インタビュー:CD1dによる糖脂質抗原提示とNKT細胞の活性化の治療の可能性

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

Welcome!

Enter your email below to get your free 10 minute trial to JoVE!





We use/store this info to ensure you have proper access and that your account is secure. We may use this info to send you notifications about your account, your institutional access, and/or other related products. To learn more about our GDPR policies click here.

If you want more info regarding data storage, please contact gdpr@jove.com.

 

Summary

ナチュラルキラーT細胞(NKT)は、がん、autioimmunityの規制、感染のクリアランス、及びartherioscleroticプラークの開発に対する免疫応答の重要な決定要因である。このインタビューでは、ミッチクローネンベルクは、NKT細胞は糖脂質抗原によって活性化されるメカニズムを理解するために彼の研究室の取り組みを説明します。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Kronenberg, M. Interview: Glycolipid Antigen Presentation by CD1d and the Therapeutic Potential of NKT cell Activation. J. Vis. Exp. (10), e635, doi:10.3791/635 (2007).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

ナチュラルキラーT細胞(NKT)は、がん、autioimmune疾患の調節、感染性病原体のクリアランス、およびartherioscleroticプラークの開発に対する免疫応答の重要な決定要因である。このインタビューでは、ミッチクローネンベルクは、NKT細胞は糖脂質抗原によって活性化されるメカニズムを理解するために彼の研究室の取り組みを説明します。これらの研究の中心となるのは、CD1dさ - NKT細胞に糖脂質を提示する抗原提示分子を。 CD1d四量体技術の出現、クローネンベルクラボが開発した技術は、特定の糖脂質反応性T細胞のサブセットのソーティングと同定のための非常に重要です。ミッチは、糖脂質作動薬が癌患者のNKT細胞を活性化する治療薬として使用されているとどのようCD1d四量体が糖脂質アゴニスト療法後にin vivoでのNKT細胞集団の状態を評価するために使用できる方法を説明します。これらのアゴニストを使用して現在進行中の臨床試験の現在のステータスは、近い将来における重要性を新たなことになります免疫学の分野における地域のためのミッチの予測だけでなく、説明されています。

References

  1. Khurana, A., Kronenberg, M. A Method for Production of Recombinant CD1d Protein in Insect Cells. 12/10/2007) Journal of Visualized Experiments. Forthcoming.

Comments

2 Comments

  1. i cann't see more detail in this Vedeo. Who can answer the proplem for me?

    Reply
    Posted by: siriwan W.
    February 28, 2012 - 9:15 AM
  2. I am looking for information regarding to CD1d presenting glycolipids. And I hope this video can provide a vivid presentation of the mechanism as I have limited background knowledge about this topic.

    Reply
    Posted by: Shuyi Y.
    July 16, 2012 - 9:59 PM

Post a Question / Comment / Request

You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

Usage Statistics