統合欠陥レンチウイルスベクターにパッケージ化された転写調節睡眠美容システムによって効率的な体外転位法

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

このプロトコルでは、転写調節の眠れる森の美女システムによって人間のゲノムへの興味の遺伝子の安定した統合を実現する方法について説明します。統合導入された細胞の分子アッセイ、ひと細胞の体外伝達不良レンチウイルスベクターの作製が報告されます。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Benati, D., Cocchiarella, F., Recchia, A. An Efficient In Vitro Transposition Method by a Transcriptionally Regulated Sleeping Beauty System Packaged into an Integration Defective Lentiviral Vector. J. Vis. Exp. (131), e56742, doi:10.3791/56742 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

眠れる森の美女(SB) トランスポゾンは遺伝子導入および機能ゲノム解析の実証済みの有効性と非ウイルス性統合システムです。SB トランスポゾン機械を最適化するためには、転写規制多動トランスポザーゼ (SB100X) やトランスポゾンの T2 ベースを採用します。通常、トランスポザーゼとトランスポゾンは一過性トランスフェクション プラスミッドによって提供される、SB100X 式が構成のプロモーターによって駆動されます。ここでは、SB100X 式を制御し、安定した統合により、「カットアンド ペースト「アンチモン (五井) 興味遺伝子のいくつかの物理的および化学的遺伝子導入方法に耐性がある人間の細胞に SB コンポーネントを提供する効率的な手法について述べるメカニズム。多動トランスポザーゼの式は 1992 年以来の遺伝子発現の制御に広く用いられる、テトのシステムによって厳しく制御されています。興味の遺伝子は、反転の繰り返し (IR) T2 トランスポゾンによって挟まれています。SB の両方のコンポーネントは、欠陥レンチウイルスベクターは一過性 HEK293T 細胞で生産される統合パッケージ化されます。ヒトの細胞、細胞株あるいは人間のティッシュから初代培養細胞は体外一過性のウイルスのベクトルを導入です。培地にドキシサイクリン (dox、テトラサイクリン アナログ) の追加が、トランスポザーゼ式の微調整は、測定し、扱われた細胞のゲノムの興味の遺伝子の長期的な統合の結果します。このメソッドは効率的で (例えば、HeLa 細胞) と初代培養細胞 (例えば、人間プライマリ ケラチノ サイト) に適用される、従って遺伝子工学や遺伝子治療のための貴重なツールを表します。

Introduction

T2 ベース トランスポゾンと結合した多動 SB100X トランスポザーゼは既に臨床遺伝子療法アプリケーション1,2,3, ゲノムの変更45で使用されていて、誘導多能性幹細胞 (iPSC)6,7をプログラムし直します。通常、SB コンポーネント一過性トランスフェクション プラスミドによって提供されます、強い構成プロモーター ドライブ、トランスポザーゼの式。ただし、トランスフェクションの向上新しい方法にもかかわらず二成分系の配信のまま多くのアプリケーションのための挑戦です。したがって、新しい配信プロトコルの開発は、関心が高まっています。トランスフェクション法プラスミド8と mRNA9、ほかウイルス配信によるアデノ ウイルス1011、アデノ随伴ウイルス (AAV)12、バキュロ ウイルス13、gammaretroviral14レンチウイルスベクター15は過去に提案されています。特に、選択肢のシステムはウイルスのベクトルの統合がなければ SB コンポーネントの一時的な配信を保証しなければなりません。それにもかかわらず、構成式のトランスポザーゼは、トランスポゾンの手に負えない rehopping の危険があるため安全上の懸念を発生させます。

したがって、洗練されたテトのシステムによる SB100X の転写調節機構は、初挑戦です。単純ヘルペス ウイルス 1 (HSV-1)16, Timidine キナーゼ (TK) 遺伝子の最小プロモーター (-81) とオリジナル開発最小限サイトメガロ ウイルス (CMV) のプロモーターを置き換えることによって得られる変更されたテト応答性プロモーターのクローンの上流、SB100X cDNA (pTetOTKSB100X)。変異の逆テトラサイクリン トランス rtTA2s-M217は異なるプラスミドの複製 (ホスホ グリセリン酸プロモーター、PGK) 強い構成プロモーターの制御下で表されます (pCCL PGKrtTA2S・ m 2)。Dox を培養培地に加え、rtTA2sがバインドされます-M2 の変調器は、複雑なまたは、SB100X 式18の堅く調整された誘導の Tet プロモーターをテザーします。

2 番目の主要な課題は、物理的・化学的手法によるひと初代培養細胞の非能率的なトランスフェクションから発生します。ひと細胞のトランスフェクション、SB100X、rtTA2sに耐性トランスポザーゼを効率的に配信-M2 式カセットが 2 つ統合欠陥レンチウイルスベクター (IDLVs)19にパッケージ化: IDLVTKSB と IDLVrtTA2s-M2。ウイルスのベクトルは一過性 HEK293T 細胞20と Vescicular 性口内炎ウイルス (VSV G)、感染症の広範なスペクトルを与えるの糖蛋白質 G の新規第 3 世代ベクトルとして生産されています。ベクトル粒子は遠心によって濃縮され、HIV 1 ギャグ p24 イミュノキャプチャー滴定します。細胞と細胞を変換するには、ベクトル粒子は polybrene 複合体し、dox の有無と標的細胞培養が。薬物依存性活性化導入された細胞における SB100X の発現は、定量的 RT-PCR (qRT PCR)18によって測定されます。

テト規制 SB100X 式を示した一度ターゲット細胞のゲノムに (例えば、緑色蛍光タンパク質 GFP) 五井の転位は明らかに Bak とミケルセン21描き出しました分子イベントに従います。IDLV 3 分の 1 は、五井 T2 トランスポゾン IRs (IDLVT2) 間のクローン作成の式カセットが構築し上記のようにパッケージを運ぶベクターします。最後に、効率的に生体外で人間の細胞 (例えば、プライマリ ケラチノ サイト) 変換し、ドキシサイクリン18存在下で五井を統合する 3 つの IDLV ベクトルを使用できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. プラスミドを採用

注: プラスミド pCCL PGKrtTA2S-M2 親切教授 Zappavigna (大学のモデナとレッジョ ・ エミリア、モデナ、イタリア) で提供されました。非常に活発なトランスポザーゼのコード配列を運ぶ pCMVSB100X プラスミドと pT2/BH トランスポゾン プラスミド親切教授 Z. Ivics (ポール Ehrlich の協会、ドイツのランゲン)、教授 Z. Izvak (Max Delbruck 分子医学センター、ベルリンで提供されました。ドイツ)。

  1. エシェリヒア属大腸菌(E. 大腸菌) すべてクローン選択と制限酵素のクローニング法またはクローンを作成するのには、フラグメントの PCR 増幅に従ってください。
    注:表 1はこのプロトコルで採用されているプラスミドのすべてをまとめたものです。説明とそれぞれのプラスミッドのための参照を提供しています。

2. ウイルスのベクトル生産

注: すべてのウイルスのベクトルは、機関の規則や規制によると、BSL2 のバイオセイフティ封じ込めのレベルでバイオハザード フードで生産されます。

  1. ダルベッコ変更イーグル培地で培養付着 HEK293T 細胞 10 %hyclone 血清、100 U/mL ペニシリン-ストレプトマイシン、2 mM グルタミンと補われます。
  2. 日 0: 5 の 15 cm プレート/ウイルスの準備と種子 5.5x106セル培地 30 ml を準備します。
  3. 1 日目: トランスフェクション
    1. トランスフェクションを開始する前に 2 x HEPES バッファー生理食塩水 (HBS) の 100 mL を準備します。
      塩化ナトリウム (5 M) 5.6 mL
      HEPES (1 M) 10.0 mL
      Na2HPO4 (0.5 M) 0.3 mL
      滅菌水の 84.1 mL
      PH 7.1 37% に調整 HCl。
      注意: 2 x HBS が 4 ° C で保存することができます。正確な pH は、効率的な transfection のため非常に重要です。最適の pH 範囲は、7.10 に 7.12 です。
    2. 培地を取り除き、トランスフェクション前に新鮮な中 4 h 22.5 mL/プレートの追加。
    3. 次の量/プレートによると pRSV Rev (表 1) pMD2.G 封筒エンコーディング プラスミド、pMD.Lg/pRRE.D64VInt 包装プラスミド伝達プラスミド HEK293T 細胞を transfect:
      プラスミド 25.00 μ g を転送します。
      pMD.Lg/pRRE.D64VInt 16.25 μ g
      pMD2.G 8.75 μ g
      pRSV Rev 6.25 μ g
      注: プラスミッド DNAs Maniatis22エンドトキシン フリー プラスミド精製キットを使用して記述されている協調プロトコルを用意しています。
      1. 1.125 mL の滅菌水に DNA (4 プラスミドの混合) の 56.25 μ g を再懸濁します、2.5 M CaCl2 (溶液) の 125 μ L を追加します。
      2. 2 x HBS の 1.250 mL を 15 mL の滅菌円錐形遠心分離機管 (B 液) に追加します。
      3. ソリューションを追加 (1.250 mL) B (1.250 mL) 滴下バブリング中 1 または 2 mL ピペットで (トランスフェクション ソリューション、容量 2.500 mL)。
      4. 室温 (RT) で 20 分間インキュベートします。
      5. P1000 マイクロ ピペットを使用して、配布すべて単層細胞へのトランスフェクション解決策 (2.500 mL) の滴下。
    4. 37 ° c、5% CO2細胞文化のインキュベーターで一晩インキュベートします。
  4. 2 日目: メディアを削除し、新鮮な媒体の 15 mL を追加 (手順 2.1 を参照してください)。
  5. 3 日目: 収集し、レンチ ウイルス粒子を含む上清を集中します。
    1. すべてから上清 (〜 70 mL) を収集 (n = 5) transfected セル板は PES フィルターし、2 polyallomer 管 (1 インチ x 3.5 インチ) を満たす 0.45 μ m を介してフィルタ リング/ウイルス準備。
    2. ブレーキ付けの 15 ° c、2.5 h の 106,000 x g で超遠心法によるベクトル粒子を集中します。
    3. (チューブのペレットの再懸濁を避けるため) に遠心をそっと停止直後に 10% の漂白剤を含むコンテナーに上澄みを注ぐし、1 × pbs 100 μ L に 2 やっと目に見えるペレットを中断 (+1 %bsa)。これは正常、ペレットが明確で非常に小さいです。作りたて、または因数の集中のベクターを使用し、-80 ° C でウイルス製剤を格納
      注意: 上清には、バイオハザード廃棄物を破棄する前に徹底的に漂白する必要がレンチ ウイルス粒子が含まれています。
  6. ウイルスのベクトル準備を滴定しなさい、製造元のプロトコルに従って HIV 1 ギャグの p24 イミュノキャプチャー キットを使用します。
    注: ウイルスのベクトル生産の標準化、リポソームを用いた試薬を採用することができます。それにもかかわらず、ウイルスのベクトル力価は高いトランスフェクション効率とプラスミド DNA の純度に依存です。

3. ひと培養細胞 (HeLa 細胞など) の伝達

注: HeLa 細胞を 2 mM グルタミン、100 U/mL ペニシリン-ストレプトマイシン, 10% 牛胎児血清を添加したダルベッコ変法イーグル培地で培養しています。表 1は、このプロトコルで採用されているベクトルのすべてをまとめたものです。各ベクトルについて説明します。HeLa 細胞の情報伝達は、2 つの IDLV ベクトルの最高用量の組み合わせで SB トランスポザーゼの転写制御の検証をことができます。IDLV 線量の変動ベクトル粒子の滴定およびターゲット細胞型に関連します。

  1. 0 日目: 種子 2 x 105セル 6 ウェル プレートの各ウェル用培地 3 mL に。4 井戸を準備します。
  2. 1 日目: HeLa 細胞の伝達。
    1. 各条件について、1 mL 中の最終巻にレンチウイルスベクターを希釈 (上記のメモを参照してください) polybrene (最終濃度 8 μ g/mL) の 10 μ L の存在。
      1 位よく希釈: 導入された細胞 (マイナス コントロール) を模擬します。
      希釈も #2: IDLVTKSB ベクトル (2,600 p24 の ng)。
      井戸 #3 #4 希釈: IDLVTKSB ベクトル (2,600 p24 の ng) + IDLVrtTA2s-M2 ベクトル (9,600 p24 の ng)。
    2. HeLa 細胞が 0 日でメッキされた、各ウェルからメディアを取り出して、よく対応するレンチウイルスベクターの希釈液を追加します。
    3. Spinoculate 20-25 ° C と 37 ° C、5% CO2で細胞文化のインキュベーターに振込み 6 ウェル プレートの 45 分の 754 x g で 6 ウェル プレート。
    4. 6 時間後すべての井戸で新鮮な培地で中含まれているベクトルを置き換える、ドキシサイクリンをよく #4 で 1 μ M に追加します。48 h の 37 ° C で細胞文化のインキュベーターに皿を置きます。
  3. 3 日目: RNA の抽出細胞ペレットの準備。
    1. 細胞をデタッチする前にトリプシン作業溶液 (1 x) を準備します。
      2.5% トリプシン (10 x) 5.0 mL
      500 mM EDTA (最終濃度 5 mm) 0.5 mL
      mL の PBS 44.5 x 1
    2. 使用する前に 37 ° C で暖かいトリプシン作業ソリューションです。4 ° C でトリプシン作業ソリューションを格納します。
    3. 培地を取り除き、洗浄 1 × PBS のセル。各ウェルに 37 ° C に予め温めておいたトリプシン作業溶液 0.5 mL を追加し、37 ° c (細胞文化のインキュベーター) で 7 分間加温します。
    4. 血清を含む 0.5 mL を追加し、孵化後トリプシンと遠心分離機管の収集の細胞を不活化する各ウェル中。3 mL の 1x PBS も一度それぞれを洗い、240 x g で 5 分間細胞懸濁液を遠心分離します。
    5. 5 ml の 1x PBS、240 x g で 5 分間遠心分離機の細胞を洗浄し、上清を捨てます。新鮮細胞ペレットを使用または-80 ° C で保存半定量的 RT-PCR を実行するペレットからの総 RNA の抽出 (手順 6 を参照)。

4. ひと初代培養細胞 (ケラチノ サイトなど) の伝達

注: プライマリ ヒト角が致死的照射 3T3 J2 セル (送り装置の層)23、ヤン Barrandon (スイス連邦工科大学、ローザンヌ、スイス連邦共和国) からの優しい贈り物にシードされます。

  1. ダルベッコ変更イーグル培 10% ドナー牛血清、50 U/mL ペニシリン-ストレプトマイシン、4 mM グルタミン (3T3 中) とスイス マウス 3T3 J2 細胞を成長します。
  2. ウシ胎児血清 (10%)、ペニシリン ・ ストレプトマイシン (1%)、グルタミン (2%)、インスリン (5 μ g/mL)、アデニン (を含む cFAD 媒体、ダルベッコの変更イーグル中規模およびハムの F12 メディア混合物 (1:3) 致死的照射 3T3 J2 セルにメッキ ケラチノ サイトを成長します。0.18 mM) ヒドロコルチゾン (0.4 μ g/mL)、コレラ毒素 (0.1 nM) とトリヨードサイロニン (2 nM)。
  3. 日 0: 3 x 10 の種5致死的照射 3T3 J2 セル、以前 3T3 中長期 1 × 105セル/mL、6 ウェル プレートの各ウェルの最終濃度に希釈します。9 井戸を準備します。
  4. 1 日目: プライマリ ケラチノ サイトの伝達
    注: ケラチノ サイトの伝達により、SB トランスポザーゼの発現制御機構の定量化 IDLV ふたつの最高用量の組み合わせで (qRT PCR) と (cytofluorimetric、標的細胞に五井 (GFP) の統合を確認するには分析)。
    1. 細胞をデタッチする前にトリプシン作業ソリューションを準備します。
      0.5% トリプシン-EDTA (10 x) 5.0 mL
      500 mM EDTA (最終濃度 5 mm) 0.5 mL
      mL の PBS 44.5 x 1
    2. 使用する前に 37 ° C で暖かいトリプシン作業ソリューションです。4 ° C でトリプシン作業ソリューションを格納します。
    3. 10mj/cm ^2 表皮細胞接着を外す、培地を取り除き、洗浄 1 × PBS のセル、各ウェルに予め温めておいたトリプシン実用的なソリューションの 1 つの mL を追加します。細胞文化のインキュベーターで 15 分間 37 ° C で孵化させなさい。
    4. 、孵化後井戸の細胞を再懸濁します徹底的に血清を含む 2 mL を含む遠心チューブに細胞懸濁液を転送中 (多くの細胞がまだ接続されている場合は 37 ° C での追加分の孵化)。それぞれ 1 × PBS または新鮮な培地 3 mL にも一度すすぎ、洗浄液を細胞懸濁液を遠心管に追加します。
    5. 580 x g で 5 分間遠心分離し、上澄みを廃棄します。
    6. 5 ml の 1x PBS、580 x g で 5 分間遠心分離機の細胞を洗浄し、上澄みを廃棄します。
    7. 15 mL ポリプロピレン チューブに 1.6x105のケラチノ サイト cFAD 媒体、条件ごとに 1 つの希釈の 1 mL を希釈します。
    8. レンチウイルスベクター cFAD 中 polybrene (最終濃度 2 mL の最終巻で 8 μ g/mL) の 20 μ L の存在下で 1 ml を希釈するには。
      #3 #2 #1、井戸の希釈液の調製: 導入された細胞 (ベクトルなしネガティブ コントロール) を模擬します。
      井戸 #4 #5 希薄: IDLVTKSB ベクトル (13,000 p24 の ng) + IDLVrtTA2s-M2 ベクトル (48,000 p24 の ng)。
      井戸 #6 希釈 #7, 8 #, #9: IDLVTKSB ベクトル (13,000 p24 の ng) + IDLVrtTA2s-M2 ベクトル (48,000 p24 の ng) + IDLVT2 ベクトル (9,160 p24 の ng)。
    9. 細胞懸濁液を各レンチウイルスベクター希釈 (1 mL) を追加することによって対応する表皮細胞懸濁液 (1 mL 中 1.6x105ケラチノ サイト) に変換します。
    10. 0 日目とそれらの上にプレート導入ケラチノ サイト (1.6x105ケラチノ サイト 2 mL 中) でシードされ致死的照射 3T3 J2 セルからメディアを削除します。井戸を伝達した後、次のいずれかに進みます。
    11. 25 の ° c で 30 分間インキュベートし、6 h の携帯文化のインキュベーターで 37 ° C にセルを転送します。
      注: はない spinoculate プライマリ ケラチノ サイト、生存率や増殖として強く受けます。
    12. 6 時間後に、各ウェルに cFAD 培地 1 mL を追加します。#9、#8 #5 井戸で 1 μ M ドキシサイクリン (最終濃度) を追加します。37 ° c. へのセルを返す
  5. 2 日目: 10 ng/ml の EGF KC 中の 3 mL cFAD 媒体に置き換えます。
  6. 3 日目: Trypsinize (4.4.6 に 4.4.1 を参照) の前に #1、#4、および前述の #5 井戸から血球を洗浄.QRT PCR 解析の総 RNA を抽出する-80 ° c 細胞ペレットを凍結 (手順 7 を参照)。
  7. 4.4.5 に 4.4.1 のステップで説明されているようによく #2、#6 と #8 から細胞を trypsinize し、GFP 発現の cytofluorimetric 分析を実行 (手順 5. を参照)。
  8. 少なくとも 3-4 doublings、未統合 IDLVT2 ベクトル (送り装置の層のメッキ人間プライマリ ケラチノ サイトの 5 日) を希釈するための十分なため井戸 #3 #7、#9 から文化を維持します。
  9. 6 日目: 約 5 日間伝達の記事、trypsinize #3、#7、GFP の表現の cytofluorimetric 解析を実行する #9 の井戸から (手順 4.4.1 に 4.4.5 参照) 細胞 (手順 5. を参照)。
    注: 一次電池の種類によって、収集されたサンプルの変動による、実験タイミングと伝達効率が強く影響されました。

5 導入された主なケラチノ サイトの Cytofluorimetric 分析

注: フローサイト青色レーザーで構成されている (488 nm)、赤レーザー (633 nm) のフィルターには GFP と APC の蛍光性の検出を採用し、(材料表参照)。

  1. 3T3 J2 送り装置の層からケラチノ サイトを識別するラベル導入ケラチノ サイト 3 日目と日 (4.7 と 4.9 の手順を参照してください) 6 戸建マウス モノクローナル APC-共役対策フィーダー抗体。
    1. 各サンプルのバッファーを染色の 4 mL を準備します。
      5% FBS 200 Μ L
      500 mM EDTA (最終濃度 = 2.5 mM) 20 μ L
      PBS 1 × 3780 μ L
    2. 1 ml のバッファーを染色の剥離細胞を洗います。580 x g で 5 分間遠心分離し、上澄みを廃棄します。
    3. 管内流れの cytometry の獲得のため、染色バッファーの 100 μ l 5 x 10 の4細胞を再懸濁します、反フィーダー抗体 (1:50) の 2 μ L を追加します。よく混合し、暗闇の中で氷の上で 30 分間インキュベートします。
    4. 30 分後染色バッファーの 2 mL で洗浄します。580 x g で 5 分間遠心分離し、上澄みを廃棄します。200 μ L のバッファーを染色で再懸濁します。
    5. Cytofluorimetric 分析18によって APC と GFP の信号を取得します。APC-セル人口の GFP+細胞画分は、導入されたケラチノ サイトを示します。
      注: 必要に応じて、PBS 1 で 2% パラホルムアルデヒドでフローサイトメトリーの前にステンド グラス サンプルを修正 x と実行まで暗闇の中で 4 ° c 店。
  2. GFP+の割合の比率をプロットすることによって流れの cytometry データを分析エンドポイント (5 日間) と GFP+の割合でセルセル 2 日後に伝達、IDLVT2 導入の残留レベルを正規化セルです。

6. 半定量的 RT-PCR

注: は、PCR サーマルサイクラーを使用します。

  1. 合計からの RNA の導入または製造元のプロトコルによると、RNA 精製キットを使って細胞をコントロールを抽出します。
    注意: 総 RNA は-80 ° C で保存することができます。
  2. 100 を使用して 20 μ L 反応に cDNA を合成の総 RNA と逆転写酵素キット、製造元のプロトコルによると ng。
    注意: cDNA が-20 ° C で保存することができます。
  3. SB100X、rtTA2sの特定の設計プライマー-M2 と GAPDH (ハウスキーピング遺伝子)。
    提案されたデザイン:
    SB 転送プライマー: 5'-GCCACTCAGCAAGGAAGAAG-3'
    SB 逆プライマー: 5'-GTGTTGGAAGACCCATTTGC-3'
    rtTAM2 転送のプライマー: 5'- GACGACAAGGAAACTCGCTC 3'
    rtTAM2 逆プライマー: 5'-TTACCCGGGAGCATGTCAA-3'
    GAPDH 転送プライマー: 5'-GACCACAGTCCATGCCATCAC-3'
    GAPDH 逆プライマー: 5'-CCACCACCCTGTTGCTGTAG-3'
  4. 最終反応量は 50 μ L の PCR を実行します。特に、各 PCR チューブに次の反応を組み立てます。
    (ステップ 6.2) から cDNA (1:5 希釈) 1.00 μ L
    プライマー (10 μ M 株式) を転送 1.00 μ L
    逆プライマー (10 μ M 株式) 1.00 μ L
    dNTPs (10 μ M 株式) 1.00 μ L
    バッファー (+ MgCl2) (10 倍株) 5.00 μ L
    Taq のポリメラーゼ (5 U/μ L 在庫) 0.25 μ L
    滅菌水 40.75 μ L
  5. 熱 cycler の次のプログラムを使用して: 1 サイクル 95 ° C で 5 分間、進む 95 ° C、30 s、58 ° C、30 s、および 30 のための 72 ° C rtTA2sSB100X 34 サイクルの s、32 サイクル-M2、と GAPDH の 25 サイクル。
  6. 1% の agarose のゲルを準備します。ビーカーやフラスコ (10 x の在庫滅菌水で希釈)、x TBE 1 の 100 mL の寒天 1 g を溶解します。旋回毎分 agarose が完全に溶けるまで電子レンジで溶かします。約 50 ° C に達するまで溶かしたアガロースを冷却し、臭化エチジウム (10 mg/mL 在庫) の 5 μ L を追加します。ゲル鋳造用の櫛で組み立てられたゲル トレイに溶かしたアガロースを注ぐ。
  7. Agarose のゲルのサンプル (各 10 μ L) を読み込むし、電気泳動を行います。
  8. 必要な場合ゲル画像を取得し、PCR バンドのデンシトメトリー分析を実行します。

7. 定量 RT-PCR (qRT PCR)

注: 商業配列検出システムを採用します。PCR プライマーと GAPDH のグリセルアルデヒド 3-リン酸デヒドロゲナーゼの 6 carboxyfluorescein (FAM) プローブは商業的に購入しています。

  1. レトロな転写、ステップ 6.2 を参照してください。
  2. プライマーを設計し、SB100X の特定プローブ ソフトウェアを使用します。
    提案されたデザイン:
    SB.2 転送のプライマー: 5'-GAAGAAGCCACTGCTCCAAAA-3'、
    SB.2 逆プライマー: 5'-CCCCATGTGCAGTTGCAA-3'
    SB FAM をプローブ: 5'-CATAAGAAAGCCAGACTACGG-3'
  3. 96 ウェル PCR マスター ミックスでリアルタイム PCR を行うし、最終的な反応量 25 μ L でプライマー + プローブ ミックスします。特に、各ウェルの次の反応を考慮してください。
    cDNA (1:10 滅菌水で希釈) 1.00 μ L
    マスター ミックス 12.50 μ L × 2
    プライマー + 20 x プローブ ミックス 1.25 μ L
    滅菌水 10.25 μ L
    メモ: は、3 通すべての反応を行います。ピペッティング エラーを防ぐためには、少なくとも n + 3 反応 (cDNA) なしのミックスを準備します。マルチ チャンネル ピペットを使用して因数。
  4. 次のプログラムを使用してリアルタイム PCR を実行: 95 ° C 10 分後 95 ° C の 40 のサイクルで 1 サイクル 15 s の 60 ° C で 1 分および 4 ° C で開催
  5. QRT PCR データを分析するには、一般的なデータ解析ソフトウェアを使用して、2 の-ΔΔCT定量化による同じ cDNA サンプルの GAPDH のレベルに SB100X の相対式 (RQ 値) を正規化します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

ここで説明されて手順を使用して規制される SB 成分を運ぶ 3 つの IDLV ベクトル (SB100X、rtTA2S-M2 と T2 GFP のトランスポゾン) パッケージ化され使用を効率的に配信し、しっかりと人間の細胞で SB 系を調節します。図 1 aは、体外伝達 HeLa 細胞 (表 2に報告される) 2 つの IDLV ベクトルの最高用量の組み合わせで SB トランスポザーゼの転写制御を行った方式を示しています。SB100X の転写制御だった qRT PCR (図 1 b) を用いて、オフ状態に対して相対的な量 (RQ) 値としてプロット (IDLVTKSB だけで RQ = 1)。導入された HeLa 細胞の背景 (IDLVTKSB) に SB100X 式の 8 活性化 (+ dox) が得られました。特に、rtTA2sTetTK プロモーターのタイトなコントロールを示す dox の不在で cotransduced の HeLa 細胞はオフの状態に匹敵するトランスポザーゼ式を示した-M2 の変調器。

Figure 1
図 1: IDLV ベクトルによって運ばれる転写調節SBトランスポザーゼの発現細胞の hela 細胞の伝達(A)電源 HeLa 細胞の試験管内での情報伝達の IDLVs トランスポザーゼの表現のため。IDLVTKSB で導入した HeLa 細胞(B) qRT PCR 解析 (2,600 p24 の ng) で、(+) (-) の有無 IDLVrtTA2S-M2 (9,600 p24 の ng) と 1 μ M ドキシサイクリン (dox)。破線は大幅に異なる値を示すサンプルを接続する (* * * P < 0.005)。3 通で実験を行った。S.E.M は誤差範囲として表示されますを意味します。(図 Cocchiarella、f.、2016年18から変更)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

たとえば、 図 2実験トランスポザーゼの最適な転写調節に到達するように設定に至るまで投与量を示しています。HeLa 細胞は線量の増加に伴って導入された (130、260、2,600 p24 の ng) IDLVrtTA2sとの組み合わせで IDLVTKSB の-M2 (p24 の 960 と 9,600 ng)、dox の有無で。半定量的 RT-PCR 解析は明らかに SB100X 式を強く誘発する両方の IDLVs の高用量が必要であるを示しています。したがって投与量設定の実験を行うことをお勧めし、別のターゲット細胞型とウイルスのベクトルの滴定のバリエーション sup 最適 SB 式可能性があります。

Figure 2
図 2: 2 つの IDLVs の最適な用量の組み合わせを定義する HeLa 細胞で実験 IDLV 線量設定します。共同 IDLVTKSB ベクトルの異なる投与量で導入した HeLa 細胞の半定量的 RT-PCR 法によって解析 (130、260、2,600 p24 の ng) IDLVrtTA2sの有無で-M2 ベクトル (p24 の 960 と 9,600 ng) と dox。標準のコントロールとして、GAPDH が増幅されました。SB100X トランスポザーゼと rtTA2s-M2 式がすべてテスト条件で報告されますNC = ネガティブ コントロール。(図 Cocchiarella、f.、2016年18から変更)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

転写調整された SB システムはプライマリ ヒト角などのいくつかの遺伝子導入方法に抵抗力があるそれらの細胞を中心に、一次電池も使えます。図 3は、致死的で栽培されている主なケラチノ サイトの伝達方式照射 3T3 J2 送り装置の層、SB100X の発現を誘導するために dox の有無で規制される SB 成分を運ぶ IDLV ベクトルを示しています。

Figure 3
図 3: プライマリ ヒト角化 IDLV の懸濁液伝達転写調節 SB トランスポザーゼとトランスポゾンの発現ベクトルします。1 μ M dox の有無で転写調節 SB トランスポザーゼとトランスポゾンを表現する IDLVs とプライマリ ヒト角化体外伝達方式。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

表 2 報告トランスポザーゼと変調器のベクトルの組み合わせをベストに線量図 4Aで qRT PCR 解析結果 SB 式の 15-fold 活性化状態をオフに (-dox)。3 つの IDLV ベクトル増殖型、ケラチノ サイトの転位実験を行った (IDLVTKSB、IDLVrtTA2s-M2 および IDLVT2) dox の有無で。式の五井 (GFP) 良い T2-トランスポゾン、APC-コンパートメントでは、流れの cytometer 分析 2 日後伝達 (dpt)、文化 (人間プライマリ ケラチノ サイトの 5 日) の endopoint を測定しました。エンドポイントは、細胞分裂に依存した希釈によりかろうじて検出可能レベル (平均 0.6%) に未統合の T2 GFP トランスポゾンが削除されるときに達されました。図 4 bは、エンドポイント、2 日間で APC-コンパートメント内のセル投稿だけのトランスポゾンの残留レベルに正規化された伝達 GFP+の割合の比率を示しています。これは表現の五井のホスティング、少なくとも 1部安定人間プライマリ ケラチノ サイトの 12% で評価、そのゲノムの統合セルの割合を示します。

Figure 4
図 4: 導入された主な表皮細胞接着におけるトランスポザーゼと GFP の発現の解析。(A) IDLVTKSB と IDLVrtTA2S m 2 で 1 μ M dox の有無で導入したプライマリ ケラチノ サイトの qRT PCR アッセイ。(B)共同伝達 dox の有無でトランスポザーゼ式の IDLVT2 トランスポゾンと IDLVs プライマリ ケラチノ サイト。Y %gfp+細胞 5dpt%+ GFP の細胞 2/dpt * 100 (± SEM の 2 つの実験の意味)。* * 大幅に異なる値を表示する (P 0.05 <)。(図 Cocchiarella、f.、2016年18から変更)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

プラスミド 説明 参照
pCCL TetOTKSB IDLVTKSB ベクターを生成するために使用するプラスミドを転送します。このプラスミッドは pCCL レンチ ウイルス バックボーンで TetOTKSB をクローニング後、pTetOTKSB から派生します。 18、20
pCCL PGKrtTA2S M2 IDLVrtTA2sを生成するために使用するプラスミドを転送-M2 ベクトル。 教授 v. Zappavigna によって提供されます。
pCCL T2GFP IDLVT2 ベクターを生成するために使用するプラスミドを転送します。このプラスミッドは T2 トランスポゾン IRs pCCL レンチ ウイルス バックボーンの間 GFP をクローニング後、pT2GFP から派生します。 18、20
pMD.Lg/pRRE.D64VInt IDLV ベクトルを生成するプラスミドをパッケージ化します。 19
pMD2.G プラスミド VSV G 封筒にレンチ ウイルス ベクターを生成するためのコーディング。 20
pRSV Rev Rev プラスミド レンチ ウイルス ベクターを生成します。 20
ベクトル 説明
IDLVTKSB TK のテト応答性プロモーターの制御下での SB100X の発現のための統合欠陥レンチウイルスベクター。
IDLVrtTA2s-M2 RtTA2sの式の統合欠陥レンチウイルスベクター-PGK プロモーターの制御下で M2 の変調器。
IDLVT2 五井の表現のための統合欠陥レンチウイルスベクターの T2 トランスポゾン IRs 間クローン作成。

テーブル 1: このプロトコルで採用されているプラスミド ・ ベクターします。記述と参照を提供しています。

ベクトル Hela 細胞 (2 x 10 の5セル) ケラチノ サイト (1.6x105セル)
IDLVTKSB 2,600 ng p24 13,000 ng p24
IDLVrtTA2s-M2 9,600 ng p24 48,000 ng p24
IDLVT2 9,160 ng p24

表 2: 最適化されたベクトル用量 HeLa 細胞と人間プライマリ ケラチノ サイトの伝達のため。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

ここでは、眠れる森の美女による標的細胞のゲノムに安定、五井を統合する広くアクセスできる方法論について述べる-転位を介する。SB システム nonviral ゲノムの編集法を提供するために開発されましたが、統合機械 (トランスポザーゼと T2 トランスポゾン) の効率的な配信は必須です。したがって、SB システムをほとんど transfectable の一次電池、使用する SB コンポーネントのウイルスの伝達は近年10,12,15で追求されました。ただし、採用までウイルスのベクトルのどれも今構成式のトランスポザーゼ トランスポゾンの手に負えない rehopping のリスクにつながる可能性の問題に対処。

転写トランスポザーゼ表現を調整するため、変更したテトでシステム16を利用をしました。RtTA2s結合に伴う重音テト要素に融合した最小限の TK プロモーター-M2 変調器 dox の存在下で授与トランスポザーゼ活性化の背景 (オフ状態、dox の不在で) に微調整します。規制のパフォーマンスによって異なります適切な IDLVs (IDLVTKSB と IDLVrtTA2s-M2) 用量の組み合わせをベクトルと細胞の種類 (例えば、HeLa 細胞と人間プライマリ ケラチノ サイト)。標的細胞から独立してベクトル量はセル実行可能性に影響を与えずに標的細胞の伝達の最高レベルを確保する必要があります、したがって用量の増大組み合わせが最適な用量を定義する HeLa 細胞 (または他の細胞) による実験半定量的 RT-PCR を強くお勧めします。

五井の転位は、一次電池の評価されました。プライマリ ヒト角致死的照射 3T3 J2 送り装置の層でシードされた 3 IDLVs 増殖型 (IDLVTKSB、IDLVrtTA2s-M2 および IDLVT2) 実験的定義された用量で。QRT PCR によって、トランスポザーゼのクリア dox-依存性活性化を示した。さらに、cytofluorimetric による転写調節の SB の車に IDLV プラットフォームを採用する可能性を示す、dox の有無で導入細胞における GFP 発現五井の強固な統合を示した初代培養細胞や標的細胞のゲノムに、五井の統合の成功するコンポーネント。

プロトコルの重要なステップは、IDLV ベクトル生産および最適な効率とベクトル用量の組み合わせで標的細胞の伝達。低収量で HEK293T 細胞の低トランスフェクション効率があります。IDLVTKSB と IDLVrtTA2 のsの用量の定義-M2 が高い水漏れしたため変調器の不在、dox 治療 TetOTK プロモーターの低倍誘導がありますテトのコンポーネントのアンバランスを避ける必要があります。これらの重要なステップは、軽微な変更で対処できる場合します。例えば、商業のトランスフェクション試薬を用いるトランスフェクション プロトコルを統一できます。伝達プロトコルは spinoculation がセル実行可能性に影響を与えずに伝達効率を増加するかどうかを考えると特に興味のセルの種類に応じて対応する必要があります。ベクトルと polybrene ターゲット細胞の培養液に追加でき、6 時間または一晩培養後新鮮な媒体に置き換えられます。また無益 GFP+の割合が 5 日後 IDLVs の背景統合による情報伝達に悪影響を細胞です。

このメソッドのマイナーな制限は、IDLV ベクトルが HEK293T 細胞のトランスフェクションによって一時的に生産されています。ベクトルによって使用される用量を繰り返したベクトル生産が必要。第 2 の制限は、五井の長さに関連 IDLV ベクターの貨物容量は約 8 kb です。

結論としては、ここでこのメソッドには、SB システムを提供する既存のメソッドの中に、広範な親和性と高い伝達効率を示す IDLV ベクトル化発現調節の SB コンポーネントを通して五井の統合ができます。また、変更されたテトのシステムは、SB100X 式、トランスポゾン再ホッピングのリスクまたは複数シリアル転位イベントが必要な場合に関連する問題の転写制御を許可します。このメソッドの可能なアプリケーションには、ウイルスのベクトルのための安定した包装細胞を確立する細胞 (HeLa 細胞、HEK293 細胞など) のゲノム工学と関連する臨床細胞治療用遺伝子の統合が含まれます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

我々 は教授 Zappavigna、モデナ大学、レッジョ ・ エミリア、モデナ、イタリア pCCL PGKrtTA2Sと私たちを提供するために感謝-M2 プラスミド。我々 はまた pCMVSB100X と pT2/BH プラスミドの教授 Z. Ivics (ポール Ehlrich 研究所、ドイツのランゲン) と教授 Z. Izvak (Max Delbruck センター分子医学、ベルリン、ドイツ) を認めます。この作品は、国際デブラとイタリア大学・研究省によって支えられました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Dulbecco’s modified Eagle’s medium with 4.5g/L glucose w/o L-Glutamine Lonza BE12-614F Cell culture medium.
HyClone Fetal Bovine Serum (U.S.), Characterized GE Healthcare Life Sciences SH30071.03 Serum used HEK293T cell culture for lentiviral particle production.
Penicillin 10.000 UI/ml Streptomycin 10.000 UI/ml Lonza DE17-602E Reagents for cell culture medium.
L-Glutamine 200mM Lonza BE17-605E Reagent for cell culture medium.
Sodium Chloride (NaCl) Sigma-Aldrich S7653 Reagent for HBS 2X preparation.
HEPES Buffer, 1M Stock in normal saline Lonza BE17-737E Reagent for HBS 2X preparation.
Disodium hydrogen phosphate dihydrate (Na2HPO4·2H2O), 99.5% Merck 106580 Reagent for HBS 2X preparation.
Hydrochloric acid - ACS reagent 37% (HCl) Sigma-Aldrich 320331 Reagent for HBS 2X preparation.
Sterile water for injection Fresenius Kabi - Reagent for HBS 2X preparation.
0.45 µm PESS filter Whatman 10462100 Filters used to remove cell debris from viral supernatant.
Polyallomer Beckman tubes Beckman Coulter 326823 Tubes for concentrating IDLV vectors by ultracentrifugation.
PBS-1X w/o Ca, Mg Lonza BE17-516F Buffer for cell wash and lentiviral particle resuspension.
Bovine Serum Albumin (BSA) Sigma-Aldrich A2153 (Optional) Buffer for lentiviral particle resuspension.
HIV-1 Gag p24 immunocapture kit Perkin Elmer NEK50001KT Kit for IDLV particle titration.
Polybrene Sigma-Aldrich 107689 Reagent to enhance transduction efficiency.
Trypsin (10X) 2.5% in HBSS w/o Ca, Mg GIBCO BE17-160E Reagent to detach HeLa cells (stock solution, to be diluted).
Ethylenediaminetetraacetic acid disodium salt (EDTA) 100938B AnalaR BDH Reagent for trypsin working solution preparation.
0.5% Trypsin-EDTA, no phenol red (10X) GIBCO 15400-054 Reagent to detach keratinocytes (stock solution, to be diluted).
Donor Bovine Serum, New Zealand Origin GIBCO 16030-074 Serum for Swiss mouse 3T3-J2 cell culture (feeder layer).
Ham’s F12 media GIBCO 21765 Medium for keratinocytes.
Fetal bovine serum Lonza DE14-801F Serum for HeLa cell culture medium.
Fetal Bovine Serum, qualified, Australia Origin GIBCO 10099-141 Serum for human primary keratinocyte culture medium.
Insulin from bovine pancreas Sigma-Aldrich I5500 Reagents for keratinocyte growth.
Adenine VWR 1152-25 Reagents for keratinocyte growth.
Hydrocortisone VWR 3867-1 Reagents for keratinocyte growth.
Cholera Toxin from Vibrio cholerae Sigma-Aldrich C8052 Reagents for keratinocyte growth.
Triiodothyronine Sigma-Aldrich T5516 Reagents for keratinocyte growth.
Human EGF Austral Biological GF-010-9 Reagents for keratinocyte growth.
Mouse monoclonal APC-conjugated Anti-Feeder antibody Miltenyi Biotech 130-096-099 To label feeder layer.
RNeasy Plus Mini Kit Qiagen 74134 RNA purification kit.
SuperScript III Reverse Transcriptase Life Technologies 18080051 Reverse transcriptase kit.
Deoxynucleotide Mix, 10 mM (dNTP) Sigma-Aldrich D7295 Reagent for semi-quantitative PCR.
UltraPure DNase/RNase-Free Distilled Water (any) - Reagent for semi-quantitative PCR and for qRT-PCR.
GoTaq G2 Hot Start Polymerase Promega M740B Taq polymerase.
Agarose, for molecular biology Sigma-Aldrich A9539 Reagent for agarose gel electrophoresis.
UltraPure TBE Buffer, 10X Invitrogen 15581028 Reagent for agarose gel electrophoresis, to be dilute (1X) in ddH2O.
Ethidium bromide Sigma-Aldrich E1510 Reagent for agarose gel electrophoresis.
Doxycycline Sigma-Aldrich D-9891 drug to induce transposase expression in HeLa cells and in keratinocytes
TaqMan Universal PCR Master Mix Applied Biosystem 4304437 TaqMan Universal PCR Master Mix including primers and probe.
15mL High Clarity polypropylene Centrifuge Tube, Conical Bottom, with Dome Seal Screw Cap, Sterile Falcon Corning 352096 Tubes for cell collection and vector dilution preparation.
150 mm TC-Treated Cell Culture Dish with 20 mm Grid, Sterile Falcon Corning 353025 Cell culture dish for viral production.
6 Well Clear Flat Bottom TC-Treated Multiwell Cell Culture Plate, with Lid, Individually Wrapped, Sterile Falcon Corning 353046 Cell culture plate for HeLa and human primary keratinocyte transduction.
Safe-Lock microcentrifuge tubes, volume 1.5 mL Eppendorf 0030 120.086 Tubes for dilution preparation.
Safe-Lock microcentrifuge tubes, volume 2 mL Eppendorf 0030 120.094 Tubes for dilution preparation.
0.2ml PCR Tubes with flat caps, RNase, DNase, DNA and PCR Inhibitor free (any) - Tubes for semi-quantitative PCR.
MicroAmp Fast Optical 96-Well Reaction Plate with Barcode, 0.1 mL Applied Biosystem 4346906 96-well for qRT-PCR.
5mL Round Bottom Polystyrene Tube, without Cap BD Falcon 352052 Tubes for flow cytometry acquisition.
Disposable Serological Pipets, Polystyrene, Individually Wrapped, Sterile (different volumes) (any) - Pipettes for sterile tissue culture applications.
Filter Tips, Sterile, and RNase, DNase, DNA and Pyrogen free (different volumes) (any) - Filter tips for sterile tissue colture and molecular biology applications.
pH meter (any) - Equipment for measurement of HBS 2X pH.
PCR Thermal cycler (any) - Equipment for semi-quantitative PCR.
Agarose gel electrophoresis equipment (any) - Equipment for agarose gel electrophoresis of semi-quantitative PCR.
BD FACS Canto II 2LSR 4/2 BD - Flow cytometer.
7900HT Fast Real-Time PCR system Applied Biosystem 7900HT Equipment for qRT-PCR.
Benchtop centrifuges for efficient sample processing in cell culture applications, refrigerated, with microplate buckets. (any) - Centrifuge for cell culture processing and spinoculation.
Optima L-90K Ultracentrifuge equipped with SW32TI rotor Beckman Coulter - Ultracentrifuge for lentiviral particle production.
Equipment for cell culture and molecular biology laboratory (e.g., Class II laminar flow hood designed for work involving BSL2 materials, cell culture incubator,refrigerators and freezers (+4 °C, -20 °C, -80 °C), micropipettes and pipet-aid).
Protective laboratory coats, gloves, face protection in accordance with Institute rules and regulations, in particular for lentiviral particle production and transduction.

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Mates, L., et al. Molecular evolution of a novel hyperactive Sleeping Beauty transposase enables robust stable gene transfer in vertebrates. Nat Genet. 41, (6), 753-761 (2009).
  2. Maiti, S. N., et al. Sleeping beauty system to redirect T-cell specificity for human applications. J Immunother. 36, (2), 112-123 (2013).
  3. Johnen, S., et al. Sleeping Beauty transposon-mediated transfection of retinal and iris pigment epithelial cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 53, (8), 4787-4796 (2012).
  4. Koso, H., et al. Transposon mutagenesis identifies genes that transform neural stem cells into glioma-initiating cells. Proc Natl Acad Sci U S A. 109, (44), E2998-E3007 (2012).
  5. Belay, E., et al. Novel hyperactive transposons for genetic modification of induced pluripotent and adult stem cells: a nonviral paradigm for coaxed differentiation. Stem Cells. 28, (10), 1760-1771 (2010).
  6. Grabundzija, I., et al. Sleeping Beauty transposon-based system for cellular reprogramming and targeted gene insertion in induced pluripotent stem cells. Nucleic Acids Res. 41, (3), 1829-1847 (2013).
  7. Kues, W. A., et al. Derivation and characterization of sleeping beauty transposon-mediated porcine induced pluripotent stem cells. Stem Cells Dev. 22, (1), 124-135 (2013).
  8. Turchiano, G., et al. Genomic analysis of Sleeping Beauty transposon integration in human somatic cells. PLoS One. 9, (11), e112712 (2014).
  9. Jin, Z., et al. The hyperactive Sleeping Beauty transposase SB100X improves the genetic modification of T cells to express a chimeric antigen receptor. Gene Ther. 18, (9), 849-856 (2011).
  10. Latella, M. C., et al. Correction of Recessive Dystrophic Epidermolysis Bullosa by Transposon-Mediated Integration of COL7A1 in Transplantable Patient-Derived Primary Keratinocytes. J Invest Dermatol. 137, (4), 836-844 (2017).
  11. Zhang, W., et al. Integration profile and safety of an adenovirus hybrid-vector utilizing hyperactive sleeping beauty transposase for somatic integration. PLoS One. 8, (10), e75344 (2013).
  12. Zhang, W., et al. Hybrid adeno-associated viral vectors utilizing transposase-mediated somatic integration for stable transgene expression in human cells. PLoS One. 8, (10), e76771 (2013).
  13. Turunen, T. A., Laakkonen, J. P., Alasaarela, L., Airenne, K. J., Yla-Herttuala, S. Sleeping Beauty-baculovirus hybrid vectors for long-term gene expression in the eye. J Gene Med. 16, (1-2), 40-53 (2014).
  14. Galla, M., et al. Avoiding cytotoxicity of transposases by dose-controlled mRNA delivery. Nucleic Acids Res. 39, (16), 7147-7160 (2011).
  15. Moldt, B., et al. Comparative genomic integration profiling of Sleeping Beauty transposons mobilized with high efficacy from integrase-defective lentiviral vectors in primary human cells. Mol Ther. 19, (8), 1499-1510 (2011).
  16. Recchia, A., Perani, L., Sartori, D., Olgiati, C., Mavilio, F. Site-specific integration of functional transgenes into the human genome by adeno/AAV hybrid vectors. Mol. Ther. 10, 660-670 (2004).
  17. Urlinger, S., et al. Exploring the sequence space for tetracycline-dependent transcriptional activators: novel mutations yield expanded range and sensitivity. Proc Natl Acad Sci U S A. 97, (14), 7963-7968 (2000).
  18. Cocchiarella, F., et al. Transcriptionally regulated and nontoxic delivery of the hyperactive Sleeping Beauty Transposase. Mol Ther Methods Clin Dev. 3, 16038 (2016).
  19. Yanez-Munoz, R. J., et al. Effective gene therapy with nonintegrating lentiviral vectors. Nat Med. 12, (3), 348-353 (2006).
  20. Dull, T., et al. A third-generation lentivirus vector with a conditional packaging system. J Virol. 72, (11), 8463-8471 (1998).
  21. Bak, R. O., Mikkelsen, J. G. Mobilization of DNA transposable elements from lentiviral vectors. Mob Genet Elements. 1, (2), 139-144 (2011).
  22. Green, M. R., Sambrook, J. Molecular Cloning: A laboratory Manual. 4th edition, (2012).
  23. Dellambra, E., et al. Corrective transduction of human epidermal stem cells in laminin-5-dependent junctional epidermolysis bullosa. Hum Gene Ther. 9, 1359-1370 (1998).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics