インタビュー:幹細胞研究のためのバイオリアクターと浮上し、修正3D -足場

Biology

Your institution must subscribe to JoVE's Biology section to access this content.

Fill out the form below to receive a free trial or learn more about access:

 

Summary

主に単層培養 - - 多くの場合、分化初代細胞は比較的短い寿命を持っていて、培養中に脱分化している欠点に苦しんで体外培養システムにおける過去の多くの。結果として、彼らの臓器特異的な機能のほとんどが急速に失われていた。従って、in vitroでこれらの細胞のためのより良い条件を再現するためには、変更および改造は、従来の単層培養に行われています。

Cite this Article

Copy Citation | Download Citations

Weibezahn, K. Interview: Bioreactors and Surfaced-Modified 3D-Scaffolds for Stem Cell Research. J. Vis. Exp. (15), e792, doi:10.3791/792 (2008).

Please note that all translations are automatically generated.

Click here for the english version. For other languages click here.

Abstract

2003年の自然の社説は"、さようならフラット生物学を?"の質問をこの質問は何を意味しているの?で、過去、多くの場合、差別化された一次電池は、比較的短い寿命を持っていて、培養中に脱分化している欠点に苦しんで体外培養システム、主に単層培養、多くの。結果として、彼らの臓器特異的な機能のほとんどが急速に失われていた。従って、in vitroでこれらの細胞のためのより良い条件を再現するためには、変更および改造は、従来の単層培養に行われています。

CellChipsの最後の世代 - マイクロ熱成形容器 - 特定のテクノロジーは、3D形成された容器の表面全体を変更するための追加の可能性を提供している、開発されました。これは明確なシグナル伝達分子とサブミクロンスケールでの表面のパターニングが可能になります。センサと信号電極を組み込むことができる。アプリケーションでは、細胞生物学における基礎研究から毒物学と薬理学の範囲です。生分解性ポリマーを使用して、臨床応用が可能となる。さらに、マイクロ熱成形チップの最後の世代は、安価な大量生産を可能にするために最適化されています。

Comments

0 Comments


    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Usage Statistics