アルキノンスを用いた4-ニトロニトロイソベンゼンのシクロ添加による3-アロイル-N-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの直接、レジオ選択的および原子経済的合成

Chemistry

Your institution must subscribe to JoVE's Chemistry section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

3-アロイル-N-ヒドロキシ-5-ニトロインドールを、一段階の熱手順で共役末端アルキノンと共役末端アルキノンを用いた4-ニトロニトロゾベンゼンのシクロ添加により合成した。ニトロソアレンおよびアルキノンの調製は、対応するアニリンおよびアルキノール上の酸化手順を通じてそれぞれ十分に報告された。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations | Reprints and Permissions

Scapinello, L., Maspero, A., Tollari, S., Palmisano, G., Nicholas, K. M., Penoni, A. A Direct, Regioselective and Atom-Economical Synthesis of 3-Aroyl-N-hydroxy-5-nitroindoles by Cycloaddition of 4-Nitronitrosobenzene with Alkynones. J. Vis. Exp. (155), e60201, doi:10.3791/60201 (2020).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

エチニルケトンによるニトロソアレンのアニュル化による3代用インドールの合成のためのレジジオ選択的および原子経済的手順を導入した。反応は、触媒を含まず、優れた再ギオ選択性を有するインドールを達成して行った。2-アロイリンドール産物の痕跡は検出されなかった。4-ニトロニトロイソベンゼンを出発原料として、反応混合物から沈殿させた3-アロイル-N-ヒドロキシ-5-ニトロインドール生成物を、それ以上の精製技術なしで濾過して単離した。対応するN-ヒドロキシ-3-アリールインドールとは異なり、溶液中で自発的に、脱水ジメ体化産物を与え、N−ヒドロキシ−3-アロイルインドールは安定であり、二量体化化合物は観察されなかった。

Introduction

芳香族C-ニトロソ化合物1およびアルキノン2は、高い貴重な化合物の調製のための出発材料として連続的かつ深く使用され、研究されている多目的な反応物である。ニトロソアレンは有機合成においてますます成長する役割を果たしています。それらは、多くの異なる目的のために使用される(例えば、ヘテロ・ディールス・アルダー反応3、4、ニトロソ・アルドール反応5、6、ニトロソ-エネ反応7、アゾコンパウンド8、9、10の合成)。ごく最近では、異なるヘテロ環状化合物11、12、13を手に入れる出発原料としても使用された。過去数十年の間に、共役のynonesは、多くの高い貴重な誘導体およびヘテロ環製品14、15、16、17、18の達成における非常に興味深く有用な足場としての役割について調査された。C-ニトロソ芳香族は、ペルオキシモノ硫酸カリウムとして異なる酸化剤を用いた対応する、市販のアニリンの酸化反応によって得ることができる(KHSO5·0.5KHSO4·0.5K2 SO4)19,Na2WO4/H2O20, Mo(VI)-錯体/H221,23,セレンシデンシデンス24.アルキノンは、種々の酸化剤(MnO2 26およびデスマルタン歯内27としてジョーンズの試薬または軽度の反応剤としても知られているCrO3 25)を用いた対応するアルキノールの酸化によって容易に調製される。アルキノールは、市販のアリールアルデヒドまたはヘテロアライルアルデヒド28と臭化エチニルマグネシウムの直接反応によって達成することができる。

インドールはおそらく最も研究されたヘテロ環状化合物であり、インドール誘導体は、多くの異なる研究分野で広く、様々な用途を有する。薬化学者と材料科学者の両方が、異なる機能と潜在的な活動をカバーする多くのインドールベースの製品を生産しました。インドール化合物は、多くの研究グループによって調査されており、インドールフレームワークを含む天然の製品および合成誘導体の両方が、関連性および特異な特性を示29、30、31、32である。インドール化合物の過多のうち、3-アロイリンドールは生物学的活性を示す分子の間で関連する役割を有する(図1)。異なるインドール製品は、潜在的な新規薬33になるために医薬品候補の多様なクラスに属しています。合成および天然に存在する3-アロイリンドールは、抗菌性、抗糖尿病、鎮痛薬、抗ウイルス性、抗炎症、抗薬、抗糖尿病および抗癌剤34、35としての役割を果たすることが知られている。「1-ヒドロキシインドール仮説」は、インドールアルカロイド36、37、38、39の生合成および機能化におけるN-ヒドロキシインドールの生物学的役割を支持する興味深く刺激的な仮定として、染色と同僚によって挑発的に導入された。この仮定は、最近、関連する生物学的活性を示す多くのエンドゲンN-ヒドロキシヘテロ環状化合物の観察によって強化され、プロドラッグ40として多くの目的のための興味深い役割を示す。近年では、 新しい活性医薬成分の探索により、天然物および生理活性化合物で異なるN-ヒドロキシインドール断片が検出され、発見されたことを明らかにした(図2):ステファシジンB41およびコプロボリン42は抗腫瘍アルカロイド、チアゾマイシン43(AおよびD)、ノトアミドG44およびノカタシン45、46、47(I,III, III, III,抗生物質は、オパカリンB48は、アシディアン偽形腫オパカム由来の天然アルカロイドであり、ビルンビンAおよびBは、ロイココプリヌスビルンビンイイ49由来の2つの顔料である。LDH-A(乳酸デヒドロゲナーゼ-A)の新しく効率的なN-ヒドロキシインドール系阻害剤および細胞内の乳酸変換へのグルコースを減少させる能力は、50、51、52、53、54、55、56を開発した。他の研究者は、生物学的活性を示さなかったインドール化合物が、N−ヒドロキシ基57の挿入後に有用なプロ薬物となったことを繰り返した。

議論のモチーフは、N-ヒドロキシインドールの安定性であり、これらの化合物のいくつかは、新しい化合物のクラスの形成につながるデヒドロジマー化反応を容易に与え、その後、カブタネス58、59、60、61、新しいC-C結合および2つの新しいC-O結合の形成によって改名した。安定なN-ヒドロキシインドールの重要性のために、このような化合物の容易な調製のための異なる合成アプローチの研究は、基本的なトピックになります。我々の一部による以前の研究では、カドガン・スンドベルク型反応による分子内細胞化が、ニトロスチレンとニトロスティルベンを出発原料として用いて報告された62.過去数十年間で、インドール、N-ヒドロキシおよびN-アルコキシインドールを主要製品として分子間的な方法で異なるアルキンを持つニトロとニトロソアレンの間に新しいサイクロアシンを開発しました(図3)。

初めに、芳香族および脂肪族アルキン63、64、65、66、67を用いて、反応は、カルキン(10または12倍)の大過剰で行われ、時にはアルバタンの形成を避けるためにアルキル条件下で行った。3-置換インドール産物は、適度〜良好な収率でレジオ選択的に達成された。電子不良アルキンを用いて、特権基質として4-エチニルピリミジン誘導体のように、1/1ニトロソアレン/アルキンモル比68を用いて、このワンポット合成プロトコルの反応を行うことができた。このプロトコルにより、キナーゼ阻害剤の興味深いクラスを子午線として、アプリジウム子午線69から単離した海洋アルカロイドを、浸入手順を経て子午線に対する異なるアプローチを示す調製した(図4)68。メリジアニンは、一般に、これまでに、あらかじめ形成されたインドール反応物から始まる合成ツールで製造された。私たちの知る限りでは、わずか数の方法論は、化入化手順68、70を介して子午線またはメリジアニン誘導体の全合成を報告した。

電子不良アルキンの使用に関するより最近の開発では、化入れ手順の基質として末端アルキノンの採用を試験する価値があり、これにより3-アロイル-N-ヒドロキシインドール産物71、72を手に入れる分子間合成技術を開示することにつながった。子午線の調製のために研究したプロセスと同様に、末端アライラルキノン化合物を用いて1/1 Ar-N=O/Ar-(C=O)-Chモル比を用いた(図5)。特権的な出発物質としてアルキノンを用いて、一般的なインドール合成は、広い基質調査を探索し、ニトロソアレンと芳香族イノンの両方で置換基の性質を変化させる異なる反応物で行われた。C-ニトロロマチ性化合物の電子引き出し基は、反応時間と生成物の両方の改善を観察するに至りました。これらの化合物の安定したライブラリーを容易に利用できる興味深い合成アプローチは非常に有用であり、予備研究の後、アルキノンと4-ニトロニトロソベンゼンとの間のこのストイチオメトリック反応を用いて合成プロトコルを最適化し、安定した3-アロイル-N-ヒドロキシ-5-ニトロインドールを手に入れた。基本的に、N-ヒドロキシインドールへのこの容易なアクセスは、ニトロソアレンとアルキノンの間のシクロ付加反応が非常に原子経済的なプロセスであるとして、私たちを証拠に導いた。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Protocol

1. ジョーンズ試薬の予備準備

  1. 磁気攪拌バーを含む500mLビーカーにスパチュラを使用して、三酸化クロム25g(0.25モル)を加えます。
  2. 75 mLの水を加え、溶液を磁気攪拌下に保ちます。
  3. 氷水浴でゆっくりと25mLの濃硫酸を加え、慎重に攪拌・冷却します。
    注:これで、ソリューションは準備ができて、安定しており、多くの酸化手順に使用できます。この手順で調製した溶液の濃度は2.5Mである。

2. 1-フェニル-2-プロペン-1-オンの合成

  1. 磁気攪拌バーを含むオープンエアの丸底フラスコにアセトンを75mL加えます。
  2. ガラスパスツールピペットを介して1-フェニル-2-プロピネ-1-オールの2.0 g(15.13ミリモル)を追加します。
  3. 反応混合物を0°Cに保ち、磁気攪拌下に置きます。
  4. 永続的なオレンジ色の存在になるまで、ジョーンズ試薬の溶液をドロップワイズ追加します。
  5. Cr(VI)反応物の過剰が緑色の点まで消費されるまで、2-プロパノールをドロップワイズで追加します。
  6. 珪藻土のパッドを通して溶液をフィルタリングします。
  7. 油を得る回転式蒸発によって洗浄を濃縮する。
  8. CH2Cl2の油を100mLに溶解し、セパレータ漏斗に入れます。
  9. この有機相をNaHCO3(2 x 125 mL)の飽和溶液で洗浄します。
  10. 有機層を塩水(125mL)で洗浄します。
  11. 無水Na2SO4の上に有機溶液を乾燥させ、それを濾過する。
  12. 黄色固体(定量収率)として1-フェニル-2-プロピアン-1-1-1の1.77gを得る溶液を蒸発させる。
  13. 固体を真空中で乾燥させたままにしておきます。
  14. 1H-NMR による分析と特徴付け。

3. 4-ニトロニトロソベンゼンの調製

  1. ペルオキシモノ硫酸カリウム16gを加える(2KHSO5·KHSO4·K2SO4)(26mmol)をビーカーにヘラを用いて、磁気攪拌バーを含む空気に開放する。
  2. 150 mLの水を加え、磁気攪拌下で溶液を0°Cに保ちます。
  3. へらを使って4-ニトロアニリン(26モル)の3.6gを加えます。
  4. 室温で懸濁液をかき混ぜます。
  5. 4-ニトロアニリン(Rf4-ニトロアニリン=0.44、Rf4-ニトロニトロソベンゼン=0.77;)の完全な変換までTLCによる反応を確認してください。CH2Cl2を溶出剤として)。
  6. 48時間後にブフナー上の粗反応混合物をろ過する。
  7. ソリッドをワンネックの丸い底フラスコに入れます。
  8. メタノール(50mL)で固体を再結晶する。
  9. メタノールの沸点までヒートガンを使用して懸濁液を温め、すぐにホットサスペンションをろ過します。
  10. 固体を廃棄し、最終的に別の再結晶のためにそれを再利用します。
  11. 溶液が室温に達したときにエルレンマイヤーフラスコに形成された第2の沈殿物をろ過します。
  12. 固体をブーフナー漏斗の真空で乾燥させたままにしておきます。
  13. 1H-NMRにより固体を特徴付け。

4. 3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの合成

  1. すべてのオーブン乾燥ガラス製品(磁気攪拌バー、ストップコック、冷媒と真空/窒素システムに接続するためのジョイントを含む250 mLの2首の丸い底のフラスコ)を接続し、30分間真空下に置きます。
  2. 室温で、真空/窒素のいくつかのサイクルの後、窒素ですべてのガラス製品を洗い流し、不活性雰囲気の下に残します。
  3. 不活性雰囲気下で4-ニトロニトロソベンゼンの1.52g(10mmol)を加えます。
  4. 1-フェニル-2-プロピネ-1-1-1-1-1の1.30 g(10ミリモル)を加えます。
  5. シリンジを介して80mLのトルエンを加え、80°Cで磁気攪拌下で反応混合物を保ちます。
  6. 数分後、反応物の完全な可溶化を確認します。
  7. 80°Cで約30~40分後にオレンジ沈殿物の形成を確認します。
  8. オレンジ色の固体(約2.5時間)の完全な沈殿後、加熱をオフにし、室温に達するために反応を残します。
  9. 混合物を濾過し、ブーフナー漏斗上のオレンジ色の固体として3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールを収集します。
  10. 乾燥するために真空下に置いてください。
  11. 1H-および13C-NMR、FT-IR、および HRMS によって固体製品を分析し、特徴付けします。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Representative Results

6に報告されたペルオキシモノ硫酸カリウムとの反応により4-ニトロアニリン1の酸化により4-ニトロニアニリン2の調製が達成された。生成物2は、MeOHで再結晶後の収率64%(2回)で得られ、4,4'-ビスニトロ-アゾキシベンゼン6の3-5%汚染を有した。生成物2の構造を1H-NMRで確認した(図7)。 1H-NMR (400 MHz, CDCl3):δ = 8.53 (d, J = 8.8 Hz, 2H), 8.07 (d, J = 8.8 Hz, 2H)

1-フェニル-2-プロピネ-1-1-1-1-1-1の調製は、図8に報告されているようにジョーンズ試薬との1-フェニル-2-プロピネ-1-ol3の酸化によって与えられた。 生成物4を90%収率で黄色固体として単離し、構造を1H-NMRにより確認した(図9)。1H-NMR (400 MHz, CDCl3):δ = 8.10 (d, J = 7.4 Hz, 2H), 7.57 (t, J = 7.4 Hz, 1H), 7.43 (t, J = 7.4 Hz, 2H), 3.36 (s, 1H).

10に報告されているように、3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの合成は、4-ニトロニトロゾベンゼン2と1-フェニル-2-プロピネ-1-1-1-4の熱反応により80°Cのトルエンで行われた。 インドール化合物5は、2.5時間後に濾過することにより58%収率で単離した。アゾキシ誘導体6、CH2Cl2/ヘキサン=6/4を溶離液として用いたクロマトグラフィー後の母液の主要産物として22%収率で単離した。生成物6の構造は1H-NMRにより確認した(図11)。 1H-NMR (400 MHz, CDCl3):δ = 8.47 (d, J = 9.2 Hz, 2H), 8.35 (d, J = 9.2 Hz, 2H), 8.30 (d, J = 9.2 Hz, 2H), 8.23 (d, J = 9.2 Hz, 2H).化合物5の構造は、FT-IR、1H-NMR(図12)、13C-NMR(図13)およびHRMS(図14および図15)によって決定した。

FT-IR (KBr ディスク): 1619, 1560, 1518, 1336, 850, 817, 740, 700 cm-1.1H-NMR (400 MHz, DMSO-d6):δ = 12.68 (s, 1H, bs), 9.16 (d, J = 2.3 Hz, 1H)、8.38(s,1H)、8.22(dd、J =9.0 Hz、J = 2.3 Hz、1H)、7.85(d、J = 7.2 Hz、2H)、7.74(d、J = 9.0 Hz、1H)、7.66(t、J= 7.2 Hz、1H)、7.58(T、TH、TH)。 13年C-NMR (400 MHz, DMSO-d6):δ = 188.94, 143.24, 139.19, 136.58, 136.40, 131.81, 128.61, 128.53, 122.05, 118.81, 118.25, 110.96, 11.10.HRMS (ESI-) C15H10N2O4のカルク : 281.0562 ([M-1]);見つかった: 281.0565.HRMS (ESI+) C15H10N2O4用のカルク: 283.0719 ([M+1]), 305.0538 [M+Na];見つかった: 283.0713, 305.0532.

1化合物2、4、5および6についてH-NMRスペクトルが得られた。13年化合物5についてC-NMRが得られた。異なる記載がない限り、すべてのスペクトルを室温で回収した。ESIイオン化(正および負)有する化合物5に対して高分解能質量スペクトルを得た。化合物5に対してIRスペクトルが得られた。

Figure 1
図1:生物学的活性を示す異なる3-アロイリンドール化合物。クロメタシン(抗炎症薬)、プラバドリン(鎮痛薬)、JWH-018(CB1およびCB2受容体のアゴニスト)およびBPR0L075(抗物質および抗血管剤)。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 2
図2:天然および合成N-ヒドロキシインドールのいくつかの例。ビルンビンズA及びBは、2つの有毒な黄色顔料化合物、乳酸デヒドロゲナーゼ阻害剤、ニュージーランドのアシディアン由来の細胞傷害性海洋アルカロイドのコプロボリン、ステフシジンBは真菌アスペルギルス・オクラセウスから分離された抗腫瘍アルカロイドである

Figure 3
図3:分子間化手順におけるこれまでの研究結果アルキンを用いたニトロ-およびニトロソアレンのシクロ添加によるインドール、N-ヒドロキシインドールおよびN-アルコキシインドールの合成この図のより大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 4
図4:天然物の調製に対する合成アプローチの応用エチニルピリミジン化合物によるC-ニトロソ芳香族のアニュレーションによるメリディアンニンおよび類似体の合成この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 5
図5:アルキノンを用いた最近の動向共役イノンを用いた4-ニトロニトロゾベンゼンの環化による3-アロイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの合成この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 6
図6:4-ニトロアニリンの酸化による4-ニトロニトロソベンゼンの調製ニトロソ基に対するアミノ基の選択的酸化。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 7
7:4-ニトロニトロソベンゼンの1H-NMRスペクトル(2)。典型的なAA'BB'分割パターンを次に示します。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 8
図8:1-フェニル-2-プロピネ-1-オールの酸化による1-フェニル-2-プロピネ-1-1の調製ケトンにアルコールの選択的酸化。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 9
9:1-フェニル-2-プロピネ-1-オン(4)のH-NMRスペクトルを1示す。末端アルキンの単一を有する単置換芳香族化合物のスペクトル。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 10
図10:3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドール(5)の2および4のシクロ添加による合成。末端イノンとニトロソアレンから始まるインドールのレジジオ選択的合成。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 11
図11:4,4'-ビス-ニトロアゾキシベンゼンの1H-NMRスペクトル(6)。 主要な副産物については、典型的な二重AA'BB'分割パターンをここに示します。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 12
図12:3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの1H-NMRスペクトル(5)。スペクトルは、3,5−ジ置換−N−ヒドキシインドールの芳香族置換パターンを示す。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 13
図13:133 3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドールのC-NMRスペクトル(5)。第四炭素原子の6つのシグナルと第3の炭素原子のための7つの信号。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 14
図14:HRMS(ESI-)スペクトルの3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドール(5)。標的化合物の負イオン化モード質量分析法。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Figure 15
図15:HRMS(ESI+)スペクトルの3-ベンゾイル-1-ヒドロキシ-5-ニトロインドール(5)。標的化合物の正イオン化モード質量分析法。この図の大きなバージョンを表示するには、ここをクリックしてください。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Discussion

ニトロソアレンとアルキノンの間のインドール合成のための反応は、非常に高い汎用性と強く、広いアプリケーションを示しています。以前のレポートでは、異なるC-ニトロソ芳香族および置換末端アリールルキノンまたはヘテロイラルキノン72で動作する合成プロトコルを一般化することができました。この手順は、深い基質調査と高い官能基耐性を示し、電子引き出し基と電子供与基の両方がニトロソアレンとアルキノンの両方に存在していた。

1-フェニル-2-プロピアン-1-オンを用いた4-ニトロニトロソベンゼンのシクロ添加によるインドロール化のための単一の手順をここで代表的な反応として報告した。部分的な調査の後、トルエンは、最良の溶媒として発見された。我々のプロトコルを実施し、反応混合物から沈殿した3−ベンゾイル-1−ヒドロキシ-5-ニトロインドール5。インドール生成物は、それ以上の精製なしに濾過によって単離された固体中に見つかった唯一の化合物であった。母液の分析により、未反応アルキノン4と共に主要な窒素含有副産物として4,4'-ディニトロアゾキシベンゼン6の唯一の存在を発見し、検出し、クロマトグラフィー(Rfアゾキアレン=0.36、Rfアルキノン=0.30)によりクロマトグラフィーによって精製されました(Rfアゾキアレン=0.36およびRfアルキノン=6/40)。アゾキシベンゼンは、出発原料としてニトロソアレンとの反応の典型的な副産物である。非常に最近では、このクラスの化合物がC-ニトロソ芳香族73の還元脱酸素結合を介して多種多様な有機溶媒で行われる熱反応の主要生成物として選択的に得ることができると報告された。当社72によって導入された手順では、異なるアルキノンを有する4-ニトロニトロゾベンゼンを用いて、3-アロイル(ヘテロアロイル)-N-ヒドロキシ-5-ニトロインドールの沈殿が常に12以上の化合物を得ることが観察された。強い電子引き出し置換基を示す他のC-ニトロソ芳香族は、3-アロイル-1-ヒドロキシインドールおよび/または3-アロイリンドール産物の形成を一般的に与えた。電子リッチニトロソアレンを用いて、3-アロイリンドールのみが検出された。すべてのインドールは、適度に良好な収率で生産されました。並列研究は最近、反応メカニズムの調査と、より高い収率で標的化合物を与えようとする条件の最適化に専念した研究室で始まりました。第1の沈殿物の濾過後に生成物収率を上昇させ、反応の母液に4-ニトロニトロソベンゼンと同等のものを添加し、混合物を加熱することができる。この添加および第2の実行は、さらなる沈殿の形成につながり、インドール産物の別のアリクォートを達成する。ニトロソアレンは、溶液中でも固体としても、ダイマー74として存在し得ることはよく知られている。これはおそらくアゾキサレンの形成を支持する方法です。この側の生成物の形成は、アルキノンを伴うシクロ添加にニトロソアレンの2つの等価物を差し引く。アゾキシ化合物の調製のための機械的仮説は、チュアンと同僚73によって提案された。原則として、インドロ化手順は、ニトロソ芳香族化合物の高希釈においておそらくより良く働く。高濃度は、アゾキシ化合物の形成と強く結びついている競争的二量体化のためのアキレのかかとである可能性があります。このトピックでは、ニトロソアレンのゆっくりとした添加で反応を実行しようと計画しており、流れ反応手順を実験的に行う装置を設定することが有用である可能性があります。近い将来、さらなる実験が行われる予定です。我々はまだ3-アロイリンドールの形成を説明するために固体機械論的予想を構築しませんでした.それにもかかわらず、以前の報告では、アリールアセチレンと協力して、最も妥当な中間体がおそらくディグラジ種67であると判断する3-アリンドールの形成のメカニズムを研究することができた。炭素窒素結合が最初に形成され、続いて炭素結合の形成を介した回合が行う。

アルキノンの使用は、現在の研究のための重要なポイントであり、末端のynonesの調製は簡単な手順です。1-フェニル-2-プロピアン-1-オールは、唯一の市販のアリールルキノールです。異なるアリールルキノンおよびヘテロアリラルキノンの調製は、異なる市販の芳香族およびヘテロ芳香族アルデヒドから容易に行われた。これらの最後の化合物を臭化エチニルマグネシウムで処理し、-78°Cで行うことが多い反応によりアルキノールを生成した。得られた二次プロパルギルアルコホルを、異なる薬剤25、26、27との反応により酸化した。この手順は、安定した固体化合物として末端のynonesを余裕を持つにつながりました。ニトロソアレンは、対応するニトロ芳香族およびアニリネードとは異なり、容易に市販されず、対応するアニライン19、20、21、22、23、24の酸化によって調製された。酸化や還元によるニトロソ化合物のインシツ形成による合成アプローチの研究に役立つ可能性があります。Ragainiと同僚による最近の研究は、ニトロ芳香族前駆体75、76、77、78から始まるC-ニトロソ芳香族の形成を報告した。インドールを選択的かつ非常に高い原子経済性で生み出すことができる新規な発色プロトコルの発見、導入、研究および応用は、合成有機化学において関連するトピックであり、ニトロソアレンとアルキノンの間のサイクライゼーションを通じたこの方法論は、異なる研究群に有用であり得ると確信している。

Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

Disclosures

著者たちは何も開示する必要はない。

Acknowledgments

エンリカ・アルベルティ博士とマルタ・ブラッカ博士は、NMRスペクトルの収集と登録を認めされています。フランチェスコ・ティビレッティ博士とガブリエラ・イエローニモ博士の有益な議論と実験的支援に感謝します。

Materials

Name Company Catalog Number Comments
4-Nitroaniline TCI Chemicals N0119
Acetone TCI Chemicals A0054
1-Phenyl-2-propyne-1-ol TCI Chemicals P0220
Celite 535 Fluorochem 44931
Dichloromethane TCI Chemicals D3478
Sodium hydrogen carbonate Sigma Aldrich S5761
Sodium chloride Sigma Aldrich 746398
Sodium sulfate anhydrous Sigma Aldrich 239313
Oxone TCI Chemicals O0310
Methanol TCI Chemicals M0628
Toluene TCI Chemicals T0260
Chromium Trioxide Sigma Aldrich 236470
Dichloromethane anhydrous TCI Chemicals D3478
Hexane anhydrous TCI Chemicals H1197

DOWNLOAD MATERIALS LIST

References

  1. Vančik, H. Aromatic C-nitroso Compounds. Springer. Dordrecht. (2013).
  2. Whittaker, R. E., Dermenci, A., Dong, G. Synthesis of Ynones and Recent Application in Transition-Metal-Catalyzed Reactions. Synthesis. 48, (2), 161-183 (2016).
  3. Carosso, S., Miller, M. J. Nitroso Diels-Alder (NDA) reaction as an efficient tool for the functionalization of diene-containing natural products. Organic Biomolecular Chemistry. 12, (38), 7445-7468 (2014).
  4. Maji, B., Yamamoto, H. Catalytic Enantioselective Nitroso Diels-Alder Reaction. Journal of the American Chemical Society. 137, (50), 15957-15963 (2015).
  5. Momiyama, N., Yamamoto, H. Enantioselective O- and N-Nitroso Aldol Synthesis of Tin Enolates. Isolation of Three BINAP-Silver Complexes and Their Role in Regio- and Enantioselectivity. Journal of the American Chemical Society. 126, (17), 5360-5361 (2004).
  6. Hayashi, Y., Yamaguchi, J., Sumiya, T., Shoji, M. Direct proline-catalyzed asymmetric alpha-aminoxylation of ketones. Angewandte Chemie International Edition. 43, (9), 1112-1115 (2004).
  7. Adam, W., Krebs, O. The Nitroso Ene Reaction: A Regioselective and Stereoselective Allylic Nitrogen Functionalization of Mechanistic Delight and Synthetic Potential. Chemical Reviews. 103, (10), 4131-4146 (2003).
  8. Merino, E. Synthesis of azobenzenes: the coloured pieces of molecular materials. Chemical Society Reviews. 40, (7), 3835-3853 (2011).
  9. Yu, B. C., Shirai, Y., Tour, J. M. Syntheses of new functionalized azobenzenes for potential molecular electronic devices. Tetrahedron. 62, (44), 10303-10310 (2006).
  10. Priewisch, B., Rück-Braun, K. Efficient Preparation of Nitrosoarenes for the Synthesis of Azobenzenes. The Journal of Organic Chemistry. 70, (6), 2350-2352 (2005).
  11. Wu, M. Y., He, W. W., Liu, X. Y., Tan, B. Asymmetric Construction of Spirooxindoles by Organocatalytic Multicomponent Reactions Using Diazooxindoles. Angewandte Chemie International Edition. 54, (32), 9409-9413 (2015).
  12. Sharma, P., Liu, R. S. [3+2]-Annulations of N-Hydroxy Allenylamines with Nitrosoarenes: One-Pot Synthesis of Substituted Indole Products. Organic Letters. 18, (3), 412-415 (2016).
  13. Wróbel, Z., Stachowska, K., Grudzień, K., Kwast, A. N-Aryl-2-nitrosoanilines as Intermediates in the Two-Step Synthesis of Substituted 1,2-Diarylbenzimidazoles from Simple Nitroarenes. Synlett. 22, (10), 1439-1443 (2011).
  14. Oakdale, J. S., Sit, R. K., Fokin, V. V. Ruthenium-Catalyzed Cycloadditions of 1-Haloalkynes with Nitrile Oxides and Organic Azides: Synthesis of 4-Haloisoxazoles and 5-Halotriazoles. Chemistry a European Journal. 20, (35), 11101-11110 (2014).
  15. Abbiati, G., Arcadi, A., Marinelli, F., Rossi, E. Sequential Addition and Cyclization Processes of α,β-Ynones and α,β-Ynoates Containing Proximate Nucleophiles. Synthesis. 46, (6), 687-721 (2014).
  16. Zhang, Z., et al. Chiral Co(II) complex catalyzed asymmetric Michael reactions of β-ketoamides to nitroolefins and alkynones. Tetrahedron Letters. 55, (28), 3797-3801 (2014).
  17. Bella, M., Jørgensen, K. A. Organocatalytic Enantioselective Conjugate Addition to Alkynones. Journal of the American Chemical Society. 126, (18), 5672-5673 (2004).
  18. Karpov, A. S., Merkul, E., Rominger, F., Müller, T. J. J. Concise Syntheses of Meridianins by Carbonylative Alkynylation and a Four-Component Pyrimidine Synthesis. Angewandte Chemie Internationa Edition. 44, (42), 6951-6956 (2005).
  19. Krebs, O. Dissertation, Wurzburg. Wurzburg. available at http://www.bibliothek.uni-wuerzburg.de from the OPUS server (2002).
  20. Mel'nikov, E. B., Suboch, G. A., Belyaev, E. Y. Oxidation of Primary Aromatic Amines, Catalyzed by Tungsten Compounds. Russian Journal of Organic Chemistry. 31, (12), 1640-1642 (1995).
  21. Porta, F., Prati, L. Catalytic synthesis of C-nitroso compounds by cis-Mo(O)2(acac)2. Journal of Molecular Catalysis. A: Chemical. 157, (1-2), 123-129 (2000).
  22. Biradar, A. V., Kotbagi, T. V., Dongare, M. K., Umbarkar, S. B. Selective N-oxidation of aromatic amines to nitroso derivatives using a molybdenum acetylide oxo-peroxo complex as catalyst. Tetrahedron Letters. 49, (22), 3616-3619 (2008).
  23. Defoin, A. Simple Preparation of Nitroso Benzenes and Nitro Benzenes by Oxidation of Anilines with H2O2 Catalysed with Molybdenum Salts. Synthesis. 36, (5), 706-710 (2004).
  24. Zhao, D., Johansson, M., Bäckvall, J. E. In Situ Generation of Nitroso Compounds from Catalytic Hydrogen Peroxide Oxidation of Primary Aromatic Amines and Their One-Pot Use in Hetero-Diels-Alder Reactions. European Journal of Organic Chemistry. (26), 4431-4436 (2007).
  25. Pigge, F. C., et al. Structural characterization of crystalline inclusion complexes formed from 1,3,5-triaroylbenzene derivatives-a new family of inclusion hosts. Journal of Chemical Society, Perkin Transactions 2. (12), 2458-2464 (2000).
  26. Scansetti, M., Hu, X., McDermott, B., Lam, H. W. Synthesis of Pyroglutamic Acid Derivatives via Double Michael Reactions of Alkynones. Organic Letters. 9, (11), 2159-2162 (2007).
  27. Ge, G. C., Mo, D. L., Ding, C. H., Dai, L. X., Hou, X. L. Palladacycle-Catalyzed Reaction of Bicyclic Alkenes with Terminal Ynones: Regiospecific Synthesis of Polysubstituted Furans. Organic Letters. 14, (22), 5756-5759 (2012).
  28. Maeda, Y., et al. Oxovanadium Complex-Catalyzed Aerobic Oxidation of Propargylic Alcohols. The Journal of Organic Chemistry. 67, (19), 6718-6724 (2002).
  29. Gribble, G. W. Indole Ring Synthesis: from Natural Products to Drug Discovery. Wiley & Sons Ltd. Chichester. (2016).
  30. Palmisano, G., et al. Synthesis of Indole Derivatives with Biological Activity by Reactions Between Unsaturated Hydrocarbons and N-Aromatic Precursors. Current Organic Chemistry. 14, (20), 2409-2441 (2010).
  31. Youn, S. W., Ko, T. Y. Metal-Catalyzed Synthesis of Substituted Indoles. Asian Journal of Organic Chemistry. 7, (8), 1467-1487 (2018).
  32. Bugaenko, D. I., Karchava, A. V., Yurovskaya, M. A. Synthesis of indoles: recent advances. Russian Chemical Reviews. 88, (2), 99-159 (2019).
  33. Kuo, C. C., et al. BPR0L075, a Novel Synthetic Indole Compound with Antimitotic Activity in Human Cancer Cells, Exerts Effective Antitumoral Activity in Vivo. Cancer Research. 64, (13), 4621-4628 (2004).
  34. Kaushik, N. K., et al. Biomedical Importance of Indoles. Molecules. 18, (6), 6620-6662 (2013).
  35. El Sayed, M. T., Hamdy, N. A., Osman, D. A., Ahmed, K. M. Indoles as anti-cancer agents. Advances in Modern Oncology Research. 1, (1), 20-35 (2015).
  36. Somei, M., et al. The Chemistry of 1-Hydroxyindole Derivatives: Nucleophilic Substitution Reactions on Indole Nucleus. Heterocycles. 34, (10), 1877-1884 (1992).
  37. Somei, M., Fukui, Y. Nucleophilic Substitution Reaction of 1-Hydroxytryptophan and 1-Hydroxytryptamine Derivatives (Regioselective Syntheses of 5-Substituted Derivatives of Tryptophane and Tryptamine. Heterocycles. 36, (8), 1859-1866 (1993).
  38. Somei, M., Fukui, Y., Hasegawa, M. Preparations of Tryptamine-4,5-dinones, and Their Diels-Alder and Nucleophilic Addition Reactions. Heterocycles. 41, (10), 2157-2160 (1995).
  39. Somei, M. The Chemistry of 1-Hydroxyindoles and Their Derivatives. Journal of Synthetic Organic Chemistry (Japan). 49, (3), 205-217 (1991).
  40. Rani, R., Granchi, C. Bioactive heterocycles containing endocyclic N-hydroxy groups. European Journal of Medicinal Chemistry. 97, 505-524 (2015).
  41. Escolano, C. Stephacidin B, the avrainvillamide dimer: a formidable synthetic challenge. Angewandte Chemie, International Edition. 44, (47), 7670-7673 (2005).
  42. Blunt, J. W., Munro, M. H. G. Coproverdine, a Novel, Cytotoxic Marine Alkaloid from a New Zealand Ascidian Sylvia Urban. Journal of Natural Products. 65, (9), 1371-1373 (2002).
  43. Li, W., Huang, S., Liu, X., Leet, J. E., Cantone, J., Lam, K. S. N-Demethylation of nocathiacin I via photo-oxidation. Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters. 18, (14), 4051-4053 (2008).
  44. Tsukamoto, S., et al. Notoamides F-K, Prenylated Indole Alkaloids Isolated from a Marine-Derived Aspergillus sp. Journal of Natural Products. 71, (12), 2064-2067 (2008).
  45. Nicolaou, K. C., Lee, S. H., Estrada, A. A., Zak, M. Construction of Substituted N-Hydroxyindoles: Synthesis of a Nocathiacin I Model System. Angewandte Chemie, International Edition. 44, (24), 3736-3740 (2005).
  46. Nicolaou, K. C., Estrada, A. A., Lee, S. H., Freestone, G. C. Synthesis of Highly Substituted N-Hydroxyindoles through 1,5-Addition of Carbon Nucleophiles to In Situ Generated Unsaturated Nitrones. Angewandte Chemie, International Edition. 45, (32), 5364-5368 (2006).
  47. Nicolaou, K. C., Estrada, A. A., Freestone, G. C., Lee, S. H., Alvarez-Mico, X. New synthetic technology for the construction of N-hydroxyindoles and synthesis of nocathiacin I model systems. Tetrahedron. 63, (27), 6088-6114 (2007).
  48. Chan, S. T. S., Norrie Pearce, A., Page, M. J., Kaiser, M., Copp, B. R. Antimalarial β-Carbolines from the New Zealand Ascidian Pseudodistoma opacum. Journal of Natural Products. 74, (9), 1972-1979 (2011).
  49. Bartsch, A., Bross, M., Spiteller, P., Spiteller, M., Steglich, W. Birnbaumin A and B: Two Unusual 1-Hydroxyindole Pigments from the "Flower Pot Parasol" Leucocoprinus birnbaumii. Angewandte Chemie., International Edition. 44, (19), 2957-2959 (2005).
  50. Di Bussolo, V., et al. Synthesis and biological evaluation of non-glucose glycoconjugated N-hydroyxindole class LDH inhibitors as anticancer agents. RSC Advances. 5, (26), 19944-19954 (2015).
  51. Granchi, C., et al. Discovery of N-Hydroxyindole-Based Inhibitors of Human Lactate Dehydrogenase Isoform A (LDH-A) as Starvation Agents against Cancer Cells. Journal of Medicinal Chemistry. 54, (6), 1599-1612 (2011).
  52. Granchi, C., et al. N-Hydroxyindole-based inhibitors of lactate dehydrogenase against cancer cell proliferation. European Journal of Medicinal Chemistry. 46, (11), 5398-5407 (2011).
  53. Granchi, C., et al. Synthesis of sulfonamide-containing N-hydroxyindole-2-carboxylates as inhibitors of human lactate dehydrogenase-isoform 5. Bioorganic Medicinal Chemistry Letters. 21, (24), 7331-7336 (2011).
  54. Granchi, C., et al. Assessing the differential action on cancer cells of LDH-A inhibitors based on the N-hydroxyindole-2-carboxylate (NHI) and malonic (Mal) scaffolds. Organic Biomolecular Chemistry. 11, (38), 6588-6596 (2013).
  55. Minutolo, F., et al. Compounds Inhibitors of Enzyme Lactate Dehydrogenase (LDH) and Pharmaceutical Compositions Containing These Compounds. Chemical Abstracts. WO 2011054525 154 (2011).
  56. Granchi, C., et al. Triazole-substituted N-hydroxyindol-2-carboxylates as inhibitors of isoform 5 of human lactate dehydrogenase (hLDH5). Medicinal Chemistry Communications. 2, (7), 638-643 (2011).
  57. Kuethe, J. T. A General Approach to Indoles: Practical Applications for the Synthesis of Highly Functionalized Pharmacophores. Chimia. 60, (9), 543-553 (2006).
  58. Somei, M. 1-Hydroxyindoles. Heterocycles. 50, (2), 1157-1211 (1999).
  59. Belley, M., Beaudoin, D., Duspara, P., Sauer, E., St-Pierre, G., Trimble, L. A. Synthesis and Reactivity of N-Hydroxy-2-Amino-3-Arylindoles. Synlett. 18, (19), 2991-2994 (2007).
  60. Belley, M., Sauer, E., Beaudoin, D., Duspara, P., Trimble, L. A., Dubé, P. Synthesis and reactivity of N-hydroxy-2-aminoindoles. Tetrahedron Letters. 47, (2), 159-162 (2006).
  61. Hasegawa, M., Tabata, M., Satoh, K., Yamada, F., Somei, M. A Novel Dimerization of 1-Hydroxyindoles. Heterocycles. 43, (11), 2333-2336 (1996).
  62. Tollari, S., Penoni, A., Cenini, S. The unprecedented detection of the intermediate formation of N-hydroxy derivatives during the carbonylation of 2'-nitrochalcones and 2-nitrostyrenes catalysed by palladium. Journal of Molecular Catalysis A: Chemical. 152, (1-2), 47-54 (2000).
  63. Penoni, A., Nicholas, K. M. A novel and direct synthesis of indoles via catalytic reductive annulation of nitroaromatics with alkynes. Chemical Communication. 38, (5), 484-485 (2002).
  64. Penoni, A., Volkman, J., Nicholas, K. M. Regioselective Synthesis of Indoles via Reductive Annulation of Nitrosoaromatics with Alkynes. Organic Letters. 4, (5), 699-701 (2002).
  65. Penoni, A., Palmisano, G., Broggini, G., Kadowaki, A., Nicholas, K. M. Efficient Synthesis of N-Methoxyindoles via Alkylative Cycloaddition of Nitrosoarenes with Alkynes. The Journal of Organic Chemistry. 71, (2), 823-825 (2006).
  66. Ieronimo, G., et al. A simple, efficient, regioselective and one-pot preparation of N-hydroxy- and N-O-protected hydroxyindoles via cycloaddition of nitrosoarenes with alkynes. Synthetic scope, applications and novel by-products. Tetrahedron. 69, (51), 10906-10920 (2013).
  67. Penoni, A., Palmisano, G., Zhao, Y. L., Houk, K. N., Volkman, J., Nicholas, K. M. On the Mechanism of Nitrosoarene-Alkyne Cycloaddition. Journal of the American Chemical Society. 131, (2), 653-661 (2009).
  68. Tibiletti, F., et al. One-pot synthesis of meridianins and meridianin analogues via indolization of nitrosoarenes. Tetrahedron. 66, (6), 1280-1288 (2010).
  69. Walker, S. R., Carter, E. J., Huff, B. C., Morris, J. C. Variolins and Related Alkaloids. Chemical Reviews. 109, (7), 3080-3098 (2009).
  70. Walker, S. R., Czyz, M. L., Morris, J. C. Concise Syntheses of Meridianins and Meriolins Using a Catalytic Domino Amino-Palladation Reaction. Organic Letters. 16, (3), 708-711 (2014).
  71. Tibiletti, F., Penoni, A., Palmisano, G., Maspero, A., Nicholas, K. M., Vaghi, L. (1H-Benzo[d][1,2,3]triazol=1-yl)(5-bromo-1-hydroxy-1H-indol-3-yl)methanone. Molbank. 2014, (3), 829 (2014).
  72. Ieronimo, G., et al. A novel synthesis of N-hydroxy-3-aroylindoles and 3-aroylindoles. Organic Biomolecular Chemistry. 16, (38), 6853-6859 (2018).
  73. Chen, Y. F., Chen, J., Lin, L. J., Chuang, G. J. Synthesis of Azoxybenzenes by Reductive Dimerization of Nitrosobenzene. The Journal of Organic Chemistry. 82, (21), 11626-11630 (2017).
  74. Beaudoin, D., Wuest, J. D. Dimerization of Aromatic C-Nitroso Compounds. Chemical Reviews. 116, (1), 258-286 (2016).
  75. EL-Atawy, M. A., Formenti, D., Ferretti, F., Ragaini, F. Synthesis of 3,6-Dihydro-2H-[1, 2]-Oxazines from Nitroarenes and Conjugated Dienes, Catalyzed by Palladium/Phenanthroline Complexes and Employing Phenyl Formate as a CO Surrogate. ChemCatChem. 10, (20), 4707-4717 (2018).
  76. Formenti, D., Ferretti, F., Ragaini, F. Synthesis of N-Heterocycles by Reductive Cyclization of Nitro Compounds using Formate Esters as Carbon Monoxide Surrogates. ChemCatChem. 10, (1), 148-152 (2018).
  77. EL-Atawy, M. A., Ferretti, F., Ragaini, F. A Synthetic Methodology for Pyrroles from Nitrodienes. European Journal of Organic Chemistry. (34), 4818-4825 (2018).
  78. Ragaini, F., Cenini, S., Brignoli, D., Gasperini, M., Gallo, E. Synthesis of oxazines and N-arylpyrroles by reaction of unfunctionalized dienes with nitroarenes and carbon monoxide, catalyzed by palladium-phenanthroline complexes. The Journal of Organic Chemistry. 68, (2), 460-466 (2003).

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics