実験的イデオロギー的な脅威の応答を減らすために後部内側前頭皮質の連続シータ バースト刺激

Behavior
 

Summary

脅威は確実に高度なイデオロギー的な投資の変化を呼び起こすが、日付に少し仕事がこれらのダイナ ミックスの基礎となる神経のメカニズムを探求してきた。この稿ではどのように連続シータ脅威関連イデオロギーのシフトに後部内側前頭皮質 (およびその他地域) の貢献をテストするバースト経頭蓋磁気刺激法を用いることができます。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Holbrook, C., Gordon, C. L., Iacoboni, M. Continuous Theta Burst Stimulation of the Posterior Medial Frontal Cortex to Experimentally Reduce Ideological Threat Responses. J. Vis. Exp. (139), e58204, doi:10.3791/58204 (2018).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

行動科学研究の数十年は、態度の機能変化と様々 な課題への対応でイデオロギー的な密着性を記載しているが、日付に少し仕事がこれらのダイナ ミックスの基礎となる神経機構を点灯しています。この稿ではどのように連続シータ バースト経頭蓋磁気刺激は実験的イデオロギー的な変化の脅威に関連する大脳皮質の領域の因果の貢献を評価し用いることができます。ここで提供される例プロトコル、参加者は自分の必然的な死と身体分解次後部内側前頭皮質 (pMFC) または偽刺激のダウンレギュレーションの明示的なリマインダー総理の脅威に公開されます。次に、イデオロギー的な粘着の参加者の相対的な程度、複数タスクのシリーズ内で偽装は評価で結託偏見や宗教的信念について、現在の例。誰のため、pMFC のダウンレギュ レートをされている参加者の展示 coalitionally バイアス応答参加者の国家集団の重要な移民に少なくなり、肯定的な来世思想 (すなわち神、天使、天国) に有罪判決にもかかわらず、最近死を連想されて有する。これらの結果、pMFC の連続シータ バースト刺激影響社会適合性と共有している事前調査結果を補完し、頭蓋を使用して高度な社会認知変化の神経基盤の調査の実現可能性を示した磁気刺激。

Introduction

国家主義的なバイアスと宗教1の特定のフォーカスを持つ実験的 neuromodulating イデオロギー的脅威の反応、最近開発された手法を提案する.重要なは、しかし、どのような次の手順説明として取られるべき有望な一般的なアプローチの例示トークン高度な社会的、イデオロギー的な認知 (例えば、規範に関して神経基盤の研究に判断、政治的態度) 経頭蓋磁気刺激 (TMS) を使用します。理論的にこの 'コンセプト' 例では、脅威の検出とイデオロギー的な投資、これらの効果の説得力のある神経機構を含む間のリンクの事前作業を移動するには、簡単に審査されます。

脅威と自民族中心主義

人々 と時々、社会的グループ2のために死にます。連合に取り揃え、個人から利益共有アクセスの知識と数量単価型リソースの両方に。傷つきやすい人のレンダリング値を持つ材料や情報リソースを共有、ため個人が他の人が往復または彼らの寛大さ3を悪用する可能性があるかどうかを計算するインセンティブている。特権連携相互ケアや信頼を高めるとともに仲間集団、集団への投資を共有として別の人を分類すると考えられます。このグループを好むエスノセント リズムは、信頼性の高い場合はないあからさまに敵対するそれ故にアウト groups と一直線に感知し、したがって、集団資源4,5に値しないそれらの否定的な評価につながることができます。、紛争のコンテキストでは、協力を阻止するだけでなく、個人に属するまたは敵連合6共感知覚に対する侵略をやる気にさせるグループ偏見が表示されます。場合、深い時間をかけてびい進歩生殖フィットネス78心がによって形成されている選択自民族中心主義9,10、特に脅威のコンテキストの下でをサポートするには11,12. 自民族中心主義のこの機能の解釈に一貫した個人がグループのイデオロギーにコミットメントを表明する程度は脅威13,14、素数の増加が観察されており 15。社会科学者は、何十年もイデオロギー的なコミットメントに及ぼす脅威を研究しているが最近注目になっている作業16,17,18,の脳メカニズム19,20. 思想信条の通性のシフトに貢献するこの議定書で低レベルの問題 (例えば報酬を取得するモーター応答を更新) 解決に以前関連付けられている脳の領域を示した。

脅威、イデオロギー的なコミットメントおよび後部内側前頭皮質

PMFC には、背側前帯状皮質 (dACC) と補足運動野 (dmPFC) の前方の背内側前頭前野が含まれています。PMFC は、配列ネガティブ情動刺激21,22,23への反応に関与しています。PMFC は、現在、優先条件間の不一致の検出だけでなく、このような不一致24,25,26を抑える行動の後続の意思決定の調整に貢献しています。たとえば、dACC はなど比較的低レベルの認知制御機能に関与している、ストループ テストで測定されるフランカー、分割注意、または行くかどうかタスク25。同様に、抽象化の高いレベルで、pMFC の dACC コンポーネントは道徳的なまたは文化的な値 (例えば、不確実性または死の通知) の脅威への露出の後のイデオロギーの約束の激化させた表現を呼び起こすと仮定します。17,18. 同様に dmPFC27,28でアクティビティをトリガーして (例えば身分、罰のイデオロギーの表現を強化するため、死の概念の手がかりが発見されています。規範違反)14。社会的孤立の手がかりは、自民族中心主義12を高めるして dACC29を有効にしてに同様に観察されています。

自己社会的意思決定30,中に他の治療を調節することが重要と考えられている、dmPFC は、pMFC の dmPFC コンポーネント、外集団メンバーに向かって向社会性の特にもっともらしい阻害剤31. 人間向傾斜ほとんど発音すべて他の条件が等しい 5 月を部分的に同様の神経システムをアクティブにするかどうかの感情や行動の傾向から派生した仲間の集団に向かって成長する文献を示唆自己または別32元。この自己その他共鳴の程度は、向社会的行動33,34,35を予測する発見されています。結託向社会性、神経回路の共鳴を緩和することでバイアス等の役割を持つ一貫性のある向社会行動グループのアイデンティティ36,32などの要因によって異なります。向社会性次第グループ id の変調は、dmPFC を含む前頭認知抑制のメカニズムに借りがあります、dmPFC は自発的な模倣37,30 の強壮剤制御のため重要であります。だけでなく、自己の視点や他の38間のシフト。最も強制的 downregulating、dmPFC 大きい金融共有動作39ですら、向社会性、もっともらしく外集団所属に基づく向社会性の抑制を含む抑制として dmPFC が発生します。これら比較的高度な社会的な機能、dmPFC の様々 な認知的制御機能40の dmPFC のより大きい役割の症状として理解されます。たとえば、実験的骨折、dmPFC 最近示された即時の報酬を延期する参加者が大きい報酬41を受信する非社交的な遅延割引パラダイムでインパルス制御を強化します。

複雑な pMFC が様々 な社会矛盾の存在の手がかりに応答が表示されます、pMFC 活動によって当該不一致42を減らすように設計行動変化を予測します。例えば、認知的不協和43,44,45を減らすためにまたは次の社会適合性を高めるために表示される方法で好みが変わると pMFC 活性相関証拠は、人の意見グループのコンセンサス46,47から逸脱します。そのようなダイナミクスを有効にするのに pMFC の因果的役割のデモで pMFC 活動経由でTMS の実験のダウンレギュレーションは48グループとの意見の相違の手がかりにもかかわらず社会適合性を減少する示されています。要するに、運動課題24、または人の示されたビューとそれらの彼/彼女の同等者間の偏差など比較的複雑な問題の否定的な結果を受信するなど比較的低レベルの問題の検出時に、pMFC 表示に関与します。問題に関連する応答23,47,49を調整ネットワークの活性化。

一緒に考え、結果の全体的なパターンは、さまざまな低レベルと高レベルのドメインにまたがる課題を管理する進化的な生物学のアーキテクチャの一部として pMFC を関係づけます。したがって、参加者は、彼らのグループの外集団メンバーの批評が掲載されてとき、pMFC が仮に必要になるこの競合の検出と典型的な応答を調整: 外集団に対する評論家と自分の考えの逸脱。同じ論理によって、pMFC が快適な死後の世界の信仰を増幅する彼らの自身の死亡率に直面している個人を有効にするために予想されます。もしそうなら、誰のため複雑な pMFC のダウンレギュ レートをされている参加者が重要な外集団のメンバーと死の必然性の通知を次の宗教的信念より少ないの逸脱を仕込ま必要があります。

Downregulating 対象皮質領域経由で連続シータ波刺激

シータ バースト刺激 (TBS) は、パターンの TMS の形式です。TMS 刺激被験者の頭皮上急速に変化する磁場を生成することによって、非侵襲的脳を刺激します。この急速に変動磁場は、順番50,51,52を発射する脳細胞につながる脳内の電流を誘導します。この方法で対象脳領域を介してTMS の操作は研究ニューロ イメージングを用いた伝統的な脳マッピング方法の相関の発見過去に移動することができます。指定された脳の領域を刺激することと、それによって、増減しその活動、さまざまな行動のタスクにその領域の関連性についての因果関係の推論を推論する可能性があります。

TBS のプロトコルは、長期増強 (LTP) や長期抑圧 (LTD) 動物研究53誘発電気刺激プロトコルからモデル化されています。連続シータ波刺激 (cTBS)、40 の 5 Hz でパルスの 50 Hz 三つ子から成っている 600 パルスの合計のための s は、株式会社は、少なくとも 1 時間の推定期間刺激の周辺地域での活動を減らすことと同様の効果。断続的な TBS (iTBS) は、cTBS の同じ周波数でバーストの同じパターンで構成されています。ただし、iTBS、被験者は 2 のために刺激時、ある s 繰り返しすべて 10 190 s s (合計 600 パルス、cTBS のように)。iTBS は、cTBS に匹敵する期間刺激の地域における活動を強化、LTP に似た効果があります。CTBS メソッドが強調表示されているに対しここでイデオロギー的な脅威の応答を減らすことができます、理論上、iTBS のイデオロギー的脅威応答を高めるかもしれない。

詳細方法に続くプロトコル最近使用する実験的レセプター グループ バイアスおよび宗教的信念 cTBS1、イデオロギー的な脅威の応答の代替モードに興味がある研究者は、これらをレプリケート可能性があることを期待して効果および/または彼らの自身の目的のためのこの一般的なアプローチを変更 (例えば、代替脅威素数や判断結果の置換またはコントロール刺激サイトを追加することによって)。

Protocol

以下に記載されているすべてのメソッドは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の人間研究保護プログラム (OHRPP) のオフィスによって承認されています。

1. 予備実験の手順

  1. 募集中、医学の心配無し、神経学的または精神的な疾患の既往のない、ペース メーカー、金属インプラントを他をことを使用するなど、TMS を受けない他の失格させる条件があることを確認する参加者を選別します。歯の詰め物、深刻な医学の病気に苦しむよりも発作性疾患や妊娠の個人や家族の歴史を持つ、抗うつ剤や抗精神病薬を取る。
  2. (例えば、携帯電話を介して) 試写するときは、将来の参加者の政治的な方向性、米国市民権、宗教、民族性に関して質問を有する。
    1. 非米国市民または '非常に寛大な' として識別する個人を除外する参加者で (例えば、ラテン系移民の先行研究で行われている同様にからの米国の批判に否定応答を持た研究から集団間バイアス)12,,5455
    2. いずれかとしての '非常に宗教' を識別する人たちを排除または確実に '無神論者/不可知論者' として参加者は内省硬化信念に基づいて反射的または習慣的な答えではなく、宗教的信念の度合いを考慮します。応答。
    3. 人参加者は、外集団のメンバーとしてグループ バイアス測定で移民の文字を表示、研究するための前に 'ラテン/ヒスパニック系' として自己識別する個人を除外します。
  3. 設計の各セルにおける審査基準を満たすため、少なくとも 20 の参加者まで募集を続けます。
  4. TMS が何か、どのように動作、研究所の将来の参加者の到着を含む実験を徹底的に説明した後の書面による同意を得る。

2. cTBS 手順

  1. 楽な姿勢で参加者の座席、彼/彼女の頭にグリッド マークのスイム キャップを合わせてください。被験者の快適性を高めるに必要な場合は耳栓を使用します。前脛骨筋の筋腹の中央に筋の上徹底的に皮膚を洗浄後、差分 2 つの平行バー筋電図記録電極を取り付けます。第三に、どこか別の手や腕の骨の上の皮膚に接地電極を取り付けます。
  2. スイム キャップを測定し、被験者の頭部に中心位置 (Cz) をマークします。
    1. ニューロナビゲーション (推奨) を使用している場合は、ニューロナビゲーション ソフトウェアを起動し、被験者の頭部をローカライズするためのソフトウェアの手順に従います。件名残り快適、ソフトウェア フィルタ リングすると信号を表示する筋電図電極出力の記録を開始します。
  3. 一次運動野に閾値処理を実行します。ダブルコーン コイル (110 mm)、頭皮表面に接した開催運動野上コイルの中心に置きます。最大刺激出力 (MSO) の 50% での単一パルス TM を適用し、運動誘発電位 (MEP) 刺激筋電図信号に存在していたかどうかを確認します。
    1. 刺激 MEP はない任意の方向に離れてコイル 1 cm の位置を変更し、再び刺激を試してください。順番に完全に回復するニューロンの刺激間の少なくとも 6-10 s を待ちます。キャップ 50 の MEP は、刺激部位をマーキング、時コイル 1 cm の移動を続ける mV またはそれ以上。
    2. 多くの場所をしようとしたら Mep は見てない場合は、Mep が観測されるまで、一度に 5% 刺激強度を増加しなさい。
    3. グリッド上の複数の近くの場所は、信頼性の高い議員を引き出す可能性があります。この場合、強度信頼性の高い議員を引き出す 1 か所だけ残るまで一度に 1% によって減少することでこれらの場所のそれぞれを刺激します。
  4. アクティブな運動閾値 (aMT) を確認するには、ターゲットの筋肉を少し契約件名を必要します。~ 7 s 手筋に対応する観察可能な収縮までの強さの減少で発生しなくなった刺激 (10 のうち 5) の 50% で区切られた 10 の繰り返しに位置する領域を刺激します。しきい値は、5/10 けいれんを引き出す低強度です。
    1. 興味の脳の領域に対応するキャップを指定の場所にコイルを移動します。使用するダブルコーン コイルは電流の流れの方向性、対象地域は偏側は、オリエント コイル横方向電流の流れは半球に向かって刺激 (例えば権利の右の現在のフローに送られますので、半球ターゲット)56,57
      1. ニューロナビゲーションを使用する場合は、[8, 16, 52] モントリオール神経研究所 (MNI) 座標に興味 (pMFC) の領域での座標を検索し、システムにこの点をマークします。コイルと地域を対象とするのに基本ソフトウェアを使用します。
      2. 場合 (例の実験の場合と同様)、ニューロナビゲーションは物流や金融の制約から利用できない、国際 10-20 システム58を使用して各被験者の頭の pMFC の場所を決定します。大脳皮質運動野の前方 3.75 cm のコイルを配置します。
  5. CTBS を次のように適用: 50 hz 3 パルス繰り返し 40 200 ミリ秒間隔で合計 600 パルスで s。
  6. 偽のグループの参加者の場合、最大刺激出力の 10% だけで cTBS を適用します。

3. 調査タスク

  1. 参加者の一人で、プライベート設定、コンピューターを介した調査タスクを実行するデスクトップ コンピューターでの座席します。
  2. 受講者匿名、機密、および特にする範囲 (例えばグループのバイアスおよび宗教的信念) ターゲット判断は自己呈示を上げる可能性が高い研究アシスタントにアクセスできないことの応答(例えば、愛国心が強い表示したり、偏見を持って表示されない) の懸念を無名 cTBS 操作の影響の可能性があります。
  3. CTBS の最大の効果として主なタスクを開始する前に 10 分間フィラー タスクと現在の参加者は、53刺激後と需要効果を最小限に抑えるために 5-10 分を開始します。
    1. このタスクは高い認知を要求し、約 10 分が必要です、複数ソース干渉課題59 (MSIT) (または同等のツインディス トラクター) を管理します。
    2. 次に、2 つのさらにフィラー不正解で始まる、表向きは無関係な調査タスクのセットを提示: ジェリービーンズとグレースケールに変換されている貝殻のイメージに存在する色の数を推定する参加者に挑戦します。
  4. 脅威のコンテキストをインスタンス化します。言って死亡60代の主題の 2 つの簡単な文章を書く場合 (この例の調査) のように死への応答に関連する理論的関心のイデオロギーのシフト、参加者: (、)」感情を簡単に説明してください、あなたにあなた自身の死の思想を覚醒させる"と (b)「jot をダウンしてください、具体的にすることができますあなたは物理的に死ぬようあなた体に起こるだろうと思うし一度物理的に死んでいる」
  5. 次の脅威誘導タスク管理正と負の値に影響を与えるスケジュール - に潜在的な脅威の高周波同様に感情的な反応に及ぼす cTBS 介入の自己申告できるように拡充形 (パナス-X)61プロトコル55で以前発生した死総理からの参加者を混乱させます。
  6. 次に、関連するイデオロギー的判断タスクを管理します。
    注: ここに与えられる例では、グループのバイアスと宗教的信念を評価しました。以上二つの対策を採用している場合は、相殺の順序でそれらを提示します。
    1. イデオロギーの対立に関してグループ バイアスを評価するために参加者を呈する表向きはラテン アメリカ (相殺順序) からアメリカ合衆国への移民によって書かれた 2 つのエッセイと著者とその引数を評価する参加者62. 修正しないように両方のエッセイに含まれる意図的な文法上の誤りがあることに注意してください。
      1. 「親米」エッセイをを提示します。
        この国に来たとき、私を襲った最初のものは、信じられないほどの自由人します。学校、任意のジョブを動作するように自由に移動する自由。この国の人は学校に行くし、彼らがやり仕事のために訓練することができます。ここで懸命に働く人は、自分の成功をことができます。私の国でほとんどの人々 は脱出のチャンスがないと貧困に住んでいます。この国では、人々 は、成功に属しているよりも任意の他のと成功がグループに依存しないためにより多くの機会をあります。どの国でも問題がありますが、アメリカは偉大な国家で本当とすべてのここに来る私の決定を後悔していない。」
      2. 「反米」エッセイをを提示します。
        私は最初この国に来たとき、「機会の国」だったすぐにわかったこれだけ豊富な真と考えました。ここでシステムは、貧しい人々 に対する豊富な設定されます。ここですべての人々 気はお金と他の人よりも多くしようとしています。この人に共感。それは他の人を置く 1 つのすべてのグループと外国人誰も気します。人々 だけ果物を選ぶような仕事をしている外国人か洗って料理アメリカはそれを行うと思いますので。アメリカ人は甘やかされて育ったと遅延しすべてを彼らに渡した。アメリカは、もののニーズや外国人の問題には、寒い国です。それ"と考えているが、その偉大な国です。
      3. 各エッセイのプレゼンテーションの後、8 点リッカート尺度を使用して 6 つのステートメントでその契約を評価する参加者に依頼 (1= 'は強く反対する '; 8' 強く同意する ' =): (i)「これを書いた人が好き"、(ii)「この人頭いいと思う」と、、(iii)「これは一種の人と仕事したいと思います」、(iv) (v)、「この人は正直と思う」「私はこの人の意見に賛成」、および (vi)「アメリカのこの人の意見に当てはまると思う」
      4. 信頼性のこれらの応答を評価し、十分に信頼性の高い場合、彼らの平均します。潜在的に異なる個人加入に及ぼす cTBS を探索する (項目 I - iv)イデオロギー契約 (v および vi)、平均 submeasures (図 1を参照) を作成すること。
    2. どの 2 つの異なる尺度の正と負の価数をミラーリング、西洋の宗教的信念の正と負の側面をタップで超自然的な信念尺度63 (SBS) の修正版によると宗教的信念を測定、グループ バイアス測定の 2 つのエッセイ。
      1. SBS アイテムをランダムな順序で提示 (正縮尺: i ~ iii; 負のスケール: iv - vi)、グループ バイアス測定で採用されている同じ規模に応じて評価: (i)「がすべての強力なすべて知っている、愛情のある神が存在する」(ii)「良い個人精神的な人間我々 天使を呼び出す可能性があります誰が存在";(iii)「何人か人々 天国に行くか死ぬとき;(iv)「邪悪な個人的な精神が存在する我々 悪魔を呼ぶかもしれない人であること」。(v)「邪悪な個人の精神的な人間、悪魔を呼び出す可能性があります誰が存在」、(vi)"いくつかの人々 が地獄に行く彼らが死ぬとき。」
      2. 信頼性の尺度の応答を評価し、十分に信頼できる場合、それらを平均します。

Representative Results

例の研究では、最後のサンプルは成って 38 名の参加者 (58% の女性、 M年齢20.9 年、 SDを = = 2.67)。参加者の約 36.8% は白、東アジアとして 36.8%、13.2% 南アジアとして、他の中東、そして 5.3% 7.9% として識別されます。サンプルが政治的に穏健だった、意図したとおり (M = 4.68、SD = 1.51; 1 =「非常にリベラル」; 5 =""; 9 =「非常に保守的な」).

分散分析の予備テスト検出エッセイ プレゼンテーション勲章「反米」移民、 F(1, 36) の評価に重大な影響 5.30 pを = = 0.027、 η2 p = 0.13、95% 信頼区間 (CI) [-2.07、-. 13]、p 「親米」移民の評価順序効果のない観察 = 0.74。したがって、エッセイ順序は以降の解析に共変量として含まれていた。(フォロー アップ テスト確認順序の制御結果の全体的なパターンは変更されません)。そのような順序の効果グループ バイアスは、この測定を使用してに発生する可能性があります、日常的にノイズの発生源を確認するか。

TMS 条件でより積極的に 28.5% が評価された重要な移民の作者の pMFC 増加の肯定的評価の予測どおりに cTBS (M = 4.10, SD = 1.66) より管理状態で (M = 2.93、 SD = 1.22)、F(1, 35) = 7.01、 p = 0.012、 η2 p = 0.17, 95 %ci [-0.27-2.06]。イデオロギーの対立に、pMFC が反応するという仮説と一致しても、(だれがイデオロギー的脅威を与えていない) プロ米国の著者の評価が cTBS 状態で 8.2% の平均 (M = 5.90、 SD =.87) シャムの条件 (よりM = 5.42、 SD = 1.17)、 F(1, 36) の違いが統計的に有意でない = 2.09、 p = 0.157、 η2 p = 0.06、95% 信頼区間 [-1.16, 0.20]。探索的テストが cTBS の効果が移民の個人的な資質の両方評価と cTBS 操作の効果を証明するのに彼らの粗く重大な議論の支持に関して同等であったことを明らかに驚くべきことに、対人アミティーに限られた影響を与えるよりもむしろ国家主義的な値で参加者のイデオロギー的な投資の強さ (図 1参照)。比較的社会的認知に関係のないイデオロギーの付着形態に対処この cTBS メソッドのアプリケーションが減衰することが示唆された.

予測とも一致して、cTBS を受けた参加者報告以下の肯定的な宗教的信念の 32.8% の平均 (M = 3.05、 SD = 1.92) 偽参加者基準 (M = 4.54、 SD = 2.26)、 F(1, 36) = 4.80、 p = 0.035、 η2 p = 0.12、95% 信頼区間 [0.11, 2.87]。CTBS 状態で参加者も少ない否定的な宗教的信念を報告 (M = 2.84、 SD = 1.89) 偽参加者基準 (M = 3.98、 SD = 2.50)、この違いが統計的に届きませんでしたが、意義、 F(1, 36) = 2.52、 p = 0.122、 η2 p = 0.07、95% 信頼区間 [0.32, 2.60]。この結果は、イデオロギーの付着ではなく、思想的スタンス (例えば、肯定的な宗教的信念) 特定に関連する問題 (例えば、死亡率) を募集する、pMFC の明白な関連性を強調として一般的には、天国地獄死の問題により良い解決策を提示します。

11 パナス-X のいずれかの条件の影響尺度 (ps 0.09-0.92) に影響は認められなかった。両方の条件の参加者は適度に肯定的な影響を報告した (cTBS: M = 2.44、 SD = 0.61;シャム: M = 2.37、 SD = 0.75) と否定的な影響の低レベル (cTBS: M = 1.22、 SD = 0.27;シャム: M = 1.43、 SD = 0.51)。自己報告された感情に null cTBS 及ぼすグループ バイアスや宗教に関して所見ないで駆動されたと変更感情的な反応で死を思い出させることをお勧めします。

Figure 1
図 1:個人の魅力の米国市民の支持と親米と反米移民の引数に及ぼす cTBSこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください。 

Discussion

Downregulating cTBS経由でpMFC が米国およびイデオロギーの pMFC の両方の仮説の役割と一致して、死の鮮やかなアラームの余波で公然の宗教的信念の重要な外集団メンバーに向かってバイアスを大幅に削減脅威の反応と実験的イデオロギー的な認知を操作するためのメソッドとして、TM の約束。励み、実質的な背景資料と子音、任意の単一の研究の結果は高予備に見なす必要があります。さらに、採用ここ cTBS メソッドは、大幅に改善の対象として理解すべき。

TMS は比較的良い空間精度 (数 mm) が、対象間脳変動などの正確な焦点刺激を妨げる制限があります。刺激のサイトは、特定の脳領域の平均座標に基づいて選択され、任意の関心の領域の実際の場所は個人から個人に異なります。ベスト プラクティスとしてイメージの脳の特定の地域を対象とするニューロナビゲーション システムと連携してこれらのイメージを使用できるように、個々 の被験者の磁気共鳴画像 (MRI) 画像を使用して精度を向上できます。残念ながら、MRI スキャンは法外に高価な多くの場合なので (本稿の例を含む) ほとんどの TMS 研究にニューロナビゲーションへのアクセスの違いがなかった。

皮質ニューロンの差分の募集も cTBS、逆効果 cTBS といくつかの個体の iTBS の潜在的結果の効果の変動に貢献するかもしれない。浜田と同僚64レポートないの MEP 変調受信 cTBSiTBS の一次運動野に 52 の参加者間での全体的な違いを見つけます。彼らの研究でいくつかの参加者は、逆パターンを表示他の人おり、まだ他は刺激のいずれかの形式に均一に抑制または興奮性反応を示したに cTBS を介した応答、iTBS に抑制反応を展示しました。浜田と同僚の結果が cTBS (または iTBS 該当する場合) に応答の個人差を評価するために働く他の多くの研究は、彼らの全体のサンプルの予想される応答を誘導することがされているが、将来的に実験的デザイン。浜田。科目64内 cTBS/iTBS の応答を予測する、MEP の遅延を使用する方法の詳細な説明を提供します。

正しいコイルの向きを達成し、各科目の位置づけは TBS の効果の潜在的な可変性を減らすもう一つの有効な手段場合は、ガイド位置と方向定位ニューロナビゲーション ソフトウェアは正確な刺激を確実に助けることができます。任意のイベントでは、各実験条件で被験者の多数を実行することができます TBS. に差動応答性に関連する潜在的なノイズを軽減するために

CTBS を実行するときに追加の考慮事項は、適切なコントロール状態を実装する方法です。CTBS を偽条件と対比がここで行われていた、(すなわち、実際の脳の刺激を避けるためにコイルを指して、またはしきい値をはるかに下回る強度を下げる)。しかし、それは、任意の地域の cTBS 可能性があります行動の変化を誘導する、一般的で間違いなく最高の実践条件を導入することです考えられるよう地域に刺激を提供する前記タスクに関連すると思った。

1 つの領域の刺激は、個々 の地域の機能の貢献の原因の解釈を行われなければならないことなど機能的から下流や、関心の領域に近位領域に拡散の活性化につながることができます。十分注意します。関連して、神経イメージング研究と pMFC の cTBS を増強は重要な接続地域の潜在的な担保衰弱に加えて、pMFC のdmPFC dACC のサブコンポーネントに操作の相対効果を明らかでしょう。現時点では不明のままかどうか観察された効果は、dACC、dmPFC、またはその両方のダウンレギュレーションに負っています。従来のニューロ イメージングに加え connectomic 解析は pMFC メカニズムを通して認知のイデオロギー的なモードを調節する脳の他の領域と明確に表現方法に光を当てる可能性があります。

それが社会適合性48を減らすために示されていると金融39で現在の削減だけを共有されている高度な社会的、イデオロギー的な判断に影響を与える pMFC の cTBS まま比較的新しく、小さなテスト メソッドが、バイアス、宗教的信念の1をグループ化します。これらの調査結果は奨励、範囲、pMFC の cTBS はこのような高度な判断に影響を与えることを不明のまま、以前効果の注目は。ここを強調研究で参加予定者が慎重に prescreened 政治オリエンテーション (強いリベラル派や保守派) と宗教の両方に関して「強硬派」を除外する (コミット信者や無神論者)、サンプルを残して比較的穏健な個人。この努力は積極的にイデオロギーの位置を考慮したプロセスに関与する経路を介して再帰応答の区別が生じると常習的な態度、人を避けるためにしました。賢明な一方これらの審査基準が誤って導入して確固たる位置を保持から '中間' 個人を阻止するための要因に関連するいくつかの並べ替えのサンプル バイアス。リソースをより大きくより多様なサンプルの許可、将来の研究者はそのような個人差の潜在的な影響を評価するために政治と宗教の向きの広いスペクトルを含める必要があります。

現在のデザインでは、肯定的な宗教的信念にイデオロギー的な解決策として描画する参加者を期待可能性がありますコンテキストを確立する死のすべての参加者を思い出しました。所見はこの解釈と事前の一貫性のあるリンク宗教物理的な危険65,66,67,68, 公開するすべてに直面して自信を持って動作します。データはことはできません、pMFC のダウンレギュレーションが最近脅威キューがない場合のベースラインに対等な効果を生じるかどうか明らかにするよう、死総理に参加者は重大な制限を構成します。さらに、外集団に対する重要な移民バイアスの減少観察次の pMFC の cTBS 死総理の影響でミュートを反映しているかどうかはイデオロギーの対立の影響でミュートによってもたらされるを決定することは、米国では、または 2 つの間の相互作用の批判。したがって、今後の作業は、かどうか、死を思い出させるなど背景脅威の有無にかかわらず、pMFC の減少グループ バイアスまたは宗教的信念をテストする非脅威の制御条件を組み込む必要があります。

現在の脅威誘導死ぬと来世の概念を安心の見通しの間のリンクのために選ばれた第二死亡顕現誘導は、集団を高めるために示されているために偏見69.帰納法他社会的な判断に関連するドメイン内の課題に関連が対等に採用されている非死の脅威を代替します。重要なは、確実に社会的な判断14,55,69を調節するための非死の脅威の素数を実証されています。

最後に、この作品の最も困難な側面の一つは、TMS 技術のみならず操作およびイデオロギーの付着など比較的抽象的な構造体を測定するのには専門知識が必要なことです。したがって、可能な限り、研究チームは社会心理学、政治心理学、人類学、神経科学などの分野で関連する経験を持つ研究者を含める必要があります。

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

コリン ・ ホルブルックは、によって、米国の空軍オフィスの科学研究賞 FA9550-115-1-0469 サポートされていました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Isopropyl alcohol
Ear plugs
Adult swim cap Sprint Aquatics 304
MobiMini 2-channel recording system TMSi
EMG electrodes TMSi
Covidien Kendall disposable surface electrodes (24 mm) Bio-medical H124SG
Magstim Rapid2 TMS device Magstim
D70 figure-of-eight coil Magstim
Visor2 Neuronavigation software ANT Neuro

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Holbrook, C., Izuma, K., Deblieck, C., Fessler, D. M. T., Iacoboni, M. Neuromodulation of group prejudice and religious belief. Social Cognitive and Affective Neuroscience. 11, (3), 387-394 (2016).
  2. Allport, G. W. The Nature of Prejudice. Addison-Wesley. Cambridge, MA. (1954).
  3. Brewer, M. B. The psychology of prejudice: Ingroup love and outgroup hate? Journal of Social Issues. 55, (3), 429-444 (1999).
  4. Fiske, S. T. What we know now about bias and intergroup conflict, the problem of the century. Current Directions in Psychological Science. 11, 123-128 (2002).
  5. Dovidio, J. F., Gaertner, S. L. Intergroup bias. Handbook of Social Psychology. Fiske, S. T., Gilbert, D., Lindzey, G. Wiley. New York, NY. 1084-1121 (2010).
  6. Wrangham, R. W. Evolution of coalitionary killing. American Journal of Physical Anthropology. 110, (29), 1-30 (1999).
  7. Neuberg, S. L., Kenrick, D. T., Schaller, M. Evolutionary social psychology. Handbook of Social Psychology. Fiske, S. T., Gilbert, D., Lindzey, G. Wiley. New York, NY. 761-797 (2010).
  8. Hammond, R. A., Axelrod, R. The evolution of ethnocentrism. Journal of Conflict Resolution. 50, (6), 926-936 (2006).
  9. Darwin, C. The descent of man. Appleton. New York, NY. (1873).
  10. Efferson, C., Lalive, R., Fehr, E. The coevolution of cultural groups and ingroup favoritism. Science. 321, (5897), 1844-1849 (2008).
  11. De Dreu, C. K., Greer, L. L., Van Kleef, G. A., Shalvi, S., Handgraaf, M. J. Oxytocin promotes human ethnocentrism. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 108, (4), 1262-1266 (2011).
  12. Navarrete, C. D., Kurzban, R., Fessler, D. M. T., Kirkpatrick, L. Anxiety and intergroup bias: terror-management or coalitional psychology? Group Processes and Intergroup Relations. 7, (4), 370-397 (2004).
  13. McGregor, I., Prentice, M., Nash, K. Anxious uncertainty and reactive approach motivation (RAM) for religious, idealistic, and lifestyle extremes. Journal of Social Issues. 69, (3), 537-563 (2013).
  14. Jonas, E. Threat and defense: from anxiety to approach. Advances in Experimental Social Psychology. Olson, J. M., Zanna, M. P. Academic Press. San Diego, CA. 219-286 (2014).
  15. Holbrook, C. Branches of a twisting tree: domain-specific threat psychologies derive from shared mechanisms. Current Opinion in Psychology. 7, 81-86 (2016).
  16. Inzlicht, M., McGregor, I., Hirsh, J. B., Nash, K. Neural markers of religious conviction. Psychological Science. 20, (3), 385-392 (2009).
  17. Proulx, T., Inzlicht, M., Harmon-Jones, E. Understanding all inconsistency compensation as a palliative response to violated expectations. Trend in Cognitive Science. 16, (5), 285-291 (2012).
  18. Tritt, S. M., Inzlicht, M., Harmon-Jones, E. Toward a biological understanding of mortality salience (and other threat compensation processes). Social Cognition. 6, 715-733 (2012).
  19. Klackl, J., Jonas, E., Kronbichler, M. Existential neuroscience: Self-esteem moderates neuronal responses to mortality-related stimuli. Social Cognitive and Affective Neuroscience. 9, (11), 1754-1761 (2014).
  20. Luo, S., Shi, Z., Yang, X., Wang, X., Han, S. Reminders of mortality decrease midcingulate activity in response to others' suffering. Social Cognitive and Affective Neuroscience. 9, (4), 477-486 (2014).
  21. Etkin, A., Egner, T., Kalisch, R. Emotional processing in anterior cingulate and medial prefrontal cortex. Trend in Cognitive Science. 15, (2), 85-93 (2011).
  22. Maier, S., et al. Clarifying the role of the rostral dmPFC/dACC in fear/anxiety: learning, appraisal or expression? PLOS One. 7, (11), e50120 (2012).
  23. Rushworth, M. F., Buckley, M. J., Behrens, T. J., Walton, M. E., Bannerman, D. M. Functional organization of the medial frontal cortex. Current Opinion in Neurobiology. 17, (2), 220-227 (2007).
  24. Shima, K., Tanji, J. Role for cingulate motor area cells involuntary movement selection based on reward. Science. 282, (5392), 1335-1338 (1998).
  25. Bush, G. Dorsal anterior cingulate cortex: A role in reward-based decision making. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 99, (1), 523-528 (2002).
  26. Ridderinkhof, K. R., Ullsperger, M., Crone, E. A., Nieuwenhuis, S. The role of the medial frontal cortex in cognitive control. Science. 306, (5695), 443-447 (2004).
  27. Han, S., Qin, J., Ma, Y. Neurocognitive processes of linguistic cues related to death. Neuropsychologia. 48, (12), 3436-3442 (2010).
  28. Shi, Z., Han, S. Transient and sustained neural responses to death-related linguistic cues. Social Cognitive and Affective Neuroscience. 8, (5), 573-578 (2013).
  29. Eisenberger, N. I. Broken hearts and broken bones: a neural perspective on the similarities between social and physical pain. Current Directions in Psychological Science. 21, (1), 42-47 (2012).
  30. Spengler, S., von Cramon, D. Y., Brass, M. Resisting motor mimicry: Control of imitation involves processes central to social cognition in patients with frontal and temporo-parietal lesions. Social Neuroscience. 5, (4), 401-416 (2010).
  31. Taylor, J. J., Borckardt, J. J., George, M. S. Endogenous opioids mediate left dorsolateral prefrontal cortex rtms-induced analgesia. Pain. 153, (6), 1219-1225 (2012).
  32. Zaki, J., Ochsner, K. N., Ochsner, K. The neuroscience of empathy: Progress, pitfalls and promise. Nature Neuroscience. 15, (5), 675-680 (2012).
  33. Hein, G., Lamm, C., Brodbeck, C., Singer, T. Skin conductance response to the pain of others predicts later costly helping. PLOS One. 6, (8), e22759 (2011).
  34. Hein, G., Silani, G., Preuschoff, K., Batson, C. D., Singer, T. Neural responses to ingroup and outgroup members' suffering predict individual differences in costly helping. Neuron. 68, (1), 149-160 (2010).
  35. Ma, Y., Wang, C., Han, S. Neural responses to perceived pain in others predict real life monetary donations in different socioeconomic contexts. NeuroImage. 57, (3), 1273-1280 (2011).
  36. Reynolds Losin, E. A., Iacoboni, M., Martin, A., Cross, K., Dapretto, M. Race modulates neural activity during imitation. NeuroImage. 59, (4), 3594-3603 (2012).
  37. Cross, K. A., Torrisi, S., Reynolds Losin, E. A., Iacoboni, M. Controlling automatic imitative tendencies: Interactions between mirror neuron and cognitive control systems. NeuroImage. 83, 493-504 (2013).
  38. Amodio, D. M., Frith, C. D. Meeting of minds: the medial frontal cortex and social cognition. Nature Reviews Neuroscience. 7, 268-277 (2006).
  39. Christov-Moore, L., Sugiyama, T., Grigaityte, K., Iacoboni, M. Increasing generosity by disrupting prefrontal cortex. Social Neuroscience. 12, (2), 174-181 (2017).
  40. Downar, J., Blumberger, D. M., Daskalakis, Z. J. The neural crossroads of psychiatric illness: an emerging target for brain stimulation. Trends in Cognitive Sciences. 20, (2), 107-120 (2016).
  41. Cho, S. S., et al. Investing in the future: stimulation of the medial prefrontal cortex reduces discounting of delayed rewards. Neuropsychopharmacology. 40, 546-553 (2015).
  42. Izuma, K. The neural basis of social influence and attitude change. Current Opinion in Neurobiology. 23, (3), 456-462 (2013).
  43. van Veen, V., Krug, M. K., Schooler, J. W., Carter, C. S. Neural activity predicts attitude change in cognitive dissonance. Nature Neuroscience. 12, (11), 1469-1474 (2009).
  44. Izuma, K., et al. Neural correlates of cognitive dissonance and choice-induced preference change. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 107, (51), 22014-22019 (2010).
  45. Izuma, K., et al. A causal role for posterior medial frontal cortex in choice-induced preference change. Journal of Neuroscience. 35, (8), 3598-3606 (2015).
  46. Klucharev, V., Hytonen, K., Rijpkema, M., Smidts, A., Fernandez, G. Reinforcement learning signal predicts social conformity. Neuron. 61, (1), 140-151 (2009).
  47. Izuma, K., Adolphs, R. Social manipulation of preference in the human brain. Neuron. 78, (3), 563-573 (2013).
  48. Klucharev, V., Munneke, M. A., Smidts, A., Fernández, G. Downregulation of the posterior medial frontal cortex prevents social conformity. Journal of Neuroscience. 31, (33), 11934-11940 (2011).
  49. Ullsperger, M., Volz, K. G., Cramon, D. Y. A common neural system signaling the need for behavioral changes. Trends in Cognitive Sciences. 8, 445-446 (2004).
  50. Fregni, F., Pascual-Leone, A. Technology insight: noninvasive brain stimulation in neurology-perspectives on the therapeutic potential of rTMS and tDCS. Nature Reviews Neurology. 3, (7), 383 (2007).
  51. Rossi, S., Hallett, M., Rossini, P. M., Pascual-Leone, A. Safety, ethical considerations, and application guidelines for the use of transcranial magnetic stimulation in clinical practice and research. Clinical Neurophysiology. 120, (12), 2008-2039 (2009).
  52. Hallett, M. Transcranial magnetic stimulation and the human brain. Nature. 406, (6792), 147 (2000).
  53. Huang, Y. Z., Edwards, M. J., Rounis, E., Bhatia, K. P., Rothwell, J. C. Theta burst stimulation of the human motor cortex. Neuron. 45, (2), 201-206 (2005).
  54. McGregor, H., et al. Terror management and aggression: evidence that mortality salience motivates aggression against worldview threatening others. Journal of Personality and Social Psychology. 74, (3), 590-605 (1998).
  55. Holbrook, C., Sousa, P., Hahn-Holbrook, J. Unconscious vigilance: worldview defense without adaptations for terror, coalition or uncertainty management. Journal of Personality and Social Psychology. 101, (3), 451-466 (2011).
  56. Bakker, N., et al. rTMS of the dorsomedial prefrontal cortex for major depression: safety, tolerability, effectiveness, and outcome predictors for 10 Hz versus intermittent theta-burst stimulation. Brain Stimulation. 8, 208-215 (2015).
  57. Dunlop, K., et al. MRI-guided dmPFC-rTMS as a treatment for treatment-resistant major depressive disorder. Journal of Visualized Experiments. (102), e53129 (2015).
  58. Klem, G. H., LuÈders, H. O., Jasper, H. H., Elger, C. The ten-twenty electrode system of the International Federation . Electroencephalography and Clinical Neurophysiology. 52, (3), 3-6 (1999).
  59. Bush, G., Shin, L. M. The Multi-Source Interference Task: an fMRI task that reliably activates the cingulo-frontal-parietal cognitive/attention network. Nature Protocols. 1, (1), 308-313 (2006).
  60. Rosenblatt, A., Greenberg, J., Solomon, S., Pyszcynski, T., Lyon, D. Evidence for terror management theory: I. The effects of mortality salience on reactions to those who violate or uphold cultural values. Journal of Personality and Social Psychology. 57, (4), 681-690 (1989).
  61. Watson, D., Clark, L. A. The PANAS-X: Manual for the Positive and Negative Affect Schedule-Expanded Form. The University of Iowa. (1994).
  62. Greenberg, J., Pyszczynski, T., Solomon, S., Simon, L., Breus, M. Role of consciousness and accessibility of death-related thoughts in mortality salience effects. Journal of Personality and Social Psychology. 67, (4), 627-637 (1994).
  63. Jong, J., Halberstadt, J., Bluemke, M. Foxhole atheism, revisited: The effects of mortality salience on explicit and implicit religious belief. Journal of Experimental Social Psychology. 48, (5), 983-989 (2012).
  64. Hamada, M., Murase, N., Hasan, A., Balaratnam, M., Rothwell, J. C. The role of interneuron networks in driving human motor cortical plasticity. Cerebral Cortex. 23, (7), 1593-1605 (2012).
  65. Pollack, J., Holbrook, C., Fessler, D. M. T., Sparks, A. M., Zerbe, J. G. God guide our guns: Visualized supernatural aid heightens team confidence in a paintball battle simulation. Human Nature. In Press (2018).
  66. Holbrook, C., Pollack, J., Zerbe, J. G., Hahn-Holbrook, J. Perceived supernatural support enhances battle confidence: A knife combat field study. Religion, Brain & Behavior. (2018).
  67. Holbrook, C., Fessler, D. M. T., Pollack, J. With God on your side: Religious primes reduce the envisioned physical formidability of a menacing adversary. Cognition. 146, 387-392 (2016).
  68. Kupor, D. M., Laurin, K., Levav, J. Anticipating divine protection? Reminders of god can increase nonmoral risk taking. Psychological Science. 26, 374-384 (2015).
  69. Holbrook, C. Branches of a twisting tree: Domain-specific threat psychologies derive from shared mechanisms. Current Opinion in Psychology. 7, 81-86 (2016).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics