共焦点検眼鏡イメージングとマウス緑内障における細胞の形態計測:神経変性中に網膜ミクログリアの活性化のインビボダイナミクス

1Department of Neurobiology & Anatomy, University of Utah, 2Department of Ophthalmology & Visual Sciences, University of Utah
Published 5/11/2015
0 Comments
  CITE THIS  SHARE 
Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





By clicking "Submit", you agree to our policies.

 

Summary

ミクログリアの活性化および小膠は、慢性神経変性に重要な応答です。ここでは、in vivoで 、共焦点検眼鏡による網膜CX3CR1-GFP +ミクログリア細胞の長期的な可視化のための方法を提示し、閾値と形態計測のために識別し、それらの活性化を定量化するために分析します。我々は、年齢関連の緑内障の早期の段階でミクログリアの変化を監視します。

Cite this Article

Copy Citation

Bosco, A., Romero, C. O., Ambati, B. K., Vetter, M. L. In Vivo Dynamics of Retinal Microglial Activation During Neurodegeneration: Confocal Ophthalmoscopic Imaging and Cell Morphometry in Mouse Glaucoma. J. Vis. Exp. (99), e52731, doi:10.3791/52731 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

CNS常駐神経免疫細胞であるミクログリアは、異なる機能や遺伝子発現プロファイルを用いて活性化状態に切り替え、CNS損傷に応答してその形態と大きさを変換します。健康、傷害および疾患におけるミクログリアの活性化の役割が不完全に、それらの微小環境の変化に応じて、そのダイナミックで複雑な規制に理解されたままです。これにより、非侵襲的にモニターするために重要であり、無傷の生物の経時ミクログリアの活性化の変化を分析します。ミクログリアの活性化のインビボ研究では、CNS環境を変えることなく、ミクログリアの行動を追跡することに技術的な限界により遅延されています。これは長期的な変化を追跡する必要があり、慢性神経変性、中に特に困難でした。網膜、非侵襲的なライブイメージングの影響を受けやすいCNS器官は、慢性障害時にミクログリアの活性化の動態を可視化し、特徴づけるための強力なシステムを提供しています。

、in vivoイメージング、携帯解像度でミクログリアを可視化するために、共焦点検眼鏡(cSLO)とCX3CR1 GFP / +レポーターマウスを使用する方法の概要を説明します。また、我々は大規模な細胞サブセットでの細胞の活性化および密度の月次変化(網膜あたり200〜300細胞)を定量化するための方法を記載しています。我々は、in vivoでの画像の自動化されたしきい値ベースの形態学的分析を適用することにより、網膜における小グリア細胞活性化のライブ追跡するのに有用な測定基準としてソマリ族領域の使用を確認します。我々は、これらのライブ画像の取得を使用して、慢性緑内障のマウスモデルにおける網膜神経変性の初期段階ミクログリア活性化および小膠細胞の動的変化を監視するための戦略を分析します。このアプローチは、網膜や視神経に影響を与える慢性CNS障害におけるニューロンおよび軸索の減少にミクログリアの貢献を調査するのに有用であるべきです。

Introduction

ミクログリアはもっぱら初期胚発生以来と成人期を通じて、中枢神経系(CNS)に存在する神経免疫細胞です。受容体の複雑なレパートリーを搭載し、ミクログリア活性および地域の異質性は、隣接するニューロン、グリア、血液脳関門および神経炎症細胞1,2浸潤との双方向の相互作用によって調節されています。基礎ミクログリア関数は、ホメオスタシス3,4における摂動のために自国の領土をサンプルとして、生理的なメンテナンスや修理に貢献しています。 CNS傷害または病気の間に、ミクログリアは、その後、反応性の表現型への移行を誘発する神経信号に第一応答者であり、「ミクログリア2,5-7活性と呼ばれます。ミクログリアの活性化は、細胞体およびプロセスのサイズ変更に結合され、6-9の改造された遺伝子およびタンパク質発現の複雑なサイクルを伴います。ミクログリアの活性化、ならびに細胞の再分配とクラスタリングは、セルの数(と呼ばれる小膠)の局所的な全体的な増加を伴うことができます。これは、細胞増殖および自己再生から、または血液由来の単球の動員3,4,7,10-14ことなくもたらすことができます。年齢依存、慢性CNS疾患の広い範囲に、小膠細胞およびミクログリアの活性化、並列疾患進行15-19を持続。どのようにミクログリア衝撃神経変性は、彼らは、疾患の発症および進行に多様な貢献を有することができ、両方の神経保護および有害な役割を果たしている主な理由は、不明のままです。慢性CNS疾患を理解することを目的としたライブイメージング研究は、動物モデルおよびヒトの損傷したCNSにおける小膠細胞の挙動を監視し、ミクログリアの変化は疾患の初期段階で検出15-17,19,20始まりであることを実証しました。従って、 インビボでのミクログリアの活性化を検出し、監視するためのアプローチを開発することが重要です。

非侵襲的DETE脳のミクログリアの活性化の地域変化のctionは、分子イメージングまたは生物発光と陽電子放射断層撮影法または磁気共鳴画像18,21,22を用いて、神経変性疾患の進行のインビボ指標重要なものとして設立されました。これらの高度に定量的および非侵襲的な分子と核イメージング法は、地域の分解能で神経膠症を検出します。あるいは、CX3CR1 GFP / +マウスにおける二光子共焦点イメージングは、細胞解像度3,4,9,20,23-28で脳のミクログリアの観察を可能にしました。しかし、この方法は、さらに低侵襲的脳イメージング手順29によってその動作を妨害する潜在的なリスクを考慮すると、長期的な慢性のミクログリアの変化の繰り返し観察を制限します。あるいは、網膜は、急性損傷後の、 生体内可視化と高齢化を通じて、その無傷のCNS ​​のニッチにおけるミクログリアの繰り返しモニタリング 、直接に最適な条件を提供し、潜在的に慢性神経変性疾患中。したがって、最近の研究では、画像に共焦点走査型レーザー検眼鏡(cSLO)ライブCX3CR1 GFP / +マウスを適合させることにより、GFPを発現する網膜ミクログリアの高分解能イメージングの可能性を証明しています。これは、誘導された急性傷害または高眼圧症30-36以下の最大10週間、個々のマウスにおけるGFP +細胞数の毎週の変化を追跡するために使用されています。

我々は、数ヶ月にわたって長期撮影を行い、定量的形態計測分析を用いて、細胞体の大きさに基づいて、ミクログリアの活性化の変化を追跡するために、このアプローチを拡張しました。ソマリ族サイズがCX3CR1-GFP +ミクログリア9インビボイメージング実行するために、皮質切片における二光子共焦点顕微鏡を使用してライブイメージング研究におけるミクログリア活性化の有用な基準として定義しました。これらおよび他の研究はまた、WH、ソマリ族サイズとIBA1タンパク質発現のレベルの間の相関関係を示しましたICHはまた、活性化9,37とともに増加します。したがって、活性化ミクログリアは、生きたマウスにおいて同定することができ、それらの数および分布は、中枢神経系の健康と病気の間に経時的にモニター。

このプロトコルは、cSLOライブ画像の取得と分析のための方法は、ミクログリア細胞数、網膜神経節細胞(RGC)の変性( 図1)の間に分布し、形態学的な活性化を監視することについて説明します。このように、本 ​​研究では使用しています。年齢依存性視神経と網膜神経変性を受け、年齢38,39の5と10ヶ月の間、疾患の進行の著しい変動を示し、継承緑内障(DBA / 2J)の1)マウスモデルを、2)毎月細胞細胞体と測定を分離するヘテロ接合CX3CR1 GFP / + DBA / 2Jマウスの網膜および無髄視神経におけるGFP +細胞の長期的な可視化高齢者3-5ヶ月のcSLO in vivoイメージング、セグメンテーションと閾値による3)ライブイメージング解析ザIR領域。これらの戦略は、慢性緑内障の初期段階網膜ミクログリアの活性化状態の動態を評価するために適用されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

in vivoイメージングではユタ大学の施設内動物管理使用委員会によって承認されたプロトコルを使用して病原体を含まない施設で行われています。
注:このイメージングプロトコルは、網膜ミクログリアおよび浸潤単球/マクロファージは、フラクタルカイン受容体遺伝子座(CX3CR1)の制御下で緑色蛍光タンパク質(GFP)を発現するレポーターマウスのために使用されます。

走査型共焦点レーザー眼底検査により網膜のGFP +ミクログリアのin vivoイメージング 1.(cSLO)

  1. 手順の間に35〜37ºCの間のマウスの温度を安定させるために設定し、水制御された加熱システム、電源を入れ、2つの加熱パッドを接続します。
    1. 共焦点走査型レーザー検眼鏡(cSLO)システム( 図2A)を起動します。 cSLOプログラムを開き、個々のマウスを識別し、2ミリメートル(患者データ]メニュー)の角膜曲率を設定します情報を入力します。
  2. IMAの準備エージング。しっかりとそのソケットのクリーン55º広視野の対物レンズを取り付けます。きれいな紙で覆われた加熱パッドを固定することにより、検眼鏡の撮影台を準備します。パッドや紙を平らにし、対物レンズの移動を阻止するからそれらを保つためにクリップを使用してください。
  3. 1.3%2,2,2-トリブロモエタノールおよび0.8%tert-アミルアルコールの腹腔内注射によりマウスを麻酔(250 mg / kg体重; 0.5ミリリットル/ 25グラム体重)を1mlの使い捨てに装着30½G針を使用して注射器。そのケージにマウスを返し、加熱パッド上に保持。
    注:吸入対注射による麻酔薬の送達はノーズコーンとチューブの自由、イメージングや目に遮るもののないアクセスのためのマウスの容易な位置決めを可能にします。
  4. 動物が移動を停止し、尾のピンチに反応しないすると、発生しやすい動物を配置し、7分間滴で両眼を覆うことにより、トロピカミドおよびフェニレフリン(0.5%ずつ)で瞳孔拡張を誘導します。
  5. 5分、pの後の検眼鏡プラットフォームの中心になりやすいマウスをレースし、最小限の圧力をかけ、両眼の上にコンタクトレンズを装着します。
    注:鉗子、代わりに40を使用することができるが、コンタクトレンズは、小型で壊れやすいが、慎重に指で取り扱うことができます。コンタクトレンズの使用は任意であるが、それは目の乾燥を最小限に抑え、撮像中に角膜の透明性を保持するようお勧めします。
  6. 7分後、プラットフォーム( 図2B)のエッジ付近の気ままな動物を維持し、対物レンズと、対物レンズへの軌道と平行に向かって右目でマウスを向けます。同程度の飽和と向きの画像を収集するために、常に対物レンズに目からの距離だけでなく、イメージングセッション全体に光路に目の位置合わせを維持。目の観察を妨害する長いウィスカをクリップ。
    注:次の8-10分のために、マウスを移動したり、点滅、および穏やかな動きとなります息ませんコントラストの高い眼底ランドマークに基づいて、走査ヘッドの位置を調整cSLOアイトラッキング技術(自動リアルタイム)モードによって追跡されメント、。その時間を過ぎて、マウスは、イメージングが実用的でない、喘ぐと点滅し始め。
  7. イメージングは​​、コンタクトレンズを使用せずに行った場合、PBSを両眼に乾燥するのを防ぐために、すべての2~3分を廃棄適用します。
  8. 網膜血管系および視神経乳頭の眼底画像を収集し、内側の網膜に焦点を当てました。
    1. 赤外線モード(IR)を選択し、820 nm励起、100%のレーザーパワー、40〜60%の感度( 図2C)に設定を調整します。
    2. 高速モード(12.6フレーム/秒)での作業、検眼鏡を駆動するために、ジョイスティックを使用して、目を探します。低倍率では、傷害や不透明性のため、角膜とレンズを検査し、網膜( 図3A)イメージング影響する欠陥や損傷と研究の目から除外する。
    3. 視神経乳頭領域(の表面の位置を確認します近い目に目的を持って来ることにより、視神経乳頭、ONH)は、その上に画像を中心とジョイスティックをねじ込むことにより、この位置をロックします。検眼鏡の目のこ​​の位置合わせは、さらに、画像全体に焦点を当てると発光を得るための鍵となります。
    4. 出土光学系を示す目に基準焦点面(59,60 D)、または深い(55 D)のような網膜の硝子体表面上に位置し、主要な血管を使用して、ONHと同様に、網膜の内側の面を視覚化ディスク。最適な焦点は明らかに異なる彼らの内腔と壁と、主要な血管内の血液の循環細胞解決する必要があります。
    5. 均一な照明の白ハロ(わずかな露出オーバーを使用して)視神経乳頭の周り55º眼底フィールドのほとんどに及ぶまで、タッチスクリーンコントロールパネルのダイヤルを調整することにより、画像の鮮やかさを最適化します。次に、主要な血管に沿って移動する血​​液細胞が明確に解決することができるまで、コントラストを最適化するために彩度を下げます。焦点暗い場合領域は、網膜の損傷によるものではない永続化、均一に明るい画像が得られるまで、カメラに目を再調整します。この調整は、位置、品質の画像の再現性のあるセットをキャプチャするために基本的です。
    6. 信号対雑音比を改善するために、;(正規化された4.7フレーム/秒)( 図2Dリアルタイムに30フレームを平均化する、中心網膜(年齢に応じて、直径1.4〜1.7ミリメートル)の高解像度のIR画像を集め)。
  9. すぐに、GFP +ミクログリアおよび/または網膜およびONHの内側面に局在浸潤単球の蛍光画像を取得。
    注:網膜のIR眼底画像の最適化は、GFP +細胞の蛍光画像の分解能を決定するだけでなく、内側の網膜の範囲がスパン。血管系の不十分な分解能で検出することができる網膜の内側の面に焦点を当てるに失敗すると、淡色表示GFP +細胞のビュー( 図3B)になります。 IRサトゥを調整に失敗比が正しくかつ均一にGFP +細胞の強度とサイズ( 図3C)での人為的変化を導入し、蛍光画像(FA)に影響を与えます。
    1. 維持されている青色、488nmレーザー励起(460から490 nmのバリアフィルタセット)を使用してタッチスクリーンパネルの蛍光撮影モード(FA)と、取得設定(100%レーザー出力および100から125までパーセント感度)に切替スイッチすべてのマウス( 図2E)のための定数です。
    2. 単一のxy点、網膜の二次元蛍光画像を収集し、すぐに同一の位置に眼底画像を取り込む(100倍のスキャン平均;両方のイメージのために55º走査角; 図2F)。
    3. コントロールパネル( 図2G)に「コンポジット」を選択し、検眼鏡の左右の移動、鼻、時間軸( 図2H)を横切って網膜をパンニングによりマルチ画像をキャプチャします。
      注:単一のXY点画像をスキャンした後(100×S同じと新しい分野の)、ソフトウェアは自動的に平均化する新しいスキャン(スキャンが実行不可能である場合に最適なスキャン中に緑色の円に外接する、または赤)を平均化し、リアルタイムですべてのxy位置をステッチすることができます。得られた合成画像は、縦軸(55ºX120-124º走査角度)の横軸のx 3〜4ミリメートルで1.5〜1.7ミリメートルに及びます。
  10. 点滅動きを再起動する前に、麻酔を誘導した後、15分以内に各マウスの完全なイメージング。
  11. PBSでコンタクトレンズ、水和物の目を削除し、運動性の完全回復までの動作を確認し、その温めケージに動物を返します。
  12. 同じ個体のマウスで断続的cSLOイメージングセッションを使用して長期的な研究のために、麻酔の累積毒性、ならびに角膜の刺激を避けるために劣らず3日以上離れて撮影する繰り返します。

2.ライブ画像処理と解析

  1. シーケンシャルイメージの位置:
    1. 整列しますランドマークとしての血管系および視神経乳頭を使用して、同じ目の時系列のための眼底画像。そのまでのトップ画像を回転させ、その後、それらの光学ディスクがXY-平面上に整列するまで(ドラッグされている間、トップの画像が半透明表示されます)前の1つの上に、各画像をドラッグして、商業スライドショープレゼンテーションプログラムですべての画像を開きます。主要な血管が(視神経円板から最も遠い船に焦点を当て)下の画像上の血管系と重なります。各画像の回転角度を記録し、今後の参考のため、この時系列を保存し、マウスと目のアイデンティティを追跡します。
    2. ラスターグラフィックエディタプログラムを使用して、各時点でのXY回転を修正するために記録された角度を適用することによって、単一のXY点蛍光画像の対応する一連の位置を合わせ。さらに、300(リスケーリングなし)解像度と背景に解像度を調整(RGBモード、選択レベルで、黒などの血管の内腔をサンプリング)。これらの画像を保存しますTIFファイルとして、その名前に「整列」を追加します。
  2. ミクログリア細胞のセグメンテーション:
    1. 最も早い時点/時代に対応する「整列」TIFファイルFluoRenderで開いて、中心網膜におけるGFP +細胞を同定します。画面に合わせて画像をズームし、目に見える(非表示のように、両方のRGチャンネルを選択して、レンダービュー(コンポジット、直交、補間)とそのプロパティ(0.58ガンマ、255飽和点、255輝度、195アルファ1.00シェーディング)を定義ダブルクリックワークスペースフレームでそれをすることによってBチャネル; 図4A)。
    2. 細胞の大部分がマスクされるまで、高閾値を一定に保ちながら、最小の重なりや細胞プロセスと(白)(シアン)低閾値を増加させることにより、赤チャネルに(ワークスペースフレームで強調表示されなければならない)、個々の細胞、しきい値を選択するには(255)。低いしきい値は、蛍光強度( 図4B <によっては、100と170の間で変化します/強いです>)。
    3. 元の名前( 図4C)に「cellsegm」を追加し、新しいTIFファイルとして見える赤チャンネルのみ(キャプチャコマンド)と、このビューを保存します。一般的なラスタグラフィックエディタソフトウェアを使用して、そのグレースケールが反転し、上記のように300 dpiのに解像度を調整し、RGB( 図4D)として再度保存します。
      注:自動的にFluoRenderによって作成されたフォルダ(プロジェクト)を削除して、今後の参考のために適用されたしきい値を保存します。
  3. ミクログリア細胞体のセグメント化と形態計測:
    1. エリア定量化のために、GFP +細胞の細胞体を同定するために、自動化された強度測定値としきい値機能だけでなく、しきい値ベースのオブジェクトのカウントと測定と画像解析ソフトウェアを使用しています。 「cellsegm「TIFファイルを開き、再スケーリング法(スプライン)と赤のチャンネルを選択します(RGBの赤いタブをクリックします)。 「色のビューチャンネル」を選択解除して可視化を向上させる(赤RGを右クリックし、Bタブ)と、「色を補完」を選択する(画像/グレースケールを反転し、白の背景( 図4E)ブラックオーバー/グレーのセルを参照するように)画像を調整します。
    2. 画像全体(校正、クイックキャリブレーション)を横切って水平線を描くことによって、年齢に応じて1.4〜1.7ミリメートルにイメージを調整します。
    3. 強度閾値( 図4B)を適用することにより、セグメント個々の細胞細胞体。このため、赤のRGBチャンネルの仕事とは、閾値強度機能を開きます(オブジェクト数、「カウント更新」コマンドを選択)は、個々の細胞体を表す関心(ROI)の各閾値領域を二次元のパラメータを追跡するために。
    4. 255レベルの最も低い50〜60%を選択し、目視で閾値カラーマスク(青)、および細胞体の周辺部(グレー)との間の重なりを評価することによって、最終的な閾値を精製して、輝度ヒストグラムにおいて強度閾値を定義します個々の細胞(Figure 4E)。
    5. 10細胞における分割前後の面積を測定することにより、ソマ​​リ族の寸法を表し、測定は(バイナリツールバーと注釈測定値を使用)10%未満で異なる場合に選択された閾値範囲を受け入れるように細胞体マスクの精度を推定します。
    6. 手動で複数のセルを含み、直接細胞( 図4F)を可視化するためのバイナリのオン/オフを切り替えることながら、これらの要素は、(バイナリツールバーコントロール、またはオブジェクトカタログを使用して除去するか、別個のROI)を分離ソマリ族の関心領域を特定します。
    7. 活性化ミクログリアに対応するセルの細胞体を区別するために50〜60ミクロン2より大きく、小さいソマリ族の領域でのROIとしてミクログリア細胞を分類し、エリア制限を使用することにより、それぞれミクログリアを非アクティブ化。
      注:各セルのソマリ族のサブセットが異なる疑似カラーバイナリ層で識別され、さらに他の形態学的パラメータについて特徴付けることができる(perimeター、真円度 )、並びに個別の網膜セクタ( 図4G)内で定量しました。 ND2ファイルとして解析した画像を保存します。
    8. プロセスを確認し、個々の活性化ミクログリア細胞が複雑に分岐、ソマリ族マスク、単一のxy -点の画像を重ね合わせることによって(コントラストが50%増加した。 図4H)。手動で直接細胞体から伸びる過程を数えるか、アーバー(バイナリツールバーと注釈測定値を使用)を包含する多角形の直径を測定します。
      注:活性化された細胞は、プロセスを欠いているか、分岐し、大規模なアーバー(> 3-10xソマリ族の直径)を含む非活性化細胞プロセスとは対照的に、いくつかの(<4)とショート(<2倍のソマリ族の直径)のものを負担する、比較的周囲小さなソーマ。
    9. 手動したがってinで検出されない検出限界以下に細胞体よりも小さい<20μmの2および/ ​​またはGFP発現を有する細胞を同定tensityのしきい値。手動で識別された要素をカウントするために注釈に分類コマンドを使用します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

我々の最近のin vivoでの研究は、59後期神経変性に慢性緑内障およびそれらの関係の初期段階ONHおよび網膜ミクログリアの変化の速度とパターンを視覚化し、追跡するために、これらのライブ画像の取得及び分析方法を使用していました。ここでは、個々の若いヘテロ接合CX3CR1-GFPのDBA / 2J網膜における網膜中心( 図5)の大領域にわたってミクログリア細胞を可視化するためにcSLO画像取得プロトコルを示しています。高い細胞決議に基づき、当社は、ライブ画像閾値を適用し、形態学的には、個々のGFP +細胞と細胞体( 図6)の自動セグメント化を可能にする分析します。

慢性緑内障のこのモデルでは、検出可能な神経変性の前に年齢で地元の小神経膠細胞および/またはミクログリア活性化の開発を監視するために、我々は個々の若いヘテロ接合Cxの中の総ミクログリア細胞密度の毎月の変動を測定しました3CR1-GFPのDBA / 2J網膜年齢( 図7A)の3~5ヶ月の間に(N = 10)。個々の目41-44における神経変性の可変進行と一致して、我々の分析は、各年齢での眼全体の網膜ミクログリアの活性化および小膠( 図7B)の可変レベルを明らかにし、個々の網膜内の総および活性化ミクログリアの密度の動的変化を検出し、 ( 図7C)。著しく、活性化ミクログリアの数は、全GFP +細胞密度の同時変更から切り離されています。これらのインビボの知見は、DBA / 2Jマウス45におけるミクログリアの変化の前のex vivoでの分析を確認します。したがって、網膜ミクログリア活性化のcSLOライブ検出および測定は、個々の眼の中に早期に疾患進行の指標としての役割を果たすことができ、潜在的に緑内障の発症のイベントを開始するに結合することができます。

"図1" 図1:ライブ画像の取得、処理および分析ワークフロー cSLOは、マウス内部の網膜の中心〜1.7ミリメートル2に局在するGFP +ミクログリア/周辺単球細胞の画像数百人に使用されました。蛍光画像(FA)は、同じマウスについて毎月取得し、基準となる網膜血管構造及び硝子体の表面の赤外線(IR)眼底画像を用いて整列させました。 GFP +細胞と細胞体の分割は、FA網膜像に強度閾値2つの別個のステップを適用した結果。バイナリ表現細胞細胞体の形態学的分析は、個々のソマリ族の領域の測定を可能にしました。活性化されたように50μmの2以上のソマリ族の領域でGFP +細胞が分類されました。総および活性化GFP +細胞の密度は、個々の網膜FA画像について測定し、アーバ拡張の検査および分岐の複雑さは、FA画像を直接観察することにより行いました。 図2
図2:cSLO Spectralisでライブ画像取得コントロール(A)開始のマニュアルタッ ​​チスクリーンパネルディスプレイ(B)cSLO ソフトウェア撮像窓、生きたマウスの頭部を示します。 (青色に点灯)は、赤外線イメージングのために選択された(C)の設定。 (D)リアルタイム取得(左パネル)および平均(右パネル)の間の網膜の眼底像。正規コマンドは、黒丸で示します。血管の間に光学軸索束(矢印)があるとして、視神経乳頭から放射動脈と静脈は、(括弧の間)表示されます。 (E)の設定は、単一のXYポイント内の蛍光イメージングのために選択しました。買収(平均)中(F)シングルポイント蛍光(FA、488 nm)で撮影。 T彼は小さい画像(左)は、個々のスキャンを示し、拡大画像(右)は、強度平均化の進行状況が表示されます。 (G)の設定は、マルチポイント(コンポジット)、蛍光画像を取得するための選択します。 (取得できない場合、または赤)ソフトウェアは、緑色の円で識別し、進行中のスキャンを示す(H)マルチ蛍光画像取得、。スケールバーは、〜5ミリメートル(B)または250ミクロン(DH)を表す。この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図3
図3:ミクログリア細胞の正しいcSLOイメージングを防ぐことができる主な眼の欠陥と結像誤差(A - C)眼の損傷や欠陥、ならびに画像取得エラーSは、網膜の最も内側の面に局在するGFP +細胞の信頼性の高いイメージングを防止することができる。(A)一部のグロスアイ欠陥は、角膜や水晶体混濁、または損傷を含むと視神経乳頭領域の深化眼底画像、中に容易に検出可能であるすべてがGFP +細胞の明確な撮影を防止します。 (血管の壁が内腔と区別できないとなる)の上または網膜(血管がかろうじて見える)の内面下のいずれかに着目する(B)は、神経線維および神経節細胞にある細胞からのGFPの蛍光発光の検出を低減します層。 (C)飽和レベルが誤ってまたは不均一不明瞭領域を有する、または画像(解像度を欠く細胞で)明るいが、過飽和の画像をもたらすことができる設定します。スケールバーは250μmで表す。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。


図4:ミクログリア細胞数とソマリ族領域のバイナリ閾値ベースの定量化(A - D)中心網膜内ミクログリアの代表シングルポイント蛍光画像のレンダリングされたビューとFluoRenderにおける細胞分割のステップ(A)ナビゲーションウィンドウ (上のパネル)。演色性(下のパネル)に対応します。セル分割ルーチン中に(B)同じ画像が、対応するしきい値の設定(下のパネル)で、RGBと見。閾値細胞は白画素で表され、シアン、それらのプロセスにオーバーレイされます。 (C)細胞分割後に得られた細胞のマスクのイメージ。 (D)さらに、画像処理のために反転グレースケール値を持つ前のマスク。 (E - H)ソマリ族の閾値と定量化のステップその前のセルの分割に基づいてセグメントのミクログリア細胞体への強度閾値の(E)を使用します。 RGB強度ヒストグラム(左)強度の低い50〜60%の範囲(127から153へ0)を直接選択することによって閾値を可能にします。このセグメント化は、個々のミクログリア細胞体(青)を隔離し、定量化のマスクを作成します。画像は、スプライン関数(右の楕円形)を使用して再スケーリングされます。 (F)個々のROI /細胞体(上のパネル)および手動分離または浸食のためのバイナリツール(右パネル)を使用して、重複のROIを修正するために使用されるROIのシルエット(オブジェクトカタログ、下のパネル)の自動しきい値ベースの測定。エリア制限により、個々のソマリ族の領域の(G)分類(上左パネル)。グリーンA(セグメント化された細胞体は50〜60ミクロン2よりも小さく、大きなROIのように分類され、細胞体の各クラスのバイナリ層は、異なる色の画素が割り当てられていますNDマゼンタ、それぞれ)。 (H)(増加コントラストの)元の画像のセグメント化された細胞体(緑)のオーバーレイは、個々の活性化細胞(左パネル)でプロセスの複雑さを直接観察するために使用されます。セルアーバーの拡大図。スケールバーは250μmで表す(AH)または50ミクロン(H、挿入図)。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図5
5:CX3CR1- GFP +ミクログリアの高解像度可視化/単球は、ライブ共焦点走査型レーザーイメージングによる内部マウス網膜に局在(A)シングルXY-点cSLO画像が中央内のGFP +細胞を示します 2ヶ月齢のDBA / 2Jマウスにおける網膜(左)。 ONH面積(円)を示す拡大図(右)、血管(線)が血管周囲ミクログリア/マクロファージ、および中心網膜をタイル実質ミクログリアが並びます。 (B)マルチ画像は、より広い網膜の領域(網膜の⅓)全体にミクログリアを可視化するために一点の直後に収集しました。 (C、D)細胞形態と複雑さの最適な観察 ​​のために反転グレースケールで示した同一の画像は、(最低限のコントラストと解像度のために調整します)。ソマリ族のサイズおよび形状は、ほとんどの細胞(左)で解決することができます。アーバー拡張とセル分岐は大きな細胞体(右、および3つの個々の細胞)で細胞内で解決することができます。 (E)の連続画像のxy -planeアライメントに使用血管系および視神経乳頭の赤外眼底像。スケールバーは250μmである(A、B及びE)、および25ミクロン(C、一番右)を表します。ES / ftp_upload / 52731 / 52731fig5highres.jpg「ターゲット= "_空白">この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図6
図6:ミクログリア細胞と細胞体のセグメンテーション(A)GFP +細胞がFluoRenderを使用して2Dでセグメンテーションによってレンダリング。 (B)細胞の細胞体に対応して、共焦点画像解析ソフトウェアを用いて閾値処理することによって検出しました。 (C)定量分析に適した細胞細胞体のバイナリマスク。地域によってセグメント化された細胞の細胞体の(D)の分類は、ミクログリア細胞(> 50〜60μmの2、マゼンタ)、および非活性化細胞(<50μm2で、緑)を有効化し弁別します。薄暗いと小細胞(<10〜20μmの2、黄色のアスタリスク)が(反転グレースケールで元の画像に手動で識別されますこの図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

図7
図7:若いDBA / 2J網膜におけるミクログリア細胞密度および活性化の縦トラッキング(A)生後3〜5ヶ月から取得した同じ眼のcSLO眼底およびFA画像を、ライブ。連続FA画像は、網膜の中央〜1.7ミリメートル2内に局在CX3CR1-GFP +細胞の合計数の経時変化を定量化するために使用しました。カウントは実質および血管周囲のミクログリアを含まれていますが、除外された細胞は、ONH(白丸で示す位置)にクラスタ化されました。 (B)前の年齢の網膜ミクログリア細胞密度および活性化の経時的分析DBA / 2J慢性緑内障における神経変性(N =年齢あたり10網膜)。全GFP +細胞の、中央網膜の1mm 2あたり、活性化ミクログリア細胞(ソマリ族面積> 50μmの2)の数。各データポイントは、単一の網膜を表し、それぞれの年齢のための手段は、水平線で表されています。 (C)全GFP +細胞の数の単一の網膜における活性化ミクログリア細胞の月間追跡。形態学的に活性化された細胞の密度で、よりダイナミックな変化と総および活性化細胞密度の平行であるが、定量的に異なる変化があります。スケールバーは250μmで(A)を示している。 この図の拡大版を表示するには、こちらをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

神経変性疾患の間の小グリア細胞の数および形態学的活性化のライブモニタリングは、細胞機能の詳細な視覚化を可能にする非侵襲性の画像化方法を使用する必要があります。撮影後、ミクログリア細胞は、ミクログリアの活性化のための読み出しとしてソマリ族のサイズおよび/またはプロセスの複雑さを評価するために、複数のしきい値工程の使用により、形態学的分析のために(セグメント化)を単離する必要があります。このプロトコルでは、我々はcSLOを使用して、ライブ画像の取得、および順次細胞と体細胞のセグメンテーションに基づいて、ミクログリアの活性化の定量分析のための方法を説明します。我々は、網膜の慢性神経変性疾患との関連で2ヶ月の間に網膜ミクログリアの活性化および小膠の動態を評価するために、これらの戦略を適用します。

レポーターマウスおよびミクログリア/末梢単球細胞型

フラクタルカイン受容体(CX3CR1)の制御下でGFPを発現するマウスの使用座46は、常駐ミクログリアの信頼性の高い同定を可能にする、堅牢なGFP発現は、in vivo可視30-32,34,36 顕著可能になります。ここでは、DBA / 2J遺伝的背景59にC57BL / 6.129P- CX3CR1 tm1Litt / Jマウス46を戻し交配することによって誘導されたDBA / 2Jマウスの亜株を、使用しています。病気やけがの際にCNSに侵入することができ、末梢単球およびマクロファージは、またGFPタグ15,46,47を発現します。

神経変性網膜におけるミクログリアのライブイメージング研究

cSLOを使用して、CX3CR1-GFP / +網膜細胞の我々のin vivoでの追跡には、最大10週間30-32,34,48急性傷害後の網膜のGFP +細胞数の変化を監視した以前の研究に基づいています。ここでは、慢性緑内障の早期進行の間の網膜の毎月cSLOイメージングにより、細胞の解像度でCX3CR1-GFP / +ミクログリア/周辺単球を可視化します。 Additionally、我々は個々の眼内および個人全体の活性化と総ミクログリア数の変化を監視するための十分な空間および時間分解能でサイズ変更や改造細胞を検出および定量化するために、ライブ画像自動しきい値ベースの分析を使用しています。

網膜におけるGFP +ミクログリアのcSLOイメージングの技術的な限界

単一のセッションで得られるマルチXY点画像( 図5)に対して単一の比較によって示されるように我々は、結像品質が一貫して再現可能であることが判明しました。しかし、一貫して再現性のGFP +細胞画像取得は、単一のセッションで、経時的に、批判的に眼底蛍光cSLOイメージングのための安定したパラメータの選択に依存しています。 cSLO目的に眼および視神経乳頭の位置合わせは、飽和レベルの均一性と関心49の焦点面に焦点を決定します。不正確および/または不均一なspecificati飽和レベルの上でGFP検出、自家蛍光の背景、およびセルと東屋解像度の人為的な変化を生成することができます。正しく神経線維および神経節細胞層に局在化ミクログリアに焦点を当てるためには、整列し、網膜血管に及びIR眼底イメージングによる硝子体表面での軸索の束に注力することが重要です。これはFAによりGFP +細胞の位置を特定する基準面を提供します。 FAへのIRからの切り替えに必要な必要なリフォーカスは、各実験のセッションにおいてわずかに異なる深さで、複数のFA画像(55-60 D)の買収によって案内することができます。これはまた、年齢、瞳孔拡張および病理学(視神経乳頭掘削)に起因する解剖学的な差を補償することができます。画像解像度とセル詳細は眼底全体に飽和レベルの最適な仕様と、カメラ49に対する眼の慎重な位置合わせに依存するので、画像シーケンスは、cと眼底IR画像を表示する必要があり、同じ目の時間にわたって取得しますonsistentと同等のフォーカス、照明、解像度および網膜フィールドスパン。マニュアル(網膜の1.5〜1.7ミリメートル2、N = 13網膜、経年3-5ヶ月)は、単一のセッションで取得された画像中の全GFP +細胞数のカウントは、細胞性の一貫性と再現性の定量化を確認した(3-4%の変動、データではありません示されています)。画像が閾値同様の強度の範囲に基づいて分析し、経時変化の比較を介したGFP +細胞分割のための従順であるためにはこれが必要です。

しきい値と形態計測は、ライブcSLO画像の網膜ミクログリアの分析します

ごく最近になって、二光子共焦点顕微鏡による高い細胞分解能で脳のミクログリア in vivo可視化は、ミクログリア細胞体およびプロセスパラメータの定量分析、および形態学的に活性化したミクログリア9,50の識別を可能にしました。これらの著者によって示されるように、ソマリ族のサイズが最も顕著な形態的です9信号対雑音の変動を低減するために、反復強度に基づく閾値を用いて、脳のミクログリアのライブ二光子共焦点イメージングによる経時検出可能なパラメータ。また、ソマリ族のサイズの変更は、活性化細胞9 IBA1発現のアップレギュレーションと相関します。ここでは、cSLOライブ映像を使用し、全体の数を定量化するために形態学的分析を行ったミクログリア細胞と細胞体の同等のシーケンシャルセグメント化を適用して網膜に局在CX3CR1-GFP +細胞を活性化しました。

我々は、中心網膜におけるセグメントGFP +細胞に特殊な共焦点レンダリングソフトウェア(FluoRender)を使用します。これらの画像は、さらに最終的に自動セグメンテーションとソマリ族領域のしきい値ベースの定量化を可能にするために、市販の共焦点画像解析パッケージを使用して閾値処理されます。私たちのライブ画像の分析は、ライブ画像解析9におけるミクログリアの活性化の形態学的測定基準としてソーマのサイズを使用することを確認しました。 Somal以前のex vivo画像解析50によって実証されるようにしきい値ベースのカウントは、パターンや網膜小膠の増加の特徴付けを可能にしました。 cSLO細胞が同じ焦点面に結像することができるマウス網膜中心(<2 mm 2)と 、内部に最高の解像度かつ詳細にGFP +ミクログリアを検出することが私たちを見つけます。網膜周辺部に向かって、蛍光シグナルが変動し、平坦中心網膜において検出されたGFP +細胞と同様に、同一の撮像処理や閾値解析を防ぐ歪みを示しています。最後に、我々のプロトコルは、網膜ミクログリアのcSLO in vivoでの画像解析は、比較的高いスループットを提供することを示しています。視覚的に単離され、中心網膜内に定量することができ、実質ミクログリアの数は200〜300〜間の全細胞、及び〜10〜180活性化された細胞を変化させます。このように、マウスの網膜ミクログリアは、D in vivoでそれらの変換と役割を研究するために、最適な人口を提供しています神経変性の病因をuring。

他のCNSの慢性疾患への応用

ここに記載の生体内画像解析方法は、他のマウスの網膜疾患や損傷モデルにおける急性または慢性のミクログリアの変化を評価するために適用可能であるべきです。さらに、このプロトコルは、網膜および視神経は、これらの疾患51-56に神経変性のために標的化されることを考えると、例えば、アルツハイマー病、パーキンソン病および多発性硬化症などの慢性CNS病理から生じる網膜ミクログリア/末梢単球の変化を評価するのに役立ち得ます。これに伴い、初期のアルツハイマー病の管理のための網膜およびONH病理のライブ検出の使用は、強烈な研究54,57,58の下にあります。

結論として、我々の調査結果は、ライブ、縦追跡および網膜ミクログリアの数と形態学的活性化の変化の定量化は、同等の信頼性NEを果たしうることを示唆しています疾患の発症および初期進行を検出するためのバイオマーカーをuroimaging。これらのin vivoイメージングおよび解析の方法論は、年齢に関連した緑内障であり、潜在的に網膜や視神経に影響を与える他の神経変性疾患に適用されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Materials

Name Company Catalog Number Comments
DBA/2J and CX3CR1-GFP/+ mice The Jackson Laboratory, Bar Harbor, ME 000671 and 00582 Mice are bred in house, introducing new breeders every 3 - 4 generations to prevent genetic drift.
30½ G needle and 1 ml tuberculin slip-tip syringe BD, East Rutherford, NJ 305106 and 309659
2,2,2-tribromoethanol, tert-Amyl alcohol 99% and phosphate buffer saline tablets Sigma-Aldrich, St. Louis, MO T48402, 152463 and P4417 Avertin solution (pH 7.3, sterile filtered) must be freshly made solution or stored at 4 °C for up to 1 week.
Heat therapy T/Pump Gaymar Industries, Orchard Park, NY TP-650
Cotton-tipped applicators Fisher Scientific, Pittsburgh, PA 23-400-100
Tropicamide 1% Bausch & Lomb, Rochester, NY NDC 24208-585-64
PMMA contact lenses, 1.70 base curve, 3.2 mm total diameter, 0.40 mm thick center Cantor & Nissel Ltd., Northamptonshire, UK G003709 Lenses are rinsed with sterile PBS and stored in polypropylene boxes.
HRA/Spectralis confocal scanning laser ophthalmoscope and Eye Explorer software Heidelberg Engineering GmbH, Carlsbad, CA Version 1.7.1.0
PowerPoint Microsoft, Redmond, WA Version 14.4.3
Adobe Photoshop Adobe, San Jose, CA Version CS3
FluoRender Scientific Computing and Imaging Institute, University of Utah Version 2.13 Freeware. http://www.sci.utah.edu/software/13-software/127-fluorender.html
NIS-Elements C Nikon, Melville, NY Version 4.30.01

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Hanisch, U. K. Functional diversity of microglia - how heterogeneous are they to begin with. Front. Cell. Neurosci. 7, (65), 1-18 (2013).
  2. Kettenmann, H., Hanisch, U. K., Noda, M., Verkhratsky, A. Physiology of microglia. Physiol. Rev. 91, (2), 461-553 (2011).
  3. Davalos, D., et al. ATP mediates rapid microglial response to local brain injury in vivo. Nat. Neurosci. 8, (6), 752-758 (2005).
  4. Nimmerjahn, A., Kirchhoff, F., Helmchen, F. Resting microglial cells are highly dynamic surveillants of brain parenchyma in vivo. Science. 308, (5726), 1314-1318 (2005).
  5. Ransohoff, R. M., Perry, V. H. Microglial physiology: unique stimuli, specialized responses. Annu. Rev. Immunol. 27, 119-145 (2009).
  6. Stence, N., Waite, M., Dailey, M. E. Dynamics of microglial activation: a confocal time-lapse analysis in hippocampal slices. Glia. 33, (3), 256-266 (2001).
  7. Streit, W. J., Walter, S. A., Pennell, N. A. Reactive microgliosis. Prog. Neurobiol. 57, (6), 563-581 (1999).
  8. Jonas, R. A., et al. The spider effect: morphological and orienting classification of microglia in response to stimuli in vivo. PloS One. 7, (2), e30763 (2012).
  9. Kozlowski, C., Weimer, R. M. An automated method to quantify microglia morphology and application to monitor activation state longitudinally in vivo. PloS One. 7, (2), 1-9 (2012).
  10. Ajami, B., Bennett, J. L., Krieger, C., Tetzlaff, W., Rossi, F. M. Local self-renewal can sustain CNS microglia maintenance and function throughout adult life. Nat. Neurosci. 10, (12), 1538-1543 (2007).
  11. Elmore, M. R., et al. Colony-stimulating factor 1 receptor signaling is necessary for microglia viability, unmasking a microglia progenitor cell in the adult brain. Neuron. 82, (2), 380-397 (2014).
  12. Lawson, L. J., Perry, V. H., Dri, P., Gordon, S. Heterogeneity in the distribution and morphology of microglia in the normal adult mouse brain. Neuroscience. 39, (1), 151-170 (1990).
  13. Ransohoff, R. M., Cardona, A. E. The myeloid cells of the central nervous system parenchyma. Nature. 468, 253-262 (2010).
  14. Solomon, J. N., et al. Origin and distribution of bone marrow-derived cells in the central nervous system in a mouse model of amyotrophic lateral sclerosis. Glia. 53, 744-753 (2006).
  15. Ajami, B., Bennett, J. L., Krieger, C., McNagny, K. M., Rossi, F. M. Infiltrating monocytes trigger EAE progression, but do not contribute to the resident microglia pool. Nat. Neurosc. 14, (9), 1142-1149 (2011).
  16. Sapp, E., et al. Early and progressive accumulation of reactive microglia in the Huntington disease brain. J. Neuropathol. Exp. Neurol. 60, (2), 161-172 (2001).
  17. Maeda, J., et al. In vivo positron emission tomographic imaging of glial responses to amyloid-beta and tau pathologies in mouse models of Alzheimer's disease and related disorders. J. Neurosc. 31, (12), 4720-4730 (2011).
  18. Jacobs, A. H., Tavitian, B. Noninvasive molecular imaging of neuroinflammation. J. Cereb. Blood Flow Metab. 32, (7), 1393-1415 (2012).
  19. Ouchi, Y., et al. Microglial activation and dopamine terminal loss in early Parkinson's disease. Ann. Neurol. 57, (2), 168-175 (2005).
  20. Fuhrmann, M., et al. Microglial Cx3cr1 knockout prevents neuron loss in a mouse model of Alzheimer's disease. Nat. Neurosci. 13, (4), 411-413 (2010).
  21. Trapani, A., Palazzo, C., de Candia, M., Lasorsa, F. M., Trapani, G. Targeting of the translocator protein 18 kDa (TSPO): a valuable approach for nuclear and optical imaging of activated microglia. Bioconjug. Chem. 24, (9), 1415-1428 (2013).
  22. Venneti, S., Lopresti, B. J., Wiley, C. A. Molecular imaging of microglia/macrophages in the brain. Glia. 61, (1), 10-23 (2013).
  23. Davalos, D., et al. Fibrinogen-induced perivascular microglial clustering is required for the development of axonal damage in neuroinflammation. Nat. Comm. 3, (1227), 1-15 (2012).
  24. Dibaj, P., et al. In Vivo imaging reveals distinct inflammatory activity of CNS microglia versus PNS macrophages in a mouse model for ALS. PloS One. 6, (3), e17910 (2011).
  25. Evans, T. A., et al. High-resolution intravital imaging reveals that blood-derived macrophages but not resident microglia facilitate secondary axonal dieback in traumatic spinal cord injury. Exp. Neurol. 254, (214), 109-120 (2014).
  26. Nayak, D., Zinselmeyer, B. H., Corps, K. N., McGavern, D. B. In vivo dynamics of innate immune sentinels in the CNS. Intravital. 1, (2), 95-106 (2012).
  27. Tremblay, M. E., Lowery, R. L., Majewska, A. K. Microglial interactions with synapses are modulated by visual experience. PLoS Biol. 8, (11), 1-16 (2010).
  28. Wake, H., Moorhouse, A. J., Jinno, S., Kohsaka, S., Nabekura, J. Resting microglia directly monitor the functional state of synapses in vivo and determine the fate of ischemic terminals. J. Neurosci. 29, (13), 3974-3980 (2009).
  29. Marker, D. F., Tremblay, M. E., Lu, S. M., Majewska, A. K., Gelbard, H. A. A thin-skull window technique for chronic two-photon in vivo imaging of murine microglia in models of neuroinflammation. J. Vis. Exp. 19, (43), (2010).
  30. Alt, C., Runnels, J. M., L, T. G. S., P, L. C. In vivo tracking of hematopoietic cells in the retina of chimeric mice with a scanning laser ophthalmoscope. Intravital. 1, (2), 132-140 (2012).
  31. Eter, N., et al. In vivo visualization of dendritic cells, macrophages, and microglial cells responding to laser-induced damage in the fundus of the eye. Invest. Ophthalmol., & Vis. Sci. 49, (8), 3649-3658 (2008).
  32. Liu, S., et al. Tracking retinal microgliosis in models of retinal ganglion cell damage. Investigative ophthalmology & visual science. 53, 6254-6262 (2012).
  33. Maeda, A., et al. Two-photon microscopy reveals early rod photoreceptor cell damage in light-exposed mutant mice. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 111, (14), E1428-E1437 (2014).
  34. Paques, M., et al. High resolution fundus imaging by confocal scanning laser ophthalmoscopy in the mouse. Vision Res. 46, (8-9), 1336-1345 (2006).
  35. Seeliger, M. W., et al. In vivo confocal imaging of the retina in animal models using scanning laser ophthalmoscopy. Vision Res. 45, (28), 3512-3519 (2005).
  36. Alt, C., Runnels, J. M., Mortensen, L. J., Zaher, W., Lin, C. P. In vivo imaging of microglia turnover in the mouse retina after ionizing radiation and dexamethasone treatment. Invest. Ophthalmol., & Vis. Sci. 55, (8), 5314-5319 (2014).
  37. Bosco, A., et al. Reduced retina microglial activation and improved optic nerve integrity with minocycline treatment in the DBA/2J mouse model of glaucoma. Invest. Ophthalmol., & Vis. Sci. 49, (4), 1437-1446 (2008).
  38. Anderson, M. G., et al. Mutations in genes encoding melanosomal proteins cause pigmentary glaucoma in DBA/2J mice. Nat. Genet. 30, (1), 81-85 (2002).
  39. Chang, B., et al. Interacting loci cause severe iris atrophy and glaucoma in DBA/2J mice. Nat. Genet. 21, (4), 405-409 (1999).
  40. Smith, R. S., Korb, D., John, S. W. A goniolens for clinical monitoring of the mouse iridocorneal angle and optic nerve. Mol. Vis. 8, 26-31 (2002).
  41. Buckingham, B. P., et al. Progressive ganglion cell degeneration precedes neuronal loss in a mouse model of glaucoma. J. Neurosci. 28, (11), 2735-2744 (2008).
  42. Howell, G. R., et al. Axons of retinal ganglion cells are insulted in the optic nerve early in DBA/2J glaucoma. J. Cell Biol. 179, (7), 1523-1537 (2007).
  43. Jakobs, T. C., Libby, R. T., Ben, Y., John, S. W., Masland, R. H. Retinal ganglion cell degeneration is topological but not cell type specific in DBA/2J mice. J. Cell Biol. 171, (2), 313-325 (2005).
  44. Soto, I., et al. Retinal ganglion cells downregulate gene expression and lose their axons within the optic nerve head in a mouse glaucoma model. J. Neurosci. 28, (2), 548-561 (2008).
  45. Bosco, A., Steele, M. R., Vetter, M. L. Early microglia activation in a mouse model of chronic glaucoma. J. Comp. Neurol. 519, (4), 599-620 (2011).
  46. Jung, S., et al. Analysis of fractalkine receptor CX(3)CR1 function by targeted deletion and green fluorescent protein reporter gene insertion. Mol. Cell. Biol. 20, (11), 4106-4114 (2000).
  47. Broux, B., et al. CX(3)CR1 drives cytotoxic CD4(+)CD28(-) T cells into the brain of multiple sclerosis patients. J. Autoimmun. 38, (1), 10-19 (2012).
  48. Paques, M., et al. In vivo observation of the locomotion of microglial cells in the retina. Glia. 58, (14), 1663-1668 (2010).
  49. Charbel Issa, P., et al. Optimization of in vivo confocal autofluorescence imaging of the ocular fundus in mice and its application to models of human retinal degeneration. Invest. Ophthalmol., & Vis. Sci. 53, (2), 1066-1075 (2012).
  50. Beynon, S. B., Walker, F. R. Microglial activation in the injured and healthy brain: what are we really talking about? Practical and theoretical issues associated with the measurement of changes in microglial morphology. Neuroscience. 225, (2012), 162-171 (2012).
  51. Chan, J. W. Recent advances in optic neuritis related to multiple sclerosis. Acta Ophthalmol. 90, (3), 203-209 (2012).
  52. Frost, S., Martins, R. N., Kanagasingam, Y. Ocular biomarkers for early detection of Alzheimer's disease. J. Alzheimer's Dis. 22, (1), 1-16 (2010).
  53. Guo, L., Duggan, J., Cordeiro, M. F. Alzheimer's disease and retinal neurodegeneration. Curr. Alzheimer Res. 7, (1), 3-14 (2010).
  54. Ikram, M. K., Cheung, C. Y., Wong, T. Y., Chen, C. P. Retinal pathology as biomarker for cognitive impairment and Alzheimer's disease. J. Neurol. Neurosurg. Psychiatry. 83, (9), 917-922 (2012).
  55. Kersten, H. M., Roxburgh, R. H., Danesh-Meyer, H. V. Ophthalmic manifestations of inherited neurodegenerative disorders. Nat. Rev. Neurol. 10, (6), 349-362 (2014).
  56. Kesler, A., Vakhapova, V., Korczyn, A. D., Naftaliev, E., Neudorfer, M. Retinal thickness in patients with mild cognitive impairment and Alzheimer's disease. Clin. Neurol. Neurosurg. 113, (7), 523-526 (2011).
  57. Petzold, A., et al. Optical coherence tomography in multiple sclerosis: a systematic review and meta-analysis. Lancet Neurol. 9, (9), 921-932 (2010).
  58. Satue, M., et al. Retinal thinning and correlation with functional disability in patients with Parkinson's disease. Br. J. Ophthalmol. 98, (3), 350-355 (2014).
  59. Bosco, A., Romero, C. O., Breen, K. T., Chagovetz, A. A., Steele, M. R., Ambati, B. K., Vetter, M. L. Neurodegeneration severity can be predicted from early microglia alterations monitored in vivo in a mouse model of chronic glaucoma. Dis Model Mech. (2015).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Video Stats