油中水型エマルジョン:疎水性顔料と水溶性クロロフィル結合タンパク質を組み立てるための新しいシステム

Chemistry
 

Summary

この原稿は、油中水型エマルジョンに基づく疎水性顔料と水溶性タンパク質を組み立てるための単純かつ高スループットの方法が記載されています。私たちは、Eで表したアブラナ属植物の組換え水溶性クロロフィル結合タンパク質(WSCPs)の4種類でネイティブクロロフィルの組み立て方法の有効性を実証します大腸菌

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Bednarczyk, D., Noy, D. Water in Oil Emulsions: A New System for Assembling Water-soluble Chlorophyll-binding Proteins with Hydrophobic Pigments. J. Vis. Exp. (109), e53410, doi:10.3791/53410 (2016).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

クロロフィル(Chl類)およびバクテリオ(Bchl類)は光合成集光と電子輸送を行う主要な補因子です。これらの機能は、批判的に大規模と精巧なマルチサブユニット膜貫通タンパク質複合体内での特定の組織に依存します。これらの複合体は、太陽エネルギーの変換を促進する方法を分子レベルで理解するためには、蛋白質顔料、および顔料色素相互作用、励起ダイナミクスへの影響を理解することが不可欠です。このような理解を得る一つの方法は、単純な水溶性組換えタンパク質とChl類の複合体を構築し、研究することによってです。しかし、水溶性タンパク質に親油性Chl類及びBchl類を組み込むことは困難です。また、疎水性の顔料と水溶性タンパク質のアセンブリのために使用することができない一般的な方法は存在しません。ここでは、お尻を可能にする、油中水型エマルジョンに基づく単純かつ高スループットのシステムを示します疎水性のChl類と水溶性タンパク質のembly。新しい方法は、クロロフィルとアブラナ科植物 (WSCP)の水溶性クロロフィル結合タンパク質の組換え型を組み立てることによって検証されました。私たちは、クロロフィルの成功アセンブリをE.を表現WSCPの使用して粗溶解物を実証します新規な水溶性のクロロフィル結合タンパク質のための、およびクロロフィル-タンパク質相互作用及び組立プロセスの研究のための遺伝子スクリーニングシステムを開発するために使用することができる大腸菌細胞。

Introduction

このようなクロロフィル(Chl類)、バクテリオ(Bchl類)およびカロテノイドのような疎水性顔料は、電子輸送、及び光エネルギーの取り込みと転送を行う光合成反応中心と集光性タンパク質中の主要な補因子です。反応中心およびCH1結合集光複合体の大部分は膜貫通タンパク質です。非酸素発生型光合成緑色硫黄細菌1,2のFenna-マシューズ-オルソン(FMO)タンパク質、および渦鞭毛藻類3のペリジニン-クロロフィルタンパク質(PCP)は、水溶性の集光タンパク質の例外的な例です。水溶性クロロフィル結合タンパク質(WSCPs) アブラナ科タデアカザ科のとヒユ科の植物は4、5は、ユニークな例であり、まだFMOとPCPとは対照的に、これらは、光の収穫にも主要な光合成反応のいずれかの中にも関与しています、およびそれらの正確なPHYsiological機能はまだ5-8不明です。彼らの高クロロフィル結合親和性はChl類及びクロロフィル誘導体の9,10の一過性の担体として示唆された機能につながっています。あるいは、WSCPが損傷を受けた細胞内でChl類を捕捉する役割を果たし、クロロフィルによって誘発される光酸化損傷7,11-13から保護するという仮説が立てられました。最近では、それはプロテアーゼ阻害剤としてのそのWSCP機能を提案し、草食性の間に役割を果たしているだけでなく花の開発14の間の細胞死を調節しました。 WSCPsは、それらの光物理的特性に応じて2つの主なクラスに分けられます。最初のクラス(クラスI、 例えば シロザから)は、照明時に光変換を受けることができます。クラスII、さらなるクラスIIa族に細分化されている( 例えばキャベツ、ダイコンから)光変換5,10を受けないアブラナ属植物からWSCPsおよびIIb( 例えばマメグンバイナズナからLepidiumのvirginicumからクラス第IIb WSCPの構造は2.0Å分解能8のX線結晶学によって解決しました。これは、タンパク質サブユニットは、疎水性コアを形成する対称​​ホモ四量体を明らかにしています。各サブユニットは、単純なcore.This内の4つの密に詰まったChl類の密な配置になり、単一のクロロフィルは、すべてのクロロフィルの配置がWSCPsクロロフィル - タンパク質複合体の結合および組み立てを研究するための潜在的に有用なモデルシステム、および隣接Chl類の効果を作る結合しそして個々のChl類のスペクトルと電子物性上の​​タンパク質環境。また、人工光合成素子で集光モジュールに使用することができる人工のクロロフィル結合タンパク質を構築するためのテンプレートを提供することができます。

植物から精製された複合体は常にクロロフィルaの異なる組み合わせで四量体の不均一な混合物が含まれているため、ネイティブWSCPsの厳密な研究が実現可能ではありませんそして、クロロフィルb9。したがって、 インビトロで Chl類と組換え的に発現WSCPsを組み立てるための方法が必要とされます。これは、 インビトロ組立体15が示されたチラコイド膜とアポタンパク質とを混合することによってそれができないだけで、水溶液中で顔料と水溶性のアポタンパク質を混合することによってin vitroで複合体をアセンブルすることができるChl類のごくわずかな水溶解度挑戦しているがこの方法は、チラコイド内のネイティブChl類の存在に限定されています。シュミット 。組換えにより大腸菌にヒスチジンタグ付きタンパク質を発現させることによってカリフラワー(CaWSCP)からWSCPで、いくつかのクロロフィルとのBchl誘導体を組み立てる上で報告大腸菌は、Ni-アフィニティーカラム上にそれを固定化し、洗浄剤11中に可溶化クロロフィル誘導体を導入します。 A.からの組換えWSCPsのに成功しました再構成シロイヌナズナ 6、および芽キャベツ(BoWSCP)、日本の野生ダイコン(RshWSCP)AN同様の方法により、Dバージニアpepperweed(LvWSCP)も報告されました。

ここでは、小説、タンパク質をタグ付けを必要としないWSCPとChl類を組み立てるまたは固定化するための一般的な、簡単な方法を提示します。これは、鉱油中の水​​溶性アポタンパク質のそれらの水溶液からエマルションを調製するに依存しています。タンパク質は、このように体積比16に非常に高い表面積を有する油中水型(W / O)微小液滴中に封入されています。疎水性の補因子は、次いで、油中に溶解され、容易に油相から液滴に導入されます。我々は、組換えE.で表現WSCPアポタンパク質のいくつかの変異体の組立方法を使用してについて報告しますクロロフィルを持つ大腸菌 。我々は、新規のクロロフィル結合タンパク質を開発するためのスクリーニング系として使用することができるWSCP過剰発現細菌の粗溶解物からアセンブリを示します。

Protocol

1.準備クロロフィル株価ソリューション

  1. 重要なステップ:光損傷を最小限にするために、化学フードで、緑色光(520 nm)の下や暗所でのクロロフィルの準備のすべての手順を実行します。必ず、ストレージ用の顔料を凍結する前に、窒素またはアルゴンを追加します。全ての溶媒は分析グレードであることを確認してください。
  2. チラコイド膜にのみクロロフィルaを含有する凍結乾燥スピルリナプラテンシス細胞または他のシアノバクテリア細胞の約5mgを秤量し、乳鉢と乳棒を使用してそれをつぶします。
  3. 負荷は、ガラスカラム上に細胞を破砕し、カロテノイドを除去するために約50〜100mlの%アセトンので洗います。溶出グリーン/オレンジ部分を破棄します。
    注:オレンジ画分を100mlのアセトンで溶出されていない場合には、緑色の画分が溶出し始めるまでアセトンで細胞を洗浄し続けます。
  4. 100%のメタノールを使用してExchangeアセトンとクロロフィルaを含む緑色画分を収集します。溶出したFRACTの体積イオン50-100 mlの間で変化してもよいです。初めに、溶出画分を溶出の終わりに薄緑色に変化する暗緑色を持っています。溶出画分の色は薄緑色に変わったら溶出を停止します。
  5. 抽出物が完全に乾燥するまでロータリーエバポレーターを用いてメタノールを蒸発させます。この溶液に熱を加えないでください。エバポレーターの水浴温度が30℃を超えないようにしてください。
    注:蒸発時間が蒸発するメタノール画分の量に依存し、10〜60分の間で変化してもよいです。完全にエキスを乾燥させることが重要です。
  6. ジエチルエーテル(約5〜10 ml)を少量の乾燥抽出物から顔料を溶解し、脱脂綿でろ過します。顔料が完全にフィルタリングする前に、エーテル中に溶解されていることを確認してください。
  7. 顔料は(10月30日分)完全に乾燥するまで、ジエチルエーテルを蒸発させます。
    注:乾燥顔料はでパージし、で窒素またはアルゴン下に保持することができます-20℃で、さらに処理するまで暗いインチ
  8. ないすべてが完全に中断されていても、100%メタノール(約1ml)の可能な最小量に乾燥顔料を溶解します。この溶液にアセトンの4ミリリットルを追加し、完全に顔料を溶解させるために穏やかにガラスをフリック。
  9. パスツールピペットを用いて、DEAEカラム上に静かにサンプルをロードし、100%アセトンで平衡化したセファロース。
  10. 100%アセトンでカロテノイド(橙黄色帯)を溶出します。 1(v / v)のアセトン/メタノール混合物:その後、3とクロロフィル(緑帯)溶出します。
    注:アセトン、アセトン/メタノール混合物の体積がカラムに充填セファロースDEAEの容積とほぼ同等です。
  11. 溶離液17として2ジクロロメタン/ n-ヘキサン/イソプロパノール/メタノール(v / v)の混合物:25:5クロロフィル68を用いた薄層クロマトグラフィーにより純度を確認。
  12. クロロフィルaが完全に乾燥するまで(ロータリーエバポレーターを用いて溶媒を蒸発させ、10-60分)。
    注:乾燥クロロフィル窒素またはアルゴンでパージし、暗所に-20℃でアルゴン雰囲気下で保存することができます。
  13. 100%エタノール2〜4 ml中の乾燥クロロフィルaを再溶解することによりクロロフィルに原液を準備します。
    注:663 nmでのクロロフィルaの吸光係数は74400センチメートル-1 M -1(83.3センチメートル-1(mg / mlで)-1)エタノールです。典型的なストック溶液を、25mM(23 mg / mlで)の濃度に対応する1860のODを持っている必要があります。クロロフィルの10倍モル過剰の対と混合して有機相の5ミリリットル、及び水相の結果の1ミリリットル中WSCP 1mgを含有するエマルジ ​​ョンに、この株式の20μLを追加しますWSCP。

2.エマルジョンの有機相を準備

注:エマルジョンの有機相(v / v)のスパン80 4.5%を含有する鉱油で構成され、0.4%(v / v)のツイーン80。

  1. Tの50ミリリットルチューブ0.2グラムを計量、80スパン80を1.8g、および鉱油38gのをWEEN。よく、すべての成分を混合し、氷上で冷却します。
    注:有機相は、一週間まで4℃で保存することができます。

3.エマルジョンの水相を準備

注:エマルジョンの水相は、精製WSCP、またはWSCPを過剰発現する細菌の粗抽出物のいずれかで構成されてもよいです。

  1. 精製WSCPを含む水相を調製しました。
    1. 0.3から0.6のODまで37℃でLB培地1LにWSCPプラスミド12を含む大腸菌 BL21細菌を成長させます。
    2. 1mMのIPTGを添加することによってタンパク質発現を誘導します。誘導後12から16時間、30℃で細菌を成長させます。
    3. 4℃で10分間、5000×gで遠心分離によって収穫細菌。
    4. 氷の上にバッファと超音波処理の結合にペレットを溶解させる(上30秒、15秒オフ、5回)。の250ミリリットルの遠心分離から得られたペレットのための緩衝液10mlを使用しますタンパク質を過剰発現する細胞を含むLB培地。
      注:精製方法に応じて、結合緩衝液は、100mMのリン酸緩衝液(pH7.2)または50mMのトリス、pH7.5で、500mMのNaCl、5mMのEDTAから構成されてもよいです。
    5. 4℃で30分間12,000×gで細胞溶解物をスピンダウン。
    6. アフィニティークロマトグラフィーによってWSCPを精製します。 WSCPに融合したタグに応じて、製造業者の指示に従って、タンパク質精製のための適切な市販のアフィニティークロマトグラフィーシステムを使用して組換えタンパク質を精製します。
    7. エマルジョン調製のために、50 mMの中の精製WSCPリン酸緩衝液、pH 7.8を使用します。再構成のために使用される最終的なタンパク質の量がバッファの1ミリリットル当たり0.5〜1.0ミリグラムであることを確認してください。
  2. WSCPで、粗細菌溶解物を含む水相を調製しました。
    1. OD 0.3から0.6まで、37℃でLB培地250ml中のプラスミド発現WSCPを含む大腸菌 BL21細胞を成長させます。
    2. でタンパク質発現を誘導します1mMのIPTGおよび30℃で一晩細菌を増殖します。
    3. 4℃で10分間5,000×gでの遠心分離によって菌体を回収。
    4. 4℃で30分間、12,000×gで50 mMリン酸ナトリウム緩衝液pH 7.8、超音波処理(上の30秒、15秒オフ、三回)遠心1-2 ml中にペレットを溶解します。
    5. 50mMリン酸ナトリウム緩衝液pH 7.8の0.875 mlの上清0.125 mlと混合して、エマルジョンの水相を調製します。

エマルジ ​​ョン中のクロロフィルAとWSCPの4アセンブリ

  1. ガラスバイアルへの転送油、界面活性剤混合物の5ミリリットルを、氷上にそれを冷却します。ピペッティングの前に、有機相のすべてのコンポーネントが完全に混合されていることを確認し、界面活性剤や鉱物油との間には相分離はありません。
  2. 有機相の5ミリリットルにセクション3のように調製した氷冷水相の1ミリリットルを追加します。
  3. 氷上で9,500 rpmで2分間、組織ホモジナイザーを用いて、両相を混ぜます。
  4. 重要なステップ:上のこの段階から、光損傷を最小限にするために、緑色の光(520 nm)の下にあるすべてのさらなるステップを実行します。 25 mMのクロロフィルストック溶液20μlを加えるエマルジ ​​ョンに(項1.13を参照してください)。フリックとガラスバイアルを反転させて分散させます。クロロフィルが均等にエマルジョンで配布されていることを確認します。
  5. 暗所で氷上で1〜2時間乳剤をインキュベートします。
  6. 有機相からエマルジョンおよび独立した水滴を打破するために、室温で5分間、14,000×gで1.5ミリリットルプラスチックチューブと遠心分離機にエマルジョンを転送します。
    注意:アセンブリが​​成功した場合、下層の水相は、緑の色を持っている必要があります。
  7. 上部の油相を廃棄し、鉱油を1ml加えます。ボルテックスによって、あるいは完全にチューブを反転することによってペレット化し、エマルジョンとよくミネラルオイルを混ぜます。室温で5分間、14,000×gでサンプルをスピンダウン。水性および鉱山労働者を分離する明確なメニスカスまで、この手順を繰り返します中間エマルジョンなしアル油相が得られます。
  8. 化学フード内で、この手順を実行します。水、ミネラルオイル相が明確に分離された後、ミネラルオイルを除去し、水飽和ジエチルエーテルを1ml加えます。ボルテックスし、室温で5分間、14,000×gでサンプルをスピンダウン。二回、この手順を繰り返します。
  9. 2回目の遠心分離後、ジエチルエーテルを除去し、フード内で5-20分間開いたチューブを残します。
  10. 最後に、脱塩カラムにWSCP /クロロフィル複合体を含有する水相をロードし、さらなる実験のための適切な緩衝液で溶出します。
    注:タンパク質は、リン酸と広範囲のpH(6.0-7.5)でトリス緩衝液中で安定しています。試料は、1ヶ月まで、光から保護して4℃で保存することができます。

Representative Results

組換えWSCPアポタンパク質は、前のセクションで説明したプロトコルに従って、W / Oエマルション中のクロロフィルAを用いて組み立てました。プロトコルは純粋WSCPs、または溶解物大腸菌細胞WSCPを過剰発現する( 図1)のいずれかを含有する水相を用いて実施されました。プロトコルは速く、簡単で、組織ホモジナイザーを除き、特別な装置を必要としません。

クロロフィルの吸光度およびCDスペクトルは、4組換えWSCPの変異体、すなわちRshWSCP、CaWSCP、BoWSCPとLvWSCPの複合体はこれらは、それぞれのネイティブ複合体10,18の以前に報告されたスペクトルとバンドの形状や位置が類似している。図2に示します。 19。これらの結果は、W / Oエマルション系で再構成WSCP /クロロフィル複合体は、天然の複合体に似ていることを示しています。

大腸菌細胞の粗溶解物は、エマルジ ​​ョンの水相として使用しました。 WSCPsを発現しなかった細菌の溶解物を陰性対照として使用しました。クロロフィルAとWSCPの正の組み立てを容易に水相の緑の色で観察されたが、唯一のWSCPの溶解物中の細胞( 図3)を発現されます。これらの溶解物を含む液滴は、明確なクロロフィル、共焦点顕微鏡画像で蛍光を備えています。これは、クロロフィルWSCP /複合体の正常なアセンブリは、W / Oエマルションベースのスクリーニングシステムのための基礎であり得る水滴、直接検出することができることを意味します。

図1
図1:W / Oエマルション中のChl類とWSCPの組立(。 大腸菌細胞の溶解物を含有する水性相と混合されます。エマルジョンの準備が整うと、Chl類をエマルションに添加します。再構成した後、水滴を遠心分離により有機相から分離されます。 (B)W / Oエマルション系は、Chl類とWSCPsの正の再構成のための迅速かつハイスループットスクリーニングのために使用することができます。 WSCP /クロロフィル複合体の蛍光を共焦点顕微鏡で水の微小液滴から直接検出することができます。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図2
図2:吸光度およびWSCP /クロロフィルのCDスペクトル 4の複合体アポタンパク質WSCP変異体は、クロロフィルの10倍モル過剰で再構成しました。吸光度スペクトル(a)の BoWSCP(黒)、CaWSCP(緑)、およびRshWSCP(青)とLvWSCPのための663nm(赤)のために673nmで1に正規化しました。同一の正規化因子は、CD(B)に適用しました。 16から許可を得て転載。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

図3
図3: 走査型蛍光顕微鏡およびWSCP /クロロフィル複雑なアセンブリの視覚的スクリーニング E.(A)SDS-PAGE。 W / Oエマルション中のクロロフィルAとの再構成の前と後の大腸菌 BL21細胞溶解物。レーン1:WSCPプラスミドなしBL21細胞、レーン2:WSCPナンプラーとBL21細胞IPTGによる誘導なしのsmid、レーン3:IPTGで誘導WSCPプラスミドでBL21細胞。レーン4,5および6は、それぞれレーン1、図2および図3と同じサンプルであるが、エマルションの有機相から水相を分離した後。各試料の少量のアリコートをSDSタンパク質ゲル上で実行しました。レーンM:タンパク質サイズマーカー。サンプル前と相分離後の写真は、各レーンの上部に示されています。 (B)油相でクロロフィルAで調製したW / O小滴の共焦点顕微鏡像。右画像上のものはWSCPのタンパク質を含有していたのに対し、左画像上の液滴は、任意のタンパク質が含まれていませんでした。蛍光は、682 nmでモニターしました。 16から許可を得て転載。 この図の拡大版をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

Discussion

私たちの目標は、疎水性の顔料と水溶性クロロフィル結合タンパク質の組み立てのための新しい一般的なシステムを開発することでした。ここでは、W / Oエマルションに基づいて、新たな再構成システムは、組換えE.で表現芽キャベツ、カリフラワー、わさびとバージニアpepperweedからWSCPアポタンパク質のアセンブリのために働くことが証明の一般的なアプローチであることが示されています大腸菌 。ここでの結果は、クロロフィルの10倍モル過剰のWSCPの1ミリグラムの再構成から提示されています。しかし、再構成は、別のクロロフィル/タンパク質のモル比についてWSCPのより低い濃度を使用することも可能です。私たちは、W / Oエマルションに組み立てることができたタンパク質の最小量は、タンパク質の比に顔料が5ごとに異なる​​可能性がありながら、100μgのだった:1と20:1まで。また、水相の体積を50μlまで下げることができます。本研究ではクロロフィルAとWSCPのアセンブリが提示されています。しかし、組み立てることも可能です他の疎水性Chl類、Bchl類及びその誘導体とWSCP。現在、我々はそのようなFMOやPCPのような他の水溶性顔料結合タンパク質と我々のシステムをテストしています。

なお、本手法は、クロロフィルとWSCPのW / O製剤および再構成の際に考慮する必要があるいくつかの重要なステップが存在する高速かつ簡単です。乳剤調製のために使用されるガラスバイアルは、清潔で、洗剤を含まないことが必要です。バイアル中の洗剤の少しでもトレースは、乳剤調製に影響し、エマルジョンの低品質になります。また、バイアルを完全に乾燥しているべきです。再構成効率に影響を与える可能性がある他の重要なステップは、徹底的にエマルションの有機相中のクロロフィルの分散です。したがって、完全にエマルジョン5mlのクロロフィルの少量を混合することが重要です。エマルジョンを破壊し、完全に水相から鉱物油を除去するために必要な限り多くのステップを行うことも重要です。水のpHの鉱油の痕跡ASEはさらなる実験に影響を与える可能性があります。

W / Oエマルションは、シュミットによって確立された方法のための代替的なアプローチである。アフィニティークロマトグラフィーカラムにHisタグWSCPを固定化し、Chl類とのインキュベートに基づいていた11、。シュミットらの方法は異なるWSCPsのために働くことを証明した、が、それは彼の標識タンパク質を必要とし、タグのヒスチジンに連結することによってChl類の非特異的結合をもたらすことができます。また、固体表面上にタンパク質を固定化することは、したがって顔料と組立工程に影響を与える、タンパク質構造に影響を及ぼし得ます。また、このシステムでWSCPsの組み立てのために使用されたクロロフィルは、いずれかの洗剤または40%のメタノール11,12を含む緩衝液に溶解しました。このような溶媒は、顔料の凝集および/または非特異的クロロフィルがWSCPに結合する可能性があります。 W / Oエマルションに基づいて、当社の新たな再構成システムは、固体支持体にタンパク質を固定化には依存しません。 Therefo再度、WSCPsに融合した、精製タグを必要としない、ネイティブ配列​​を有する組換えタンパク質を組み立てることができます。 W / O方法の別の重要な利点は、再構成の効率性、オリゴマー及び顔料/タンパク質の化学量論に影響を与えることができる顔料の凝集を最小限にしています。疎水性顔料は油相に溶解し、W / O小滴への導入は、後者の体積比に高い表面で有効になっているためです。疎水性顔料は、エマルジョンの有機相と水相との間で拡散することができないので、さらに、WSCPによってChl類の非特異的結合が回避されます。唯一の積極的再構成の際にWSCPによって組み立てられる顔料は、エマルジョンの水の微小液滴に入ることができます。

単離されたチラコイド10とWSCPを混合することにより顔料とWSCPを組み立てる方法は、ここに提示W / Oエマルションのシステムと同様です。これは、ゾルのために界面活性剤や有機溶剤を必要としませんChl類をubilizing、またタンパク質にタグを付けます。しかし、W / O方法は、従来の方法は、ネイティブチラコイド膜に存在するChl類に制限され、一方、油相に可溶性である任意の顔料と共に使用することができます。このように、純粋なクロロフィルaまたはクロロフィルdを持つアセンブリは、これらは例えば シネコシスティスPCC 6803またはそれぞれAcaryochlorisマリーナ 、のシアノバクテリアチラコイドから入手可能であるためから可能です。しかし、この顔料は常にチラコイドでクロロフィルaに伴うためクロロフィルbにWSCPを再構成することは不可能です。対照的に、W / Oエマルジョン中WSCPアセンブリは、任意の天然または人工のChl、のBchlまたはポルフィリン誘導体を用いて試験することができます。これは、光合成膜を用いて必要とせず、それによっては、シアノバクテリアの膜に結合することができるようなフィコビリソームとして膜外の部品との干渉から自由です。 W / O方法は、油相A中の顔料の溶解度によってのみ制限されますndは任意の天然または人工のChl、のBchlまたはポルフィリン誘導体とWSCPアセンブリに適して。

要約すると、我々はここで、疎水性顔料と水溶性タンパク質を組み立てるための一般的な方法を提示します。その利点は、以下のように明確に分光学的および生化学的結果によって示されるアブラナ属植物からの異なる組換えWSCPsとクロロフィルaの成功したアセンブリによって実証されました。また、我々は、W / Oアセンブリプロトコルは、組換えWSCPs、粗クロロフィル抽出物を過剰発現する大腸菌細胞の溶解物を用いて、WSCP /クロロフィル複合アセンブリーの迅速スクリーニングに用いることができる方法を実証しました。この方法では、タンパク質精製ステップおよび直接水滴にアセンブリを可視化するために蛍光顕微鏡を使用することによって回避することができる有機相から水滴を分離するために、エマルジョンを破壊する必要がかかる時間を省略することができます。新方式の一般的な適用は、利用します設計とその簡略化された人工の水溶性タンパク質の類似体を構築することによって、膜貫通タンパク質補因子複合体に補因子結合およびアセンブリ、ならびにエネルギーおよび電子伝達メカニズムを研究するためのFULツール。

Disclosures

著者は、彼らが競合する金融利害関係を持たないことを宣言します。

Acknowledgments

DNは、EU FP7プロジェクトのPEPDIODE(GA 256672)REGPOT-2012-2013-1(GA 316157)、およびイスラエル科学財団からの個人研究助成金(第10分の268)からの支援を認めています。我々は、共焦点顕微鏡画像を撮影するための教授シュムエルルビンスタイン、工学応用科学の学校、ハーバード大学、ケンブリッジMA、USAに感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Mineral oil Sigma M5904
Span80 Sigma 85548
Tween80 Sigma P8074
Bio-Scale Mini Profinity eXact Cartridges Bio Rad 10011164 Affinity chromatography for WSCP purification with native sequence.
His Trap HF column GE Healthcare Life Science 17-5248-02 Affinity chromatography for WSCP purification with His-tag
DEAE Sepharose Fast Flow GE Healthcare Life Science 17-0709-01 Chromatography medium for chlorophyll purification

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Bryant, D. A., Frigaard, N. -U. Prokaryotic photosynthesis and phototrophy illuminated. Trends Microbiol. 14, 488-496 (2006).
  2. Tronrud, D. E., Wen, J. Z., Gay, L., Blankenship, R. E. The structural basis for the difference in absorbance spectra for the FMO antenna protein from various green sulfur bacteria. Photosynth. Res. 100, 79-87 (2009).
  3. Schulte, T., Johanning, S., Hofmann, E. Structure and function of native and refolded peridinin-chlorophyll-proteins from dinoflagellates. Eur. J. Cell Biol. 89, 990-997 (2010).
  4. Renger, G., et al. Water soluble chlorophyll binding protein of higher plants: a most suitable model system for basic analyses of pigment-pigment and pigment-protein interactions in chlorophyll protein complexes. J. Plant Physiol. 168, 1462-1472 (2011).
  5. Satoh, H., Uchida, A., Nakayama, K., Okada, M. Water-soluble chlorophyll protein in Brassicaceae plants is a stress-induced chlorophyll-binding protein. Plant Cell Physiol. 42, 906-911 (2001).
  6. Bektas, I., Fellenberg, C., Paulsen, H. Water-soluble chlorophyll protein (WSCP) of Arabidopsis is expressed in the gynoecium and developing silique. Planta. 236, 251-259 (2012).
  7. Damaraju, S., Schlede, S., Eckhardt, U., Lokstein, H., Grimm, B. Functions of the water soluble chlorophyll-binding protein in plants. J. Plant Physiol. 168, 1444-1451 (2011).
  8. Horigome, D., et al. Structural mechanism and photoprotective function of water-soluble chlorophyll-binding protein. J. Biol. Chem. 282, 6525-6531 (2007).
  9. Reinbothe, C., Satoh, H., Alcaraz, J. -P., Reinbothe, S. A Novel Role of Water-Soluble Chlorophyll Proteins in the Transitory Storage of Chorophyllide. Plant Physiol. 134, 1355-1365 (2004).
  10. Satoh, H., Nakayama, K., Okada, M. Molecular cloning and functional expression of a water-soluble chlorophyll protein, a putative carrier of chlorophyll molecules in cauliflower. J. Biol. Chem. 273, 30568-30575 (1998).
  11. Schmidt, K., Fufezan, C., Krieger-Liszkay, A., Satoh, H., Paulsen, H. Recombinant water-soluble chlorophyll protein from Brassica oleracea var. Botrys binds various chlorophyll derivatives. Biochemistry. 42, 7427-7433 (2003).
  12. Takahashi, S., et al. Molecular cloning, characterization and analysis of the intracellular localization of a water-soluble Chl-binding protein from Brussels sprouts (Brassica oleracea var. gemmifera). Plant Cell Physiol. 53, 879-891 (2012).
  13. Takahashi, S., Ono, M., Uchida, A., Nakayama, K., Satoh, H. Molecular cloning and functional expression of a water-soluble chlorophyll-binding protein from Japanese wild radish. J. Plant Physiol. 170, 406-412 (2013).
  14. Boex-Fontvieille, E., Rustgi, S., von Wettstein, D., Reinbothe, S., Reinbothe, C. Water-soluble chlorophyll protein is involved in herbivore resistance activation during greening of Arabidopsis thaliana. Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 112, 7303-7308 (2015).
  15. Hughes, J. L., et al. Magneto-optic spectroscopy of a protein tetramer binding two exciton-coupled chlorophylls. J. Am. Chem. Soc. 128, 3649-3658 (2006).
  16. Bednarczyk, D., Takahashi, S., Satoh, H., Noy, D. Assembly of water-soluble chlorophyll-binding proteins with native hydrophobic chlorophylls in water-in-oil emulsions. BBA - Bioenergetics. 1847, 307-313 (2015).
  17. Fiedor, L., Rosenbach-Belkin, V., Scherz, A. The stereospecific interaction between chlorophylls and chlorophyllase. Possible implication for chlorophyll biosynthesis and degradation. J. Biol. Chem. 267, 22043-22047 (1992).
  18. Kamimura, Y., Mori, T., Yamasaki, T., Katoh, S. Isolation, properties and a possible function of a water-soluble chlorophyll a/b-protein from brussels sprouts. Plant Cell Physiol. 38, 133-138 (1997).
  19. Murata, T., Itoh, R., Yakushiji, E. Crystallization of water-soluble chlorophyll-proteins from Lepidium virginicum. Biochim. Biophys. Acta. 593, 167-170 (1980).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics