JoVE   
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Biology

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Neuroscience

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Immunology and Infection

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Clinical and Translational Medicine

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Bioengineering

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Applied Physics

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Chemistry

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Behavior

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Environment

|   

JoVE Science Education

General Laboratory Techniques

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Basic Methods in Cellular and Molecular Biology

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms I

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms II

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Essentials of
Neuroscience

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Automatic Translation

This translation into Japanese was automatically generated through Google Translate.
English Version | Other Languages

 JoVE Immunology and Infection

SJLマウスにおける実験的自己免疫性下垂体炎の誘導

1, 1, 1, 1

1Department of Pathology, The Johns Hopkins University

Article
    Downloads Comments Metrics

    You must be subscribed to JoVE to access this content.

    This article is a part of   JoVE Immunology and Infection. If you think this article would be useful for your research, please recommend JoVE to your institution's librarian.

    Recommend JoVE to Your Librarian

    Current Access Through Your IP Address

    You do not have access to any JoVE content through your current IP address.

    IP: 54.91.35.130, User IP: 54.91.35.130, User IP Hex: 911942530

    Current Access Through Your Registered Email Address

    You aren't signed into JoVE. If your institution subscribes to JoVE, please or create an account with your institutional email address to access this content.

     

    Summary

    このビデオでは、SJLマウスとどのように病理組織学的にその重症度を評価するために自己免​​疫性下垂体炎を誘導する方法を示しています。

    Date Published: 12/17/2010, Issue 46; doi: 10.3791/2182

    Cite this Article

    Landek-Salgado, M. A., Tzou, S., Kimura, H., Caturegli, P. Induction of Experimental Autoimmune Hypophysitis in SJL Mice. J. Vis. Exp. (46), e2182, doi:10.3791/2182 (2010).

    Abstract

    自己免疫性下垂体炎は、感受性のマウス1内にアジュバントに混合した下垂体蛋白質の注入によって実験的に再現することができます。マウスモデルは、しばしば人間に発生する同じプロセスの正常な複製を提供し、私たちは病気の展開方法を学ぶことができます。一部の自己免疫疾患の場合は、タイプ1Aの糖尿病のように、自発的に人間のものと同様の疾患を発症モデル(NODマウス)があります。他の多くの自己免疫疾患の場合は、しかし、モデルは実験的に誘導する必要があります。この点で一般的なアプローチが検討されて臓器由来する支配的な抗原をマウスに注入することです。例えば、自己免疫性甲状腺炎に興味のある研究者は、サイログロブリン2でマウスを注入し、重症筋無力症に興味のある人は、アセチルコリン受容体3とそれらを注入する。特定の自己免疫疾患の自己抗原が知られていない場合は、捜査官は、自己免疫反応の標的臓器から粗タンパク質抽出液を注入する。自己免疫性下垂体炎の場合は、病原性の自己抗原(s)は4をまだ明らかにされないままであるため、原油下垂体タンパク質調製物が使用されます。このビデオの記事では、SJLマウスにおける実験的自己免疫性下垂体炎を誘導する方法を示します。

    Protocol

    実験的なプロトコル

    下垂体免疫原が(関連記事参照)準備されると、それはSJLマウス(ジャクソンラボラトリーズ、株式000686)に皮下注射される。第二同一の注入は、7日後に繰り返されます。マウスは、 生体と検死結果収集するために使用されています。

    ステップ1。 SJLマウスに下垂体の免疫原を皮下注射

    マウスは、20 mg / mlの2,2,2 - トリブロムエタノールを0.5ml(AVERTIN、TCIアメリカ、T - 1420)を腹腔内注入による最初の麻酔です。マウスは、コンパニオンJoveの2181の記事で示したように、下垂体エマルジョン100μlを皮下注射する、下垂体抽出物と完全フロイントアジュバントの0.25ミリグラム、1ミリグラムが含まれています。エマルジョンは、左背側後肢領域((50μL)と右鼠径部(50μL)に注入されます。下垂体エマルジョンは反対側の部位(50μlの右背側後肢の地域の中に7日目に再び注入されており、左鼠径部に50μlの)マウスは最初の3日間、毎日モニターし、初回免疫後に一般的に28日間である犠牲、の日まで、毎週されています。

    ステップ2。 in vivoでの結果のコレクション:血アッセイ

    マウスはまだ生きている間、最も一般的に実験結果を評価するために使用される組織は、血液です。血液は、日常的に14日間下垂体抗体やサイトカインやケモカインなどの他のマーカーの血清レベルを測定するために初回免疫後に描画されます。

    血液は、次のように生きたマウスから収集されます。マウスは首の首筋によって安全に保管されており、顎骨のバックが位置しています。顎骨の後部が特定されると、4mmのランセットは、ピアスに顎下維管束を使用している。血した後、血腫を避けるために、アルコール綿を使用して領域上での場所の圧力を集めている。使用されるまで、採取した血液は20分、2,000 gで遠心分離し、-80℃で保存されます。

    ステップ3。事後の成果の収集:下垂体組織病理学

    マウスは、通常、28日初回免疫後に屠殺されています。 EAHの診断を確立するために必要な枢機卿の機能は、造血単核細胞による下垂体の浸潤である。

    マウスをCO 2で潅流されているプラスチック封じチャンバ内に配置することにより安楽死されています。マウスは8分の合計のためのチャンバー内に保持されます。安楽死の後、下垂体は、関連記事で説明されているように収集されます。病気の下垂体は腫れと、よりしっかりと周囲の硬膜に付着されます。シャープ鉗子は、下垂体の周囲の髄膜を緩めるために使用されます。一度ちょう形骨上に自由に下垂体の動き、下垂体の一端を鉗子で把持され、下垂体は慎重に持ち上げられる。腺は、ベックステッドの固定液5を含むマイクロ遠心チューブに配置されます。下垂体は、一晩固定レンズの紙に包まれ、そしてカセットに配置されます。腺は、次のプロトコルを使用して処理されます。

    ステーション番号試薬分単位の時間温度(摂氏)
    1 70%アルコール 5 25
    2 70%アルコール 15 25
    3 95%アルコール 15 25
    4 95%アルコール 15 25
    5 100%アルコール 15 25
    6 100%アルコール 7.5 25
    7 100%アルコール 7.5 25
    8 キシレン 20 25
    9 キシレン 20 25
    10 キシレン 25
    11 パラフィン 30 58
    12 パラフィン 5 58
    13 パラフィン 5 58

    処理後は、下垂体腺はパラフィンに埋め込まれているし、少なくとも5連続していないセクションは、(5 -μm厚)各腺からカットされます。切削後は、腺を、ヘマトキシリン​​およびエオシンで染色し、単核細胞浸潤を定量化するために分析されています。最も深刻な浸潤を伴うセクションがスコアリングのために選択されています。重大度は、免疫細胞による下垂体前葉の交換や破壊の程度の主観的な見積もりに基づいて採点さ:グレード0、無疾患、グレード1、2%-20%の関与、グレード2、20%-30%、グレード3、 30%〜50%、グレード4の、50%-90%、5年生、90%以上。すべてのセクションは、セクションのソースを知らされていない二人の個人によって採点されます。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Discussion

    4つの技法は、動物実験で下垂体炎を誘導することが報告されている。フロイントアジュバントと混合して下垂体蛋白質の注入であるこの記事で説明する手法は、1967年6にさかのぼる最古の一つである、そして最近では1に改善されました。他の技術は、1992年7の水溶性風疹ウイルスの糖タンパク質の注入、2002 8で下垂体に直接アデノウイルスの定位の注入、および2010年9別のラット系統の腎被膜未満のラット系統から下垂体腺の移植です。 。フロイントアジュバントアプローチの主な利点は、それが密接に人間相手に似た病気を誘発において、低侵襲、より一貫性と、上記のすべて、より正確であるということです。このビデオの記事で説明されているテクニックは、この魅惑的な病気の我々の理解を向上させるために研究者によって使用できる下垂体炎の再現可能なモデルを生み出し、。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Disclosures

    利害の衝突は宣言されません。

    Acknowledgements

    この作業は、PCへ、そしてテリーとクリスティンゴアの家族の寛大な贈り物がNIHの助成金DK080351によってサポートされていました。

    Materials

    Name Company Catalog Number Comments
    SJL mice (The Jackson Laboratories) stock 000686
    2,2,2-Tribrom–thanol (Avertin) TCI America T-1420
    Beckstead’s fixative

    References

    1. Tzou, S.C., Lupi, I., Landek, M., Gutenberg, A., Tzou, Y.M., Kimura, H., Pinna, G., Rose, N.R., & Caturegli, P. Autoimmune Hypophysitis of SJL mice: Clinical Insights from a New Animal Model Endocrinology (2008).
    2. Twarog, F.J. & Rose, N.R. The production of thyroid autoantibodies in mice J Immunol 101, 242-50 (1968).
    3. Patrick, J. & Lindstrom, J. Autoimmune response to acetylcholine receptor Science 180, 871-2 (1973).
    4. Caturegli, P. Autoimmune hypophysitis: an underestimated disease in search of its autoantigen(s) J Clin Endocrinol Metab 92, 2038-40 (2007).
    5. Beckstead, J.H. A simple technique for preservation of fixation-sensitive antigens in paraffin-embedded tissues: addendum J Histochem Cytochem 43, 345 (1995).
    6. Levine, S. Allergic adenophypophysitis: new experimental disease of the pituitary gland Science 158, 1190-1 (1967).
    7. Yoon, J.W., Choi, D.S., Liang, H.C., Baek, H.S., Ko, I.Y., Jun, H.S., & Gillam, S. Induction of an organ-specific autoimmune disease, lymphocytic hypophysitis, in hamsters by recombinant rubella virus glycoprotein and prevention of disease by neonatal thymectomy Journal of Virology 66, 1210-4 (1992).
    8. Davis, J.R., McMahon, R.F., Lowenstein, P.R., Castro, M.G., Lincoln, G.A., & McNeilly, A.S. Adenovirus-mediated gene transfer in the ovine pituitary gland is associated with hypophysitis J Endocrinol 173, 265-71 (2002).
    9. Rotondo, F., Quintanar-Stephano, A., Asa, S.L., Lombardero, M., Berczi, I., Scheithauer, B.W., Horvath, E., & Kovacs, K. Adenohypophysitis in rat pituitary allografts Int J Exp Pathol (2010).

    Comments

    0 Comments

    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Metrics

    Waiting
    simple hit counter