誘導加熱の小さな磁気圏を取り巻く水の近赤外温度計測

JoVE Journal
Engineering

Your institution must subscribe to JoVE's Engineering section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

ERRATUM NOTICE

Summary

誘導加熱の小さな磁気圏を取り巻く水の温度を測定する 1150 と 1412 nm の波長を利用した手法である. します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Kakuta, N., Nishijima, K., Han, V. C., Arakawa, Y., Kondo, K., Yamada, Y. Near-Infrared Temperature Measurement Technique for Water Surrounding an Induction-heated Small Magnetic Sphere. J. Vis. Exp. (134), e57407, doi:10.3791/57407 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

水と周囲の電磁誘導加熱の小さな磁性球非濁った水溶液の温度を測定する手法である. します。この手法は、1150 と 1412 nm、水の吸収係数は温度に依存する波長を利用しています。水または 2.0 mm または 0.5 mm 径の磁気球を含む非混濁水系ゲル 1150 nm または選択した狭いバンドパス フィルターを使用した場合と、1412 の nm の入射光を照射します。さらに、吸収係数の横突起である吸光度の二次元画像は、近赤外カメラを介して取得されます。三次元温度分布は、球対称であると仮定することができるときに、吸光度プロファイルに逆アベルに変換を適用することによって推定します。温度は時間と誘導加熱電源によると一貫して変更する観察されました。

Introduction

媒体内の小さな熱源付近の温度を計測する技術は、多くの科学的な研究分野とアプリケーションに必要です。たとえば、磁気ハイパーサーミアの研究でがん治療法である磁性粒子の磁気小さな電磁誘導を使用して、それは磁気によって生成される温度分布を正確に予測する重要な粒子1,2。ただし、ただし、マイクロ波磁気共鳴11 、ラマン10、光音響9超音波5,6,7,83,412-ベース温度測定技術を研究、開発している、現時点では、このような内部の温度分布を正確に測定できません。これまで単一位置温度またはいくつかのポジションでの温度は誘導加熱の場合、非磁性光ファイバー温度センサー13,14である温度センサーで測定しました。また、メディアの表面温度は内部温度14を推定する赤外放射温度計によるリモートで観測されています。ただし、小さな熱源を含む培地が水層または非散乱体の水溶液中、私たちを示している温度15,16を測定する近赤外線 (NIR) 吸収法が役 17,18,19。本稿ではこの手法および代表的な結果の詳しいプロトコル。

近赤外吸収法は、近赤外領域での水の吸収帯の温度依存性の原理に基づいています。水は温度として 1250 nm 波長 (λ) 範囲に 1100 nm の短波長にシフト観測図 1 aν1 + ν2 + のν3吸収帯にあるとおり19をが増加します。ここで、 ν1 + ν2 + このバンドは 3 つの基本的な O H 振動モードの組み合わせに対応するν3手段: 対称ストレッチ (ν1) 曲げ (ν 2)、および逆対称伸縮 (ν3)20,21。このスペクトルの変化は、バンドで最も温度敏感な波長がλ ≈ 1150 nm であることを示します。水の他の吸収バンドは、温度15,16,17,18,20,21に関して同様の動作も展示します。Ν1 + ν3バンド水の観察範囲λ以内 = 1350−1500 nm とその温度依存性を図 1 bに示します。Ν1 + 水のν3バンドで、1412 nm が最も温度に敏感な波長です。したがって、それはλで吸光度の 2 D 画像をキャプチャする近赤外カメラを用いた二次元 (2 D) 温度画像を取得する = 1150 または 1412 nm。水の吸収係数としてλ = 1150 nm は、 λ = 1412 nm よりも小さく、元の波長は約 10 mm 厚の水性メディアに適した、後者は約 1 mm 厚のものに適しています。最近では、 λを使用して = 1150 nm、直径 1 mm の鋼球を誘導加熱19を含む 10 mm 厚水層内の温度分布を得た。また、 λを使用して 0.5 mm 厚い水の層内の温度分布を測定した 1412 nm15,17を =。

イメージング法 NIR ベース温度の利点は簡単にセットアップおよび透過吸収測定法で、ない蛍光、蛍光体、または他のサーマル プローブを必要があるために、実装します。さらに、その温度分解能は 0.2 K15,17,19未満です。このような良い温度分解能は、干渉法による、熱と物質移動研究22,23,24でよく使用されている伝送方式は他では達成できません。我々 は、しかし、イメージング法 NIR ベースの温度は適していませんかなりローカル温度変化の場合、支配的な19光の偏向によって引き起こされるので大きな温度勾配になります注意してください。この問題は、この稿では実用面で呼ばれます。

この稿では実験装置と誘導; を介して加熱小さな磁性球の NIR ベース温度イメージング技術の手順また、それは 2 つの代表的な 2 D の吸光度の画像の結果を示します。Λでキャプチャ 10.0 mm 厚さの水層に直径 2.0 mm の鋼球の 1 つのイメージは 1150 nm を =。2 番目の画像はλでキャプチャ 2.0 mm 厚マルトース シロップ層に直径 0.5 mm の鋼球 = 1412 nm。また述べる計算法と温度の三次元 (3 D) の半径方向分布の結果逆アベル変換 (IAT) を吸光度 2 D 画像に適用することによって。IAT は、3次元温度分布が球対称加熱球 (図 2)19の場合のようにすると見なされますときに有効です。IAT 計算のためマルチ ガウス関数をフィッティング法を採用、ここで解析的25,26,27,28,29 ガウス関数の Iat を取得することができますのでとデータを単調減少にもフィットこれは、単一の熱源からの熱伝導を用いた実験が含まれています。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1 実験装置およびプロシージャ

サンプルと NIR イメージングとおり光学マウントする光学レールを準備します。

  1. サンプルの準備。
    注: 水または水性の液体を使用する場合 1.1.1 のステップを行います。粘度の高い水性ゲルを使用している場合は、1.1.2 をステップを行います。
    1. 鋼球が水に設定します。
      1. 接着剤の少量を使用して薄いプラスチック製のひもの端に直径 2.0 mm の鋼球を修正します。
      2. 10.0 mm、幅 10 mm、高さ 45 mm (図 3) の光路長と長方形のガラスのセルの中央に鋼球をハングします。
      3. 慎重にセルに浄水を注ぐ気泡を生成しないようにします。
        注: 鋼球が固定する細いプラスチックの棒の先端に接着剤19の量が少ない。
    2. 鋼球水系ゲルで設定します。
      1. それがスムーズに注がれるには十分に低く、その粘度を下げるため水系ゲルを熱します。
      2. 注射器を使用して、半分完全に 45 mm の高さ、幅 10 mm、2.0 mm の光路長の長方形ガラス セルに水系ゲルを注ぎ、冷却しておきます。
      3. ゲルの表面の中心に直径 0.5 mm の鋼球を置き。
      4. 水系のゲルのセルを入力します。
        注: 大きな球体 (> ~ 1 mm φ) 誘導加熱中に重力および磁気の力で移動するので、ゲルで使用しないでください。
    3. プラスチック製のホルダーのセルを設定し、(図 3) の光のレールにマウントします。
  2. 近赤外イメージング システムの準備。
    1. 光ファイバーライトガイドにハロゲン ランプを準備し、光のレールにホルダーと導べ光ファイバーの終わりを修正します。
    2. Λに透過ピークを持つ狭帯域通過フィルター (NBPF) を置き 1150 nm またはλを = = 1412 nm の間光ファイバーライトガイドと細胞 (図 3)。
    3. 伝送波長範囲はハロゲン ランプと、NBPF と、NBPF のそれよりも広い別のバンドパス フィルター (BPF) を割り込みます。
      注: BPF は、直接光を受け取るため、NBPF への熱損傷を防ぐために必要です。
    4. 迷光 (図 3) を減らすために NBPF と携帯ホルダー間の光パスに iris diaphragm(s) を置きます。
    5. (図 3) セルの透過光を検出する近赤外カメラを設定します。画像集録ソフトウェアがパーソナル コンピューター (PC) にインストールされているグラフィック ボードにデータ転送ケーブルを介してカメラに接続します。
    6. 携帯カメラ (図 3) とテレセン トリック レンズを設定します。
      注: 一般的なカメラレンズを使用もできます。テレセン トリック レンズは、IAT の主線に光の平行の選択的検出と回折の影響の軽減の面で優れています。
      注: NBPF と BPF には置かないで電池とカメラの間、そう、水の温度はハロゲン ランプから高強度の光の直接吸収率向上します。
    7. 近赤外カメラをオンにし、画像集録ソフトウェアを起動します。
    8. ハロゲン ランプし、観察 (図 4) モニターに表示される画像の出力電力を調整します。
    9. 軸、位置、および鋼球の微細な画像を取得するテレセン トリック レンズのフォーカスを調整します。
      注: 場合調整が完全ではない、不規則な強度パターン表示されます、不適切な結果につながる。
  3. 誘導加熱装置の準備。
    1. 誘導加熱、高周波信号のジェネレーターから成るシステムを準備 (最大出力電力: 5.6 kW; 周波数: 780 kHz)、水冷コイルと水チラー。
      注: 誘導加熱ろう付けのためのシステム、溶接、小さな金属部品をはんだ付けは、この目的のために適切です材料表を参照してください。
    2. 可能であれば、その位置を変更する XYZ 可動ステージ上コイルをマウントします。
    3. コイル センターと鋼球間の距離が約 15 mm (図 3) になるように、セル近くコイルを配置します。コイルの近くの他の金属部分がないことを確認します。
      注意: 距離は誘導加熱電力および球のサイズに応じて調整する必要があります。
    4. 冷却水を循環します。
  4. 画像の収集及び誘導加熱。
    1. 順番に画像を保存できる画像集録ソフトを「スタート」をクリックします。
    2. 誘導加熱誘導加熱を開始するコントロール ソフトウェアを「スタート」をクリックします。
    3. (条件・目的に応じて数秒後画像集録ソフトウェアの「停止」をクリックします。
    4. 誘導加熱制御ソフトウェアの「停止」をクリックします。
    5. 画像集録ソフトウェアの TIFF シーケンス (またはその他の非圧縮形式) として一時的に保存されている画像を保存します。
      注: 温度が十分に高い場合、光偏向の影響は画像7に表示されます。誘導加熱電源必要があります減少適切にも実験など球付近の温度の増加はより小さい約 10 K で、温度推定の次のプロトコルの手順で確認できます。

2. 画像処理・温度の推定

注: 保存されている連続画像として表されます(x, z)、連続したフレーム数が。座標、 xyz r、およびr' として図 2に示されている定義されています重力と反対方向に正のzです。サプリメント 1に次のプロトコル手順の概要も示します。

  1. 吸光度イメージの構築。
    1. オープン(x, z) 画像処理ソフトウェア。
    2. ノイズを低減(x, z) 3 × 3 ピクセルの平均を実装することにより。
    3. 平均像を作成(x, z)以上には、1、5 (またはそれ以上) を =、加熱する前に、参照イメージとして定義r(x, z)。
      注: は、1 つのフレームのイメージよりもより信頼性の高い画像を得るためノイズを低減この平均化します。
    4. Δ 吸光度差の連続画像を構築(x, z) 次の同等化によって。
      Equation 1(1)
      注: ΔAは私(x, z) が(x, z) から参照吸光度、 r(x, z)、前に吸光度の変化暖房, とは次のように派生した15,16,17,18,19
      Equation 2(2)
      ここ0はセルに入射光の強さです。
    5. Δ画像は赤青など適切なカラーマップを使用して色付けします。
      注: ImageJ の 2.1.5 から 2.1.2 の手順を実行するためのコマンド スクリプト ファイルは補足 2に提示されます。
  2. 温度の推定。
    1. どの Δ の中にAは私(x, z) は環状球の中心に対して対称画像を視覚的に観察することで期間を選択します。
      注: 主に対流によって円形対称性は壊れています。以前の作業19; の対流が発生する画像ベースの分析判断を導入します。しかし、実際には、視覚的判断は効果的です。
    2. データを抽出、ΔAは私( θ,rʹ) 360 ラジアル線に沿って (Δθ = 1˚)(x, z) Δ の画像を。
    3. データを除外 Δ( θ,rʹ) 球内およびその周辺で (Δrʹ≈ 0.2 mm)。注: データが異常非常に小規模または大規模な近所の主な理由は球のわずかな動きです。
    4. 平均 Δ( θ,rʹ) θの上線プロファイル、Δ を決定します(rʹ)。
      注: ImageJ の 2.2.4 から 2.2.2 の手順を実行するためのコマンド スクリプト ファイルは、補足 3で提示されます。
    5. ΔAは私(rʹ) データを次のマルチ ガウス関数による近似します。
      Equation 3(3)
      場所jは重み係数σjは分散パラメーター、 Rrʹ 最大どこ ΔAは私(R) = 0 を仮定することができます。
    6. Δμは私(r)、 N j、およびσjの得られた次式 IAT (3) に代入することによって吸収係数の相違を計算します。
      Equation 4(4)
      ここ erf は誤差関数であります。
    7. Δμは私(r) を次式で温度に変換します。
      Equation 5(5)
      4.0 × 10-3 K-1 mm-1 λであるαf水の温度係数を持つ = 1150 nm19と 4.1 × 10-3 K-1 mm-1λ = 1412 nm17
      注: 2.2.7 から 2.2.5 の手順を実行するためのコマンド スクリプト ファイルは、補足 4、ステップ 2.2.5 レーベンバーグ ・ マルカート非線形最小二乗アルゴリズム17,19を採用する場所で提示されます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

Δ の画像Aは私(x, z) でλ = 水で直径 2.0 mm の鋼球の 1150 nm、 λ = 1412 nm マルトース シロップで直径 0.5 mm の鋼球と図 5示して、図 6それぞれ。両方のケースで、球はその中心軸に沿ってコイルの最下部より下に位置する 12 mm だった図 5r式 (3) での表示の ΔA(rʹ) データとその装備のマルチ ガウス機能b図 6b = 3.0 mm、 R 1.5 mm をそれぞれ =。以上の 2 つまたは 3 つのガウス関数 (N = 2 または 3) が良いフィット17,19を達成するために必要です。当てはめ関数 Eq を介して ΔT(r) プロファイルに変換されました。(4) と (5) と図 5c図 6cに表示されます。

両方のケースで Δ画像は明らかに水の温度の増加を示すし、ゲルの熱伝導による変化球を囲みます。球に関して、ΔAの円形対称性は、すべての画像で観察されます。プロットと図 5cで曲線を示す ΔA(rʹ) が、球に最も近い距離で時間とともに増加rʹ≥ 2.5 mm、有意に変化が観察されます。また、IAT を介して得られる ΔT(r) プロファイルは、半径方向の熱伝導の発生を確認します。ΔT(r) プロファイル表示 ΔA(rʹ) のものに似ていますが、dΔT(r)/dr勾配の変化は、ΔA(rʹ) プロファイルのそれらと異なる注意してください。.図 6、加熱電力に対応する ΔAの大きさがあるレベル、すなわち発熱球の量。

直径 0.5 mm 球の結果を示す ΔAの円形のパターンを歪め、対流がt後られなかった = 1.2 s. 逆に、水で直径 2.0 mm 球、対流が確認された後に発生するにはt = 1.2 s (表示されていません)。これは約tで水に純粋な熱伝導体制から自由対流政権への移行が発生したことを意味 = 1.2 s。この対流の違いは、熱発生率と粘度の違いによって引き起こされました。直径 0.5 mm 球の熱生成率は, 有意に小さかった直径 2.0 mm の球のそれよりもさらに、マルトース シロップ (約 100 Pa·s) の粘度は水 (およそ 0.001 Pa·s) よりもかなり高かった。自由対流は熱よぶ物質伝達の重要なトピックの研究、提案のイメージング手法自由対流の発症時間と熱プリュームのパターンを提供し、無料を誘導する物理的な条件に関する情報が生成対流は、この分野の研究に大きく貢献します。

Figure 1
図 1: 水の近赤外吸収スペクトルの温度依存性です。(a、b)温度 16.0 ° C からの水の吸収スペクトル (青) 44.0 ° c (赤) 1100-1250 nm と 1350-1500 nm の波長範囲で 4.0 ° C 単位でそれぞれ。矢印は、温度の上昇の方向を示します。インセットを示す吸光度差スペクトル;16.0 ° C で吸光度スペクトル、参照です。光パスの長さは、10 mm と 1.0 mm (a) と (b)、それぞれ。縦点線は、温度に敏感な波長 1150 nm と 1412 nm 近赤外画像を取得するために使用が。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: 座標系と吸光度用ジオメトリです。角田201719 AIP 公開の許可を得て転載。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 実験のセットアップ。(a) 光学系および誘導加熱セットアップの概略図。詳細は本文を参照してください。この図は AIP 公開の許可を得て 2017年19角田から変更されています。(b) 実験のセットアップの写真。(c) 写真文字列、セル、およびスケールのコイルによって掛け直径 2.0 mm の鋼球を示します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4:の raw 画像を取得します。(a、b)(x, z) 強度画像を送信、 λ = 水とλで直径 2.0 mm の鋼球の 1150 nm マルトース シロップで直径 0.5 mm の鋼球の 1412 nm をそれぞれ =。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください。 

Figure 5
図 5: 吸光度画像と水で直径 2.0 mm の鋼球の温度プロファイル。( λ a) ΔA(x, z) 画像 = 1150 nm とt = 0.4、0.8、1.2 誘導加熱の発症後 s。((曲線) を b) ΔA(rʹ) とそのマルチ ガウスのプロットに適合します。(c) ΔT(r) プロファイル (rʹ) ΔAの Iat を実行することによって得られます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 6
図 6:吸光度画像とマルトース シロップで直径 0.5 mm の鋼球の温度プロファイル。( λ a) ΔA(x, z) 画像 = 1412 の nm とt = 0.4、0.8、1.2 加熱用誘導加熱の発症後 s 電源を 10%、30%、50% のレベル。(b) ΔA(rʹ) とそのマルチ ガウスのプロットの 50% (曲線) に適合します。(c) ΔT(r) プロファイルの 50% (rʹ) ΔAの Iat を実行することによって得られます。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください。 

Supplemental Figure 1
追補 1:画像処理の概要。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Supplemental Figure 2
補足 2:吸光度のイメージの構築 (ImageJ のマクロ) のコマンド スクリプト ファイルです。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

Supplemental Figure 3
補足 3:コマンド ライン プロファイル抽出 (ImageJ のマクロ) 用のスクリプト ファイル。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

Supplemental Figure 4
補足 4:Matlab マルチ ガウス継ぎ手と逆アベル変換コード。このファイルをダウンロードするここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

本稿で紹介しているテクニックの水の近赤外吸収の温度依存性を使用して 1 つ新規であり、必要な機器と実装の設定で重大な困難を渡さない。入射光はハロゲン ランプと、NBPF を使用して簡単に製作することができます。ただし、レーザーを使用することはできません、コヒーレント干渉パターン画像に表示されますので。一般的な光学レンズおよび可視光用ガラス細胞使用できますが、 λの光の十分な量を transmit = 1150 nm と 1412 nm。さらに、カメラは、比較的安価な価格で今すぐ購入できます。

Λで NBPFs = 1150 nm と 1412 nm はセミカスタムの順に利用が過度に安価であります。(図 1) の温度依存性の波長範囲内である必要があります、別の波長に既製の NBPF がある場合は、温度感受性またはαfが小さくなるものの代わりに、それ使用できます。Λαf値たとえば、= 1175 nm、 λでの半分 = 1150 nm。さらに、帯域幅や、NBPF のシャープネスに影響αf;帯域幅が増加すると、 αf 15は減少します。したがって、(r) ΔTの正確な推定が必要なとき、NBPF の透過スペクトルを分光光度計で測定ください。

プロトコルの手順 1.4 で述べたように温度、光球周囲温度フィールドを通過する光線を偏向すると、ΔA(x, z) 画像の変化を引き起こし、水の屈折によって異なるので。この問題は、私たち以前の作業19で調査されました。球付近の最大温度は適度に小さい限り、本研究で得られた結果によると (< 10 K、約)、ΔA(x, z) の変化に光偏向の寄与は無視できるか光がコヒーレントと特定の偏向角度がテレセン トリック レンズの絞りによって受け入れられるため、光の吸収に比べて十分小さいつまり、偏向の光線は絞り値を渡すもチーフ レイ30と画像平面内の同じポイントに焦点を当てます。しかし、これを考慮し絞り慎重に調整してください、テレセン トリック レンズの受諾角度が予測された偏向角度よりわずかに大きい。トライアル アンド エラー調整初期の実験の必要があります。

画像ステップ 2.1 プロトコルの処理と手順 2.2 で IAT を計算するには、高度な数学的知識は不要です。ステップ 2.1 は、一般的な画像処理シーケンスの TIFF ファイルを扱うことができるソフトウェアで簡単に実行できます。2.2.2 の手順で複数の角度でライン プロファイルをコマンド スクリプトを使用して自動的に取得できない場合手動で画像処理ソフトで抽出した単一行プロフィール代わりとして使用できる、ノイズによる変動は減少していないが。

水溶液を使用している場合その水量、モル分率、必要があります知られているまたはαfは含水率に依存するための ΔTの正確な推定の特に測定します。つまり、水溶液の溶質とゲル基板上の吸収係数は、少しの温度依存、感度の温度はほぼ含水率に比例。水性液体として、非常に高い含水率が既知の場合、本稿で与えられる水のαf値は実質的に使用できます。それ以外の場合、減らすαf、すなわち、コンテンツ、予測または測定された水による水のαf値を乗算十分に正確な推定に有効である可能性があります。

温度検出限界 (~0.2 K) と空間分解能を考慮した (〜 30 μ m ピクセル サイズと倍率に依存この)、紹介したテクニックによって単一マイクロとナノ-磁気発生分の温度上昇を検出するは不可能粒子は高周波誘導加熱。ただし、粒子の数が多いを集約、カプセルに含まれているまたは細い管に流れ、温度が検出レベルを増加しました。磁気ハイパーサーミアの研究では、実際には、このような集約または磁性ナノ粒子がん細胞への選択的吸着と結果の温度、重要な調査。したがって、紹介したテクニックは、磁性粒子を用いた磁気ハイパーサーミア学生体外実験などに使用する予定です。これらのアプリケーションで温度分布の球形の対称性が得られないことが、2 D 画像、温度、数と粒子の分布と暖房性能について研究者に通知する十分です。

紹介したテクニックは、様々 な磁気応用31,32で使用される磁気フィールドを評価するために使えます。一般に、コイルによって生成された磁場が非常に複雑で、正確に測定またはできません理論的に予言。しかし、私たちの以前の仕事19で示されるように温度と発熱量の異なるコイル電流の下で位置が異なる磁性球することによって私たちの技術。熱発生率の空間分布は、磁場に対応しなければなりません。最後に、紹介したテクニックを実装することができます、電磁誘導だけでなく収束超音波、水滴、化学反応および他の局部加熱の方法も。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

著者は、山田健太、藤岡亮太氏、氏瑞希許田を実験・ データ解析に応援ありがちましょう。この作品は、日本学術振興会科研費助成番号 25630069、スズキ財団と精密測定技術振興財団、日本によって支えられました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Induction heating system CEIA, Italy SPW900/56 780 kHz, 5.6 kW (max).
Coil SA-Japan custom Water-cooled copper tube; two-turn; outer dia. 28 mm.
Water chiller Matsumoto Kikai, Japan MP-401CT
Halogen lamp Hayashi Watch-Works, Japan LA-150UE-A
Narrow bandpass filter for λ = 1150 nm Andover 115FS10-25 Full width at half-maximum (FWHM): 10 nm.
Narrow bandpass filter for λ = 1412 nm Andover semi-custom Full width at half-maximum (FWHM): 10 nm.
Bandpass filter for λ = 850−1300 nm Spectrogon SP-1300
Bandpass filter for λ = 1100−2000 nm Spectrogon SP-2000
NIR camera FLIR Systems Alpha NIR InGaAs
Image acquisition software FLIR Systems IRvista
Image processing software NIH ImageJ ver. 1.51r
Image processing software MathWorks Matlab ver. 2016a
Telecentric lens Edmond Optics 55350-L X1
Steel sphere (0.5 mm dia.) Kobe Steel, Japan Fe-1.5Cr-1.0C-0.4Mn (wt %)
Steel sphere (2.0 mm dia.) Kobe Steel, Japan Fe-1.5Cr-1.0C-0.4Mn (wt %)
Maltose syrup as aqueous gel Sonton, Japan Mizuame Food product

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Physics of Thermal Therapy. Moros, E. G. CRC Press. (2012).
  2. Périgo, E. G., Hemery, G., Sandre, O., Ortega, D., Garaio, E., Plazaola, F., Teran, F. J. Fundamentals and advances in magnetic hyperthermia. Appl Phys Rev. 2, 041302 (2015).
  3. Bardati, F., Marrocco, G., Tognolatti, P. Time-dependent microwave radiometry for the measurement of temperature in medical applications. IEEE Trans Microwave Theo Tech. 52, 1917-1924 (2004).
  4. Levick, A., Land, D., Hand, J. Validation of microwave radiometry for measuring the internal temperature profile of human tissue. Meas Sci Technol. 22, 065801 (2011).
  5. Daniels, M. J., Varghese, T., Madsen, E. L., Zagzebski, J. A. Non-invasive ultrasound-based temperature imaging for monitoring radiofrequency heating-phantom results. Phys Med Biol. 52, 4827 (2007).
  6. Daniels, M. J., Varghese, T. Dynamic frame selection for in vivo ultrasound temperature estimation during radiofrequency ablation. Phys Med Biol. 55, 4735 (2010).
  7. Seo, C. H., Shi, Y., Huang, S. -W., Kim, K., O'Donnell, M. Thermal strain imaging: A review. Interface Focus. 1, 649-664 (2011).
  8. Bayat, M., Ballard, J. R., Ebbini, E. S. Ultrasound thermography: A new temperature reconstruction model and in vivo results. AIP Conf Proc. 1821, 060004 (2017).
  9. Petrova, E., Liopo, A., Nadvoretskiy, V., Ermilov, S. Imaging technique for real-time temperature monitoring during cryotherapy of lesions. J Biomed Opt. 21, 116007 (2016).
  10. Gardner, B., Matousek, P., Stone, N. Temperature spatially offset Raman spectroscopy (T-SORS): Subsurface chemically specific measurement of temperature in turbid media using anti-Stokes spatially offset Raman spectroscopy. Anal Chem. 88, 832-837 (2016).
  11. Yoshioka, Y., Oikawa, H., Ehara, S., Inoue, T., Ogawa, A., Kanbara, Y., Kubokawa, M. Noninvasive measurement of temperature and fractional dissociation of imidazole in human lower leg muscles using 1H-nuclear magnetic resonance spectroscopy. J Appl Physiol. 98, 282-287 (2004).
  12. Galiana, G., Branca, R. T., Jenista, E. R., Warren, W. S. Accurate temperature imaging based on intermolecular coherences in magnetic resonance. Science. 322, 421-424 (2008).
  13. Rapoport, E., Pleshivtseva, Y. Optimal Control of Induction Heating Processes. CRC Press. Boca Raton, FL. (2006).
  14. Lucía, O., Maussion, P., Dede, E. J., Burdío, J. M. Induction heating technology and its applications: Past developments, current technology, and future challenges. IEEE Trans Ind Electron. 61, 2509-2520 (2014).
  15. Kakuta, N., Kondo, K., Ozaki, A., Arimoto, H., Yamada, Y. Temperature imaging of sub-millimeter-thick water using a near-infrared camera. Int J Heat Mass Trans. 52, 4221-4228 (2009).
  16. Kakuta, N., Fukuhara, Y., Kondo, K., Arimoto, H., Yamada, Y. Temperature imaging of water in a microchannel using thermal sensitivity of near-infrared absorption. Lab Chip. 11, 3479-3486 (2011).
  17. Kakuta, N., Kondo, K., Arimoto, H., Yamada, Y. Reconstruction of cross-sectional temperature distributions of water around a thin heating wire by inverse Abel transform of near-infrared absorption images. Int J Heat Mass Trans. 77, 852-859 (2014).
  18. Kakuta, N., Yamashita, H., Kawashima, D., Kondo, K., Arimoto, H., Yamada, Y. Simultaneous imaging of temperature and concentration of ethanol-water mixtures in microchannel using near-infrared dual-wavelength absorption technique. Meas Sci Technol. 27, 115401 (2016).
  19. Kakuta, N., Nishijima, K., Kondo, K., Yamada, Y. Near-infrared measurement of water temperature near a 1-mm-diameter magnetic sphere and its heat generation rate under induction heating. J Appl Phys. 122, 044901 (2017).
  20. Libnau, F. O., Kvalheim, O. M., Christy, A. A., Toft, J. Spectra of water in the near- and mid-infrared region. Vib Spectrosc. 7, 243-254 (1994).
  21. Siesler, H. W., Ozaki, Y., Kawata, S., Heise, H. M. Near-Infared Spectroscopy. Wiley-VCH. (2002).
  22. Shakher, C., Nirala, A. K. A review on refractive index and temperature profile measurements using laser-based interferometric techniques. Opt Laser Eng. 31, 455-491 (1999).
  23. Assebana, A., Lallemanda, M., Saulniera, J. -B., Fominb, N., Lavinskaja, E., Merzkirchc, W., Vitkinc, D. Digital speckle photography and speckle tomography in heat transfer studies. Opt Laser Technol. 32, 583-592 (2000).
  24. Ambrosini, D., Paoletti, D., Spagnolo, S. G. Study of free-convective onset on a horizontal wire using speckle pattern interferometry. Int J Heat Mass Trans. 46, 4145-4155 (2003).
  25. Bracewell, R. N. The Fourier Transform and Its Applications. McGraw-Hill. (2000).
  26. Yoder, L. M., Barker, J. R., Lorenz, K. T., Chandler, D. W. Ion imaging the recoil energy distribution following vibrational predissociation of triplet state pyrazine-Ar van der Waals clusters. Chem Phys Lett. 302, 602-608 (1999).
  27. De Colle, F., de Burgo, C., Raga, A. C. Diagnostics of inhomogeneous stellar jets: convolution effects and data reconstruction. Astron Astrophys. 485, 765-772 (2008).
  28. Green, K. M., Borrás, M. C., Woskov, P. P., Flores, G. J., Hadidi, K., Thomas, P. Electronic excitation temperature profiles in an air microwave plasma torch. IEEE Trans Plasma Sci. 29, 399-406 (2001).
  29. Bendinelli, O. Abel integral equation inversion and deconvolution by multi-Gaussian approximation. Astrophys J. 366, 599-604 (1991).
  30. Dorband, B., Muller, H., Gross, H. Vol. 5 Metrology of Optical Components and Systems. Handbook of Optical System. Gross, H. Wiley-VCH. (2012).
  31. Sheikholeslami, M., Rokni, H. B. Simulation of nanofluid heat transfer in presence of magnetic field: A review. Int J Heat Mass Trans. 115, 1203-1233 (2017).
  32. Häfeli, U., Schütt, W., Teller, J., Zborowski, M. Scientific and Clinical Applications of Magnetic Carriers. Springer Science and Business Media. (2013).

Erratum

Formal Correction: Erratum: Near-Infrared Temperature Measurement Technique for Water Surrounding an Induction-heated Small Magnetic Sphere
Posted by JoVE Editors on 12/06/2018. Citeable Link.

An erratum was issued for: Near-Infrared Temperature Measurement Technique for Water Surrounding an Induction-heated Small Magnetic Sphere. The Protocol section was updated.

In 2.2.7, the temperature coefficient of water, αf, for λ = 1150 nm has been corrected from:

4.0 x 10-3 K-1 mm-1

to:

2.8 x 10-4 K-1 mm-1

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please sign in or create an account.

    Usage Statistics