カルシウム硫酸塩および改良されたウサギ骨感染症モデルにおける自家骨にバンコマイシンによる治療が読み込まれます

* These authors contributed equally
Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

本稿では改良されたウサギ骨髄で細菌の同じ量をブロックすることによって黄色ブドウ球菌に感染しているモデル。読み込まれるバンコマイシン カルシウム硫酸塩および自家骨は、抗生物質と骨の修復治療に使用されます。プロトコルは、骨感染症、再生を勉強のために有用かもしれない。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Zhang, Y., Shen, L., Wang, P., Xi, W., Yu, Z., Huang, X., Wang, X., Shou, D. Treatment with Vancomycin Loaded Calcium Sulphate and Autogenous Bone in an Improved Rabbit Model of Bone Infection. J. Vis. Exp. (145), e57294, doi:10.3791/57294 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

骨感染症に起因する細菌の侵入、臨床整形外科、外傷外科治療が非常に困難であります。持続的な炎症、骨髄炎、および最終的な骨癒合骨感染可能性があります。可能で、再現可能な動物モデルの確立は、骨の感染症研究と抗生物質による治療が重要です。インビボ モデルとして家兎モデル広く骨感染症研究に使用されます。ただし、ウサギに関する先行研究は細菌の量は変数として、感染状態が一貫性のある、感染症モデルを骨します。本稿では, 骨髄に細菌をブロックすることによって、ウサギの骨感染症を誘発する手術法の改善。それから、多段階評価はモデリング方法を確認する遂行することができます。

一般に、こそぎとって壊死とバンコマイシン ロード カルシウム硫酸塩 (VCS) の注入抗生物質治療で優勢であります。VCS で硫酸カルシウムの利点クロール骨と新しい骨成長、こそぎとって後大規模な骨欠損が発生します。自家骨 (AB) は、壊死骨をこそぎとって後大規模な骨欠損の治療のための骨欠損を克服するために魅力的な戦略です。

本研究では骨欠損部に注入した自家骨と尾の骨を使用しました。骨修復は、動物の犠牲の後マイクロ計算トモグラフィー (マイクロ CT) と組織学的解析を用いて測定しました。その結果、VCS グループ骨癒合は、一貫して得られました。対照的に、VCS AB グループ内の骨欠損区域は有意に減少。現在のモデリング手法は、骨感染症モデルを準備する再現性のある、実行可能な安定した方法を説明します。VCS AB 治療は抗生物質による治療後に骨癒合率が低い結果になった改善された骨感染症モデルとベンチャー ・ キャピタルや自家骨の組み合わせ治療は外傷整形外科用アプリケーションに関連する骨の感染症や骨の再生のメカニズムを勉強に役立つかもしれない。

Introduction

通常骨感染症細菌または他の微生物侵入外傷、骨折、その他骨疾患1以降後に起因します。骨感染症は、炎症や骨のティッシュの破壊の高レベルを引き起こす可能性があります。クリニックで黄色ブドウ球菌(ブドウ球菌)、骨感染症2,3の優勢な原因となるエージェントです。骨感染症、痛み、衰弱、頻繁に4の治療が非常に困難である慢性の経過を取る。現時点では、壊死組織のデブリドマンとバンコマイシン ロード カルシウム (VCS) ビードの注入は局所感染症5,6を制御するための効率的な戦略として確認されています。ただし、患者の 10% から 15% は、抗感染症治療7後長期にわたる骨修復処理、遅延連合または非組合員を経験しました。骨欠損の大きい区分は、整形外科医にとって最も困難な問題です。自家骨移植は、骨癒合治療8,9の最適な骨交換と見なされます。

日付、骨に関する研究のほとんどに感染症や自家骨移植を動物モデル、ネズミ、ウサギ、犬、豚、羊10,11などの様々 な種類で行われています。ウサギ モデルが一般的な骨感染症研究として最初ノルデンとケネディによって 1970年12,13で実行されます。以前の研究では、ノルデンのメソッドに続く家兎モデルを使用して、細菌ソリューション オーバーフローにつながって骨髄から血液の漏れとして、黄色ブドウ球菌骨髄注入量が正確に定量化していないとわかった。

家兎骨感染症を誘発する手術法の改良を提案する.骨感染症モデルを確認するは、プロシージャの終わりには、血液生化学検査、細菌学的検査、病理組織学的検討を行った。VCS は、感染を抑制する移植されたし、自家骨は、骨の再生を促進するために移植されました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

本研究で使用されるウサギは、ケアと実験動物の使用のためのガイドに従って扱われました。すべての実験手順は、ルールの生命倫理委員会の浙江省アカデミーの伝統中国医学が続いていた。

1. 細菌懸濁液の調製

  1. 黄色ブドウ球菌ルリア ベルターニカミラ培養液 0.3 mL と粉末 (ATCC 6538) を凍結乾燥の 0.5 mg を溶解します。完全に懸濁液を混ぜます。
  2. トリプシン大豆寒天に菌懸濁液を連勝、16 h の 37 ° C で細菌のコロニーを孵化させなさい。
  3. ユニット (CFU) とトリプシン大豆スープ用 24 時間実行 37 ° C で約 24 時間のサブカルチャー文化を形成単一細菌のコロニーを選択し、取得半ば対数増殖相細菌 16 に 18 h、光学濃度 (OD) 値が 600 で 0.6 nm14
  4. 遠心管に細菌懸濁液の 1 mL を移します。825 x gと 4 ° C で 5 分間遠心分離し、上澄みを廃棄します。再懸濁します、リン酸緩衝生理食塩水 (PBS); 100 μ L で細菌を洗浄この手順を 3 回繰り返します。最後に、3 ml の PBS の細菌を再懸濁します。
  5. 15のマクファーランド比濁法を用いた細菌濃度を推定します。
    1. 濁度が 0.5 マクファーランド標準と同等になるまで、菌懸濁液の 100 を 500 μ L を比色管に転送します。
    2. 細菌のコンテンツ約 10 に達したとき 0.5 マクファーランドを視覚的に比較して濁度を評価8 CFU/mL。
      注:菌懸濁液の量は次のプロトコルのために十分であることを確認します。すべてのウサギの細菌懸濁液の体積は 1 mL 未満です。
  6. 寒天版の細菌懸濁液 0.2 mL に転送し、均等にそれを適用します。CFU の菌懸濁液を確認する細菌コロニーの 16 h. 数 37 ° C でプレートを孵化させなさい。

2. 骨感染症モデルの作成

  1. 男性ニュージーランド白ウサギ、空気制御条件 (20 ± 1 ° C) および 12/12 h 光暗い照明サイクルの下、個々 のケージで、3 ヶ月熟成をしてください。日常食を提供し、毎日水をタップします。
  2. ウサギ 3 kg 以上の重量を量ることを手術の時に確認します。
  3. ペントバルビ タール ナトリウム (体重 100 g あたり 3 mg) と腹腔内投与によるウサギを anaesthetize します。ウサギは麻酔を完全に前足ピンチに応答に失敗したかどうかを確認します。操作の処理中に、オペレーティング テーブルの上ウサギを修正します。
    注:確認、モデリング手順期間は 1 h 未満。
  4. 髪の成長の方向に対して電気シェーバーを用いた脛骨近位端領域を剃る。ポビドン ヨード溶液を適用することによって、皮膚を消毒します。
  5. 脛骨とペンと定規で黄色ブドウ球菌(脛骨の上端までの距離が 1.5 cm) 注射用掘削穴の位置の上部端をマークします。掘削穴の位置が脛骨の高原の真ん中に水平を確認してください (図 1A)。
  6. 第 11 メスによる脛骨皮膚を切り取って、骨膜 (図 1B, C) に 1 cm の切開を行います。電気骨ドリル ユニット (図 1D) を使用して脛骨の 2 mm 径の穴をパンチします。
  7. 直径 2 mm と 2 mm の高さ (図 1E) の骨ワックス シリンダーで脛骨高原の直径 2 mm の穴を押してください。脛骨プラトー (図 1F) の水平面に沿って予備骨ワックスを削除します。2 mm の穴が骨ワックス (図 1G) の完全であることを確認します。
    注:穴が穴血オーバーフローの有無をチェックすることによって骨ワックスの完全であることを確認します。
  8. 骨膜を縫うし、皮膚縫合糸 (図 1H) を噛むから動物を防ぐために垂直マットレス縫合で縫合手術。
  9. (図 1) 1 mL 無菌インジェクター付き 1 × 108 黄色ブドウ球菌ソリューション (体重 100 g あたり 30 μ L) の CFU/mL を注入します。針骨ワックスを浸透し、ゆっくりと骨髄に黄色ブドウ球菌の溶液を注入していることを確認します。
  10. モデリング後熱損失を避けるために暖かく、きれいな状態で動物を飼います。呼吸数や心拍数を監視します。起きて家の食料や水への無料アクセスを個々 のケージでウサギを実行します。

3. 骨感染症モデルの評価

  1. 7、14、21、感染後 28 日で頭とフィクサーの外耳ウサギ フィクサーにウサギを配置します。
  2. グリチルリチン エチレンジアミン四酸 (EDTA K2) 抗凝固血容器に耳介静脈から血液 2 mL を描画します。血管から血液の容器に 1 ミリリットルの血液を描画します。室温で 651 x gの速度で 10 分間血清を遠心します。
    1. 血液の生化学的分析を使用して全血で白血球数 (WBC) を決定し、C-反応性蛋白 (CRP) 酵素免疫測定 (ELISA) 法16
  3. 7、14、21、感染後 28 日で体重 100 g あたり 3 mg の用量でペントバルビ タール ナトリウムと 1 つのモデル ウサギを anaesthetize します。第 11 メスによる脛骨皮膚を切り取って、骨膜 (図 2A) に 2 cm の切開を行います。
  4. ボーン ワックスをきれいに。電気骨ドリル ユニット (図 2B) を使用して 2 つの隣接する 4.8 mm 径の穴を打つことによって壊死した骨を苔します。骨髄壊死および骨スプーン (図 2C) を使用して肉芽組織を苔します。
    注:骨、骨髄内の残りを避けるためにデブリドマン中骨をきれいに。
  5. 2 つの穴 (図 2D) 間の骨組織をこすり清潔。
  6. 羊血液寒天培地プレートに骨髄の 1 mL を広めます。37 ° C で一晩版を孵化させなさい30-300 のコロニーのプレートを選択し、コロニーの数を計算します。
  7. 感染後 28 日目の終わりには、膝と足首の関節の端に沿って脛骨標本を抽出します。24 時間 Decalcify の 4% パラホルムアルデヒドで脛骨標本脛骨標本の修正 10% EDTA 8 週間。
  8. エタノールの希釈の一連の階級における脛骨標本を脱水し、埋め込むパラフィン ワックス。コロナの平面から 4 連続 5 μ m 部分をカットします。ヘマトキシリンとエオシン (H & E) 染色キットのセクションを染色します。
  9. ステンド グラスのセクションを表示するのには顕微鏡を使用して、レコードが標準ソフトウェアとともに光の画像を送信しました。

4. VCS ビーズの作製

  1. 医療グレード カルシウム硫酸塩、9.5 g にバンコマイシン塩酸塩粉末 1 g を追加し、混合の電源に通常生理食塩水 3 mL を追加します。ミックスに徹底的にへらで 30 に 45 s。
  2. 柔軟なシリカゲル型 (直径 4.8 mm、高さ 4.8 mm のシリンダー) に混合製品を置き、15 分は、金型を曲げる VCS ビーズを削除するために室温で乾燥します。

5. 抗生物質治療と自家骨移植

  1. 感染後 28 日体重 100 g あたり 3 mg の用量でペントバルビ タール ナトリウム モデル家兎を anaesthetize します。電気シェーバーを用いた脛骨近位端領域を剃る。ポビドン ヨード溶液を適用することによって、皮膚を消毒します。
    注:モデリング手順が 1 h 未満であることを確認します。
  2. 電気シェーバーを使って尻尾領域を剃るし、ポビドン ヨード溶液を適用することによって尾を消毒します。
  3. 手術用のはさみを使って尻尾を削減します。第 11 メスによる尾の皮膚を切り取って、尾の骨を明らかにします。吸収性縫合縫合糸を噛むから動物を防ぐために垂直マットレス縫合と尾地域で皮膚を縫います。
  4. すべての筋肉、軟部組織、骨膜を削除します。各関節に尾の骨を切断し、骨片を滅菌生理食塩水を含む 100 mm プラスチックの皿に転送します。
  5. ピンセット (図 2E) を用いた骨髄腔にインプラントの VCS ビーズ (直径 4.8 mm と 4.8 mm の高さ、ビードの部分あたり 1.25 mg バンコマイシンのシリンダー) の 4 個セット。
  6. 骨欠損部を埋める自家骨を 8 個とピンセット (図 2E) を曲線 (直径 2 mm、高さ 4 mm の各部分ごとのシリンダー) を使用しています。
  7. 骨膜を縫うし、マットレス縫合方法 (図 2F) で吸収性縫合と皮膚します。
    注:手術中に 25 ° c の温度を保ちます。
  8. 手術後熱損失を避けるために暖かく、きれいな状態で動物を飼います。呼吸数や心拍数を監視します。起きて家の食料や水への無料アクセスを個々 のケージでウサギを実行します。

6. 抗菌活性の評価

  1. ウサギ フィクサーにウサギを入れて、治療後 2、4、6、8 週間で頭と耳、フィクサーの外に配置。
  2. EDTA K2 抗凝固血管の耳介静脈から血液を描画します。血管から血液の容器に 1 ミリリットルの血液を描画します。室温で 651 x gの速度で 10 分間血清を遠心します。
  3. ELISA 法16血液生化学分析装置、および C 反応性蛋白 (CRP) を用いた全血で白血球数 (WBC) を決定します。

7. 骨再生の評価

  1. 注入することによってウサギを安楽死させる治療後 8 〜 12 週間の終わりにネンブタールの投与量。
  2. 膝と足首の関節の端に沿って、脛骨の標本を抽出します。筋肉や筋膜層を苔します。
  3. マイクロ コンピューター断層撮影 (マイクロ CT) を使用して脛骨の構造を分析します。オーバル形のエリア 4.8 φ と 9.6 をミリメートル長い利益 (率 ROI) の領域として選択します。ビットマップ データを用いた 3 D モデル画像を再構築します。
  4. 骨量/組織ボリューム (BV/TV)、骨梁の厚さ (Tb.Th) の比率のスコアを選択による骨梁数 (Tb.N) と骨梁間隔 (Tb.Sp)from the3D モデル骨再生を評価します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

骨感染症モデルの評価
黄色ブドウ球菌の感染後ウサギの病的な症状の診療所で慢性骨髄炎の代表的な症状と類似していた。私たちの研究では 30 ウサギが感染しており、モデル グループとして受けるし、10 ウサギ制御動物として受けた。すべてのモデルのウサギは、副鼻腔 (図 3A) からフローを白と黄色の膿と、脛骨のローカル サイトの副鼻腔を感染しています。H & E 染色の結果は、モデル グループで死んだ骨の周り細菌の集合体があることを示し正常骨を識別できません。CRP と WBC のレベルは、コントロール群 (図 3B) よりモデル グループで高くなっています。壊死骨髄 lysates は寒天は、感染症 (図 3C) 後のモデル グループのコロニー数の増加の結果に縞になります。モデリングの最後に、深刻な感染症のせいで死んだ 3 ウサギがあった。残り感染家兎骨感染症モデルとして識別された、3 つのグループに分けられた: グループ、VCS グループおよび VCS AB グループ モデルします。

抗菌活性と骨再生の評価
VC または VCS AB 投与後 2、4、6、および 8 週時 CRP と WBC のレベルを大幅に削減される (図 4A)。ベンチャー ・ キャピタルや骨移植の移植の 12 週間後 VCS AB グループの脛骨欠損だった完全に合体。VCS AB グループの脛骨プラトー表面が平坦であるベンチャー キャピタル グループの。2 D 再生像骨の損失はモデル グループ (図 4B) 重要な VC、VCS AB で治療後 12 週間の期間の間に骨量の漸進的増加を示すオーバル形のエリア 4.8 mm の直径と長さ 9.6 mm は領域 (ROI) (図 4C) として選ばれた、骨再生指標を分析して 3 D モデル画像をビットマップ データを使用して構築しました。モデル グループのマイクロ CT 指数 BV/テレビは VC、VCS AB グループに比べて有意に低かった。VCS AB グループで Tb.N と Tb.Th のスコアはモデルおよびベンチャー キャピタル グループのそれらよりも有意に高かった.また、VCS AB グループの Tb.Sp スコア、モデル グループとベンチャー キャピタル グループ (図 4D) のそれよりも著しく低い。

これらの結果は、モデル グループは、VCS を使用して減らすことができますで WBC および CRP の増加の黄色ブドウ球菌の原因とその感染をお勧めします。VCS の注入は、最適な抗生物質治療とみなされます。しかし、骨欠損は VCS グループで観察可能です。VCS 自家骨の治療では、骨梁の太さ、骨梁の数を増やす、海綿骨の分離を減らします。VCS AB 治療は、骨の治癒促進能力を示した。

Figure 1
図 1.骨感染症モデルの手術準備します。(A) 脛骨の孔あけ位置を示しています。掘削穴の位置間の距離脛骨の上部端に黄色ブドウ球菌の注射は、1.5 cm。 (B) 切開皮膚の骨膜を公開します。(C) 切開骨膜を介して脛骨を公開するを示しています。(D) 脛骨の直径 2 mm の穴をパンチ。(E) 塗り骨ワックスの完全 2 mm 径の穴。(F) は、スペアの骨ワックスを切った。(G) を骨欠損部を充填骨ワックス。(H) 骨膜と皮膚を縫う。() 注入ソリューションで黄色ブドウ球菌この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2.骨移植と抗生物質治療の準備。(A) 切開皮膚骨膜を公開します。(B) 2 つの隣接する 4.8 mm の直径の穴をパンチします。(C) 苔壊死骨と骨髄の炎症。(D) こすり、直径 4.8 mm の長い円に 2 つの穴と 9.6 mm 長い間骨をきれい。(E) 塗り VCS と骨移植穴。(F) 骨膜と皮膚を縫う。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3.骨感染症モデルの評価します。(A)黄色ブドウ球菌、およびモデルと制御グループの家兎脛骨の典型的な病理画像に感染したウサギの足の外観機能。青い矢印: 骨細胞;ピンクの矢印: 骨梁;黄色の矢印: 細菌の集合体。緑の矢印: 死んでいる骨。(B) WBC, crp 値のモデリング前に、の時点でウサギ血清中感染後 7、14、21、28 日結果します。列を表す平均 ±SE *p < 0.05コントロール グループ。(C) 次の一晩インキュベート脛骨骨髄に細菌コロニー数がカウントされます。列を表す平均 ±SE *p < 0.050 日でコロニーをカウントします。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4.抗生物質の活動と骨再生評価します。(A) 2 の時点で, 血清 CRP と WBC の結果 4, 6, 8 週後の VC と VCS AB、ポイントを表す平均 ±SE、 #p < 0.05 と *p < 0.05 モデル グループと比較して。脛骨の冠状断面 (B) イメージは、マイクロ CT (C) で投資収益率の場所を分析しました。(D) ヒストグラム表示、骨量/組織ボリューム (BV/TV)、骨梁の厚さ (Tb.Th)、染数 (Tb.N) とグループあたり 5 つのウサギから ROI の骨梁間隔 (Tb.Sp) スコア。列を表す平均 ±SE *p < 0.05制御グループまたはモデル グループ。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5.すべてのプロシージャのタイムラインこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

両方の急性および慢性の骨感染症; を勉強する建設された各種動物モデルの以前の研究でただし、理想的なモデルの検索はまだ17,18が保持されます。さらに、低コストで実施しやすいまま、モデル期間中の臨床場面における骨感染症の病理組織学的特性をシミュレートする理想的な骨感染症モデルは期待されます。これまでのところ、家兎骨感染症モデルは、ウサギが利用可能な安価な炎症性骨疾患研究で最も一般的なモデルです。私たちの以前の研究では、さまざまな体の重みを持つウサギの感染率と死亡率を比較しました。その結果、体重が 3 kg を超えるをする必要があります。そうではなければ、高い死亡率または haematosepsis と高い死亡率の発生率が高い手術後。

以前の研究とは異なりウサギ骨感染症モデルと私たちの研究では抗生物質による治療は、人間の病気や外科的療法の病理組織学的特徴と一貫性が。ナトリウム morrhuate と黄色ブドウ球菌と注入される動物の以前の研究では、60 日以上が病理学的状態がありませんでした。さらに、死亡率は、2012,19以上だった。オーバーフロー骨欠損部から黄色ブドウ球菌ソリューション低感染率を誘発することが証明されていた。我々 は, 骨髄における黄色ブドウ球菌のソリューションをブロックするために、脛骨に 2 mm の穴を埋めるため骨ワックスを使用して穴が穴血オーバーフローの有無をチェックすることによって骨ワックスに満ちていたことを確認します。ウサギ脛骨の厚さは 2 mm、2 mm 径のシリンダー押すと確実に骨ワックス 2 mm 径の穴に 2 mm 骨ワックス穴をふさいだし、骨髄に侵入することがないです。また、柔軟かつ安定した骨ワックスほどは、穴を埋め、溶かすまたはできなかった骨髄と反応。私たちの研究では感染後 28 日目骨ワックスはまだ完了したし、穴を完全に満たされました。ウサギの重量が 3 kg を超えると 3.2 kg 未満のもの、細菌懸濁液の量は 960 μ L に 900 μ L をだった。インジェクションの低速および骨ワックスのブロックの機能、のため高圧なし骨髄に細菌懸濁液のこのボリュームを注入できること。結果は、このプロトコルが骨髄に感染黄色ブドウ球菌の量を保証することを示した。2 mm 径の穴を殴られたように脛骨脛骨の上端までの距離である脛骨高原、苔し、VCS ビーズと治療後に自家骨をインプラントに十分な領域を確保する穴を 1.5 cm。モデリングのプロセス中に 3 ウサギは深刻な感染症のため死亡しました。残ったウサギが骨感染ウサギとして識別され、残りのウサギに感染率は 100%。黄色ブドウ球菌または異物の注入を浸したスポンジの注入などの他の骨感染プロトコルと比較して私たちプロトコル密接に臨床場面における骨感染症をシミュレートおよびプロシージャに少し効果があるような壊死した骨がこそぎとってと抗生物質による治療。

骨感染症の診断は、外科医に挑戦です。臨床検査の結果、血清炎症マーカーの検出、微生物分析、病理組織学的解析を含む臨床設定20骨感染症を評価する使用されました。また、超音波、放射線、コンピューター断層撮影、磁気共鳴画像法またはラマン分光法などの画像診断は、骨感染21を検出に適用されました。残念ながら、イメージング法による骨髄炎の診断は頻繁に遅れて骨壊死が難しく感染の 3 週目までレントゲンによって検出するため。私たちの研究では、これらのメソッドは、効果的な操作、インデックスされた機密性の高い骨感染症モデルを評価するのに血清炎症マーカーの検出と病理組織学的解析を使用しました。次は、私たちの研究では骨感染症モデルを作成する手術の最も重要なステップだった。手術や治療を実行する適切な体重とウサギを選択します。調達および外科プロシージャの間に無菌の環境を維持し、外科的処置のプロトコルに従う暖かい条件を確保します。脛骨に 2 mm 径の穴をパンチし脛骨の上端までの距離が 1.5 cm。 塗りつぶしのボーン ワックスで穴を確認し、細菌のソリューションをブロックするために骨膜と皮膚を縫います。抗生物質による治療の最も重要な手順は、次のとおりです。血清全血、CRP、WBC を検出することにより、ウサギの病的骨感染を確認します。壊死した骨を完全に苔、2 つの隣接する 4.8 mm の直径の穴をパンチしこすり、きれいに 2 つの穴の間の骨。骨髄、骨欠損部に自家骨 8 個と VCS のビーズ 4 個を注入します。

抗生剤投与後、VCS AB グループのウサギでは、ベンチャー キャピタル グループのよりも高い骨電位を観測しました。自家骨に骨細胞活性化にはが含まれています、VCS の劣化を引き起こす不足に対しグラフト表面の中で骨を作り出す骨形成の成長因子骨マトリックス欠陥領域で可能性があります。自家骨が優れた骨能力を持っていることが示唆されました。自家骨の採取量に制限は、ドナーサイトに罹患率を伴う、自家骨の重要性は無視できる22,23,24ではありません。私たちの研究では自家骨は全身負傷を回避し、腸骨から自家骨を得ることと比較すると死亡率が減少する尾の骨から買収されました。尾の骨から自家骨は骨感染動物における好ましい移植材料があります。

結論としては、骨感染症のウサギの改良モデルは、この研究に設立されました。インデックスは炎症、血液生化学的インデックスは、骨感染症モデルを推定する使用されました。また、抗生剤投与、マルチレベル分析の抗生物質の活動と骨再生能力を検出するため行われました。モデリング、治療プロトコルと評価方法が可能で信頼性の高いです。さらなる研究は、マルチモダリティ骨感染症の病理学的プロセスと骨の修復プロセスを監視する映像機器を活用に集中されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

この仕事で利害の衝突を報告なし。

Acknowledgments

この作品は、国家自然科学基金、中国の (81803808、81873062)、浙江地方医療と健康科学技術基金 (2017KY271) と科学と浙江省の技術のプロジェクト (2017 37181) によって支えられました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
absorbable surgical suture Jinghuan 18S0604A
asepsis injector Jinglong 20170501
bone wax ETHICON JH5CQLM
CCD camera Olympus DP72
EDTA-K2 anticoagulant blood vessel XINGE 20170802
Electric bone drill unit Bao Kang BKZ-1
Electric shaver Codos 3800
flexible silica gel mold  WRIGHT 1527745
Hematoxylin and Eosin Staining Kit Beyotime 20170523
Luria-Bertani culture medium Baisi Biothchnology 20170306
Medical-grade calcium sulphate WRIGHT 1527745
microcomputed tomography (micro-CT) Bruker SkyScan 1172 
Microscope Olympus CX41
New Zealand white rabbits Zhejiang Experimental Animal Center  SCXK 2014-0047
No. 11 scalpel  Yuanlikang 20170604
normal saline Mingsheng 20170903
PBS TBD(Jingyi) 20170703-0592
pentobarbital sodium Merk 2070124
povidone-iodinesolution Lierkang 20170114
S. aureus freeze drying powder China General Microbiological Culture Collection Center ATCC 6538
sheep blood agar HuanKai Microbial 3103210
tryptic soy agar plates HuanKai Microbial 3105697
tryptic soy broth tubes HuanKai Microbial 3104260
Vancomycin Lilly C599180

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Malizos, K. N. Global Forum: The Burden of Bone and Joint Infection: A Growing Demand for More Resources. Journal of Bone and Joint Surgery-American Volume. 99, 20 (2017).
  2. Peeters, O. Teicoplanin - based antimicrobial therapy in Staphylococcus aureus bone and joint infection: tolerance, efficacy and experience with subcutaneous administration. BMC Infectious Diseases. 16, 622 (2016).
  3. Sugaya, H., et al. Percutaneous autologous concentrated bone marrow grafting in the treatment for nonunion. European Journal of Orthopeadic Surgery and Traumatology. 24, 671-678 (2014).
  4. Birt, M. C., Anderson, D. W., Bruce, T. E., Wang, J. Osteomyelitis: Recent advances in pathophysiology and therapeutic strategies. Journal of Orthopeadics. 14, 45-52 (2017).
  5. Walter, G., Kemmerer, M., Kappler, C., Hoffmann, R. Treatment algorithms for chronic osteomyelitis. Deutsches Arzteblatt International. 109, 257-264 (2012).
  6. Henriksen, K., Neutzsky-Wulff, A. V., Bonewald, L. F., Karsdal, M. A. Local communication on and within bone controls bone remodeling. Bone. 44, 1026-1033 (2009).
  7. Mendoza, M. C., et al. The effect of vancomycin powder on bone healing in a rat spinal rhBMP-2 model. Journal of Neurosurgery Spine. 25, 147-153 (2016).
  8. Cohn Yakubovich, D., et al. Computed Tomography and Optical Imaging of Osteogenesis-angiogenesis Coupling to Assess Integration of Cranial Bone Autografts and Allografts. Journal of Visualized Experiments. (106), e53459 (2015).
  9. Brecevich, A. T., et al. Efficacy Comparison of Accell Evo3 and Grafton Demineralized Bone Matrix Putties against Autologous Bone in a Rat Posterolateral Spine Fusion Model. Spine Journal. 17, 855-862 (2017).
  10. Jensen, L. K., et al. Novel porcine model of implant-associated osteomyelitis: A comprehensive analysis of local, regional, and systemic response. Journal of Orthopeadic Research. 35, 2211-2221 (2016).
  11. de Mesy Bentley, K. L., et al. Evidence of Staphylococcus Aureus Deformation, Proliferation, and Migration in Canaliculi of Live Cortical Bone in Murine Models of Osteomyelitis. Journal of Bone and Mineral Research. 32, 985-990 (2017).
  12. Norden, C. W., Kennedy, E. Experimental osteomyelitis. I: A description of the model. Journal of Infectious Diseases. 122, 410-418 (1970).
  13. Mistry, S., et al. A novel, multi-barrier, drug eluting calcium sulfate/biphasic calcium phosphate biodegradable composite bone cement for treatment of experimental MRSA osteomyelitis in rabbit model. Journal of Controlled Release. 239, 169-181 (2016).
  14. Bernthal, N. M., et al. Combined In vivo Optical and µCT Imaging to Monitor Infection, Inflammation, and Bone Anatomy in an Orthopaedic Implant Infection in Mice. Journal of Visualized Experiments. (92), e51612 (2014).
  15. Koeth, L. M., DiFranco-Fisher, J. M., McCurdy, S. A Reference Broth Microdilution Method for Dalbavancin In Vitro Susceptibility Testing of Bacteria that Grow Aerobically. Journal of Visualized Experiments. (103), e53028 (2015).
  16. Uttra, A. M., et al. Ephedra gerardiana aqueous ethanolic extract and fractions attenuate Freund Complete Adjuvant induced arthritis in Sprague Dawley rats by downregulating PGE2, COX2, IL-1β, IL-6, TNF-α, NF-kB and upregulating IL-4 and IL-10. Journal of Ethnopharmacology. 224, 482-496 (2018).
  17. Harrasser, N., et al. A new model of implant-related osteomyelitis in the metaphysis of rat tibiae. BMC Musculoskeletal Disorders. 17, 152 (2016).
  18. Abedon, S. T. Commentary: Phage Therapy of Staphylococcal Chronic Osteomyelitis in Experimental Animal Model. Frontiers in Microbiology. 7, 1251 (2016).
  19. Tan, H. L., Ao, H. Y., Ma, R., Lin, W. T., Tang, T. T. In vivo effect of quaternized chitosan-loaded polymethylmethacrylate bone cement on methicillin-resistant Staphylococcus epidermidis infection of the tibial metaphysis in a rabbit model. Antimicrobial Agents and Chemotherapy. 58, 6016-6023 (2014).
  20. Chiara, L., et al. Detection of Osteomyelitis in the Diabetic Foot by Imaging Techniques: A Systematic Review and Meta-analysis Comparing MRI, White Blood Cell Scintigraphy, and FDG-PET. Diabetes Care. 40, 1111-1120 (2017).
  21. Khalid, M., et al. Raman Spectroscopy detects changes in Bone Mineral Quality and Collagen Cross-linkage in Staphylococcus Infected Human Bone. Scientific Reports. 8, 9417 (2018).
  22. Putters, T. F., Schortinghuis, J., Vissink, A., Raghoebar, G. M. A prospective study on the morbidity resulting from calvarial bone harvesting for intraoral reconstruction. International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 44, 513-517 (2015).
  23. Yin, J., Jiang, Y. Completely resorption of autologous skull flap after orthotopic transplantation: a case report. International Journal of Clinical and Experimental Medicine. 7, 1169-1171 (2014).
  24. Takehiko, S., et al. Preliminary results of managing large medial tibial defects in primary total arthroplasty: autogenous morcellised bone graft. International Orthopaedics. 41, 931-937 (2017).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics