロネクチンの比較的高濃度、しかしながら、いずれかの表面上の実際の濃度は、直接測定されていない。各表面はフィブロネクチンで飽和するように見えるが、それは、細胞はつのアッセイ間でまったく同じリガンド密度を経験するかどうかは不明である。牽引力アッセイのために、1の希釈で200 nmの微小球125は、イメージングのために最適であることが分かっている。しかし、異なる直径または希釈液の微小球を使用して他のグループを見つけることは非常に一般的である。大きなミクロスフェアはクラックや変形を引き起こしながら、このシステムでは、より小さなマイクロスフェアは、PaaSの中でブラウン運動を示した。これらの観察によりPaaSの物理的性質に最も可能性が高い( すなわち

全体として、これらの実験的要因の多くは、異なる機械的特性を有するPaaSは、変化侵襲及び収縮特性を有するがん細胞、および他の画像処理機能を有する顕微鏡システムのようなユーザの要求に基づいて調整することができる。アクリルアミドの比率:BISは、同様のまたは異なる弾性率および27を架橋とのPaaSを生成するために変化させることができる。牽引力アッセイの感度は、剛性および/またはマイクロスフェアdilutを変更することによって異なる細胞力レベルを考慮して調整することができるイオン。異なる蛍光体はまた、顕微鏡の仕様に基づいて、免疫蛍光およびフィブロネクチン標識のために選択することができます。 FITCは、漂白剤をするが、それは非常に明るい作るECM分解が容易に識別される。しかし、浸潤突起と小さなマイクロスフェアの蛍光イメージングは​​、一般的に最適な解像度のための高NA対物レンズを必要とします。さらに、両方のアッセイは、ウェルプレート中のカバーガラス上で行うことができる。しかし、ガラスボトムディッシュを準備し、実験的なプロセス全体で使用する方がはるかに簡単である。将来的には、一つに、これらのアッセイを組み合わせることにより、ECM分解および細胞力発生の両方の直接可視化を可能にするであろう。しかし、いくつかの技術的課題は、浸潤突起とマイクロビーズの変位のための生細胞イメージング、光への増大した細胞の暴露、FITCフィブロネクチンの漂白、及び牽引力が完全にPAA表面に蛍光標識および架橋ECM層を介して伝達されているかどうかを含めて生じるであろう。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

この作品は賞数K25CA143412(Parekhの)の下で国立衛生研究所の国立癌研究所によってサポートされていました。私たちは、追加のサポートが耳鼻咽喉科の部門によって提供されたことを感謝したい。内容はもっぱら著者の責任であり、必ずしも国立衛生研究所の公式見解を示すものではありません。

Acknowledgements

著者らは、開示することは何もない。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
3-Aminopropyltrimethoxysilane Sigma-Aldrich 281778
Acrylamide (40%) Bio-Rad 161-0140
Acrylic acid NHS ester Sigma-Aldrich A8060 prepare fresh in fume hood 10 mg/ml in DMSO
Alexa Fluor 546 phalloidin Life Technologies A22283 can also use rhodamine
Ammonium persulfate Bio-Rad 161-0700 prepare fresh 10% solution in 1x PBS
Aqua Poly/Mount Polysciences 18606 use 6 drops to fill microwells
BIS (2%) Bio-Rad 161-0142
Bovine serum albumin RPI A30075 make 3% for blocking solution in 1x PBS and store in 4 °C
Coverslips (12 mm) Fisher Scientific 12-545-80
dialysis tubing Sigma-Aldrich D9777 pre-equilibrate in borate buffer for 15 - 30 min
DMEM Cellgro 10-013-CV use to make invadopodia medium
DMSO Sigma-Aldrich D8418 use to make acrylic acid NHS ester solution
Epidermal growth factor Life Technologies PHG0311 use to make invadopodia medium
Ethanol PHARMCO-AAPER E200 dilute with ultrapure water to 70%
FBS Thermo Scientific SH30070.03 use to make invadopodia medium
FITC Sigma-Aldrich F7250 protect from light
Gelatin Polysciences 00639 typically make 10 ml of 1% sucrose/1% gelatin solution in PBS and store at 4 °C (preheat PBS to dissolve gelatin easily)
Glass bottom dishes (35 mm coverslips) MatTek P35G-0-14-C coverslips are uncoated
Glutaraldehyde (25%) Polysciences 01909 dilute with 1x PBS to 0.5%
Goat anti-mouse Alexa Fluor 633 antibody Life Technologies A21050
Human plasma fibronectin Life Technologies 33016-015 add 5 ml of ultrapure water to make 1 mg/ml; aliquot in volumes based on use to avoid excessive freezing and thawing cycles
KH2PO4 EMD Millipore PX-1565-1 use to make 10x PBS stock
Mouse anti-cortactin 4F11 antibody EMD Millipore 05-180
Na2HPO4 EMD Millipore SX-0720-1 use to make 10x PBS stock
NaCl RPI S23020 use to make 10x PBS stock and borate buffer
NaOH (1 N) Sigma-Aldrich S2770 dilute with ultrapure water to 0.1 N
Nu-Serum (low-protein serum) BD Biosciences 355500 use to make invadopodia medium
Paraformaldehyde Acros 416785000 typically make 10% stock in 1x PBS, prepare in fume hood, and add a few ml of strong NaOH to dissolve paraformaldehyde easily then bring back to pH 7.4 with strong HCl)
PBS (sterile) Cellgro 21-040-CV use for cell culture
RPMI 1640 Cellgro 10-040-CV use to make invadopodia medium
Sodium borohydride Sigma-Aldrich 452882 prepare fresh in fume hood 1 mg/ml in 1x PBS
Sodium metaborate tetrahydrate Sigma-Aldrich S0251 use to make borate buffer
Sucrose RPI S24060 typically make 10 ml of 1% sucrose/1% gelatin solution in PBS and store at 4 °C (preheat PBS to dissolve gelatin easily)
TEMED Bio-Rad 161-0800
Triton X-100 Alfa Aesar A16046 make 10% stock in 1x PBS and use as is for cell removal in traction force assay or dilute with 1x PBS for staining

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Paszek, M. J., et al. Tensional homeostasis and the malignant phenotype. Cancer cell. 8, 241-254 (2005).
  2. Jaalouk, D. E., Lammerding, J. Mechanotransduction gone awry. Nature. 10, 63-73 (2009).
  3. Paszek, M. J., Weaver, V. M. The tension mounts: mechanics meets morphogenesis and malignancy. Journal of mammary gland biology and neoplasia. 9, 325-342 (2004).
  4. Parekh, A., et al. Sensing and modulation of invadopodia across a wide range of rigidities. Biophysical. 100, 573-582 (2011).
  5. Jerrell, R. J., Parekh, A. Cellular traction stresses mediate extracellular matrix degradation by invadopodia. Acta biomaterialia. 10, 1886-1896 (2014).
  6. Kraning-Rush, C. M., Califano, J. P., Reinhart-King, C. A. Cellular traction stresses increase with increasing metastatic potential. PLoS ONE. 7, e32572 (2012).
  7. Haage, A., Nam, D. H., Ge, X., Schneider, I. C. Matrix metalloproteinase-14 is a mechanically regulated activator of secreted MMPs and invasion. Biochemical and biophysical research communications. (2014).
  8. Haage, A., Schneider, I. C. Cellular contractility and extracellular matrix stiffness regulate matrix metalloproteinase activity in pancreatic cancer cells. FASEB J. (2014).
  9. Weaver, A. M. Invadopodia: specialized cell structures for cancer invasion. Clinical & experimental metastasis. 23, 97-105 (2006).
  10. Weaver, A. M. Invadopodia. Curr Biol. 18, R362-364 (2008).
  11. Bravo-Cordero, J. J., Hodgson, L., Condeelis, J. Directed cell invasion and migration during metastasis. Current opinion in cell biology. 24, 277-283 (2012).
  12. Alexander, N. R., et al. Extracellular matrix rigidity promotes invadopodia activity. Curr Biol. 18, 1295-1299 (2008).
  13. Barlow, W. E., et al. Prospective breast cancer risk prediction model for women undergoing screening mammography. Journal of the National Cancer Institute. 98, 1204-1214 (2006).
  14. Chen, J., et al. Projecting absolute invasive breast cancer risk in white women with a model that includes mammographic density. Journal of the National Cancer Institute. 98, 1215-1226 (2006).
  15. Butcher, D. T., Alliston, T., Weaver, V. M. A tense situation: forcing tumour progression. Nature reviews. Cancer. 9, 108-122 (2009).
  16. Zaman, M. H., et al. Migration of tumor cells in 3D matrices is governed by matrix stiffness along with cell-matrix adhesion and proteolysis. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 103, 10889-10894 (2006).
  17. Provenzano, P. P., Inman, D. R., Eliceiri, K. W., Keely, P. J. Matrix density-induced mechanoregulation of breast cell phenotype, signaling and gene expression through a FAK-ERK linkage. Oncogene. 28, 4326-4343 (2009).
  18. Munevar, S., Wang, Y., Dembo, M. Traction force microscopy of migrating normal and H-ras transformed 3T3 fibroblasts. Biophysical journal. 80, 1744-1757 (2001).
  19. Rosel, D., et al. Up-regulation of Rho/ROCK signaling in sarcoma cells drives invasion and increased generation of protrusive forces. Mol Cancer Res. 6, 1410-1420 (2008).
  20. Indra, I., et al. An in vitro correlation of mechanical forces and metastatic capacity. Phys Biol. 8, 015015 (2011).
  21. Parekh, A., Weaver, A. M. Regulation of cancer invasiveness by the physical extracellular matrix environment. Cell adhesion & migration. 3, 288-292 (2009).
  22. Weaver, A. M., Page, J. M., Guelcher, S. A., Parekh, A. Methods in Molecular Biology in Adhesion Protein Protocols. Coutts, A. S. 1046, 3rd Edition, 171-189 (2013).
  23. Samani, A., Zubovits, J., Plewes, D. Elastic moduli of normal and pathological human breast tissues: an inversion-technique-based investigation of 169 samples). Physics in medicine and biology. 52, 1565-1576 (2007).
  24. Wang, J. H., Lin, J. S. Cell traction force and measurement methods. Biomechanics and modeling in mechanobiology. 6, 361-371 (2007).
  25. Dembo, M., Oliver, T., Ishihara, A., Jacobson, K. Imaging the traction stresses exerted by locomoting cells with the elastic substratum method. Biophysical journal. 70, 2008-2022 (1996).
  26. Dembo, M., Wang, Y. L. Stresses at the cell-to-substrate interface during locomotion of fibroblasts. Biophysical journal. 76, 2307-2316 (1999).
  27. Engler, A. J., Rehfeldt, F., Sen, S., Discher, D. E. Microtissue elasticity: measurements by atomic force microscopy and its influence on cell differentiation. Methods Cell Biol. 83, 521-545 (2007).
  28. Kandow, C. E., Georges, P. C., Janmey, P. A., Beningo, K. A. Polyacrylamide hydrogels for cell mechanics: steps toward optimization and alternative uses. Methods in cell biology. 83, 29-46 (2007).
  29. Leach, J. B., Brown, X. Q., Jacot, J. G., Dimilla, P. A., Wong, J. Y. Neurite outgrowth and branching of PC12 cells on very soft substrates sharply decreases below a threshold of substrate rigidity. J Neural Eng. 4, 26-34 (2007).
  30. Zhou, J., Kim, H. Y., Wang, J. H., Davidson, L. A. Macroscopic stiffening of embryonic tissues via microtubules, RhoGEF and the assembly of contractile bundles of actomyosin. Development. 137, 2785-2794 (2010).
  31. Buxboim, A., Rajagopal, K., Brown, A. E., Discher, D. E. How deeply cells feel: methods for thin gels. J Phys Condens Matter. 22, 194116 (2010).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics