アラビドプシスタリアナにおけるパターン誘発酸化バーストと苗成長抑制アッセイ

Immunology and Infection

Your institution must subscribe to JoVE's Immunology and Infection section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

本論文では、免疫エリミターへの曝露後のアラビドプシス・タリアナにおける防御応答を定量化する2つの方法について、一過性酸化バーストと苗増殖の抑制について述べた。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Bredow, M., Sementchoukova, I., Siegel, K., Monaghan, J. Pattern-Triggered Oxidative Burst and Seedling Growth Inhibition Assays in Arabidopsis thaliana. J. Vis. Exp. (147), e59437, doi:10.3791/59437 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

植物は病原体を知覚し、病気から保護するために堅牢な免疫システムを進化させてきました。本論文では、エリクティター分子による治療後のアラビドプシスタリアナにおける免疫活性化の強度を測定するために使用できる2つのアッセイについて述べた。最初に提示されるのは、急速に誘発され、動的酸化バーストを捕捉する方法であり、これはルミノール系アッセイを用いて監視することができる。第2に提示されるのは、苗増殖の免疫誘発阻害を測定する方法を説明する方法である。これらのプロトコルは、高速かつ信頼性が高く、専門的なトレーニングや機器を必要とせず、植物免疫の遺伝的基礎を理解するために広く使用されています。

Introduction

病原体を知覚し防御するために、植物は微生物関連分子パターン(MAMP)1として知られている細胞外の保存された微生物分子を検出する膜結合パターン認識受容体(PRR)を進化させました。彼らの認知PRRへのMAMPの結合は、広いスペクトル疾患耐性2をもたらすタンパク質キナーゼ媒介免疫シグナル伝達を開始する。PRR活性化後の最も初期の応答の1つは、細胞外活性酸素種(ROS)の産生を触媒する一体型血漿膜呼吸バーストオキシダーゼホモログ(RBOH)タンパク質のリン酸化と活性化である3,4.ROSは、疾患耐性を確立する上で重要な役割を果たし、免疫シグナル伝達を伝播する二次メッセンジャーとして作用するとともに、直接抗菌剤5.免疫誘発性酸化バーストの最初の観察は、フィトフソラインフェタン接種6に続くcv.リシリのジャガイモ塊茎を用いて説明した。ROS産生は、葉ディスク7、細胞懸濁培養物8、およびプロトプラス6を用いていくつかの植物種で評価されている。ここで説明する、アラビドプシス・タリアナ(アラビドプシス)の葉ディスクでパターントリガROS産生をアッセイするための簡単な方法である。

MAMP知覚に対する応答として、活性RBOHタンパク質は、過酸化水素(H2 O)に変換されるスーパーオキシドラジカル(O2-)、ヒドロキシルラジカル(•OH)、およびシングルト酸素(1O2)の産生を触媒する。2)細胞外空間9中。H2O2は、酸化剤ホースラディッシュペルオキシダーゼ(HRP)10の存在下でルミノール系ケミルミネッセンスにより定量することができる。 HRPは、光10の光子を放出する不安定な中間体を生成するためにルミノールと反応する水酸化イオン(OH−)および酸素ガス(O2)を生成するH2O2を酸化する。 光子の放出は、ほとんどの分子実験室で標準的な装置となっている発光を検出することができるマイクロプレートリーダーまたはイメージャーを使用して相対光単位(LLU)として定量することができる。40〜60分間隔で生成された光を測定することにより、一過性酸化バーストは、エリキシーター処理後2〜5分後に早くも検出することができ、10〜20分でピークに達し、〜60分後に基底レベルに戻る。この時間コースで生成された累積光は、RBOHタンパク質12の活性化に対応する免疫強度の尺度として使用することができる。便利なことに、このアッセイは、特殊な機器や面倒なサンプル調製を必要としません。

MAMP検出直後にピークを迎え、酸化バーストはMAPK活性化およびエチレン産生5と共に早期免疫応答と考えられる。その後の免疫応答には、転写リプログラミング、腹腔閉鎖、およびカロース堆積2、5が含まれる。MSPへの長期暴露は、エネルギー的に高価な免疫シグナル伝達を継続的に活性化し、植物の成長の阻害をもたらし、開発と免疫13との間のトレードオフを示す。パターン誘発苗増殖抑制(SGI)は、アラビドプシスにおける免疫出力を評価するために広く使用され、PRR14、15を含む免疫シグナル伝達のいくつかの主要成分の同定に不可欠であった、16.したがって、本論文はさらに、アラビドプシスにおけるパターントリガSGIのアッセイを提示し、それによって苗は、標準的な媒体または免疫エリケータを8〜12日間補充したマルチウェルプレートで成長し、その後計量した。分析スケールを使用します。

ROSおよびSGIアッセイを使用してPRR媒介シグナリングを監視する方法を実証するために、様々な免疫出力を表す3つの遺伝子型が選択されました:(1)野生型アラビドプシス加盟コロンビア(Col-0)、(2)優勢陰性bak1-5 多機能PRR共受容体BRASSINOSTEROID無感受性1-関連キナーゼ1(BAK1)が免疫シグナル伝達17、18、および(3)劣性cpk28-1変異体において非機能である変異体は、調節タンパク質カルシウム依存性タンパク質キナーゼ28(CPK28)および高められた免疫誘発応答19,20表示する。ROSおよびSGIアッセイは、細菌伸長因子Tu(EF-Tu)の合成産生elf18ペプチドエピトープに応答して提示され、PRR EF-Tu受容体(EFR)15によってアラビドプシスで認識される。これらのプロトコルは、細菌運動性タンパク質フラゲリン14または内因性植物エリシエータタンパク質(AtPeps)16などの他の免疫エリケータと共に使用することができるが、植物の応答性は、引き出し器21.ROSおよびSGIアッセイを組み合わせることで、PRR媒介応答の早期および後期の迅速かつ定量的評価に使用できます。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. 免疫引き出し後のアラビドプシス葉ディスクにおけるROSバーストの検出

  1. 植物の成長とメンテナンス。
    1. 発芽を同期させるには、無菌0.1%寒天[w/v]の1mLで約50種を懸濁し、3〜4日間4°C(光なし)に保存してアラビドプシス種子を層化します。
      注: 野生型のバックグラウンド コントロール (Col-0 など) と、免疫出力が高く低い遺伝子型(cpk28-1bak1-5など) を内部制御として使用できます。
    2. 土壌に種をまき、標準的な短日条件(22°C、10h光、150mE/m2/s光強度、および65-70%相対湿度)の下で発芽します。
    3. 約7日後、鉗子を使用して個々の苗を新しい鉢に移植し、少なくとも4cmで分離して完全なロゼットの開発を可能にする。遺伝子型ごとに6-12の苗を移植し、標準的な短日条件に戻す。定期的に水と植物を受精(2週間ごとに20-20-20肥料の1グラム/L)。
  2. 一晩の回復のための96ウェルプレートで葉ディスクを収集します。
    1. 発芽後4~5週間(図1A)では、鋭い4mm生検パンチを使用して植物ごとに1枚の葉ディスクを除去し、中静脈を避け、創傷を制限するように注意する(図1B)。乾燥を防ぐために、100 μLのddH2 Oを含む未使用の96ウェル照明メータープレートに葉ディスクを上向きにして、アダクシャル側を上向きに配置します(図1C)。複数のイレータを評価する場合は、各エレータ処理のために同じ葉から1枚の葉ディスクを取り出します。
      注:サンプルの葉は、ロゼットの上部から3番目から5番目に完全に拡大され、変動性を制限するためにほぼ同じサイズと年齢です。可能であれば、一晩回収する前にかみそり刃を用いて葉ディスクを半分に切断し、これにより、引出液23に曝露される表面積が増加する。
    2. 葉ディスク収集中に傷によって生成されるROSの干渉を防ぐために室温で一晩回復する。蒸発を防ぐためにふたで板をカバーします。
  3. エライシャター処理を行い、ROS産生を測定します。
    1. これはROSバースト開始と記録された最初の測定値との間の時間を短縮するように、反応溶液を追加する前にプレートリーダーをプログラムします。プレート リーダーに適した商用ソフトウェアを使用します。この場合 (目次を参照)、[設定]をクリックし、LUM96 カートリッジとキネティック読み取りタイプを選択します。 [読み取り領域]カテゴリをクリックし、ドラッグして、読み取る井戸またはプレート全体のサブセットを選択します。[PMT] タブと [オプティクス]タブで、[タイミング] タブで積み込み時間を 1,000 ミリ秒に設定し、[合計実行時間]を 40 ~ 60 分に設定し、[間隔]を 2 分に設定します。
    2. マルチチャンネルピペットを使用して、各井戸から水を取り除きます。
      注:これは傷のストレスを引き起こし、より可変的なROS出力をもたらす可能性があるため、葉ディスクを穿刺しないでください。
    3. 100 μMルミノール、10 μg/mL HRP、および必要な濃度のエライケータ(例:1nMでelf18、10nM、100nM、または1,000 nM)を1つの96ウェルプレートに対して10mLの溶液を用いて無菌ddH2Oで含む反応溶液を調製する。
      注:低結合チューブに凍結乾燥性ペプチドを溶解し、10mMストックを作り、液体N2でフラッシュフリーズし、-80°Cで保存します。使用する準備ができたら、無菌H2 Oで在庫を希釈し、100μMの作業在庫を生成し、-20°Cで保存します。
    4. マルチチャネルピペットを使用して、各ウェルに反応混合物の100 μLを分配し、同時に同じ処理のすべての葉ディスクに溶液を添加する22。各遺伝子型の対照反応(エリケータなし)を含め、引き出しがない場合に基底ROSレベルを評価する。マイクロプレートリーダーを使用して、可視スペクトル内のすべての波長の発光を即座に測定します。
      注:ルミノールおよびHRPは光感受性試薬であるので、低光の下で反応溶液を準備し、適用する。試薬は氷の上または-20°Cに保管してください。
    5. マイクロプレートリーダー内の40~60分の期間で2分間隔で1,000ミリ秒の積分時間で発光を測定し、動的酸化バーストを捕捉します(図1D)。
      注:アッセイ感度11を改善するために、より長い積分時間を使用して、96ウェルプレート内のすべてのサンプルを1つの間隔内で測定できることを保証します。
  4. データ解釈。
    1. 各遺伝子型について、スプレッドシート アプリケーションを使用して、各時点における平均フォトン数と標準誤差を計算し、散布図を使用して ROS 生産を時間の関数として表示します。
      Equation 1
      t = 各タイム ポイント
    2. または、各リーフ ディスクのフォトン数を合計し、標準の誤差バーまたはボックスとウィスカープロットを含む棒グラフを使用して、各遺伝子型のこれらの値の平均を提示します。
      Equation 2

2. 苗成長抑制アッセイ

  1. 種子を殺菌し、ムラシゲとスコウグ(MS)プレートに種をまきます。
    1. 0.8%寒天[w/v]を含む無菌半強度(0.5倍)MS培地(2.16g/L)を調製します。層流フードのプレート(90 x 15 mm)にメディアを注ぎます。
    2. 70%エタノールの1mLで2分間洗浄し、吸引により除去することにより、マイクロ遠心管で約100種を殺菌します。40%漂白剤の1 mLを追加し、室温で17分間穏やかに岩を加えます。吸引で漂白剤を取り出し、無菌水の1mLで3回5分間洗う無菌0.1%寒天の1mLで再懸濁する。
      注:または、塩素ガス種子殺菌プロトコル24を使用する。
    3. ピペットを使用してMS寒天プレート上の遺伝子型当たり約100種を種まき、層流フードにマイクロポアテープでシールします。
      注:これは後で苗を移植するのが困難になりますので、近くに種子を配置することは避けてください。
    4. 発芽を同期させるために3〜4日間4°C(光なし)にプレートを置くことによって種子を層状にする(図2A)。
  2. 免疫エライケーターペプチドを含む48ウェルプレートに苗を移植する。
    1. 階層化後、短い日の条件(22°C、10 h光、150 mE/m2/s光強度、および65-70%の相対湿度)の下でプレートを光に移動し、発芽を可能にします。
    2. 層流フードでは、1%のスクロース[w/v]を含む無菌0.5x MS液媒体中に、48ウェルプレートごとに25mLのMSを用いて、滅菌0.5x MS液媒体中にエレキターペプチド希釈(0nM、1nM、10nM、100nM、および1,000nM)を調製する。ウェル当たりのペプチドを含むMS液培地またはMS培地の500μLをピペッティングしてプレートを調作する。可能な場合は、プレートの調製にリピートピペッタを使用して、プロセスを迅速化します。
      注:各遺伝子型について、苗の成長に固有の違いを説明するために、引き出しを行わずにMSで苗を育てる。
    3. 無菌鉗子を使用して、同じ大きさと年齢の各井戸に1本の苗を慎重に移植し、根に苗や破損が生じないようにし、根が媒体に沈むことを保証する。各遺伝子型について、各ペプチド希釈に最低6~8個の苗を移植する(図2B)。
      注:短い根が操作しやすく、古い苗があまり最適な結果をもたらさないため、発芽後4日間の移植苗。
    4. マイクロポアテープでプレートをシールし、標準的な短日条件(22°C、10h光、150 mE/m2/s光強度、および65-70%の相対湿度)の下で光に戻ります。苗が8-12日間成長できるようにします。
  3. 成長率の増加抑制を決定します。
    1. 48ウェルプレートから苗を慎重に取り除き、ペーパータオルを手にして乾燥させます。分析スケールと記録値で苗の重量を量ります。使用可能な場合は、USB 出力を備えた分析スケールを使用して、スプレッドシートに新しい重量値を記録します。苗の計量を行う前に、成長抑制を視覚的に表示するために写真を撮る(図2C)。
    2. MSのみで栽培された苗と比較したエリケータ処理苗の増殖抑制率を次のように決定する(図2D)。
      Equation 3
    3. 標準の誤差棒を持つ棒グラフを使用してデータをプロットするか、ボックスとウィスカープロットを使用して、実験的な分散をより良く表示します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

変異型cpk28-119、25およびbak1-517、18植物は、それぞれ酸化バーストおよびSGIにおいて、高および低免疫応答を有するゲノタイプの期待される結果を実証するために使用された。野生型のバックグラウンドコントロール(Col-0)に対するアッセイ。用量依存性効果を評価するために、elf18の10倍ペプチド希釈シリーズ(1〜1,000nM)を用いて使用した。予想通り、cpk28-1の機能喪失線はCol-0と比較して累積(図3A)と平均(図3B)ROSバーストが高かったのに対し、bak1-5は10nMの間の濃度でROS産生を減少させた。 1,000 nM (3)SGIの予想される相違は、100 nMで成長したすべてのゲノム型と1,000 nM elf18(図4A)の間で識別することができ、これはまた、1,000 nM elf18処理で視覚的に観察することができる(図4B)。高い免疫シグナル伝達の特徴は、cpk28-1変異体が1,000 nM elf18で増殖した場合Col-0よりも著しく小さく、bak1-5変異体はMAMP検出の中断によるCol-0に対して弱い増殖阻害を示した。

Figure 1
図 1.アラビドプシスにおける免疫誘導に続くルミノールベースの酸化バーストアッセイ(A)4〜5週間の短い日の条件で土壌上の植物を育てる。(B) 4mm生検パンチを使用して、各植物から葉ディスクを収集し、ddH2O. (C) 反応液(100 μMルミノール、10 μg/mL HRP、およびエライシタの所望濃度)を追加し、2分間隔で40-60分以上の発光を測定します。1,000 ミリ秒 (D) の積分時間で、Col-0 に対する各遺伝子型の平均フォトン数 (緑色で表示)、cpk28-1 (紫色で表示) などの高 ROSコントロール、bak1-5 (オレンジ色で表示) などの低 ROS コントロールを決定します。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図 2.アラビドプシスにおけるエリシター誘発苗増殖抑制アッセイ(A)MS寒天に種をまき、標準的な短日条件下で3〜4日間成長する。(B)異なる濃度のelf18を含有するMS培地またはMSを含有する48ウェルプレートに苗を移植する。(C) 8-12日後、苗の大きさを視覚的に評価し、分析尺度を使用して新鮮な体重を測定し、増殖抑制率を決定します。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 3
図 3.代表的なelf18誘発酸化性バーストは、3つのアラビドプシスゲノタイプで起述された。4週齢の植物をelf18(0 nM'モック'、1nM、10nM、100nM、および1,000nM)の希釈シリーズで処理した。Col-0 はワイルドタイプのバックグラウンドコントロールを表し、cpk28-1bak1-5はそれぞれ高 ROS 表現型と低 ROS 表現型を表します。(A) elf18処理後の相対光単位として表される光子の総数(n =6独立植物からの葉ディスク)。統計的差異は小文字で表され、ポストホックTukeyの正直有意差検定(p<0.05)を持つ一方通行の分散分析を使用して計算されました。(B)平均光子数は、相対光単位として表され、elf18処理後40分以上(n=6葉ディスクは独立植物由来)。誤差余数は、平均値の標準誤差を表します。同様の結果は、3つの実験のうちの2つで得られた。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図 4.3つのアラビドプシスゲノタイプにおける代表的なelf18誘発苗増殖抑制野生型(Col-0)、cpk28-1、およびbak1-5苗をelf18の10倍希釈シリーズ(0〜1,000nM)で栽培した。 (A) elf18で成長した個々の苗の重量(n=6個の苗)とMSのみで成長した同じ遺伝子型の苗の平均重量('mock') (n =6個別苗) を比較して増殖抑制率を算出した。10日間にわたり。統計的差異は小文字で表され、ポストホックTukeyの正直有意差検定(p<0.05)を持つ一方通行の分散分析を使用して計算されました。(B)elf18の濃度の上昇に応じてCol-0、cpk28-1、およびbak1-5の2つの代表的な苗種におけるSGIの視覚的なデモンストレーション。 同様の結果は、4つの実験のうち3回で得られた。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

本論文では、アラビドプシスにおけるパターン誘発免疫応答をアッセイする2つの方法について述べ、特殊な装置を使用せずに免疫出力を評価する定量的アプローチを提供する。組み合わせで、パターントリガROSとSGIは、それぞれ微生物知覚に対する早期および後期の応答を評価するために使用することができる。

酸化バーストアッセイの主な制限は変動性です。完全に理解されていない理由から、絶対 LRL は実験間の大きさによって異なることがよくあります。実験間の変動性が高いため、野生型制御(Col-0など)に加えて、高い(例えば、cpk28-1)と低い(例えば、bak1-5)酸化バーストを含めるのが良い。しかし、実験間の再現性を高めるための対策を講じることができる。温度、湿度、光周期、光強度などの環境条件は、反復間で同一である必要があります。サンプリング時には、植物の年齢と健康も考慮する必要があります。葉ディスクは、短い日の条件(光の6〜10時間)の下で成長した年齢の4〜7週間の間にある植物から収集することができます。逸話的に,最も一貫性のある結果は、発芽後6週間より古い植物で見つかったが、まだ開花または老化していない。彼らは粉末状のカビや噛む昆虫などの一般的なガラスハウスの害虫にさらされていないように、きれいな環境室で植物を育てることが重要です。SGIの苗は無菌MS培中に栽培されており、より短時間では環境変動はほとんど問題ではない。しかし、移植中に苗が損傷した場合、エレクター治療用に選択された苗が異なる場合、または成長培った培方が汚染された場合には、変動が生じることがあります。SGI実験にも上述した内部基準制御ジェノタイプを含めるのが推奨される。

免疫アッセイを行う際のエクリエーター濃度は、もう一つの重要な考慮事項です。引出器はPRによって知覚され、その結果、引出器処理後10〜20分でピークに達する迅速かつ堅牢なROSバーストが生じる(図2B)。しかし、バーストの大きさは、植物の遺伝子型と同様に、引出器の両方に依存します。したがって、図3および図4に示すように、適切な引出剤濃度を同定するために、引出剤用量シリーズが推奨される。パターントリガROSはまた、生きた微生物23、26または微生物抽出物26、27、28を持つ葉ディスクを接種することによってアッセイすることができる。例えば、一過性および用量依存性ROSバーストは、シュードモナスシリンゲの悪性病原性に応答してアラビドプシスで検出され、35〜40分でピークに達し、引き出し後約70分で基底レベルに達する23歳,29.鳥類細菌29または真菌病原体P.インフェ団30、31に応答して、6〜10時間後に監視することができるROSの第2のより顕著な蓄積が生成される接種。真菌キチン32やキトサン33のような弱い引出剤の場合、ルミノール誘導体L-012のようなより敏感な発光指標を使用することができますが、生成されるバックグラウンド信号は、多くの場合、より高い32、34.重要なことに、植物のエコタイプはまた、特定の引出器35、36に対する応答性を指示します。例えば、細菌フラグリンはCol-0を含むいくつかのアラビドプシスエコタイプで免疫応答を引き出すことができるが、ワシレフスキヤ(Ws-0)エコタイプはPRRフラグリンセンシング2(FLS2)の非機能的変異体を表し、したがって、フラゲリン14、37に無感覚。

免疫誘発ROSはまた、ブラシカナプス38、トマト39、ニコチアナベンタミアナ22、40、41含む他の二種植物の葉ディスクで観察することができるいくつかの他のソラナス種41.組織抽出物10、細胞懸濁培養物8、42、およびプロトプラスト43を用いて植物用に追加のルミノール系ROS検出アッセイが開発され、システムにおいて特に有用であるリーフ ディスク プロトコルが有効でない場合42.例えば、誘発性ROSバーストは、米42、44および小麦45、46、ならびにジムノスパームアラウカリアアングスティフォリアにおける細胞懸濁培養培養物を用いて記載されている。47と苔フィスコミトレラパテンス48.SGIは、免疫シグナル伝達を測定するために広く使用されていません。しかしながら、エリキサに対する応答における増殖阻害は、N.ベンタミアナ41およびB.ナプス38、49において実証されている。急速な成長阻害はまた、暴露の2分以内に生じる真菌キチンに応答してP.パテンスで実証されており、これはタイムラプス写真48を用いて観察することができる。

変更により、SGIと酸化バーストアッセイの両方を、ハイスループットスクリーンに使用して免疫調節剤を識別することができます。例えば、アラビドプシスの変異集団は、MS培地上で増殖し、無感受性変異体15、50、51、52、53を同定するためにエリミターであふれかえることができる。あるいは、変異型集団は、MSプレート19上で成長したリーフディスク54および全苗の両方で正常に実行されたエレクタ誘発ROSについて評価することができる。もう一つの有用なスクリーニング方法は、トランスジェニック過剰発現行22、40、55の開発前のROS分析のためのN.ベンタミアナにおけるタンパク質の一過性発現である。しかしながら、N.ベンタミアナ葉22における微分タンパク質発現による安定なアラビドプシスラインよりも実験中変動が高いが、これは浸透参照によって部分的に軽減することができるが、実験サンプルと同じ葉のコントロール。

要約すると、免疫誘発酸化バーストおよびSGIアッセイは、アラビドプシスにおけるPRR媒介シグナル伝達を評価するための迅速かつ信頼性の高い方法である。これらの方法は他のシステムに拡張され、新しい免疫調節を明らかにするために大規模なスクリーンに使用することができる。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

なし。

Acknowledgments

私たちの研究室での仕事は、カナダの天然資源工学研究評議会(NSERC)ディスカバリープログラム、カナダイノベーション財団ジョンR.エバンスリーダーズファンド、クイーンズ大学を通じて資金提供されています。KSとISは、マスター学生のためのオンタリオ州大学院奨学金とNSERCカナダ大学院奨学金(CGS-M)によってサポートされています。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
20-20-20 Fertilizer Plant Prod 10529 Mix 1g/L in water and apply to plants every 2 weeks for optimal growth.
4 mm Biopsy Punch Medical Mart 232-33-34-P A cork borer set with a 0.125 cm^2 surface area can also be used.
48-Well Sterile Plates with Lid Sigma-Aldrich CLS3548
Analytical Scale with Draft Sheid VWR VWR-225AC Any standard analytical scale can be used for growth inibition assays, however, a direct computer output is optimal.
BioHit mLine Mechanical 12 Multichannel Pipette (30-300 uL) Sartorius 725240 Any multichannel pipette can be used, as can a single pipetter if necessary.
elf18 (Ac-SKEKFERTKPHVNVGTIG) EZ Biolab cp7211 Store 10 mM stock peptide at -80C in low protein binding tubes. When thawed, store 100 uM working stock at -20C.
Forceps Fisher Scientific 22-327379
Horseradish Peroxidase Sigma-Aldrich P6782 Dissolve in pure water. Store at -20C and away from light.
Luminol Sigma-Aldrich A8511 Dissolve in DMSO. Store at -20C and away from light.
Murisage and Skoog Basal Salts Cedarlane Labs MSP09-100LT Store at 4C.
Soil SunGrow Horticulture Sunshine Mix #1 Other soil types can also be used to grow Arabidopsis. Mix with water when filling pots.
SpectraMax Paradigm Multi Mode Microplate Reader with LUM Module Molecular Devices Must request a quote Any plate reader capable of detecting luminescence can be used for these assays.
Sucrose Sigma-Aldrich S0389-1KG Store at room temperature.
White Polystyrene 96-Well Plates Fisher Scientific 07-200-589

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Couto, D. E., Zipfel, C. Regulation of pattern recognition receptor signalling in plants. Nature Reviews Immunology. 16, 537-552 (2016).
  2. Boller, T., Felix, G. A Renaissance of Elicitors: Perception of Microbe-Associated Molecular Patterns and Danger Signals by Pattern-Recognition Receptors. Annual Review of Plant Biology. 60, 379-406 (2009).
  3. Marino, D., Dunand, C., Puppo, A., Pauly, N. A burst of plant NADPH oxidases. Trends in Plant Science. 56, (8), 1472-1480 (2012).
  4. Kadota, Y., Shirasu, K., Zipfel, C. Regulation of the NADPH Oxidase RBOHD during Plant Immunity. Plant and Cell Physiology. 56, (8), 1472-1480 (2015).
  5. Yu, X., Feng, B., He, P., Shan, L. From chaos to harmony: responses and signaling upon microbial pattern recognition. Annual Review of Phytopathology. 55, 109-137 (2017).
  6. Doke, N. Involvement of superoxide anion generation in the hypersensitive response of potato tuber tissues to infection with an incompatible race of Phytophthora infestans and to the hyphal wall components. Physiological Plant Pathology. 23, (3), 345-357 (1983).
  7. Bindschedler, L. V., et al. Peroxidase-dependent apoplastic oxidative burst in Arabidopsis required for pathogen resistance. The Plant Journal. 47, (6), 851-863 (2006).
  8. Keppler, L. D. Active Oxygen Production During a Bacteria-Induced Hypersensitive Reaction in Tobacco Suspension Cells. Phytopathology. 110, (3), 759-763 (1989).
  9. Wrzaczek, M., Brosché, M., Kangasjärvi, J. ROS signaling loops - production, perception, regulation. Current Opinion in Plant Biology. 16, (5), 575-582 (2013).
  10. Warm, E., Laties, G. G. Quantification of hydrogen peroxide in plant extracts by the chemiluminescence reaction with luminol. Phytochemistry. 21, (4), 827-831 (1982).
  11. Trujillo, M. Analysis of the lmmunity-Related Oxidative Bursts by a Luminol-Based Assay. Methods in Molecular Biology. 1398, 323-329 (2016).
  12. Nühse, T. S., Bottrill, A. R., Jones, A. M. E., Peck, S. C. Quantitative phosphoproteomic analysis of plasma membrane proteins reveals regulatory mechanisms of plant innate immune responses. The Plant Journal. 51, (5), 931-940 (2007).
  13. Belkhadir, Y., Yang, L., Hetzel, J., Dangl, J. L., Chory, J. The growth-defense pivot: Crisis management in plants mediated by LRR-RK surface receptors. Trends in Biochemical Sciences. 39, (10), 447-456 (2014).
  14. Gómez-Gómez, L., Felix, G., Boller, T. A single locus determines sensitivity to bacterial flagellin in Arabidopsis thaliana. The Plant Journal. 18, (3), 277-284 (1999).
  15. Zipfel, C., et al. Perception of the Bacterial PAMP EF-Tu by the Receptor EFR Restricts Agrobacterium-Mediated Transformation. Cell. 125, (4), 749-760 (2006).
  16. Krol, E., et al. Perception of the Arabidopsis danger signal peptide 1 involves the pattern recognition receptor AtPEPR1 and its close homologue AtPEPR2. Journal of Biological Chemistry. 285, (18), 13471-13479 (2010).
  17. Schwessinger, B., et al. Phosphorylation-dependent differential regulation of plant growth, cell death, and innate immunity by the regulatory receptor-like kinase BAK1. PLoS Genetics. 7, (4), e1002046 (2011).
  18. Roux, M., et al. The Arabidopsis Leucine-Rich Repeat Receptor-Like Kinases BAK1/SERK3 and BKK1/SERK4 Are Required for Innate Immunity to Hemibiotrophic and Biotrophic Pathogens. The Plant Cell. 23, (6), 2440-2455 (2011).
  19. Monaghan, J., et al. The calcium-dependent protein kinase CPK28 buffers plant immunity and regulates BIK1 turnover. Cell Host and Microbe. 16, (5), 605-615 (2014).
  20. Wang, J., et al. A Regulatory Module Controlling Homeostasis of a Plant Immune Kinase. Molecular Cell. 69, (3), 493-504 (2018).
  21. Mott, G. A., et al. Genomic screens identify a new phytobacterial microbe-associated molecular pattern and the cognate Arabidopsis receptor-like kinase that mediates its immune elicitation. Genome Biology. 17, 98 (2016).
  22. Sang, Y., Macho, A. P. Analysis of PAMP-Triggered ROS Burst in Plant Immunity. Methods in Molecular Biology. 1578, 143-153 (2017).
  23. Smith, J. M., Heese, A. Rapid bioassay to measure early reactive oxygen species production in Arabidopsis leave tissue in response to living Pseudomonas syringae. Plant Methods. 10, (1), 6 (2014).
  24. Lindsey, B. E., Rivero, L., Calhoun, C. S., Grotewold, E., Brkljacic, J. Standardized Method for High-throughput Sterilization of Arabidopsis Seeds. Journal of Visualized Experiments. 128, (2017).
  25. Matschi, S., Werner, S., Schulze, W. X., Legen, J., Hilger, H. H., Romeis, T. Function of calcium-dependent protein kinase CPK28 of Arabidopsis thaliana in plant stem elongation and vascular development. The Plant Journal. 73, (6), 883-896 (2013).
  26. Felix, G., Duran, J. D., Volko, S., Boller, T. Plants have a sensitive perception system for the most conserved domain of bacterial flagellin. The Plant Journal. 18, (3), 265-276 (2002).
  27. Kunze, G., Zipfel, C., Robatzek, S., Niehaus, K., Boller, T., Felix, G. The N Terminus of Bacterial Elongation Factor Tu Elicits Innate Immunity in Arabidopsis Plants. The Plant Cell. 16, (12), 3496-3507 (2004).
  28. Zipfel, C., et al. Bacterial disease resistance in Arabidopsis through flagellin perception. Nature. 428, (6984), 764-767 (2004).
  29. Mur, L. A. J., Kenton, P., Draper, J. In planta measurements of oxidative bursts elicited by avirulent and virulent bacterial pathogens suggests that H2O2 is insufficient to elicit cell death in tobacco. Plant, Cell and Environment. 28, (4), 548-561 (2005).
  30. Kobayashi, M., et al. Calcium-dependent protein kinases regulate the production of reactive oxygen species by potato NADPH oxidase. The Plant Cell. 19, (3), 1065-1080 (2007).
  31. Yoshioka, H., et al. Induction of Plant gp91 phox Homolog by Fungal Cell Wall, Arachidonic Acid, and Salicylic Acid in Potato. Molecular Plant-Microbe Interactions. 14, (6), 725-736 (2001).
  32. Klauser, D., Flury, P., Boller, T., Bartels, S. Several MAMPs, including chitin fragments, enhance AtPep-triggered oxidative burst independently of wounding. Plant Signaling and Behavior. 8, (9), e25346 (2013).
  33. El Gueddari, N. E., Rauchhaus, U., Moerschbacher, B. M., Deising, H. B. Developmentally regulated conversion of surface-exposed chitin to chitosan in cell walls of plant pathogenic fungi. New Phytologist. 156, (1), 103-112 (2002).
  34. Daiber, A., et al. Detection of superoxide and peroxynitrite in model systems and mitochondria by the luminol analogue L-012. Free Radical Research. 38, (3), 259-269 (2004).
  35. Bauer, Z., Gómez-Gómez, L., Boller, T., Felix, G. Sensitivity of Different Ecotypes and Mutants of Arabidopsis thaliana toward the Bacterial Elicitor Flagellin Correlates with the Presence of Receptor-binding Sites. Journal of Biological Chemistry. 276, (49), 45669-45676 (2001).
  36. Vetter, M. M., et al. Flagellin perception varies quantitatively in arabidopsis thaliana and its relatives. Molecular Biology and Evolution. 29, (6), 1655-1667 (2012).
  37. Chinchilla, D. The Arabidopsis Receptor Kinase FLS2 Binds flg22 and Determines the Specificity of Flagellin Perception. The Plant Cell. 18, (2), 465-476 (2006).
  38. Lloyd, S. R., Schoonbeek, H., Trick, M., Zipfel, C., Ridout, C. J. Methods to Study PAMP-Triggered Immunity in Brassica Species. Molecular Plant-Microbe Interactions. 27, (3), 286-295 (2014).
  39. Clarke, C., Vinatzer, B. Characterizing the Immune-Eliciting Activity of Putative Microbe-Associated Molecular Patterns in Tomato. Methods in Molecular Biology. 1578, 249-261 (2017).
  40. Gimenez-Ibanez, S., Hann, D. R., Chang, J. H., Segonzac, C., Boller, T., Rathjen, J. P. Differential Suppression of Nicotiana benthamiana Innate Immune Responses by Transiently Expressed Pseudomonas syringae Type III Effectors. Frontiers in Plant Science. 9, 688 (2018).
  41. Wei, Y., et al. The Ralstonia solanacearum csp22 peptide, but not flagellin-derived peptides, is perceived by plants from the Solanaceae family. Plant Biotechnology Journal. 16, (7), 1349-1362 (2018).
  42. Melcher, R. L. J., Moerschbacher, B. M. An improved microtiter plate assay to monitor the oxidative burst in monocot and dicot plant cell suspension cultures. Plant Methods. 12, 5 (2016).
  43. Perraki, A., et al. Phosphocode-dependent functional dichotomy of a common co-receptor in plant signalling. Nature. 561, (7722), 248-252 (2018).
  44. Yamaguchi, K., Kawasaki, T. Chitin-Triggered MAPK Activation and ROS Generation in Rice Suspension-Cultured Cells. Methods in Molecular Biology. 1578, 309-316 (2017).
  45. Ortmann, I., Conrath, U., Moerschbacher, B. M. Exopolysaccharides of Pantoea agglomerans have different priming and eliciting activities in suspension-cultured cells of monocots and dicots. FEBS Letters. 580, (18), 4491-4494 (2006).
  46. Ortmann, I., Sumowski, G., Bauknecht, H., Moerschbacher, B. M. Establishment of a reliable protocol for the quantification of an oxidative burst in suspension-cultured wheat cells upon elicitation. Physiological and Molecular Plant Pathology. 64, (5), 227-232 (2004).
  47. Dos Santos, A. L. W., El Gueddari, N. E., Trombotto, S., Moerschbacher, B. M. Partially acetylated chitosan oligo- and polymers induce an oxidative burst in suspension cultured cells of the gymnosperm Araucaria angustifolia. Biomacromolecules. 9, (12), 3411-3415 (2008).
  48. Bressendorff, S., Rasmussen, M., Petersen, M., Mundy, J. Chitin-Induced Responses in the Moss Physcomitrella patens. Methods in Molecular Biology. 317-324 (2017).
  49. Lloyd, S. R., Ridout, C. J., Schoonbeek, H. Methods to Quantify PAMP-Triggered Oxidative Burst, MAP Kinase Phosphorylation, Gene Expression, and Lignification in Brassicas. Methods in Molecular Biology. 1578, 325-335 (2017).
  50. Gómez-Gómez, L., Boller, T. FLS2: An LRR Receptor-like Kinase involved in the perception of the bacterial elicitor flagellin in Arabidopsis. Molecular Cell. 5, (6), 1003-1011 (2000).
  51. Li, J., et al. Specific ER quality control components required for biogenesis of the plant innate immune receptor EFR. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 106, (37), 15973-15978 (2009).
  52. Lu, X., et al. Uncoupling of sustained MAMP receptor signaling from early outputs in an Arabidopsis endoplasmic reticulum glucosidase II allele. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 106, (52), 22522-22527 (2009).
  53. Nekrasov, V., et al. Control of the pattern-recognition receptor EFR by an ER protein complex in plant immunity. EMBO Journal. 28, (21), 3428-3438 (2009).
  54. Boutrot, F., et al. Direct transcriptional control of the Arabidopsis immune receptor FLS2 by the ethylene-dependent transcription factors EIN3 and EIL1. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 107, (32), 14502-14507 (2010).
  55. Kadota, Y., et al. Direct Regulation of the NADPH Oxidase RBOHD by the PRR-Associated Kinase BIK1 during Plant Immunity. Molecular Cell. 54, (1), 43-55 (2014).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics