Author Produced

集中治療室の中央静脈カテーテルに正の変位を持つ針のないコネクタをセットアップするプロトコル

Medicine

Your institution must subscribe to JoVE's Medicine section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

我々は、中央静脈カテーテル上の正の変位を伴う針のないコネクタの取付けを示すプロトコルを提示する。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Clavier, T., Franchina, S., Lefevre-Scelles, A., Gouin, P., Besnier, E., Veber, B. A Protocol to Set Up Needle-Free Connector with Positive Displacement on Central Venous Catheter in Intensive Care Unit. J. Vis. Exp. (149), e59801, doi:10.3791/59801 (2019).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

針のないコネクタは、医療従事者の血液暴露を避けるために最初に設計され、促進されました。いくつかの最近のデータは、最新世代のコネクタ(正の変位を伴う)が中心静脈線感染を減らすために興味を持つかもしれないことを示唆している。私たちは、集中治療室で数年間針なしのコネクタを使用しており、ここでは中央静脈カテーテルにこれらのコネクタをインストールするためのプロトコルを提示します。カテーテルの挿入とラインの透過性の制御の後、コネクタは接続される前に0.9%NaClでパージされなければなりません。コネクタは注入の停止コックおよび多岐に使用されるすべての使い捨て可能な帽子を取り替える。すべてのコネクタは、製造元の推奨どおりに 7 日ごとに変更されます (コネクタを即座に変更する必要があるマクロ汚染がある場合を除く)。各注射の前に、コネクタは70%イソプロピルアルコールで少なくとも3秒間消毒する必要があります。インジェクションはデバイスを介して行われるため、コネクタを切断してはなりません(変更しない限り)。コネクタをセットアップすると、カテーテルの設置に必要な合計時間がわずかに増加し、これらのコネクタが感染性または血栓性合併症の発生率を減少させるという正式な証拠はありません。しかし、これらの装置は中央静脈ラインの管理を簡素化し、無菌に取付けられた後にカテーテル回路が「開く」のを防ぐ。

Introduction

中央静脈カテーテル関連感染症(CRI)は、集中治療室(ICU)における中央静脈カテーテルの重篤な合併症である。CRIの減少は、常に存在する目標であり、「ゼロカテーテル関連感染」の最終目標1.針のないコネクタは、医療従事者の血液暴露を避けるために最初に設計され、促進されました。コネクタには、分割中隔(内部可動部品なし)と閉じたバルブシステム(内部可動部品)の2つの主要な設計がありますが、両方の設計を1つのコネクタ2に組み合わせることができます。針のないコネクターは、オスのLuerバルブの切断後に発生する流体変位のタイプに応じて分類されます:陰性(カテーテルへの血液還流)、中性、および陽性(カテーテル内髄から血液を押し出して)2,3.

いくつかのコネクタは、カテーテル関連感染症の原因として記載されており、特に集中治療室(ICU)4、5、6.内部の複雑さを最小限に抑えた新世代の針フリーコネクタ、間質またはデッドスペースの削減または排除、適切なフラッシュ技術を評価するための可視流体経路、およびフラットアクセス面などは、リスクを低減するように設計されています。感染症の。インビトロでは、これらのコネクタは、低細菌の植民地化7を示している。これらのコネクタを製造する実験室からの世界的な推奨事項があります。しかし、カテーテル8にそれらをインストールする方法の実用的な説明はありません。したがって、各チームが異なる方法でそれらを使用する可能性があります。そこで,ICUの中央静脈線にこれらのコネクタを設置するための形式化されたプロトコルを提案する.

私達はICUの内部シリコーンピストンが付いている肯定的な圧力の針なしのコネクター(PPNC)の取付けを提示するが、このプロトコルはあらゆる肯定的な変位弁と適用可能である。この弁は正の変位が付いている機械針自由なコネクターである。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. コネクタと注入ラインの準備

  1. コネクタを無菌で取得します。
  2. 3 ウェイエクステンション ストップコックでは、ストップコックの各ソケットに 1 コネクタをねじ込み、延長線の端に 1 つのコネクタをねじ込みます。延長およびラインをパージするために50 mLの注射器で0.9%NaClを取る。ストップコックの 2 つのコネクタを使用して、0.9% NaCl を使用して各 3 ウェイ拡張機能をパージします。
  3. 注入マニホールドを取る。各シングルユースキャップのネジを外します。キャップを交換するために、マニホールドの各ソケットにネジ1コネクタ。各ストップコックを順番に回して、各コネクタを通して注入ラインをパージします。
    注:このステップの最後に、パージされたコネクタと3ウェイストップコックとパージされたコネクタを持つ注入マニホールドを持つ3つの拡張機能があります。

2. カテーテルの配置

  1. ユニットまたは前述のプロトコル9の通常の練習に従って、中央静脈カテーテルを無菌に置く。
  2. 血液の吸引によって各ラインの透過性を確認し、0.9%NaCl血清の再注入。ラインをクランプします。

3. コネクタの取り付け

  1. 各3ウェイエクステンションストップコックのエクステンションコネクタを各カテーテルラインにねじ込みます。これらのコネクタは、カテーテルの線に直接接続され、「近位コネクタ」です。行のクランプを解除します。
  2. 遠位線の3ウェイストップコックのコネクタのいずれかに注入マニホールドラインを接続します。
    注:マニホールドまたはエクステンションに静脈ガードを配置する必要はありません。

4. コネクタと注入ラインの使用

  1. 各注入の前に、70%イソプロピルアルコールに浸した無菌圧縮で3sのコネクタの端部を消毒する。ねじ込みと注入によって、シリンジまたはチューブをコネクタに直接接続します。注射または注入後、デバイスのネジを外します。コネクタを取り外さないで下さい。
  2. 必要に応じて、3 mLの生理生理生理で未使用のラインをすすいで下します。静脈ガードと未使用のラインをクランプまたは注入する必要はありません。ラインが浸透していない場合でも、近位弁を所定の位置に残します。

5. コネクタおよび注入ラインの交換とメンテナンス

  1. 近位コネクタを除き、7 日ごとにコネクタを常に変更してください。したがって、毎週、看護師は、無菌状態で3ウェイストップコックと注入マニホールドで延長を準備します(ステップ1を参照)。
  2. 近位弁で使用されるエクステンションをねじ込み、近位コネクタのカテーテルに新しい無菌およびパージされたエクステンションをねじ込みます(ステップ3を参照)。
  3. 近接コネクタを変更する場合にのみ、(カテーテルを「閉じた」システムで維持するために)汚れている場合にのみ変更してください。
  4. マクロスコピック汚染の場合は、0.9%NaClの10 mLでコネクタをすすいでください。それでも汚染がある場合は、コネクタを交換してください。輸血の場合、脂質溶液(例えばプロポフォール)または非経口栄養の注入は、24時間ごとに関係する線のチューブおよびコネクタを変更する。
  5. 各ユニットのプラクティスとプロトコルに従って、他の注入ラインとチューブを変更します。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

すべての要素が配置されると、カテーテルは2つの注入ライン間のほぼすべてのジャンクションにコネクタを持っています(図1)。したがって、各ラインに近位コネクタがあり、3 ウェイ拡張のソケットに 2 つのコネクタがあります (2)。各注入ラインには、すべてのメスソケットにコネクタがあります(図3)。アセンブリが所定の位置に置かれると、任意の注入または注入(連続または不連続)は、消毒後、注入ラインまたは延長のコネクタのいずれかを介して行われなければならない(図4)。

コネクタを所定の位置に維持すると、注入システムを閉じたままにし、無菌に取り付けられ、細菌汚染のリスクを最小限に抑えます。我々の前の研究の1つは、これらのデバイスを数年にわたって前向きに分析した最初の研究は、コネクタの導入をフレーミングする6年間の間にCRI発生率の有意な減少を示した(図5)10。この作業では、コネクタを使用する前の CRI の発生率は、コネクタ10を使用した後の 6.2 CRI/1000 カテーテル日対 2.7 CRI/1000 カテーテル日でした。また、コネクタ使用開始後のCRIの増加は見つからず(図5)、CRI10に関与する細菌種の種類に関しては有意差はなかった。これらの使用の間にこれらのコネクタの使用に関連する特定の合併症を特定していません。

Figure 1
図1:コネクタを配置した後のカテーテルのグローバルビュー。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図2:3ウェイ延長ストップコック(B)上の近位コネクタ(A)とコネクタを備えたカテーテルの近位部。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 3
図 3: コネクタ付き 4 ポートマニホールド。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図 4: コネクタを通る注入の手順。(A) 70%のイソプロピルアルコールでコネクタの表面を3秒間消毒する。コネクタが乾くまで待ちます。(B) シリンジまたはインフューザーの先端をコネクタに挿入します。(C) 薬を注入または注入する。(D) 注射器または注入器を取り外します。この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 5
図5:コネクタの使用前後におけるカテーテル関連感染発生率の進化Clavier et al.10から撮影した図この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

コネクタをセットアップすると、カテーテルの設置に必要な合計時間がわずかに増加します。しかし、その使用にはいくつかの利点があります:非注入ラインのための連続的な生理生理生理知灌流を維持する必要はありません、必要に応じてラインの注入の迅速な停止(例えば、患者の緊急輸送の場合)、いくつかの単一使用キャップを使用する必要はありません注入ラインを閉じるために1日に何回。コネクタの使用は特定の合併症なしでカテーテルの注入ラインの毎日の使用を簡単にする。これらのPPNCコネクタの4年間の経験の間に、これは他のタイプのコネクタ11で説明されている間、迅速な流体投与との合併症がないことに留意すべきです。注入システムを閉じたままにするためには、コネクタを取り付ける際に完全な無血症を維持することが不可欠です。さらに、汚染のためのコネクタの定期的な検査は、関係するコネクタをすすいで変更し、細菌の増殖を避けるために不可欠です。最近の研究は、血管アクセス装置の細菌のコロニー形成を防ぐための脈動フラッシュ技術のインビトロ効果を報告するが、この技術は針のないコネクタ12上で直接評価されていない。この種のコネクタの技術的な側面のために、看護師は日常の練習でこれらのコネクタを使用する前に訓練されなければなりません。この文脈では、血管内デバイスを管理するための安全な方法である無菌非タッチ技術の使用は、非常に関連しています13.したがって、コネクタを設定した後でも、コネクタとの直接接触を可能な限り最小限に抑え、汚染のリスクを最小限に抑える必要があります。この文脈では、針のないコネクタ上の消毒キャップの使用は、コネクタとの接触を制限するのに役立ち、中心線関連血流感染を減らすに有効である14.

延長管、停止コックおよびマニホールドを含めることはシステムの複雑さを高め、停止コックおよびマニホールド15の汚染の危険にそれを露出させる。延長および注入ラインの私たちの選択は忍耐強い安全および伝染性の危険の間のバランスの反射の結果である。ICUでは、特定の薬物の連続的な途切れない注入(例えば、カテコールアミン、系酸化)が不可欠である。私たちのプロトコルでは、3ウェイ延長ストップコックの使用は、患者のための安全の保証である注入を中断することなく、薬物リレーを容易に行うことを可能にする。灌流ラインを持つユニークな4ポートマニホールドの使用は、同時にいくつかの薬物(例えば、抗生物質、鎮痛薬、インスリン)の注入を可能にするが、これらのマニホールドの数は、感染のリスクを防ぐために制限されるべきである。

いくつかの研究は、植民地化とカテーテル感染を防ぐために閉鎖システムに興味を示しています16,17.さらに、いくつかの研究は、PPNC 10、18、19を使用した後カテーテル感染の減少を報告している。これらのコネクタは血栓性カテーテル閉塞を減少させる可能性もあるが、針のないコネクタとカテーテル閉塞20、21との間の直接的な因果関係を結論付けるには不十分な証拠がある。さらに、文献内のデータは、これらのデバイスの安全かつ長期的な使用をサポートしています 10,16,19.しかし、異なる部門は、注入ラインにコネクタをマウントするために異なる方法を使用する場合があり、ほとんどの研究は、カテーテルにコネクタをインストールするために使用される方法を説明していません。コネクタに関する研究では、チーム間の実践の潜在的な違いをより良く評価するために、インストール プロトコルを報告することは興味深いように見えるかもしれません。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

TC、PGおよびBVは以前にPPNC弁に関する研究を行った。BDは、この前の作品のコネクタを提供しましたが、試験開始、研究設計、データ収集、データ分析、データ解釈、レポートの作成、または提出の決定には役割がありませんでした。他の著者は何も開示していない。このプロトコルの草案は、2013年にCarefusionコンサルタントによる検証で正式化されました。

Acknowledgments

著者たちは、ルーアン大学病院のニッキー・サボリン・ギブスに感謝しています。著者らは、ルーアン大学病院のコミュニケーション部門と医療トレーニングセンターのチームがビデオ撮影に参加してくれたことに感謝したいと思います。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
BD MaxZero™ needle-free connector Becton Dickinson MZ1000-07 we present the installation of the connector with MaxZero but this protocol is applicable with any positive displacement valve.
4-port mannifold with PE/PVC extension Cair-LGL RPB4310A
PE/PVC extension line with 3-way stopcock Cair-LGL PE3302M
NaCl 0.9% 250 ml Baxter 2B1322
BD Plastipak™ 50mL Luer-Lock Syringe BECTON DICKINSON MEDICAL 613-3925

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Worth, L. J., McLaws, M. L. Is it possible to achieve a target of zero central line associated bloodstream infections. Current Opinion in Infectious Diseases. 25, (6), 650-657 (2012).
  2. Kelly, L. J., Jones, T., Kirkham, S. Needle-free devices: keeping the system closed. British Journal of Nursing (Mark Allen Publishing). 26, (2), 14-19 (2017).
  3. Casey, A. L., Karpanen, T. J., Nightingale, P., Elliott, T. S. The risk of microbial contamination associated with six different needle-free connectors. British Journal of Nursing (Mark Allen Publishing). 27, (2), 18-26 (2018).
  4. Salgado, C. D., Chinnes, L., Paczesny, T. H., Cantey, J. R. Increased rate of catheter-related bloodstream infection associated with use of a needleless mechanical valve device at a long-term acute care hospital. Infection Control and Hospital Epidemiology. 28, (6), 684-688 (2007).
  5. Jarvis, W. R. Health care-associated bloodstream infections associated with negative- or positive-pressure or displacement mechanical valve needleless connectors. Clinical Infectious Diseases: An Official Publication of the Infectious Diseases Society of America. 49, (12), 1821-1827 (2009).
  6. Btaiche, I. F., Kovacevich, D. S., Khalidi, N., Papke, L. F. The effects of needleless connectors on catheter-related bloodstream infections. American Journal of Infection Control. 39, (4), 277-283 (2011).
  7. Chernecky, C., Waller, J. Comparative evaluation of five needleless intravenous connectors. Journal of Advanced Nursing. 67, (7), 1601-1613 (2011).
  8. Infusion Resource Library - BD. 67, (7), Available from: https://www.bd.com/en-us/offerings/capabilities/infusion/infusion-resource-library?contenttype=22_productline=115 1601-1613 (2019).
  9. Kim, S. C., Klebach, C., Heinze, I., Hoeft, A., Baumgarten, G., Weber, S. The supraclavicular fossa ultrasound view for central venous catheter placement and catheter change over guidewire. Journal of Visualized Experiments. (94), 52160 (2014).
  10. Clavier, T., et al. Impact of MaxZeroTM needle-free connector on the incidence of central venous catheter-related infections in surgical intensive care unit. Australian Critical Care: Official Journal of the Confederation of Australian Critical Care Nurses. (2018).
  11. Lehn, R. A., Gross, J. B., McIsaac, J. H., Gipson, K. E. Needleless connectors substantially reduce flow of crystalloid and red blood cells during rapid infusion. Anesthesia and Analgesia. 120, (4), 801-804 (2015).
  12. Ferroni, A., et al. Pulsative flushing as a strategy to prevent bacterial colonization of vascular access devices. Medical Devices (Auckland, N.Z). 7, 379-383 (2014).
  13. Flynn, J. M., Keogh, S. J., Gavin, N. C. Sterile v aseptic non-touch technique for needle-less connector care on central venous access devices in a bone marrow transplant population: A comparative study. European Journal of Oncology Nursing: The Official Journal of European Oncology Nursing Society. 19, (6), 694-700 (2015).
  14. Merrill, K. C., Sumner, S., Linford, L., Taylor, C., Macintosh, C. Impact of universal disinfectant cap implementation on central line-associated bloodstream infections. American Journal of Infection Control. 42, (12), 1274-1277 (2014).
  15. Mermel, L. A., Bert, A., Chapin, K. C., LeBlanc, L. Intraoperative stopcock and manifold colonization of newly inserted peripheral intravenous catheters. Infection Control and Hospital Epidemiology. 35, (9), 1187-1189 (2014).
  16. Rosenthal, V. D., Maki, D. G. Prospective study of the impact of open and closed infusion systems on rates of central venous catheter-associated bacteremia. American Journal of Infection Control. 32, (3), 135-141 (2004).
  17. Bouza, E., et al. A needleless closed system device (CLAVE) protects from intravascular catheter tip and hub colonization: a prospective randomized study. The Journal of Hospital Infection. 54, (4), 279-287 (2003).
  18. Tabak, Y. P., Jarvis, W. R., Sun, X., Crosby, C. T., Johannes, R. S. Meta-analysis on central line-associated bloodstream infections associated with a needleless intravenous connector with a new engineering design. American Journal of Infection Control. 42, (12), 1278-1284 (2014).
  19. Wallace, M. C., Macy, D. L. Reduction of Central Line-Associated Bloodstream Infection Rates in Patients in the Adult Intensive Care Unit. Journal of Infusion Nursing: The Official Publication of the Infusion Nurses Society. 39, (1), 47-55 (2016).
  20. Btaiche, I. F., Kovacevich, D. S., Khalidi, N., Papke, L. F. The effects of needleless connectors on catheter-related thrombotic occlusions. Journal of Infusion Nursing: The Official Publication of the Infusion Nurses Society. 34, (2), 89-96 (2011).
  21. Williams, A. Catheter Occlusion in Home Infusion: The Influence of Needleless Connector Design on Central Catheter Occlusion. Journal of Infusion Nursing: The Official Publication of the Infusion Nurses Society. 41, (1), 52-57 (2018).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics