神経疾患の研究のための生成および使用方法hiPSC派生のNPCへのガイド

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Topol, A., Tran, N. N., Brennand, K. J. A Guide to Generating and Using hiPSC Derived NPCs for the Study of Neurological Diseases. J. Vis. Exp. (96), e52495, doi:10.3791/52495 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

我々 1ヒト誘導多能性幹細胞(hiPSCs)からインビトロで分化したニューロンおよびその他2,3の遺伝子発現研究は、hiPSCニューロンは、胎児ではなく、成人の脳組織に似ていることを示している。現在では、hiPSCベースのモデルではなく後期の特徴、神経疾患より、素因の研究のため、より適切な場合があります。我々は以前のNPCは、統合失調症1に貢献する分子経路を研究するために有用な細胞型であり得ることを示している、統合失調症hiPSC由来の神経細胞の遺伝子特性のかなりの部分が、統合失調症のhiPSC由来神経前駆細胞(NPCの)に保存されていることを報告している。我々は、他の統合失調症hiPSCのNPC 1,4-6における酸化ストレスおよび活性酸素種、サブスレッショルド環境ストレスに対する感受性およびミトコンドリア機能障害の増加、ならびにニューロンcと減少し、異常な移行が報告されているonnectivityと統合失調症のhiPSCニューロン5,7-10におけるシナプス機能。統合失調症hiPSC NPCの中で異常な移動及び/または酸化ストレスに貢献する分子の要因も統合失調症hiPSC由来の神経細胞における減少し、ニューロンの接続性の根底にある場合は、NPCが疾患の原因のメカニズムを研究するために、堅牢性の高い複製神経細胞集団である可能性があります。一つは、急速に多数の細胞を生成することができるし、ニューロン成熟のために数週間または数ヶ月待つ必要がないので、さらに、NPCベースのアッセイは、より大きな患者コホートの研究に適しており、ハイスループットスクリーニングにより適している。我々はすでに統合失調症1およびハンチントン病11のように多様な疾患において実証されているようにhiPSCのNPCは、潜在的に疾患の病因に貢献発達経路のためのプロキシとして機能することができると信じている。

hiPSCs、の初期の神経からのNPCを区別するために生産は、デュアルSMAD阻害(0.1mMのLDN193189および10mMのSB431542)12によって達成される。これらの小分子とシグナリングBMPおよびTGF拮抗することにより、内胚葉および中胚葉の指定は、神経分化を促進し、めっきの一週間以内に目に見える神経ロゼットの形成をもたらす、遮断される。神経パターニングは、おそらく神経ロゼット形成の期間中とその直後に、早期にこのプロセスで発生します。他の手がかりがない場合には、これらの原始的な神経細胞は、前前脳のような運命13を想定しています。すぐにNPCの拡大を通じて、神経ロゼット形成以下、および継続的な、前脳NPCはFGF2 8,14と培養される。これらは、二重系統可能性を有し、70〜80%のIII-チューブリン陽性ニューロン及び20-30%グリア線維性酸性タンパク質(GFAP) -陽性星状細胞( 図1)の神経集団に分化させることができる。前脳のhiPSCニューロンの大半はVGLUT1陽性であるニューロンの約30%が、GAD67陽性(GABA作動性)であるが、したがって、おそらくグルタミン酸である8。

NPCは日常的に一貫性の分化プロファイルを維持し、核型異常を蓄積することなく、一方、in vitroで 10回以上継代する。グループが40倍以上15のNPCを継代報告している、しかし、私たちは10継代を超えて、NPCには、アストロサイト分化に増加傾向を示していることがわかります。 NPCは、複数の凍結融雪、よく耐え単に非接着プレートで培養することにより、ニューロスフェアとして成長に移行することができます。 NPCは、効率的に生化学的研究のために十分な材料を得るために急速な遺伝的摂動の分子·細胞影響の評価、および容易に拡張を可能にする、ウイルスベクターによって形質導入されている。ウイルスベクターの過剰発現及び/又は疾患関連遺伝子のノックダウン堅牢許すのでさらに、コントロールまたは患者のいずれかでneur由来らの細胞は、1つは、これらの操作上の遺伝的バックグラウンドの効果を試験するために、このプラットフォームを使用することができる。成熟した神経細胞を必要とするシナプスまたは活動に基づくアッセイに適していないが、NPCは、患者由来の神経細胞の多くの単純な分子または生化学分析のための実用的な代替手段かもしれません。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. hiPSC分化神経前駆細胞へ

  1. 大(ただし、サブコンフルエント)のコロニーが胚様体(EB)中間体を介して神経分化のための準備ができるまで、マウス胚性線維芽細胞(MEF)フィーダー層上で共培養(HES)メディア( 表1)ヒト胚性幹細胞でhiPSCsを成長と拡大( 図2)。ルーチンhiPSC培養条件は、他の場所16,17に記載されている。簡単に言うと、コラゲナーゼ(DMEM中に1mg / ml)で酵素的に通過その後、コンフルエントになるまでMEFフィーダー層上HES培地でhiPSCsを成長させ、約1拡大:7日ごとに3。
  2. ポリ-L-オルニチン/ラミニンを調製するためにプラスチック表面(ガラス面50グラム/ ml)のための滅菌水を10g / mlのポリ-L-オルニチンを有するプレート、被覆プレートをコーティングし、3-24時間、室温でインキュベートする。滅菌水で少なくとも一度洗った後、3-24時間、室温で滅菌PBSで5グラム/ mlのラミニンでコート。
    注:プラスチックに包まれている場合、プレートが可能6ヶ月まで-20ºCのために保存。
  3. 1日目に、酵素的にDMEM / F12中に1mg / mlコラゲナーゼIVを使用して、プレートのような大きなコロニーから(例えば、マトリゲル上のTeSR 18として定義された培地中で成長、一般MEF上で成長し、またはhiPSCs)サブコンhiPSCsを持ち上げる。
    注:37ºCでのインキュベーションの1-2時間後、コロニーが皿にフローティングされます。
  4. 穏やかに2ミリリットル/ウェルのN2 / B27培地( 表1)および非接着性6ウェルディッシュに移し(中に再懸濁1に3ウェルを組み合わせ、DMEM / F12に(遠心分離ではなく、沈降によって)1-2xをhiPSCコロニーを洗う型ウェル)19。
    注:一晩、コロニーは「胚様体」(EBS)と呼ばれるフローティング球状のクラスターを形成することになる。かなりの細胞死を期待。
  5. 2日目に、プレートを傾けてEBを沈降させる。慎重にメディアを削除し、破片を除去するDMEM / F12で一回洗浄します。デュアルSMAD阻害剤(0.1M LDN193189と10M SB431542)12を補足したN2 / B27メディアにフィード
  6. 日3-7日、神経誘導は、デュアルSMAD阻害のコンテキストで発生します。 EBをラウンドしかし、嚢胞性ではないことを確認してください。 EBを0.1M LDN193189と10M SB431542を補足したN2 / B27メディアと一日おきにフィード。
  7. 日7月14日、ポリ-L-オルニチン/ラミニンコーティングしたプレートにEBのメッ​​キに続いて、上の神経ロゼットは(apico-基底極性の神経上皮細胞のラウンドクラ​​スタとして特徴づけ、数日以内に出現し始めることを明視野顕微鏡を用いて確認してください。 図1)。 0.1M LDN193189、10M SB431542および1グラム/ mlのラミニンを補足したN2 / B27培地で一日おきに付着したEBを供給し続けます。

神経ロゼットの2収穫

注:我々は、神経ロゼットが酵素的に神経ロゼットセレクション試薬20または類似の選択試薬を用いて回収することをお勧めします。神経ロゼットは、Th1、6ウェルポリ-L-オルニチン/ラミニンコーティングされたプレートに手動でピックアップすることができますがの方法は、さらに、NPCのために豊かにし、非神経細胞型を枯渇させるために、20日目でのピッキングの第二ラウンドを必要とすることが、ユーザのスキルに依存して、マスタに広範囲の訓練をとり、。

  1. 14日目の神経ロゼットの酵素的選択のために、付着したEBから吸引メディアと6ウェルプレート用のウェルあたりの神経ロゼット選択試薬の1ミリリットルを追加します。 1時間37ºCでインキュベートする。
  2. P1000のピペットマンを使用すると、静かに各ウェルから酵素を除去。洗浄するためにウェルあたりDMEM / F12の1ミリリットルを追加します。
  3. P1000では、DMEM / F12の1ミリリットルを収集し、すぐにこのようにプレートからロゼットを取り外し、バックウェルにDMEM / F12を追放。ファルコンチューブにロゼットを収集します。
  4. ピペットDMEM / F12とすぐに別の1ミリリットルが残りロゼットを切り離すために、同じウェルに放出する。 (粉末化しないでください。ロゼット凝集体を分割しないようにしてください)​​。同じファルコンチューブに神経ロゼットを収集します。
  5. 手順を繰り返し、必要に応じて2.4。ロゼットは、容易に切り離すていない場合は、MOを追加酵素を再し、プロセスを繰り返す(2.1〜2.4ステップ)
  6. 3分間300×gで細胞をスピン。吸引しNPC培地( 表1)2ml中の洗浄、および再懸濁ロゼット。転送細胞(1:1)、ポリ-L-オルニチン/ラミニンコーティングした6ウェルプレートに。
  7. 日15-21からは、神経ロゼットが展開されます。 NPCメディアに一日おきにロゼットを養う。
  8. 神経ロゼットの品質を評価し、平らな線維芽細胞様細胞が培養中で拡大されていないことを確認してください。
    注:非ロゼットが解決しない場合は、NPCの文化は時々のAccutaseに拾っロゼットの唯一の最高の選択、手動ピッキングによって救済することができます。 37ºCで15分間解離する。ペレットを、24ウェルのポリ-L-オルニチン/ラミニン被覆プレート上にNPC培地で洗浄し、プレート。

神経前駆細胞の3.拡張

注:hiPSC NPCはマトリゲルまたはポリ-L-オルニチン/ラミニンでコーティングしたプレートのいずれかで成長させることができる。当社は通常Matrigeを使用リットルプレートそれらはより迅速かつ低コストで製造することができる。

  1. すぐに、マトリゲルでコーティングされたプレートを準備解凍し、24ミリリットルでマトリ1mgの凍結した一定分量を再懸濁冷たいDMEM / F12を、すぐに2つの6ウェルプレートの各ウェルに2ミリリットルを配布する。 37ºCで少なくとも1時間インキュベートする。
    NOTE:マトリゲルを洗浄しないだけ吸引する必要がある、使用直前に。
  2. 一日おきのNPCを養う非常に高い密度で維持するか、またはそれらが自然発生的にニューロンに分化する。
    より確立されたNPCは、通常、1分割されているが::注としてまれに1回と隔週2:毎週4を、非常に低い通路NPCは1を分割することができる。
  3. 、スプリット最初の吸引メディアと6ウェルプレートのウェルあたり1ミリリットル暖かいのAccutase(1X)を追加する。 10〜15分間37ºCでインキュベートする。
  4. 静かにできるだけ機械的ストレスを含むDMEM / F12を含む15ミリリットルチューブに剥離した細胞を移す。酵素にいる間の細胞を滴定しないでください。 spinniによるペレット細胞5分間千×gでngの。
  5. 吸引し、6ウェルのオリジナルのウェルあたり〜1ミリリットルNPC培地中での洗浄、および再懸濁のNPC。
    注:6ウェルディッシュのコンフルエントよく5-10万個の細胞を有することを期待する。これは、従来の再メッキ血球計数器を用いて細胞10μlのアリコートを計数することによって確認することができる。
  6. NPCは、ニューロンまたはニューロスフェアとして再懸濁、再プレートのNPCに続いて。 NPCは、6ウェルプレートのウェル当たりプレート約100万〜200万細胞を維持するために。ニューロスフェア形成の効率は、実験および細胞株の間で変動するが、200,000から1,000,000細胞を非接着性6ウェルプレートのウェルに播種された場合、一般的に最高の​​発生ができる。ニューロスフェアの凝集が発生した場合、播種した細胞の数を減少させる。ニューロン培地でNPC培地を交換し、6ウェルプレートのウェルあたりのニューロンに分化する、プレート約200,000細胞。
  7. 免疫組織化学的にすべての確立されたNPCラインを検証する。十分な細胞物質はEXPANれていたらネスチンおよびSOX2のための抗体とDED、ラベルのNPC。検証済みNPCラインも4〜6週間ニューロンに分化し、およびIIIチューブリンとMAP2ABための抗体で標識されるべきである。
    1. 10分間4℃でPBS中の4%パラホルムアルデヒドで細胞を固定します。 PBS中1.0%トリトンで室温で15分間のNPCを透過性にし、次いで室温で30分間0.1%トリトン5%ロバ血清でブロックする。
    2. 4℃で一晩、0.1%トリトン5%ロバ血清中で一次抗体と共にインキュベートする。
      注:私たちは、以下の抗体を推奨:ヤギ抗Sox2の、1:200。マウス抗ヒトネスチン、1:200。ウサギ抗βIIIチューブリン、1:500。マウス抗βIIIチューブリン、1:500。マウス抗MAP2AB、1:200。 ( 図2)。
    3. RTで1〜2時間、0.1%トリトンで5%ロバ血清中で、300:PBSで洗浄した後、1でヤギ、マウスまたはウサギへの適切な結合二次抗体と二次抗体の細胞を培養する。を0.5μg/ mlのDAPI(4 '、核染色細胞を可視化、6-ジアミジノ-2-フェニルインドール)、次いで、封入剤でマウントする。

4. NPC伝達

  1. トランスフェクトされた細胞21の割合を増加させるためにspinfection(1時間、1,000×gでのウイルスの存在下での細胞培養プレートの遠心分離)を使用する。 NPC培地で希釈感染の所望の多重度(MOI)の力価を測定培地を吸引し、関連する過剰発現(または制御)と交換してレンチウイルス(またはレトロウイルス)、(通常は1-10)、。 1.5ミリリットルを6ウェルプレートのウェル当たりの体積(または組織培養プレートの他のタイプの適切にスケーリングされたボリューム)を使用する。千×gでスピンとプレート遠心機で1時間37ºC。
    注:理想的には、分割の1〜2日以内に、レンチウイルスまたはレトロウイルスベクターでのNPCを伝達する。商用または実験室で準備されたウイルスを使用しているかどうか、それが適切に連続希釈によって事前にウイルスのバッチを滴定するために役立ちます。 ( 図3)。
  2. セル画を低減するために、lular死、spinfectionの8時間以内にメディアを交換。
    注:ウイルス統合および導入遺伝子の発現は、レポーター遺伝子蛍光によって24時間以内に検出可能であるべきである。 (ウイルスは蛍光レポーターを欠いている場合、これは評価するのがより困難であり、成功したトランスフェクションは最高の過剰発現製品のイムノブロット、免疫組織化学または定量PCRによって検証することができます。)全式は3〜7日かかる場合があります。追加のウイルスによる反復spinfectionsは、トランスフェクトされた細胞の割合を増加させるために必要とされ得る。再発spinfectionsは、毎日発生する可能性がありますが、そう頻繁である必要はありません。理想的には、蛍光レポーターを使用している場合、> 80%の細胞が標識されるべきである。

5.ニューロスフェア遊走アッセイ

注:NPCの酵素的解離以下自発的にニューロスフェアの形、 - 細胞はNPC培地中の懸濁液中で培養される場合、(NPC拡張に使用されるものと同一の方法によっては3.3-3.6ステップ)。

  1. 簡単に言えば、解離する成長ニューロスフェアを生成するために非接着性のプレートで48時間NPC培地中のdのNPC。 ( 図4)。
  2. 神経球の移行の場合は、96ウェルプレートに、むしろDMEMなく、ピッキングロスフェアの前に1〜2時間を冷たいNPCメディアを使用して新鮮なマトリプレートを準備します。井戸からマトリゲルを吸引しないでください。
  3. もともと胚性幹細胞由来のニューロスフェア22について公表したように、手動で細胞破片を除去するためにNPCのメディアで一度洗浄した後、顕微鏡下でNPC由来のニューロスフェアを選ぶ。マトリゲルコーティングした96ウェルプレートの各ウェルに一つのニューロスフェアを転送する。
  4. 各96ウェルプレートにロスフェアに、冷たいNPC培地で希釈さらに0.5 mgのマトリゲルを追加します。
  5. 手動でもピペットチップを使用しての途中で、個々の神経球をセンタリング。
    注:これは、結果のばらつきを低減するために、同様のサイズのニューロスフェアを選択することが重要である。
  6. 移行が48時間に発生した後、ワット細胞を固定することを許可する目的の免疫組織化学的マーカーを有するi番目の4%パラホルムアルデヒドと汚れ。
  7. 半径方向の移行は、それらが完全に4倍の顕微鏡対物レンズを使用して、写真のニューロスフェアを決定しようとする場合。ウェルのエッジまたは分析からの第神経球を接触させ、任意の神経球を除外します。
    注:マイグレーションがより長い48時間発生した場合は、結果の放射状の移行は可能性が4倍対物レンズを用いた画像に大きすぎることになる。
  8. NIH ImageJソフトウェア( 図5)を使用して、各神経球からの平均の移行を測定します。これは、以下に記載の分析方法のいずれかを使用して行うことができる。
    1. ラジアル移行:
      1. 手動で結果として得られる形状の面積を計算するために測定します(Ctrl + M)関数を使用するフリーハンド選択ツールを使用して最も遠い移動細胞のエッジをトレース。面積を測定する前にエリアは[分析 ]タブの下に設定し測定ウィンドウにチェックされていることを確認してください。使用してください面積測定、円(A =πR2)の面積についての式の値は、半径(外側)を決定する。
      2. オリジナルのニューロスフェアのエッジをトレース、面積を測定し、同じように半径(内側)を計算します。外側と内側の半径との差である総放射状の移行を計算します。
    2. 最大の細胞移動:
      1. 測定します(Ctrl + M)関数に続く直線選択ツールを使用して内側の神経球の端から5遠いセルの移動距離を測定します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

ニューラルロゼットapico -基底極性の神経上皮細胞のラウンドのクラスターとしての特徴的な外観( 図1)により、明視野顕微鏡を用いて、形態学的に同定することができる。 NPCは、非常に高い細胞密度で典型的に培養されても、すぐに継代の後、わずかに錐体状の細胞体と双極神経構造が見える( 図1D)である。 IIIチューブリン染色はNPCの一部の割合が絶えず文化( 図1F)内の神経分化を開始していることを示す、すべてのNPC集団においても見えるけれども検証済みのNPCは、細胞の大部分でネスチン及びSOX2を発現する。そのようなLmx1aのとFOXA2として中脳マーカーが( 図1G-I)ではないが、このようなSOX2とPAX6、及びそのようなTBR2などの前脳の神経前駆細胞、などの神経幹細胞のマーカーは、また、NPCの中で表現されている。大規模フラット線維芽細胞様細胞のかなりの割合以内 NPC集団は、神経分化( 図2)は、以下の多数のニューロンを生じる可能性が低いもの、低品質のNPCが生成されたことを示している。

細胞の80%を超える高力価レンチウイルスまたはレトロウイルスベクターで形質導入に成功し、次は蛍光レポーターにより標識されるべきベクター( 図3)に含まれる。ニューロスフェアの生成は、定期的な給餌で、約1週間培養中に健康を維持することができ、比較的均質なサイズのニューロスフェア( 図4)、の人口が得られるはずです。ニューロスフェアの移行は健康ロスフェア( 図5)に確実に発生し、hiPSCのNPCは神経球遊走アッセイ1の過程で急速な分化を受ける。

図1

10トン"> 図1の患者固有hiPSCs、のNPCとニューロン。hiPSC神経分化の明視野画像を、胚様体(B)、神経ロゼット(C)、NPC(D)及びニューロンhiPSCs(A)から(E) 。。。、100倍、スケールバーは100μmFI hiPSC NPCはNPCマーカーであるネスチン(緑色)およびニューロンマーカーIII -チューブリン(赤)(F)を含む前脳の神経幹細胞および神経前駆細胞マーカーの数、陽性である。なく、中脳マーカーLmx1aの(緑)及びFOXA2(赤)(I)と、前脳前駆細胞マーカーTBR2(赤)(H);神経幹細胞の転写はSOX2(緑)、PAX6(赤)(G)の係数。 DAPI染色された核(青)。100X、スケールバーは100μm。J。NPCには(70から80までパーセントIIIチューブリン陽性ニューロン(緑)、20から30パーセントグリア線維性酸性タンパク質にGFAを区別することができますP)陽性星状細胞(赤)。 200X、スケールバーは100μm。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2

図2.検証NPCラインズ。高品質(左上)hiPSCのNPCはネスチン(赤)とSOX2(緑)を発現する。ほとんどの細胞(核はDAPI(青)で染色した)で、低品質のに対し、(左下)NPCはSOX2陰性およびネスチン陰性細胞(右)のパッチを持っている。高品質のNPCから分化した4週齢のニューロンはMAP2AB(緑)、III-チューブリン(赤)(右上)を発現するが、低品質のNPCから分化したものが(右下)しない。 100X、スケールバーは100μm。 で拡大表示するには、ここをクリックしてくださいVEこの図のrsion。

図3

NPCは。明(上) の図3.ウイルス導入およびGFP蛍光(下)前(左)と、ウイルスspinfection後のhiPSCのNPCの画像。 100X、スケールバーは100μm。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図4

図4.ニューロスフェア形成。接着性のNPC(左)と新たに形成されたニューロスフェア(右)の明視野像。 100X、スケールバーは100μm。 LARを見るにはこちらをクリックしてくださいこの図のGER版。

図5

5.ニューロスフェアの移行図。 AB。明の前にニューロスフェアの画像(A)と(b) 後マトリゲルでの移行の48時間。 100X、スケールバーは100μm。CG。画面キャプチャ画像NIH ImageJソフトウェアを使用して放射状の神経移行を分析するための方法論を実証する。 ImageJのツールバーの「フリーハンドの選択」(C)をクリックします。ニューロスフェア(D)の周りに遠い移動した細胞のエッジをトレースします。 領域が設定測定窓 (E)にチェックされていることを確認してください。 測定機能 (Ctrlキー+ M)(F)を使用します。 (元のニューロスフェア(G)のエッジをトレースし、 測定機能を使用Ctrlキー+ M)。測定は、分析のためにExcelにエクスポートすることができます。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

メディア コンポーネント
HESメディア DMEM / F12(Life Technologies社#11330)
20%のKO-血清代替(ライフテクノロジーズ#10828)
1Xグルタマックス(ライフ·テクノロジーズ#35050)
1X NEAA(ライフ·テクノロジーズ#11140)
1X 2-メルカプトエタノール(55ミリメートルの1000倍)(ライフテクノロジーズ#21985から023)
を20ng / mlのFGF2(ライフテクノロジーズ13256から029)
N2 / B27メディア DMEM / F12(Life Technologies社#10565)
1X N2(ライフ·テクノロジーズ#17502から048)
1X B27-RA(ライフ·テクノロジーズ#12587から010)
NPCメディア DMEM / F12(Life Technologies社#10565)
1X N2(ライフ·テクノロジーズ#17502から048)
1X B27-RA(ライフ·テクノロジーズ#12587から010)
20ng / mlのFGF2(Life Technologies)を
1 mg / mlのナチュラルマウスラミニン(ライフ·テクノロジーズ#23017から015)
ニューロンメディア DMEM / F12(Life Technologies社#10565)
1X N2(ライフ·テクノロジーズ#17502から048)
1X B27-RA(ライフ·テクノロジーズ#12587から010)
1 mg / mlの天然マウスラミニン(Life Technologies)を
20ng / mlのBDNF(Peprotech社の#450-02)
20ng / mlのGDNF(Peptrotech#450から10)
500 / mlのジブチリルサイクリックAMP(シグマ#のD0627)
200 nMのL-アスコルビン酸(シグマ社#A0278)

表1.メディアのレシピ。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

我々は、NPCのにhiPSCsを区別することによりメソッド、hiPSC由来の神経細胞の遺伝子特性のかなりの部分が保存された神経細胞の種類を記載しており、それは、潜在的に疾患の病因8に貢献発達経路のためのプロキシとして機能することができる11。私たちは詳細なてきたようにさらに、NPCは確実に複製し、簡単に私たちが病気の素因の分子および生化学的研究のために適切であり得ると信じて神経細胞集団を、形質導入されている。

我々は、前脳、パターン化されたNPCを区別し、培養する方法を詳述してきたが、それらは容易に他の細胞運命にパターニングのNPCを生成するように適合させることができる。フローティングEBを最初に0.5mg / mLのDKK1、10mMのSB431542、0.5 mg / mlのノギン及び1mMのシクロパミンで処理する場合は、海馬のNPCはNPC培地中で拡大し、20 ngのを補充し、ニューロン培地中で分化させることができるが生成される/ mlのWNT3A 7 12,23。ほとんどのサブタイプ特異神経分化プロトコルがネスチン及びSOX2、高い正の中間体を介して進行することを考えると、私たちは同じような方法がGABAergic- 2,24のために適合可能と3,25,26特定のNPC集団をglutamatergic-ことを予測する。

注目すべきプロトコル内のいくつかの重要なステップがあります。過剰発現または内因性の遺伝子発現をノックダウン、それは記者が可変サイズのベクターから発現されたときに我々は、蛍光の大幅な違いを観察しているように、同じウイルスのバックボーンからの蛍光タンパク質を発現する対照ベクターを使用するのが最適である場合にはまず、(による減少したパッケージング効率にベクトルの大きさを有する)または差分プロモーター(プロモーターの効率の違いに起因する)を有する。第二に、私たちは密な神経球構造にウイルスベクターの貧弱な浸透度を観察しているように、形成の神経球の前にウイルス導入を完了することをお勧めします。第三に、流路10を超えてのNPCが増加の通過数として、私たちはしばしばロスフェアアッセイにおいて実質的に損なわれ、移行を観察します。実際には、通路とアストロサイトの大きな割合を得たNPCの傾向を考えると、それは各実験においてNPC線の通路と一致することが重要である。

最後に、説明される技法の生物学的および技術的な制限を考慮することが重要である。 NPCには、目で形態学的に類似しているように見えるが、それらは、グルタミン酸とGABA作動性ニューロンの両方を生成することが可能な細胞で構成される不均質な集団である。我々は、このメトを使用して個人間のNPCラインの著しく一貫性のある前脳のパターニングを観察しながら、d 1は 、この場合にのみ、完全に検証され、高品質のNPCの行を比較する-良い品質の低いNPC線との間に実質的な違いがある。さらに、ウイルス形質導入利回り遺伝的に異種の細胞、ユニークなゲノム位置でのウイルスベクターの統合それぞれ。したがって、個々の細胞が両方のゲノム組込み部位の位置および数が変化することになる。遺伝子操作は、それが、ジンクフィンガー、TALENまたはCRISPRベースの戦略によって発生するかどうかを、正確かつ定義された位置をターゲットにされたときに、遺伝子発現のより一貫性の変化は常に発生します。

患者hiPSC導出のNPCは、神経疾患において生じる全体的な遺伝子発現の摂動と健康なまたは疾患患者由来の神経細胞のいずれかとの関連において候補遺伝子またはマイクロRNAを操作する分子および/または細胞性の両方の効果を研究するために使用することができる。このようにしての結果は、一つ以上のキーを操作するリスク対立遺伝子(単数または複数)は、多様な遺伝的背景との関連で特徴付けることができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
DMEM/F12 Life Technologies #11330 for HES media
DMEM/F12 Life Technologies #10565 for neural media
KO-Serum Replacement Life Technologies #10828 Needs to be lot tested
Glutamax Life Technologies #35050
NEAA Life Technologies  #11140
N2 Life Technologies  #17502-048 Needs to be lot tested
B27-RA Life Technologies  #12587-010 Needs to be lot tested
FGF2 Life Technologies #13256-029 Resuspend in PBS + 1% BSA
LDN193189 Stemgent #04-0074
SB431542 Stemgent #04-0010
BDNF Peprotech #450-02 Resuspend in PBS + 0.1% BSA
GDNF  Peprotech  #450-10 Resuspend in PBS + 0.1% BSA
Dibutyryl cyclic-AMP Sigma  #D0627 Resuspend in PBS + 0.1% BSA
L-ascorbic acid Sigma #A0278 Resuspend in H20
STEMdiff Neural Rosette Selection Reagent Stemcell Technologies  #05832
Accutase Innovative Cell Technologies AT-104
Collagenase IV Life Technologies #17104019
CF1 mEFs Millipore #PMEF-CF
Poly-L-Ornithine Sigma P3655
Laminin, Natural Mouse 1 mg Life Technologies #23017-015
BD Matrigel BD #354230 Resuspend on ice in cold DMEM at 10 mg/ml, use 1 mg per two 6-well plate equivalent
Tissue culture treated 6-well plates Corning 3506
Ultra low attachment 6-well plates Corning 3471
goat anti-Sox2  Santa Cruz sc­17320 use at 1:200
mouse anti-human Nestin Millipore MAB5326 use at 1:200
rabbit anti-βIII-tubulin Covance PRB­435P use at 1:500
mouse anti-βIII-tubulin Covance MMS­435P use at 1:500
mouse anti-MAP2AB Sigma M1406 use at 1:200
Plate centrifuge Beckman Coulter Beckman Coulter Allegra X-14 (with SX4750 plate carrier)

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Brennand, K., et al. Phenotypic differences in hiPSC NPCs derived from patients with schizophrenia. Mol Psychiatry. (2014).
  2. Nicholas, C. R., et al. Functional maturation of hPSC-derived forebrain interneurons requires an extended timeline and mimics human neural development. Cell Stem Cell. 12, 573-586 (2013).
  3. Mariani, J., et al. Modeling human cortical development in vitro using induced pluripotent stem cells. Proc Natl Acad Sci U S A. 109, 12770-12775 (2012).
  4. Hashimoto-Torii, K., et al. Roles of heat shock factor 1 in neuronal response to fetal environmental risks and its relevance to brain disorders. Neuron. 82, 560-572 (2014).
  5. Robicsek, O., et al. Abnormal neuronal differentiation and mitochondrial dysfunction in hair follicle-derived induced pluripotent stem cells of schizophrenia patients. Mol Psychiatry. 18, (10), 1067-1076 (2013).
  6. Paulsen, B. D., et al. Altered oxygen metabolism associated to neurogenesis of induced pluripotent stem cells derived from a schizophrenic patient. Cell Transplant. 21, (7), 1547-1559 (2012).
  7. Yu, D. X., et al. Modeling hippocampal neurogenesis using human pluripotent stem cells. Stem Cell Reports. 2, 295-310 (2014).
  8. Brennand, K. J., et al. Modelling schizophrenia using human induced pluripotent stem cells. Nature. 473, (7346), 221-225 (2011).
  9. Wen, Z., et al. Synaptic dysregulation in a human iPS cell model of mental disorders. Nature. (2014).
  10. Zhang, L., Song, X., Mohri, Y., Qiao, L. Role pf Inflammation and Tumor Microenvironment in the Development of Gastrointestinal Cancers: What Induced Pluripotent Stem Cells Can Do. Current stem cell research & therapy. (2014).
  11. An, M. C., et al. Genetic Correction of Huntington's Disease Phenotypes in Induced Pluripotent Stem Cells. Cell Stem Cell. 11, (2), 253-263 (2012).
  12. Chambers, S. M., et al. Highly efficient neural conversion of human ES and iPS cells by dual inhibition of SMAD signaling. Nat Biotechnol. 27, 275-280 (2009).
  13. Pankratz, M. T., et al. Directed neural differentiation of human embryonic stem cells via an obligated primitive anterior stage. Stem Cells. 25, 1511-1520 (2007).
  14. Marchetto, M. C., et al. A model for neural development and treatment of rett syndrome using human induced pluripotent stem cells. Cell. 143, 527-539 (2010).
  15. Sareen, D., et al. Chromosome 7 and 19 trisomy in cultured human neural progenitor cells. PLoS One. 4, e7630 (2009).
  16. Thomson, J. A., et al. Embryonic stem cell lines derived from human blastocysts. Science. 282, 1145-1147 (1998).
  17. Cowan, C. A., et al. Derivation of embryonic stem-cell lines from human blastocysts. N Engl J Med. 350, 1353-1356 (2004).
  18. Ludwig, T. E., et al. Derivation of human embryonic stem cells in defined conditions. Nat Biotechnol. 24, 185-187 (2006).
  19. Coufal, N. G., et al. L1 retrotransposition in human neural progenitor cells. Nature. 460, 1127-1131 (2009).
  20. Xia, G., et al. Generation of human-induced pluripotent stem cells to model spinocerebellar ataxia type 2 in vitro. Journal of molecular neuroscience : MN. 51, 237-248 (2013).
  21. Aasen, T., et al. Efficient and rapid generation of induced pluripotent stem cells from human keratinocytes. Nat Biotechnol. 26, 1276-1284 (2008).
  22. Delaloy, C., et al. MicroRNA-9 coordinates proliferation and migration of human embryonic stem cell-derived neural progenitors. Cell Stem Cell. 6, 323-335 (2010).
  23. Kriks, S., et al. Dopamine neurons derived from human ES cells efficiently engraft in animal models of Parkinson's disease. Nature. 480, 547-551 (2011).
  24. Maroof, A. M., et al. Directed differentiation and functional maturation of cortical interneurons from human embryonic stem cells. Cell Stem Cell. 12, 559-572 (2013).
  25. Shi, Y., Kirwan, P., Smith, J., Robinson, H. P., Livesey, F. J. Human cerebral cortex development from pluripotent stem cells to functional excitatory synapses. Nat Neurosci. 15, 477-486 (2012).
  26. Espuny-Camacho, I., et al. Pyramidal neurons derived from human pluripotent stem cells integrate efficiently into mouse brain circuits in vivo. Neuron. 77, 440-456 (2013).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics