Automatic Translation

This translation into Japanese was automatically generated through Google Translate.
English Version | Other Languages

 JoVE Medicine

LC-MS / MSを用いて乾燥血液スポット上で免疫抑制タクロリムスの定量化

1, 1, 1, 1, 2, 3, 4, 1

1iC42 Clinical Research and Development, University of Colorado, Anschutz Medical Campus, 2Division of Clinical Pharmacology, Cincinnati Children's Hospital Medical Center, 3Food and Drug Administration (FDA), Center of Drug Evaluation Research - Office of Generic Drugs, 4Transplant Clinical Research, University of Cincinnati

Article
    Downloads Comments Metrics Publish with JoVE

    You must be subscribed to JoVE to access this content.

    Enter your email to receive a free trial:

    Welcome!

    Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!


    Admit it, you like to watch.

     

    Summary

    Cite this Article

    Shokati, T., Bodenberger, N., Gadpaille, H., Schniedewind, B., Vinks, A. A., Jiang, W., et al. Quantification of the Immunosuppressant Tacrolimus on Dried Blood Spots Using LC-MS/MS. J. Vis. Exp. (105), e52424, doi:10.3791/52424 (2015).

    Abstract

    カルシニューリン阻害剤タクロリムスは、米国の固形臓器移植後の免疫抑制ほとんどの治療プロトコルの基礎となるものです。タクロリムスは、狭い治療指数薬であり、そのようなものとして、その全血トラフ濃度に基づく治療薬モニタリングおよび用量調節を必要とします。家庭治療薬と遵守の監視を容易にするために、乾燥した血液スポットのコレクションは魅力的な概念です。フィンガースティックの後、患者は自宅でろ紙上の血液滴を収集します。血液が乾燥した後、それは、タクロリムスは、単純な手動のタンパク質沈殿工程およびオンラインカラム抽出と組み合わせた高速液体クロマトグラフィー - タンデム質量分析(HPLC-MS / MS)を用いて定量された分析研究室に郵送されます。

    タクロリムスの分析のために、6 mmのディスクは、血液スポットの飽和中央から打ち抜かれます。血液スポットは、弾丸ブレンダーaを使用して均質化され、ND次いでタンパク質は、内部標準D 2、13 C-タクロリムスを含むメタノール/ 0.2 MのZnSO 4で沈殿させます。ボルテックス及び遠心分離後、上清100μlをオンライン抽出カラムに注入し、5 mlの0.1ギ酸/アセトニトリル/分(7:3、V:V)で洗浄し、1分間。以降、切替弁が活性化され、分析物は、分析カラム上にバックフラッシュ(0.1%ギ酸/アセトニトリル勾配を用いて分離されます)。タクロリムスは、タンデム質量分析計を用いて、正の反応マルチモード(MRM)で定量化されます。

    アッセイは、1〜50 ng / mlでの直線です。アッセイ間の変動(3.6%-6.1%)と精度(91.7パーセント-101.6%)20日間にわたって評価として受け入れ基準を満たしています。平均抽出回収は95.5%です。キャリーオーバー、マトリックス干渉とマトリックス効果該当はありません。タクロリムスは、室温で1週間4℃で乾燥した血液スポット中で安定です。で抽出したサンプルオートサンプラーは、少なくとも72時間4℃で安定しています。

    Introduction

    タクロリムスは、マクロライド構造8( 図1)を持つ強力なimmonosuppressant 1-7です。 653グラム/ L、エタノール: - シスのためにCN結合のトランス異性それを逆相高速液体クロマトグラフィーによって分離することができる液9中の2つの回転異性体を形成する(HPLC)は、タクロリムスは、アルコール(メタノール中の親油性と可溶性である355 G / L)、ハロゲン化炭化水素(クロロホルム:573グラム/ L)およびエーテル。 9分子は、任意の発色団を含んでいないし、その紫外線吸収極大が192 nmである0.0047グラム/ L)タクロリムスの行為カルシニューリンの阻害を介して:0.1グラム/ Lおよび水(pHは3:それは(ヘキサン脂肪族炭化水素に難溶性です。 。その作用機序は、参考文献10,11に概説されている。これは、現在、米国において12固形臓器移植患者の80%以上に使用されています。

    タクロリムスの治療指数はconsidereですdは13狭くします。また、タクロリムスの投与量と血中濃度との相関が悪く、薬物動態変数14,15あります。移植患者におけるタクロリムスの投与をガイドするための治療薬モニタリングは、したがって、一般的な臨床実践16-20です。目標は、事前定義された治療範囲内タクロリムスの血中濃度を維持することです。治療の窓を超える濃度が過剰免疫抑制、癌や、腎毒性、神経毒性、高血圧、および糖尿病などの毒性のリスクを増加させながら、治療範囲以下のタクロリムスの血中濃度は、慢性または急性同種免疫反応の活性の増加をもたらす可能性があります。タクロリムスの高い薬物動態個体内変動は、移植臓器と患者の生存21,22の両方に有害である可能性があります。タクロリムスの薬物動態の個体間変動は、主にCYP3A5の遺伝子多型、個体内の理由によって引き起こされている間可変性は、薬物-薬物、疾患、薬物および食品薬物相互作用は、14,15、含まれるが、これらに限定されません。また、免疫抑制治療薬レジメンの遵守の欠如が要因と移植片喪失の23,24の主な理由です。

    これらの考慮事項は、頻繁に家の治療薬やタクロリムス全血濃度の遵守の監視は、患者が常に所望の治療ウィンドウ内タクロリムスエクスポージャーを持っていることを確認することが有益であり得ることを示唆しています。しかし、それは現在の臨床実践15であるように、より頻繁な治療薬モニタリングの物流コストは法外です。理由の一つは、患者が瀉血専門医が描画に必要な静脈血のサンプルを持って見る必要があることです。乾燥血液スポットは最近、魅力的なコンセプト25-28として浮上しています。簡単な指の後、患者は特別なろ紙カードに血液滴を収集し、血液スポットの後にdを有するスティックリート、患者が現在服用してもよいことタクロリムス及び他の免疫抑制剤の分析のための中央検査室に郵送することができます。これは、そのような乾燥血液スポット(血液の一般的に20μl)を25,29-43のような非常に少量の血液量のタクロリムスおよび他の免疫抑制剤の定 ​​量化のための高感度かつ特異的LC-MS / MSアッセイの開発が可能となっています。別の利点は、乾燥血液スポットとして低侵襲性、低容量のサンプル収集戦略が大きく小さな子供28中の治療薬のモニタリングおよび薬物動態学的研究を促進することです。

    タクロリムスは、通常、静脈のEDTA全血15で測定されます。理由は、タクロリムスは、広範囲の血液細胞に分配することと臨床研究は、臨床イベント15,18のプラズマに比べて血液中のタクロリムストラフ濃度との間のより良好な相関関係を報告しているということです。比較では、TAの分析乾燥血液スポットにおけるcrolimusを濾紙マトリックスと混合される毛細管血に基づいています。これは、タクロリムスおよびLC-MS / MS分析での潜在的な干渉の可溶化の点で課題を提示。ここでは、高流量のオンラインコラムサンプルクリーンアップの手順とLC-MS / MS分析と組み合わせて、箇条書きのブレンダーを用いて乾燥血液スポットの均質化に基づいて設立され、確認されたアッセイを提示します。今日のように、このアッセイは成功し、臨床試験における遵守を監視するための以上5000タクロリムス乾燥血液スポットサンプルの定量に使用されています。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Protocol

    健康な個体からの匿名化血液サンプルは、コロラド大学病院(オーロラ、コロラド州)からのものでした。検証研究のためだけでなく、キャリブレータおよび品質管理サンプルの調製のための非識別血液バンクサンプルの使用は、コロラド多施設内倫理委員会(COMIRB、オーロラ、コロラド州)によって「免除」と考えられました。

    参照とソリューションの作製

    1. タクロリムスと内部標準のD 2を購入し、材料リストに記載されているベンダから13 C-タクロリムス。
      1. タクロリムス1 mg / mlの濃度とD 2のために10μg/ mlの、13 C-タクロリムスの濃度で純粋なメタノール中のストック溶液を準備します。三つの独立した重みに基づいて、標準物質のストック溶液を作ります。小分けストック溶液とストア-70℃以下です。
    2. タンパク質を沈殿させるために溶液を調製します(:、3 V:7 v)を、水にメタノール/ 0.2 MのZnSO 4を使用して、タクロリムスを抽出します。この溶液は、内部標準D 2、2.5 ngの/ mlの濃度の13 C-タクロリムスを含有し、ブランク試料の抽出を除くすべてのサンプル(1.3.3を参照)の抽出のために使用されます。
      1. 各抽出日に新鮮にこのタンパク質沈殿溶液を調製し、12時間で溶液の有効期限を設定します。
    3. 検量線および品質管理(QC)サンプルの作製
      1. 純メタノールを使用したスト​​ック溶液の適切な希釈を行うことにより、タクロリムスのス​​トック溶液を調製します。
      2. 、キャリブレータおよび品質管理サンプルの調製EDTA全血の中に適切に希釈されたストック溶液20μlをスパイクするために、20分およびアリコートのための細胞の血液成分へのタクロリムスの均一な分布を可能にするために、水浴中で穏やかに振盪下、37℃でインキュベート1.5ミリリットルポリープへ円錐形の底部を有するr​​opyleneチューブとスナップオンふた。有機溶剤の相対量が5%を超えないことを確認してください。
      3. スポットピペットを使用してフィルタカード上の各円の中央にスパイクの全血50μlの。
      4. 3時間室温でのフィルタカードの血液スポットを乾燥させます。
      5. 1、2.5、5、10、25、および50 ngの/ mlのタクロリムスの濃度で人間のEDTA全血中タクロリムス校正標準を準備します。内部標準D 2、13 C-タクロリムス(「ゼロサンプル」)を含むタンパク質沈殿溶液と較正基準のような抽出のためのブランク試料を準備します。
      6. 0、2、4、20、40 ngの/ mlの濃度のヒトEDTA全血にQCサンプルを準備します。ブランク試料を準備します。内部標準D 2を含む沈殿を用いて抽出されたQCサンプルとは対照的に、13 C-タクロリムス、ないタンパク質沈殿溶液とこのブランクサンプルを抽出します内部標準D 2、13 C-タクロリムス(「ブランク試料」)を含みません。
    4. 臨床サンプルの採取
      1. 43,44で説明したように乾燥した血液スポットを収集します。

    2.タクロリムスの抽出乾燥血液スポットサンプル

    1. 視覚的に許容可能なサンプルの品質とボリューム45を確実にするために、乾燥血液スポットを検査します。
    2. 6 mmの穴パンチとフィルタカード上の血液スポットのパンチ中心。
      注:パンチの品質を秤量することによってモニターすることができます。パンチ飽和フィルターディスクは、0.09ミリグラム(:4.83- 5.14 mgであり、N = 12の範囲)±平均5.02ミリグラムで重量を量ります。
    3. 円錐形の底部及びスナップオン蓋付き1.5ミリリットルポリプロピレンチューブに置きディスク。
    4. 各チューブに20〜30箇条書きを追加します。
    5. 各チューブにタンパク質沈殿溶液(2.5 ngの/ mlの内部標準とV:0.2 MのZnSO 4、7:3、Vメタノール)の500μlのを追加します。 EXTRについてブランクサンプルの動作は、内部標準なしでタンパク質沈殿溶液を使用しています。
    6. (「10」を設定し、最高速度)1分間の弾丸ブレンダーでディスクを均質化します。
    7. 10分間(「10」を設定し、最高速度)マルチチューブボルテックスに室温でサンプルを振ります。
    8. 10分間16,000×gで4℃で遠心分離サンプル。
    9. 300μlのインサートを備えたガラス製HPLCバイアルに上清を移します。前スリットテフロンシールを使用してください。
      注:抽出したサンプルは、-20℃以下でLC-MS / MS分析まで保存することができます。

    3. LC-MS / MS分析

    1. C8カートリッジ抽出カラム上に負荷抽出されたサンプルの上清100μlを、図7を用いて洗浄する:水中の0.1%ギ酸の比率3:1分間5 ml /分の流量でアセトニトリル。切替弁の接続は、 図2に示されており、勾配は、 表1の抽出ポンプによって実行されます
    2. 以下、分析カラム上に、プレカラムからの検体のバックフラッシュの結果、切替弁を作動させます。
    3. 65°Cまでのカラムサーモスタットを設定します。
    4. 表1に示す流量と勾配を用いて分析カラムから分析物を溶出します。
    5. ターボエレクトロスプレーイオン化を介してタンデム質量分析計に分析カラムを接続します。 表2に記載の質量分析装置の主要なパラメータを調整します。
    6. 複数の反応モード(MRM)中の正イオン([M +のNa] +)を検出します 。定量化のために、次のイオンの移行を使用して:タ ​​クロリムス:m / z(質量/電荷)= 616.2→826.6とD 2、13 C-タクロリムスた:m / z = 829.6→619.2。
      注:総実行時間は4.6分です。

    4.定量

    1. 各実験について、1.3.5で製造したキャリブレーターに基づいて検量線を作成し、各分析の実行に含めます。
      1. 質量分析計ソフトウェアを使用して、分析物(ピーク面積[検体] /ピーク面積[内部標準])の応答係数名目濃度をプロットすることにより検量線を作成します。
      2. 1 / Xの重み付けと組み合わせて二次フィットを用いてキャリブレータを取り付けます。
    2. 乾燥血液スポットにおける量タクロリムスタクロリムス抽出のMRMクロマトグラムにおける内部標準のピークを統合することができます。タクロリムスの応答係数(ピーク面積[検体] /ピーク面積[内部標準])を計算し、質量分析ソフトウェアを使用して検量線と比較します。

    5.検証手続

    1. 検出(LLOD)及び定量化(LLOQ)の下限値の下限。
      1. 検出(LLOD)の下限として1:4のピーク対雑音比で最低のタクロリムス濃度を考えてみましょう。定量化(LLOQ)の下限を定義します。等しいか、または名目濃度に等しいか、またはより良好な20%の精度(変動係数)から±20%の偏差よりも良好な精度で較正曲線の最低濃度です。
    2. 内および間日間の精度と精度。
      1. 2 ng / mlで(QC1)、4 ng / mlで(QC2)、20 ng / mlで(QC3)および40 ng / mlで(QC4)の4濃度レベルで正確さと精度をテストします。
      2. フィルタカード、エキスの乾燥、人間のEDTA全血に各バリデーション日にQCサンプルを用意し、上記のように分析します。
      3. QC濃度レベルごとに6つのサンプルでイントラデイの正確さと精度を決定します。
      4. 20日間の間日間の正確さと精度を評価します。 4サンプルを毎日各QCレベルを測定します。
      5. 毎日のQCサンプルと一緒に2つの較正曲線を分析します。
      6. 名目上の濃度の%(濃度レベルごとに6つのサンプルは、5.2.2を参照してください)​​などのイントラデイ精度を計算します。 Calcの分散係数(CV%)としてulate精度。
      7. それは名目濃度の115%に許容限界に85%を下回る場合には許容可能なイントラデイ精度を考えてみましょう。それは15%のCV(変動係数)と同等かそれ以上の場合、許容できるならばイントラデイの精度を考慮してください。
      8. 20検証日間にわたって分析各QC濃度レベルの平均としてインター日間の正確さと精度を計算します。
      9. それは名目濃度の115%に許容限界に85%低下した場合に許容できるインター日間の精度を意味することを検討してください。それは15%のCV(変動係数)と同等かそれ以上の場合、許容できる場合インター日間の精度を考慮してください。
    3. マトリックス干渉の排除。
      1. マトリクス信号によって引き起こされることがある干渉を排除するために、空白の乾燥血液スポット(8異なる個体、好ましくは4人の男性と4人の女性)を分析。
      2. 視覚イオンクロマトグラムを検査します。もし保持時間内にピークタクロリムスのウィンドウがLLOQでタクロリムスでスパイク統合し、ブランク試料におけるタクロリムスピークのものと曲線下その面積を比較し、検出されました。ブランク試料中のピークの面積は、LLOQでタクロリムスのものの15%を超えることが想定されていません。
    4. イオン抑制/イオン強化。
      1. 共溶出マトリクス成 ​​分によるイオン抑制/イオン強化の潜在的な干渉を評価するために45を説明するようにポストカラム注入プロトコルを使用してください。
      2. 10μL/分の速度でメタノール(30:70、v / v)のポストカラム:0.1%ギ酸に溶解した10μg/ mlの濃度のタクロリムスを注入。
        1. 分析カラムと質量分析計のエレクトロスプレー源との間にTピースを経由してシリンジポンプを接続します。
        2. タクロリムスのためのMRMトランジションのMS / MSシグナル強度を監視し、その内部標準(のm / z = 616.2とのm / z = 829.6→619.2→826.6)extracの注射後テッドのブランクサンプル(N =異なる個体から8サンプル)。
          注意:イオン抑制が信号とイオン増強ピークのディップが発生している間イオン抑制/イオン強化がない場合には検体の注入によって引き起こされる連続信号は、ブランクマトリックスの注入によって影響されるべきではありません。
    5. 持ち越す。
      1. 最高キャリブレーター後に抽出ブランク試料を分析することにより、潜在的なキャリーオーバーを評価する(50 ngの/ mlの、N = 6)。
      2. 視覚イオンクロマトグラムを検査します。タクロリムスの保持時間ウィンドウ内のピークが検出された場合、LLOQでタクロリムスをスパイクブランクサンプル中のタクロリムスのピークのものと曲線の下のそれらの領域を統合し、比較します。ブランク試料中のピークの面積は、LLOQでタクロリムスのものの15%を超えることが想定されていません。
    6. 抽出回収。
      1. QC SAMの抽出後の検体の信号を比較することにより、回収を決定しますブランクの乾燥血液スポットのものとすべての4つの濃度レベルでples(N =濃度につき6)は、抽出後のタクロリムスの対応する量でスパイク。
      2. 4のQCのセット(:2、4、20、40 ngの/ mlの濃度レベル)を準備します。
      3. ろ紙のカードに空白のEDTA全血50μlのをスポッティングし、2時間乾燥させることにより、「回復試験サンプル」に対応する他の4セットを準備します。
      4. 以下、QCとブランク」回収試験サンプル」の両方のために、はさみでフィルタカードの全体の血液スポットを切り出し、円錐状の底部とのスナップ式の蓋付きポリプロピレンチューブに生じたディスクを配置します。
      5. すべてのサンプルを抽出します。
      6. ガラスHPLCバイアルに上清(400μl)を転送します。
      7. 2、4、20、および40 ng / mlで(200、400、2000、4000 ngの/ mlのタクロリムスストックゾルの4μLの濃度に到達するまでの空白」が抽出回収試験サンプル」にタクロリムス原液を追加上清400μlにutions)。
      8. LC-MS / MS分析の後、QC試料及び対応する濃度の「回収試験試料」の両方の信号を比較する(抽出/信号サンプルを抽出X 100の後にスパイクする前に、回復%=信号サンプルをスパイク)。
    7. 希釈の整合性。
      1. サンプルを使用して希釈の整合性を確立ng / mlで500、250および100での検体でスパイク。
      2. 抽出後、タンパク質沈殿溶液を用いて、サンプル希釈(1:10、n = 3の濃度レベルにつき)。
      3. 名目濃度からの偏差を計算します。 85%の範囲内の公称許容できるの-115%減の結果を考慮してください。
    8. 安定性。
      1. すべての4つの濃度レベルでQCサンプルを使用して安定性を調査した(n =濃度あたり4)異なる時点で、異なる貯蔵条件下で分析しました。
      2. 公称値で保存した後の結果を比較してください。 Rを考えてみましょう85%の範囲内の公称許容できるの-115%減esults。
      3. 4℃、-20℃で1ヶ月間、-80℃で1ヶ月に1週間、室温で1週間のサンプルの安定性を確立します。
      4. 3サイクルにわたってテスト凍結融解安定性(-20℃)。試験は、4℃に調節サーモスタットオートサンプラーにサンプルを配置することによって、サンプル及びオートサンプラー安定性を抽出しました。 72時間後にサンプルを注入します。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Representative Results

    サンプルは定量下限と患者試料にスパイクブランク試料の代表的なイオンクロマトグラムは、 図3に示されています。

    検量線

    検出の下限値は、0.5 mlのNG /であり、定量化の下限はng / mlで1.0でした。より高い濃度は、通常の状況下では、診療所に到達されそうにないとして50ngの/ mlの最高キャリブレーターとして選ばれました。

    検量線たて、人間のEDTA全血に各バリデーション日に調製フィルタカードで乾燥させ、メタノールで抽出した/ 0.2 MのZnSO 4(70:30 V / V)+内部 ​​標準の内部標準(最終濃度:2.5 ngの/ mlの)。 1日目の検証(Nキャリブレーターのための6とn = QCレベル6 =)と2日目のためにのために - (各QCレベルのためのn =キャリブレータのための2及びn = 4)20、濃度1、2.5、5を用いて分析しましたCALIBのための10、25、50 ng / mlでrators。典型的な検量線4に示されている(6、非ゼロキャリブレータの最低)キャリブレータの2/3のための動作範囲内で、名目上の115%まで85%の精度を平均的に許容されると考えられました。相関の平均係数は、(R)= 0.999(N = 40の較正曲線)でした。

    精度とプレシジョン

    結果を表3に詳細に示されています。

    抽出回収

    平均抽出回収率は98.2%で(2 ngの/ ml)を、92.2(4 ngの/ ml)を、95.5(20 ngの/ ml)を、96.2(40 ngの/ ml)でした。

    マトリックスインター、イオン抑制/イオン強化テスト用いた連続ポストカラムインフュージョンとキャリーオーバー

    8つの異なる個体(nは4女性であり、n = 4の雄=)からブランク試料の分析は、保持時間LLOQ(1 ngの/ ml)を15%未満に対応するシグナルを示しましたタクロリムスピーク検出タクロリムスピークは特定の考えることができることを示します。代表的な例が図3に示されている。イオン抑制/イオン強化による潜在的な干渉は、8つの異なる健康な個体からブランク乾燥血液試料を用いて試験しました。代表的な実験5に示されている。重要なイオン抑制/イオン強化の兆候は観察されませんでした。 LLOQにおける信号の15%を超えるピークを生じる該当キャリーオーバーは検出されませんでした。

    希釈整合性

    希釈の完全性は、目標濃度に達するように、最も高い較正器(100、250及び500 ngの/ ml)を上記の濃度で調製し、抽出した後、タンパク質沈殿溶液で1:10希釈した試料を分析することによって調べた:10、25、および50 ngの/ mlです。平均精度は、名目濃度の115%に85%の合格基準内に入ることがありました。全ての希釈のTESテッドは、受け入れ基準( 表4)を満たしました。

    安定性

    乾燥血液スポット中のタクロリムスの安定性は、様々な条件下で保存されたすべての4つのレベル(N = 4 /濃度レベル)でのQCサンプルを分析することによって調べました。

    平均精度は、名目濃度の115%に85%の合格基準内に入ることがありました。 結果を表5に詳細に示されています。 3回の凍結融解サイクル後、-80℃で1ヶ月保存した後、-20℃で1ヶ月保存した後、4℃で1週間保存した後、室温で1週間保存後の無損失、、、、、と4℃でのオートサンプラで抽出したサンプルの72時間後に明らかでした。

    抽出ポンプ 分析(溶出)ポンプ
    水+ 0.1%ギ酸 アセトニトリル 流量[μL/分] 時間[分] 水+ 0.1%ギ酸 アセトニトリル 流量[μL/分]
    0 70 30 5,000 0 13 87
    1 70 30 5,000 2 2 98 1200
    1.1 2 98 100 3.5 2 98 1200
    3 2 98 100 3.6 13 87
    3.1 20 80 2,000 4.6 13 87
    4 70 30 5,000
    4.6 70 30 5,000

    抽出と分析用HPLCポンプ表1.グラデーションプログラム。

    パラメータ 設定
    衝突ガス(CAD) 10
    カーテンガス(CUR)(PSI) 30
    イオン源ガス1(GS1)(PSI) 50
    イオン源ガス2(GS2)(PSI) 30
    噴霧器電流(NC)(V) 1
    温度(TEM)(°C) 600
    イオンスプレー電圧(IS)(V) 5500
    インターフェイスヒーター(IHE) 上の
    デクラスタリング電位(DP)、(V) 136
    エントランス電位(EP)(V) 10
    衝突エネルギー(CE)(V) 47
    衝突セル出口電位(CXP)(V) 16

    表2ターボエレクトロインターフェースと質量分析計パラメータ。命名は、(メーカー詳細については、物質一覧を参照してください)質量分析ソフトウェアで使用されるものに対応します。

    <TD> 106
    検証デー QCレベル【名目濃度の%]
    2 4 20 40
    1日目 93.0 86.3 88.9 93.4
    101 90.4 95.3 100
    85.6 95.9 99.0 97.5
    88.6 93.6 105 103
    85.0 97.4 97.2 109
    89.1 96.7 100 101
    イントラ日精度[%] 90.4 93.4 97.6 100.7
    イントラデイ不正確[のCV%] 6.6 4.6 5.5 5.2
    2日目 92.8 86.0 103
    91.1 88.8 94.7 87.0
    88.6 90.9 92.8 94.2
    97.2 93.7 94.2 115
    イントラ日精度[%] 92.4 89.9 96.2 97.9
    イントラデイ不正確[のCV%] 3.9 3.6 4.8 12.2
    3日目 97.6 101 98.4 112
    104 85.6 102 110
    99.2 88.4 99.4 105
    96.3 87.2 108 117
    イントラ日精度[%] 99.3 90.6 102.0 111.0
    イントラデイ不正確[のCV%] 3.4 7.8 4.2 4.5
    4日目 95.2 88.6 112 94.5
    105 87.3 93.2 116
    99.8 96.2 103 103
    100 104 97.2 99.4
    イントラ日精度[%] 100.0 94.0 101.4 103.2
    イントラデイ不正確[のCV%] 4.0 8.2 8.1 8.9
    5日目 106 90.4 101 106
    108 89.0 100
    102 101 96.6 128
    105 88.8 105 107
    イントラ日精度[%] 105.3 92.3 102.2 110.3
    イントラデイ不正確[のCV%] 2.4 6.3 4.2 11.1
    6日目 90.9 93.7 119 106
    98.8 88.1 96.4 110
    94.6 96.3 99.1 108
    108 100 102 102
    イントラ日精度[%] 98.1 94.5 104.1 106.5
    7.5 5.3 9.8 3.2
    7日目 85.1 87.5 99.5 95.4
    86.4 85.4 94.7 101
    94.5 87.3 98.9 94.6
    85.5 97.0 101 99.6
    イントラ日精度[%] 87.9 89.3 98.5 97.7
    イントラデイ不正確[のCV%] 5.1 5.8 2.7 3.2
    8日目 86.1 92.5 91.9 102
    87.5 91.5 95.2 88.5
    115 85.6 92.1 102
    85.8 85.9 95.4 108
    イントラ日精度[%] 93.6 88.9 93.7 100.1
    イントラデイ不正確[のCV%] 15.3 4.1 2.0 8.2
    9日目 88.9 91.4 96.9 100
    90.0 89.8 95.0 100
    69.7 85.9 95.8 109
    91.9 87.0 105 101
    イントラ日精度[%] 85.1 88.5 98.2 102.5
    イントラデイ不正確[のCV%] 12.2 2.9 4.7 4.3
    10日目 90.9 91.3 96.2 100
    97.7 89.5 94.4 100
    99.9 109 98.7 96.8
    99.1 90.0 95.7 96.1
    イントラ日精度[%] 96.9 95.0 96.3 98.2
    イントラデイ不正確[のCV%] 4.2 9.9 1.9 2.1
    11日目 92.7 91.9 88.2 104
    96.6 91.2 97.0 110
    109.0 92.8 970.6 102
    98.3 107 93.7 111
    イントラ日精度[%] 99.2 95.7 94.1 106.8
    イントラデイ不正確[のCV%] 7.0 7.9 4.6 4.1
    12日目 87.7 85.5 105 95.3
    112 88.1 101 96.1
    102 89.1 89.7 97.5
    106 92.5 102 104
    イントラ日精度[%] 101.9 88.8 99.4 98.2
    イントラデイ不正確[のCV%] 10.1 3.3 6。7 4.0
    13日目 失敗しました。 85.7 93.3 102
    101 105 88.0 93.9
    112 98.0 91.4 102
    104 113 104 101
    イントラ日精度[%] 105.7 100.4 94.2 99.7
    イントラデイ不正確[のCV%] 5.4 11.5 7.3 3.9
    14日目 91.5 89.1 97.4 93.1
    90.4 87.1 93.9 99.8
    89.7 97.0 94.8 106
    97.4 86.8 89.9 失敗しました。
    イントラ日精度[%] 92.3 90.0 94.0 99.6
    イントラデイ不正確[のCV%] 3.8 5.3 3.3 6.5
    15日目 92.8 92.8 92.5 95.4
    97.5 96.3 96.2 95.5
    95.5 108 97.3 99.3
    110 109 115 113
    イントラ日精度[%] 99.0 101.5 100.3 100.8
    イントラデイ不正確[のCV%] 7.7 8.1 10.0 8.3
    16日目 93.7 97.8 90.7 112
    90.3 87.1 失敗しました。 101
    97.9 88.3 95.5 107
    91.4 85.7 89.3 96.7
    イントラ日精度[%] 93.3 89.7 91.8 104.2
    イントラデイ不正確[のCV%] 3.6 6.1 3.5 6.4
    17日目 88.0 86.0 93.7 103
    89.8 90.8 94.8 93.2
    85.9 91.1 99.7 94.8
    86.7 88.1 95.6 91.7
    イントラ日精度[%] 87.6 89.0 96.0 95.7
    イントラデイ不正確[のCV%] 1.9 2.7 2.7 5.3
    18日目 89.6 85.8 91.0 98.3
    89.6 86.2 88.3 93.6
    失敗しました。 86.7 96.8 104
    88.1 85.8 95.2 111
    イントラ日精度[%] 89.1 86.1 92.8 101.7
    イントラデイ不正確[のCV%] 1.0 0.5 4.2 7.4
    19日目 98.0 </ TD> 89.7 94.2 102
    88.3 86.0 97.6 102
    91.6 88.1 95.8 97.5
    90.7 90.1 92.8 88.3
    イントラ日精度[%] 92.2 88.5 95.1 97.5
    イントラデイ不正確[のCV%] 4.5 2.1 2.2 6.6
    20日目 93.0 87.0 99.4 101
    97.3 87.6 95.5 91.9
    89.0 88.4 91.2 93.5
    104 90.7 97.7 115
    イントラ日精度[%] 95.8 88.4 96.0 100.4
    イントラデイ不正確[のCV%] 6.7 1.8 3.7 10.5

    インターデイ精度と不正確
    インター日精度 95.2 91.7 97.2 101.6
    インターデイ不正確 6.1 4.5 3.6 4.2

    表20日以上の品質管理試料の3.結果。データは、公称値の%として提示されます。 「失敗した」と記載されているサンプルは実験室/楽器のエラーのために失われたサンプルです。ほとんどのCAでエス、全くピークは全く検出されなかったまたは内部標準のピークが欠落していました。

    希釈午前1時10分
    希釈後の公称目標濃度 50 ng / mlで
    98.6
    94.5
    91.4
    精度[%] 94.8
    不正確[CV%の] 3.6
    希釈午前1時10分
    希釈後の公称目標濃度 10 ng / mlで
    103
    99.5
    101
    精度[%] 101.2
    不正確[CV%の] 1.8
    希釈午前1時10分
    希釈後の公称目標濃度 25 ng / mlで
    91.7
    98.2
    103
    精度[%] 97.6
    不正確[CV%の] 5.7

    希釈整合性テスト。データの表4の結果は、公称の%として提示されます。

    A
    室温での安定性、1日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    91.9 85.8 86.0 102
    86.7 85.7 88.5 102
    86.0 85.9 90.1 103
    89.2 98.0 90.8 112
    名目上の濃度の% 88.5 88.9 88.9 104.8
    不正確【%のCV] 2.7 6.1 2.1 4.9
    室温での安定性、3日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    88.6 105 101 113
    94.1 100 98.5 103
    100 101 106 109
    99.5 102 102 108
    名目上の濃度の% 95.6 102.0 101.9 108.3
    不正確【%のCV] 5.3 2.2 3.1 4.1
    室温での安定性、7日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    105 103 91.7 109
    101 107 100 110
    102 108 107 105
    93.8 105 109 111
    名目上の濃度の% 100.5 105.8 101.9 108.8
    不正確【%のCV] 4.7 2.2 7.8 2.6
    B
    4℃での安定性、1日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    101 89.9 95.8 100
    88.9 91.0 94.1 99.0
    96.2 100 102 96.7
    89.5 87.8 95.4 88.6
    名目上の濃度の% 93.9 92.2 96.8 96.1
    不正確【%のCV] 5.8 5.4 3.5 5.2
    4℃での安定性、3日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    87.3 85.2 105 95.3
    失敗しました。 87.8 101 96
    101 88.8 89.6 97.5
    106 92.2 102 104
    名目上の濃度の% 98.1 88.5 99.4 98.2
    不正確【%のCV] 9.7 2.9 6.8 4.0
    4℃での安定性、7日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    94.0 98.5 96.1 110
    92.9 96.4 109 109
    91.7 96.3 97.9 115
    94.7 96.9 99.8 113
    名目上の濃度の% 93.3 97.0 100.7 111.8
    不正確[%履歴書] 1.3 1.0 5.7 2.8
    C言語
    -20℃での安定性、3日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    87.3 98.7 111 111
    93.5 89.6 108 105
    89.5 91.5 107 112
    88.2 99.1 108 92.4
    名目上の濃度の% 89.6 94.7 108.5 105.1
    不正確[%CV] 2.7 4.9 1.7 9.0
    -20℃での安定性、7日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    96.5 98.7 102 109
    94.8 94.6 114 106
    95.5 102 98.1 108
    107 99.5 115 105
    名目上の濃度の% 98.5 98.7 107.3 107
    不正確【%のCV] 5.7 3.1 8.5 1.8
    </ TD>
    -20℃、30日目での安定性
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    82.3 83.1 90.4 93.2
    87.9 85.8 85.3 97.9
    85.7 88.6 98.3 98.0
    92.0 95.6 110 103
    名目上の濃度の% 87.0 88.3 96.0 98.0
    不正確【%のCV] 4.1 5.4 10.8 4.0
    D </ TD>
    -80℃での安定性、3日目
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    87.5 96.5 96.7 失敗しました。
    失敗しました。 97.6 98.7 110
    88.8 96.4 106 109
    87.3 101 96.5 109
    名目上の濃度の% 87.9 97.9 99.5 109.3
    不正確【%のCV] 0.8 2.2 4.5 0.6
    -80℃での安定性、7日目 QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    失敗しました。 98.0 105 99.8
    97.1 106 104 105
    99.7 102 99.3 102
    101 99.9 109 106
    名目上の濃度の% 99.3 101.5 104.3 103.2
    不正確【%のCV] 2.0 3.4 4.0 2.8
    -80℃、30日目での安定性
    QCレベル[NG / mlの] 2 20 40
    88.2 85.3 89.6 96.7
    96.2 92.6 85.8 94.1
    83.9 93.7 91.0 105
    95.6 94.0 98.9 102
    名目上の濃度の% 91.0 91.4 91.3 99.5
    不正確【%のCV] 6.0 4.1 5.5 4.9

    E
    凍結融解安定性、-20℃、1サイクル
    QCレベル[NG / mlの] </ TD> 2 4 20 40
    92.5 86.2 90.2 94.3
    89.8 90.5 85.4 104
    94.7 88.6 93.4 104
    101 89.2 93.7 96.3
    名目上の濃度の% 94.5 88.6 90.7 99.7
    不正確【%のCV] 4.8 1.8 3.9 5.1
    、融解安定性を凍結-20℃で、2サイクル
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    99.1 97.6 失敗しました。 85.3
    93.1 88.1 93.4 92.0
    94.9 91.5 85.8 93.9
    失敗しました。 90.5 86.8 85.4
    名目上の濃度の% 95.7 91.9 88.7 89.2
    不正確【%のCV] 3.1 4.0 4.1 4.5
    、融解安定性を凍結-20°C、3サイクル
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    95.7 失敗しました。 86.0 93.3
    95.5 87.4 85.0 91.3
    90.5 89.1 86.0 86.0
    96.9 85.7 90.2 失敗しました。
    名目上の濃度の% 94.7 87.4 86.8 90.2
    不正確【%のCV] 2.8 1.7 2.3 3.8
    F
    4°C、24時間で抽出されたサンプルの安定性
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    122 112 91.0 104
    93.5 106 91.8 96.1
    111 94.8 98.2 93.5
    98.4 97.6 91.3 89.8
    名目上の濃度の% 106.2 102.6 93.1 95.9
    不正確【%のCV] 12.8 7.9 3.4 6.0
    4°C、48時間で抽出されたサンプルの安定性
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    106 108 93.7 110
    105 98.1 94.6 98.9
    103 98.4 95.0 92.6
    108 93.1 89.7 85.5
    名目上の濃度の% 105.5 99.4 93.3 96.8
    不正確【%のCV] 2.1 6.2 2.4 10.4
    4°C、72時間で抽出されたサンプルの安定性
    QCレベル[NG / mlの] 2 4 20 40
    96.5 112 96.4 104
    101 95.3 103 95.2
    94.2 105 93.5 99.5
    100 96.9 92.6 89.3
    名目上の濃度の% 97.9 102.3 96.4 97.0
    不正確【%のCV] 3.1 7.7 4.7 6.3

    安定性試験の結果を表5。 :7日間室温で乾燥した血液スポットのタクロリムスの安定性、B:冷蔵庫で乾燥血液スポット(4℃)で7日以上、上のタクロリムスの安定性C:-20℃で乾燥した血液スポットのタクロリムスの安定性C 1ヶ月以上、D:1ヶ月以上-80℃で乾燥した血液スポットのタクロリムスの安定性、E:3回の凍結融解サイクル上で乾燥血液スポット(-20℃)でのタクロリムスの安定性、F :72時間にわたって4℃でサンプル/オートサンプラーの安定性を抽出しました。データは、名目上の濃度の%として表されます。 「失敗した」と記載されているサンプルは実験室/楽器のエラーのために失われたサンプルです。ほとんどの場合、何のピークは全く検出されなかったまたは内部標準のピークが欠落していました。

    図1
    タクロリムス。アトムの番号の図1の構造は純正応用化学(IUPAC)命名法の国際連合に従っています。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

    図2
    切替弁の2.接続図。424fig2large.jpg「ターゲット= "_空白">この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

    図3
    図3。 代表イオンクロマトグラム。(A)ろ紙にスポットブランク血液サンプルの代表的なイオンクロマトグラム(メーカー詳細については、物質一覧を参照してください)、乾燥しました。矢印は、タクロリムスのピークの保持時間をマークし、ブランク血液サンプル(B)の代表的なイオンクロマトグラムは、より低い定量限界(1ngの/ ml)を濾紙上にスポットし、乾燥し、(C)代表的なイオンクロマトグラムでスパイクろ紙上の移植患者によって収集されたサンプルの。これは、トラフのサンプルであり、測定されたタクロリムスの濃度は2.1 ngの/ mlでした。このサンプルは、家庭で患者により回収し、臨床試験からのものであるましたシンシナティ施設内倫理委員会の大学(オハイオ州シンシナティ)によって承認されました。すべての患者は、適切な書面による同意を与えました。質量分析ソフトウェアによって生成されたイオンクロマトグラムは、オリジナルプリントアウトされている(メーカーの詳細については、物質一覧を参照してください)​​。イオンクロマトグラムで青と赤の線は、内部標準のD 2、それぞれ13 C-タクロリムスおよびタクロリムスを表します。メインタクロリムスと内部標準のピークの前に溶出するピークは、回転異性体です。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

    図4
    図4の代表的な検量線。オリジナルプリントアウト質量分析ソフトウェアによって生成されるが示されています。424 / 52424fig4large.jpg「ターゲット= "_空白">この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

    図5
    ポストカラムタクロリムスの注入および潜在的マトリックス効果(イオン抑制/イオン強化)を評価するために、抽出されたブランク血液サンプルの注入中に測定された。図5。代表的なイオンクロマトグラム。矢印はタクロリムスピークの保持時間をマーク。マトリックス効果試験は、46に記載の手順に基づいていました。いいえ関連するマトリックス効果は検出されなかった。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Discussion

    上述のように、乾燥血液スポットに基づいて、タクロリムスの治療薬及び遵守監視の概念は魅力的であるが、一般的に静脈EDTA全血サンプル中のタクロリムスのLC-MS / MS分析に関連するものを超えた分析課題があります。これらには、マトリックスは、ここで使用されるフ​​ィルタカード材料と低血液量(20μL)のコットンリンターの材料に浸漬毛細血管全血であるという事実が、これらに限定されません。それにもかかわらず、中央検査室でのハイスループット分析は、特定の堅牢かつ高感度LC-MS / MS分析と組み合わせたマトリックス干渉及びマトリックス効果を欠いているサンプルをもたらす高速かつ信頼性の高い抽出方法を必要とします。すでにパンチフィルタカードが抽出/ LC-MS / MS分析に障害が発生した場合に再分析のために左側に十分な材料は通常存在しないとして、アッセイの信頼性は非常に重要です。

    Fiの本研究で使用しLTERカードは、これらがFDA承認されたクラスIIデバイスであるため、NCCLSガイダンスLA4-A5 44に準拠していると、CEマークの付いたヨーロッパにある選択された(メーカー詳細については、物質一覧を参照してください)。完全に充填されている場合、ワットマンの903フィルタカード上の1つの円が成立する≈50μlの血液46。しかし、個々の患者によって採取された血液滴の大きさが変化して、適切なサンプリング技術の訓練は46不可欠です。

    パンチアウト乾燥血液スポットサンプルを抽出する最初の重要なステップは、均質化です。我々の経験に基づいて、弾丸ブレンダーの使用は、超音波処理などの抽出効率を向上させるために使用される他の方法よりも効率的かつ優れた再現性です。弾丸ブレンダーの使用が一貫して90%を超える抽出回収率を達成するために不可欠でした。抽出手順の信頼性のために、それはすべての遠心分離機をtemperatされたことを確認するためにも重要でしたURE制御(4°C)し、ボルテックス工程は複数の可変および下部抽出回収をもたらし、10分、より短くされなかったこと。また、タクロリムスの回収は、タンパク質沈殿溶液の正確な組成に非常に敏感であるとしてメタノール/のZnSO 4比が変更されないことが重要です。

    次の課題は、マトリックス干渉効果を引き起こし得る物質の理想的に欠いているクリーンな抽出物を得ることです。したがって、できるだけ頻繁にEDTA血液試料からタクロリムスを抽出するために使用される単純なワンステップタンパク質沈殿ステップは実行可能な選択肢とは考えられませんでした。タンパク質(同位体標識内部標準の添加を含む)のZnSO 4を用いて沈殿、ボルテックスおよび遠心分離後、上清を2次元HPLCシステムに、オンライン抽出カラムに注入しました。シンプルな6ポートを使用した従来のプレカラムカートリッジに5ml /分の高流量を使用してオンラインカラム抽出タクロリムスの分析のための切替弁47の前に記載されています。タクロリムスおよびその内部標準は、抽出塔の前に濃縮し、クリーンアップステップの間にカラムに移行しないように移動相を選択しました。現在のプロトコルで使用されるオンライン抽出は、負HPLC分析に影響を与えることなく、比較的大きなサンプル容量の注射を含むいくつかの利点を有していました。バックフラッシュ抽出カラム(「ピークフォーカス」)の上に検体を豊かにした後は、特に低タクロリムス濃度のサンプルのためのソフトウェアアルゴリズムによって、より信頼性の高い統合を可能にシャープなピークが得られた。48オンラインクリーンアップステップは、削除されませんでした潜在的マトリックス化合物を妨害するだけでなく、サンプルを脱塩。大容量、高スループットLC-MS / MSアッセイのための一つの重要な議論はまだめったにない問題は、増加するLC-MS / MSシステムの感度の漸進的損失であります大きなバッチの分析中にエレクトロスプレー源の汚染。有意なマトリックス効果(イオン抑制/イオン強化)は観察されませんでした。メタノール/のZnSO 4、16,000×gで、高流量オンライン抽出、潜在的な干渉からのタクロリムスの明確なクロマトグラフ分離初期溶出でのタンパク質沈殿後の遠心分離を用いて効果的なタンパク質の沈殿:潜在的なマトリックス効果のマイナスの影響を小さくする/次の組み合わせによって回避されました分析カラム、代わりにそのようなアスコマイシンなどの構造的に関連する内部標準の内部標準として同位体で標識されたタクロリムスの使用から。

    定量化の下限は1 ngの/ mlであり、現在しばしばEDTA血液サンプル中のタクロリムスの治療薬物モニタリングのために使用されるほとんどの免疫測定法よりもこうして低かったです。定量化のこの下限はあっても、いわゆる低カルシニューリン阻害剤の長期immunosuppresのために十分ですSIVEメンテナンスプロトコル。

    予め乾燥血液スポット29-34,36,39,41,42にタクロリムスを定量化するためにLC-MS / MSアッセイを、本発明のアッセイの一致または定量の下限の点でそれらの性能を超える、抽出回収、精度と比較して説明そして、このような精度は通常、健康な個体からの血液サンプルに基づいて検証中に許容可能な結果を​​与えるワンステップタンパク質沈殿手順と超短クロマトグラフィ時間、潜在的に危険な概念を回避しつつ。しかし、移植患者は、血液の成分に影響を及ぼし、誰が、複数の薬を服用する疾患を有する患者の非常に複雑なグループです。これは事実上不可能検証中に、個々の患者に存在することが、唯一の実行可能な戦略は、それは、このような潜在的な干渉のリスクを最小限に抑えることがような方法でアッセイをセットアップすることである可能性のあるすべての潜在的な干渉を排除することができます。乾燥血液SPOTSは、血液粘度に対するヘマトクリットの影響、したがって、濾紙49上に塗布された血液の拡散特性などの課題を有しています。このような効果がすでに臨床的に妥当な範囲29,32内のヘマトクリットおよびタクロリムス濃度で乾燥血液スポットにタクロリムスの分析に影響を与えない記載されているように、これは、ここで再び試験しませんでした。また、高温で乾燥した血液スポット中のタクロリムスの安定性は、既に他によって研究されており、乾燥血液スポット中のタクロリムスは、37℃、乾燥した血液の輸送のために重要であっても60°C 32で5日間安定であることが見出されました特に夏の間はない温度制御された条件下でのスポット。

    弾丸ブレンダー均質化の組み合わせに基づいて、このアッセイは、高流量のオンラインカラム浄化およびLC-MS / MS分析は、他のIMMの定量化のための生物分析アッセイの開発のためのプラットフォーム戦略を提供することができます単独で、または同時に、同様に乾燥血液スポット試料中の他の薬剤のunosuppressants、。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Disclosures

    Materials

    Name Company Catalog Number Comments
    Tacrolimus U.S. Pharmacopeial Convention 1642802
    D2,13C-Tacrolimus Toronto Research Chemicals Inc. F370002
    Red blood cells University of Colorado Hospital W20091305500 V
    Plasma University of Colorado Hospital W2017130556300Q
    Acetone CHROMASOLV, HPLC, ≥99,9% Sigma-Aldrich 439126-4 L
    Acetonitrile Optima LC/MS, UHPLC-UV Thermo Fisher Scientific A955-4
    Isopropanol 99.9%, HPLC Fisher Scientific BP2632-4
    Methanol Optima LC/MS Thermo Fisher Scientific A452-4
    Water Optima LC/MS, UHPLC-UV Thermo Fisher Scientific W6-4
    Formic acid Thermo Fisher Scientific A118P-500
    Phosphate-buffered saline (PBS) Sigma-Aldrich D8537
    Zinc sulfate Thermo Fisher Scientific Z68-500
    0.5 – 10 µl pipet, VoluMate LIQUISYSTEMS Mettler Toledo 17008649
    1.5 ml Eppendorf tube Thermo Fisher Scientific 02-682-550
    10 – 100 µl pipet, VoluMate LIQUISYSTEMS Mettler Toledo 17008651
    10 μl pipet tips with filter, sterile Neptune BT 10XLS3
    100 – 1,000 µl pipet, VoluMate LIQUISYSTEMS Mettler Toledo 17008653
    100 μl pipet tips with filter, sterile Neptune BT 100
    1,000 μl pipet tips with filter, sterile Multimax 2940
    2 – 20 µl pipet, VoluMate LIQUISYSTEMS Mettler Toledo 17008650
    2 ml Eppendorf tube Thermo Fisher Scientific 02-681-258
    20 – 200 µl pipet, VoluMate LIQUISYSTEMS Mettler Toledo 17008652
    20 μl pipet tips with filter, sterile GeneMate P-1237-20
    200 μl pipet tips with filter Multimax 2938T
    200 μl pipet tips with filter, sterile Multimax 2936J
    50 ml Falcon tube BD Falcon 352070
    300 μl inserts for HPLC vials Phenomenex ARO-9973-13
    Balance PR2002 Mettler Toledo 1117050723
    Balances AX205 Delta Range Mettler Toledo 1119343379
    Bullet Blender Homogenizer Next Advance BBX24
    Centrifuge Biofuge Fresco Heraeus 290395
    Disposable Wipes PDI Q55172
    Glass v ials, 4 ml Thermo Fisher Scientific 14-955-334
    Glass vials, 20 ml Thermo Fisher Scientific B7800-20
    Gloves, nitrile Titan Brand Gloves 44-100S
    HPLC vials, 9 mm, 2 ml, clear Phenomenex ARO- 9921-13
    Lids for HPLC vials Phenomenex ARO- 8952-13-B
    Needle, 18 G 1.5 Precision Glide 305196
    Rack for Eppendorf tubes Thermo Fisher Scientific 03-448-11
    Rack for HPLC Vials Thermo Fisher Scientific 05-541-29
    Steel beads 0.9 – 2 mm Next Advance SSB14B
    Storage boxes for freezers / refrigerators Thermo Fisher Scientific 03-395-464
    Standard multi-tube vortexer VWR Scientific Products 658816-115
    Whatman Paper, 903 Protein Saver US 100/PK GE Whatman  2016-05
    Autosampler CTC PAL  PAL.HTCABIx1
    Binary pump, Agilent 1260 Infinity Agilent Technologies 1260 G1312B
    Binary pump, Agilent 1290 Infinity Agilent Technologies 1290 G4220A
    Micro vacuum degasser, Agilent 1260 Agilent Technologies 1260 G13798
    Column oven,  Agilent 1290 with 2 position  Agilent Technologies 1290 G1216C
    Thermostated column compartment with integrated 6 port switching valve Agilent Technologies 1290 G1316C
    HPLC pre-column cartridge, Zorbax XDB C8 (5 µm particle size), 4.6 · 12.5 mm Phenomenex 820950-926
    HPLC analytical column, Zorbax Eclipse-XDB-C8 (5 µm particle size), 4.6 · 150 mm Phenomenex 993967-906
    Tandem Mass Spectrometer
    API5000 MS/MS with TurboIonspray source AB Sciex 4364257
    Mass spectrometry software AB Sciex Analyst 1.5.1

    References

    1. Goto, T., et al. Discovery of FK506, a novel immunosuppressant isolated from Streptomyces Tsukubaensis. Transplant Proc. 19, (5 Suppl 6), 4-8 (1987).
    2. Kino, T., Hatanaka, H., Miyata, S. FK506, a novel immunosuppressant isolated from a streptomyces. I: Fermentation, isolation and physico-chemical and biological characteristics. J. Antibiotics. 40, (9), 1249-1255 (1987).
    3. Starzl, T. E., et al. FK506 for liver, kidney and pancreas transplantation. Lancet. 2, (8670), 1000-1004 (1989).
    4. Randomised trial comparing tacrolimus (FK506) and cyclosporin in prevention of liver allograft rejection. European FK506 Multicentre Liver Study Group. Lancet. 344, (8920), 423-428 (1994).
    5. A comparison of tacrolimus (FK 506) and cyclosporine for immunosuppression in liver transplantation. The U.S. Multicenter FK506 Liver Study Group. N. Engl. J. Med. 331, (17), 1110-1115 (1994).
    6. Mayer, A. D., et al. Multicenter randomized trial comparing tacrolimus (FK506) and cyclosporine in the prevention of renal allograft rejection: a report of the European Tacrolimus Multicenter Renal Study Group. Transplantation. 64, (3), 436-443 (1997).
    7. Pirsch, J. D., Miller, J., Deierhoi, M. H., Vincenti, F., Filo, R. S. A comparison of tacrolimus (FK506) and cyclosporine for immunosuppression after cadaveric renal transplantation. FK506 Kidney Transplant Study Group. Transplantation. 15, (7), 977-983 (1997).
    8. Tanaka, H., et al. Physicochemical properties of FK506 a novel immunosuppressant isolated from Streptomyces Tsukubaensis. Transplant Proc. 14, ((5 Suppl 6)), 11-16 (1987).
    9. Spencer, C. M., Goa, K. L., Gills, J. C. Tacrolimus. An update of its pharmacology and clinical efficacy in the management of organ transplantation. Drugs. 54, (6), 925-975 (1997).
    10. Clipstone, N. A., Crabtree, G. R. Identification of calcineurin as a key signalling enzyme in T-lymphocyte activation. Nature. 357, (6380), 695-697 (1992).
    11. Barbarino, J. M., Staatz, C. E., Venkataramanan, R., Klein, T. E., Altman, R. B. PharmGKB summary: cyclosporine and tacrolimus pathways. Pharmacogenet. Genomics. 23, (10), 563-585 (2013).
    12. Annual Data Report. Department of Health and Human Services, Health Resources and Services Administration, Healthcare Systems Bureau, Division of Transplantation. Available from: http://optn.transplant.hrsa.gov/data/annualreport.asp (2014).
    13. Draft Guidance on Tacrolimus. Food and Drug Administration, Office of Generic Drugs. Available from: http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM181006.pdf (2012).
    14. Christians, U., Benet, L. Z., Lampen, A. Mechanisms of clinically significant drug interactions associated with tacrolimus. Clin. Pharmacokinet. 41, (11), 813-851 (2002).
    15. Christians, U., Pokaiyavananichkul, T., Chan, L. Tacrolimus In: Pharmacokinetics and Pharmacodynamics. Principles of Therapeutic Drug Monitoring. Burton, M. E., Shaw, L. M., Schentag, J. J., Evans, W. ebb 4th Edition, Lipincott, Wiliams, and Wilkins. =Baltimore. 529-562 (2005).
    16. Holt, D. W., et al. International Federation of Clinical Chemistry/ International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology working group on immunosuppressive drug monitoring. Ther. Drug Monit. 24, (1), 59-67 (2002).
    17. Holt, D. W., Jones, K., Lee, T., Stadler, P., Johnston, A. Quality assessment issues of new immunosuppressive drugs and experimental experience. Ther. Drug Monit. 18, (4), 362-367 (1996).
    18. Jusko, W. J., et al. Consensus document: therapeutic drug monitoring of tacrolimus (FK-506). Ther. Drug Monit. 17, (6), 606-614 (1995).
    19. Oellerich, M., et al. Therapeutic drug monitoring of cyclosporine and tacrolimus. Update on Lake Louise Conference on cyclosporine and tacrolimus. Clin. Biochem. 31, (5), 309-316 (1998).
    20. Wong, S. H. Therapeutic drug monitoring for immunosuppressants. Clin. Chim. Acta. 313, (1-2), 241-253 (2001).
    21. Kahan, B. D., et al. Low intraindividual variability of cyclosporin A exposure reduces chronic rejection incidence and health care costs. J. Am. Soc. Nephrol. 11, (6), 1122-1131 (2000).
    22. Kahan, B. D., et al. Variable oral absorption of cyclosporine. A biopharmaceutical risk factor for chronic renal allograft rejection. Transplantation. 62, (5), 599-606 (1996).
    23. Kelly, D. A. Current issues in pediatric transplantation. Pediatr. Transplant. 10, (6), 712-720 (2006).
    24. Spivey, C. A., Chisholm-Burns, M. A., Damadzadeh, B., Billheimer, D. Determining the effect of immunosuppressant adherence on graft failure risk among renal transplant recipients. Clin. Transplant. 28, (1), 96-104 (2014).
    25. Taylor, P. J., Tai, C. H., Franklin, M. E., Pillans, P. I. The current role of liquid chromatography-tandem mass spectrometry in therapeutic drug monitoring of immunosuppressant and antiretroviral drugs. Clin. Biochem. 44, (1), 14-20 (2011).
    26. Edelbroek, P. M., van der Heijden, J., Stolk, L. M. Dried blood spot methods in therapeutic drug monitoring: methods, assays, and pitfalls. Ther. Drug Monit. 31, (3), 327-336 (2009).
    27. Meesters, R. J., Hooff, G. P. State-of-the-art dried blood spot analysis: an overview of recent advances and future trends. Bioanalysis. 5, (17), 2187-2208 (2013).
    28. Pandya, H. C., Spooner, N., Mulla, H. Dried blood spots, pharmacokinetic studies and better medicines for children. Bioanalysis. 3, (7), 779-786 (2011).
    29. Koster, R. A., Alffenaar, J. W., Greijdanus, B., Uges, D. R. Fast LC-MS/MS analysis of tacrolimus, sirolimus, everolimus and cyclosporin A in dried blood spots and the influence of the hematocrit and immunosuppressant concentration on recovery. Talanta. 115, (Oct 15), 47-54 (2013).
    30. Hinchliffe, E., Adaway, J., Fildes, J., Rowan, A., Keevil, B. G. Therapeutic drug monitoring of ciclosporin A and tacrolimus in heart lung transplant patients using dried blood spots. Ann Clin. Biochem. 51, (Pt 1), 106-109 (2014).
    31. Koop, D. R., Bleyle, L. A., Munar, M., Cherala, G., Al-Uzri, A. Analysis of tacrolimus and creatinine from a single dried blood spot using liquid chromatography tandem mass spectrometry. J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci.. 926, ((May 1)), 54-61 (2013).
    32. Sadilkova, K., Busby, B., Dickerson, J. A., Rutledge, J. C., Jack, R. M. Clinical validation and implementation of a multiplexed immunosuppressant assay in dried blood spots by LC-MS/MS. Clin. Chim. Acta.. 421, ((Jun 5)), 152-156 (2013).
    33. Li, Q., Cao, D., Huang, Y., Xu, H., Yu, C., Li, Z. Development and validation of a sensitive LC-MS/MS method for determination of tacrolimus on dried blood spots. Biomed. Chromatogr. 27, (3), 327-334 (2013).
    34. Hinchliffe, E., Adaway, J. E., Keevil, B. G. Simultaneous measurement of cyclosporin A and tacrolimus from dried blood spots by ultra-high performance liquid chromatography tandem mass spectrometry. J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci.. 883-884, ((Feb 1)), 102-107 (2012).
    35. Webb, N. J., Roberts, D., Preziosi, R., Keevil, B. G. Fingerprick blood samples can be used to accurately measure tacrolimus levels by tandem mass spectrometry). Pediatr. Transplant. 9, (6), 729-733 (2005).
    36. Keevil, B. G., Fildes, J., Baynes, A., Yonan, N. Liquid chromatography-mass spectrometry measurement of tacrolimus in finger-prick samples compared with venous whole blood samples. Ann. Clin. Biochem. 46, (Pt 2), 144-145 (2009).
    37. Yonan, N., Martyszczuk, R., Machaal, A., Baynes, A., Keevil, B. G. Monitoring of cyclosporine levels in transplant recipients using self-administered fingerprick sampling. Clin. Transpl. 20, (2), 221-225 (2006).
    38. Keevil, B. G., et al. Simultaneous and rapid analysis of cyclosporin A and creatinine in finger prick blood samples using liquid chromatography tandem mass spectrometry and its application in C2 monitoring. Ther Drug Monit. 24, (6), 757-767 (2002).
    39. Hoogtanders, K., et al. Dried blood spot measurement of tacrolimus is promising for patient monitoring. Transplantation. 83, (2), 237-238 (2007).
    40. Heijden, J., et al. Therapeutic drug monitoring of everolimus using the dried blood spot method in combination with liquid chromatography-mass spectrometry. J. Pharm. Biomed. Anal. 50, (4), 664-670 (2009).
    41. Cheung, C. Y., et al. Dried blood spot measurement: application in tacrolimus monitoring using limited sampling strategy and abbreviated AUC estimation. Transpl. Int. 21, (2), 140-145 (2008).
    42. Hoogtanders, K., et al. Therapeutic drug monitoring of tacrolimus with the dried blood spot method. J. Pharm. Biomed. Anal. 44, (3), 658-664 (2007).
    43. Wilhelm, A. J., den Burger, C. J., Vos, R. M., Chahbouni, A., Sinjewel, A. Analysis of cyclosporin A in dried blood spots using liquid chromatography tandem mass spectrometry. J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci. 877, (14-15), 1595-1598 (2009).
    44. Ostler, M. W., Porter, J. H., Buxton, M. O. Dried blood spot collection of health biomarkers to maximize participation in population studies. J. Vis. Exp. (83), e50973 (2014).
    45. Hannon, H. W., et al. Blood collection on filter paper for neonatal screening programs, approved standard LA4-A5. Clinical Laboratory and Standards Institute. Available from: http://www.clsi.org (2007).
    46. Schäfer, P., Störtzel, M., Vogt, S., Weinmann, W. Ion suppression effects in liquid chromatography-electrospray-ionisation transport-region collision induced dissociation mass spectrometry with different serum extraction methods for systematic toxicological analysis with mass spectra libraries. J. Chromatogr. B. 773, (1), 47-52 (2002).
    47. Peck, H. R., Timko, D. M., Landmark, J. D., Stickle, D. F. A survey of apparent blood volumes and sample geometries among filter paper bloodspot samples submitted for lead screening. Clin. Chim. Acta. 400, (1-2), 103-106 (2009).
    48. Christians, U., et al. Automated, fast and sensitive quantification of drugs in blood by liquid chromatography-mass spectrometry with on-line extraction: immunosuppressants. J. Chromatogr. B. 748, (1), 41-53 (2000).
    49. Clavijo, C., et al. Development and validation of a semi-automated assay for the highly sensitive quantification of Biolimus A9 in human whole blood using high performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry. J. Chromatogr. B. Analyt. Technol. Biomed. Life Sci. 877, (29), 3506-3514 (2009).
    50. Mei, J. V., Alexander, J. R., Adam, B. W., Hannon, W. H. Use of filter paper for the collection and analysis of human whole blood specimens. J. Nutr. 131, (5), S1631-S1636 (2001).

    Comments

    0 Comments

    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Metrics

    Waiting
    simple hit counter