Author Produced

植物キューティクル脂質ポリエステルモノマーの単離と組成分析

Biology
 

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Jenkin, S., Molina, I. Isolation and Compositional Analysis of Plant Cuticle Lipid Polyester Monomers. J. Vis. Exp. (105), e53386, doi:10.3791/53386 (2015).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Introduction

維管束植物は、植物組織と外部環境との間の防水障壁として機能する細胞外の層に依存しています。これらの親油性の細胞壁に関連する構造は、病原体感染を制限し、および植物組織1からのガス、水および溶解した物質の受動輸送を調節します。このような障壁は、植物のクチクラ、植物2、および異なるスベリン含有拡散バリアに固有synapomorphic構造です。キューティクルは、細胞壁3-5の細胞外側にペクチンの層を介して上皮細胞により合成され、それらに結合した親油性層です。これは、植物組織と環境との間の重要なインターフェースとして機能し、高等植物の主要な空中臓器を包みます。

クチン、キューティクルの構造マトリックス、およびスベリンは、溶媒抽出ワックス2,4に関連する2つの不溶性グリセロポリエステルです。これらの高分子リットルipidsは、飽和および不飽和脂肪酸誘導体で構成され、両方の構造的および機能的に類似しているされています。しかし、彼らは化学組成と堆積サイトでの特性差によって区別されています。

スベリンは、二次壁を形成する特定の外部と内部組織の細胞壁の内側に位置する脂肪族ポリエステルです。 Suberized組織が ​​根、塊茎および樹皮のperiderms、根の内皮、種 ​​皮層、および癒さ傷2を含みます 。クチンとは異なり、スベリンポリエステルは、一般的に、アルコール、飽和およびモノ不飽和ジカルボン酸、および超長鎖モノマー(C≥20)の大部分が含まれています。

クチンは、維管束植物6で最も豊富な脂質ポリエステルであり、グリセロールおよび、ヒドロキシおよびヒドロキシ置換されたエポキシ脂肪酸4としてC16-C18 interesterified脂肪酸誘導体、から構成されています。クチンポリマーの組成をしながら0、18 - ヒドロキシ-9,10-エポキシ18:0、および9,10,18トリヒドロキシ18:0脂肪酸維管束植物種間で異なり、最も優勢な主要なモノマーは、10、16ジヒドロキシ16です。 2ジカルボン酸7,8:興味深いことに、シロイヌナズナの葉とクチン茎は主に18から構成されています。

植物のキューティクルも数ナノメートルから数マイクロメートル9までの範囲、厚さにかなりのばらつきを示します。キューティクル分離は特に、 シロイヌナズナ 8のものと非常に薄い葉のクチクラのための労力と時間のかかるステップであるため、キューティクルの分離を回避する方法が開発され、7,8を検証されています。ここでは、ナトリウムメトキシド(NaOMeの)触媒解重合とそれに続くガスクロマトグラフィー/質量分析(GC / MS)分析によりシロイヌナズナの葉におけるクチンのモノマー組成物を研究するための詳細なプロトコルを記述する。このプロトコルは、共同をアッセイするための堅牢な方法を提供しています全体脱脂組織における植物脂質ポリエステルのmposition、とは、以前に報告されたプロトコル7,10,11から適応されています。全組織サンプルは、クチクラとエピクチクラワックス、膜脂質、およびトリアシルグリセロールを含む溶剤抽出脂質を除去し、均質化された第一及び徹底的に脱脂されています。細胞壁に富む残渣を、次いでナトリウムメトキシドで触​​媒メタノリシスによってそれらの構成メチルエステルモノマーに解重合されます。脂肪酸メチルエステルは、酸性化時に抽出され、それらの対応するトリメチルシリルまたはアセチル誘導体​​を得るために誘導体化されます。誘導体化された残基は、高度に揮発性であり、およびGC / MS分析の間にその構造コンフォメーションを変更することなく、妥当な温度でのガスクロマトグラフィーカラムから溶出することができます。

Protocol

注:このプロトコルは、ボナベンチャーらから適応されました。 (2004)、モリーナら。 (2006)、Liら。 (2013)7,10,11。ステップ1-5は、図1に要約されています。

1.組織脱脂

注:必ず使用する前に、ヒュームフードの下で乾燥させる、クロロホルムですべてのガラス器具とキャップをすすぎます。

注意:組織の均質化およびヒュームフードの下にあるすべての溶媒の転送手順を実行します。常に化学物質との直接接触を避けるために、汚染からサンプルを保護するために、実験室のコート、手袋、スプラッシュ安全ゴーグルを着用してください。

  1. 85℃に予熱水浴とヒートブロック。
  2. ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)-facedスクリューキャップで予め秤量した20ミリメートル×125 mmのガラス製試験管に各葉サンプルの約0.5グラムを秤量します。サンプルごとに4つの複製を含めます。
  3. 三角フラスコ(約125ミリリットルに2-プロパノールを置き、SAMPのグラム当たり25ミリリットルル)。 0.01%の最終濃度になるように(また、ブチル化ヒドロキシトルエン、BHTとしても知られる)、2,6-ジ-tert-ブチル-4-メチルフェノールを加える(w / v)の。
    注:(BHTは、不飽和脂肪酸の酸化を最小限に抑えることができます)をメタノール中の5%(w / v)のストック溶液からBHTを加えます。
  4. 水浴中で85℃に予熱2-プロパノール溶液。
  5. ヒートブロック中で85℃で15分間、各試料管と熱に12 mlの熱い2-プロパノール溶媒を加えます。このステップは、破壊された細胞から放出され得るリパーゼを不活性化します。
  6. チューブを室温まで冷却し、均一な懸濁液が得られるまでホモジナイザーで十分に組織を粉砕してみましょう。
  7. オービタルシェーカーでサンプルを置き、100rpmで、室温で1〜2時間振とうします。
  8. 800×gで10分間遠心し、上清を捨てます。
  9. 2-プロパノールの等量を加え、室温で12時間振とうします。
  10. 800×gで10分間遠心し、上清を捨てます。
  11. CH 12ミリリットルを追加します。CL 3:CH 3 OH(2:1、V / V)(試料のグラムあたり25 ml)を残渣に100rpmで、室温で一晩振とうします。
  12. 800×gで10分間遠心し、上清を捨てます。
  13. 12ミリリットル CHCl 3 を追加 :CH 3 OH(1:2、v / v)の残基および100 rpmで、室温で一晩振盪し。
  14. 800×gで10分間遠心分離し、溶媒を除去します。
  15. サンプルは室温で一晩換気フードの下で乾燥させます。
  16. 残留物を空気は、乾燥した後、無水塩化カルシウムまたは重量が一定に(3~5日)に達するまでのCaSO 4上真空デシケーター中に置きます。

2.解重合:ナトリウムメトキシドメタノリシス(図2)

注意: - 2.4、2.7から2.8、2.10 - 手順2.3実行2.15と2.17 - - 2.11、2.13ヒュームフードの下で2.18;常に実験室のコート、手袋、スプラッシュ安全ゴーグルを着用してください。

  1. 60℃に予熱ヒートブロック。
  2. (さらなる計算のための重要な)乾燥残留物を含む試験管を計量。
  3. 各チューブに内部標準を追加します:25ωLメチルheptadecanoate(1 mg / mlのストック)と25μlのω-ペンタデカラクトン(1 mg / mlのストック)。
  4. 各チューブに0.9 mlの酢酸メチル、1.5 mlのナトリウムメトキシド、および3.6 mlのメタノールを追加し、それらをキャップ。あるいは、これら3試薬と反応ミックスを調製し、各サンプルに6 mlのアリコートを追加します。
  5. 15分間隔で定期的に60°Cとボルテックスで2時間加熱サンプル。
  6. サンプルは室温まで冷却してみましょう。
  7. 脂肪酸メチルエステルを抽出するために、塩化メチレン(CH 2 Cl 2)と氷酢酸1.5mlを10mlのを追加します。
  8. 各チューブキャップを充填するために生理食塩水(0.5 MのNaCl)を加えます。
  9. 800×gで10分間、1分間遠心のための渦のサンプル。
  10. ポリ16×125ミリメートルガラス試験管(中サイズのチューブをきれいにするために、有機相(下)を転送テトラフルオロエチレン(PTFE)-facedスクリューキャップ)。
  11. 各チューブキャップを充填するために生理食塩水(0.5 MのNaCl)を加えます。
  12. 800×gで10分間、1分間遠心のための渦のサンプル。
  13. 水(上)相を除去し、繰り返しは2.11から2.12までを繰り返します。
  14. 全ての水性(上)相を削除します。
  15. 溶媒を無水硫酸ナトリウム(Na 2 SO 4)を加えるチューブにキャップをし、1分間ボルテックス。サンプルは、以下の日まで放置することができる。 この時点で、サンプルは、ヒュームフード下で一晩放置することができます。
  16. 底の中のNa 2 SO 4塩を圧縮するために800×gで2分間遠心。
  17. 小さなガラス使い捨て管に有機相を転送(ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)と13×100mmのガラス試験管スクリューキャップを-​​faced)。
  18. 窒素下で乾燥するまで溶剤を蒸発させ、誘導体化のステップに進みます。すぐに処理されない場合は、ストアは-20℃でサンプルを蒸発させる(サンプルをすることができますLSO)蒸発工程の前に格納されています。

ガスクロマトグラフィーのためのデリバティブの調製

注意:ステップ3.1.2と3.1.5を実行 - ヒュームフードの下で3.1.8。常に実験室のコート、手袋、スプラッシュ安全ゴーグルを着用してください。

  1. トリメチルシリル誘導体
    1. 100℃に予熱ヒートブロック。
    2. 各チューブにピリジンを100μlとBSTFA(N、Oビス - トリメチルシリルトリフルオロ)の100μlを添加して、それらをキャップ。
    3. 10分間100℃で熱サンプル。
    4. サンプルは室温まで冷却してみましょう。
    5. 窒素下、室温でサンプルを蒸発させます。試料に熱を加えることを避ける、モノマーは、この段階では非常に揮発性です。
    6. 1(v / v)のヘプタン:トルエン1の500μLを追加します。
    7. 800×gで2分間の1分と遠心のための渦のサンプル。
    8. GCバイアルにサンプルを追加し、GC / MS分析に進みます。
  2. アセチルデリバティブ
    注:アセチル化については、手順を変更する3.1.1-3.1.3上記(ビデオには示されていない)は次の通りです。同じです3.1.4-3.1.8の手順を実行します。
    1. 60℃に予熱ヒートブロック。
    2. チューブにピリジン100μlの無水酢酸(C 2 O)の100μLを加えます。
    3. 60℃での熱サンプル1時間。

4. GC / MS分析

  1. HP-5キャピラリーカラム(30 MX 0.25ミリメートル×0.25μmの膜厚)または同等すなわち、5%のジフェニル、95%のジメチルポリシロキサン)を使用します。プログラム3℃/分で300℃まで150からプログラムされたヘリウムキャリアガスを1.5ml /分に設定流量とオーブン温度を有するGC。
  2. スプリット注入(スプリット比1:10)を使用し、40から600 AMU(電子衝撃イオン化)を介してモードをスキャンする質量分析計を設定します。
  3. 示さクチン分析法を用いて、それぞれ、WTおよび変異体の複製、(空白)は、溶媒を含むシーケンステーブルを作成します。
  4. ロード溶剤そして、カルーセル上のサンプルバイアルは、必要に応じてオートサンプラシリンジすすぎバイアルにヘキサンを追加して、シーケンスを開始します。シーケンスが完了した後、全イオンクロマトグラムのトレースは、すべてのサンプルのために利用可能です。

5.データ解析

  1. 公開された質量スペクトルの各ピークのマススペクトルを比較することによって、または使用可能な場合は、市販のライブラリーを検索することにより、脂質ポリエステルモノマーを特定します。
  2. 総イオン電流クロマトグラムの各識別されたピークについて、GC / MSソフトウェア( 補足図1)からの積分結果テーブル上の領域を見つけるために、それぞれの保持時間を使用しています。
  3. 各単量体(カラムA-B)については、あるモノマーのExcelのテーブル( 補足ファイル2、カラムCF)、サンプルを複製するすべてのための対応する列に統合テーブル( 補足図1、列D)で見つかった面積値を追加シロイヌナズナを定量化するために、スプレッドシートクチンTMSI誘導体。アセチル化誘導体が代わりに用意されている場合は、補足ファイル3を使用してください
  4. ISカラム(HK)への内部標準(IS)の領域を追加します。それらの誘導体化されていない単量体、すなわち、脂肪酸メチルエステル(FAME)、およびジカルボン酸ジメチルエステル(DCAのDME)については、17を使用します。モノマーテーブル内の紫色の網掛けセルは(定量化のためにISとして0 FAME(IS1)を、 補足ファイル2/3)。第一級アルコール、フェルラ酸、ωヒドロキシ酸を含むヒドロキシルモノマーについては、15を使用します化合物の定量化のための選択であるとして、0〜15ヒドロキシFAME(IS2)を(モノマーテーブル内の緑shadded細胞; 補足ファイル2/3)
  5. それぞれが列AX-BA( 補足ファイル2)またはAQ-AT( 補足ファイル3)に複製するための乾燥葉の重量を追加します。代替的に、単位当たりのモノマーの負荷を表現するために表面積を計算し、モノマーのテーブルに面積値を追加するために、葉をスキャン表面積。

Representative Results

。10日-この原稿に記載されているプロトコル脂質ポリエステルモノマーを決定するように設定されている( すなわち 、クチンまたはスベリン)、非クチン脂質10の貢献を最小化図1は、完全に8の間にかかるアッセイの概要を説明します(最初の組織の収穫からのGCデータを得るために)、乾燥させているどのくらいのサンプルに応じて。

選択された塩基触媒メタノリシス( 図2)のポリエステルを解重合する方法は、以前クチンおよびスベリンの両方が含まれているシロイヌナズナの種子のために検証されました。組織は、最初に均質化し、徹底的に溶剤抽出脂質を除去するために脱脂されています。抽出後の残渣の収率は、最初の新鮮重量の割合として、通常Aの 6%ですシロイヌナズナ COL-0の葉。細胞壁に富む残渣を真空デシケーター中で乾燥した後、それらの構成によってメチルエステルモノマーに解重合されています塩基触媒トランスメチレーション。 2時間のインキュベーションは、適切な解重合および脂質ポリエステル成分の回収のために必要な重要な時期として選ばれました。より長いインキュベーション時間は、2-ヒドロキシ酸の増加をもたらしました。これらは、潜在的に、膜スフィンゴ脂質10から派生。

シロイヌナズナ野生型の葉クチンはO -TMSiエーテル誘導体( 図3A)及びO -アセチル誘導体( 図3B)は、 図3に示されている場合の典型的なクロマトグラム。各ピークは、文献7,8および12。当社のビデオプロトコルは、TMSIの誘導体を製造する方法を示して公共データベースからの質量スペクトルとの比較により同定したが、サンプルが代わりにヒドロキシル基を誘導体化するアセチル化することができます。彼らは診断マススペクトルを与えるため、シリル化誘導体は、識別の目的のために良いです。しかし、アセチル化誘導体は、より安定したシリル化に良い代替されています一度モノマーは、10を同定されています。唯一のGCは、水素炎イオン化検出器(FID)に結合されている実験室でこのプロトコルの実装を支援するために、GC / FIDをWT葉クチンモノマーの脂肪酸メチルエステルの標準同族系列のアセチル化誘導体に対応するも示されているトレース( 補足図4)。

この方法は、定性的であり、変異体解析のためにその値したがって、サンプル間の定量的な差を検出します。個々のモノマーの量は、サンプル間のモノマーの存在量の比較を可能にする、定量化の内部標準法を用いて決定されます。これは、ピークの大きさ(総イオンカウント数)は、ポリエステル中のモノマーのモル比を反映していない可能性があること、しかし、明確にする必要があります。我々は、脂肪酸メチルエステルおよびTMSI誘導体( 補足ファイル1)、またはエースとしてシロイヌナズナ葉クチン中のモノマー量を計算するために、モノマーの編集可能なテーブルを含むされていますアルコールのティル誘導体( 補足ファイル2)。これらの表は、サンプルが異なる器官または植物種から抽出された場合に適応する必要があるかもしれません。

例として、我々はシロイヌナズナタリアナコロンビア(COL-0)は、野生型の葉とCYP86A2 / ATT1遺伝子の2つの以前に特徴付けヌル変異対立遺伝子、att1-1(M-1)att1-2(M-2を分析しました )13,14。 CYP86AサブファミリーのシトクロムP450モノオキシゲナーゼは、推定ω-oxydasesをエンコードし、スベリンおよびクチンモノマー生合成に参加しています。我々の結果( 図4)は 、WTの葉に比べて、変異体の葉における三大脂質モノマーの負荷の大幅な削減を実証します。 、酵素の予測機能と一致して16:0、18:2、および18:1ジカルボキシレートは、特にATT1変異体において影響を受けました。

「SRC = "/ファイル/ ftp_upload / 53386 / 53386fig1.jpg" />
脂質ポリエステルの分析1.概要図。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
NaOMeを触媒によるメチル基転移反応の図2機構求核メトキシアニオンを容易に脂肪酸メチルエステルおよびアルコキシドアニオン(B)に解離する不安定な四面体中間体(A)を形成する脂質ポリエステルのcabonyl炭素を攻撃します。これらのアルコキシドは共役塩基であり、それによって追加の解重合反応(C)の維持、触媒的に活性なメトキシアニオンを再生する、メタノールと反応します。水が中に存在する場合システムには、水酸化ナトリウム、不可逆的に望ましくない遊離脂肪酸を生成するためにエステルを加水分解強塩基を形成するために、ナトリウムメトキシドと反応します。酢酸メチルは、システム(D)の中に、水酸化ナトリウムの少量を削除するには、15共溶媒として追加されます。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3。野生型シロイヌナズナの葉クチンモノマーの代表的なトータルイオンクロマトグラム。(A)O -trimethylsilyl(TMSI)エーテルと、(B)、酢酸ヒドロキシル誘導体。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図4
シロイヌナズナ WTの4クチンモノマー組成及びCYP86A2遺伝子の2つのヌル変異体対立遺伝子( 変異1 = att1-1;変異2 = att1-2)。エラーバーは平均の標準偏差を示す(N = 4) 。 ©ブラックウェルパブリッシング(2007)の許可を得て、13から適応。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図1
GC / MSソフトウェアから補足図1のピーク積分結果テーブル。同定された単量体と内部標準に対応するピークは、彼らのretentiによって識別されます時間に(列C)及び面積値が列Dに表にし、このファイルをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

図2
シロイヌナズナクチンモノマー(ヒドロキシ脂肪酸メチルエステルのトリメチルシリルエーテル誘導体)の補足ファイル2.表。 このファイルをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

図3
シロイヌナズナクチンモノマー(ヒドロキシ脂肪酸メチルエステルのOアセチル誘導体)の補足ファイル3表。COM /ファイル/ ftp_upload / 53386 / Supplemental_File_3_Cutin_template_Acetylated_derivati​​ves.xlsx「ターゲット= "_空白">このファイルをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

図4
(AB)脂肪酸メチルエステル(FAME)リテンションインデックススタンダード(ピークは各飽和FAME鎖長で標識される)の補足図4 GC / FIDトレース。及び(C)は、A アセチル化WT シロイヌナズナ葉クチンモノマー。 16:0 FAME(1)、フェルラ酸(2)、18:3 FAME(3)、18:1/18:2のFAME(4)、18(5)、sinapate 0 FAME(6ピーク上の数字は、対応します)、16:0 DCA(7)、16-OH 16:0 FAME(8)、18:2 DCA(9)、18:1 DCA(10)18:0 DCA(11)、18-OH 18:2 FAME(12)、18-OH 18:1 FAME(13)、20:0 FAME(14)、10,16-DIOH 16:0 FAME(15)、24:0 FAME(16)。 DCA:ジカルボン酸ジメチルエステル。 FAME:脂肪酸メチルエステル。 IS1:内部標準1、17:0 FAME。 IS2:内部STandard 2、15-OH 15:0 FAME。 このファイルをダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

Discussion

DNAやタンパク質などの生体高分子、他のとは異なり、植物脂質のポリエステルは、テンプレートから作られていません。代わりに、その組成物は、これらの細胞外ポリマーを製造するための組織に存在する酵素の特異性に依存します。このように、構成成分の化学分析は、脂質のポリエステル組成物を理解することが重要です。

エステル結合を切断するための化学的方法は、ケン化、水素化分解、酸触媒トランスメチレーション、および塩基触媒トランスメチレーション2を含みます 。それらの各々は、長所と短所を有しています。鹸化は、二次反応を受けることができる遊離脂肪酸ヒドロキシ酸を生成します。水素化アルミニウムリチウム(LiAlH 4を)と水素化分解16は、クチン解析7に使用されています。水素化分解は、アルコールに官能基化炭素を減少させ、元の構造は、重水素化リチウムアルミニウム(LiAlD 4)でdeuteriolysisによって推論される必要があります。ザ・このアプローチの欠点は、それらの構造の割り当てを行うために得られる脂肪ポリオールのdeuteriationの程度を比較するための高分解能GC / MSの要件です。メタノール三フッ化ホウ素(BF 3)との酸触媒エステル交換を頻繁にクチンおよびスベリン8,17,18解重合に使用されてきたが、試薬は、限定された貯蔵寿命を有し、そして反応を15側に起因するアーチファクトを導入することができます。メタノール硫酸また、モノマーのメチルエステルが得られるが、おそらく、他の方法10に比べ、真の脂質ポリエステル成分でない2-ヒドロキシ脂肪酸のより大きな割合を有します。

このプロトコールに記載のNaOMe触媒によるエステル交換法は、識別のための特徴的な質量スペクトルを提供し、ヒドロキシル基のシリル化によって誘導体化された脂肪酸メチルエステルを生成し、またはアセチル化によってfoのヒドロキシル基のより安定な誘導体を提供することR定量。この技術の一つの欠点は、水が反応中に存在する場合、加水分解は、エステル交換反応と競合することです。水は、のNaOMe(触媒)と反応し、次いで、遊離酸( 図2D)を得た脂肪酸メチルエステルを加水分解水酸化ナトリウムを生成します。したがって、分析を複雑に、メチルエステルおよびTMSIエステル誘導体:2つのピークが、各脂肪酸のために存在するので、これは望ましくない副反応です。無水の試薬 ​​を使用し、ケン化に対抗するために共溶媒として酢酸メチルを添加することは、加水分解( 図2D)を防止することが重要なステップです。

クチンおよびスベリンは1と26%グリセロール4との間に含まれています。しかしながら、このモノマーは、このプロトコルに記載された実験条件では検出されないであろう。グリセロールは、脂肪酸メチルエステルモノマーとは異なり、水性溶媒洗浄工程中に除去される、高度に親水性であり、。この制限は、クチン他の解重合方法にpplies、グリセロール、酵素法を用いてエステル交換した後、得られた水層に決定することができます。あるいは、グリセロール定量化の目的のために有用な.Althoughグリセロール19,20を含む全てのモノマーを検出するためにさらに水抽出することなく、より穏やかな条件( 例えば 、0.05 MのNaOMe)を用いて定量することができ、穏やかな条件は、通常、クチンの不完全な解重合を与えますスベリン。

炎イオン化検出器(FID)に結合されたGCが利用可能である場合の代表的な試料のピークは、GC / MSによって同定された後、すべての複製は、定量的な目的のために、この機器で分析することができます。それらの保持指標が知られている場合は別の方法として、GC / FIDトレース中のモノマーを特定することができます。水素炎イオン化検出器は、特に高感度、メジャーとマイナーの試料成分の定量化のために重要である比例の広い範囲を持っていますシングルランインチまた、堅牢で維持し、15を操作しやすいです。

記載されたプロトコルは、一つ以上の脂質ポリエステルモノマーの組成が異なる変異体の化学的な特徴付けを可能にする、植物脂質のポリエステルモノマーの信頼性と再現性の分離、同定、および定量を可能にします。手続きは、それが容易に根、種子、葉、茎、花などの種々の植物材料の小さなバルクの両方の量を処理するように適合させることができる、拡張可能です。多くの種からの脂質ポリエステルモノマーの質量スペクトルデータは、 例えば公開されている。、21-26と他の組織および/ ​​または種にこのプロトコルを適応させる際に、未知の単量体を識別するために貴重なリソースを構成しています。この方法は、高等植物における脂質ポリエステルの生合成、調節、及び分布の調査に適用可能です。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Chemicals
2-propanol Fisher Scientific BPA451-4 Solvent for delipidation
Anhydrous sodium sulfate Fisher Scientific S421500
Acetic anhydride Sigma Aldrich 320102 Derivatization agent
BSTFA (N,O-bis(trimethylsilyl)-trifluoroacetamide) Sigma-Aldrich 15222 Derivatization agent
Butylated hydroxytoluene (BHT) Sigma-Aldrich 101162 Antioxidant
Calcium chloride, anhydrous Fisher Scientific C614-3 Desiccation agent
Calcium suflate, anhydrous (DRIERITE- 8 MESH with indicator) Acros Organics 219090020 Desiccation agent
Chloroform (Trichloromethane) Fisher Scientific C6074 Organic solvent
Glacial acetic acid Fisher Scientific BP2401212 Acidification agent
Helium carrier gas, compressed Air Liquide ALPHAGAZ1-UN1046 Carrier gas, GC/MS
Heptane Fisher Scientific H3501 Organic solvent
Hexanes Fisher Scientific H3024 Organic solvent
Methanol Fisher Scientific A4124 Organic solvent, transmethylation reactive
Methyl acetate Sigma-Aldrich 296996 Organic solvent
Methyl heptadecanoate Sigma-Aldrich H4515 Internal standard (1mg/mL stock)
Methylene dichloride (Dichloromethane) Fisher Scientific D374 Organic solvent
Nitrogen, compressed Air Liquide ALPHAGAZ1-UN1044 Carrier gas, GC-FID
Pentadecanolactone Fluka 76530 Internal standard (1 mg/ml stock)
Pyridine Sigma-Aldrich 270970 Co-solvent for derivatization
Sodium chloride Fisher Scientific BP358212 Saline solution
Sodium methoxide (25wt.%) Sigma-Aldrich 156256 Nucleophile
Toluene FIsher Scientific T2904 Organic solvent
Plant Growth Supplies
Pro-Mix PGX Premier Tech Horticulture Ltd Pro-Mix PGX is recommended to grow Arabidopsis plants (Eddy, R. and Hahn, D.T., 2012,http://docs.lib.purdue.edu/pmag/2)
Purdue Methods for Arabidopsis Growth. 
PermaNest Humidity Dome  Grower's Solution, LLC, Cookeville, TN  GD2211-24
Perma-Nest Plant Trays (22x11in) Grower's Solution, LLC, Cookeville, TN  N/A
Square greenhouse pots, 3.5 inch  Grower's Solution, LLC, Cookeville, TN  P86
General Purpose Plant Fertilizer, Plant-Prod 20-20-20 Premier Tech Home and Garden In., Brantford, ON N/A
Glassware
13 x 100 mm glass test tube with Teflon-faced screw cap Kimble Chase Life Science and Research Products LLC 45066A-13100
16 x 125 mm glass test tube with Teflon-faced screw cap Kimble Chase Life Science and Research Products LLC 45066A-16125
20 x 125 mm glass test tubes with Teflon-faced screw cap Kimble Chase Life Science and Research Products LLC 45066A-20125
GC vial caps National Scientific C400051A
GC vial microinserts National Scientific C4011631
GC vials National Scientific C40001
Disposable pasteur pipets Fisher Scientific 1367820B
Flasks Fisher Scientific
Equipment
Allegra X15R centrifuge Beckman Coulter
Analytic balance Fisher Scientific
Belly dancer A shaker can be used for this purpose if Belly Dancer not available
DB-5 Capillary GC column J&W Scientific, CA, USA;  30 m x 0.25 mm x 0.25 μm film thickness
Desiccator
Isotemp 202 water bath Fisher Scientific
ISQ LT single quadupole mass spectrometer Thermo Scientific
Heat block Fisher Scientific
Nitrogen evaporator
Polytron homogenizer Birkmann
Trace 1300 gas chromatograph Thermo Scientific
Two-stage regulator Air Liquide Q1-318B-580
Vacuum desiccator Fisher Scientific
Vortex mixer Fisher Scientific

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Kolattukudy, P. Biopolyester membranes of plants: cutin and suberin. Science. 208, (4447), 990-1000 (1980).
  2. Kolattukudy, P. E. Polyesters in higher plants. Adv. Biochem. Eng. Biot. 71, 1-49 (2001).
  3. Yeats, T. H., Rose, J. K. C. The formation and function of plant cuticles. Plant Physiol. 163, (1), 5-20 (2013).
  4. Pollard, M., Beisson, F., Li, Y., Ohlrogge, J. B. Building lipid barriers: biosynthesis of cutin and suberin. Trends Plant Sci. 13, (5), 236-246 (2008).
  5. Beisson, F., Li-Beisson, Y., Pollard, M. Solving the puzzles of cutin and suberin polymer biosynthesis. Curr. Opin. Plant Biol. 15, (3), 329-337 (2012).
  6. Heredia, A. Biophysical and biochemical characteristics of cutin, a plant barrier biopolymer. Biochim. Biophys. Acta. 1620, (1-3), 1-7 (2003).
  7. Bonaventure, G., Beisson, F., Ohlrogge, J., Pollard, M. Analysis of the aliphatic monomer composition of polyesters associated with Arabidopsis epidermis: occurrence of octadeca-cis-6, cis-9-diene-1, 18-dioate as the major component. Plant J. 40, (6), 920-930 (2004).
  8. Franke, R., et al. Apoplastic polyesters in Arabidopsis surface tissues - A typical suberin and a particular cutin. Phytochemistry. 66, (22), 2643-2658 (2005).
  9. Vogg, G., et al. Tomato fruit cuticular waxes and their effects on transpiration barrier properties: functional characterization of a mutant deficient in a very-long-chain fatty acid -ketoacyl-CoA synthase. J. Exp. Bot. 55, (401), 1401-1410 (2004).
  10. Molina, I., Bonaventure, G., Ohlrogge, J., Pollard, M. The lipid polyester composition of Arabidopsis thaliana and Brassica napus seeds. Phytochemistry. 67, (23), 2597-2610 (2006).
  11. Li-Beisson, Y., et al. Acyl-lipid metabolism. The Arabidopsis Book. 11, e0161 (2013).
  12. Christie, W. W. Mass Spectrometry of Fatty Acid Derivatives. LipidHome. Available from: http://www.lipidhome.co.uk/ms/masspec.html (2015).
  13. Molina, I., Ohlrogge, J. B., Pollard, M. Deposition and localization of lipid polyester in developing seeds of Brassica napus and Arabidopsis thaliana. Plant J. 53, (3), 437-449 (2008).
  14. Xiao, F., et al. Arabidopsis CYP86A2 represses Pseudomonas syringae type III genes and is required for cuticle development. EMBO J. 23, (14), 2903-2913 (2004).
  15. Christie, W. W., Han, X. Lipid Analysis - Isolation, Separation, Identification and Lipidomic Analysis. 4th edition, Oily Press. Bridgwater, U.K. 446 (2010).
  16. Walton, T. J., Kolattukudy, P. E. Determination of the structures of cutin monomers by a novel depolymerization procedure and combined gas chromatography and mass spectrometry. Biochemistry. 11, (10), 1885-1896 (1972).
  17. Matzke, K., Riederer, M. A comparative study into the chemical constitution of cutins and suberins from Picea abies (L.) Karst., Quercus robur L., and Fagus sylvatica L. Planta. 185, (2), 233-245 (1991).
  18. Riederer, M., Schönherr, J. Quantitative gas chromatographic analysis of methyl esters of hydroxy fatty acids derived from plant cutin. J. Chromatogr. 360, 151-161 (1986).
  19. Moire, L., Schmutz, A., Buchala, A., Yan, B., Stark, R., Ryser, U. Glycerol Is a Suberin Monomer. New Experimental Evidence for an Old Hypothesis. Plant Physiol. 119, (3), 1137-1146 (1999).
  20. Graça, J., Schreiber, L., Rodrigues, J., Pereira, H. Glycerol and glyceryl esters of omega-hydroxyacids in cutins. Phytochemistry. 61, (2), 205-215 (2002).
  21. Eglinton, G., Hunneman, D. H. Gas chromatographic-mass spectrometric studies of long chain hydroxy acids-I: The constituent cutin acids of apple cuticle. Phytochemistry. 7, (2), 313-322 (1968).
  22. Espelie, K. E., Köller, W., Kolattukudy, P. E. 9,16-dihydroxy-10-oxo-hexadecanoic acid, a novel component in citrus cutin. Chem. Phys. Lipids. 32, (1), 13-26 (1983).
  23. Holloway, P. J. Intracuticular lipids of spinach leaves. Phytochemistry. 13, (10), 2201-2207 (1974).
  24. Holloway, P. J., Deas, A. H. B. Epoxyoctadecanoic acids in plant cutins and suberins. Phytochemistry. 12, (7), 1721-1735 (1973).
  25. Holloway, P. J. The chemical constitution of plant cutins. Cutler, D. F., Alvin, K. L., Price, C. E. Academic Press. London. 45-85 (1982).
  26. Croteau, R., Fagerson, I. S. The constituent cutin acids of cranberry cuticle. Phytochemistry. 11, (1), 353-363 (1972).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics