マウス単球由来樹状細胞とその後続の in Vitro活性化腫瘍免疫複合体との隔離のプロトコル

* These authors contributed equally
Cancer Research

Your institution must subscribe to JoVE's Cancer Research section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

単球由来 DC (研) は危険性関連分子のマイナーな量を感じることができるし、簡単にプライミング、したがって。血液、腫瘍、彼らの早期活性化を避けるために考慮すべき重要注意事項を強調しながら免疫複合体とその活性化から研の隔離のための詳しいプロトコルを提供します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Santana-Magal, N., Rasoulouniriana, D., Saperia, C., Gutwillig, A., Rider, P., Engleman, E. G., Carmi, Y. Isolation Protocol of Mouse Monocyte-derived Dendritic Cells and Their Subsequent In Vitro Activation with Tumor Immune Complexes. J. Vis. Exp. (135), e57188, doi:10.3791/57188 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

樹状細胞 (DC) が、細胞膜マーカー、移行パターン分布と抗原提示、T 細胞活性化能力で異なる異種細胞集団です。実験腫瘍モデルのほとんどの予防接種は、DC の数百万人を必要とするので、彼らは広く骨髄や脾臓から分離されます。ただし、これらの DC は免疫複合体 (IC) に、おそらく他の Syk 結合レクチン受容体に血および腫瘍 DC の応答から大きく異なります。重要なは、危険準の分子に DC の感度を与え、また内毒素や手順を特定の 1 つの架橋活性化受容体抗体の存在が DC のプライミングにおける結果し、パラメーター影響を及ぼします少なくとも投与量は、それらをアクティブにする必要があります。したがって、ここでは血液・腫瘍からの早期活性化を回避しながら研を分離するための詳しいプロトコルを記述します。さらに、腫瘍 IC、研の活性化とそれに続く分析のためのプロトコルが提供されます。

Introduction

彼らの発見以来、樹状細胞 (DC) は、T 細胞分化1をスキューするユニークな能力のための広範な研究の焦点をされています。過去数十年にわたって広範な研究努力は腫瘍の進行および免疫2中様々 な DC サブセットとその機能の定義を求めています。パターン認識受容体、組織分布の異なる異種細胞集団から成る Dc や渡り鳥と抗原提示機能3,4,5。他の DC サブセットに比べると、単球由来 DC (研) がはるかに多い腫瘍で、循環から簡単に生成することができますまたは腫瘍浸潤単球6,7。したがって、彼らの相対的な感染率の活用を求めている多くの臨床試験は、T 細胞免疫8,9を引き出す自己研の体内体外の操作に基づいています。

同様に、実験的腫瘍モデルの DC ベースの予防接種が必要です 2-3 シリアル注射、離れて 1-2 × 10 の 5-7 日間6アクティブ DC パルスと腫瘍抗原。したがって、DC のこの大規模な数を達成するためにほとんどのマウスの研究が主に研 (IL-4 マウスの設定不要) 7-9 日間 GM-CSF の骨髄 (BM) 前駆体から培養を使用10,11。それにもかかわらず、全体的に通常 DC コンパートメント12,13マウスが GM-CSF knockout を与えられ、その文化から得られた混合集団を与えられた14これらの DC の生理学的な関連性を質問に呼ばれてきた。

また、DC は、脾臓細胞から日常的に分離することが。ただし、DC 構成は約 0.3 0.8% (約 7 × 105 DC/脾臓の結果)、合計の脾細胞と CD103 のみ、これらの細胞の+ DC と研戻るリンパ器官に移行できます。MoDCs 脾 DC 集団15,16の約 10-15% を構成する、のでほとんどの隔離のプロトコルは約 1 × 105研脾臓あたりをもたらします。研の拡大は、GM-CSF、脾研17100 増加を分泌する transfected の B16 細胞を注入することにより実現できます。しかし、研の DC ワクチンを開発するための使用は限られた人間で得られたこの手順が行われることはできませんので研は既に高度に活性化します。

DC の十分な番号を取得、に加えて自家癌細胞に対して効果的な DC ワクチンの開発の別の課題は、完全に DC をアクティブに腫瘍の設定で十分な危険信号の不足を含みます。共刺激シグナルの誘導は通常パターン認識受容体 (PRR)、または c 型レクチン シグナリング細道18,19,20,21の活性化を介して実現されます。DC の活性化のためのさらなるアプローチは、表面 Fcγ 受容体 (FcγR) との相互作用によって抗原を取る能力を悪用します。確かに、重要な写本の多くを示している予防的設定で、腫瘍の増殖を防ぐことができます BM 前駆体の活性化から研の注入腫瘍-IgG ・ IC と確立された腫瘍22,23の撲滅につながることができます.

2 つの最近の論文で、 Carmi らは、腎不全、脾 DC とは対照的血と腫瘍から研に応答できません IgG IC 追加刺激のないを発見しました。FcγR24,25をシグナル伝達を調節するチロシン脱燐酸化酵素の高い細胞内レベルの存在に起因するとこれが見つかりました。、DC の重要なチェックポイントの定義によっては、この作品は成功した DC ベースの予防接種についての重要な洞察を提供しました。FcγR シグナル伝達とおそらく同様のリン酸化カスケードを利用した他のレクチン受容体から信号を有効にする追加の刺激のための要件はこうして分離中に DC のプライミングを回避する必要性を強調します。

したがって、この議定書は研の血および骨髄および脾臓 DC から著しく異なる、腫瘍からの隔離を記述する、プロセス中に検討に値するの注意を強調します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

以下のプロトコル、マウス、研の分離を参照してください、まだ DC サブセット、他の細胞と同様に全体的な原則があります。12-16 週齢の c57bl/6 j マウスは実験動物ケアの認定-認定動物施設協会で維持されました。すべてのプロトコルは、スタンフォード大学、テルアビブ大学機関動物ケアおよび使用委員会によって承認されました。

1. 腫瘍の分離は、単球由来の DC を関連付けられています。

  1. 層流フードの CO2安楽死させたマウスから腫瘍を取り外し、ウシ胎児血清 (FBS) なし RPMI 培地で腫瘍。
    注: マウスを剃るし、毛皮からの潜在的な汚染を最小限に抑えるため、腫瘍を削除する前にそれらの 70% エタノール スプレーそれ勧めします。大きい腫瘍が壊れ、細胞死を受けることになりやすい傾向がありますが少ない DC を持っているので、腫瘍が 25-40 mm2を超えていないことを確信します。DC の大きな数字が必要な場合各マウスは複数のサイトでの腫瘍細胞を注入することができます。
  2. 滅菌の層流フードの下で小さな断片 (約 1 × 1 mm2) に外科はさみを使用して腫瘍を切る。
    1. 追加 30 mL 滅菌平底チューブに電磁攪拌バーとハンクの 5 mL が含まれている 1 つのマウスからのすべての腫瘍片平衡塩溶液 (HBSS)、2 mg/mL コラゲナーゼ IV、および 0.01 mg/mL DNase 私。
      注意: 骨髄細胞は定常状態下でも、糖鎖を通してエネルギーを作り出します。したがって、10-15 分ほどのグルコース飢餓として (例えば HBSS、RPMI、および DMEM)、グルコースが含まれているメディアだけを使用は細胞死と 24 時間使用のみ低エンドトキシン コラゲナーゼ IV コラゲナーゼとしてグラム陽性によって生成される内アポトーシスになります細菌 (クロストリジウム histolyticum)
  3. 20-30 分のマグネチックスターラー 37 oC のインキュベーターで約 200-400 rpm で攪拌します。
  4. 完全なメディアの 5 mL を追加し、精力的に再停止します。
  5. 70 μ m 携帯こし器を通って細胞をフィルターします。細胞のペレットを 5-10 分の 4 のoC 400 rcf の遠心分離機します。
    注意: いくつかの腫瘍は壊死、細胞の残骸や細胞外マトリックスの比較的大量を含めると、消化酵素の直後のセルを隔離しようとしないでください。セルのみを取得する 15% 密度勾配媒体にセルを適用します。
  6. 1 mL の 10 の x PBS、浸透圧を調整し、100 %percoll 原液を入手すると密度勾配媒体の 9 mL を中断します。ミックス 1.5 mL 密度勾配媒体は 8.5 ml HBSS ソリューションをストックし、腫瘍細胞ペレットを精力的にまぜます。軽くレイヤーの 15% 密度勾配媒体と 400 メーカで室温で 20 分間遠心する上に DMEM の 2 mL。チューブの下部にペレットを形成、細胞培養上清を破棄します。
    1. 10 mL 2 %fbs、1% ペニシリン/ストレプトマイシン、10 mM EDTA (分離バッファー) と 4 oC 400 rcf 5-10 分間遠心分離細胞のペレットを含む HBSS に再懸濁し、2 回小球形にされた細胞を洗浄します。
    2. トリパン光学顕微鏡の下で青色を使用して検定上のセルをカウントします。
  7. 1 mL 単独で 1 x 10 の8セルを再停止バッファーし、4 oC を CD11b 30 μ l インキュベートそれら+共役 15 分用の磁気ビーズ。
    注意: これは DC をアクティブ化し、細胞死を誘導、CD11c 共役ビーズの使用を避けます。抗 CD16/32 抗体と FcγRII と FcγRIII をブロックしないでください。遮断抗体 FcγR を縛ると MAP キナーゼの強力なリン酸化を誘導して、DC をプライムします。
    1. 4oc 以上で 5-10 分のための 400 のメーカで分離バッファーと遠心分離細胞の 9 つの mL を追加することによって余分な非連結ビーズを削除します。
  8. 上清を吸引し、再 1 mL 分離バッファー内セルを中断します。洗ってある磁気列にセルを適用します。3 mL の分離バッファーで 2 回コラムを洗浄します。
    1. 磁石から列を削除します。分離バッファー列に 6 mL のピペット、プランジャーを押すことにより滅菌採取管に磁気標識細胞を洗い流します。4 oc 以上で 5-10 分のための 400 の rcf の遠心分離機セル
    2. 再 1 x 10 の7セルあたり 100 μ L でセルを中断し、次の蛍光色素標識された抗体で染色: Ly-6 C、MHCII 家系の負 (TCRb、シグ F、B220、CD19、FceRI、Ly6G)。
  9. ゲート側方散乱 (SSC) を使用して、小さなセルでセルを並べ替えるし、散布 (FSC) と完全な培 5 ng/ml の GM-CSF の文化を転送します。3 7 1 時間インキュベート細胞oC プレートを遵守するマクロファージを可能にするため。その後、転送、疎と新しい培養皿に非付着性のセル。
    注: マウス研 CD11b として定義されます+/CD11c+/MHCIIこんにちは/Ly6Clo/int 7,26,27。腫瘍モデルとは一部のモデル (例えば LMP) で Ly6C の表現が大幅に異なる場合があります MoDCs は、完全に Ly6C 式を欠いています。全体的に、1 つ 100 mm3 B16F10 腫瘍が 5 x 104 106合計セル x 約 4-5 の結果、DC の通常含まれています。これらの細胞の 10-15% が免疫細胞と 8-10%、研。DC の数の増加は、複数のサイトでの腫瘍マウスを注入することにより実現できます。並べ替えのみ小型の SSC/FCS の細胞、その他の骨髄性細胞として CD11c や Ly6C などのマーカーを表現できます。
    オプション: 並べ替えエクスプレス Ly6CこんにちはMHCII の否定的な小型の SSC/FSC 細胞として腫瘍浸潤単球。その後、単球の in vitro DC を取得する 50 ng/mL GM-CSF と文化します。

2. 末梢血単球由来の DC の分離

注: 成熟した MoDCs マウス血液中比較的まれであるので、以下のプロトコルはその派生の in vitro並べ替えられた単球からです。

  1. 血の単球の増加、4% イソフルランとマウスを麻酔し、それらを皮下注入 (サウスカロライナ) 50 μ L の PBS の GM-CSF の 1 μ g とします。
  2. 1-2 時間後 CO2を用いたマウスを犠牲に。
    注意: を犠牲にしないマウス頚部転位によって内部の出血の原因になります。
  3. Euthanization の直後にマウスを 70% エタノール スプレーし、滅菌の層流フードの下の外科はさみを使用して心臓を覆う皮膚を削除します。エタノールが付いているはさみをきれいにし、心臓の右心房を切る。ゆっくりと、20 mm EDTA HBSS 10 mL のシリンジ、25 G 針を使用して右心室を介して心をフラッシュします。
    1. ヘパラン硫酸と EDTA を含む生殖不能の管に胸腔内から滅菌注射器で血液を収集します。肝臓と肺になるピンクや白まで心をフラッシュし続けます。
  4. 低いブレーキで 15 分間室温で 400 メーカで密度勾配中程遠心分離機に血液を適用します。
    注意: 使用エンドトキシン密度勾配媒体 (通常より小さい 0.12 mL あたり EU)。
    1. 新しい管に単核細胞を収集します。10 mL 2 %fbs、1% ペニシリン/ストレプトマイシンと 10 mM EDTA (分離バッファー)、および 4 oで、遠心分離を含む HBSS で再懸濁細胞ペレットに 5-10 分の C 400 メーカによってセルを洗浄してください。
      注意: は、少なくとも 1 g/L ブドウ糖にはが含まれているメディアだけを使用します。
  5. CD11b 肯定的な選択のため再中断 1 mL 分離バッファーに 1 x 10 の8セルと 4 oc 以上での CD11b 共役の磁性体ビーズを 50 μ l 15 分間インキュベートします。
    1. 9 mL の分離バッファーを追加し、培養上清 4 oC. 吸引で 5-10 分のための 400 の rcf の遠心分離によって余分なビーズを洗浄し、再 1 mL 分離バッファー内セルを中断します。製造元の指示に従って清ら磁気列にセルを適用します。
    2. 磁石から列を削除、列に分離バッファーの 6 mL のピペット、プランジャーを押すことにより滅菌採取管に磁気標識細胞を洗い流します。3 mL の分離バッファーで 2 回列 4 oc. 洗浄で 5-10 分のための 400 のメーカで細胞を遠心分離機します。
    3. 1 x 107セル/100 μ L 分離バッファーと次の蛍光色素標識された抗体で染色の細胞を再停止: 0.1 μ g CD115、0.25 μ g MHCII、および 0.1 μ g Ly-6 C/1 x 10 の6セル。
  6. 小さな側方散乱 (SSC) および小さい前方散乱 (FSC) 細胞のゲーティング セルを並べ替えます。
    注: マウス炎症性単球は一般的に CD115 として定義+/MHCIIlo/指定、総额/Ly6Cこんにちはとパトロール中の単球は CD115 として定義されて+/MHCIIlo/指定、総额/Ly6Cneg 4, 5。2 つのサブセットの間の分離が不要の場合、合計 SSClo/FCSlo/CD115+/MHCIIloセルを並べ替えることができます。世間知らずと担癌マウスの両方を含む約 5-8 x 10 まで血液 1 mL あたり4研 4-5 105研次 x GM-CSF の注入。うち、約 70% の炎症性単球、30% をパトロールしている単球。
  7. 20 ng/mL GM-CSF と補われる完全なメディアの 1 x 106セル/ml の濃度で細胞をプレートします。1 日後さらに 4-5 日間新しいプレートと文化に非付着と緩く付着性のセルを転送します。
    注意: DC メディアは、ピルビン酸と補われないする必要があります。

3. 腫瘍 IgG 免疫複合体の作製

  1. 完全な DMEM メディアで 70% コンフルエントまでに 75 cm2培養用フラスコで培養腫瘍細胞。
    1. 0.25% トリプシン/過剰 trypsinization を避けるために顕微鏡下で培養フラスコとモニター細胞の形態から細胞をデタッチする EDTA の 2 mL を追加します。
    2. トリプシンの消化力を阻害し、4 oC、セルをペレットに 5-10 分の 400 の rcf の遠心分離機に 8 mL の完全培 (トリプシン 2 mL) あたりを追加します。
      注:マイコ プラズマ市販 PCR キットを使用して腫瘍細胞を確認するを確認します。グラム陰性菌とカブトガニ含まライセート(ラル) を使用して菌のエンドトキシンの存在をテスト分析28)。血清を 0.22 μ M で濾過し、9 の連邦規制のコード ウイルスをテストする必要があります。さらに、37 oc 以上で 2 日間の文化やスープ、LB 寒天培地に 100-200 μ L をドロップすることによって、培養培地および血清をテストします。
    3. もう一度セルを洗浄再 10 mL の PBS で 400 メーカで 5 ~ 10 分間遠心するそれらを停止することによってトリプシンと血清の遺跡から上清を吸引し、洗浄を 2 回繰り返します。
  2. 室温で 10 分間バッファリング 1.8% パラホルムアルデヒドでセルを修正します。
    1. セルを洗浄して再 10 mL の PBS で 4 oC 400 メーカで 5-10 分間遠心するそれらを停止することによって。
    2. 吸引清と繰り返し、さらに 2 回を洗ってください。
      オプション: 腫瘍取り込みアッセイ用細胞ラベル付けできますがそれらを 37 oC 1 μ M carboxyfluorescein サクシニミジルエステル (CFSE) を含む PBS 中で 5 分間インキュベートし。CFSE は氷で 10 分間の完全なメディアとしてクエンチしました。セルは、残留色素を削除する 2% 血清を含む PBS で広範囲洗浄する必要があります。
  3. 再潜在的な非特異的タンパク質間相互作用をブロックするために FACS バッファー (2% の FCS + 5 mM EDTA を添加した PBS) と抗 CD16/32 の 0.5 μ g/mL のセルを中断します。100 μ L あたり 1 x 10 の5セルの濃度で U 字型 96年穴/プレートのプレート。
    1. 腫瘍-結合の抗体は 5 μ g ・ 10 の5セル × 5 ng/1 からまでの異なる希釈率を追加します。15 〜 20 分のための氷の板を孵化させなさい。
      注: IgG 抗体が説明24としてプロテイン A 列に素朴な 20-24 週齢の雌マウスの血清から分離されました。
  4. 150 μ L の PBS を追加し、5-10 分の 4 のoC 400 メーカでプレートを遠心分離によって細胞を洗浄します。
    1. 培養上清を破棄し、洗濯を 2 回繰り返します。蛍光標識二次抗体を含む 100 μ L FACS バッファー内セルを再停止します。20 分間氷の上プレートを孵化させなさい。
    2. FACS バッファーの 200 μ L を追加し、5 ~ 10 分 400 メーカでプレートを遠心分離によって洗浄細胞培養上清を破棄し、洗浄を繰り返します。
    3. フローサイトメトリーによる腫瘍バインディングを分析し、セルを塗るに必要な最低限の濃度を決定します。
      注: 以降の機能アッセイに増加しない平均蛍光強度 (MFI) による腫瘍細胞の少なくとも 5 倍アイソタイプ コントロール上の抗体を使用しないでください。

4. 腫瘍 IgG IC と研の活性化

  1. 3.1 3.4.3 ~ のセクションで説明するように最小の IgG 濃度と腫瘍細胞をコートします。
    1. 腫瘍 IC、研を起動する前に 1 日交換研文化メディアは、GM-CSF が含まれています。これを行うには、優しくメディアを吸引、予め温めておいた完全培地で細胞を洗浄します。
      注: 少なくとも 2-3 時間 (またはも一晩) 並べ替え後完全なメディアの GM-CSF なしと IC でそれらをアクティブ化する前に、隔離された成熟した腫瘍関連研を培養する必要があります。
    2. 腫瘍の取り込み解析 1:5 (IC:MoDC) の割合で研に CFSE 分類腫瘍 IC を追加し、12-16 h 1 × 106 DC あたり完全なメディアの 1 つの mL で一晩インキュベートします。
    3. FACS 解析研活性化実験では、1:1 (IC:MoDC) 比で腫瘍 IC を追加し、12-16 h 一晩インキュベートします。
      注: 強くお勧めも、肯定的な制御を含めるどの研では 1 μ g/ml の LPS または他 TLR アゴニストの刺激。
    4. 次の一晩活性化培養上清を吸引、洗浄細胞 3 回優しく分離バッファーまたは 10 ミリメートルの EDTA HBSS。
    5. プレートから DC を外す、1 mL 10 mM EDTA を含む HBSS で 2 〜 3 分のための細胞を孵化させなさい、積極的なピペッティングにより細胞をデタッチします。
    6. 400 メーカで細胞を遠心し、再 1 × 106 2% の FCS、5 mM EDTA (FACS バッファー) および遮断抗体の 0.5 μ g を添加した 90 μ L の PBS DC を中断します。氷上で 5-10 分間インキュベートします。
    7. 細胞に抗体の混合物を染色の 10 μ L を追加し、15 分間氷の上を孵化させなさい。
    8. 2 mL FACS バッファーを追加すると、セルと 4 oC 400 メーカで 5-10 分間遠心します。
  2. 200 μ L FACS バッファー内セルを再停止します。
    1. 追加 0.5 ~ 1 μ g/mL DAPI の解析から死んだ細胞を除外するのには、サンプルを実行する前に 1-2 分。過剰を孵化しないで DAPI、研は 10-15 分以内を取ること。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

当初、腫瘍細胞に結合する世間知らずと同種同系マウスからの抗体能力を比較しました。このため、B16F10 LMP 腫瘍細胞はパラホルムアルデヒドで固定され広範囲洗浄します。B16F10 はもともと c57bl/6 マウス肺転移から分離された悪性黒色腫のセルラインです。LMP は KrasG12D から分離した膵腫瘍細胞/+、LSL-Trp53R172H/+、および Pdx 1 Cre マウスと 129F1 マウスで着実に成長します。IC を得るためには、腫瘍細胞あたり 1 x 105腫瘍細胞の同系または同種 IgG の 2 μ g を氷の上に 20 分間培養します。IgG し、IgM 抗体が世間知らずの循環から分離されたタンパク質としてサイズ排除クロマトグラフィーに続いて、20-24 週齢マウスに24が記載されています。細胞が、そこで洗浄・ PE 共役ラット抗マウス IgG 抗体、染色、平均蛍光強度は流れの cytometer で分析しました。図 1 aに示されるように c57bl/6 同種から IgG 抗体からバインドされている LMP 腫瘍細胞前のヴィヴォ抗体よりもはるかに効果的に 129S1 同系マウス。同様に、129S1 同種 IgG と固定 B16F10 の染色は 10 倍以上高い、に比べて素朴な c57bl/6 マウスから同系 igg 抗体で染色します。興味深いことに、マウス B16 腫瘍を有するが (図 1 b) 腫瘍の進行中であっても同種のマウスのような結合能が付いている抗体を生成に失敗しました。

我々 は次に脾臓、BM から DC の血液・腫瘍から研の IC の応答を比較しようと思う。腫瘍関連研を分離するには、B16F10 腫瘍酵素的単一細胞懸濁液を取得する解離。免疫細胞は、CD45 磁気ビーズを用いて濃縮したし、研が SSClo/FSClo/CD11c としてソートされたさらに+/MHCII+/Ly6Clo FACS (図 2 a) によって。注目すべきはその異なる腫瘍 DC 異なるマーカーそれらを定義することができます。研を血液から分離、循環単球された磁気ビーズの CD11b 共役によって濃縮し、SSClo/FSCloとしてさらにソート/CD115+/MHCIIneg/lo。GM-CSF、1 日培養し、新しいプレートと研 (図 2 b) を取得する追加の 4-5 日間培養し弱粘着性、非付着性のセルが移されました。腎不全、脾研と同様、多くの機能の試金、「ゴールド スタンダード」DC としてを用いて基準点としてより生理的 DC サブセットを反映します。腎不全は、BM のプロ球の並べ替えによって得られた (CD11b+/Ly6Cこんにちは/CD115こんにちは/MHCII指定、総额)、GM-CSF、説明24で 7 日間培養、続いて。脾研がセル ストレーナー脾臓をマッシュ アップによって得られた、単一細胞懸濁液から分離された (コラゲナーゼと前培養は必要ありません脾研の)、磁気ビーズの CD11b 共役の濃縮します。セル、SSClo/B220neg/NKp46neg/CD3neg/Gr1neg/F4/80ネガ/MHCIIこんにちは/CD11cこんにちはとしてソートされ 37oC に完全な RPMI で 1 時間培養ベースライン アクティビティを復元します。

IC の IgG の研の活動に及ぼす影響を調べるためには、孤立した DC サブセット一晩固定腫瘍細胞や同種の IgG でプレコート固定腫瘍細胞を培養しました。腎不全または IC と脾の DC の活性化研、または腫瘍関連研 (図 3 a) とは異なり、増加 CD86 と MHCII 式となりました。能力吸収 CFSE 染色腫瘍由来のタンパク質、同種の igg 抗体の有無を比較したも.共焦点顕微鏡で観察、脾 DC 腫瘍由来のタンパク質 (図 3 b) を内面化する優れた能力を示した。

一緒に取られて、これらの結果は、腫瘍 DC と研応答脾の DC および腎不全とは異なります alloIgG IC と活性化することをお勧めします。したがって、予防接種戦略を有効化したい腫瘍 DC は、腎不全の活性化パターンだけに基づくことはできません。

Figure 1
図 1: 同種のマウスの循環で自然発生腫瘍結合 IgG 抗体がある:A.は、LMP 腫瘍細胞の同系 (129S1) と同種 (C57Bl/6) 素朴なマウスの血液から分離した IgG 抗体で染色の蛍光強度 (MFI) を意味します。B.は、同系の担癌マウス (C57Bl/6)、または同種 (129S1) 素朴なマウスの循環から分離された IgG 抗体とインキュベート B16F10 細胞の蛍光強度 (MFI) を意味します。この図は、拡張データ 2A および 2B Carmi Yから変更されています。自然521 7550:99-104、2015年24

Figure 2
図 2: 血および B16 腫瘍マウス研のスキームを並べ替えしますA.分離と培養マウス単球から研のソート方式です。文化 (x400) で 4 日後に炎症やパトロールの単球の共焦点顕微鏡による DIC イメージ。B.分離と B16 腫瘍から腫瘍関連研のソート方式。一晩培養 (x400) 後 B16 腫瘍から分離された研の代表的な共焦点顕微鏡による DIC イメージ。この図は、補足図 1 Carmi Yら JCI 洞察力1:18:e89020、2016年の25から変更されています。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 脾臓から研と BM の腫瘍よりも活発化の異なったパターンを表示血研次の IC と孵化しますA. DC で夜通し孵化による MHCII と CD86 の発現のフローサイトメトリーによる解析腫瘍-IgG IC。B.腫瘍吸収 (緑) と動的表現 (赤) DC の共免疫組織化学は、CFSE 分類腫瘍 IC で夜通し孵化。この図は、図 3 a と 3DCarmi Yから変更されています。Akt SHP 1 は、腫瘍免疫の直流固有のチェックポイント。JCI 洞察力1:18:e89020、2016年25この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

マウスを予防接種に必要な DC の数が多いを与えられた (10 x 約 2-46 DC ごとに 1 つのマウス)、マウスの戦略は BM とex vivo活性化に続いて脾臓から DC の分離に基づく予防接種のほとんど。ただしアクティブ化腫瘍 DC生体内で、活性化する脾臓と BM DC の同じ条件を使用して、多くの場合、効果的な免疫の生産に成功したとされているしようとします。2 つのそれに続く出版物の Carmi。チロシン脱燐酸化酵素の自然に高い組み込みレベルの負担及び IC24,25ライセンス認証前にプライミングを必要とすることを考えるで脾臓と BM DC から血と腫瘍研が大幅異なるを発見しました。また、これらの結果さらにストレス良い活性化状態の DC を維持するために余分な予防措置を講じる必要は、彼らの生理学的状態を反映しています。したがって、腫瘍、循環から研の分離プロセスの詳細な説明を提供して可能性があります彼らの早期活性化の手順を強調する議定書を求めています。

まず、血液、腫瘍から DC の十分な数を得るためにより多くのマウスと比較して腎不全を分離するためのプロトコルのための必要性があります。DC の収穫を増加する大量の血液がある 16 週齢のマウスを使用して全体的な細胞数します。我々 は日常的に 10 x 5-8 を得る GM-CSF、および 4-5 x 10 の5研次の噴射なし血液 1 mL あたり4研注入。腫瘍 DC、我々 取得約 6-8 × 104研 100 mm3腫瘍からも個々 のマウス腫瘍モデル間および数が異なる場合があります。1,000 mm3腫瘍は約 5,000 を持っている低い DC 収率で腫瘍サイズの結果を増加している DC。代わりに、それにより最大 4 x 105研マウスあたりを取得して複数のサイト (通常は 4-6) で腫瘍細胞を持つマウスを挿入します。

さらに、こと彼らの実験的な使用、抗体、細胞、前にチューブおよび一般的な研究室の試薬を試されるエンドトキシンのラール分析、メッキ AC 細菌寒天上のメディアをお勧めします。腫瘍のセルラインマイコ プラズマに感染している多くの場合、DC と、孵化前に PCR によってしたがってテスト必要があります。タイプ 1 と 4 などの原油コラゲナーゼ製剤の使用は、エンドトキシンクロストリジウム histolyticumからコラーゲンの分離のための主なソースです。コラゲナーゼの標準的な準備があります限り 10 EU/mg についてであるエンドトキシン エンドトキシン消化混合物の mL あたりの 1-2 ng。ヤールエンドトキシンの 6.7 2.7 ng/mL を含有するコラゲナーゼ製剤が il-1 1,415 3,967 ng/mL を誘発するを発見した次の PBMC29と文化。確かに、DC のプライミングは定期的に、1 mL のメディアはまだ少しとして用いた/100ml あたり LPS の ng はそれらの30,31,32を首相に十分な。FBS は、エンドトキシンの 25 の EU/mL 以上を含めることができます、エンドトキシンのもう一つの潜在的なソースか 10 未満 EU/mL です。培地に 10% が含まれていることを想定して FBS、エンドトキシン負荷が届く 0.5 ng/mL、DC を首相に十分であります。

さらに、多くのプロトコルは、並べ替え前の抗体パネルの特異性を向上させる手段として Fc 受容体をブロックするのに抗 CD16/32 抗体を使用します。それにもかかわらず、FcγRIII (CD16) の架橋両方人間34とマウス単球35の Syk/ZAP-70 と細胞内 Ca2 + 33のリリースとリン酸化 P38、ERK1/2 での PLC γ のリン酸化につながります。私たちの手で抗 CD16/32 研文化への添加は一貫して露出の 1 分以内の P38 と ERK1/2 DC キナーゼの強力なリン酸化を誘導します。我々 は、したがって、強く体外機能アッセイに研を隔離するとき抗 CD16/32 の使用を回避する提案します。

別の一般的なプロトコルは、FACS によるソートの前に CD11c 磁気ビーズによる DC の濃縮を使用します。CD11c は型私認識するリガンド、フィブリノゲン、LP を含む様々 な膜貫通型の糖タンパク質は、コラーゲンと不活化の C3b サブユニット I 型します。カ ・ レッツォーニコは抗体と CD11c のライゲーションを示されている強力な nf κ B の活性化とケモカイン36の分泌を誘導します。我々 の経験で固定化抗 CD11c 抗体は、FACS の並べ替え中に可溶性の使用をリン酸化 P38 の ERK1/2 誘発しない間にアポトーシスと細胞の活性化を誘導します。

全体的に、このプロトコルは、可能な限り少し活性化研の分離を達成するために設計されていますその後起動体外の活性化体内に必要な条件を反映するよう。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

すべての著者は、彼らは利益相反があるし、開示するものがあることを宣言します。

Acknowledgments

どれも

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Ficoll-Paque PREMIUM GE-Healthcare 17-5442-02
OptiPrep StemCell Technologies 07820
CD45 MicroBeads Miltenyi 130-052-301
EasySep Monocyte Isolation Kit StemCell Technologies 19861
Collagenase IV Sigma C9697-50MG Test each lot for endotoxin
DNase I Sigma DN25-10MG
HBSS ThermoFisher 14025092
FBS ThermoFisher 16140071 Test each lot for endotoxin
PE-CD11c Biolegend 117307
APC-CD11b Biolegend 101211
Brilliant Violet 650 MHCII Biolegend 107641
AF48- CD86 Biolegend 105017
APC/Cy7-Ly-C6 Biolegend 108423
PE/Cy7-CD15 Biolegend 135523

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Steinman, R. M., Banchereau, J. Taking dendritic cells into medicine. Nature. 449, (7161), 419-426 (2007).
  2. Palucka, K., Banchereau, J. Dendritic-cell-based therapeutic cancer vaccines. Immunity. 39, (1), 38-48 (2013).
  3. Mildner, A., Jung, S. Development and function of dendritic cell subsets. Immunity. 40, (5), 642-656 (2014).
  4. Merad, M., Sathe, P., Helft, J., Miller, J., Mortha, A. The dendritic cell lineage: ontogeny and function of dendritic cells and their subsets in the steady state and the inflamed setting. Annual review of immunology. 31, 563-604 (2013).
  5. Guilliams, M., et al. Dendritic cells, monocytes and macrophages: a unified nomenclature based on ontogeny. Nature reviews. Immunology. 14, (8), 571-578 (2014).
  6. Spitzer, M. H., et al. Systemic Immunity Is Required for Effective Cancer Immunotherapy. Cell. 168, (3), 487-502 (2017).
  7. Guilliams, M., et al. Unsupervised High-Dimensional Analysis Aligns Dendritic Cells across Tissues and Species. Immunity. 45, (3), 669-684 (2016).
  8. Anguille, S., Smits, E. L., Lion, E., van Tendeloo, V. F., Berneman, Z. N. Clinical use of dendritic cells for cancer therapy. Lancet Oncol. 15, (7), e257-e267 (2014).
  9. Wimmers, F., Schreibelt, G., Skold, A. E., Figdor, C. G., De Vries, I. J. Paradigm Shift in Dendritic Cell-Based Immunotherapy: From in vitro Generated Monocyte-Derived DCs to Naturally Circulating DC Subsets. Front Immunol. 5, 165 (2014).
  10. Banchereau, J., Palucka, A. K. Dendritic cells as therapeutic vaccines against cancer. Nature reviews. Immunology. 5, (4), 296-306 (2005).
  11. Inaba, K., Swiggard, W. J., Steinman, R. M., Romani, N., Schuler, G. Isolation of dendritic cells. Curr Protoc Immunol. Chapter 3 Unit 3 7 (2001).
  12. Greter, M., et al. GM-CSF controls nonlymphoid tissue dendritic cell homeostasis but is dispensable for the differentiation of inflammatory dendritic cells. Immunity. 36, (6), 1031-1046 (2012).
  13. Vremec, D., et al. The influence of granulocyte/macrophage colony-stimulating factor on dendritic cell levels in mouse lymphoid organs. Eur J Immunol. 27, (1), 40-44 (1997).
  14. Helft, J., et al. GM-CSF Mouse Bone Marrow Cultures Comprise a Heterogeneous Population of CD11c(+)MHCII(+) Macrophages and Dendritic Cells. Immunity. 42, (6), 1197-1211 (2015).
  15. Dong, M. B., Rahman, M. J., Tarbell, K. V. Flow cytometric gating for spleen monocyte and DC subsets: differences in autoimmune NOD mice and with acute inflammation. J Immunol Methods. 432, 4-12 (2016).
  16. Drutman, S. B., Kendall, J. C., Trombetta, E. S. Inflammatory spleen monocytes can upregulate CD11c expression without converting into dendritic cells. J Immunol. 188, (8), 3603-3610 (2012).
  17. Hanada, K., Tsunoda, R., Hamada, H. GM-CSF-induced in vivo expansion of splenic dendritic cells and their strong costimulation activity. J Leukoc Biol. 60, (2), 181-190 (1996).
  18. Gilboa, E. DC-based cancer vaccines. J Clin Invest. 117, (5), 1195-1203 (2007).
  19. Melief, C. J., van der Burg, S. H. Immunotherapy of established (pre)malignant disease by synthetic long peptide vaccines. Nat Rev Cancer. 8, (5), 351-360 (2008).
  20. Palucka, K., Banchereau, J. Cancer immunotherapy via dendritic cells. Nat Rev Cancer. 12, (4), 265-277 (2012).
  21. Bol, K. F., Schreibelt, G., Gerritsen, W. R., de Vries, I. J., Figdor, C. G. Dendritic Cell-Based Immunotherapy: State of the Art and Beyond. Clin Cancer Res. 22, (8), 1897-1906 (2016).
  22. Rafiq, K., Bergtold, A., Clynes, R. Immune complex-mediated antigen presentation induces tumor immunity. J Clin Invest. 110, (1), 71-79 (2002).
  23. Schuurhuis, D. H., et al. Immune complex-loaded dendritic cells are superior to soluble immune complexes as antitumor vaccine. J Immunol. 176, (8), 4573-4580 (2006).
  24. Carmi, Y., et al. Allogeneic IgG combined with dendritic cell stimuli induce antitumour T-cell immunity. Nature. 521, (7550), 99-104 (2015).
  25. Carmi, Y., et al. Akt and SHP-1 are DC-intrinsic checkpoints for tumor immunity. JCI Insight. 1, (18), e89020 (2016).
  26. Kenkel, J. A., et al. An Immunosuppressive Dendritic Cell Subset Accumulates at Secondary Sites and Promotes Metastasis in Pancreatic Cancer. Cancer Res. 77, (15), 4158-4170 (2017).
  27. Salmon, H., et al. Expansion and Activation of CD103(+) Dendritic Cell Progenitors at the Tumor Site Enhances Tumor Responses to Therapeutic PD-L1 and BRAF Inhibition. Immunity. 44, (4), 924-938 (2016).
  28. Roslansky, P. F., Novitsky, T. J. Sensitivity of Limulus amebocyte lysate (LAL) to LAL-reactive glucans. J Clin Microbiol. 29, (11), 2477-2483 (1991).
  29. Jahr, H., Pfeiffer, G., Hering, B. J., Federlin, K., Bretzel, R. G. Endotoxin-mediated activation of cytokine production in human PBMCs by collagenase and Ficoll. J Mol Med (Berl). 77, (1), 118-120 (1999).
  30. Zhang, X., Morrison, D. C. Lipopolysaccharide-induced selective priming effects on tumor necrosis factor alpha and nitric oxide production in mouse peritoneal macrophages. J Exp Med. 177, (2), 511-516 (1993).
  31. Hirohashi, N., Morrison, D. C. Low-dose lipopolysaccharide (LPS) pretreatment of mouse macrophages modulates LPS-dependent interleukin-6 production in vitro. Infect Immun. 64, (3), 1011-1015 (1996).
  32. Deng, H., Maitra, U., Morris, M., Li, L. Molecular mechanism responsible for the priming of macrophage activation. J Biol Chem. 288, (6), 3897-3906 (2013).
  33. Cella, M., et al. A novel inhibitory receptor (ILT3) expressed on monocytes, macrophages, and dendritic cells involved in antigen processing. J Exp Med. 185, (10), 1743-1751 (1997).
  34. Kramer, P. R., Winger, V., Reuben, J. PI3K limits TNF-alpha production in CD16-activated monocytes. Eur J Immunol. 39, (2), 561-570 (2009).
  35. Rose, D. M., et al. Fc gamma receptor cross-linking activates p42, p38, and JNK/SAPK mitogen-activated protein kinases in murine macrophages: role for p42MAPK in Fc gamma receptor-stimulated TNF-alpha synthesis. J Immunol. 158, (7), 3433-3438 (1997).
  36. Rezzonico, R., Imbert, V., Chicheportiche, R., Dayer, J. M. Ligation of CD11b and CD11c beta(2) integrins by antibodies or soluble CD23 induces macrophage inflammatory protein 1alpha (MIP-1alpha) and MIP-1beta production in primary human monocytes through a pathway dependent on nuclear factor-kappaB. Blood. 97, (10), 2932-2940 (2001).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics