合成 Cathinones の急速な検出のための推定ツールとして色スポット テスト

Chemistry

Your institution must subscribe to JoVE's Chemistry section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

合成 cathinones、新しい向精神物質のクラスの検出のためのシンプル、安価で、選択的な化学的スポット テスト プロトコルをご紹介します。プロトコルは、違法材が発生する法執行機関の様々 な地域での使用に適しています。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Philp, M., Shimmon, R., Tahtouh, M., Fu, S. Color Spot Test As a Presumptive Tool for the Rapid Detection of Synthetic Cathinones. J. Vis. Exp. (132), e57045, doi:10.3791/57045 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

合成 cathinones は、世界的に法執行機関と他のボーダー保護機関製薬発作でますます普及している新しい精神活性物質 (NPS) の大規模なクラスです。色テストは、迅速かつ単純な化学的方法を使用して特定の薬剤クラスの存在の有無を示す推定同定法です。比較的最近の彼らの出現のおかげで、合成 cathinones の特定の識別のための色テストは現在使用できません。本研究で紹介する合成 cathinones の推定同定のためのプロトコル 3 水溶液、試薬を用いた: 2, 9-ジメチル-1, 10-フェナントロリン (ネオクプロイン) 銅 (ii) 硝酸、酢酸ナトリウム。小さなピンの頭サイズの量 (約 0.1 0.2 mg) スポット磁器の井戸に追加被疑薬剤のプレートと各試薬は、滴下順番にホット プレートで加熱する前に。非常に明るい青から黄色、オレンジに色変更後 10 分は合成 cathinones の可能性の存在を示します。高い安定性特定の試薬法医学研究室で合成 cathinones 未知試料の推定のスクリーニングに使用する可能性があります。ただし、色変更結果の追加加熱ステップの迷惑は研究室のアプリケーションにテストを制限、フィールド テストに簡単に翻訳の可能性が低くなります。

Introduction

違法薬物市場は進化し、変化する市場に適応し続けることにより従来のビジネスと同様に動作します。現代の科学技術の進歩によって、具体的には、強力なコミュニケーションのグローバルな不拡散を見ている暗い純1と広範な知識を共有するオンライン フォーラム2を介してユーザー間で高められたオンライン購入。化学の進歩と組み合わせることで、新しい向精神物質 (NPS) の急速な出現は国際および国民の薬剤制御のための深刻な挑戦を作成されます。

NPS は、国際的な制御の下で薬剤と同様の効果を持つ虐待の危険性のある物質です。「法的」の選択肢として販売当初、739 NPS と報告された国際連合事務局薬剤および罪 (UNODC) の 2009 年と 20163間。最新のアニュアル レポートによると NPS のレコード番号は、オーストラリアとの国境に、これらの分析の多数合成 cathinones4として識別されるさらに握られました。グローバル規模で合成 cathinones の発作が着実に増加して以来、2010 年に最初に報告され、最もよく握られた NPS5の 1 つ。

NPS によってもたらされる課題は、ディスカッション67の主に公開されたトピックをされています。法医学研究所、法執行担当者は、検出して彼らの急速な出現中に NPS を識別する場所に適切なメソッドがなければ不利に残っていた。握られた材料の合成 cathinones を含む NPS の検出に広範な研究は、ガスクロマトグラフィー質量分析法 (GC/MS)8と液体クロマトグラフィー ・高解像度質量分析法 (LC HRMS)9を採用しています。検証的解析。赤外ラマン分光の10とリアルタイム質量分析法 (ダーツ MS)11,の直接分析などの周囲のイオン化質量分析法による分析を見ている最小限のサンプル準備のための需要の増加12. 分野で迅速、高感度の分析の必要性は法律施行13紙スプレー イオン化質量分析法 (PSI MS) の使用するためのポータブル デバイスへの取り込みを見ても。多くの楽器のテクニックは、高感度検出と定量結果検証分析を提供します。しかし、高いスループット分析のためサンプルの準備、実行時間、および計器飛行訓練とメンテナンスのため時間がかかる彼らすることができます。

推定色テストは、テスト サンプル14で特定の薬物クラスの存在の有無を示唆する設計されています。科学的なワーキング グループのため、解析の押収した薬 (SWGDRUG) は、紫外分光法と免疫15と並んで、最も目の肥えた電力手法としてテスト色を分類します。ただし、他の技術と比較して大幅に低コストで迅速な結果を提供する手段として法の執行および他の保証人員によってまだ広く用いられます。主な利点提供スポット色試験方法、ポータブル テスト キットを使用してフィールドでそれらを実行する機能です。

色テストの選択性は、実験試薬と色の変化を作成する興味の薬剤クラス間で発生する個々 の化学反応に依存します。現在推定テスト プロトコル合成 cathinones のみを検出するための特定のテストを欠如します。特異性を欠いているし、有害物質が含まれている一般的に使用される試薬が用いられます。その他の推奨される試薬ない可能な合成 cathinone 物質16の大規模な数の検査を受けました。

この作業の目的は、未知の組成の違法物質の合成 cathinones の予備審査のための利害関係者によって容易に採用することができます単純な色テスト プロトコルを提示することです。利害関係者には、法執行機関、国境保護機関、法医学研究所、その他関連するセキュリティ担当者が含まれます。提案手法では、電子を受け入れる銅複雑な試薬、電子豊富な合成 cathinone 薬物分子間で発生する酸化還元反応を採用しています。これらの化学的方法の開発を使用して、合成 cathinones の存在を示唆する推定の色テストの形でそれらを適用できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 色テスト試薬溶液の調製

注: 乾燥の 100 mL ビーカーに銅硝酸三水和物の 0.12 g の重量を量る。純水 (DI) 30 mL を追加し、慎重にすべての固体を溶解する室温で旋回します。100 mL のメスフラスコにこの溶液を注ぐし、純水の校正マークがいっぱい。この準備されたソリューションは試薬 1 です。
注: 試薬 1 は、他の銅 (ii) 塩、例えば銅 (ii) 塩化物を用いて調製できます。

  1. 乾燥 100 mL ビーカーに 2, 9-ジメチル-1, 10-フェナントロリン (ネオクプロイン) 系の 0.11 グラムの重量を量る。0.10 mol/L の塩酸 (HCl) の 50 mL を追加し、室温で固体の溶解を促進するためにガラスの攪拌棒を使用します。100 mL のメスフラスコにこの溶液を注ぐし、0.10 mol/L HCl の校正マークがいっぱい。この準備されたソリューションは試薬 2 です。
    注意: ネオクプロインは急性毒性は、皮膚刺激性、眼に対する重篤な損傷を引き起こす可能性が。暴露のリスクを最小限に処理中の安全メガネを着用します。
    注: ネオクプロインは水に難溶性のみ、したがって、希薄な酸はこの試薬を準備し、すべての固体の溶解が確認されます。
  2. 乾燥 100 mL ビーカーに酢酸ナトリウム 16.4 g の重量を量る。・ ディ ・水 50 mL を加えて、室温で固体の溶解を促進するためにガラスの攪拌棒を使用します。100 mL のメスフラスコにこの溶液を注ぐし、純水の校正マークがいっぱい。この準備されたソリューションは試薬 3 です。
    注: プロトコルはここで一時停止することができます。試薬は安定性の高い、室温で 12 ヶ月間保存できます。

2 色テスト

  1. 1 つのきれいな磁器スポット プレート、3 使い捨てピペット、手順 2.1、1 つのきれいなヘラ、電気ホット プレート、テストするサンプル/押収した材料で作製した 3 つの試薬ソリューションを収集します。
  2. 小さいを配置、ヘラを使って、ピンの頭サイズの量 (約 0.1 0.2 mg) 3 つに未知の試料の分離磁器スポット プレートの井戸。4-methylmethcathinone 塩酸 (4-MMC)、合成 cathinone 参照サンプル (肯定的な制御) の同量を 3 つの隣接する井空 (空のコントロール) と別の 3 つの井戸を残します。
    注: 最寄りの試験面は磁器スポット プレートです。これらが使用できない場合は、プラスチック マイクロウェル プレートまたは半マイクロ テスト チューブを使用します。
  3. 使い捨てのピペットを使用して、空白および陽性対照の井戸だけでなく、サンプルも硝酸銅溶液 (試薬 1) の 5 滴を追加します。
  4. 2 番目の使い捨てピペットを使用して、各サンプルに加えて、空白および陽性対照井戸にネオクプロイン ソリューション (試薬 2) 2 滴を追加します。
  5. 3 使い捨てのピペットを使用して、各サンプルの空白および陽性対照井戸に加えて、よくする酢酸ナトリウム溶液 (試薬 3) 2 滴を追加します。
    注: ソリューションのターン ライトブルー。
  6. 電気のホット プレートの上に直接スポット プレートは 80 ° C のセット磁器を配置します。
    注: は、ホット プレート上で直接プラスチック マイクロウェル プレートを加熱しないでください。プラスチック製のプレートを設定する浅い沸騰水浴を準備します。小さな沸騰水浴中半マイクロ テスト チューブを熱します。色の変化には厚さとスポット プレートの組成が異なりますを観察に必要な正確な時間。
    注意: 防止処理スポット板火傷するとき注意してください。
  7. 10 分間加熱後肉眼による観察し最終的な色の変化に注意してくださいまたは最終的な色変化の写真を撮る。
    注: 使用より白い背景色の変更を視覚化します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

テスト プロトコル Philpで説明の結果、いくつかの研究で検証されています。17. 色試験方法は推定的色を通して未知試料の合成 cathinones が水色から黄色-オレンジ (図 1) に変更を検出することができます。黄色とオレンジの色は、肯定的なテストの結果と他の色が変わる、非常に弱い黄色を含むまたは heatingare の否定的な考えの前に生じる変更 (表 1) 暖房期間を考慮した発生を変更します。

プロトコルは、類縁体合成 cathinone 44、44 の他の違法薬物と 36 その他粉末、過去に発表された17の切削剤に適用されています。これらの物質によって経験される色の変更は、補助ファイル 1のとおりです。これらの研究では、推定的合成 cathinones の存在を識別するプロトコルの成功を示しています。テスト プロトコルは、89% 真陽性率と 10% の偽陽性率を示した。図 2に、代表的な肯定的なテスト結果を示し、図 3に代表的な否定的なテスト結果を提供します。このテスト プロトコルも正常に 1 つ以上の化合物 (図 4) を含有する混合物で合成 cathinones の存在を識別できます。これは、実世界のサンプルへの適用可能性を示す重要な結果です。

Figure 1
図 1: 代表に起因する磁器スポット プレートに対して色テスト プロトコル(A)色のまま光青試薬のみ (空白のコントロール)。(B)合成 cathinone、4 methylmethcathinone HCl (肯定的な制御)、黄色オレンジ色の色の変更。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: 色から肯定的な結果の代表的なテスト プロトコル磁器スポット プレート上で実行します。肯定的な結果で見られる色の範囲は、抗酸化能と化合物の溶解度の違いによるものです。(A)合成 cathinone、N, N dimethylcathinone HCl (真陽性) とイエロー オレンジ カラーに変更。(B)合成 cathinone、3, 4-dimethylmethcathinone 塩酸 (真陽性) と光の黄色オレンジ色変更。(C)合成 cathinone、2,4,5 trimethylmethcathinone HCl (真陽性) とエッジの周り緑のリングで明るいオレンジ色変更。(D)イエロー、ピペラジン、アナログ 1 - 色の変更 [3-(トリフルオロメチル) フェニル] ピペラジン (TFMPP) 塩酸 (偽陽性)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 代表的な負の結果色テスト プロトコル磁器スポット プレート上で実行します。(A)光合成 cathinone、3, 4-メチレンジオキシ-α-pyrrolidinobutiophenone (MDPBP) 塩酸 (偽陰性)、緑の色の変更。その他粉体、グリシン (真陰性) と(B)ブルー カラーに変更。(C)薬物前駆体とオレンジ色の変化、3, 4-メチレンジオキシフェニル-2-propanone (MDP2P) (真陰性) を加熱する前に発生しました。(D)色は光のままアンフェタミン硫酸塩 (真陰性) と青。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: 代表的な化合物の混合物のプロトコル結果色を実行します。(A)黄色オレンジ色変更 4 methylmethcathinone HCl とエフェドリンの混合物塩酸(B) 4 methylmethcathinone HCl と 4-fluoromethcathinone (4 FMC) HClの混合物黄色オレンジ色変更してくださいここをクリックして表示するには、。この図の拡大版.

Table
表 1: 色を使用して色の変化は観察テスト プロトコル。提案された銅ネオクプロイン色テスト プロトコル 124 種類の物質に適用し、色変化を記録しました。黄色とオレンジ色は他の色が否定的な結果として報告される間肯定的な試験結果を示します。

の補足ファイル 1。基板の色テスト結果。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

この色テスト プロトコルはアル Obaidによって公開された実験的な作品から適応されました。18作者が色の変化を示した cathinone アラビアチャノキ植物から抽出の存在下で発生します。公開されているプロトコルに対する変更が推定の違法薬物検出への応用を予見する必要でした。最も重要な考慮事項は、反応のスケールを減らすことでした。本稿で説明されたプロトコルは、通りサンプルと薬発作に適用する設計されています。

記述のプロトコルでは、サンプルの合成 cathinones の存在の簡単な推定表示を提供しています。批判的に、プロトコルの暖房の手順は、指定された時間制限内の所要強度の色の変化を視覚化する必要です。厚さと磁器の特色版の構成材質の熱伝導率が原因で発生する色の変化の所要時間があります。10 分の暖房期間は、これらの違いを許可する設計されています。すべての井戸が同じ量の熱を発生するので、スポット プレートもフラット、ホット プレートの上に座る必要があります。10 分以上は 80 ° C 以上の温度で長くスポット プレートを加熱水溶液の蒸発によって否定的結果に影響することができます。2 番目の重要なステップはすべての 3 つの試薬添加プロトコルは 3 つのすべてなしで動作する失敗します。

推定色テストは薬、特定のクラスに対する選択的があるため速さで結果を提供し、分野でのアプリケーションを許可するように移植性のある程度を所有しています。熱源の要件テスト メソッドの移植性が大幅に減少します。さらに、10 分加熱期間推定色テストを待機する時間の理想的な距離ではないとこのテスト プロトコルの制限です。

このプロトコルで発生する色の変化の基礎は、合成 cathinone 分子が最終的な着色された複合体の配位子ではないことを意味する非特異的酸化還元反応です。この固有の非特異反応は、可能性が高い妨害し銅 (ii) イオン、アスコルビン酸などを削減し、テストの特異性が低いため他の種があることを意味します。

違法薬物のすべての推定色テストは、アナリストの色知覚に基づく解析の主観的な形式です。色テスト プロトコルは、ここでは特に単純合成 cathinone 存在を示す 1 色のみ変更のため提案。これは多くの一般とは違って、現在の薬の種類によっていくつかの異なった色相を余裕の色スクリーニングします。

本稿では、推定的検証分析の前に握られた材料の合成 cathinones の存在を示唆するための便利で新しいプロトコルについて説明します。一般採用色テスト試薬は銅ネオクプロイン試薬によって提供される必要な特異性を与えることができません。一般的なスクリーニングを使用頻度の高い色テスト試薬、侯爵、多くの合成 cathinones19の否定的な結果を支払うことが示されています。ただし、リーバーマンの試薬は、cathinones の反応が、他の違法な素材は、多くの合成カンナビノイド20とも反応します。

このプロトコルのアプリケーションは、法医学医薬品試験所握られたサンプルの推定試験採用に最適です。試薬ソリューションは非常に安定した、プロトコル自体は、特にわかりやすい。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

著者は、オーストラリア政府研究プログラムに奨学金研修を通じてモルガン Philp の支援を認めると思います。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Chemicals
Reagents and solvents
neocuproine hemihydrate Sigma-Aldrich 72090 ≥99.0%. Acute toxicity
copper(II) nitrate trihydrate Sigma Aldrich 61197 98.0%-103%
sodium acetate Ajax Finechem AJA680 anhydrous
hydrochloric acid RCI Labscan RP 1106 36%. Corrosive
Name Company Catalog Number Comments
Powders
ascorbic acid AJAX Finechem UNIVAR 104 L
benzocaine Sigma-Aldrich E1501
benzoic acid Sigma-Aldrich 242381 ≥99.5%
boric acid Silform Chemicals R27410
caffeine Sigma-Aldrich C0750
cellulose Sigma-Aldrich 435236 microcrystalline
calcium chloride AJAX Finechem UNILAB 960
citric acid AJAX Finechem UNIVAR 160
codeine phosphate Glaxo - Acute toxicity
cysteine Sigma-Aldrich 168149 L
dimethylsulfone Sigma-Aldrich M81705 98%
ephedrine HCl Sigma-Aldrich 285749 99%. Acute toxicity
glucose AJAX Finechem UNIVAR 783 D, anhydrous
glutathione AJAX Finechem UNILAB 234
glycine AJAX Finechem UNIVAR 1083
lactose Sigma L254 D, monohydrate
levamisole HCl Sigma-Aldrich PHR1798 Acute toxicity
magnesium sulphate Scharlau MA0080 anhydrous, extra pure
maltose AJAX Finechem LABCHEM 1126 Bacteriological
mannitol AJAX Finechem UNIVAR 310
O-acetylsalicylic Acid Sigma-Aldrich A5376
phenethylamine Sigma-Aldrich 241008
phenolphthalein AJAX Finechem LABCHEM 368 Acute toxicity
potassium carbonate Chem-Supply PA021 AR, anhydrous
sodium carbonate Chem-Supply SA099 AR, anhydrous
sodium chloride Rowe Scientific CC10363
starch AJAX Finechem UNILAB 1254 soluble
stearic acid AJAX Finechem UNILAB 1255
sucrose AJAX Finechem UNIVAR 530
tartaric acid AJAX Finechem UNIVAR 537 (+)
Name Company Catalog Number Comments
Household products
artificial sweetener ALDI Be Light n/a Contains aspartame
brown sugar CSR n/a
icing sugar CSR n/a
caster sugar CSR n/a
paracetamol tablet Panadol n/a
protein powder Aussie Bodies ProteinFX n/a
self-raising Woolworths Australia Homebrand n/a
plain flour Woolworths Australia Homebrand n/a
Name Company Catalog Number Comments
Reference compounds controlled or illegal substances
Cathinone-type substances
1-(4-methoxyphenyl)-2-(1-pyrrolidinyl)-1-propanone HCl (MOPPP) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1024 Acute toxicity potential
1-phenyl-2-methylamino-pentan-1-one HCl Lipomed PTD-1507-HC Acute toxicity potential
2,3-dimethylmethcathinone HCl (2,3-DMMC) Chiron Chemicals 10970.12 Acute toxicity potential
2,4,5-trimethylmethcathinone HCl (2,4,5-TMMC) Chiron Chemicals 10927.13 Acute toxicity potential
2,4-dimethylmethcathinone HCl (2,4-DMMC) Chiron Chemicals 10971.12 Acute toxicity potential
2-benzylamino-1-(3,4-methylenedioxyphenyl)-1-butanone HCl (BMDB) Chiron Chemicals 10925.18 Acute toxicity potential
2-fluoromethcathinone HCl (2-FMC) LGC Standards LGCFOR 1275.64 Acute toxicity potential
2-methylmethcathinone HCl (2-MMC) LGC Standards LGCFOR 1387.02 Acute toxicity potential
3,4-methylenedioxy-α-pyrrolidinobutiophenone (MDPBP) HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D973 Acute toxicity potential
3,4-dimethylmethcathinone HCl (DMMC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D962 Acute toxicity potential
3,4-methylenedioxymethcathinone HCl (MDMC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D942 Acute toxicity potential
3,4-methylenedioxy-N,N-dimethylcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D977 Acute toxicity potential
3,4-methylenedioxypyrovalerone HCl (MDPV) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D951b Acute toxicity potential
3-bromomethcathinone HCl (3-BMC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1035 Acute toxicity potential
3-fluoromethcathinone HCl (3-FMC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D947b Acute toxicity potential
3-methylmethcathinone HCl (3-MMC) LGC Standards LGCFOR 1387.03 Acute toxicity potential
4-bromomethcathinone HCl (4-BMC) LGC Standards LGCFOR 1387.11 Acute toxicity potential
4-fluoromethcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D969 Acute toxicity potential
4-methoxymethcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D952 Acute toxicity potential
4-methylethylcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D968 Acute toxicity potential
4-methylmethcathinone HCl (4-MMC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D937b Acute toxicity potential
4-methyl-N-benzylcathinone HCl (4-MBC) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1026 Acute toxicity potential
4-methyl-pyrrolidinopropiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D964 Acute toxicity potential
4-methyl-α-pyrrolidinobutiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D974 Acute toxicity potential
cathinone HCl (bk-amphetamine) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D929 Acute toxicity potential
dibutylone HCl (bk-DMBDB) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1027 Acute toxicity potential
iso-ethcathinone HCl Chiron Chemicals 10922.11 Acute toxicity potential
methcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D724 Acute toxicity potential
methylenedioxy-α-pyrrolidinopropiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D960 Acute toxicity potential
N,N-diethylcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D957 Acute toxicity potential
N,N-dimethylcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D958 Acute toxicity potential
naphthylpyrovalerone HCl (naphyrone) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D981 Acute toxicity potential
N-ethyl-3,4-methylenedioxycathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D959 Acute toxicity potential
N-ethylbuphedrone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1013 Acute toxicity potential
N-ethylcathinone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D938b Acute toxicity potential
pentylone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D992 Acute toxicity potential
pyrovalerone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D985 Acute toxicity potential
α-dimethylaminobutyrophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1011 Acute toxicity potential
α-dimethylaminopentiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1006 Acute toxicity potential
α-ethylaminopentiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1005 Acute toxicity potential
α-pyrrolidinobutiophenone HCl (α-PBP) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D1012 Acute toxicity potential
α-pyrrolidinopentiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D986b Acute toxicity potential
α-pyrrolidinopropiophenone HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D956 Acute toxicity potential
β-keto-N-methyl-3,4-benzodioxyolylbutanamine HCl (bk-MBDB) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D948 Acute toxicity potential
Name Company Catalog Number Comments
Other substances
(-)-ephedrine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) M924 Acute toxicity potential
(-)-methylephedrine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) M243 Acute toxicity potential
(+)-cathine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) M297 Acute toxicity potential
(+/-)- 3,4-methylenedioxyamphetamine HCl (MDA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D842 Acute toxicity potential
(+/-)- N-methyl-3,4-methylenedioxyamphetamine HCl (MDMA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D792c Acute toxicity potential
(+/-)-methamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D816e Acute toxicity potential
(+/-)-N-ethyl-3,4-methylenedioxyamphetamine HCl (MDEA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D739c Acute toxicity potential
(+/-)-N-methyl-1-(3,4-methylenedioxyphenyl)-2-butylamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D450a Acute toxicity potential
(+/-)-phenylpropanolamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) M296 Acute toxicity potential
(2S*,3R*)-2-methyl-3-[3,4-(methylenedioxy)phenyl]glycidic acid methyl ester Australian Government National Measurement Institute (NMI) D903 Acute toxicity potential
1-(3-chlorophenyl)piperazine HCl (mCPP) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D907 Acute toxicity potential
1-[3-(trifluoromethyl)phenyl]piperazine HCl (TFMPP) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D906 Acute toxicity potential
1-benzylpiperazine HCl (BZP) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D905 Acute toxicity potential
2,5-dimethoxy-4-iodophenylethylamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D922 Acute toxicity potential
2,5-dimethoxy-4-methylamphetamine HCl (DOM) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D470b Acute toxicity potential
2,5-dimethoxy-4-propylthio-phenylethylamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D919 Acute toxicity potential
2,5-dimethoxyamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D749 Acute toxicity potential
2-bromo-4-methylpropiophenone Synthesised in-house n/a Acute toxicity potential
2-fluoroamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D946 Acute toxicity potential
2-fluoromethamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D933 Acute toxicity potential
3,4-dimethoxyamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D453b Acute toxicity potential
3,4-methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDP2P) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D810b Acute toxicity potential
4-bromo-2,5-dimethoxyamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D396b Acute toxicity potential
4-bromo-2,5-dimethoxyphenethylamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D758b Acute toxicity potential
4-fluoroamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D943b Acute toxicity potential
4-fluorococaine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D854b Acute toxicity potential
4-fluoromethamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D934 Acute toxicity potential
4-hydroxyamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D824b Acute toxicity potential
4-methoxyamphetamine HCl (PMA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D756 Acute toxicity potential
4-methoxymethamphetamine HCl (PMMA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D908b Acute toxicity potential
4-methylmethamphetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D963 Acute toxicity potential
4-methylpropiophenone Sigma-Aldrich 517925 Acute toxicity potential
5-methoxy-N,N-diallyltryptamine Australian Government National Measurement Institute (NMI) D954 Acute toxicity potential
amphetamine sulphate Australian Government National Measurement Institute (NMI) D420d Acute toxicity potential
cocaine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D747b Acute toxicity potential
dimethamphetamine (DMA) Australian Government National Measurement Institute (NMI) D693d Acute toxicity potential
gamma-hydroxy butyrate Australian Government National Measurement Institute (NMI) D812b Acute toxicity potential
heroin HCl LGC Standards LGCFOR 0037.20 Acute toxicity potential
ketamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D686b Acute toxicity potential
methoxetamine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D989 Acute toxicity potential
methylamine HCl Sigma-Aldrich M0505 Acute toxicity potential
phencyclidine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D748 Acute toxicity potential
phentermine HCl Australian Government National Measurement Institute (NMI) D781 Acute toxicity potential
triethylamine Sigma-Aldrich T0886 Acute toxicity, corrosive, flammable
Name Company Catalog Number Comments
Equipment
12-well porcelain spot plates HomeScienceTools CE-SPOTP12
96-well microplates Greiner Bio-One 650201
Hot plate Industrial Equipment and Control Pty Ltd. CH1920 (Scientrific)
100 mL glass volumetric flasks Duran 24 678 25 54
Soda lime glass Pasteur pipettes Marienfeld-Superior 3233050 230 mm length

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Martin, J. Drugs on the Dark Net: How Cryptomarkets are Transforming the Global Trade in Illicit Drugs. Palgrave Macmillan UK. (2014).
  2. Beharry, S., Gibbons, S. An overview of emerging and new psychoactive substances in. the United Kingdom. Forensic Sci. Int. 267, 25-34 (2016).
  3. United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC). World Drug Report 2017. United Nations publication. (2017).
  4. Australian Criminal Intelligence Commission (ACIC). Illicit Drug Data Report 2014-2015. Commonwealth of Australia, Canberra. (2016).
  5. United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC). World Drug Report 2016. United Nations publication. (2016).
  6. Chatwin, C., Measham, F., O'Brien, K., Sumnall, H. New drugs, new directions? Research priorities for new psychoactive substances and human enhancement drugs. Int. J. Drug Policy. 40, 1-5 (2017).
  7. Reuter, P., Pardo, B. New psychoactive substances: Are there any good options for regulating new psychoactive substances? Int. J. Drug Policy. 40, 117-122 (2017).
  8. Elie, M. P., Elie, L. E., Baron, M. G. Keeping pace with NPS releases: fast GC-MS screening of legal high products. Drug Test. Anal. 5, (5), 281-290 (2013).
  9. Strano Rossi, S., et al. An analytical approach to the forensic identification of different classes of new psychoactive substances (NPSs) in seized materials. Rapid Commun Mass Sp. 28, (17), 1904-1916 (2014).
  10. Jones, L. E., et al. Infrared and Raman screening of seized novel psychoactive substances: a large scale study of >200 samples. Analyst. 141, (3), 902-909 (2016).
  11. Lesiak, A. D., et al. Direct analysis in real time mass spectrometry (DART-MS) of "bath salt" cathinone drug mixtures. Analyst. 138, (12), 3424-3432 (2013).
  12. Brown, H., Oktem, B., Windom, A., Doroshenko, V., Evans-Nguyen, K. Direct Analysis in Real Time (DART) and a portable mass spectrometer for rapid identification of common and designer drugs on-site. Forensic Chem. (Supplement C), 66-73 (2016).
  13. Bruno, A. M., Cleary, S. R., O'Leary, A. E., Gizzi, M. C., Mulligan, C. C. Balancing the utility and legality of implementing portable mass spectrometers coupled with ambient ionization in routine law enforcement activities. Anal Methods-UK. 9, (34), 5015-5022 (2017).
  14. United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC). Recommended methods for the identification and analysis of amphetamine, methamphetamine and their ring-substituted analogues in seized materials. United Nations. New York. (2006).
  15. Scientific Working Group for the Analysis of Seized Drugs (SWGDRUG). Vol. 7.1. United States Department of Justice, USA. (2016).
  16. United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC). Recommended methods for the identification and analysis of synthetic cathinones in seized materials. United Nations. New York. (2015).
  17. Philp, M., Shimmon, R., Tahtouh, M., Fu, S. Development and validation of a presumptive color spot test method for the detection of synthetic cathinones in seized illicit materials. Forensic Chem. 1, 39-50 (2016).
  18. Al-Obaid, A. M., Al-Tamrah, S. A., Aly, F. A., Alwarthan, A. A. Determination of (S)(−)-cathinone by spectrophotometric detection. J Pharmaceut Biomed. 17, (2), 321-326 (1998).
  19. Namera, A., Kawamura, M., Nakamoto, A., Saito, T., Nagao, M. Comprehensive review of the detection methods for synthetic cannabinoids and cathinones. Forensic Toxicol. 33, (2), 175-194 (2015).
  20. Isaacs, R. C. A. A structure-reactivity relationship driven approach to the identification of a color test protocol for the presumptive indication of synthetic cannabimimetic drugs of abuse. Forensic Sci. Int. 242, 135-141 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics