炎症の好中球を介したイベントの検出で使用するムバーラク40ペプチド

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

ここでは、固定/グリセリン組織学セクションで好中球の存在を検出し、ライブの精製された好中球の活性化状態を評価するためのプロトコルを提案する.特に、ムバーラク40ペプチドは、ラクトフェリンの好中球固有および第三紀の顆粒に存在をバインドします。透過や好中球活性化を介して顆粒内容の暴露は、好中球のマーキングが可能です。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Anderson, M. C., Injarabian, L., Andre, A., Tournebize, R., Marteyn, B. S. The MUB40 Peptide for Use in Detecting Neutrophil-Mediated Inflammation Events. J. Vis. Exp. (143), e58367, doi:10.3791/58367 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ここでは、我々 はムバーラク40, 好中球の特定、三次顆粒の高濃度に格納されているグリコ ラクトフェリンを結合する機能を有する合成ペプチドの使用を含むプロトコルを提供します。これが好中球活性化の解消の肉芽を試金する生細胞イメージングに使用ことができますどのように同様の固定/グリセリン体内好中球を染色する方法ムバーラク40共役、fluorophore に直接このプロトコルの詳細を使用できます。好中球の検出方法は、種特異的なモノクローナル抗体、常に特定のアプリケーションに最適ではないに限定されます。ムバーラク40が細胞膜に浸透していない、従って非-活性化/非-グリセリン好中球に格納されているラクトフェリンから除外されています。ムバーラク40ことが複数の研究モデルを含む調査の結果を比較する場合に特に便利、広いホストの範囲からラクトフェリンを認識の利点は、重複する試薬の数を減らし、シンプルなプロトコルを通してシングル ステップの汚損。

Introduction

好中球は生得の免疫組織の主な武器の 1 つで、日常的に体の周りの炎症部位に補充されます。好中球の研究は、その短い寿命で体外(8 h 未満) と基底条件下または活性化後の限られた検出ツールで主に障害されています。ここでは、固定/グリセリン サンプルで哺乳類の好中球の広範かつ特定の検出のための十分にテストされたプロトコルを提案する.またムバーラク40ライブ好中球の汚損のための詳しいプロトコルをいたします。ライブの好中球の汚損のプロトコルを使用して、タイミングおよび好中球活性化位置を特定することがことができます。このプロトコルは、好中球活性化または顆粒のリリースを勉強したい人に最適です。抗菌職務を超えて好中球は今病気と免疫応答 (生得および適応)1,2の広い範囲で関与する免疫調節細胞として歓迎します。好中球が多数感染した組織、炎症性腫瘍3IBS とクローンの再燃4、およびリウマチ性関節炎 (関節液などの非感染性炎症の領域で、最も炎症性組織の存在RA) 患者5。好中球には、前もって形成された顆粒 azurophil (α)、特定 (β 1)、第三紀 (β 2) 顆粒、分泌小胞 (γ)6という名前の 4 つのクラスが含まれています。炎症性サイトに移行する時に採用した好中球がアクティブになり、順次募集をさらに促進しに貢献する顆粒内容 (接着、抗菌物質、免疫調節分子から成る) を分泌します。感染症 (だけでなく、ホスト組織の損傷) 解像度7。好中球を考慮しながらそこまでの生得の免除の重要な側面は、それらを勉強する利用可能ないくつかの検出試薬とさらに少ない使用できる生活好中球の活性化状態を評価します。

好中球を検出する現在の方法は Ly-6 G2や特に基底条件 (例えばミエロペルオキシダーゼの下で好中球の顆粒内のタンパク質などの細胞表面露出抗原に対して生成されたモノクローナル抗体に依存します。、ラクトフェリン)。モノクローナル抗体、その強い結合、感度、およびさまざまな試金の条件の下での汎用性をメリットします。ただし、特にモノクローナル抗体と抗-Ly-6 G を使用していくつかの欠点があります。これらの欠点は、Ly-6 G は骨髄と好酸球; を含むすべての顆粒球を骨髄細胞の大多数の存在、特異性したがって、このマーカーで好中球好酸球からの解読より多くの複合体アプローチ8必要があります。モノクローナル抗体の別の頻繁なトレードオフは、1 つ以上の動物種での比較研究を困難、多くの場合限られた宿主特異性範囲です。3 番目の抗体検出法、特に生きた細胞や生体内でを使用する場合の欠点は、細胞の機能を中断させたり、細胞の活性化につながる可能性です。たとえば、管理の対策-Ly-6 G マウスは一般的好中球減少と一時的な好中球減少症9に適用されます。さらに、抗体の注射が抗好中球10を促進することが実証されています。最後に、好中球の抗体の検出は、細胞の活性化状態を明らかにしません。

ムバーラク40、アッセイのライブ好中球11の活発化の状態と同様、生体外でまたは生体内での条件の下で好中球をラベルに試金の数に使用できると呼ばれる 40 アミノ酸ペプチドを同定しました。ムバーラク40は、ムバーラク7012、もともと粘液13,14をバインドするには、その能力の説明乳酸菌ロイテリ表面粘液結合タンパク質のドメインから派生されます。ムバーラク40は、好中球に固有、三次顆粒の高濃度で存在しているグリコ ラクトフェリンと対話します。これらの顆粒標準透過手順を病理組織学的または固定好中球の堅牢な染色 (FACS) プロトコルをソート蛍光活性化細胞に存在するムバーラク40を公開できます。ライブの好中球を不活化状態で保持すると、ムバーラク40ペプチド、顆粒内容から除外され、細胞では染色されない肯定的なマーカー。起動時に、ムバーラク40は公開されているラクトフェリンにバインドし、ペプチドと堅牢な染色に 。したがって、ムバーラク40は、それに感染プロセスに従うこと魅力的なマーカーを作る精製の好中球の活性化状態を確認する使用できます。活性化好中球をライブにバインドする機能ムバーラク40ライブ動物モデル (例えば、マウス関節炎モデル15) における好中球炎症の領域を検出するツールとして使用することができます。好中球組織組織と体外ライブ浄化された好中球の活性化を試金する方法を明らかにするためどのように蛍光ラベル ムバーラク40この原稿詳細にプロトコルを使用できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

ここで説明するすべての方法が検討されており、配慮 (Comité デ凝ったクリニーク)、CPP (Comité デ保護デ Personnes)、CNIL フランス組織によって承認された (委員会国立情報学自動制御エ リベルテ)。

1. 染色による病理組織における好中球蛍光標識ムバーラク40

  1. 病理組織学のティッシュを得るためには、試料の厚みに応じて h 4 まで 4% パラホルムアルデヒド (PFA) 30 分間の適切な音量で生検/セクションを修正します。4 ° C の冷却装置で固定中にサンプルを配置します。
    注: 代替固定方法/タイミング置き換えることができますユーザーの独自のニーズに基づいて。
    1. PFA を削除、16% ショ糖溶液サンプルを完全に覆うに十分なボリュームを追加し、4 ° C 4 h まで一晩でサンプルを置きます。
    2. 16% ショ糖液を削除し、サンプルを完全にカバーする十分な音量で 30% ショ糖液を追加し、4 一晩まで h 4 ° C でそれを置きます。
    3. 30% ショ糖液を削除し、ペーパー タオルで組織から余分な溶液をしみ。最適な切削温度 (OCT) メディアにティッシュ セクションを配置、2 methylbutane (-72 ° C) エタノール ドライアイス浴で冷却で凍結。凍って (~ 2 分) 後、一度 2 methylbutane からブロックを削除し、すべてのブロックが終了し、長期的なストレージの準備ができてまでドライアイスを配置します。長期保存のための-80 ° C で冷凍ブロックを格納します。
  2. 夜はティッシュのブロック カット、-80 ° C のフリーザーからそれらを削除し、平衡に一晩に-20 ° C でそれらを配置する前に。
    1. クライオスタットを使用して、OCT 埋め込まれたティッシュを 10-30 μ m の厚さにスライス カットし、高品質ガラスに吸着します。
      注: 厚いまたは薄いスライスは、実験の要件に応じて使用できます。
    2. ワックス ペン又は他の疎水性方法、スライド ガラスの組織スライスの周りにボックスを描画し、乾燥させます。
    3. ムバーラク40縮尺希釈を行い染色液の準備-Cy5 (または他の蛍光ムバーラク40バージョン、1 mg/mL 原液) 0.1% サポニン PBS 溶液。最適な最終ムバーラク40濃度は、1 μ g/mL をする必要があります。
      注意: 最終濃度を使用することがあります (0.1 0.01 μ g/mL) が信号強度を低く可能性があります。
      注意: サポニン粉末は、呼吸刺激を引き起こすことができます。キャビネットまたは保護されたエリアにサポニンを比較検討することを確認します。トリトンなど代替の透過方法を使用できます。メーカー推奨濃度で追加マーカーを追加 (e.g。, 4 ', 6-diamidino-2-phenylindole (DAPI) ファロイジン、蛍光抗体)。
    4. 優しく 3 回 0.1% サポニン-PBS のソリューションにスライド ガラスをディップします。
    5. 慎重にティッシュ セクションを離れて余分な液体をしみし、完全にティッシュ セクションをカバーする十分な染色液を追加します。蒸発を避けるために、室温で 1 時間インキュベート湿度チャンバーにスライドを配置します。それを光から保護してください。
    6. 0.1% サポニン PBS 溶液 3 にスライドを優しくディップ x。優しくディップ PBS 解決策 3 にスライド x。最後に、優しく蒸留 H2O にスライドをディップ 3 x。慎重にスライドから余分な液体を乾燥させます。
    7. 組織スライスの横にある取付中 (20 mM トリス pH 8.0、N-プロピルガ レートを 0.5%、90% のグリセロール) の少量 (~ 20 μ L) を追加し、スライド ガラスの上にガラス基板をそっと置きます。ゆっくりと均等に、coverslip 組織切片にし、coverslip の縁を押し出しマウント メディアを丁寧にペーパー タオルを使用すると。
    8. 固化するメディアをマウントできるように 24 時間暗いキャビネットにマウントされたスライドを配置します。また、1 h の 37 ° C にマウントされたスライドを配置します。
  3. 必要な獲得手法によると蛍光顕微鏡の組織スライスをイメージします。

2. レトロ Inverso ムバーラク40による好中球活性化の可視化-Cy5 ペプチド

  1. ひと好中球の次のプロトコルを使用してを取得します。以下のソリューションを準備し、無酸素キャビネット一晩で配置します。酸素への露出は、好中球をアクティブにし、さらに誘導細胞死16,17に開始されます。
    注: 好中球がまた浄化される"ベンチ"にムバーラク40-ラベル実験;しかし、酸素暴露が好中球活性化に影響を与える開始されます注意してください。
    1. 次のソリューションを準備します。
      解決策 1 [0.9% 塩化ナトリウム (NaCl)]: H2o. フィルター ソリューションの 500 mL に塩化ナトリウムの 4.5 グラムを追加します。
      解決策 2 (デキストラン 6%): 100 mL に食塩 0.9% デキストランの 6 g を追加。
      解決策 3 (洗浄液): 2 mM の最終的な EDTA 濃度を PBS ph 7.2 エチレンジアミン四酢酸 (EDTA) を解散。使用前にすぐに最終的な BSA 濃度が 10 %w/v PBS/EDTA 溶液中のウシ血清アルブミン (BSA) を溶解します。
    2. 休憩をせずに 20 分間 650 x g で採血管を遠心分離します。
    3. 区切られた血を中断せず、採血管を 50 mL の円錐管に無酸素のキャビネットと収集プラズマ分数 (top) に転送します。
    4. 無酸素のキャビネットおよび 2,900 x g で血小板をペレットに改で 20 分間遠心からプラズマを含むチューブを削除します。
    5. 小球形にされた血小板を中断することがなく優しく無酸素キャビネットやピペットで移しなさい (以下、「プラズマ」と呼ばれる) 新鮮な 50 mL チューブに血小板貧しい血しょうに戻ってプラズマ チューブを転送します。
  2. 白血球と赤血球の分離
    1. 2.1.3 ステップから赤い血球 (赤血球) を含むチューブを使用して。、50 mL のコニカル チューブ (5 血液コレクション チューブ内容 50 mL チューブあたり) に赤血球を組み合わせます。
    2. 総容積 44 mL に達するまで 0.9 %nacl を追加します。デキストラン 6% (最後) の 6 mL を追加します。
    3. 優しく 10-20 回チューブを反転による血液/デキストラン混合物を混ぜます。少なくとも 30 分管の堆積物をしましょう。
    4. 沈降が発生している間、パーコール液 4.2 mL を 15 mL の円錐管にプラズマの 5.8 mL に追加することによってパーコールを準備し、チューブを反転でよく混ぜます。
    5. ピペッティング赤血球を回避しよう、デキストランのトップ画分を収集します。
    6. スクリュー キャップを締めて無酸素商工会議所からデキストラン チューブを削除し、10 分休憩のため 300 x g でチューブを遠心分離します。
    7. 慎重にチューブに戻し無酸素商工会議所小球形にされた細胞を乱すことがなく、ピペッティングを介して液体を除去します。
    8. 優しく再プラズマの 1 mL の細胞ペレットを中断し、パーコール液の上部に非常にゆっくりと追加。上の細胞を分注するとき、層の混合を誘発しないように注意します。
    9. (混合を避ける) 無酸素商工会議所と休憩をせずに 20 分間 800 × g で遠心分離から Percoll ソリューション管を慎重に取り外します。末梢血単核球 (PBMCs) Percoll 溶液表面に残ります、好中球、赤血球とペレットします。
  3. 赤血球の汚染除去
    1. 14 mL 洗浄液 14 mL に 700 μ L の PBS + 10 %bsa を追加することによって緩衝液を洗浄の準備をします。
    2. 無酸素の商工会議所にパーコール ソリューション管を配置します。ピペッティングでパーコールと PBMCs を取り外し、再洗浄緩衝液 1 mL に小球形にされた細胞を中断します。再浮遊するペレットでお越しの際にも汚染の赤血球のため赤い色。
    3. 再浮遊細胞に抗 CD235a (グリコフォリン) 磁気ビーズの 200 μ L を追加、優しくミックス、および最低 15 分間インキュベートします。この手順では、彼らは削除することができますようにマグネティック ビーズを用いて汚染の赤血球を読み込みます。
    4. 2 ml の洗浄分離カラムの洗浄バッファーの 3 倍。
    5. 分離カラムの下 15 mL コニカル チューブを押しながらゆっくりとピペットの列の上部に好中球/RBC 混合物。通過する 15 mL の円錐管の細胞を収集します。フローを通じて曇りし、赤血球の残りの列にバインドされているため、赤い色を失うしてください。
    6. 洗浄バッファーの列の上部に 2 mL を追加し、同じ 15 mL の円錐管に収集します。2 mL 洗浄末流れをはっきりすべき、すべての好中球が収集されていることを示します。
    7. 好中球の均一な分布を確保し、セルをカウントする 10 μ L を収集管を軽く混ぜます。目的を数えるセルの最終的なボリュームに注意してください。計数法の任意の標準セルとセルの合計数を列挙します。
    8. 無酸素のチャンバーから好中球のチューブを外し、休憩 20 分間 300 x g で好中球を遠心分離機します。
    9. 無酸素の商工会議所に戻し堆積好中球、ピペッティングを介して洗浄バッファーを削除します。10 の最大セル密度プラズマにおける好中球のペレットを再中断7 PMN/mL。
  4. 精製された好中球とムバーラク40を使用して可視化の列挙
    1. RI ムバーラク40の 1 μ L を追加-cy5 の組合せ (1 mg/mL) フェノールレッドなしローズウェル公園記念研究所 (RPMI) 1640 培地 1 mL に。よくピペッティングで混ぜます。
    2. この議定書の目的のため強力な好中球の活性化試薬、N-formylmethionyl-ロイシル-フェニルアラニン (FMLP) が追加された場合、結果を概説されています。RPMI/RI-ムバーラク40FMLP の 1 μ m を追加-Cy5 チューブとピペッティングを介してミックス上下。
      注: 各実験は取り上げられている質問によって異なります、この時点からになります。
    3. 転送 1 mL RPMI/RI-ムバーラク40-ガラス底顕微鏡皿 Cy5/FMLP 混合物。この料理 106総好中球に対応する浄化された細胞のボリュームを追加します。軽くピペッティングで混ぜます。
    4. 倒立蛍光顕微鏡に皿を置き、画像集録を開始します。たとえば、ベースライン FMLP や細菌など好中球活性化の試薬の付加の前に画像を取得することをお勧めします。この例では RPMI/RI-ムバーラク40の集録を開始-Cy5/好中球と後で timepoint でピペットのガラス皿に好中球活性化試薬と画像の取得を続行します。
      注: これらの手順を変更するに基づいて行うことが科学的ニーズ。
    5. プロセスは、画像/タイムラプス ムービーとして使用される特定の顕微鏡に関係を取得しました。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

ムバーラク40の結果-ステンド グラス組織病理スライドから通常、組織全体に散在する個々 のセルを明らかにします。ムバーラク40汚れラクトフェリン、好中球の顆粒中に存在し、区分であります。したがって、通常見られる点状の汚れるか、または信号のいくつかの大規模な分けられた区域から来ている個々 の好中球 (図 1)。共同染色細胞とムバーラク40信号をローカライズするために DAPI などの 2 番目のセル マーカーを追加することをお勧めします。検出されたセルの合計数は好中球ビューのフィールドの存在の数に依存し、劇的にソースと免疫反応の強さによって異なります。ここでは代表的な画像固定精製ひと好中球 (図 1A)、潰瘍性大腸炎患者 (図 1B) の組織生検から。また肺炎桿菌(図 1C) 感染マウスの肺における好中球の比較的低レベルからの撮影画像は、赤痢菌体に感染した豚のモルモット大腸における好中球の高レベルを示す(図 1D)。

ライブ、精製された好中球を使用して、結果は通常初期の時点で染色なし小さなセルが表示し、RI ムバーラク40以上好中球が有効になって、時間をかけて染色で徐々 に増加します。ここでは蛍光S. 体(図 2) に感染したひと好中球の精製を用いた実験からの画像の時系列コース。活性化シグナルの強度によって好中球始めるかもしれない急速にムバーラク40染色活性化剤を添加する前に画像を取得を開始する勧めしますので。セルがアクティブになり、RI ムバーラク40肯定的な彼らは点状染色を与える固定とグリセリンの細胞のそれと同様の染色プロファイルを表わすべきであります。ムバーラク40両方ライブと固定セルを汚すための最適濃度が 1 μ g/mL (図 3)。低濃度 (0.1 0.01 μ g/mL) 低い信号強度の結果を使用できます。また、DIC イメージまたは他の生細胞染色を RI ムバーラク40信号を表示しているセルを区別するために使用することをお勧めします。

Figure 1
図 1: ムバーラク40-人間の好中球、マウスおよびモルモットの起源をステンド グラス。(A) 代表者ムバーラク40 (緑) 健康な人間のドナーから精製した好中球の染色します。細胞の核が染色 DAPI で (青)。潰瘍性大腸炎の生検組織におけるひと好中球 (B) 染色。好中球はムバーラク40 (緑) を明らかにし、細胞核が染色 DAPI (青)。(C)クレブシエラ感染マウスの肺から病理。マウス好中球、ムバーラク40 (緑) を使用して組織で明らかにし、細胞核が染色 DAPI (青)。(D)赤痢菌体に感染モルモット結腸から病理組織。好中球は、感染症への対応は、ムバーラク40 (緑) で組織で明らかにされます。S.細菌 (赤) を表現した dsRED 蛍光タンパク質。細胞の核が染色 DAPI で (青)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: ライブ好中球はムバーラクに染まる40アクティブになったときだけです。RI ムバーラク40の存在下でs. 体に感染したひと好中球の精製を含む時系列経過から画像を選択します。最初の画像 (top)、好中球の緑色の矢印で示されているs. 体細菌 (赤) が発生します。時間にわたって、菌は好中球によって、消化します。好中球は、細菌からアクティブになると RI ムバーラク40と徐々 に強固な汚れ。左上の画像は、DIC 画像かぶせて蛍光のチャンネルです。右上の画像は、蛍光チャンネルのみです。画像は、5 分間隔で撮影されました。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: 異なるムバーラクの効果40好中球染色濃度。ムバーラク40の様々 な濃度の固定/グリセリン好中球の代表的な染色-cy5 の組合せ。精製したひと好中球は固定され、ムバーラク40の指示された濃度で染色-cy5 の組合せ。細胞の核が染色 DAPI で (青)。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

ここでは、2 つのアッセイは、ムバーラク40ペプチドが好中球の炎症と活性化を研究に使用されている説明します。ムバーラク40ことができます明らかにする好中球病理組織学的セクションで提示またはライブ浄化された好中球を使用してのライセンス認証の状態を示す方法を紹介します。染色試薬としてムバーラク40を使用するための重要なステップは、他の蛍光検出法と同じです。蛍光信号の互換性と背景の染色を削除する適切な洗浄のステップを撮影されていることを確保するため注意が必要があります。良好な染色結果を達成するために最も重要な考慮事項は、顕微鏡、ガラスのスライド/カバー スリップ、組織切片の品質です。精製された好中球のライブを表示するには、最も重要なステップは、浄化プロセス自体。好中球は敏感であり、異なる信号の数で実行可能となります。実験が意味のある結果を生成することを確保するために使用する準備ができるまで精製した好中球を非アクティブに保つために注意する必要があります。これは、酸素に好中球の露出を制限する無酸素商工会議所で好中球の浄化のプロトコルを実行することによって実現できます。

制限とムバーラク40、対処されている実験の質問によっての利点の両方、しない限り、彼らはどういうわけかグリセリンにムバーラク40汚れだけが好中球をアクティブ化するという。これは実験ライブ動物または浄化されたセルで次の炎症が活性化状態にかかわらずすべての生きている好中球の検出が必要だ場合不利な点がある場合巨大な利点をすることができます。このプロトコルに 2 番目の潜在的な制限が、事実そのラクトフェリンは涙、ミルク、粘液など様々 な身体の分泌物に存在します。病理組織染色 (例えば、大腸生検の粘液層がそのままである) を維持するこれらの分泌物、ムバーラク40はまた、任意の現在の好中球とともに粘液層を染色します。実習では、これは我々 の分析には影響していないが、それは潜在的な信号源として注目すべき。

現在、ムバーラク40はアクティブと非アクティブのライブ好中球を区別できるだけ好中球マーカーです。また、ムバーラク40、抗体検出方法とは異なり、関数または好中球生体外でまたは生体内での生存率を変更するは表示されません。たとえば、ライブの好中球に対する特異抗体の添加は、好中球機能またはホストの生存率に影響を与える活性化信号をすることができます。これは好中球活性化または顆粒リリース体外体内を含む研究のための非常に有用な試薬ムバーラク40になります。また、ムバーラク40広い寄主特異性の範囲は、異なる蛍光物質、複数ホスト間でシングル ステップ染色試金で使用を可能にする数に直接活用することができます。したがって、マウス、人間間で同等はムバーラク40染色、その他の哺乳類の目標であり、簡素化し好中球を検出するために必要な試薬の数を減らします。

このプロトコルは、病理とムバーラク40を使用して生きているセルイメージ投射に特に焦点を当てて、FACS の並べ替えのペプチドを使用しても正常にし動物体内画像をライブします。ムバーラク40が好中球の検出や、体内炎症性イベントの可視化を含む多くの異なる法に従うことし、今後の研究およびプロトコルが開発することをさらに向上ムバーラクのスペクトルと見込んでください。特に非侵襲的イメージング技術を使用して、 40を使用します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

B.S.M. はムバーラク40特許に発明者として記載されています。

ムバーラク40: 欧州特許 EP11290403.2 2011/09/09。

RI ムバーラク40: 欧州特許 EP 号 17306746.3、17/11/12。

Acknowledgments

この作品は財団ローレット Fugain (LF-2015-15) (B.S.M.) でサポートされているし、ANR テシロー付与 (ANR-17-CE15-0012) (B.S.M.)。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
MUB40-Cy5 Benoit Marteyn benoit.marteyn@pasteur.fr Fluorescent MUB40 peptide (available with other conjugated fluorophores)
RI-MUB40-Cy5 Benoit Marteyn benoit.marteyn@pasteur.fr Retro-inverso fluorescent MUB40 peptide. Synthesized with D-amino acids and resistant to proteases (available with other conjugated fluorophores)
Parformaldehyde Sigma-Aldrich 16005 Fixative for histology
Sucrose Sigma-Aldrich S7903 Solution used to remove excess PFA
Optimal Cutting Temperature Compound (OCT) Sakura Finetek USA 4583 Used to freeze tissue before cryostat sectioning
2-Methylbutane Sigma-Aldrich M32631 Used to freeze tissue before cryostat sectioning
Ethanol Sigma-Aldrich 1.00974 Used for dry ice bath to freeze tissue
Leica Cryostat Leica Biosystems CM1520 Used to section tissues
Glass microscopy slides Fisher Scientific 12-518-101
Cover slips Thor Labs CG15CH Hi precision coverslip
Dako pen  Sigma-Aldrich Z377821 Used to prevent liquid loss during tissue staining
Saponin Sigma-Aldrich 47036 Used to permeabilize cells for IF staining
DAPI Sigma-Aldrich 10236276001 Stains DNA 
Alexa fluor 488 Phalloidin  Fisher Scientific A12379 Binds actin
Prolong Gold antifade Mountant Fisher Scientific P36930 Prolongs IF signal and resistance to photobleaching
Fluorescent microscope Various Various Used to image IF slides
Anoxic Cabinet Various Various Used for the purification of live inactivated neutrophils
Sodium Chloride NaCL Sigma-Aldrich S7653
EDTA Sigma-Aldrich E9884 Washing buffer component
MACS BSA buffer Miltenyi Biotec 130-091-376 Washing buffer component
Percoll Sigma-Aldrich P4937 Gradient for neutrophil purification
CD235a glycophorin magnetic microbeads Miltenyi Biotec 130-050-501 Used to remove contaminating RBCs
LS columns Miltenyi Biotec 130-042-401 Used in the removal of RBCs from neutrophils
RPMI-1640 without Phenol Red Sigma-Aldrich R8755 Used for neutrophil assays

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Nathan, C. Neutrophils and immunity: challenges and opportunities. Nature Reviews Immunology. 6, (3), 173-182 (2006).
  2. Nicolás-Ávila, J. Á, Adrover, J. M., Hidalgo, A. Neutrophils in Homeostasis, Immunity, and Cancer. Immunity. 46, (1), 15-28 (2017).
  3. Coffelt, S. B., Wellenstein, M. D., de Visser, K. E. Neutrophils in cancer: neutral no more. Nature Reviews Cancer. 16, (7), 431-446 (2016).
  4. Wright, H. L., Moots, R. J., Bucknall, R. C., Edwards, S. W. Neutrophil function in inflammation and inflammatory diseases. Rheumatology. 49, (9), 1618-1631 (2010).
  5. Glennon-Alty, L., Hackett, A. P., Chapman, E. A., Wright, H. L. Neutrophils and redox stress in the pathogenesis of autoimmune disease. Free Radical Biology & Medicine. (2018).
  6. Borregaard, N., Cowland, J. B. Granules of the human neutrophilic polymorphonuclear leukocyte. Blood. 89, (10), 3503-3521 (1997).
  7. Borregaard, N. Neutrophils, from marrow to microbes. Immunity. 33, (5), 657-670 (2010).
  8. Rose, S., Misharin, A., Perlman, H. A novel Ly6C/Ly6G-based strategy to analyze the mouse splenic myeloid compartment. Cytometry Part A: The Journal of the International Society for Analytical Cytology. 81, (4), 343-350 (2012).
  9. Shi, C., Hohl, T. M., Leiner, I., Equinda, M. J., Fan, X., Pamer, E. G. Ly6G+ neutrophils are dispensable for defense against systemic Listeria monocytogenes infection. Journal of Immunology. 187, (10), 5293-5298 (2011).
  10. Albanesi, M., Mancardi, D. A., et al. Neutrophils mediate antibody-induced antitumor effects in mice. Blood. 122, (18), 3160-3164 (2013).
  11. Anderson, M. C., Chaze, T., et al. MUB40 Binds to Lactoferrin and Stands as a Specific Neutrophil Marker. Cell Chemical biology. 25, (4), 483-493 (2018).
  12. Coïc, Y. -M., Baleux, F., et al. Design of a specific colonic mucus marker using a human commensal bacterium cell surface domain. Journal of Biological Chemistry. 287, (19), 15916-15922 (2012).
  13. Roos, S., Jonsson, H. A high-molecular-mass cell-surface protein from Lactobacillus reuteri 1063 adheres to mucus components. Microbiology. 148, Pt 2 433-442 (2002).
  14. Boekhorst, J., Helmer, Q., Kleerebezem, M., Siezen, R. J. Comparative analysis of proteins with a mucus-binding domain found exclusively in lactic acid bacteria. Microbiology. 152, Pt 1 273-280 (2006).
  15. Mancardi, D. A., Jönsson, F., et al. Cutting Edge: The murine high-affinity IgG receptor FcγRIV is sufficient for autoantibody-induced arthritis. Journal of Immunology. 186, (4), 1899-1903 (2011).
  16. Walmsley, S. R., Print, C., et al. Hypoxia-induced neutrophil survival is mediated by HIF-1alpha-dependent NF-kappaB activity. Journal of Experimental Medicine. 201, (1), 105-115 (2005).
  17. Monceaux, V., Chiche-Lapierre, C., et al. Anoxia and glucose supplementation preserve neutrophil viability and function. Blood. 128, (7), 993-1002 (2016).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics