作物の生長と花ディップ アグロバクテリウム Extremophyte Schrenkiella parvula

Genetics

Your institution must subscribe to JoVE's Genetics section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

花 dip 法を用いたアグロバクテリウム仲介された変形は extremophyte モデルSchrenkiella parvulaの安定形質転換線を作成する正常に用いることができます。シロイヌナズナ、別の成長の習慣と、extremophyte の生理学的特性を考慮したためと変更プロトコルを提案します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Wang, G., Pantha, P., Tran, K. N., Oh, D. H., Dassanayake, M. Plant Growth and Agrobacterium-mediated Floral-dip Transformation of the Extremophyte Schrenkiella parvula. J. Vis. Exp. (143), e58544, doi:10.3791/58544 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

Schrenkiella parvulaは多重イオン毒性ストレスを含む様々 な非生物的ストレスに適応する extremophyte です。ツールは、実行可能な変換システムの不足によって制限されているし、利用可能な高品質のゲノム リソースにもかかわらず植物が環境に適応する方法を研究する強調、機能ゲノム学モデルとしての価値。このプロトコルで報告する安定した遺伝子組換え米 parvulaの生成方法アグロバクテリウム仲介された花のすくいメソッドを使用して行。不確定な開花習性と葉高エピクチクラ ワックス コンテンツなどs. parvulaのユニークな特徴を考慮してaに使用される変換プロトコルを変更しました。簡単に言えば、 S. parvula種子は植える前に 5 日間の 4 ° C で階層化しました。14 h 光と暗い 10 h と、130 µmol m-2-1光強度、24 ° C に 22 の ° c の日長で栽培しました。8 複数花序と 9 週齢の工場には、変換に選ばれました。PMP90RKプラスミドを運ぶアグロバクテリウムGV3101 の浸透ソリューションは、これらの花序を浸したされました。花漬変換効率を高めるため 3 〜 4 週間の間隔で 2 回のラウンドを行った。T1 種子は、収集され、候補者の画面に発芽の行の変換前に、乾燥剤が付いている容器で 4 週間の乾燥します。バスタへの抵抗は、T1 植物を画面に使用されました。誤検知を減らすために 2 週古い工場で 3 日間の間隔で 3 回バスタ ソリューションを散布しました。バスタ ドロップ テストは真の肯定的な形質転換体を識別するために個々 の植物の存続で実行されました。変換効率 0.033 お %、10,000 T1 種子伝播あたり 3-4 遺伝子組換え植物の降伏であった。

Introduction

このプロトコルでは、成長と extremophyte モデルSchrenkiella parvulaの安定形質転換路線の設立について説明します。効率的な変換システムの可用性は、汎用性の高い遺伝的モデルの特徴です。極端な環境で繁栄する植物は、extremophytes、として環境ストレスに対する植物の適応を理解するための重要なリソースを提供するために呼ばれます。Schrenkiella parvula(旧Thellungiella parvula別 parvulum) ゲノム リソース1,2,3,45の拡大と、1 つのようなの extremophyte モデルです。ただし、変形のプロトコルまだ報告されていないs. parvulaの出版された調査で。

S. parvulaのゲノム アブラナ科 (マスタード キャベツ家族) で初公開された extremophyte ゲノムであり、非 extremophyte モデル、シロイヌナズナ1広範な全体的なゲノム シンテニーを示します。したがって、シロイヌナズナs. parvula比較研究の恩恵S. parvulaゲノムがどのように進化し、規制に関する有益な仮説をするシロイヌナズナで行われた遺伝研究の富別様に対処する極端な環境は5,6,7を強調します。S. parvulaは最も耐塩性種の (土食塩 LD50 に基づいて) 知られている野生の親類間でa8の 1 つです。耐塩に加えて米 parvula存続させ、高濃度でほとんどの植物7に有毒である複数の塩イオン存在下におけるライフ サイクルを完了します。その自然の生息地で流行している非生物的ストレスに対する、それが展開する様々 な特性、その中でいくつかの生化学的、または生理学的なレベルの8,9,10、研究されています。 11

2010 年、 S. parvula対象種としてまたは他の植物のゲノムとの比較でそれを使用する 400 以上のピア分列出版物がずっとあります。ただし、どのような研究が行われているのよく見るとクリアのボトルネックを識別できます。これらのレポートの大半は将来の研究で米 parvulaの潜在的な使用について話し合うまたは比較ゲノムまたはゲノミクス研究で使用します。概念実証の変形のプロトコルの不足のために確立S. parvula日付に利用可能な最高品質の植物ゲノムの 1 つを持っていることにもかかわらず、機能のゲノム研究で使用されていない (> 5 Mb contig N50) 組み立て、pseudomolecules 染色体レベル1に付きます。

アグロバクテリウム花ディップ法atrasngenic 行を作成する最も広く使用されている方法となっているし、変換の再現システムの開発だったとして、その成功の重要な要因、遺伝モデル12,13。ただし、すべてのアブラナ科の種は、シロイヌナズナの花のすくいの手法を使用して正常に変換する示されています。特別に、 S. parvulaを含むアブラナ科のリネージュ II 種は花のすくいに基づいて変換方法14,15に反抗的なされています。

S. parvula、その狭い葉の形態と組み合わせての不確定な開花生育は標準花ディップ アグロバクテリウム法を採用するために挑戦しました。本研究では、 S. parvulaの再現性のある変換を行った修正されたプロトコルを報告します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 植物の成長

  1. 種子殺菌 (オプション)
    1. 1 二重蒸留水 (ddH2O) の 50% の漂白剤の準備または非イオン性洗剤の 2 滴 (材料表参照) 50 mL のチューブで。数回のチューブを反転すると、ソリューションをミックスします。
      注:層流の場合 15 分間 UV 殺菌サーフェスとキャビネットの種子殺菌を実施することをお勧めします。
    2. 漂白剤溶液を加える 〜 100-200 s. parvulaの種を 1.5 mL チューブ。混和し、5 分間座っている管。
    3. チューブから漂白剤を削除し、70% エタノールを追加します。数回ピペッティングによる種子を洗浄、エタノール溶液をすぐに取り外します。
    4. 余分な漂白剤やエタノール、削除する滅菌水で種子を洗浄し、水を除去します。5 〜 6 回この手順を繰り返します。
  2. シード成層
    1. 殺菌水は、種子を浸すし、4 ° C で 5 ~ 7 日間の保存また、湿った土の上に直接乾燥無殺菌種をまくし、4 ° C で 5 〜 7 日土トレイを配置
  3. 変換の準備で植物を育てる
    1. 塗りつぶしの土 7 × 6 cm2鍋に (材料の表を参照) を混ぜて、水で鍋を浸して、均一にぬれた成長培地を確保するため上部から水をスプレーします。各ポットの土の表面に 5-肥料ビーズ (材料の表を参照) を追加します。
      注:我々 が経験している限りでは、 s. parvulaシロイヌナズナが成長することができます任意の土壌ミックスによく生えています。
    2. ウェットつまようじを使用して転送 20 〜 土壌表面ポット当たり 25 種。
      注:便利な練習は、4 つのコーナーと鍋 (図 1、日 15、左パネル) のセンターに 4-5 種のバッチを置くことです。
    3. 発芽過程における高湿度下で種子を維持する明確なドーム ポット トレイをカバーします。
    4. 130 µmol m− 2 − 1光秒、22-24 ° C の温度、および夜のサイクルあたり日/10 時間あたり 14 h で設定照度成長チャンバ内植物トレーを維持します。発芽の後 7 ~ 10 日後ドームを削除します。望ましいレベルで均一に湿らせた土を保つためにトレイの下部から水を追加します。
    5. 苗の草取りし、よく (図 115 日、右側のパネル) 互いから分離ポット当たり唯一の 4-5 健康な苗を残します。
    6. 優しく水の植物 2 日毎とホーグランドのソリューション16 x 0.2 で 2 週間に一度受精します。
      注:キー均一レベルで土壌水分を保つことは一貫して、健康米 parvulaの成長に。
    7. 8-10 週間複数花序生成工場 (図 1日 60-80) 当たり 100-150 花蕾まで植物を成長を続けます。花のすくいに基づいて変換 (ステップ 4.5) の予定日、植物からすべての成熟と発展途上の siliques を削除します。

2. 植物形質転換のベクトルへのクローニング目的の遺伝子/ゲノムの要素

  1. ポリメラーゼの連鎖反応 (PCR)17と分離ゲルの抽出を使用して PCR の製品はキット (材料の表を参照) を使用してターゲット DNA のフラグメントを増幅するキットのプロトコルまたは agarose のゲルを用いた DNA を浄化するために他の適切な方法によると電気泳動17,18。サンガー シーケンス19を通じて分離の PCR の製品のシーケンスを確認します。
  2. クローン クローニング ベクトルと有能なエシェリヒア属大腸菌に複製された構成細胞のトポイソメラーゼに基づくクローニングを使用してトランス フォームに目的の PCR の製品はキット (材料の表を参照してください) の製造元のガイドラインに従います。
  3. ルリア ベルターニカミラ20 (LB) 寒天細菌の成長媒体 (表 1)、適切な抗生物質で変換された製品の 50 μ L を広める例えば.、 50 μ g/mL スペクチノマイシン (材料の表を参照)、37 ° で孵化させなさいとC 一晩。
  4. 次の日、5-10 の単一コロニーを選択、適切な抗生物質で液体の LB 培地に接種して一晩 37 ° C で穏やかな揺れで孵化させなさい。
  5. プラスミドの分離を使用して特定のプラスミド キット (材料の表を参照してください) 2.1 増幅ターゲット シーケンスが正しく複製かどうかサンガー シーケンス19を通じて確認してください。
  6. クローンと確認された PCR の製品を移動リコンビナーゼ酵素ミックスを使用してキット (材料の表を参照)、次の植物形質転換再結合に基づく (材料の表を参照してください) のクローニングと互換性の宛先ベクトルへキット メーカーの説明書。手順 2.3 から 2.5 を特定し適切なプラスミッドの構造をかくまっているクローンを確認の手順を繰り返します。

3. ベクター構築工場変換のために変換アグロバクテリウム

  1. A. 根頭がんしゅ病菌系統 GV3101:pMP90RK21, 染色体背景選択リファンピシン耐性遺伝子を庇護に 2.6 からベクターのコンストラクトのプラスミドを変換します。適切な抗生物質、ゲンタマイシン、カナマイシンなどを使用 (材料の表を参照)、植物の選択の変換を構築 (Ti プラスミド)。エレクトロポレーション経由A. 根頭がんしゅ病菌の変換のための簡単なプロトコルは、セクション 3.2 に含まれます。
  2. A. 根頭がんしゅ病菌電気穿孔法による変換
    1. A. 根頭がんしゅ病菌の有能なセル22氷の上を解凍します。2.6 から調製したプラスミドのミックス 0.1-1 μ g は、ddH2O、氷の上の有能なセルを 1-2 μ L に溶解しました。エレクトロポレーション キュベットに混合物を転送 (材料の表を参照してください)。
    2. プラスミドと 3.2.1, 使用して、遺伝子導入装置からの有能なセルの混合のエレクトロポレーションを実行 (材料表参照) 製造元のガイドラインに従います。
      注:キュヴェットの表面をきれいに、エレクトロポレーションを開始する前に。
    3. キュベットから液体 lb 1.5 mL を含む微量遠心チューブに反応混合物を転送、ピペッティングでよく混ぜるし、穏やかな揺れで 28 ° C で 1 時間インキュベートします。
  3. 適切な選択の抗生物質を含んでいる LB の版の 3.2 項から変換されたA. 根頭がんしゅ病菌を接種する (例えばカナマイシン 25 μ g/mL、スペクチノマイシン 50 μ g/mL、ゲンタマイシン 25 μ g/mL とリファンピシン 50 μ g/mL) と 3 日間の 28 ° C の孵化させなさい。

4. S. parvulaのアグロバクテリウム仲介された変形

  1. 単一の変形を予防接種 10 mL 滅菌 50 ml の円錐形 (3.3 と同じ) 抗生物質を含む LB 液体媒体にプレートからコロニー チューブ (材料の表を参照してください)。揺れのインキュベーターで 24 時間インキュベート (材料の表を参照) で 28 ° C で 250 回転数。
  2. 3.4.1 から滅菌 250 mL フラスコに細菌のソリューションを転送、適切な抗生物質で LB 液体媒体の 40 mL を加えて、600 nm の波長 (外径600) の光学濃度が 2.0 前後まで 12 時間を孵化させなさい。
  3. A. 根頭がんしゅ病菌cultureat 3,100 x gで 10 分間削除の上清を遠心し、再A. 根頭がんしゅ病菌の浸透液 (表 1) の 40 ミリリットルで細菌培養を中断します。
  4. 最終的な OD600 0.8 の浸透ソリューションを再懸濁A. 根頭がんしゅ病菌を希釈します。界面活性剤溶液 (表 1) 25 μ L に 50 mL の希釈A. 根頭がんしゅ病菌の追加ソリューションと複数回の反転でミックス。
  5. 6 ポットから花序を浸漬した後 20 s. 使用新鮮な細菌のソリューションのセクション 4.4 で準備A. 根頭がんしゅ病菌ソリューションにおける植物の花序をつけます。すべての花は、ソリューションと接触していることを確認します。彼らは溶液に浸漬することができない場合、花序の下の部分にある花に直接細菌の解決をピペットで移しなさい。
    注:第 1 ラウンドの変形のため、鋭いメスやハサミを使用してすべての成熟と発展途上の siliques を削除することを確認します。2 度目の変換を実行する場合は、siliques を削除しないでください。

5. 変換後植物ケアと 2 番目の変換

  1. 植物をカバーし、1-2 日間の暗い成長部屋にドームときれいなトレーに花に浸した植物を水平方向に配置します。
    注:(図 1変換後の植物) この段階では、高湿度下の花を保つことが重要です。
  2. 植物を直立位置に戻すし、植物を 14 h/日/10 h あたりの夜のサイクル、130 µmol m-2-1光強度および 22 に 24 ° C の温度で成長室に転送します。
  3. 次の週に浸した花房を監視します。花のかなりの数は、(図 2) を中止する場合は、約 4 週間後または花の数が多いを新しく開発した後花のすくい (手順 4) を繰り返します。
    注:(ステップ 1.3.7) の最初の変換のための準備のステップとは異なりには、変換の第 2 ラウンドの前に既存のまたは siliques (図 2) の開発を削除しないでください。
  4. 種子成熟 〜 21 週に種子を収穫し、植物を育てます。
  5. 室温で気密の容器で 2-3 週間乾燥した種子は、乾燥剤 (材料の表を参照) でいっぱい。

6. 肯定的な形質転換体の選択

  1. 手順 1.2 への 1.3 で野生型種子のとおり T1 種子を植えます。
  2. 2 最初の真の葉を開発、約 10-14 日後発芽するまでは、植物を育てます。
  3. 除草剤としての抵抗 (図 3A と 3 b) 詳細下記の最初の選択項目を実行します。
    1. 除草剤グルホシネート アンモニウム (11.3%) (またはバスタ) を希釈 (表 1) 縮尺 (v/v) します。苗バスタの希釈液をスプレーし、一晩ドームが付いている植物をカバーします。
    2. バスタの 2-3 回の噴霧を繰り返すごとに 5-7 日。
  4. 下記のとおりバスタ ドロップ テストを使用して 2 番目の選択を実行します。
    1. バスタのソリューション 3-4 回噴霧された後生き残る植物を識別します。3-5 葉は比較的大きな表面積を開発するまで別の 2-3 週間の植物を育てます。
    2. 工場あたり最大の成熟した葉を [ワックス層を除去する指で軽く葉の表面をこする (ステップ 6.3.1) から希釈バスタ液一滴を配置します。
      注:最寄りの幹に紙テープを置くことによってバスタ ドロップで適用される葉の場所をマークします。
    3. 1 週間萎れの兆候をバスタ ドロップで適用される葉を監視します。バスタの低下によって影響を受けていない葉を持つ植物を選択します。
      注:最も偽陽性植物からの葉は、バスタ溶液の一滴が (図 3C) を乾燥した後も、真陽性からの葉はそのまま、2 日以内萎凋を開始します。
  5. ゲノム PCR を使用して肯定的な形質転換体を確認します。
    1. 6.4.5 のステップ時に生き残った植物から 2-3 の葉を収集します。
    2. CTAB 法23またはその他の適切な DNA 抽出法を使用して葉から DNA を抽出します。
    3. (ポジティブ コントロール) として対象植物、野生型植物 (マイナス コントロール) として、ステップ 3.1 からプラスミド構築から抽出したゲノム DNA のサンプルを使用して PCR を実行します。適切な選択マーカー遺伝子特定の PCR のプライマーのペアを使用して、例えばバスタ耐性遺伝子 (バー)、TCAGCAGGTGGGTGTAGA (フォワード) と GTCAACCACTACATCGAGACAA (リバース)。
      1. 例、PCR のプライマーを使用してバー遺伝子をターゲット以下の PCR 条件: 30 98 ° C で初期変性のステップ s;30 98 ° C での変化のサイクル 30 回続く 30 59 ° C で熱処理 s s、および 30 のための 72 ° c を拡張する s;72 ° C、5 分で最後の拡張。
        注:全体の T-DNA 挿入するように、また選択マーカー遺伝子の PCR プライマーを用いたゲノム pcr 法を実行することをお勧めします。 とターゲット シーケンスに固有の別の PCR プライマーの段階で工場変換ベクトルにクローンを作成
    4. Agarose のゲル電気泳動法17ターゲットのサンプル (図 4A) および使用して孤立した PCR 製品19シーケンスによって増幅されたバーの PCR の製品の予想されるサイズの存在を確認します。手順 2.1 と同じ作業です。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

シロイヌナズナの変更から花のすくいメソッドを使用して、150 日以内 T0種子の収穫を可能にする変形のプロトコルを開発しました。図 1は、タイムラインと花のすくいを通じて変換を実行するための最適なステージを表すs. parvula植物の概要を示しています。変換のためのターゲット段階として発芽後 60-80 日で複数花序S. parvula 70 –80 の花を持つ植物を選択しました。少数の既存のオープンまたは受精花とこの段階で siliques は、花ディップ法によるA. 根頭がんしゅ病菌の浸透する前に削除されました。A. 根頭がんしゅ病菌の感染は、いくつかの花 (図 2ブラケット (a)) の中絶で起因しました。Siliques は、完全に花ディップが変換された種子 (図 2ラケット (b)) が含まれている可能性を開発しました。変換後もs. parvulaは植物は、健康的な (図 2、白い矢印) を保たれた限り、新しい花序と花の開発を続けています。この不確定な開花習慣のため植物がストレスや老化の兆候を示していない場合、変換の第 2 ラウンドを実行できます。図 2A2 bの例を示してS. parvula植物変換の最初と 2 番目のラウンドの後、それぞれお互いに離れて 25 日。第 2 次変革の遺伝子組み換え種子を含むかもしれないのでは、既存の siliques を削除しないでください。代わりに siliques に最初から被害を最小限に抑えるため、ソリューション全体の撮影を浸漬、花の房が新興に浸透ソリューション (表 1) をピペッティングによるA. 根頭がんしゅ病菌を適用ことができますまた、変換です。

変換効率は、現在のプロトコルを使用して伝達される 10,000 の T1 種子あたり 3-4 遺伝子組換え植物を降伏 0.033 お % です。この見積もりは 50,000 〜 T1 種子は 10 の独立した変換の試行中にテストに基づいています。効率はシロイヌナズナのそれより低いが、別 extremophyte 植物別 salsugenium24の変換およびシロイヌナズナ生態型25のいくつかと比較されます。代替のアグロバクテリウム菌株と界面活性剤と浸透のソリューションの変更を使用して変換効率をさらに最適化できます。複数のバスタ スプレー、ドロップ テスト (6.3、6.4 のステップ) は真の肯定的な形質転換体を識別し、手順 6.5 (図 4A) で PCR 確認を使用してテストされるサンプルの数を減らすに重要になります。クローンとして作られたシーケンスにレポーターの遺伝子 (図 4B) が含まれている場合、変換のさらなる確認をレポーター遺伝子の発現をチェックできます。

Figure 1
図 1: S. parvula変換のタイムラインこの図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 2
図 2: S. parvula 花傾斜による変換後の植物植物、最初花-ディップ後 60 日 (A) で、2 回目で日 85 (B) 花ディップの後 25 日撮影 10 日であった。アグロバクテリウムと浸透がかっこで示すように、花の silique の開発を中止します。Siliques は花のすくいは変換された種子 (ブラケットb) を含む、後に完全に開発されて。白い矢印は、花や花序ごと変換後に現れた新しくを示します。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 3
図 3: バスタ抵抗に基づくs. parvula形質転換体の選択します。(A) バスタ スプレー前に T1 苗。(B) 赤マル印バスタ スプレーで第一ラウンドの選択を存続候補形質。バスタで第二ラウンドの選択 (C) 落下試験。偽陽性 (上部パネル) と真の遺伝子組換え植物 (下段) の例のとおりです。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

Figure 4
図 4: S. parvula変換の確認S. parvula植物から抽出したゲノム Dna から遺伝子をバーの (A) PCR 増幅。レーン 1 と 13: サイズ マーカー;車線 2: 否定的な制御;レーン 3 5: 野生型s. parvula ;車線 6 10: 遺伝子組換え米 parvulaの候補者;レーン 11、12: ベクトル制御。車線 7、8、および 9 は、肯定的な形質転換体を例示します。(B) の例で肯定的なGUSレポーター遺伝子発現のS. parvula形質。この図の拡大版を表示するのにはここをクリックしてください

メディア ・ ソリューション 試薬
ルリア ベルターニカミラ (LB) 細菌の成長媒体 塩化ナトリウム
トリプトン
酵母エキス
(板) のための寒天
ddH2O
10 g
10 g
5 g
20 g
955 mL
アグロバクテリウム浸透ソリューション MS 塩 (1/4 倍)
ビタミン B5 (1 x)
スクロース (5%w/v)
MES
N6- ベンジルアミノ プリン (BA)
Silwet L-77 (0.05%v/v)
pH
2.16 g
1 mL
50 g
0.5 g
10 Μ L
500 Μ L
5.7

表 1: 細菌の成長媒体の組成とアグロバクテリウム浸透ソリューションです

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

植物の生理学的状態は、変換25の効率を大きく影響します。変換のための健康で、積極的な植物の使用は、 S. parvulaの正常な変形のための重要な要件です。水または重点を置かれた植物の光変換 (図 1、センター パネル) の理想的な健康な植物と比較して少ない花を持ちます。光強度で育てることができるS. parvula未満 130 µmol m-2-1、しかし植物 frailer; する傾向があります。そのような植物はより多くにつながる花のすくい、次の花を中止します。S. parvulaアグロバクテリウム浸した花よりも高いレートを中止する傾向があるa.したがって、すべてのステップA. 根頭がんしゅ病菌の浸透溶液浸漬するとき中止された花を最小限に抑えることは、高い変換効率に貢献します。1 日あたりの 14 時間よりもはや光期間をお勧めします。多くの場合、シロイヌナズナの変換は、長日条件 (光 18 h や 6 h 暗い) または連続照明下でも育つ植物に実行されます。しかし、我々 は弾力性が少なくS. parvula植物そのような慣行の結果に見られる、低変換効率に 。

花の蕾は、 S. parvula (図 2、白い矢印) の花房軸上継続的に生産されています。したがって、新しい花の変換を許可する肯定的な形質転換体を得ることのチャンスを高めるでしょう。2 番目の花ディップ (ステップ 5.3) は不可欠であり、強く推奨されます。ただし、この手順は比較的時間のかかるシロイヌナズナの花漬と比較してs. parvula複数花序軸を生成するため。

バスタ スプレー (ステップ 6.3) で肯定的な形質転換体の初期画面は 100 種発芽 (図 3A3 b) のうち 5-8 生存個体を残すものの、野生型s. parvulaはバスタに敏感です。これのほとんど (> 80%) 偽陽性になります。これは主に狭い葉の形、葉角s. parvula、表現型を観察するのに十分な長さのバスタ ソリューションを保持する適切な向きで十分な葉の表面を提供していないためです。さらに、 S. parvula10葉の向軸面の高いワックス コンテンツのためのバスタより不浸透性の表面を作成する傾向にあります。したがって、個々 の葉 (ステップ 6.4、図 3C) バスタ ドロップを使用して肯定的な形質転換体の二次検診は、PCR の偽陽性 (ステップ 6.5) の何百ものテストを避けるために不可欠なステップです。

現在のプロトコルは、 pMP90RKプラスミドを運ぶA. 根頭がんしゅ病菌系統 GV3101 とテストされました。シロイヌナズナで変換効率を高めるために報告pMP90病原性プラスミドと ABI、LMG20、および C58C1 Rifr 系統を含む他のA. 根頭がんしゅ病菌系統によって変換の効率が改善されること25.アブラナ属の種はparvula の S. a1と比較してにもっと密接に関連分類。したがって、 A. 根頭がんしゅ病菌系統正常にナタネと高い変換を提供することが正常に別の salsugineumを変換するために使用されている EHA105 ひずみを変換に使用した LBA4404株の報告の効率よりも効率は現在26,27,28を使用しました。

時間と変形のプロトコルに必要な労働を減らすことは、変換効率を向上させるもう一つの重要な要因です。葉に個々 のバスタ滴を配置し、複数の植物 (ステップ 6.4) の 1 週間、葉を監視、退屈。変換効率を向上させる将来の努力を適切な代替選択マーカー遺伝子29の検索でした。

確立された変換プロトコルの可用性は大きく遺伝子と extremophyte モデル植物が複数の非生物的ストレス2,4を生き残ることができる新規のメカニズムを識別するために我々 の能力を進めます。S. parvulaの新たな遺伝的変化は比較的ストレスに敏感なモデルでは、シロイヌナズナのストレス応答性遺伝子として識別される集団の対立の変化から採掘できない遺伝的変異のより広範なプールを提供します。パン ゲノム5,6。したがって、ベース。 根頭がんしゅ病菌 S. parvulaの開発された変換プロトコルを介した当社の花ディップA. に密接に関連 extremophyte モデルの機能ゲノム実験を行うそのようなツールの必要性のギャップを埋めるシロイヌナズナ

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者が明らかに何もありません。

Acknowledgments

この作品は、全米科学財団賞 MCB 1616827 によって支えられました。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
Agar VWR International, Radnor, PA 90000-762 Bacto Agar Soldifying Agent, BD Diagnostics
B5 vitamins Sigma-Aldrich, St. Louis, MO G1019 Gamborg’s Vitamin Solution
Desiccant W A Hammond Drierite, Xenia, OH 22005 Indicating DRIERITE 6 mesh
Destination vector for plant transformation TAIR Vector:6531113857 pKGWFS7
Electroporation cuvette USA Scientific 9104-5050 Electroporation cuvette, round cap, 0.2 cm gap
Electroporator BIO-RAD Laboratories, Hercules, CA 1652100 MicroPulser Electroporator
Fertilizer beads Osmocote Garden, Marysville, OH N/A Osmocote Smart-Release Plant Food Flower & Vegetable
Gel extraction kit iNtRON Biotechnology, Boston, MA 17289 MEGAquick-spin Total fragment DNA purification kit
Gentamicin Sigma-Aldrich, St. Louis, MO G1914-5G Gentamicin sulfate
Glufosinate-ammonium (11.3%) herbicide (BASTA) Bayer environmental science, Montvale, NJ N/A FINALE herbicide
Kanamycin VWR International, Radnor, PA 200004-444 Kanamycin monosulfate
MES Bioworld, Dublin, OH 41320024-2 MES, Free Acid
MS salt MP Biomedicals, Santa Anna, CA 092621822 Hoagland's modified basal salt mixture
N6-benzylaminopurine (BA)  Sigma-Aldrich, St. Louis, MO B3274 6-Benzylaminopurine solution
NaCl Sigma-Alrich S7653 Sodium chloride
Non-ionic detergent Sigma-Aldrich, St. Louis, MO 9005-64-5 TWEEN 20 
Plasmid isolation kit Zymo Research, Irvine, CA D4036 Zyppy Plasmid Kits
Recombinase enzyme mix kit Life Technology 11791-020 Gateway LR Clonase II Enzyme mix
Rifampicin Sigma-Aldrich, St. Louis, MO R3501-1G Rifampicin, powder, ≥ 97% (HPLC)
Shaking incubator ThermoFisher Scientific, Waltham, MA SHKE4450 MaxQ 4450 Benchtop Orbital Shakers
Soil mix Sun Gro SUN239223328CFLP Sun Gro Metro-Mix 360 Grower Mix
Spectinomycin VWR International, Radnor, PA IC15206705
Sterile 50 mL conical tubes USA Scientific, Ocala, FL 1500-1811 50 mL conical screw cap tubes, copolymer, racks, sterile
Sucrose VWR International, Radnor, PA 57-50-1 Sucrose, ACS
Surfactant solution Lehle seeds, Round Rock, TX VIS-02 Silwet L-77
Topoisomerase-based cloning kit Life Technologies, Carlsbad, CA K240020 pENTR/D-TOPO Cloning Kit, with One Shot TOP10 Chemically Competent E. coli
Tryptone VWR International, Radnor, PA 90000-282 BD Bacto Tryptone, BD Biosciences
Yeast Extract VWR International, Radnor, PA 90000-722  BD Bacto Yeast Extract, BD Biosciences

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Dassanayake, M., et al. The genome of the extremophile crucifer Thellungiella parvula. Nature Genetics. 43, (9), 913-918 (2011).
  2. Oh, D. -H., Dassanayake, M., Bohnert, H. J., Cheeseman, J. M. Life at the extreme: lessons from the genome. Genome Biology. 13, (3), 241 (2012).
  3. Whited, J. The Next Top Models. Cell. 163, (1), 18-20 (2015).
  4. Dassanayake, M., Yun, D. O. D., Bressan, R. A., Cheeseman, J. M., Bohnert, J. H. The scope of things to come: New paradigms in biotechnology. Plant Biotechnology and Agriculture: Prospects for the 21st Century. 19-34 (2009).
  5. Dittami, S. M., Tonon, T. Genomes of extremophile crucifers: New platforms for comparative genomics and beyond. Genome Biology. 13, (8), 166 (2012).
  6. Amtmann, A. Learning from evolution: Thellungiella generates new knowledge on essential and critical components of abiotic stress tolerance in plants. Molecular Plant. 2, (1), 3-12 (2009).
  7. Oh, D. -H., Hong, H., Lee, S. Y., Yun, D. -J., Bohnert, H. J., Dassanayake, M. Genome structures and transcriptomes signify niche adaptation for the multiple-ion-tolerant extremophyte Schrenkiella parvula. Plant Physiology. 164, (4), 2123-2138 (2014).
  8. Orsini, F., et al. A comparative study of salt tolerance parameters in 11 wild relatives of Arabidopsis thaliana. Journal of Experimental Botany. 61, (13), 3787-3798 (2010).
  9. Uzilday, B., Ozgur, R., Sekmen, A. H., Yildiztugay, E., Turkan, I. Changes in the alternative electron sinks and antioxidant defence in chloroplasts of the extreme halophyte Eutrema parvulum (Thellungiella parvula) under salinity. Annals of Botany. 115, (3), 449-463 (2015).
  10. Teusink, R. S., Rahman, M., Bressan, R. A., Jenks, M. A. Cuticular waxes on Arabidopsis thaliana close relatives Thellungiella halophila and Thellungiella parvula. International Journal of Plant Sciences. 163, (2), 309-315 (2002).
  11. Jarvis, D. E., Ryu, C. H., Beilstein, M. A., Schumaker, K. S. Distinct roles for SOS1 in the convergent evolution of salt tolerance in Eutrema salsugineum and Schrenkiella parvula. Molecular Biology and Evolution. 31, (8), 2094-2107 (2014).
  12. Clough, S. J., Bent, A. F. Floral dip: A simplified method for Agrobacterium-mediated transformation of Arabidopsis thaliana. Plant Journal. 16, (6), 735-743 (1998).
  13. Koornneef, M., Meinke, D. The development of Arabidopsis as a model plant. Plant Journal. 61, (6), 909-921 (2010).
  14. Bai, J., Wu, F., Mao, Y., He, Y. In planta transformation of Brassica rapa and B. napus via vernalization-infiltration methods. Protocol Exchange. 10, 1028 (2013).
  15. Sparrow, P. A. C., Goldsack, C. M. P., Østergaard, L. Transformation technology in the Brassicaceae. Genetics and Genomics of the Brassicaceae. 505-525 (2011).
  16. Hoagland, D. R., Arnon, D. I. The water-culture method for growing plants without soil. California Agricultural Experiment Station Circular. 347, (347), 1-32 (1950).
  17. Saiki, R., et al. Primer-directed enzymatic amplification of DNA with a thermostable DNA polymerase. Science. 239, (4839), 487-491 (1988).
  18. Sun, Y., Sriramajayam, K., Luo, D., Liao, D. J. A Quick, cost-free method of purification of dna fragments from agarose gel. Journal of Cancer. 3, 93-95 (2012).
  19. Sanger, F., Nicklen, S., Coulson, A. R. DNA sequencing with chain-terminating inhibitors. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 74, (12), 5463-5467 (1977).
  20. Bertani, G. Studies on Lysogenesis I. The mode of phage liberation by lysogenic Eschericia coli. Journal of Bacteriolgy. 62, (3), 293-300 (1951).
  21. Koncz, C., Martini, N., Szabados, L., Hrouda, M., Bachmair, A., Schell, J. Specialized vectors for gene tagging and expression studies. Plant Molecular Biology Manual. 53-74 (1994).
  22. Weigel, D., Glazebrook, J. Transformation of Agrobacterium using electroporation. Cold Spring Harbor Protocols. 2006, (30), (2006).
  23. Murray, M. G., Thompson, W. F. Rapid isolation of high molecular weight plant DNA. Nucleic Acids Research. 8, (19), 4321-4326 (1980).
  24. Inan, G. Salt cress. a halophyte and cryophyte Arabidopsis relative model system and its applicability to molecular genetic analyses of growth and development of extremophiles. Plant Physiol. 135, (3), 1718-1737 (2004).
  25. Ghedira, R., De Buck, S., Nolf, J., Depicker, A. The efficiency of Arabidopsis thaliana floral dip transformation is determined not only by the Agrobacterium strain used but also by the physiology and the ecotype of the dipped plant. Molecular Plant-Microbe Interactions. 26, (7), 823-832 (2013).
  26. Shaohong, F. U., Xianya, W. E. I., Yingze, N. I. U., Shixing, G. U. O. Transformation of Brassica napus with the method of floral-dip. Biotechnology: Genomics and Its Applications. 45-49 (2005).
  27. Li, J., Tan, X., Zhu, F., Guo, J. A rapid and simple method for Brassica napus floral-dip transformation and selection of transgenic plantlets. International Journal of Biology. 2, (1), 127 (2010).
  28. Li, H. Q., Xu, J., Chen, L., Li, M. R. Establishment of an efficient Agrobacterium tumefaciens-mediated leaf disc transformation of Thellungiella halophila. Plant Cell Reports. 26, (10), 1785-1789 (2007).
  29. Wu, G., Rossidivito, G., Hu, T., Berlyand, Y., Poethig, R. S. Traffic lines: New tools for genetic analysis in Arabidopsis thaliana. Genetics. 200, (1), 35-45 (2015).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics