強制的に垂直 V ベンドとシステム: 弾性体と剛体の長方形型の 3 Dの in Vitro評価

Bioengineering

Your institution must subscribe to JoVE's Bioengineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ここで紹介した方法は、構築し、体外で3 D のモデルの検証 V 曲げの 2 つのブラケットの間に配置と異なるアーチワイヤによって生成された力システムの測定が可能です。追加目標がこの力システム異なったタイプ アーチワイヤのおよび以前のモデルを比較します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Upadhyay, M., Shah, R., Agarwal, S., Vishwanath, M., Chen, P. J., Asaki, T., Peterson, D. Force System with Vertical V-Bends: A 3D In Vitro Assessment of Elastic and Rigid Rectangular Archwires. J. Vis. Exp. (137), e57339, doi:10.3791/57339 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

様々 な矯正装置によって作成された力システムの適切な理解は、効率的かつ予測可能な患者の治療をことができます。力システム評価の目的のための単純な 2 ブラケット システムに複雑なマルチブ ラケット装置を減らすこの方向の最初のステップになります。ただし、矯正のバイオメカニクスの多くはこの点で 2 D の実験的研究、コンピューター モデリング ・解析又は既存モデルの理論的な外挿に限定されます。このプロトコルの目的は、設計、構築および生体外で3 D のモデルの検証力を測定することができる、2 つのブラケットの間 V 曲げとワイヤーによって生成された瞬間が配置されます。追加目標、アーチワイヤ彼ら自身の間で、以前のモデルの種類によって生成される力システムを比較します。この目的のため、切歯と臼歯を表す 2 x 4 アプライアンスのシミュレーションを行った。2 つの多軸荷重トランスデューサーから成る矯正ワイヤー テスター (OWT) を構築または負荷 (ナノセンサー) 細胞矯正用のブラケットが接続されています。ロード セルはスペースのすべての 3 つの面で力を計測が可能です。アーチワイヤ、ステンレス鋼と 3 種類のサイズ (0.016 × 0.022 インチ、0.017 × 0.025 インチと 0.019 × 0.025 インチ) の β チタンの 2 種類をテストします。各ワイヤは、体系的に定義済みの角度の特定の位置に置かれた単一垂直・ V-ベンドを受け取ります。似たような V 字曲がりは切歯と大臼歯の添付ファイルの間の 11 の異なる場所で異なるアーチワイヤにレプリケートされます。これは、異なる型の V 曲げを利用した矯正装置をシミュレートするために生体外で試みをしました初めてです。

Introduction

矯正治療の重要な側面は、マルチブ プロデュース力システムの知識です。生体力学的原則を明確に理解は、予測可能な結果を提供し、潜在的な副作用1を最小限に抑えることができます。近年ではブラケット位置とデザイン; より多くの活性化を構築することによりアーチワイヤにベンドを置くことから離れていく傾向ただし、包括的矯正治療には、アーチワイヤのベンドの配置が必要です。曲がり、さまざまな種類と、型のサイズに置かれたとき歯の移動の異なるタイプに適したさまざまな力系を作成できます。複数の歯を考慮する場合、力のシステムはかなり複雑になってが役に立つ出発点はシンプルな 2 ブラケット システムを含むことができます。

日には、V 曲げ力学主に分析されている 2 番目の注文のみ、数理モデル1,2,3,4,5やコンピューターによる解析・ シミュレーションの活用で6。 これは隣接するブラケット (図 1) アーチ ワイヤの 2 番目の注文のインタラクションに関わる力システムの基本的な理解をもたらした。ただし、これらのメソッドは、実際の臨床場面に当てはまるかもしれないシミュレーションを実行するために特定の境界条件を課す、偏差が発生する可能性があります。最近では、3 次元 (3 D) 力を測定するため力変換器を含む新しい体外モデルを提案したし、瞬間だけでなく評価し、作成第二ワイヤー ブラケットの相互作用もで注文第 3 順序7。ただし、アーチワイヤのさまざまな種類の切歯臼歯ワイヤー スパンに沿って様々 なベンド位置で力系に及ぼす影響が評価されなかった。また、研究だけはどの歯の動きが発生するプライマリ アーチワイヤ弾性の矯正アーチワイヤの評価に関与。したがって、本研究の目的は、長方形のステンレス鋼の β チタン アーチワイヤ切歯と大臼歯のかっこを含むセットアップ 3 D で別の場所で V 字の配置によって作成された力システムを評価するためだった。臨床医は、歯とワイヤー ブラケット結合の特定の組み合わせに適用される力システムを使用して不正咬合を修正知っている必要があります。

臨床の現実を模倣したスペースのすべての 3 つの平面で矯正力システムを勉強する記述されている技術を開発しました。それは臨床的に; 力システムを測定する非常に困難である理解されるべきしたがって、そのような測定は体外に実施される必要があります。それは実験室で V ベンドによって作成された力システムになるは患者さんの口の中でレプリケートされている場合と同様と見なされます。ワークフローの作成を評価する方法を実験の設定がなければならない (図 2) を構成します。

矯正ワイヤー テスター (OWT) は、バイオ エンジニア リング ・ バイオダイナミクス研究所 UConn 健康、ファーミントン、CT、アメリカ合衆国 (図 3) とのコラボレーションで矯正歯科部門が開発した革新的な製品です。それはスペースのすべての 3 つの平面で作成された力システムの測定を提供しながら口といくつかの口腔内条件内上顎歯の配置を正確に模倣するように設計されています。データ集録 (DAQ) デバイス、ナノ フォース/トルク センサー、湿度センサー、温度センサー、パソコン、OWT の主要な機械部品です。試験装置は、温度/湿度コントロールを持つガラスのエンクロージャに配置されます。口腔内環境の部分的なシミュレーションが可能になります。DAQ は、3 つのセンサーのインターフェイスとして機能: 湿度センサー、フォース/モーメント センサー、サーミスタ、プラットフォーム (図 3) に位置センサー試験装置。これらは、ソフトウェア プログラムにリンクされます。ソフトウェアは、プラットフォームと視覚的プログラミングの開発環境と異なる種類のハードウェアを制御するために使用します。矯正ワイヤー テスターを自動化に選ばれました。

アルミ製ペグのシリーズは、上顎の歯列弓の歯を表現する試験装置に配置されます。右側中切歯と右側第 1 大臼歯を表すペグの 2 つは、センサー/ロードセル (S1 および S2) に接続されます。ロードセルは力とモーメント (x ・ y ・ z) すべての 3 つの面で適用を測定できる機械装置: FxFy、および Fz;MxMy、および Mz。ペグは歯列弓形態を作成する体系的に配置されています。各ペグは、矯正治療を受けている患者に見られる平均歯幅を使用して計算されます正確に記録された測定で互い区切られます。実験のために選ばれた図形は、標準化されたテンプレートから作成された '卵形' アーチ形式です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 実験装置

  1. カスタマイズされた '具' を使用して大臼歯チューブと、OWT のアルミ製ペグに切歯かっこの配置のための正確な位置をマークします。
  2. 複合材料と標準的なセルフ ライゲーティング ブラケットを接着します。40 秒間硬化させます。
  3. 0.021 × 0.025 インチ ステンレス鋼 (SS) '卵形' 上顎ワイヤーをブラケット スロットに挿入します。
  4. ガラス製試験容器に試験装置を配置します。
  5. 任意の意図しないワイヤー活性化を確認します。任意の活性化、ワイヤーの力システムでは、コンピューターの画面に表示されるが作成されます自動的に。
  6. 任意ワイヤーの活性化が観察される場合、ブラケットの位置を変更します。1.2 1.5 の手順を繰り返します。

2. テンプレート ワイヤー (図 4) の作製

  1. ワイヤーを配置 (0.021 × 0.025 SS) 試験装置で。
  2. 永久的なマーカーを使用して、次を示す: 1) 正中線、2) (I)、切歯ブラケットにすぐに遠位のポイント、3) 大臼歯チューブ (M) にすぐに近心ポイント。ワイヤーの側に同じことを行います。これは、テンプレートの線材です。
  3. グラフ用紙にマークされたポイントでワイヤーを転送します。
  4. グラフ用紙に、ワイヤーの正確なレプリカを作る。
    注: このグラフ用紙は、サンプルのすべての型の V 字の位置を決定する使用できます。
  5. M からアーチ ワイヤのセグメント (L) の境界を計算します。
  6. 今、M から 11 ポイントをマークします。各ポイントは将来 V ベンド位置です。
    1. 0から10までの各点のラベルを付けます。
    2. 各ベンド位置が等しい量によって他から分離されてことを確認します。
  7. 計算することによって各ベンド位置のユニークな番号/比率を取得する/各位置のための L。

3. V 字の配置

  1. サンプルから新しいワイヤーを取る。
  2. テンプレート ワイヤー/グラフ用紙上に配置し、ワイヤーは二国間 11 ベンド位置の 1 つを転送します。
  3. 長方形ワイヤー ペンチまたはライトのワイヤー ペンチを使用して、両方の位置で対称 V カーブ。
  4. ガラス スラブ/フラット プラットフォーム上、ワイヤーを置き、分度器で、ワイヤーの両端の角度の測定をチェックします。
  5. 150 ° の角度が作成されるように、両端を必要に応じて調整します。
  6. サンプルのすべての型の 3.1 から 3.5 の手順を繰り返します。

4. 測定力システム (図 5 および 6)

  1. (材料の表を参照してください) データを記録するためのソフトウェア プログラムを開きます。
  2. 保存するデータ用の新しいフォルダーを作成します。
  3. ソフトウェアを起動する ' を実行' をクリックします。プログラムは、リアルタイムで各センサーでそれぞれの 3 つの力と 3 瞬間値が表示されます。
  4. 録音を停止するソフトウェア データの変動の約 10-15 秒待ちます。力システム ショー 'フラット' の行のすべてのコンポーネントのためのソフトウェアのグラフの線を確認します。
    注: 各センサーで六つの測定をすべて無視できる値 (力 < 1 g と瞬間 < 10 g の mm) が表示されます。
  5. 優しくプラットフォームから '試験装置' を削除します。ウェインガート ペンチを使用して、モルのチューブに、ワイヤーを挿入します。
  6. 歯周のスケーラーと切歯ブラケットのドアを開きます。
  7. ワイヤーの前部を持ち上げ、ブラケット スロットに挿入します。試験装置の正中線と、ワイヤーの正中線が一致することを確認します。
  8. プラットフォームに試験装置を戻り、ガラスの部屋のドアを閉じます。
  9. 37 ° C の温度を設定します。調整するガラス容器の温度を 1 分間待ちます。
  10. ソフトウェア 'の保存を開始' ボタンをクリックして、10 秒以上のデータを保存/転送ソフトウェアを許可します。データ転送を終了し、'stop' をクリックして 'の保存を開始' ボタンをクリックします。
    注: 各測定サイクルは、各コンポーネント (FxFyFzMxMyや Mz) の 10 秒間に 100 回の測定を生成します。
  11. 保存されているデータを含むドキュメントに移動し、コピー/エクスポート カスタム設計されたデータ分析スプレッドシートにデータ セット (別表参照)。正しい V ベンド位置番号と特定のワイヤ サンプル データを挿入するを選択します。
  12. その特定のベンド位置の 10 アーチワイヤの 4.3 から 4.11 への手順を繰り返します。
  13. 今、計算されることを意味し、アーチワイヤの標準偏差をデータのグラフィカルな表現を作成する別のスプレッドシートにコピーします。
  14. すべてのベンドの位置と型の型の 4.13 に 4.2 の手順を繰り返します。
    注: アーチワイヤなどステンレス鋼 (SS) と β-チタン (β チタン)、次のサイズ: 0.016 × 0.022 インチ、0.017 × 0.025 インチと 0.019 × 0.025 インチ。

5. エラーの評価

  1. 4.1 4.4 の手順の説明に従ってコンピューター/ソフトウェアを実行します。
  2. プラットフォームから '試験装置' を削除します。
  3. 直線の長さ × 0.025 0.021 インチ SS ワイヤを取得します。ライトのワイヤー ペンチを使用して、小さなフックにワイヤの一方の端を曲げます。遠位側から大臼歯チューブ、ワイヤーの自由端に挿入します。
  4. プラットフォームに戻って試験装置を配置します。
  5. 知られている重量 (50 g) をフックに取り付けます。それはあらゆる種類の干渉を除去することによって垂直面内で自由に掛かるみましょう。ガラスの部屋のドアを閉じます。
  6. 4.10 4.11 の手順に従います。
  7. 切歯ブラケットの 5.1 5.6 の手順を繰り返します。
  8. '測定値' 大臼歯チューブ用ブラケットと Mx の Fz 値を入力します。
  9. 今の平衡方程式を適用 (補足テキストを参照)「期待値」を計算するには

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

力の合計と総モーメント センサー プレートのセンターで、各センサーによって経験される、3 つの直交成分で表されます: FxFy、および Fzを x 軸、y 軸、および z 軸に沿って力を表すそれぞれ;MxMy、および Mz同じ軸まわりの慣性モーメントを表します。センサーの初期の測定は、ブラケット (図 7) によって経験される力とモーメントの値に数学的に変換されます。

大臼歯 (Fzm) と切歯ブラケット (Fz)、モル ブラケット (Mxm) とモーメント/トルク (唇舌チップ) 切歯ブラケットで (近遠心チップ) 瞬間に垂直の力を表示するグラフのシリーズ (Mx) とは、生データから作成された個々 の歯の座標系に関連して L 比/。/L の比率を表す各 V-ベンド、どこ切歯ブラケットの遠位端と V 字の頂点間の距離は、' と 'L' 大臼歯チューブの近端と切歯の遠位端の距離ブラケット m の近遠心の位置ワイヤー (37 mm) に沿って励起原子の測定。/L 0.0 (0/37 mm) の比率を表す切歯ブラケットに隣接するベンドと各連続ベンド (、/L = 0.1、0.2、) 3.7 mm の間隔で終わる前のベンド距離、/L = 1.0 (37 mm ・ 37 mm)、モルのブラケットに隣接するベンドを表します。力システムの方向は、正/負記号で示されます。グラフは、ワイヤの種類と大きさ (図 9および 10) によってグループ化されます。グラフ上の各ポイントは 10 同様アーチワイヤの平均値を表し、誤差範囲は 1 つの標準偏差上と下の意味を。水平軸 (上または下) に近い点を意味する強制的に、または低大きさで瞬間と (上または下) の水平軸から離れた点は力またはより高い大きさの瞬間を意味します。

鉛直力 (FZ) は、各 6 線の種類 (図 8) の対称および線形パターンを示します。近い高いいずれかのブラケットに V 曲げ、垂直方向の力です。ベンドは、中心に向かって、ブラケットから移動 FZの大きさは約 0 (ニュートラル ゾーン) の両方の力のある特定のポイントに到達するまで小さくなります。ベンドは、このポイントを超えて遠く移動は、FZが徐々 に増加します。ただし、個々 の力 (FZmと FZi) の方向が反転します。定量的、SS 型 β Ti 型より有意に大きい力システムを作成しました。また、高い次元アーチワイヤ大きい力システムを作成します。驚いたことに、アーチワイヤ ワイヤーのサイズと種類の両面で 2 つのブラケットで作成された相対力システムは似ています。

対照的に、瞬間 (MX) は非線型と非対称パターン (図 9) を表示します。フラット化 MXi V ベンドが大臼歯チューブ (x/L 比 > 0.6)、近くに置かれるときxから大臼歯チューブ (赤) で瞬間方向の反転だけでなく、0.0、0.2 の/L すべてアーチワイヤに類似していた、おそらくを表しますワイヤー ブラケットの相互作用とラケットの向きのより基本的な性質 (二次三次対)。2 つのブラケットでモーメントの比は、すべてアーチワイヤ テスト (図 10) に渡り観察いくつかの特定のパターンを表示します。切歯の近くに配置されているベンド (、/β ti 0.0 0.3 と SS の 0.0 0.2 L) 同じ方向の両方の瞬間があった (Mx/Mxm > 0)。/Β ti 0.3 0.6 L と/SS の 0.3 0.4 L、瞬間が反対方向 (Mx/Mxm < 0) (ニュートラル ゾーン)。曲がり、/0.6 以上の L は切歯 (≈0 g mm) で重要な瞬間を作成しなかったが、大臼歯チューブ (Mx/Mxm≈0) で生成された巨大な瞬間。

定量的に再び鉛直力と SS ワイヤーによって生成されたモーメント マグニチュードは統計的に、臨床的に β Ti アーチワイヤによって生成されたより大きい、共に尊重する、L 比とアーチのサイズ線。

パーセントのエラーは、次の方程式で算出されました。

Figure 1

重量 50 g が 5% であること発見されたよりも少ないと 50 から 500 g の重み % エラーは、0.5% と算出しました。

ニュートラル ゾーン (等しい、曲げモーメントの反対) で発見された、/β ti 0.3 0.4、SS アーチワイヤの 0.4 0.5 L 比率。これらの特定のベンド位置に鉛直力は切歯と臼歯かっこ反対方向でモーメントを最小限に抑えています。に基づいて、/、切歯と大臼歯ブラケット間 V ベンドによって L 率力システムは 3 つのカテゴリ (図 11) に分類できます。

Figure 1
図 1: 2 番目の注文で 2 つ共線性かっこによって作成されたシステムを強制します。L は 2 つのブラケットの間の距離ラケット A から V ベンドの位置ですFAと FBがそれぞれブラケット A と B で作成した鉛直力です。MAが A; 瞬間です。MBはブラケット B. 瞬間この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: ワークフローこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 矯正ワイヤー テスター (OWT).A: 試験装置、 B: Cプラットフォームを測定: 温度モニター。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: 2 つの添付ファイルの間のベンド位置の概略図。すべての青いドット ベンド位置あり、ワイヤーに沿って切歯ラケットから ' の測定距離を表します。11 '、' 3.7 mm. の単位での値が異なるがあります (すなわち青いドット × 3.7 mm 隣接する青いドットからに区切られた)。L は、ワイヤーに沿って大臼歯チューブの遠位面にブラケットを切歯の遠位面から測定外周の長さです。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 5
図 5: ワイヤー挿入し、センサーを装着したアルミ製ペグにかっこで開催この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 6
図 6: 切歯と臼歯部のブラケットに接続されている (S1 および S2) の 2 つのセンサーから得られる (青と赤のボックス) で raw データを表示するソフトウェア プログラムこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 7
図 7: X ・ Y ・ Z 座標とその方向、OWT に関連しています。X: 横断面;Y: 水平面;Z: 垂直面。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 8
図 8: 2 つのブラケットで鉛直力 (Fz) のグラフィカルな表現ですこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 9
図 9: 2 つのブラケットで横断面 (Mx) の瞬間のグラフィカルな表現ですこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 10
図 10: 相対異なるワイヤー タイプとサイズの瞬間 [Mx(i)/Mx(m)] 比経由での図の間でシステムを強制しますこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 11
図 11: V 字からシステムを強制的に 3 つの異なるします。各ゾーンは、ユニークな F/M システムを表します。'ブルー' 灰色の領域を示しています、/L と同様の相対比力システム。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

力システム Molar(m) Incisor(i)
Fz (+) 侵入 侵入
Fz (-) 押し出す 押し出す
Mx (+) * 近心のヒント フェイシャル/唇の先端
Mx (-) * 遠位端 口蓋・舌の先端
* すべての測定値はブラケットで行われました。

表 1: 符号の規則および力のシステムの方向性。

Figure 1
補足図 1: x 軸まわりのモーメントの平衡グラフ (Mx).注: グラフのみ瞬間の大きさを比較します。Mx(m) + Mx(i)と Fz(m)または Fz(i) x D がの方向は、常に互いに反対します。したがって、ΣMx= 0 (補足のテキストを参照してください)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

補足テキストこのファイルのダウンロードは、こちらをご覧ください。 

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

様々 な方法8,9,10,11矯正アーチワイヤを調べた。各種力学的性質の評価も、彼らはほとんど12,13,14,15を作成しようとして、力の単位を決定するために分析されています。3 点曲げ試験、評価矯正アーチワイヤ; 人気ただし、彼らは一般に、任意の曲がりを欠いているまっすぐな線に実施します。In vitro評価は臨床状況に容易に適応する成果を許可しない時にのみ 1 または 2 の変数を見て一般的に最適化されています。この研究の焦点は、実験 3 D 力 2 x 4 アプライアンスとして従事している長方形の型でゲーブルベンドの距離に沿って箇所に設置された垂直 V ベンド系で判断でした。このプロトコルは、以前の V 曲げ力学を分析の方法とは大きく異なります。実際、体外を設定作成されているコンピュータ モデルや有限要素法に頼るのではなく、2-ブラケット-ワイヤー形状の働きを模倣したナノセンサーを利用した最初の時間です。この機械のモデルだけでなく曲げモーメントを測定 (第 2 順序ワイヤー ブラケットの相互作用) (3 番目の順序線ブラケット相互作用) ねじりモーメントもが。境界条件は適用されません。つまり、先行研究が切歯ブラケットに臼歯部から移動すると、ワイヤーの曲率を占めたことはないです。この曲線のため切歯と臼歯かっこない彼らは互いに平行に配向、同じ平面でもに配置されます。この配置に追加できます複雑さ力系の解析よりもそれらのちょうど 2 つの同一のブラケットを含む直線に配置、並列3,4より臨床的に関連させる。

簡単に、デバイス、センサーの感度、OWT、線活性化におけるヒューマン エラーの過熱、曲げ、結紮、形状、不適切な配線の位置決め、不活性化からのエラーのような要因によって影響を受けることができます出力センサーとデータの機能、ワイヤー最終的な挿入、ワイヤー等の変形する前にそのため、それは新しい型で繰り返し測定し、平衡の法律を適用することによってデータを検証することが重要です。また、測定、OWT の過熱を避けるためにいくつか型のみが挿入されます。

各ベンド位置は、わずか 3.7 mm で互い区切られます。したがって、ワイヤーに沿って V 字曲がりの正確な配置も重要です。目的の位置からマイナーな偏差は根本的に記録力システムを変えることができます。カスタムには、必要な精度を達成するために V 字の位置により、ワイヤー テンプレートを含むグラフ用紙が設計されています。不適切なラケットはアルミのペグの位置決めもは同じでした。したがって、カスタムメイドの精密治具、付着破壊がある場合は、ブラケットの位置を取得する使用されます。

ブラケットの実験中にはく離を得ることが発生した場合新しいブラケットを正確に同じ場所に配置しなければなりません。カスタム治具は目的の場所を見つけることの助けることができます。任意の曲がりなしパッシブ型ブラケットの位置が正しいことを確認するために使用する必要があります。ない場合は、rebracketed する必要があります。ラケットの変形の増加可能性がある、はく離のブラケットを再利用するが重要です。

現在のアプローチの 1 つの欠点は、2 つのセンサーが利用されていることです。多くのセンサーの追加のアーチで整理される 3 つ以上の角かっこが含まれているより複雑な力系の研究できるようになります。もう一つの潜在的な欠点は、口腔内の環境をシミュレートするためにできません。温度、唾、閉塞などいくつかの他の要因が生産力システムに影響を与えます。ただし、この時点では力システムと臨床レベルで観測された歯の移動を同時に測定することが可能です。

コンピューター ・ モデリング、シミュレーションの有限要素解析 (FEM) の使用を含む、様々 な矯正装置16,17,18,のバイオメカニクスを復号で採用されている急速な新興地域19です。 ただし、これらのメソッドを検証する 1 つの前提条件が複雑なワイヤー ブラケット相互作用と最小限に維持前提の正確な設立。二次と三次の両方ワイヤー ブラケットの相互作用は主として知られている、これらのプログラムの精度を制限する可能性があります。コンピューター シミュレーションをより良くために様々 な臨床場面に存在する力系を最初の図に重要だ、かなりの生体力学的データベースを生成し、このデータセットに基づくコンピューター モデル。言い換えればより良いモデリングと予測が必要になります実際の実験としてこのプロトコルによって提供されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

著者は、特に夫妻アーディティヤ チバーとラビンドラ ナンダこの仕事を可能にしたすべての同僚を認めたいと思います。著者は、このプロジェクトの開発中に提供される施設の UCONN 健康でバイオダイナミック農法・ バイオ エンジニア リングの研究室を感謝したいです。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Force/Torque  Sensors/Transducers Nano17 F/T Sensors,  ATI Industrial Automation, Apex, NC, USA Part of the OWT
CHS Series Humidity  Sensor Units   TDK Corporation Part of the OWT
Temperature sensors (Murata NTSDXH103FPB30 thermistor) Murata Manufacturing Co., Ltd Part of the OWT
LabVIEW 7.1.  Laboratory Virtual Instrumentation Engineering Workbench, Version 7.1 Software Program
Self-Ligating brackets  Empower Series, American Orthodontics. Orthodontic Brackets
Stainless steel archwires Ultimate Wireforms, Inc. in Bristol, CT Archwires
Beta-Titanium Archwires Ultimate Wireforms, Inc. in Bristol, CT Archwires
Data acquisition device (DAQ) National Instruments (NI) USB 6210 Part of the OWT
Ortho Form III (Archform template) 3M Oral Care, St. Paul, MN, USA Ovoid arch form
Weingart Plier Hu-Friedy Mfg. Co., LLC Chicago, IL Orthodontic Plier
Light wire Plier Hu-Friedy Mfg. Co., LLC Chicago, IL Orthodontic Plier

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Burstone, C. J., Koenig, H. A. Force systems from an ideal arch. Am J Orthod. 65, (3), 270-289 (1974).
  2. Koenig, H. A., Burstone, C. J. Force systems from an ideal arch: Large deflection considerations. Angle Orthod. 59, (1), 11-16 (1989).
  3. Burstone, C. J., Koenig, H. A. Creative wire bending: The force system from step and V bends. Am J Orthod and Dentofac Orthop. 93, (1), 59-67 (1988).
  4. Ronay, F., Kleinert, W., Melsen, B., Burstone, C. J. Force system developed by V bends in an elastic orthodontic wire. Am J Orthod and Dentofac Orthop. 96, (4), 295-301 (1989).
  5. Demange, C. Equilibrium situations in bend force systems. Am J Orthod and Dentofac Orthop. 98, (4), 333-339 (1990).
  6. Isaacson, R. J., Lindauer, S. J., Conley, P. Responses of 3-dimensional arch wires to vertical V bends: Comparisons with existing 2-dimensional data in the lateral view. Semin Orthod. 1, (1), 57-63 (1995).
  7. Upadhyay, M., Shah, R., Peterson, D., Takafumi, A., Yadav, S., Agarwal, S. Force system generated by elastic archwires with vertical V bends: A three-dimensional analysis. Eur J Orthod. 39, (2), 202-208 (2017).
  8. Gurgel, J. A., Kerr, S., Powers, J. M., LeCrone, V. Force-deflection properties of superelastic nickel-titanium archwires. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 120, (4), 378-382 (2001).
  9. Gurgel, J. A., Kerr, S., Powers, J. M., Pinzan, A. Torsional properties of commercial nickel-titanium wires during activation and deactivation. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 120, (1), 76-79 (2001).
  10. Hazel, R. J., Rohan, G. J., West, V. C. Force relaxation in orthodontic arch wires. Am J Orthod. 86, (5), 396-402 (1984).
  11. Lundgren, D., Owman-Moll, P., Kurol, J., Martensson, B. Accuracy of orthodontic force and tooth movement measurements. Br J Orthod. 23, (3), 241-248 (1996).
  12. Goldberg, A. J., Burstone, C. J. An evaluation of beta titanium alloys for use in orthodontic appliances. J Dent Res. 58, (2), 593-600 (1979).
  13. Kusy, R. P., Whitley, J. Q. Thermal and mechanical characteristics of stainless steel, titanium-molybdenum, and nickel titanium archwires. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 131, (2), 229-237 (2007).
  14. Kapila, S., Sachdeva, R. Mechanical properties and clinical applications of orthodontic wires. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 96, (2), 100-109 (1989).
  15. Verstrynge, A., Humbeeck, J. V., Willems, G. In-vitro evaluation of the material characteristics of stainless steel and beta-titanium orthodontic wires. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 130, (4), 460-470 (2006).
  16. Tominaga, J. Y., Tanaka, M., Koga, Y., Gonzales, C., Kobayashi, M., Yoshida, N. Optimal loading conditions for controlled movement of anterior teeth in sliding mechanics. Angle. 79, (6), 1102-1107 (2009).
  17. Cattaneo, P. M., Dalstra, M., Melsen, B. The finite element method: A tool to study orthodontic tooth movement. J Dent Res. 84, (5), 428-433 (2005).
  18. Fotos, P. G., Spyrakos, C. C., Bernard, D. O. Orthodontic forces generated by a simulated archwire appliance evaluated by the finite element method. Angle Orthod. 60, (4), 277-282 (1990).
  19. Geramy, A. Alveolar bone resorption and the center of resistance modification (3-D analysis by means of the finite element method. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 117, (4), 399-405 (2000).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics