適応レジスタンストレーニングは、多発性硬化症を有する個体において8週間で強度を向上させます

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ヒップ弱点は、多発性硬化症を有する人で歩行能力に影響を与える一般的な症状です。単離された筋肉の強化は、特定の弱点を対象とする有用な方法です。このプロトコルは、臀部の筋肉の強度を増大させるために運動バンドを使用してプログレッシブ抵抗トレーニングプログラムを記述する。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Keller, J. L., Fritz, N., Chiang, C. C., Jiang, A., Thompson, T., Cornet, N., Newsome, S. D., Calabresi, P. A., Zackowski, K. Adapted Resistance Training Improves Strength in Eight Weeks in Individuals with Multiple Sclerosis. J. Vis. Exp. (107), e53449, doi:10.3791/53449 (2016).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ヒップ弱点は、多発性硬化症(MS)を持つ人々で歩行能力に影響を与える一般的な症状です。これは、抵抗筋力トレーニング(RST)がしかし、MSを有する個体において強度を向上させることができることが知られています。それは強度の向上を行うために必要とされ、どのようにのみ抵抗帯を使用して、様々な強さの個人のために股関節強化練習を適応させるために、RSTの期間不明なままです。本論文では、セットアップとMSとの個人のために、抵抗帯を使用して、適応抵抗筋力トレーニングプログラムを実装する方法を説明します。筋力トレーニングプログラムの有効性を評価するための前後の強度試験のための指示が含まれています。安全機能と詳細な手順は、毎週のプログラム内容や進行を概説しています。現在の証拠は、かなりの強度の向上がRSTプログラムを開始8週間以内に行うことができることを示して提示されています。証拠はまた、抵抗筋力トレーニングが正常にadapteできることを示して提示されていますほとんどの機器と強さを変化させるのMSを持つ個人のためにD。

Introduction

MSでは、侵害神経機能は、一般的に弱さで、その結果、運動機能障害につながります。これは、筋力低下がMSと非アクティブさらなる妥協機能的能力1を持つ人々で削減日常の活動に寄与することが知られている; 2。私たちの研究室では、MSとの個体において弱い股関節屈筋は、特に最も弱い個人4で、スピード3を歩い影響を及ぼすことが示されています。歩行に弱い近位腰の筋肉の重要性は、MSならびに他の神経変性状態4に示されている; 5。この悪循環が増加し、障害や生活6の質の低下に寄与し; 7。 9、筋力10、疲労8;定期的な運動は、日常の活動8、心臓血管の健康8を向上させることができ 、MS 12を持つ人々で11。筋力トレーニングは、MSの参加者13〜16において良好な機能的転帰につながることができ、神経適応を促進することが知られている。&#されます160;物理的なリハビリは、多くの場合、機能の回復のためにMSを有する個人に提供唯一の治療法であるので、強度を向上させる最も効率的な方法であるかを判断することが重要です。

抵抗筋力トレーニングは、筋力や強化を最適化するための最良の方法の大幅な変更を確認するために必要な最小限の時間に明確なコンセンサスと評価されています。現在レビューは筋力トレーニングの研究は主にMSが(0から6.5の拡大障害状態尺度で)障害14を低〜中程度に苦しんのある人に下肢を対象とし、26週に3からの長さで変化していることを報告し; 17; 18 。これらの研究は、主に、ジムの場所に直接の監督との訓練のための等速デバイスを使用しています。等速機器の使用は、単一の筋肉を分離し、強化するための一つの方法ですが、それは高価な機器を使用せずに練習を完了するために、人の能力を制限します常にアクセスすることはできません。抵抗バンドは、これにより、遠位の関節にストレスを避け、抵抗性の方向を制御するだけでなく、手足に耐性の配置の利点を提供します。抵抗バンドはまた、カフの重みと同様に他の機器と、次により細かい単位でグレードへの耐性を機会を提供しています。

アライメントや動きのパターンは慎重にアスリートのトレーニングに取り組まれている、まだ彼らの制限が非常に複雑例えば、感覚、運動制御、認知)しているので、少し注意が部分的には、慢性変性状態を有する個体においてこれらの要因に与えられています。演習では、だけでなく、日常の活動に整合に対処する必要性は19非常に重要です。シンプルな、しかし正確にそのまま神経系19を有する個体において筋骨格症候群の解像度で援助を行っている多くの一般的な運動プログラムがAvaIであるが、よく選択された演習lable、彼らは病気の進行性の性質を考えると、移動性および修正必要に影響を与え、MS内の特定の障害に対処していません。このプログラムのために、私たちは姿勢アライメント、ならびに筋肉が機能的にどのように使われるかについては、ほとんどの最適な位置で行われ、特定の練習を強調しています。

本研究における目的は、障害の可変度を持つ個人に一般化である腰の筋肉のためにアクセス可能、安価な、抵抗のトレーニングプログラムを作成することでした。シンプルだ正確に記述ヒップ強化演習を単離し、筋肉の強化を重視し、ここで適応されており、ガイドラインはさらに、現在の筋力に応じた練習を適応する個人のために提供されています。個人が自宅に容易に適応され、プログラムを複製するために必要な詳細情報が指定されている体系的な方法で抵抗帯を行使することができるように勧告がなされています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

注:医学のジョンズホプキンス大学とケネディクリーガー研究所の機関審査委員会は、この作業を承認しました。すべての参加者は、参加前に書面による同意が得られました。

1.トレーニング

  1. インストラクターが適切にこのプロトコルを開始する前に手持ち動力測定法や運動内容の詳細の使用の訓練を受けていることを確認します。
    注:セクション6と8.2での説明に従って、テストや運動内容の詳細、次の能力と一貫性を保証するために、様々な強度レベルで個人のミックスをテストします。

2.エクササイズのクラスのための場所を選択し、必要な機器

  1. 委任時の演習を行うには2-5人を募集。
  2. 安全に横たわっに人を支援することができ、それが壁に一方の長辺で、地面にしっかりとかかっている加重台座の余地があることを確認してください。床Aがあることを確認台座の短辺に少なくとも2.5メートルと1メートルの台座の脚の長辺に対して垂直に地面にREAクリアランス。
  3. 利用できるようにするには、次の機器との十分なスペースがあることを確認してください:地面から少なくとも18インチのシートの高さを持っており、車輪や腕を持っていない椅子2脚。 2パッド入りの「ヨガ」マット。高さ調節ベンチ(約90センチメートルX 30センチメートルX 45〜60センチ)。 (;杖歩行)、必要に応じて使用する人々は、デバイスを可能に部屋の中を安全に移動するための十分なスペースがあることを確認してください。より多くのスペースをより損なわれ、参加者を持つグループのために必要とされます。

3.抵抗バンド

  1. 商業的供給源からの抵抗帯を取得(材料および機器のリストを参照)。
    注:異なる色のバンドは、抵抗の異なる量を表します。あなたが抵抗の量を決定するために購入したバンドのパッケージを確認してください。本研究の例では、5つのラテックスフリーバンドが鳴りました100%の伸びで力の13〜40ニュートン(N)をるが使用された(具体的に:レベル1:13、レベル2:20、レベル3:27、レベル4:33、レベル5:40)。 、45 Nレベル7 67 Nとレベル8:レベル6の力で強力な参加者のための追加の抵抗管を使用して89 N.
  2. 160センチメートル(cm)の各バンドの色の長さを使用してください。それぞれのバンドのマーク20センチセクション。ループ状のプラスチック製のジッパーネクタイの周りの各20センチメートルの接合部にバンドを結び目。抵抗の強さを個別にはこれを使用します。抵抗バンドの各レベル/色のためにこれを行います。
  3. 8センチカラビナを使用して、それぞれの抵抗バンドの1つのレベルは、少なくとも4セットを作るために組み合わせます。これは、各ステーションでの抵抗を個別化するために重要となります。
    注:カラビナとジップタイが十分に緊張に耐え、安全性能を確保するための最小ポンドの引張強さを持っている必要があります。これはセットアップにジップ225 Nの絆と667 N強度のカラビナを確実に使用されています。 ANCHするにはまたはバンドは、以下が必要になることがあります:ロープ(長さは選択された他の機器に依存します)。 'S'のフックを乗。ドアアンカー。

4.参加者募集

  1. 口、チラシ、医師や友人の紹介、MSのニュースレター、MSのサポー​​トグループ、およびウェブサイトの言葉を通じて、MSの成人を募集。
  2. MSと個人であることを確認します。その薬の​​安定と独立して2段階の指示に従うことができる医学的に安定して〜6ヶ月、ためになっている、腰、膝、足首、および最小限の痛みで運動の機能パッシブ範囲を持っています。

5.電話スクリーニング

注:これは参加が必要であり、参加者の適格性を評価するためにどのような興味を持つ人に説明することが不可欠です。

  1. 何の詳細は見逃されていないので、電話をかける人が続くことができる文書を起草。
    注:携帯電話のスクリーニングでは、人口統計学的含めるようにしてください情報、および除外基準、障害レベル、および運動プログラムの構造の見直しすなわち、日、時間の長さ)とどのような運動プログラムから期待します。
  2. 興味のある参加者に連絡し、電話スクリーニングをスケジュールします。
    注:安全運動プログラムに参加するための誰かの健康の問題がある場合は、参加者が運動プログラムを承認ノートの彼または彼女の医師に依頼しています。

6.参加者の事前テスト

注:抵抗トレーニングプログラムを開始する前に、2週間以内に事前にテストを実施します。

  1. その日の参加者優先時(試験前)最初のテストセッションのために、各参加者のスケジュールを設定し、すべてのテストセッションがこの好ましい時間の間にすることができるように時間を記録します。
  2. 各参加者からの事前の参加に書面によるインフォームドコンセントを取得します。
  3. 股関節屈筋のための強さの尺度を取得、手を使用して、股関節伸筋、および股関節外転筋が破断試験を使用して、ベースライン強度のステータスを評価するダイナモメーターを開催しました。 Bohannon によって記載されているように、テスターは、参加者の筋肉の力を圧倒することを確認してください
    注:参加者は、もはや最大の抵抗を維持することができ、四肢は、開始位置から移動を開始したら中断テストが完了していません。すべてのテストのために参加者が握るか20自分自身を引き締めるために彼らの武器を使用していないことを確認してください。
    1. 体の側面を交互にすべてのテストを実行し、お互いの45 N内の各側面のための2つの一貫性のある対策を得るために繰り返します。最大の努力で4-5秒間それぞれの位置を保持するために参加して下さい。各メジャーとメジャーを実行するテスターを記録します。それぞれの側が結果に使用するための2つの対策を平均します。
      注:各試験の前に、各筋肉群の前に参加者に手順を説明します。
    2. 股関節屈曲については、PAを指示枕の上に載っているマット、足が伸び、リラックスした身体と頭の上に仰向けに存在するrticipant。片膝と腰を曲げて、90度に腰を保持するために、参加者に指示します。
      1. 遠位大腿骨のダイナモメーターを配置します。鼻に向かって膝を引き、できるだけ強く保持するために、参加者に指示します。膝はこの移動中に横方向または内側を移動してはいけません。ゆっくりと均等に参加者のつま先の方向に動力計を引い
    3. ヒップ延長については、参加者が台座上の傾向が存在するように指示し、脚が拡張され、ボディリラックス。参加者は完全に平らに不快であるか、または運動の股関節拡張範囲が限られている場合は、胸の下に枕を提供します。 90度の屈曲とホールドに片側の膝を曲げるために、参加者に指示します。
      1. 遠位大腿骨のダイナモメーターを配置します。マットの膝を持ち上げためにお尻を使用するには、参加者に指示し、保持し、ねじったりしないでください。 Mの方向に動力計を押し下げで。
        注:講師は動力計が使用されている間に足がマットに達していないことを保証するために、マットの上にダイナモメータを保持していない手を休めることができます。
    4. 股関節外転のために、サイドに横たわる壁に休んバック肩、と腰とのマットの上に横にする参加者に指示します。必要に応じて参加者が休憩するための枕を提供します。必要に応じて下アームや手に自分の頭を休ませる参加者に依頼してください。底面脚の膝を曲げて、かかとが壁に触れるとつま先がやや上向きでトップの足を拡張するために参加者に説明してください。壁にトップストレートレッグとかかとを保つために、と〜45度に彼または彼女の足を持ち上げて保持するために、参加者に指示します。
      1. 足( すなわち 、大腿骨遠位端)側の動力計を置き、押し下げます。

7.プログラム

注:introductの参加者に指示セクション7と8 7.1で説明するように演習のORY材料と仕様 - 7.8最初のセッションで説明し、必要に応じて見直しする必要があります。指示し、最適な参加者の訓練のための時間で1日あたり3を超えないを行使する。一対一の可能な限り最適な監督とパフォーマンスのために指示します。より多くの障害者のための運動能力の基礎と2~3週間を学ぶために、より高い機能する個人のため1〜2週間を見込んでいます。プログラムの過程で減少する監督と支援を必要とすると予想しています。しかし、講師が直接観察を提供し続け、必要に応じて増加する抵抗が頻繁に増加した努力とアライメントに出席し、より困難になるなどのプログラムを通じて頭出しします。

  1. プログラムの原則と目標に参加者に指示します。
    1. プログラムの主な目的は、歩行を最大化するために重要な脚の筋肉を強化することである参加者に指示します。
    2. 孤立した筋肉の強化の重要性について参加者に指示します。孤立した筋肉を強化することは簡単そうに見えるが、ポジショニング、動きを制御し、抵抗を追加する努力を高くすることができますがあります。筋肉が単独で強化されていない場合、強くは強くなるだろうと弱いが弱くなります。
    3. 機能訓練演習の目的は、全身の動きに強化孤立筋肉を組み込むことである参加者に指示します。正しい配置を強調最適な筋肉のパフォーマンスのために必要です。機能演習は、日々の活動に運動を適用する方法を示している参加者に説明してください。
  2. 参加者のプログラムの期待の参加者に指示します。
    1. 36セッションの合計のための12週間のオファーグループエクササイズの参加1週間に3回、。 3平日のセッションの中で休息日を含めます。たとえば、月曜日、火曜日、木曜日のフォーマットはappropriatですE。
    2. 14週間以内に33グループセッションの最小値を完了するために、参加者を要求します。
      1. 参加者は、この目的を達成できるようにするために、毎月作るのセッションを提供しています。
    3. 提供し、3演習各週末の一日のホーム・プログラムを実行するために、参加者が必要です。
  3. 安全性と適時性のためのグループエクササイズの設定で参加者に指示します。
    注:重要なグループとしての時間の時間に開始および終了するために、次の命令に含めます。到着すると、早期開始するインストラクターのを待ちます。遅れて到着した場合には、その日のすべての演習を完了できない場合があります。時間に注意が、スペースの利用可能性に必要です。安全性と礼儀のための中心位置を尊重。
  4. 安全に注意の参加者に指示します。
    1. 部屋について移動するときに、参加者は運動器具とr内の他の人の「設定」に参加し注意して使用することを確認 OOM。グループの安全性を確保するために、部屋の中を移動するために、必要に応じて、使用するために歩行器を参加者に確認して下さい。インストラクターが不注意に起因する発生する個々の安全性の問題に対処するために、セッションを中断することなく、練習のクラスを集中することができる重要性を強調しています。
  5. 運動器具の使用とケアの参加者に通知
    注:必要に応じて、インストラクターが設定して、各クラスの前と後の機器を降ろします。
    1. 病院のガイドラインに従ってインストラクターにきれいな機器を確認してください。機器の感染制御のための整合性を維持するためにマットをカバーするために個人的なタオルを使用するために、参加者に指示します。
  6. 運動ステーション形式で参加者に指示
    1. 確認インストラクターが出発駅と駅の順序を割り当てます。 (毎週ログシートの白い列を使用するために、参加者を参照してください。日によって特定の練習を示すためにtrengthtraininginMS_121415.pdf「ターゲット= "_空白">付録を参照してください)。
    2. 誰もがそれぞれのセッションですべての練習を介して取得するためのタイムリーが不可欠であることを参加者に指示します。足の間と駅の間で変更する指示に出席するために、参加者に指示します。必要に応じて設定して助けを求めるために参加者を奨励
  7. 毎日の形式で参加者に指示
    1. 参加者出席の遵守を監視するためのインストラクター用シートサインインを提供します。
    2. インストラクターは、参考のために以下のリストと看板掲示を確認します(日付とイニシャル)でログイン。インストラクターでウォームアップ。クリップボードと運動パケットを取得します。適切なアンクルストラップや太ももストラップを着用。最初の駅に移動。示されているようにステーションを変更します。各運動後のログシートの努力と繰り返しを入力してください。すべての強化と機能演習を完了します。袋にバックログ、ストラップとペンを入れて、お任せくださいセッションの終了時に講師と( エクササイズログについては、付録を参照してください )。

8.一般的な考慮事項

  1. 各エクササイズのためのルーチンの中で、参加者に指示:
    1. 適切なストラップとフック配置のためにログを行使することを参照してください。開始位置に戻る前に最後の範囲で3〜5秒間保持し、片足で実行します。ゆっくりと良好な配向でそれぞれの動きを実行します。セット間の60秒の残りの部分と繰り返し二組の各エクササイズを実行します。
    2. セットごとに繰り返し回数のために参加者のログの最初のページを参照してください。反対側の運動を繰り返します。 (6.19の手順を参照してください)​​提供行使ログに次に移動する前にそれぞれの運動のために示されているように、パフォーマンスを記録するために、参加者に指示します。
    3. 以下のための適切な訓練と指導を提供します具体的な演習。指示し、最適な参加者の訓練のための時間で1日あたり3を超えないを行使する。一対一の可能な限り最適な監督とパフォーマンスのために指示します。
    4. 高い機能のために個人が運動パフォーマンスとより多くの障害者のための週1-3の基本を学ぶために週1-2使用することを期待しています。
    5. 参加者はより独立になるとプログラムのコースの監督と支援の減少量を提供します。しかし、直接観察を提供し、必要に応じて増加する抵抗が頻繁に増加した努力とアライメントに出席し、より困難になるなどのプログラムを通じて頭出し。
  2. ウォームアップエクササイズ
    1. 各セッションでのグループのための最も適切なウォームアップを選択します。
      注:推奨ウォームアップのオプションが含まれます:前方に歩行やマーチングを。後方歩行; sidesteppingまたは30メートルごとにスキップ。グループの能力に基づいて、必要に応じて変更します。
  3. 股関節屈曲
    1. ストレート両方の腰と仰向けにあるように、参加者に指示します。正中線近くに膝を保ち、ゆっくりと股​​関節屈曲の範囲を終了するには、胸に向かって片膝を持ち上げて、参加者に指示します。開始位置を制御して下肢に参加者に指示します。必要に応じて安定した骨盤を維持するために彼らの腹部の筋肉を強化するために参加して下さい。
    2. 弱い人のために、参加者の前に置かれた低ベンチにサポートトップの脚でこのサイド横たわっを実行するために、参加者に指示します。
  4. ヒップアブダクション
    1. サイド横たわっ底の足を少し曲げ、トップ足のストレートで嘘をつく参加者に指示します。トランクに合わせて足を保ち、天井に向かってトップの足を持ち上げて、参加者に指示し、直進またはわずかに面した膝は天井に向かって上がって。開始位置に足を下げるために、参加者に指示します。寿を確保するために、参加者の後ろの壁を使用してくださいlders、腰と足首を適切に整列して前方来るから移動の足を維持するための手がかりとして、すべてのです。
    2. 弱い人のために、努力を減少させるために、より膝でトップの足を曲げることが参加者に指示します。接触してかかとを維持し、唯一のアップとロールアウトすることで膝を動かします。または仰臥位で行います。
  5. 股関節の伸展
    1. 片足をまっすぐと片足を曲げて顔横たわっを嘘をつく参加者に指示します。膝を曲げを維持し、支持体表面から曲がっ腿を上げるために、参加者に指示します。
    2. 最適なアラインメントの場合:必要に応じて安定した骨盤を維持するために腹部の筋肉を強化するために、参加者に指示します。
    3. 弱い人のために、参加者は参加者の背後に配置低いベンチにサポートトップの脚とサイド横たわっに実行するように指示します。強い個人(変更)の場合、参加者は手と膝の位置から始まる床に運動を実行するように指示します。バックを確認し、骨盤は運動を通して安定したまま。
  6. 膝の屈曲
    1. ストレート両方の足で顔横たわって位置するように、参加者に指示します。まだ骨盤と大腿部を保持し、支持体表面上に腰を維持し、可能な限り膝を曲げるために参加者に指示
    2. 最適なアラインメントのために、まだ骨盤を維持するために腹部および/または臀部の筋肉を強化する参加者に指示します。
    3. 弱い人のために、参加者がベンチに座っているかではサポートレッグとサイド横たわっに実行するように指示します。
  7. ヒップ外旋
    1. 着座位置で起動するように参加者に指示します。外側膝/大腿部を回転させるために、参加者に指示します。
    2. 最適なアラインメントのために、外転、内転や屈曲に腰を移動せずに済みます。ヒールは、参加者の快適さに応じて、背後にあるか、反対の足の前方にスライドすることができます。
    3. 弱い人のために、exercisを実行するために、参加者に指示脚ストレートで仰向けの電子。
    4. 強い個人の場合は、拡張子で維持椅子と腰に載っ膝に立っての練習を実行するために、参加者に指示します。
  8. 膝の伸展
    1. ストレート運動脚と休憩脚曲げて仰向けにあるように、参加者に指示します。ストレート膝を保ち、休憩脚膝の高さで停止、腰から足を上げるために、参加者に指示します。
    2. 最適なアラインメントのために、骨盤の岩場合、腹部の筋肉を締め付けおよび/または高い足を持ち上げないでください。
    3. 弱い人のために、参加者がベンチに座っているかではサポートレッグとサイド横たわっに実行するように指示します。
  9. 機能演習
    1. 各セッションでのグループのために最も適切な機能演習を選択します。患者の安全性、認知と信頼レベルを取り入れた参加者の能力に基づいて、機能的な運動を選択します。
      注:選択したexamp機能演習のレが含まれます:厚板面に横たわったとサイド嘘を。手と膝足および/またはアームリフト(難易度を減少させるためにエクササイズボールのトランクをサポートすることができます)。ベンチへのステップタッチ(難易度を下げるために、より低い高さ)。ベンチへのステップアップ(難易度を下げるために、より低い高さ)。 (かかとが困難を減少させるためにのみ提起する)場所で行進。 (スペースで自由な足を動かすに片足で立っての壁に指の光タッチを使用してフォームのブロックの上に片足に低いベンチに片足)片足で立ってのバリエーション。立って座って(難しい高めるために低い高さの椅子を、難易度を上げるために前方に他の片足を置きます)。立ち/スクワットから(小さい範囲や壁スライド困難減少します)。足首のレベルでの抵抗バンドループステッピング広い歩きます。
  10. 家庭内訓練
    1. 各参加者に各週末に個別のホームプログラムを提供します。
    2. 次のような構造で、参加者に指示:二組Oを実行F設けられた抵抗帯を使用する仰臥位で股関節屈曲の10回の繰り返し。 3分の期間放置して座って行います。 3分の期間のために選択された機能の演習を行います。週末に一度、各エクササイズを実行します。
  11. エクササイズログイン
    1. (運動ログを記入し、参加者に指示し、付録を参照してください 、このセクションで説明したように)。それぞれのページの各運動後にすぐに参加者を指示します。
    2. 今日の日付とログシート上で実行の繰り返しを入力するように参加者に指示します。 0-10の主観的運動強度(RPE)規模の評価を(使用して定義されるように努力を入力して、参加者に指示付録を参照してください )。
    3. 抵抗バンドの色を入力する参加者に指示し、長さが使用されます。
      注:長さは抵抗バンドのループ数に等しいされています。例:保護されたオブジェクトに最も近いループを使用している場合は、「1ループ」に書き込みます。
    4. インストラクターは、明日のバンドの目標を記入し、参加者は次のセッションで、この色と長さを使用するために知っていることがあります。各参加者のための新しいログシートを毎週印刷し、以下のスケジュールに従って繰り返し回数を入力します:週1-3セットあたり10回の繰り返しを行います。週4-6セットあたり12回の繰り返しを行います。週7-9セットあたり15回の反復を行います。週10〜12は、セットごとに18回の繰り返しを行います。
  12. 運動強度
    1. 個別に次のガイドラインと訓練を受けたインストラクターの臨床的判断に基づいて応じた適切なフォームと参加者の安全のため、各運動の性能評価を通じて、各参加者を経て進行します。
    2. 「主観的作業強度評価」の範囲に応じて抵抗レベルを進めますアライメントが正しい場合:3を介して、ゼロの評価 - 次のセッションで事前。 4から7までの評価 - 来週の進歩。 10の8つの評価-形が正しいか、参加者が苦情( すなわち、痛み、あまりにも多くの努力、 など)を持っていない場合は、同じレベルに維持します。
    3. アライメントが正しくない場合、適切な形で参加者を頭出しし続けます。
      注:痛みの苦情または非常に、非常に激しい努力( すなわち、10の評価)が抵抗レベルを決定するために優先され、抵抗を維持または減少するかどうかをする必要があります。
    4. 次のように色や長さのいずれかによって、毎週抵抗帯を進めます。
      1. バンドの色は、次の強度レベルのバンドを使用し、同じ長さを維持するか、現在のバンドの同じまたはより長い長さで、別のバンドを追加します。
      2. バンドの長さ:1ループによってバンドを短くしてください。
        注:制限をmの一定の範囲でバンドにストレッチの量に基づいていますotion。典型的なバンドストレッチ限界は、二三回の静止長さです。
  13. トレーニングの監視
    1. 4週間ごと、進行が進行中であることを決定するために動力計を使用してテスト股関節屈曲強度を確保。
      注:8週間で試験前からの増加に伴い、4週目に、現在の強度レベルの維持を期待しています。
    2. 強度の低下が観察された場合、使用される抵抗レベルを再評価します。症状が進行する場合は、医師によって評価を考えてみましょう。

9.試験後の評価

  1. 必要なクラス線量を仕上げの一週間以内に、各参加者とのテストセッションのスケジュールを設定します。
  2. 試験前に説明したように、強度対策を繰り返します。股関節屈筋、ヒップ伸筋、およびハンドヘルドダイナモメーターを使用して、股関節外転筋の強度を得ます。

10.統計分析

  1. Bの記述統計量を計算しますaseline変数例えば、股関節屈筋、ヒップ伸筋、および股関節外転筋のための筋力)。
  2. ポスト筋力トレーニングに前で強度のグループ変更があるかどうかを判断するには、非正規母集団の場合にはt検定、またはマンホイットニー検定を使用しています。各筋肉グループの両側(左右)の合計された強度のグループの強さを評価します。
  3. ベースラインからのパーセント変化を決定し、個々の筋肉のための強さに変化があるかどうかを確認するには。グループ全体で個々のフィードバックのために使用します。このようなスタータなどの標準的な統計パッケージを使用してください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

我々は、我々の施設で12週間下肢プログレッシブ、レジスタンストレーニング(PRT)に参加したMSとの26人からの結果を示します。 17は女性であり、持っている、(最年少は最も古い64年で、23歳である)歳、平均50.0(11.3)にある:私たちの参加者は、4.0(1から6.5の範囲)の中央値EDSSと障害のさまざまなレベルを持っています12.5(8.7)年の平均症状の持続時間。

図1は、腰の強さが、トレーニングの12週間(すべての腰の筋肉に対するp <0.005)は、次の改善されたことを示しています。股関節屈曲のために、統計的に有意な改善が最初の12週の終わりに追加の改善と、訓練た(p = 0.013)の8週間後に行われました。個々の筋肉群は、多重比較のために制御するために0.017のp値が設定された対応のあるt検定を用いて比較しました。我々は介入後に介入前から各個人の強さの変化を評価するとき、私たちはほとんどのshと多様な応答を参照してください良い改善によりこれを実証するためには、44以上のNで半分強度が向上以上に、 図2はで開始する弱さの程度が異なる腰の筋肉にもかかわらず、その強さを向上させ、参加者の3つの例を示している。図2Aは 、個々の一例を示しています。ベースライン時(右よりも左に弱い)非対称腰の強さと、この人は半麻痺歩行パターンを提示。筋力トレーニングに続いて、この人は、具体的に弱く、左側の股関節屈曲強度を得ました。これとは対照的に、股関節外転筋と伸筋は、より対称的であり、両側には、強度の介入後を得ました。注:この人(2A)は、100%の伸びで40 Nの合計ループ3で1レベル5バンドで股関節屈曲のために右に始まり、ループ2で1レベル5と1レベル3バンドに進行(1/3短い全長)、100%の伸びで67 Nの合計。 図2Bは、非常に弱い腰の筋肉Cで個別を示し制御値にompared(股関節屈曲:195±44 N)5。この個々にも深遠な初期弱点ですべての3つの筋肉の左右両側に力を得ました。注:この人(2B)はバンドなしのサイド横たわっにおける股関節屈曲運動のために右に始まり、バンドなしで仰臥位での運動を行うに進行した。図2Cは 、相対的なベースラインで腰の筋肉が比較的強い個人を示しています。値(股関節屈曲:304±52 N)を制御する5。この人は非常に穏やかな弱さを持っていたが、すべての筋肉が筋力トレーニングの介入後22-44 N程度の改善を示します。この人(2C)は2レベル5のバンドと100%の伸びで146 Nの合計ループ4で2レベル3バンドで股関節屈曲のために右に始まり、1レベル5バンドと1レベル2と3つのすべてに進行注意チューブは100%の伸びで469 Nの合計ループ4の長さで倍増しました。

図1.股関節屈曲強度。MSはニュートンで股関節屈筋の強度の平均値+標準偏差を示した26人からの折れ線グラフ。 (A)は、股関節の屈曲強度を合算しました。 (B)は 、股関節外転強度を加算しました。 (C)は、股関節拡張強度を合算しました。ベース:ベースラインの測定;介入前。 4週:介入の4週間後の平均。 8週:介入の8週間後の平均。 12週:介入の12週後の平均値です。

図2

図2.強度変化の3つの代表的な例としては、前と抵抗の強さのトレーニングプログラムの後に。棒グラフは、右の平均強度の測定値を示し、3 MSの参加者のための股関節屈筋、ヒップ伸筋と股関節外転筋の左側。暗い列は、股関節屈曲を残しているし、軽量化の列は右股関節屈曲の尺度です。ベースラインで注目すべき股関節屈筋の非対称性を持つ(A)参加者(年齢:46、女性、症状の持続時間:4歳、EDSS:1)ベースラインで特に弱い腰の筋肉と(B)参加者(年齢:58、女性、症状の持続時間:34歳、EDSS:6)。ベースラインで腰の筋肉に非常に穏やかな弱さと(C)参加者(年齢:37、男性、症状の持続期間:1歳、EDSS:2)。 y軸はニュートンで、強度です。 x軸は、訪問1のための左右の筋力を示し、3ヒップの筋肉のための2をご覧ください。前、ベースラインまたは事前研修です。ポストは、12週間または訓練後です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

プロトコルは、MSを持つ人々のための抵抗バンドで強化孤立筋肉を使用してプログレッシブレジスタンストレーニングプログラムについて説明します。このプロトコルは、強度の限界歩き回ると生活の質を維持する能力を損なうことができる変性状態を持つ個人のためのユニークな機能を備えています。焦点は、MS 21で歩行速度のために重要である下肢近位筋の強度を向上させる上で、4。このプロトコルの1つの利点は、適切なアライメント( 例えば 、拡張された腰と股関節外転)で分離された筋肉を強調していることです。プロトコルは、非対称弱さ、深遠な弱さ、または軽度の弱さを持つ個人のために対応するために個別化することができます。これとは対照的に、伝統的なジム機器は、多くの場合例えば、腰と股関節外転が屈曲)機能性能のための筋肉の配置を最適化することなく、より強力な筋肉の置換を可能にします。抵抗バンドはinexpensですが彼らの抵抗を失う、彼らは時間をかけてストレッチもジム機器に比べてアイブ。しかし、バンドの一組の4人のグループのために、12週間の運動プログラムのために有効であることがわかりました。プロトコルの他の利点は、それが安価であることを小グループの設定で行うことが可能であり、最小限の設備を必要とします。最後に、私たちは、手などの量的装置を用いて、前後のテストは良い個体では微妙だが重要な変化だけでなく、グループの比較のために評価するために、ダイナモメーターを開催強調する。

大きい進行中の研究から取られたこれらの予備的結果は、かなりの強度の改善は、トレーニングの8週間以内に起こることを示しています。参加者は多くの場合、リハビリの努力から改善を見ることを期待するときに知りたいので、これは重要です。この情報は、参加者をやる気と資金を得ることに価値があることができます。参加者の声は、この反射した、例が高に示されています点灯テキストボックス。最後に、8週間の変化を見て、臨床試験の検査薬理学的またはリハビリ介入を設計する上で好都合な結果を可能にします。

MSは、弱点は、他の症状( すなわち 、認知、感覚、痙縮、運動失調)との組み合わせで発生した異質徴候および症状によって特徴付けられます。このプロトコルの使用の成功のために、毎日のパフォーマンスに基づいてプログラムを個別化することが不可欠です。各参加者がいることを確認して、そのグループ内でのリハビリテーションの専門家が監修した。適切な位置合わせを使用しました。演習では、十分な強度でした。そして安全プログラムを維持しました。適切な監督を確保するために、プロトコルの一つの変更は、(1週間に1回)を順次参加者を登録することでした。プロフェッショナル臨床判断は、第二のを防ぐために、皮膚の完全性、転倒を防止するために、ステーション間の歩行と安全性、全身の配置に細心の注意を引くために貴重です運動と、そして適切な環境温度制御を監視するための進痛みの合併症。他の介入研究と同様に、両方の性能の周波数と品質の参加者への準拠は、そのように積極的に取り組むべき潜在的な問題です。このプロトコルで使用される効果的な戦略は、毎月のセッションを構成し、研修の必要数を完了するために10%-15%長い期間を可能にすることを提供することを含みます。直接の監督だけでなく、グループのダイナミックは、説明責任とコンプライアンスを最適化するための友情のための手段を提供します。

より大規模な研究の一環として、現在の研究の限界の一つであった対照試験で長寿、歩行への応用、機能、性能、および生活の質のために評価されます。将来的には、家庭や地域社会の環境にこのプロトコルのアプリケーションは、このプログラムの恩恵を受けるために参加者のためのより大きなアクセスを提供するであろう。このプロトコルへのより良いアクセスが可能性がありますまた、主要な症状として足の弱さを持っているまれな神​​経変性疾患への応用。パーキンソンDisease22での介入のために行われているように理想的には、このようなプログラムは、非臨床的に訓練された個人の指導のもと、コミュニティのために最適化することができます。より多くの研究は、プログラムの忠実度を維持しながら、安全に、この情報を一般化するために必要とされます。

参加体験談:ある参加者( 図2A)の報告、「私は私の台所にステップスツールを持っている、と私はトラブル離れて料理を入れて、その上に登るを持っていました。今では、私は週末に私の孫娘の誕生日パーティーに行って、私の娘の両方が、私が見てどのようにはるかに優れについてコメント」、そして「!私はちょうどそこにホップ、簡単です。彼らは休憩を必要としなかったし、歩いて、より良い動き回ることができ、私はのように疲れていないことに気づきました。他の人が気づき始めるとき、それはうれしいです!」

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

財務開示/利害の対立は :レポートする利害関係がありません。

資金源 :国立多発性硬化症協会からの研究助成金。

Acknowledgements

著者はありがたいRhulのMarasiganと研究の参加者のすべてを感謝したいです。運動のイラストはTziporahトンプソンによって提供されました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
microFET2 Hoggan Scientific, LLC Digital hand held muscle tester
REP Bands (all colors) Power Systems 5600-011 Resistance bands for the exercise program
TheraBand Latex-Free Exercise Bands (all colors) TheraBand 11726-11730 Resistance bands for the exercise program
8'' Cable Ties Lowes Home Improvement 76329 Tied into the resistance bands to provide places for the carabiner to clip onto
Door Anchor GoFit Anchors the REP bands to doors
Hollow-Braid Poly Rope Home Depot 140538 Anchors REP bands to table legs/other fixtures
Zinc-Plated Steel Hang All Home Depot 550768 Thigh straps for the hip exercises
Neoprene Ankle Strap TKO 106 BK Ankle strap for leg exercises
Positron Carabiner Black Diamond BD2102610000ALL1 Carabiners to link ankle/thigh strap to REP bands
Fitness Gear 3mm Mat Dick's Sporting Goods 41857546 Yoga mat for exercises on the ground
1/2 inch, 2 by 2 Exercise Tiles FoamTiles Gym matting for exercies on the ground
Spirit LT Portable Massage Table EarthLite Table for hip extension and other exercises that required a raised platform
Performa Treatment Table Sammons Preston 553736 Heavy treatment table for testing/anchoring REP bands
STATA SE 11 STATA Software for statistical analysis
STATISTICA Dell Software Software for statistical analysis

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Sutliff, M. H. Contribution of impaired mobility to patient burden in multiple sclerosis. Curr Med Res Opin. 26, (1), 109-119 (2010).
  2. Zwibel, H. L. Contribution of impaired mobility and general symptoms to the burden of multiple sclerosis. Adv Ther. 26, (12), 1043-1057 (2009).
  3. Fritz, N. E., Newsome, S. D., Eloyan, A., Marasigan, R. E. R., Calabresi, P. A., Zackowski, K. M. Longitudinal relationships among posturography and gait measures in multiple sclerosis. Neurology. 84, (20), 2048-2056 (2015).
  4. Zackowski, K. M., Wang, J. L., McGready, J., Calabresi, P. A., Newsome, S. D. Quantitative sensory and motor measures detect change over time and correlate with walking speed in individuals with multiple sclerosis. Mult Scler Relat Disor.4(1):67-71. 4, (1), 67-71 (2015).
  5. Keller, J. L., Wang, J. I., Kang, J. Y., Hanson, J. A., Kamath, P., Swain, J. O., Raymond, G. V., Zackowski, K. M. Strength: A relevant link to functional performance in the neurodegenerative disease of adrenomyeloneuropathy. Neurorehabil Neural Repair. 26, (9), 1080-1088 (2012).
  6. Shahrbanian, S., Dugette, P., Kuspinar, A., Mayo, N. E. Contribution of symptom clusters to multiple sclerosis consequences. Qual Life Res. 24, (3), 617-629 (2015).
  7. Motl, R. W. Physical activity and irreversible disability in multiple sclerosis. Exerc Sport Sci Rev. 38, (4), 186-191 (2010).
  8. Mostert, S., Kesselring, J. Effects of a short-term exercise training program on aerobic fitness, fatigue, health perception and activity level of subjects with multiple sclerosis. Mult Scler. 8, (2), 161-168 (2002).
  9. Newman, M. A., et al. Can aerobic treadmill training reduce the effort of walking and fatigue in people with multiple sclerosis: a pilot study). Mult Scler. 13, (1), 113-119 (2007).
  10. Dalgas, U., et al. Muscle fiber size increases following resistance training in multiple sclerosis). Mult Scler. 16, (11), 1367-1376 (2010).
  11. Dalgas, U., et al. Fatigue, mood and quality of life improve in MS patients after progressive resistance training. Mult Scler. 16, (4), 480-490 (2010).
  12. Gutierrez, G. M., Chow, J. W., Tillman, M. D., McCoy, S. C., Castellano, V., White, L. I. Resistance training improves gait kinematics in persons with multiple sclerosis. Arch Phys Med Rehabil. 86, (9), 1824-1829 (2005).
  13. Kjølhede, T., Vissing, K., de Place, L., Pedersen, B. G., Ringgaard, S., Stenager, E., Petersen, T., Dalgas, U. Neuromuscular adaptations to long-term progressive resistance training translates to improved functional capacity for people with multiple sclerosis and is maintained at follow-up. Mult Scler. 21, (5), 599-611 (2015).
  14. Kjølhede, T., Vissing, K., Dalgas, U. Multiple sclerosis and progressive resistance training: a systematic review. Mult Scler. 18, (9), 1215-1228 (2012).
  15. Dalgas, U., Stenager, E., Lund, C., et al. Neural drive increases following resistance training in patients with multiple sclerosis. J Neurol. 260, (7), 1822-1832 (2013).
  16. Dalgas, U., Stenager, E., Jakobsen, J., Petersen, T., Hansen, H. J., Knudsen, C., Overgaard, K., Ingemann-Hansen, T. Resistance training improves muscle strength and functional capacity in multiple sclerosis. Neurology. 73, (18), 1478-1484 (2009).
  17. Kurtzke, J. F. A new scale for evaluating disability in multiple sclerosis. Neurology. 5, (8), 580-583 (1955).
  18. Kurtzke, J. F. Rating neurologic impairments in multiple sclerosis: an expanded disability status scale (EDSS). Neurology. 33, (11), 1444-1452 (1983).
  19. Sahrmann, S. A. Diagnosis and Treatment of Movement Impairment Syndromes. Mosby. St. Louis, MI. (2002).
  20. Bohannon, R. W. Reference values for extremity muscle strength obtained by hand-held dynamometry from adults aged 20 to 79 years. Arch Phys Med Rehabil. 78, (1), 26-32 (1997).
  21. Newsome, S. D., Wang, J. Y., Kang, J. Y., Calabresi, P. A., Zackowski, K. M. Quantitative measures detect sensory and motor impairments in multiple sclerosis. J Neuro Sci. 305, (1-2), 103-111 (2011).
  22. Hackney, M., McKee, K. Community-based adapted tango dancing for individuals with Parkinson's Disease and older adults. JoVE. (94), e1-e12 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics