JoVE   
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Biology

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Neuroscience

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Immunology and Infection

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Clinical and Translational Medicine

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Bioengineering

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Applied Physics

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Chemistry

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Behavior

  
You do not have subscription access to articles in this section. Learn more about access.

  JoVE Environment

|   

JoVE Science Education

General Laboratory Techniques

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Basic Methods in Cellular and Molecular Biology

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms I

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Model Organisms II

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Essentials of
Neuroscience

You do not have subscription access to videos in this collection. Learn more about access.

Automatic Translation

This translation into Japanese was automatically generated through Google Translate.
English Version | Other Languages

 JoVE Clinical and Translational Medicine

全肩​​関節形成術を逆に

1, 1

1Department of Orthopaedic Surgery – Division of Shoulder and Elbow Surgery, Case Western Reserve University

Article
    Downloads Comments Metrics

    You must be subscribed to JoVE to access this content.

    This article is a part of   JoVE Clinical and Translational Medicine. If you think this article would be useful for your research, please recommend JoVE to your institution's librarian.

    Recommend JoVE to Your Librarian

    Current Access Through Your IP Address

    You do not have access to any JoVE content through your current IP address.

    IP: 54.167.10.244, User IP: 54.167.10.244, User IP Hex: 916916980

    Current Access Through Your Registered Email Address

    You aren't signed into JoVE. If your institution subscribes to JoVE, please or create an account with your institutional email address to access this content.

     

    Summary

    逆合計肩関節形成術は、従来の人工関節置換術または他のプロシージャで処理することができない状態の治療に使用されています。これらは主に肩の正常な生体力学カップリングの回復不能な腱板と損失と変性としなくなる条件が含まれています。

    Date Published: 7/05/2011, Issue 53; doi: 10.3791/2281

    Cite this Article

    Lenarz, C. J., Gobezie, R. Reverse Total Shoulder Arthroplasty. J. Vis. Exp. (53), e2281, doi:10.3791/2281 (2011).

    Abstract

    逆合計肩関節形成術は、最初は回旋腱板関節症での使用を承認され、よく腱移行術の再建のための適切ではなかった患者の関節炎のない慢性pseudoparalysisとしてれました。これらの患者のための伝統的な手術のオプションは限られていたと機能的な結果はサブ最適と時間に壊滅的でした。逆肩関節形成術の使用が効果的にこれらの患者の機能を復元し、それらの疾患に伴う症状を軽減することが判明している。手順は、次の2つのアプローチ、deltopectoralまたは上外側で行うことができます。補綴物の使用に伴う合併症の率が得ている経験と低い傾向より多くの最近の報告で80から60パーセントの範囲であったしました。プロテーゼ失敗した逆の肩のためのオプションが限られており、しばしば重要な関連する障害を持って復旧させてください。このプロテーゼの使用のための適応は、リビジョンの関節形成術、上腕骨近位端骨折や腫瘍のためのその使用を含めて評価され続けている。慎重な患者選択が原因プロシージャに関連付けられている重大なリスクの不可欠です。

    Protocol

    1。はじめに:

    肩甲上腕関節は複雑な関節です。それは、最小限の骨の制約があり、正常な機能のための軟組織を支えるとの間の緊張の複雑なバランスに依存しています。この本質的な関係は、肩の動きの大きな機能的な範囲を持つことができます。このバランスが非結合されている場合、機能障害の程度の差が発生します。このような大規模な涙のような腱板の機能の喪失は、関節窩に対する上腕骨頭の優れた翻訳を引き起こす可能性があります。この変更は肩甲上腕関節の回転中心と続いて、残りの筋肉の緊張と瞬間の腕は、減少関数。また、上腕骨頭と接触圧力のその後の変化の位置の変化は、関節軟骨とその結果痛みを伴う関節炎の進行性の損傷につながることができます。これらの場合における標準的な肩関節形成術の使用が最適でないと、時には致命的な結果を提供しています。

    逆合計肩関節形成術(RTSA)は、運動と機能の痛み、範囲の大幅な改善を提供するこれらの複雑な問題に対する解決策を提供。 RTSAの設計は、回転の中心をmedializesと、より下の位置に上腕骨をもたらします。生体力学の変化が空間にアームを移動するために三角筋の能力を向上させる、三角筋の腹と機能的なレバーアームの張力を復元します。また、痛みを伴う関節炎の軟骨が著しく、患者の痛みの改善、プロセスで削除されます。

    2。ケースプレゼンテーション:

    この患者は15年前の"ミニオープン"腱板の歴史を持つ71歳、健康な女性です。ここ数年、彼女は動きの彼の範囲内の対応する減少と彼女の肩に増加した痛みや弱さを経験している。彼女のアクティブな拉致は30 °であった、アクティブな前屈は40 °であった、アクティブな外旋は10 °と彼女の臀筋へのアクティブな内部回転だった。彼女の改変強く抱き締めるのテストでは、肩甲下筋腱の最小限の弱点を明らかにし、彼女は否定的なホーンブロワーの記号と負のラグテストができた。動きの彼女の受動的な範囲は、正のドロップアームテストで前屈の75 °を示した。神経血管試験は、それ以外の場合は、通常だと、以前の回旋の腱板修復に関連した感染の兆候はなかった。

    3。治療/診断の手順:

    この患者の初期のX線評価では、肩甲骨アウトレットビュー、Grasheyビュー、および腋窩ビューを含める必要があります。関節窩の外観に応じて、CTスキャンによるさらなる研究は、骨の浸食、形成異常の有無と利用可能な骨の株式の量を評価する必要があります。私たちの患者では、初期のX線写真では減少した肩峰、上腕骨の距離によって証明上腕骨の優れた移行を中程度の変性変化を示した。関節窩に関連付けられている重要な骨の損失がありませんでした。患者の病歴、身体検査およびX線分析の組み合わせはpseudoparalysisと腱板関節症と一致している。さらに診断の研究は、この患者で示されることはありません。

    前にどんな患者に大きな関節形成術の検討に保守的な対策の講座が実施されるべきである。これらは、通信肩峰下や関節包内のスペースと強化と可動域のための理学療法に抗炎症薬による治療、コルチコステロイド注射を含める必要があります。治療のこのコースの後、患者は彼らの痛み、現在の関数、現実的な機能的なニーズや要望、生活の質と関連する合併症のために評価する必要があります。手続きに伴うリスクがベネフィットを期待患者のために許容可能であると判断された場合、逆方向積算肩関節形成術のフォロー手法を使用することができます。

    4。全肩​​関節形成術を逆に

    1. 患者は、ビーチチェアの位置に配置されており、アームは、整形処理し、標準的なやり方でフリー掛けている。
    2. 標準deltopectoral切開とアプローチは、腱板と肩峰下スペースを公開して行われます。鈍的切開は、基礎となる組織に任意の癒着から下面の三角筋を解放するために使用されます。
    3. 腱板は断裂について検査し、修復の可能性を評価されます。組織を修復できるように見える場合は、修理と従来の人工関節置換術を考慮することができます。そうでなければ、どんな無駄なカフを切除することができます
    4. 腋窩神経を同定し、肩甲下筋腱が原点を放出することなく識別し、小結節から放出され、腱が何らかの癒着から近位に解放され保護されています
    5. 劣るカプセルは、上腕骨近位から解放され、上腕骨は外部からtを脱臼回転させ彼関節から上腕骨頭
    6. 延髄の運河は、上腕骨頭の切除のガイドによって置き換えられ、近位上腕骨のカットは、バージョンの0 °で行われているエントリの千枚通しを使って位置しています。髄内のガイドは、カットを完了するために削除する必要があります。
    7. 骨幹端および骨幹リーマは、患者の解剖学的構造に適切なサイズで行われます。
    8. トライアルのコンポーネントは、関節窩の準備のためにカットプロテクターとの適切なバージョンで組み立てられ、上腕骨に配置されています
    9. 唇を切除され、前と劣るカプセルは関節窩から解放され、リトラクターは、関節を露出配置されています
    10. ドリルガイドは、6ミリメートルドリルを使用して中央のドリル穴を配置するために使用されます
    11. 関節窩は、周囲の溝を作成し、ベース板の準備のためにリーマーさ
    12. 中央の穴は、8ミリメートル中央のペグについては7.5ミリメートルに拡大され、ベースプレートが配置され、リーマ関節窩と同じ高さに影響を与え
    13. ネジは、トランス皮質固定とベースプレートに配置されます。前部と後部のネジは、配置のための30 °の円弧を持っており、標準的な皮質のネジです。優れたと劣ったネジはそれぞれ優れたと劣る面で30 °の円弧でネジをロックして固定されています
    14. glenosphereは、ベースプレートの上に影響され、中央のネジはglenosphereを確保締め付けられる
    15. トライアルのライナーは、トライアルの上腕骨ステムに配置され、肩が削減されます。 ROMと安定のための検査は、行われ、調整は必要に応じて行われる
    16. トライアルインプラントをして上腕骨から除去される、最後のコンポーネントは、適切なバージョンで組み立てられ、挿入され、上腕骨に影響されています
    17. 肩が軽減され、ROMと安定性の最終試験が行われます
    18. 肩甲下筋腱は、上腕骨近位に修復され、傷は標準的なやり方でクローズされます

    5。アウトカム:

    6ヶ月でフォローアップこの患者は、10のゼロアウトなどのビジュアルアナログスケールで彼女の手術後の痛みをランク付け。動きの彼女のアクティブな範囲が140℃、彼女の大臀筋に25 °と内部回転のアクティブな外旋に前屈が含まれています。この患者はフォローアップの最後では術中や術後の合併症はなかった。

    6。結論:

    著者の経験では、RTSAは、信頼性の疼痛緩和と運動と機能的転帰の範囲の改善と腱板関節症患者を提供します。この患者はこの手術の結果に満足した。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Discussion

    回旋腱板関節症のためのRTSAを使用すると、痛みの大幅な改善、運動と機能的転帰のスコアの範囲を提供します。全体的な患者の満足度は、現在の文学の百分の80から95の範囲であったしました。すべてのプロシージャと同様に、RTSAは、リスクがないわけではありません。合併症の初期の報告では60%にもなった。技術が向上したとして、合併症発生率は減少している。

    Subscription Required. Please recommend JoVE to your librarian.

    Disclosures

    利害の衝突は宣言されません。

    Acknowledgements

    :この手順は、均等の詳細な情報についてはTornier株式会社を参照してくださいTornier社による補綴物の総肩を逆用いて行ったhttp://www.tornier-us.com/

    Materials

    Name Company Catalog Number Comments
    Aequalis Reversed Shoulder Tornier, Inc. none For more information visit http://www.tornier-us.com/

    References

    1. Boileau, P., Sinnerton, R.J., Choinard, C., & Walch, G. Arthroplasty of the Shoulder. J Bone Joint Surgery Br. 88, 562-575 (2006).
    2. Boileau, P., Watkinson, D., Hatzidakis, A.M., & Hovorka, I. Neer Award 2005: The Grammont reverse shoulder prosthesis:results in cuff tear arthritis, fracture sequelae, and revision arthroplasty. J Shoulder Elbow Surg. 15, 527-540 (2006).
    3. Boileau, P., Watkinson, D.J., Hatzidakis, A.M., & Balg, F. Grammont reverse prosthesis: design, rationale, and biomechanics. J Shoulder Elbow Surg. 14, 147S-161S (2005).
    4. Cuff, D., Pupello, D., Virani, N., Levy, J., & Frankle, M. Reverse shoulder arthroplasty for the treatment of rotator cuff deficiency. J Bone Joint Surg Am. 90, 1244-1251 (2008).
    5. Edwards, T.B., Boulahia, A., Kempf, J.F., Boileau, P., Nemoz, C., & Walch, G. The influence of rotator cuff disease on the results of shoulder arthroplasty for primary osteoarthritis: results of a multicenter study. J Bone Joint Surg Am. 84, 2240-2248 (2002).
    6. Frankle, M., Siegal, S., Pupelo, D., Saleem, A., Mighell, M., & Vasey, M. There reverse shoulder prosthesis for glenohumeral arthritis associated with severe rotator cuff deficiency. A minimum two-year follow-up study of sixty patients. J Bone Joint Surg Am. 87, 1697-1705 (2005).
    7. Guery, J., Favard, L., Sirveaux, F., Oudet, D., Mole, D., & Walch, G. Reverse total shoulder arthroplasty. Survivorship analysis of eighty replacements followed for five to ten years. J Bone Joint Surg Am. 88, 1742-1747 (2006).
    8. Martin, T.G., & Lanotti, J.P. Reverse total shoulder arthroplasty for acute fractures and failed management after proximal humerus fractures. Orthop Clin North Am. 39, 451-457 (2008).
    9. Wall, B., Nove-Josserand, L., O'Conner, D.P., Edwards, T.B., & Walch, G. Reverse total shoulder arthroplasty: a review of results according to etiology. J Bone Joint Surg Am. 89, 1476-1485 (2007).
    10. Werner, C.M., Steinmann, P.A., Gilbart, M., & Gerber, C. Treatment of painful pseudoparesis due to irreparable rotator cuff dysfunction with the delta III reverse-ball-and-socket total shoulder prosthesis. J Bone Joint Surg Am. 87, 1476-1486 (2005).

    Comments

    0 Comments

    Post a Question / Comment / Request

    You must be signed in to post a comment. Please or create an account.

    Metrics

    Waiting
    simple hit counter